リッチ テキスト 形式。 リッチテキストエディター

「リッチテキストって何!?」3分で分かるHTML形式とテキスト形式とは

リッチ テキスト 形式

2016年6月11日閲覧。 Lindner, Paul 1993年6月8日. 2016年6月11日閲覧。 2016年6月11日閲覧。 2010年3月13日閲覧。 Rob Weir 2007年12月20日. 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation RTF , , 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation June 1992 TXT , , 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation RTF , , 2010年3月13日閲覧。 PDF , 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation January 1994 RTF , , 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation January 1994 TXT , , 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation. 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation 1999-05-31 , , 2014年5月21日閲覧。 Microsoft Corporation 2001-08-31 EXE ZIP , , 2014年5月21日閲覧。 , 2012年9月26日閲覧。 Microsoft Corporation 2004年4月20日. 2014年5月21日閲覧。 Greg Duncan 2007年1月9日. 2010年3月13日閲覧。 Microsoft Corporation 2008年3月20日. 2014年5月21日閲覧。

次の

Outlookで送信メールをテキスト形式に変更

リッチ テキスト 形式

RTFとは、文書を保存するためのの一つ。 Microsoft社が定めたもので、同社のソフトウェアで利用されるほか、仕様が公開されているため他社のソフトウェアにも対応しているものが多くある。 単純な文字データのみの形式となどで作成・編集できる複雑な文書形式の中間的な方式で、文字の大きさや(フォント)の指定、太字や斜体、下線などの文字飾り、文字の左端・右端・中央・両端揃えや、表や画像の埋め込みなどが可能となっている。 データそのものはで、表示される本文の中に混在させる形で、特殊な記法により制御用の文字列を記述する。 利用できる文字は(・)のみで、日本語などの範囲外の文字を表記する場合はなどで規定されるをで表記する特殊な記法を用いる。 1987年に初版(バージョン1. 0)が公表され、以後、同社のワープロソフトであるの新バージョンの発売に合わせて改版されてきた。 2008年のバージョン1. 1以降は更新されておらず、同社はこれが最後のバージョンになると表明している。 さくいん この分野のランキング 1位 【マイクロソフト・エクスチェンジ】 2位 【. exeファイル】 3位 【resource】 4位 5位 【. msiファイル】 6位 【. aviファイル】 7位 【File Allocation Table 32】 8位 【ウィンドウズ】 9位 【NT File System】 10位 【Delivery Service Partner version】 11位 【. wavファイル】 12位 【プロダクトアクティベーション】 13位 【VS】 14位 【Windows Server Update Services】 15位 【. binファイル】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

リッチテキストとは 「リッチテキスト形式」 (Rich Text, RTF):

リッチ テキスト 形式

説明 HTML形式 リッチテキスト形式 テキスト形式 表を追加 可 可 不可 ファイルを添付 可 可 リッチテキスト本文内の好きな場所に添付可能 可 イメージ埋め込み 可 可 不可(添付ファイルとしてのみ) 文字装飾(色や太字など) 可 可 不可 ファイルリンク 可 可 不可 ハイパーリンク 可 可 不可 受け取り側メールソフト HTML メールをサポートしたメールソフトが必要。 ただしウィルス感染防止のため、HTML形式をオフにしている場合もあり。 HTMLをサポートしていない場合、HTML構文そのもののメールとして表示される場合あり。 相手側も原則 Exchangeサーバ上の Outlook であることが必要。 一般的なすべてのメールクライアント。 どんなときに? インターネット上の相手に文字や装飾やイメージを埋め込んだメールを送信したい場合。 あまりよろしくない。 イメージなどは表示しない設定になっている場合がほとんど。 社内のOutlook どうしの場合。 本文に表やイメージで何かを説明したい場合。 インターネット上の相手に送信する場合。 マナー的にテキスト形式で送付するのが一般的。 以下のようにリッチテキスト形式やHTML形式ではメール本文に表を挿入することができる。 ただしHTML形式に変更すると、表や文字装飾などが消えてしまう点に注意してください。 また受信側も設定が可能です。 どの形式でメールを表示するか設定が可能です。 脆弱性を狙った exploit(攻撃用コード)が付いたメールも来るため、すべてテキスト形式で見るような設定の場合もあります。 デフォルトでは Exchange 外にリッチテキストで送付すると、HTML形式に自動で変換されます。 なぜならリッチテキスト形式は一般のメールソフトでは表示できないためです。 以下のような設定が可能です。 関連リンク: [] > [] , 【注意】本ページは著作権で保護されています。 内容は何人も補償しません。 時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。 理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。 ご自身の責任で参考にしてください。

次の