宇都宮 市 ハザード マップ。 宇都宮まちかど情報マップ|TOP

洪水ハザードマップ(防災・安全安心情報)|宇都宮市公式Webサイト

宇都宮 市 ハザード マップ

本当は他のテーマを考えていたのですが、あまりにも今日の雨がすごかったのでこのテーマにしました。 ハザードマップとは。 ハザードマップとは自然災害による被害予測及び避難情報を表示した地図のことです。 災害の種類に応じて、洪水・内水・高潮・津波・火山・土砂災害・地震などが作成されています。 ハザードマップには、災害発生時に予測される被害の範囲・程度などの他、避難経路や避難場所が示されています。 宇都宮市においては、市のホームページで洪水と土砂災害のハザードマップを確認する事ができます。 ハザードマップの活用法 ハザードマップはあくまで過去のデータに基づいた予測に過ぎないため、ハザードマップで警戒区域となっているエリアであっても、災害の規模によっては、全く被害のない場合もありますし、一方で、警戒区域内に近いエリアであれば、警戒区域外だとしても、被害に遭う可能性はゼロではありません。 鹿沼市の洪水ハザードマップを見てみると、黒川から西側の市街地は半分ほどが黒川氾濫時の浸水対象地域になっています。 しかし、その辺に住んだらダメという訳では無いです。 リスクを理解して対策を施せば、そのリスクは「想定の範囲」になるため、対策することが可能です。 ハード面の対策としては、盛土や補強工事をして地盤の高さを上げること。 ソフト面の対策としては火災保険の内容を充実させることなどが考えられます。 内水ハザードマップの重要性。 内水ハザードマップとはゲリラ豪雨等で大雨が降った際に、排水能力が限界を超え道路の冠水や土地や建物の浸水被害を地図にしたものです。 国土交通省は内水ハザードマップの作成を推奨していますが、すべての市町村に内水ハザードマップが備え付けられている訳ではありません。 栃木県ではほとんどの市町村で作成されていません。 ハザードマップが作成されていない市町村でも冠水の記録等は、市役所等に問い合わせをすれば確認が取れるため、必ず問い合わせるようにしましょう。 開発分譲地であれば、雨水の処理に関してはしっかり計算されて道路を作っているため、ほぼ安心のですが、単独地などの場合は既存の道路に面しているため、場所によっては冠水しやすいところもあるため、注意が必要です。 国土交通省「ハザードマップポータルサイト」を利用しよう。 国土交通省が作成している「ハザードマップポータルサイト」というものがあります。 今現在住んでいるところや、これから購入しようとしている土地にどのような危険があって、どのような地形にあるかというのがわかるサイトです。 操作性はイマイチですが、地形からも災害リスクが確認できるため、結構便利です。 地形は、道路冠水しやすいところや地盤の強度により補強工事が発生するかしないかの目安にもなるため、是非活用してみて下さい。 バナーを貼っておきます。 クリックしてみて下さい。

次の

【栃木県】<宇都宮市>ハザードマップ(洪水・土砂災害)

宇都宮 市 ハザード マップ

市では、国や県から新たに公表された最大規模の降雨による浸水想定に基づき、防災ハザードマップを作成しました。 防災ハザードマップには、河川が氾濫した場合に想定される浸水の範囲と浸水の深さ、土砂災害警戒区域、指定避難所及び指定緊急避難場所の位置等のほか、各種災害ごとの対策方法等を掲載しています。 自宅・学校・職場などの周辺にどのような災害の危険性があるのか、また、最寄りの避難場所や避難経路の確認など,ご家庭や地域内での防災の取り組みにご活用ください。 栃木市防災ハザードマップ 2019年版 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ハザードマップ 全体図 (地図番号をクリックすると別ウィンドウで表示されます) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 防災ハザードマップの見方 上のマークは、川の氾濫により浸水した場合に予想される水の深さです。 The mark above refers to the forecasted water depth in case river water has overflown or flood 上面的标记显示了河水溢出或洪水时的预测水深 上のマークは、大雨が降った場合土砂災害が発生するおそれがある区域です。 The mark above is an area where landslides may occur if it rains heavily 上面的标记是下大雨时可能发生滑坡的区域 洪水浸水想定区域図について 洪水浸水想定区域図とは、河川が氾濫した場合に想定される浸水の範囲と深さを示したものです。 栃木市防災ハザードマップは、洪水予報河川(渡良瀬川、思川、黒川、永野川、秋山川)、水位周知河川(巴波川)を対象に、国、県で公表した想定し得る最大規模(おおよそ1000年に一度)の降雨 による洪水浸水想定区域図を反映しております。 国及び栃木県が公表している 洪水浸水想定区域図(想定最大規模や浸水継続時間等 )は次のとおりです。 国が管理する河川(利根川、渡良瀬川、思川、巴波川他) <外部リンク><外部リンク>• 栃木県が管理する河川(思川、黒川、巴波川、永野川、秋山川他) <外部リンク><外部リンク> 土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域について 平成30年8月28日に、土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域が新たに指定されました。 区域の詳細は「とちぎ地図情報公開システム」 でご確認ください。 <外部リンク>(別ウインドウが開きます)<外部リンク> 防災ハザードマップの配付について 防災ハザードマップについては、平成31年4月に広報紙にあわせて各世帯に配付いたしました。 また、本庁舎・各総合支所の市民生活課窓口または本庁舎5階危機管理課でも希望者にお配りしています。 詳しくは下記お問合せ先までお問い合わせください。 浸水ナビ(地点別浸水シミュレーション検索システム)について 「浸水ナビ(地点別浸水シミュレーション検索システム)」は、洪水浸水想定区域図を電子地図上に表示するシステムです。 自宅などの調べたい地点の浸水リスク等をアニメーションやグラフで表示させることができます。 <外部リンク>.

次の

栃木市防災ハザードマップ

宇都宮 市 ハザード マップ

ページID1009941 更新日 平成28年9月23日 ライセンス表示について オープンデータカタログページ(以下、「カタログページ」と言います。 )で提供するデータのライセンスは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスにおける「CC BY(表示)」としています。 二次著作物を作成する場合は、以下のとおり、利用するデータの出典を表示してください。 ライセンスされている著作物を改変せずにそのまま複製して利用されるときは、以下のクレジットを記載してください。 (「」内の部分は利用者が記載してください。 ) 「ライセンスされている著作物のタイトル」、宇都宮市、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. ライセンスされている著作物を改変して利用されるときは、以下のクレジットを記載してください。 この「作品・アプリ・データべース等」は以下の著作物を改変して利用しています。 「ライセンスされている著作物のタイトル」、宇都宮市、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表示2. 1」の文字部分などにハイパーリンクを貼る方法で提供することも可能です。 [クリエイティブ・コモンズ・ライセンス] この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 2. 1 日本 ライセンスの下に提供されています。 利用規約 宇都宮市オープンデータ利用規約は、宇都宮市オープンデータ一覧に掲載されているデータの利用に関する規約です。 データの利用の際には、本規約に従っていただくようお願いします。

次の