夫婦喧嘩 警察 連行。 《ただの夫婦喧嘩からDV事案成立に至り、そこからの大逆転》

「夫婦喧嘩で双方被害届を出してないのに暴行罪で逮捕されました。」弁護士Q&A

夫婦喧嘩 警察 連行

またしてもニコラス・ケイジ(47)の、ウェストン・コッポラ・ケイジ(20)による不祥事、流血事件のニュースが入って来た。 ロサンジェルスで4日午前、5万ドル(約400万円)の保釈金支払いによりLA市警の建物を後にし、男友達の迎えの車に乗り込むウェストンの姿がキャッチされた。 左腕の包帯には血が大きくにじんでおり、メディアの取材にウェストンは被害者の顔になっている。 ウェストンが留置場に入れられた理由はこれ。 ばかりの22歳のミュージシャンの妻、ニッキー・ウィリアムズと同日朝、派手な夫婦喧嘩をやらかしたためである。 目撃および通報した人々は今、「警察署に連行されたのは夫妻二人ともです。 奥さんも手にボトルを握ってウェストンを追いかけ、彼を殴り、腕を切りつけ、バルコニーから飛び降りるよう追い詰めたんです」などとメディアのインタビューに答えている。 ご存じの方も多いと思うがこのウェストン、先月には自分の健康を管理してくれているトレーナーとを繰り広げ、警察のご厄介になったばかりである。 保釈金の支払いに成功したのは自分一人で、妻ニッキーはまだ留置されているという情報もあるというのに、署を後にしたところで捉まったTMZ. comのマイクに、ウェストンは「結婚なんてするもんじゃないな」と一言。 何とも無責任な男である。 父を思えば、「にしてこの子あり」が相応しいであろう。 またもや不祥事を起こしたこのウェストンに、ニコラスはどう声を掛けるつもりであろうか。 (TechinsightJapan編集部 Joy横手).

次の

夫婦喧嘩で警察沙汰その後はどうなるのでしょうか?

夫婦喧嘩 警察 連行

河北省:警官は罪のない国民を連行している (明慧日本)河北省遷安市の法輪功学習者・段林霞さんは2010年3月1日午後2時頃、自宅で警察に強制連行された。 同じく法輪功学習者の聞翠娟さんも3月2日の午後3時頃自宅にて連行。 強制連行の理由は北京で「両会 全国人民代表大会と中国人民政治協商会議 以下、両会と省略」が開催中だからという。 段林霞さんが連行された経緯 段林霞さん(50歳女性)は、遷安市馬蘭庄供銷社(販売協同組合)の元職員。 法輪功を修煉するまではリューマチなどの腰の持病に悩まされ、仕事ができない状態だった。 1998年6月頃から法輪功の修煉を始めると、長年苦しんできた持病が全て完治した。 しかし7. 20以降、段林霞さんは陳情のために上京したが、警察に強制連行された。 そして、馬蘭庄公安出張所に移送され、10数日間残虐な虐待と拷問を受けた。 その後、釈放されたが、仕事は首になり、収入が無くなった。 2000年7月、段林霞さんは再び警察に連行され、一ヶ月間不法に拘禁され拷問を受けた。 その後、何度にもわたって警察に連行された。 毎回、家族は保釈金として3500元を支払わされ、保釈された。 あるとき、唐山市楽亭県で警察に口を殴る、蹴るなどの暴行を受け、更に家族に7千元支払わせてから保釈された。 2007年10月、遷安市の警察らは大勢の法輪功学習者を強制連行した。 その時、段さんが夫と一緒に遷安市国保大隊・彭明輝らに真相を伝えた。 しかし、逆切れされ、遷安市留置場に拘留され、数日後、親族は1万元を保釈金として支払うよう強要され、保釈された。 留置場では段さんの夫が警察に高電圧のスタンガンで電撃されるなどの拷問を受けた。 段林霞さんの娘婿(修煉者ではない)も強制連行され、保釈金を支払い保釈された。 今回の迫害で、段林霞さんの体は大きいダメージを受けた。 筋肉が萎縮し、手足が変形して、自力で生活することが出来なくなった。 それから一年後、煉功で徐々に回復していったという。 2010年3月1日の午後2時頃、警察5人が段林霞さんの自宅に不法侵入し、何の証明書の提示もなく、家宅捜査を行った。 そして、段さんの娘が使用していたパソコンを没収した。 警察は更に段さんを強制的に連行した。 強制連行の理由は「両会」期間中だからだということ。 聞翠娟さんが強制連行されるまでの経緯 聞翠娟さん(43歳女性)は遷安市楊店子鎮瀋家営村に在住。 1999年の初め頃、家族で法輪功の修煉を始めた。 実は聞さんは修煉を始めるまでは、毎日のように夫婦喧嘩をしていた。 しかし、法輪功と出会ってから「殴られても殴り返さず、罵られてもやり返さない」という教えのもとに、法に照らして自分に厳しく要求し、唯々善い人間になろうと毎日のように頑張っていた。 しかし、法輪功に対する迫害が始まり、聞翠娟さんは県の知事に手紙を書き、自分が修煉してから変化したこと、心身ともに法輪功の恩恵を受けていることなど、自らの経験を伝えた。 その結果、強制連行されて修煉を辞めるよう強要されたが、拒否したら殴打された。 2週間以上監禁され、様々な拷問を受けた後釈放された。 2000年12月、中共が遷安市で洗脳班を設けた後、聞翠娟さんは洗脳班に入れられ、迫害を受けた。 洗脳班の責任者・張来儒、趙新民(現在は政法委副書記)、楊玉林(現「610弁公室」副主任)、李成霞、石玉梅らから様々な拷問を受けた。 2007年10月、「第17回党大会」期間中という理由のもとに、聞翠娟さんを公安局に連行した。 公安局で何の理由も無く聞翠娟さんに高電圧のスタンガンで電撃を繰り返し、聞さんが危篤状態に陥ったため釈放された。 2008年、北京オリンピック前に聞翠娟さんは再び強制連行され、開平労働教養所に監禁され拷問を受けた。 その結果、体に酷い糖尿病、高血圧の病状が現れ、二カ月後に釈放された。 2009年、中共は「建国60周年」開催という理由のもとに、警官らは聞翠娟さんの自宅に侵入したが、聞翠娟さんは留守だった。 2010年の3月2日、「両会」期間中という理由のもとに、警官は再び聞さんの自宅を侵入し、聞さんは強制連行された。

次の

夫婦喧嘩で警察を呼ばれました。先日の我が家の話です。30...

夫婦喧嘩 警察 連行

主人との夫婦喧嘩で110番通報をしてしまいました。 理由は子供の教育問題 主人との夫婦喧嘩で110番通報をしてしまいました。 理由は子供の教育問題などの些細なことでしたが、2人ともお酒をのんでおり、口論の末に私が先に主人の顔面を殴ってしまいました。 (鼻血がでるほど)それに激怒した主人も私をけったりしたため、つい私もカッーっとなり警察にDVだと言って通報してしまいました。 警察と話しているうちにわれに返り、ただの夫婦喧嘩なので来なくて良いといいましたが、家に警察官が来てしまい自分のしてしまった事の重大さに気がつきました。 警察官にはただの喧嘩だった事、私が先に手を出したことなどを言って帰ってもらいました。 その際に主人、私の生年月日、主人の仕事を聞かれました。 (職業は公務員です)警察は主人の職場へは連絡しないと言っていましたが、 それは本当なのでしょうか、主人は絶対連絡が行く、俺の出世はもうなくなった。 といって私を絶対ゆるさないと言っています。 離婚もしたいと言われました。 私は、本当に反省し心から申し訳ない気持ちでいっぱいですし、子供も小さい為、離婚はしたくありません、どうしたら許してもらえるでしょうか?また、公務員が警察沙汰ということでやはり職場へ連絡はいっているのでしょうか? 投稿日時 - 2010-06-02 11:53:34 今回の一件で、職場への連絡は絶対にありません。 ウチも何度か経験済みですから、太鼓判を捺しますw 最近はDVの問題で、いくら夫婦喧嘩とは言え、駆けつけた警察官の判断次第では、署へ連行・保護される場合があります。 その際、仮に逮捕となっても、警察が被疑者の職場へ連絡を入れるなどは先ずありません。 逮捕容疑にもよりますが、基本的には「職場」へはプライベート保護の観点から、連絡など控えてるそうです。 それよりも問題なのは、「ご近所の噂」です。 思いもよらない所へ、話が流れてる場合があります。

次の