ご返信が遅くなり。 ビジネスメール|返信遅れでお詫びの際に好印象な例文【社内&社外】

「返信が遅くなり申し訳ありません」のビジネスでの使い方・敬語

ご返信が遅くなり

ビジネスメールの 返信が遅れてしまったという状況がありますよね。 ついうっかり忘れていた場合もあれば、後で返信しようと思っていたら時間の間隔が空いてしまった場合も・・。 そんな状況でメールを返信する際には、• 遅れた理由は述べたほうがよいのか…• そこで今回は、 ビジネスメール の 返信 に 遅れ た場合の お詫びについて、お伝えしていきますね。 まずは、社内の人に送る場合の例文から見ていきましょう! 件名:Re:連絡の件への対応について 〇〇 部長 お疲れ様です。 営業部の山田です。 この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 資料作成の件について、ご指摘いただきありがとうございました。 商品Aの販売切り口について、1点追加いたしましたので、明日に〇〇社へ資料を持参します。 よろしくお願いいたします。 営業部 山田 一郎 社内の人同士のやり取りだと、ついフランクになってしまいがちですが、お詫びメールの場合には基本的にNG。 親しい間柄でない限り、「すみません」という言葉は控えましょう。 ビジネスメールで「返信が遅れてすみません」という表現だと、お詫びという印象が薄くなってしまいます。 では、どういった文言を使うのがよいのでしょうか? 「 申し訳ありません」や「 失礼いたしました」を使うのが、万人に対して無難。 目上や上司に対しても、問題なく使えますよ! 取引先や顧客など社外の方に送る場合は、どうなのでしょうか? 続いて、社外の人へ送る場合の例文をご紹介します。 件名:Re:製品Aの注文の件 〇〇株式会社 生産部 〇〇 〇〇 様 いつもお世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 製品Aは本日発送させていただきましたので、明日中には納品できるかと存じます。 ご不明な点などございましたら、ご連絡いただければ幸いです。 メールにて大変恐縮ですが、ご連絡が遅れたこと、重ねてお詫び申し上げます。 よろしくお願い申し上げます。 jp 社内向けのメールよりも、丁寧さを重視しています。 取引先や顧客の場合、一度信用を失うと、 今後の仕事に影響が出てしまう可能性があります。 基本的には、最初の一文にお詫びの文言があれば問題ありません。 ただし、誠意を込めて 最後にもう一度お詫びの文言を入れておくと、丁寧さが出て相手への配慮が伝わりやすいです。 文言は例文の「メールにて大変恐縮ですが、ご連絡が遅れたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」というように、終わりに一言添えておくとよいでしょう。 ちなみに、返信が遅れた場合に文中で使用したい文言があります。 3パターンご紹介するので、ぜひ意識的に使うようにしましょう! 【返信が遅れた場合に使えるお詫びの文言】• この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 ご連絡が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。 返信遅れのお詫びは、長々と書く必要はなく、上記のような短い文言で問題ありません。 3つとも意味は変わらないので、あなたがしっくりくる文言を使うとよいでしょう。 返信が遅れたのにも関わらず、このお詫びを飛ばして本文を書き始めてしまうと、 ビジネスマナーを知らない人だという印象を与えてしまう可能性があります。 相手にもよりますが、メールの一般的な返信時間のマナーは 24時間以内とされています。 そのため、24時間を超えてしまった場合には、お詫びの文言を入れると、相手のことを配慮している印象が伝わりますよ! 以上を踏まえた上で、社内と社外別にお詫びのメールの例文を見ていきましょう。 次の見出しで詳しく解説していきます。 社内・社外問わず返信のお詫びメールでは、ここは意識したいというポイントが3つあります。 次の見出しで詳しくお伝えしていきますね! スポンサーリンク 返信のお詫びメールで意識すべき3つのポイント 返信が遅れたことに対してお詫びメールを送る場合、意識すべき3つのポイントがあります。 それは・・・• 遅れた理由は基本的に伝えなくてOK• お詫びの文言以外は通常のビジネスメールと同じ• いつも以上に誤字・脱字に気を付ける それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。 というのも、このような場合は 理由を付けると言い訳がましくなるため、相手に不快な印象を与える可能性があるためです。 ただし、出張・体調不良による休み・個人的な事情の休み(冠婚葬祭など)は理由を加えても問題ないでしょう。 例えば、「体調不良で昨日は欠勤しており、ご返信が遅くなりました。 」のような文言ですね。 基本的に返信が遅れた理由は述べなくてもよいということを頭に入れておきましょう。 お詫びの旨中心の文章になると、相手にとって必要な情報が分かりにくくなります。 読みやすい文章という意味でも、メールの内容は、 本来のやり取りから外れないようにすることが大切。 お詫びを述べた後は、通常のビジネスメールと同じようなやり取りをしていきましょう。 返信が遅れてしまったことに加えて、誤字・脱字のあるメールを送ってしまうと、 相手の心象にかなりの悪影響が出やすいです。 一つ一つでは大事に至らなくても、ミスが重なると、相手からの信頼を失いやすいので要注意。 メールを送信する前には、 複数回見直すといった、いつも以上に確認を徹底することをオススメします。 <返信遅れのお詫びメールで使える文言3選> 1. この度は返信が遅くなり、大変失礼いたしました。 ご連絡いただいた件、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。 ご連絡が遅くなりましたことを、お詫び申し上げます。 社内向けのお詫びメールでは、社内だからと気を抜かず、ビジネスマナーを踏まえた文言でお詫びをしましょう。 「 申し訳ありません」や「 失礼いたしました」という文言ですね。 社外向けのお詫びメールでは、 最後にもお詫びの文言を入れておくことで、丁寧さが出ます。 社内・社外問わず、基本的に遅れた理由は書かなくてもよいことと、お詫びを述べた後は通常のやり取りを意識することが大切。 また、メールを送る前には、誤字脱字がないかをきちんとチェックしましょうね。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

自分にも使える?「ご返信」の意味と正しい使い方!「ご返答」との違い

ご返信が遅くなり

Subject:Training Program Dear Mr. Brown, I must apologise for the delay in replying to you. I was in Hong Kong all last week and I'm afraid I overlooked this on my return. Attahced the training schedule in Singapore that relates to this computer training program. You will receive an e-mail with instructions to download the file from our server. It may be that we need to arrange some training of this type for ABC engineers. Please have a look at the schedule and the training program and then let me know what you think on this point. Kind regards, River Subject:Itenerary Dear Mr. Brown, I apologize for not sending the itinerary earlier. I still do not have all the details and I am waiting on specifics. I will have something for you be the end of today. I am truly sorry for the delay and have been trying to get you this information. Thank you for your patience, I will contact you at the end of the day, if not sooner. Sincerely, River.

次の

「返信(返事・返答)が遅くなり申し訳ありません」英語ネイティブはどう言う?

ご返信が遅くなり

ビジネスシーンで、うっかりメールを見逃してしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。 他にも、自分だけの判断で回答をすることができない内容だった場合、上司からなかなか指示がもらえず回答の返信ができなかったといった経験がある人も多いでしょう。 返信が必要なビジネスメールの場合、1日(24時間)以内に返信がないと返信が遅いと感じる人が多いという結果もあります。 急ぎではなかった場合でも回答が必要な返信は、受け取った翌日には返信しましょう。 なんらかの事情で返信までに2日以上経過してしまった場合は、「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉を付け加えて返信するようにしましょう。 メール ビジネスの場合、返信が必要な用件に関しての連絡はメールで連絡が来る場合が多くあります。 返信の遅れを防ぐためにメールチェックは最低でも、出社後と午後の2回は行うようにした方が良いでしょう。 緊急を要するメールの場合は、メールだけではなく電話で連絡がある場合もありますが、すぐに回答が必要ではないメールであっても、翌日までには返信するようにしましょう。 万が一、メールを見落としてしまった、うっかり返信を忘れてしまったなどの理由で2日以上経過してしまった場合は、「返信が遅くなり申し訳ありません」という一言を添えて返信するようにしましょう。 ただし、その際に長文でお詫びの文章を書くことは避けましょう。 相手が欲しいのはあくまでもお詫びではなくメールの回答です。 お詫びをすることは大切ですが、長々とお詫びの文面を書くことは避け、「返信が遅くなり申し訳ありません」程度で済ませるようにしましょう。 上司の確認が取れない場合 ビジネスで返信が必要なメールなどを受け取った場合、上司の確認がなければ返信ができない場合があります。 自分が原因ではなく、上司の回答をもらえず返信ができなかった場合も「返信が遅くなり申し訳ありません」の一言を添えて返信するようにしましょう。 なかなか上司からの回答がもらえない場合は、いつ頃回答がもらえるのか日時で確認することも大切です。 上司の回答が長くかかってしまう場合は、「現在内容について確認しております。 もうしばらくお時間をいただけますようお願い申し上げます」のように、途中経過をメールするようにしましょう。 このように事前に返信が遅くなることを伝えていた場合も、返信する際は、「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉を添えてから返信するようにしましょう。 返信の期日が指定されている場合 いつまでに返信が欲しいという期日が指定されている場合も、できるだけ早く返信をするようにしましょう。 予定の確認が必要などの理由ですぐに返信ができなかった場合は、たとえ指定されている期日内に返信をした場合でも2日以上経過した場合は、一言「返信が遅くなり申し訳ありませんでした」という言葉を添えて返信した方が良いでしょう。 「返信が遅くなり申し訳ありません」就活の場合 展示会などの招待状を受け取った場合、出欠の有無をハガキなどで返信する場合があります。 招待状などの出欠を連絡しなければならないハガキが同封されていた場合は、できるだけ早く返信することがマナーです。 返信が1週間以上過ぎてしまった場合は、「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉を添えて返信した方が良いでしょう。 遅くなってしまった場合でも、期限内には返信するようにしましょう。 結婚式など 同じように結婚式の招待状にも出欠の有無を確認するハガキが同封されています。 結婚式の招待状は、実際の結婚式の日にちよりも2か月ほど余裕を持って送られてくることがほとんどです。 そのため、もうちょっとあとで送ろうと返事を送ることを後回しにしてしまいますと、うっかり返信が遅くなってしまうことがあります。 一般的には結婚式の出欠は挙式の1か月前を目途に返信を希望していることが多いのですが、返信する側は1週間以内に返信することがマナーだとされています。 うっかり返信が遅くなってしまった場合は、「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉と一緒にお祝いのメッセージを添えて返信するようにしましょう。 「返信が遅くなり申し訳ありません」の敬語 社内メールの返信が遅れた場合は、「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉を使うことの問題はありません。 ただし、相手が上司などの場合は、「返信が遅くなり、大変申し訳ございません」のようにより丁寧なお詫びの言葉を使うと良いでしょう。 社外メールの場合 社外メールなどの場合は、メール受信後2日程度であれば「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉でも失礼ではありませんが、社外向けのメールの場合は、もう少し丁寧な言葉の方が良い場合もあります。 状況によって使い分けると良いでしょう。 【例】 ・お返事が大変遅くなり、申し訳ございません。 ・返信が大変遅くなり、申し訳ございません。 ・回答が大変遅くなりましたことをお詫び申し上げます。 返信が遅くなったことで相手に迷惑をかけた場合 メールを見落としていた、メールの返信をうっかり忘れてしまったということはビジネスでは起こり得るミスの1つです。 2~3日うっかりしてしまった程度で、返信までに期限がある場合は、メールで「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉を添えて、回答の返信だけでも大きな問題になることはほとんどありません。 しかし、メールを受信してから何日も経過してしまった、相手に多大な迷惑をかけることになってしまった場合は、メールの返信を忘れていたことに気付いた時点で、まずは電話でお詫びを伝えるようにしましょう。 その上ですぐにメールの返信をするようにしましょう。 電話でお詫びをした場合も、メールの返信をするときは「返信が遅くなり申し訳ありません」という言葉も添えて返信しましょう。 ただし、このような場合は「返信が遅くなり申し訳ありません」ではなく、上記の例文を参考に丁寧なお詫びの言葉を添えるようにしましょう。 返信が遅れたことで問題が発生した場合 メールの返信が遅くなって、相手の方が怒っている場合は、すぐに「返信が遅くなり申し訳ありません」とお詫びをしてメールを入れるのではなく、まずは上司に今後の対応を相談しましょう。 自己判断の対応が原因で状況が悪化してしまう可能性もあります。 その上で、電話ですぐに対応が遅くなってしまったことをお詫びしましょう。 その際、言い訳は禁物です。 電話でお詫びの上、返信のメールをする際は、忘れずに「返信が遅くなり申し訳ありません」というお詫びの言葉を入れるようにしましょう。 トラブルになってしまった場合は、「この度はお返事が大変遅くなってしまい、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」のように丁寧なお詫びの言葉を入れた方が良いでしょう。 Todoリストを作成しましょう.

次の