東京女子大ウェブクラス。 Fランク大学一覧 Fラン大リスト400

学習院女子大学

東京女子大ウェブクラス

東京医科大は23日、同大の不正入試について調査をしている第三者委員会(委員長=那須弘平・元最高裁判事)の1次報告書を公表した。 それによると、女子受験生に対する不利な得点操作などをした結果、2017年度と18年度の一般入試では、本来合格していた計55人の女子が不合格にされていた。 報告書は同大が追加合格の判定を行ったうえで結果を公表し、新たに合格者となった受験生には補償などの対応をするよう求めている。 一連の入試不正は、文部科学省幹部が絡む汚職事件をきっかけに発覚した。 報告書は、2次試験で性別や浪人年数によって一部の受験生に加点する「属性調整」が、06年度入試から行われていたと認定。 17、18年度のセンター利用を含む一般入試を検証し、不正がなかった場合の成績を再現した結果、女子の合格者は17年度は99人から110人に、18年度は69人から113人に増えたと指摘した。 18年度の方が、不正で不合格となった女子が多い理由について報告書は、当時の鈴木衛学長=贈賄罪で在宅起訴=が「去年は女性が多かったから、今年は男性を多く取りたい」と発言したと指摘。 「鈴木氏の考えが、影響を与えたと理解することもできる」とした。 同大は「不利益を被った受験生の皆様に対する対応を、11月上旬を目途に公表する」などとするコメントを出した。 (土居新平).

次の

受験情報サイト

東京女子大ウェブクラス

東京女子大学は、東京都杉並区に本部を置く私立大学です。 通称は「東女」。 1918年に北米のプロテスタント宗派の援助を受けて創立された私立東京女子大学を前進とし、初代の学長は五千円札の肖像にもなった新渡戸稲造です。 英語についての学習環境が整っており、全学年の学生がフリーに英語学習に参加し、キャリアをつくっていくのに必要な啓発活動が行われる「アイランド」があります。 1学部のみのキャンパスには、芝生が目にも鮮やかな広場や、緑豊かな樹木に囲まれたオープンスペースがあります。 キリスト教の教えに基づいた人格教育を土台に、専門性をもった教養人に育てることをビジョンとしている東京女子大学。 9割を超える高い就職率を誇っており、一人一人に対する細やかな就職支援体制が高い就職率を支えています。 西荻窪駅と吉祥寺駅の真ん中にあり、どちらから歩いても15分はかかります。 西荻窪からの人が多数ですが、買い物や遊びのために定期は吉祥寺まで買う人もいます。 両方の駅から関東バスが出ていますが210円するので、基本は歩きで遅刻しそうな時はバスを利用しています。 バスだと西荻窪から5分で着きます。 周辺環境はとても良いと思います。 喧騒から離れていて落ち着いています。 また西荻窪にはおしゃれなパン屋さんやカフェ、ケーキ屋さんが沢山あります。 吉祥寺も楽しく、買えないものはないというほど色々あります。 また東女は雰囲気が好きで入学した人も多いです。 私は第1志望がずっと決められていなかったのですが他大のオープンキャンパスの後にたまたま来てみたところ、あっここがいいここに行きたい、と感じて受験を決めました。 国語 【センター】 現代文、古文、漢文の時間配分と順番を気を付ける。 【2次・個別】 古文、漢文は苦手なので、現代文で点を落とさない。 利用した参考書 現代文は主にセンターと大学の過去問を使った。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 発音、アクセントよりも、長文で点を落とさないように気を付ける。 【2次・個別】英語 問題が本文の順番通り出てくるので確認しながらやる。 利用した参考書 英頻、単語王を使った。 社会 【センター】世界史B 選択肢をなるべく先に見ないようにして、自分の頭の中で先に応えの検討をつける。 【2次・個別】世界史 世界史は苦手なので、確実に分かる問題は落とさないようにして、ほかの強化で頑張る。 利用した参考書 山川の用語集を使った。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 国語 【センター】 現代文も古文も、塾の授業やテキストを使って勉強していました。 古文については市販の単語帳を使って単語を覚えていました。 【2次・個別】 現代文も古文も、塾の授業やテキストを使って勉強していました。 古文については市販の単語帳を使って単語を覚えていました。 利用した参考書 現代文対策には塾の教科書、古文対策にはマドンナ古文単語を使っていました。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 塾の授業と、先生に教えてもらった英単語、英熟語、速読、リスニングのテキストを使い勉強していました。 また、塾の授業も受けていました。 【2次・個別】英語 塾の授業と、先生に教えてもらった英単語、英熟語、速読、のテキストを使い勉強していました。 また、塾の授業も受けており、大学別の対策をする講座を受講していました。 利用した参考書 単語にはターゲット1500、長文対策には塾の教科書と速読英単語を利用しました。 社会 【センター】日本史B 日本史は高校の授業と塾の授業で演習を行い、市販の問題集を使って勉強していました。 一問一答の日本史の参考書も使っていました。 【2次・個別】日本史 日本史は高校の授業と塾の授業で演習を行い、市販の問題集を使って勉強していました。 一問一答の日本史の参考書も使っていました。 利用した参考書 学校で配布された教科書を利用しましたが、名前を忘れてしまいました。 オレンジ色の表紙でした。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 国語 【センター】 国語は得意だったので特に対策はしていないです。 とにかく時間内に回答すること、見直しを1回出来る時間を最後に残すことを目標に模試など解いていました。 【2次・個別】 本命ではなかったので過去問等やっていないですし対策は何もしていないです。 国立志望でしたが数学が最後まで足を引っ張ったと思います。 利用した参考書 青のチャート式。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 英語は得意で180点台をとれたこともあり平均160点以上は毎回取れていたのですが本番は点数がふるいませんでした。 英語は文法が苦手だったのでビンテージ等で復習しました。 【2次・個別】英語 本命ではなかったので過去問等やっていないですし対策は何もしていないです。 利用した参考書 ビンテージ 社会 【センター】日本史B、倫理 日本史が好きなのに苦手でした。 とにかく教科書を読みこみました。 資料集を読むのも大事だと思います。 【2次・個別】日本史 本命ではなかったので過去問等やっていないですし対策は何もしていないです。 授業以外何も対策していません。 受験の振り返り、反省.

次の

東京医大、女子55人が不正入試で不合格 第三者委公表:朝日新聞デジタル

東京女子大ウェブクラス

ビジネスフォーラムは、テレビ東京の経済報道番組『WBS』『モーニングサテライト』『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』『未来世紀ジパング』が一堂に会した、初の大規模な経済系イベントです。 会場では「ニッポンの底力を探れ!」をテーマとした番組出演者のトークショーのほか、番組制作の知られざる舞台裏などを紹介しました。 開催目的のひとつは、リアルイベント・番組放送・ウェブ配信を組み合わせた新たなビジネススキームを開発すること。 イベントの模様は特別番組で放送され、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」でも配信されました。 もうひとつの目的は、経済番組のコンテンツを活用してファンに楽しんでもらうという社会貢献です。 当日は約4,300人が来場、各番組の個性を活かしたプログラムは大変好評で、テレビ東京のブランドイメージを高めることができたと思います。 キャリア大学への参画は今回で3回目を迎えます。 講義を受けた大学生の満足度は非常に高かったそうですね。 キャリア大学は大学1~2年生を対象にした企業体験プログラムです。 今年は40以上の企業のプログラムに約2,000人の学生が参加しました。 テレビ東京のプログラムではレポーター体験やカメラマン体験を入り口に、『WBS』のトップニュースの構成と『ガイアの夜明け』新作の骨子案づくりという二種類のグループワークを行いました。 私たちの日々の仕事と同じレベルの課題に取り組めたことや、講師となった番組プロデューサー陣が学生たちの個性的な企画案のひとつひとつに対し真摯にフィードバックしたことが好評を博し、今年のプログラムを評価するアワードで「総合第2位」と「ベストレクチャー賞」を受賞しました。 総務部とクロスメディア部が初めてタッグを組んだ企画運営が高い評価を得て、大変うれしく思っています。 大学受験は基本的には「ひとつしかない正解」の積み重ねで競い合うものです。 ところが社会に出ると正解は必ずしもひとつではなく、むしろ他人とは違う発想を求められます。 だからこそ、大学生の皆さんには経済報道番組を題材に、社会で起きている事象を多角的な視点で解釈・分析する習慣をつけ、豊かな発想力を身につけてほしい。 今回のプログラムは、そんな思いを込めて企画しました。 イベントで視聴者と対面できるように、クロスメディアの取り組みではステークホルダーとの新しいつながり方を生み出すことができますね。 テレビを視ない人が増えていると言われ続ける中で、リアルなイベントを通じてより多くの人とつながっていきたいですね。 また、放送は時間上の制約が強いのですが、ウェブ配信ではその制約が緩くなります。 放送では30秒しか流せなかった有識者のインタビューに、さらに有益な情報を加えてロングバージョンを制作し「テレビ東京ビジネスオンデマンド」限定で配信する試みも始まりました。 そうした配信オリジナルコンテンツを積極的に開発し、視聴者とのつながりをより深めることも目指しています。 クロスメディアによってコンテンツをより多くの人に届けることで、 テレビ局の新たな存在意義も生まれてくるのではないでしょうか。 クロスメディア部の活動を通じて、テレビ局が持つ「社会の事象を解釈・分析する視点」「コンテンツの構成力・制作力」が想像以上に幅広いシーンで求められていると実感しています。 ビジネスの面でも社会貢献の面でも新たな可能性を切り拓くために、私たちの持つノウハウに対してどのようなニーズがあるのか、意識的に探っていくことが今後必要になると思います。 最後に、クロスメディアの長期的なビジョンをお聞かせください。 将来的には、広い意味での「教育」の分野に寄与していきたいという思いがあります。 テレビ東京の経済報道コンテンツをイベントやセミナー、ウェブ、さらに教育の現場で活用し、学生のキャリア形成、若手社員の能力開発、シニア層の第二の人生プランづくりなど幅広い世代の「人づくり」に貢献するスキームを模索していきたいと考えています。 また、様々な番組のコンテンツを「地方再生」「中小企業支援」「女性の活用」などテーマ別に再構成し、それらをテキストに日本が抱える課題を解決するための議論や提言を行うプログラムの構想もあり、個人レベルでは、NPOのイベントなどと組んでトライアルを始めています。 いずれも本格的な取り組みには社内外の様々な調整・連携が必要なので一朝一夕にはいかないと思いますが、「夢は大きく」ですね。

次の