ウッウ 育成論。 【育成論】襷ウッウ【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【初見殺しうのミサイル】

ウッウ 育成論

もくじ• マンタインは耐久型ですが、 ウッウは特性を活かした害悪型として活躍できます 笑 特性の仕様上、特攻に努力値を振るのは当然と言えますね。 「うのミサイル」は、 どんな相手にも麻痺をばら撒いたり、ただでは倒されずに爪痕を必ず残せる厄介な特性です。 使う方はいいですが、使われる方はなかなか対処が難しいですよ! ウッウの育成論 特性 【うのミサイル】 自分が技『なみのり』か『ダイビング』を使った時、HPが最大HPの半分以上の時は『うのみのすがた』に、半分以下の時は『まるのみのすがた」にフォルムチェンジする。 弱点 「4倍」でんき 「2倍」いわ 耐性 「0. 最速にすることで、先手で「なみのり」を発動させやすくし、特性「うのミサイル」を確実に発動します。 なみのりで特性「うのミサイル」を発動• 相手の攻撃を受ける• こらえる 最後のこらえるは、相手が自分より速い場合に有効です。 こらえるが無い場合は、相手が速いときは「倒されるor相打ち」になります。 ただし、 「こらえる」があれば、ピカチュウを咥えている場合は相手が麻痺し、ほぼ確実に上を取ることができます。 この状態で「なみのり」を使えば、 相手を倒した上で、再度ピカチュウを咥えて次のポケモンにも確定で麻痺を入れられます。 この麻痺はタイプや特性の影響を受けないため、特性「ちくでん」やじめんタイプでも関係ありません。 持ち物に「ヤタピのみ」を採用することで、上を取った際により倒しやすくなります。 まぁ、 「なみのり」の際に特性「ちょすい」のポケモンが来る可能性は頭に入れた方が良いですね。 残りは、弱点を突けるポケモンを突破する用の「れいとうビーム、エアスラッシュ」を入れます。 特攻もそこまで悪くはないので、普通にアタッカーとしても機能しますよ! まとめ かなり嫌がらせに特化した特性ですが、これが自分で使てみると本当に楽しい! 今ではお気に入りのポケモンとなり、かなりの頻度で使っていますね。

次の

ウッウの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ウッウ 育成論

はじめに この育成論を語らせていただく、きなこもちと申します。 初投稿なので至らぬ点もあるとは思いますが、よろしくお願いします。 本育成論においてステータスはHABCDSと略称を使用します。 特別な条件が無い限りポケモンはすべて理想固体(31)とさせていただきます。 採用理由 ウッウのかわいさに引かれて、採用しました。 反論は許さない また、今作からダイマックスの使用上ターンを稼ぐことが重要になったことで特性との相性からこらえるが自然と入るウッウは環境に対してあっていると考えました。 他のポケモンとの差別化 きりばらいができるポケモンとしてアーマーガアやバルジーナなどがいますが、採用理由にもありますが、両方ともこらえるが入りにくく、ダイマックスされるとうけにくいことが差別点です。 そもそも特性で差別化できるとか言わない 持ち物• きあいのタスキ 特性上攻撃を必ず耐える必要があるため基本採用• 初手連続技は防げないので耐久ラインをそこまで引き上げました。 あまりはCに振りました。 選択技• なので壁を張り終わり交代される場面できりばらいを当てることでより負荷がかけれます。 確実に当てたいときやエアスラッシュのひるみを狙いたい方はエアスラッシュやレイビにしましょう。 運用方法 基本的に先発で出してください。 最初のターンで波乗りを選択。 このままウッウがやられてしまっても相手は麻痺か防御が下がっているので起点にすることが出来ます。 HPが1のままでも死に出し等で無傷で出すことで相手のダイマックスに合わせて2ターンも消費させれます。 ダメ計 バンギラスとギガイアスはロックブラストを使いますが砂ダメで耐えることが出来ないので載せません。 パルシェンA252補正なし かたやぶりなし ロックブラスト 79〜90% 確定2発 ドラパルトA252補正あり いのちのたま ドラゴンアロー 76. 8〜92. 6% 確定2発 ドリュウズA252補正なし ロックブラスト 4発 76. 5パーセント 乱数2発(17%) ドサイドンA252補正あり ロックブラスト 2発 67. 最後に いかがだったでしょうか? 質問やダメ計など受け付けます。 何かのパーティの補完ならそう書いて欲しいです。 かたやぶりをされた場合はパルシェンを倒せますし、されなかったときでもまひが入り他のポケモンで無償で倒しやすくなっています。 どちらかというとコンセプトは起点を作らせないことで対面で勝つことではありません。 つぼつぼさん>ダイマックスをウッウに切ることが無くともダイマックスを他のポケモンできられてたおされた場合でもHPがどれだけ少なくても2ターン使わせることが出来ます。 3名無しさん>たしかですが、ダイフェアリーのミストフィールドが先に展開されてしますのでまひにはならないかと。 (間違っていたらすみません) らさん>いろいろな型があるとは思いますが、私はSは4倍弱点をつけるドサイドンなどには早くすることで一撃で倒せるように、他のポケモンには遅くすることでウッウのピカチュウを持ってこれるようにすることで相手を麻痺にさせられるよう、Sはあえて振らないようにし、後は火力か耐久かなのですが、パルシェンは先発で出やすくかたやぶりをされると私は厳しい印象があったのでそこまで見れるようにすることで3タテされないような耐久ラインにしました。 意地っ張りも場合を想定するとあまりにも火力が足りなかったのとようきがおおい印象があったので今回はようきで書かせていただきました。 にあったように、結局このポケモンにどういう役割を待たせてるのかがわかりづらいです。

次の

ウインディの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ウッウ 育成論

ウッウが強くて面白い!! ポケモン剣盾の新ポケモン「ウッウ」 今回はこのポケモンについて書いていきます。 から引用 川魚を捕まえて丸呑みにする鳥「鵜」をモチーフにしており、その特性も「鵜」をモチーフにした面白いものになっている モノホンの「鵜」 特性「うのミサイル」が面白い! ウッウの魅力はなんと言っても固有特性「うのミサイル」が強力です。 この強力な特性をいかに活かすかが、バトルでウッウを活躍させる鍵です。 ウッウの育成論はこの特性なしには語れませんし、この特性がないウッウは何の個性もないただの鳥です。 特性「うのミサイル」の効果 波乗り、ダイビングをした後、自らのHPが2分の1以上だと「サシカマス」を、2分の1以下だと「ピカチュウ」を咥えてくる。 攻撃を受けるとそれらを発射し反撃する。 反撃の効果 「サシカマス」 相手の最大HPの4分の1のダメージ。 相手の「ぼうぎょ」を1段階下げる 「ピカチュウ」 相手の最大HPの4分の1のダメージ。 相手を「まひ」状態にする。 地面タイプも「まひ」状態にできるが、電気タイプにはダメージのみ 「ピカチュウ」を咥えたウッウ ウッウの種族値 種族値 HP 70 攻撃 85 防御 55 特攻 85 特防 95 素早さ 85 合計種族値 475 攻撃方面も、防御方面も高い数値ではなく、特に物理防御方面は脆く、等倍でも一撃で落とされてしまうことも多いだろう。 ウッウの育成論 上述した通り、「いかに特性を発動出来るか」が鍵になる。 「とくぼう」方面に厚くして、「はねやすめ」「ドわすれ」を搭載した耐久型も考えられるが、 とくせいの性質上発動には必ず「なみのり」か「ダイビング」をする必要がある為と、現状環境に物理型が多い為、こちらに関してはまた後日考察したい。 「きあいのタスキ」型 体力MAXの状態であれば、1度は攻撃を確実に耐えてくれる為、ウッウより早く打点が高いポケモンにも必ず一定以上の活躍をしてくれる。 また「うのミサイル」はウッウが倒されたときも発動する。 ウッウの性格と努力値 努力値は、現状環境で多く使われている「ドラパルト」を麻痺込みですばやさが抜けるように調整するのが良いだろう。 また「ドラゴンアロー」で一撃で落とされないようなB調整を考えると ぼうぎょ:44 とくこう:208 素早さ:252 が良いとされる。 性格は「ひかえめ」か「おくびょう」 ウッウのすばやさ種族値85は 同速に「最速ゴリランダー」「最速ジャラランガ」 少し下に「準速ミミッキュ」「準速タチフサグマ」「最速ギャラドス」「最速トゲキッス」「最速マンムー」「最速シャンデラ」など 対戦環境でよく見るポケモンがひしめき合っているので、これらを抜く為には「おくびょう」での採用が必要だが、 先発採用としては、すばやさが後攻したとしてもそれなりの活躍をしてくれることを見込んで「ひかえめ」でもよいかもしれない。 連続で使った際の成功率は下がるが、うのミサイル搭載しないと堪える意味はないので連続で使うことは少ないと思われる。 状態異常や天候ダメージ「まとわりつく」などのスリップダメージは堪える事ができない。 威力120 命中70 期待値は高いが、命中不安定の為微妙かな… ダイマックスして打つと「こらえる」が機能しなくなるので、あまりよくないです。 ウッウの苦手な相手 ガラルマタドガス とくせい「かがくへんかガス」で特性を無効にしてきます。

次の