息 を すると 胸 が 苦しい。 息を吸うと左胸が痛い!潜む病気の前兆とすぐできる症状緩和法5つ

胸が圧迫されて苦しい時!胸の真ん中が苦しい場合は?

息 を すると 胸 が 苦しい

スポンサードリンク あくびをすると息苦しい、胸が苦しい時の原因は? 「ふぁ~~っ」と眠いときにあくびをするととっても気持ちいいものです。 これは、医学的に言うと脳が活性化され、 血圧は下がり、自律神経のうちの 活動的な交感神経の働きが下がる、 いわゆる『まったり』モードに入ることから、 何ともいえない心地よさを感じているのです。 ただ、このページを読んでいるあなたは、 あくびによって苦しい症状を感じていることと思います。 この症状は『過換気症候群』が原因と考えられます。 息苦しかったり、胸が苦しいだけでなく、 唇や手足までが痺れてくることがあります。 私は、兄が高校生の時、同じクラスの女性がこの過換気症候群で、 授業中に初めて発作を起こしたそうで大騒ぎとなったことを 聴いて、この言葉を知りました。 主に、精神的にストレスを抱えていたり、性格がとても几帳面だったり、 心配性の人に多く見られます。 また、精神的に不安定になりがちな 10代~20代の女性にも多く見られる症状です。 メンタルが原因で、 血液中に二酸化炭素が多くできてしまい、 これを体外に排出しようとして、 呼吸が浅く、速く、多くなります。 そして、過換気症候群(過呼吸と言われることも)となります。 この多くできた二酸化炭素を体外に出すために、 ときにあくびが多く出ることがあります。 この場合は、特に眠くもないのに生あくびが出るのです。 そして、息をしたくてもできない状態におちいり、息苦しくなったり、 胸が痛んだり、手足や唇まで痺れてきたりします。 ただ、安心して頂きたいのは、 これが原因で生命が危険にさらされる、 ということはありません。 長くても数十分で発作はおさまります。 ただ、できれば自然に治まるのを待つのではなくて、 何らかの有効な対処をして早く落ち着きたいものです。 スポンサードリンク あくびによる息苦しさ、対処法はあるの? 原因が過換気症候群 過呼吸 の場合は、大きく2つの対処法があります。 一つは、『紙袋やビニール袋』を使う方法です。 紙袋再呼吸法やペーパーバック法とも呼ばれます。 発作が起きたときに、紙袋やビニール袋の開いたところを 口の周りに当て、自分が吐いた二酸化炭素を吸い込みます。 すると時期に発作が治まってきます。 ただ、これはやりすぎると窒息につながることもあるので、 あくまで応急的に短時間でとどめましょう。 もう一つの方法は『呼吸法を変える』という方法です。 息苦しいので、なんとか空気を吸おうとして余計に無理して吸い込むのですが、 すでに発作が出てしまっているときは、吸おうとしても吸えません。 そんなときは、逆に息を思いきり吐ききってしまえばよいのです。 そして、その後息を吸い込んだら2秒くらい止めます。 そして、また約10秒ほどで吐ききる。 そしてまた、吸い込んで2秒止める・・・・ これを繰り返すと治まってきます。 自律神経の乱れが原因となっているので、 その自律神経を整えてやることを考えます。 よくヨガで使われる「腹式呼吸」を行うのです。 吸うことよりも、吐くことに意識を向けて、吸い込むときはお腹を目いっぱい 膨らましょう。 吐く時はお腹がぺったりとへこむまで吐ききるのです。 発作のある方は、この腹式呼吸を普段から癖づけると良いでしょう。 ずっとは難しいので、気付いたら2,3分からでも始めましょう。 その他に、 運動 そして、少しは速めに歩くなど、 軽くて良いので運動も心がけます。 お風呂 ぬるめのおふろにゆっくりつかって、 身体を芯から休めることも効果的です。 睡眠 そして、深く集中的に睡眠が取れれば自律神経は整って行きます。 精神的な問題を解決すること あとは、精神的にストレスになっている根本的な問題を除去することに 力を注ぐことです。 これが一番大事です。 あくびで息苦しい、胸が苦しい原因と対処法まとめ 家族はもちろん、仕事場などでもごく近しい信頼できる人には、 『過換気症候群』であることを伝えておくことが大事です。 いざ発作が起こると、これを知らない人は、 相当驚いて、オロオロと動揺してしまいます。 でも、あらかじめ伝えておくことで、 袋を渡してくれたり、一緒になって呼吸法を促してくれたりして、 お互いに安心感が全く違ってきます。 知ってくれている人がいる、と思えるだけで 逆にメンタルが楽になり、発作が出にくくなることもあるのです。 あとは、常にビニール袋一枚は携帯しておくなど、 怖がらないで、冷静に対処できる人を目指しましょう。 最近人気の記事一覧!• 突然、皮膚がピリピリしたり チクチクして痛みを感じることがあります。 とくに、肌があれていた... 我が家では食洗機で何度かゴキブリを発見しました。 そのたびに食器洗い機の使用を中断していたので... 就職活動中の学生にとって平日は企業説明会や面接、 就職課の先生と会ったりとなかなか身が空きません。... 子供が生まれて100日たつとお食い初めをしますが、どこでやれば良いのでしょうか? 実家でやるの... 公務員から公務員に転職する際に気になることの一つとして、 給料、ボーナス、退職金の引き継ぎ等が... ほぼ通年出回っていると言っていいほど、お馴染みの魚であるイサキ。 魚釣りでも人気ですね。 好きな女性を思いきって「USJ」に誘う。 目的は、もちろん、告白。 でも、「USJ」ってあまりに... 尿について日頃から気にかけることはないと思います。 とはいえ、緑色の尿が出てきたらびっくりしま... 会社から与えられる有給休暇。 法律から言えば、 もし6カ月以上継続して勤務していれば、 少なく...

次の

胸の真ん中らへんが痛い!胸の痛みに考えられる病気のサインとは

息 を すると 胸 が 苦しい

5つの胸の痛み方のパターン 鈍痛 鈍痛とは、にぶくて重苦しい痛みを指します。 耐えられない程の激痛ではないが、胸にどこか違和感を覚えたり痛みを感じたりが長く続く状態です。 こんな場合にも鈍痛が! 二日酔いなど飲みすぎた日の翌日、胸に鈍痛がする場合は、 胸やけを起こしている可能性もあるようです。 胸やけとは胃袋が軽い炎症を起こしている状態のことなのですが、胃袋ではなく胸が痛むと勘違いしている人も多いようです。 激痛 激痛とは、耐えられない程の激しい痛みを指します。 カラダに電気がはしるような痛さであったり、キリキリと刺すような痛みであったりする状態です。 胸だけでなく、全身にかけて痛みを感じることが多くあります。 また、痛みだけでなく冷や汗をかくなどの症状も見られるようです。 鋭痛 鋭痛とは、鋭く痛むことを指します。 カラダの中で痛みを抑制しようとする力が働くため、長時間にわたって痛みが続くことはありません。 締め付けられるような痛み 締め付けられるような痛みとは、 息苦しいなどといった圧迫感がある痛みのことです。 心臓や肺の病気が原因で、胸にも締め付けられるような痛みを感じている場合があるそうなので、病院で一度診察してもらった方がよいかもしれません。 こんな痛みも… 筋肉痛 胸には大胸筋という筋肉があります。 だから、筋肉痛で胸に痛みを感じている場合もあるんです。 骨折やヒビ 胸骨や肋骨 (ちょうど胸の真ん中にある骨)が骨折していたり、ヒビが入っていたりすると、呼吸をするだけでも胸に痛みを感じます。 表面的な痛みであったり、すぐに収まる痛みや一瞬だけの痛みであったりする場合は、大きな病気を心配をする必要は少ないようなのですが…。 胸の痛みは緊急性や危険性を伴うことが多くあるので、少しでも症状が気になる場合は、受診した方が良いでしょう。 胸の痛みから考えられる病気 ・狭心症 ・心筋炎 ・解離性大動脈瘤 (かいりせいだいどうみゃくりゅう) ・気胸 (ききょう) ・胃腸炎、胃潰瘍 ・胃十二指腸潰瘍 (いじゅうにしちょうかいよう) ・逆流性食道炎 ・肺結核 ・心臓神経症 ・心筋梗塞 ・大動脈解離 などが考えられます。 症状は様々ですが、 胸全体がギュッと締め付けられるような圧迫痛や、息苦しさを感じるのが特徴のようです。 息苦しさを伴う痛みが数十秒から数分続きますが、病状が悪化していくほど痛む頻度や度合いがさらに増します。 自律神経失調症 自律神経とは、無意識のうちにカラダの機能を動かしてくれている神経のことです。 例えば、自分が意識をしなくても勝手に心臓が動いているのは、自律神経のおかげなんです。 自律神経失調症は、自律神経のバランスが乱れることで起こるカラダの不調を表します。 痛む箇所としては、胸の真ん中であったり、左胸であったりと、広範囲ではなく一部が集中して痛むようです。 原因としては、生活習慣の乱れやストレスだと考えられています。 胸が痛むだけでなく、だるさや動悸・不眠といったものから、イライラや憂鬱感・不安感などといった精神的な症状まであります。 心筋炎 ウイルスなどが原因で、心臓の筋肉 (心筋)に炎症を起こした状態のことです。 胸の痛みだけでなく、熱や咳など風邪に似た症状を伴います。 また風邪のような症状がでた後には、動悸のような症状が現れることも多いようです。 気胸 (ききょう) 気胸とは、肺に穴が開いてしまい、空気が肺の外に漏れてしまう病気です。 胸の真ん中が痛むだけでなく、胸が全体的に痛むことがあります。 胸の痛み以外にも、咳や呼吸困難などの症状もあるようです。 逆流性食道炎 逆流性食道炎とは、胃酸が食道へ逆流することによって、食道に炎症を引き起こす病気です。 胸が痛むだけでなく、胸やけや胸が締め付けられるような痛みがあります。 胃酸が逆流する原因には、食生活の乱れや偏りなどが考えられるようです。 心臓神経症 心臓神経症とは、心臓に異常がないのにも関わらず、胸にチクチクとした痛みを感じたり、動悸や息切れが起こりやすかったりといった症状です。 主にストレスや過労が原因で起こる病気であり、疲れやすいといった症状やめまいの症状も見られます。 心臓神経症は、女性に多く見られる症状のようです。 心筋梗塞 (しんきんこうそく) 心筋梗塞とは、心臓の筋肉(心筋)に血液を送る冠動脈が完全に塞がってしまい、心筋に血液が流れなくなった状態を指します。 激しい痛みだけでなく、吐き気や冷や汗などの症状にも見舞われるようです。 胃潰瘍 (いかいよう) 胃潰瘍とは、胃の粘膜がただれて傷ついた状態のことを指します。 主に、ストレスや過度なアルコール、喫煙などが原因と考えられるようです。 解離性大動脈瘤 かいりせいだいどうみゃくりゅう 大動脈は3層構造(外膜・中膜・内膜)になっています。 内側にある内膜になんらかの理由で裂け目ができてしまい、裂け目の部分に血液が流れ込んで、大動脈が裂けてしまうこと症状です。 胸の激痛の他にも、背中やお腹にまで激痛を感じます。 また、症状がひどい人は 手足が麻痺してしまう場合もあるようです。 肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう) 肋間神経痛は、くしゃみや伸びをしただけでも、 肋骨に沿ってチクチクとした激痛が生じます。 胸を囲むように肋骨はあるので、肋骨神経症は胸にも痛みを感じるんです。 原因は、加齢や生活習慣の乱れ、ストレスと考えられています。 自分で試せる対処法 生活習慣に気をつける 胸が痛む病気は、動脈硬化が原因になっている場合があります。 動脈硬化を予防するためには、生活習慣を正すことが大切になるんです! 例えば、 ・食生活を改善する(肥満はNG!) ・適度な運動を取り入れる ・禁煙する ・過度なアルコールは控える などに気をつけてみましょう。 動脈硬化とは? 動脈硬化とは、 動脈が固くなることで血管がもろくなってしまうことです。 動脈が固くなると、血液をうまく臓器に送れなかったり、血管が破れやすくなったりしてしまいます。 病院で診てもらう 「突然、胸が痛む!」というのは、もしかすると大きな病気のサインかもしれません。 胸の痛みだけでなく、めまいや吐き気がするなどといった状態によっては、命に関わる場合がある恐れがあります。 激痛ではないからと油断をせずに、突然の激痛でない場合でも病院で診察してもらいましょう。 ストレスを溜めない 胸が痛むことから考えられる病気には、ストレスが原因になっている場合も多くあります! (例えば、心臓神経症や食道炎など) 人間はストレスを溜め込みすぎると、無意識に呼吸が浅くなってしまう傾向があるようです。 呼吸が浅い状態だと、心臓に負担がかかり息苦しくなり (過呼吸のように)胸にも痛さや圧迫を感じることがあります。 また、 ストレスが原因で引き起こす病気もたくさんあるので、ストレスを溜めないようにしましょうね。 胸の締め付けをやめる 胸周辺が下着によって締め付けられていると、血行が悪くなり、肩こりや病気の原因にもなりえます。 だから胸が痛いからといっても、必ずしも病気だとは限りません。 しかし「胸の真ん中が痛いけれど、痛みはすぐに収まる」からといって油断しないようにしましょう。 胸の痛さを対処したり、症状がでないように気をつけたりするには、 ・食生活の改善 ・適度な運動を取り入れる ・禁煙する ・過度なアルコールは控える ・ストレスを溜め過ぎない などにも、気をつけることが大切です。

次の

胸が圧迫されて苦しい時!胸の真ん中が苦しい場合は?

息 を すると 胸 が 苦しい

・狭心症、心筋梗塞 : 狭心症とは心臓に酸素を運ぶ血管が何らかの原因で狭まり、血流が減ってしまうことでおこる病気で、心臓への酸素供給が足りなくなってしまうため、胸の痛みや圧迫感を感じます。 狭心症にも種類があり、運動時に起こるものと、安静にしていても起こるもの、その他に前触れもなく起こるものなどがあります。 どちらの場合も、数分から数十分の間胸が締め付けられるような痛みを感じるのが特徴であり、重症化すると完全に血流が止まって心臓の筋肉が死んでしまう心筋梗塞や心室細動を引き起こしてしまうので、痛みに気がついたらすぐに病院にかからなければなりません。 特に心筋梗塞を引き起こしている場合、痛みを感じはじめてから数時間で死亡してしまうこともありますので、すぐに救急車を呼ぶべきでしょう ・大動脈解離 : 大動脈解離とは、全身に血液を運ぶ一番太い血管である大動脈が、何らかの原因で裂けてしまうという病気です。 大動脈解離を発症すると、突然鋭い痛みが胸や背中に走り、徐々にその痛みがお腹や腰の方に移動していくという特徴的な症状が現れ、最悪の場合は血管破裂などによって死亡する恐れもある非常に恐ろしい病気であるため、痛みが激しくなくとも、移動していると感じたならばすぐに病院にかかってください。 ・気胸 : 気胸とは、肺の一部が破れてしまうことで肺が正常に膨らまなくなり、胸の痛みとともに呼吸困難や咳がみられる病気です。 明らかな原因がないのに突然発症することもあり、多くは深刻な結果にはつながらないものの、あまりに広範囲に気胸が及ぶと、血流が阻害され、血圧の低下によって命の危険に晒される可能性もあります。 ・急性肺血栓塞栓症 : 急性肺血栓塞栓症とは、別名ロングフライト血栓症(エコノミークラス症候群)とも呼ばれ、下肢などの血管に出来た血の塊が、血の流れに乗って肺まで到達し、その血管をつまらせてしまうという病気です。 血の塊が肺の血管に詰まってしまうと、呼吸困難や胸の痛みを引き起こし、ひどい場合には急死してしまう場合もある恐ろしい病気です。 ・胸膜炎 : 胸膜炎とは、肺を包み込んでいる胸膜という部分に炎症が起こり、胸の痛みや呼吸困難、発熱などを引き起こす病気です。 肺炎や肺結核など、外からのウイルスなどによって引き起こされることが多いです。 女性の場合、男性と違って乳房があるため、乳がんなどの心配からより胸の痛みに敏感になりがちだと思います。 では、女性に特有の、胸の痛みの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 まず、病気ではないものとしては、月経や妊娠によってホルモンのバランスが変わり、乳房が張って痛くなるというものが挙げられます。 中には触れただけでも強い痛みを感じる場合もあるようですが、この場合過剰に心配する必要はありません。 注意が必要なのは、以下にあげる4つの病気が疑われる場合です。 ・乳腺炎 : 乳腺とは、母乳を作るための乳腺に炎症が起きてしまうもので、大きく2つの原因が有ります。 1つは細菌の侵入によるもので、もうひとつが母乳が固まって詰まってしまうことによるものです。 どちらの場合も胸の痛みとともに、乳腺が赤く腫れてしまうという症状が表れます。 ・乳腺症 : 乳腺症とは、胸に良性のしこりができてしまう病気で、しこりのある場所に痛みや圧迫感を感じるのが特徴です。 乳がんとは違い、良性のしこりなので、命の危険などはありませんが、しこりを見つけた場合、乳腺症か乳がんかの判断は医師に任せたほうが賢明でしょう。 ・乳腺線維腺腫 : 乳腺線維腺腫は乳腺症と同様良性のしこりで、まれに胸の痛みなどを伴いますが、多くは無症状です。 こちらも特に危険性は高くありませんが、乳がんとの区別に注意しなければなりません。 ・乳がん : 乳がんとは、乳房に悪性のがんが発生してしまう病気で、女性のおおよそ15人に一人という割合で発症することが知られています。 初期の段階では症状がないことが多く、痛みなどが出始めた時にはかなり進行している場合がほとんどです。 そのため、健康診断などを受け、早期発見、早期治療に努める事が何よりも肝心とされています。 胸が痛むときに、何よりも怖いのは命に関わる病気を発症していた場合です。 先ほど紹介した中では、心筋梗塞、大動脈解離、急性血栓塞栓症は緊急度が高く、迅速な治療を必要とします。 突然の強い胸の痛みを感じた場合は、迷わず救急車を呼びましょう。 それ以外の胸の痛みの場合、なるべく早く内科にかかることをおすすめします、胸の痛みは原因も様々であるため、まずは原因を特定し、そこから専門の医師を紹介してもらうのが一番良い方法です。 考えうる検査としては、心電図検査、胸部レントゲンなどがありますが、これらは数分で終わり、費用も保険適応で数百円となっています。 循環器などの専門の検査を受けることを勧められた場合、一時間から数時間かかるものまで様々な検査が考えられます。 最も長くかかるものでは、冠動脈造影と言い、入院を伴う検査もあり、検査時間が約六時間、検査費用も数万円程度になることがあります。 このあたりは実際に紹介された病院の医師とよく相談し、どの検査を受けるかを決めていきましょう。 胸の痛みには様々な原因があるため、完全に予防するのは難しいですが、中には予防が可能な病気も存在します。 狭心症、心筋梗塞は、高脂血症や肥満、喫煙などによって起きる可能性が高くなるため、規則正しいい生活とバランスのいい食事を心がけ、タバコを吸わないでいることが予防につながります。 また、急性肺血栓塞栓症では、長時間同じ姿勢をとり続けることが原因となることが多いため、そのような状況にならないよう定期的に軽い運動を行うことが予防となります。 乳腺炎では、細菌の侵入を防ぐために乳房を常に清潔に保ち、母乳がたまり過ぎないように定期的に絞ってやるなどの対策が有効となります。 このように、少し注意を払うだけで予防が可能な病気もあるので、気になる方は実践していくと良いでしょう。

次の