フォート ナイト 謎 解き マップ。 フォートナイト: マップと環境の歴史

「フォートナイト」1時間おきに出現する謎のモードナウプレとは?

フォート ナイト 謎 解き マップ

シーズン1 まだシーズンという概念もなかったので便宜的に。 今からすると都市などの密度が相当にスカスカでした。 南西周りの都市や施設が存在しないので、降りる場所が極端に制限されています。 最初期にはソルティ・スプリングスやトマト・タウンという地名もなくて、後から名前が付けられたという経緯もあります 街は最初からありましたが、いわゆる無名の場所でした。 細かい部分としては、今に比べて 宝箱の量が極端に少ない 4分の1以下 のが特徴です。 序盤にシールドや回復アイテムを抱え込めないと、回復すらままならぬ状況になります。 必然として都市降りして争奪戦を勝ったプレイヤーが優勝しやすく、それを避けたプレイヤーがHP75以下でウロウロしているケースが多発しました。 サバイバル職が強くて、リカバリーするのが難しいゲーム性でした。 何だかんだで、最も初心者に厳しかった環境かと思います。 まぁ皆初心者だったんですけどね。 シーズン2 1度目の大規模改修があって、 西側を中心にロケーションが大幅に増設され ました。 のちに大人気となるティルテッド・タワーもこのときに追加。 その後のマップ構成の原型が、このときに生まれたといっても良いでしょう。 季節毎のイベントが大々的に導入されるようにもなりました。 ゲームの方向性としては、徐々にサバイバル性の緩和が始まり、弾薬、シールド、回復の潤沢な環境へと変わる過渡期です。 シーズン3 日本でも正式にリリースされた最初のシーズンです。 マップには大きな変動は無かったものの、南部にラッキー・ランディングが追加されています。 ゲームとしては宝箱の量が全体的に見直され、従来までは微妙だったロケーションの調整が進みました。 極端に悪いロケーションが無くなって、どこに降りても極端に勝率が変わらなくなっています。 シーズン末期には隕石落下のイベントなどがあり、シーズン4への繋ぎになっていました。 背景ストーリーが導入される前段階と言えます。 フォートナイト最盛期の始まりです。 シーズン4 隕石の落下や映画セットの配置によって、シーズン3からマップ構造に変更が掛かっています。 マップ中央部の巨大クレーターが出現しました。 各所に隕石が落下して、都市の一部が崩壊しています。 「 リスキー・リールズ」が新設、旧名「 ダスティ・デポ」が「 ダスティ・ディポッド」へ置き換えられています。 東西にも無名の拠点が追加されたほか、南東のジャングル地帯「 モイスティ・マイア」には映画撮影用の大規模セットが追加されました。 リアルタイムイベントも初めて起きました。 シーズン5 時空の裂け目によって、異なる世界と繋がりました。 最大の特徴として、砂漠バイオームの追加が上げられます。 今までは鬱蒼とした沼地だった「 モイスティ・マイア」が消滅し、砂漠と荒野が広がる「 パラダイス・パームズ」へと置き換えられています。 北の農場こと「 アナーキー・エーカー」も取り壊され、ブルジョワなゴルフ場「 レイジー・リンクス」へと変貌しました。 また スノービー・ショアの側にバイキングの砦が追加されています。 各地に追加された裂け目によって、マップ上を素早く移動できるようになりました。 2018-08-24 21:57 シーズン6 バイオームの追加はなかったので、前シーズンに比べれば変化が小さいです。 各地に汚染エリアが誕生、 ルート・レイクの島が浮き上がったラピュタはシーズン中に移動し、最終的には崩壊しました。 このとき、 ルート・レイクは リーキー・レイクに名前が変更されたのですが、何故か次のシーズンでは元に戻されています。 賛否両論あったグライダーの再展開が始まりましたが、フォートナイトの絶頂期が終わりを告げたシーズンでもあります。 シーズン7 南西から現れた氷山が衝突。 その近辺が氷雪地帯へと大きく変貌しました。 リスキー・リールズは ザ・ブロックという特殊エリアに置き換えられました。 週替わりでクリエイターモードでユーザーが作った力作に置き換わるという特殊な場所です。 スキルギャップによるユーザーの離脱が進んでおり、自作マップコンテストなども、多面的な人気確保の一貫だったと思われます。 ゲームシステムとしては、悪名名高きサイフォンによって、ユーザーの大規模離脱が発生しました 敵を倒すとHPかシールドが50回復するため、KD1以下のプレイヤーが絶対に損をする仕組み。 2018-12-09 00:40 シーズン8 北東部に火山が追加され、地形が大きく様変わりしました。 レイジー・リンクスと ウェイリング・ウッズが消失。 代わりに レイジー・ラグーンと サニー・ステップという地名が追加。 トマト・テンプルが名称剥奪。 また前シーズンから追加された ザ・ブロックの位置が変更になっています。 ゲームの方向性としては、競技性重視の調整が失敗したことを受けての揺り戻しがメインになります。 サイフォンが2週間で中断され、グライダー再展開の仕様が変更されました。 2からはマップのあちこちを発掘するイベントが発生し、カジュアルユーザーにもプレイし貰おうという動きが活発化しています。

次の

フォートナイト: マップと環境の歴史

フォート ナイト 謎 解き マップ

【更新!】• シーズン3は水マップ説 シーズン3は水マップ説濃厚? え、、、あの海すぎない... このアイコンを見る限り、水の多いマップになる可能性はかなり大きいと予想される。 1年前のトレーラーにヒントが? 1年前に登場した公式トレーラーに映る島が、今回のアイコンの島なのではないか?という見解もある。 真偽は不明だが、何か関係があるとするならワクワクが止まらない。 意味深なポスターが登場 家が水に浮かんだポスター ニャッスルが水に沈むポスター サメに狙われるバナナのポスター Ver12. 50のアップデートで3種類の謎のポスターがゲーム内に追加された。 レイジーレイクの建物に貼られており、ポスターをツルハシで叩くと一瞬だけ全体を見ることができる。 3種類とも海が関連しており、シーズン3のテーマは「水」かもしれない。 聖書に登場する「ノアの方舟」物語と関連すると考えると、はやり洪水が起きて水が多めのマップに変化する可能性も考えられる。 ワンタイムイベントが開催予定 ワンタイムイベントまで 当初5月31日午前3時5分から行われる予定だったが、シーズン2延長に伴って、このイベントも1週間延長となり、6月7日の午前3時5分からとなった。 しかし今回 更に延長し、6月16日に延期された。

次の

【フォートナイト】ザ・エージェンシー攻略!金庫・電話BOXの場所

フォート ナイト 謎 解き マップ

「Fotenite」フォートナイトチャプター2・シーズン2の考察 ザ・リグを破壊したのは誰? フォートナイトのマップのロケーションである、 ザ・リグが3月17日のアップデートで ヘリコプターが追加されたのと同時に破壊されていました。 ザ・リグは崩壊していて石油と思われる物質があたりを汚染しており、小型船は何かを釣り上げています。 今、ザ・グラトウのブルータスがシャドウ化しザ・リグの爆破が行われティナもシャドウ側に行ってしまった。 破壊されたザ・リグの形状は爆破されたような跡に加えて、ところどころ穴が開いていたり、何か鋭いもので壊された形跡もあるので、可能性としてはあるのかと考えられます。 しかし、モンスターとなると今後どうなるかは未知です。 ワンタイムイベントでもしかしたら 巨大な水中生物が姿を現すかもしれませんね。 ザ・リグは燃料採掘拠点のような形をしており、ゴーストの組織自体、もしくはゴーストたちを雇った組織がザ・リグへの攻撃を指示したのではないでしょうか? そのためゴーストに対抗すべく、ティナの部下たちはガスマスクの兵でしたがシャドーに属することで ゴーストに対抗しようとしたのではないかと考えられます。 今、ザ・グラトウのブルータスがシャドウ化しザ・リグの爆破が行われティナもシャドウ側に行ってしまった。 あるロード画面ではティナがザ・ヨットを爆破している物がある次はニャッスルという事なのか… — Fortnite最新情報 Fortnit53726233 オロの正体とは? オロの正体として考えられるのはマイダスの成れの果てという説とマイダスに恨みを持つ勢力のどちらだと考えられます。 オロスキンの別名は多くの人が気づいたように 「マイダスリベンジ」という名前です。 この名前からしてマイダスにリベンジしようとしている者か、マイダス自身の姿が変わりリベンジしようとしているかのどちらかでしょう。 ただしオロにも右目に傷があり、武器を持つと金色になることから マイダスの姿が変わったものだと考えられます。 オロはマイダスがタヒんだ後骨になって出てきたっていう事かな 何か知らんがこの画像にはないけど、 オロとマイダス、両方に右目に傷がある事 武器を触ると金色になる事 これはマイダス特有の技 — Hope1st ohepts1 今後のイベントはどうなる? ブルータスに続きティナまでもがシャドーに配属されました。 次はミッションの始動したニャッスルとなりますが、ニャッスルはどちらに所属するのか注目です。 もしニャッスルがシャドーに所属するならばシャドーを雇っている組織があるのでしょう。 反対にニャッスルがゴーストに所属したとしても、ゴーストにスパイ行動を依頼する何かしらの組織があるのでしょう。 マイダスたちは エージェンシーというスパイ組織の一員であり、彼らは雇われて動くのです。 そこでマイダスの紹介をするときに少し気になることを言っています。 「マイダス、お金に目が鼻がきく秀才」というセリフです。 このことから彼らなにものかに報酬をもらってスパイ行動を行っていると考えられます。 何かしらの組織とは? そこでゴーストとシャドーに仕事を依頼している組織または人物とは何者なのでしょう? 一番真っ先に思いつくのは EGOと アルターエゴの二つの組織です。 彼らはチャプター2・シーズン1で対立していることがわかります。 そのためバトルパスはすべて ジャーニーvsハザードなどvsとなっています。 EGOとゴーストはロゴが同じであり、 アルターエゴはシャドーとロゴが同じです。 EGO自体がゴーストになり、アルターエゴ自体がシャドーになったとも考えられますが、チャプター2・シーズン2のCMでエージェンシーのマイダスに呼ばれたジャーニーが船から降りてスラーピーたちが船から投げ出せれるシーンがあります。 ブルータスたちは潜入している? エージェンシーたちのミッションが続きブルータスとティナはシャドー側についてしまいました。 しかし、思い返してください、エージェントとは依頼者の依頼を秘密にこなす工作員のことです。 もしエージェンシーの彼らが傭兵ならば、単純にシャドーについたと考えても良いですが、エージェントというのは 潜入する スパイなのです。 つまりエージェンシーのブルータスをはじめとするメンバーはシャドーに潜入捜査をしているのかもしれません。 そう考えると雇い主は必然的にEGOですね マップ各地に出現した看板の意味 先日のアップデートでは レイジー・レイクや プレザントパークの建物に 「NO SWEAT」 「INSURANCE」 という言葉の入った看板がついている建物が出現しました。 この看板は保険会社を意味しており看板の張ってある建物は 保険に加入した、または 保険会社の広告を貼っているだけだと考えられます。 そもそも保険に加入すると何がお得なのか?ということを考えると、災害や事故などで建物などに修理代がかかる場合にその お金を保証してもらえるというものです。 (建物の場合。 ) レイジーレイクに現れた保険会社について世界中の誰も気づいていないとんでもない事実に気づいてしまった。 今日は夜まで仕事なので明日の朝頃動画出す予定。 — たくまんプロ@フォートナイト考察・攻略の人 takumansaga 保険金ビジネスか!? 保険金殺人事件があるように、フォートナイトの世界では保険金を使った大規模なお金儲けをたくらんでいる組織があるのではないでしょうか? それをたくらんでいる組織こそ マイダス率いる エージェンシーです。 つまりどういうことかというとおおっざぱな考察になりますが、 保険金をかけた建物を増やして自分たちで災害を起こす。 そうすることで大量の保険金を得ることができるのです。 もちろん災害なので事故を起こした証拠も残りません。 ザ・エージェンシーの周りに出現した不思議な設備も事故や災害を起こす計画のためのパーツなのかもしれません。 So this got added: — Doomsday Device — Doomsday Hatch — Doomsday Door There are five from these at the Agency! 今判明している情報からの考察になりますが、今後もゴーストとシャドーの二つの組織の対立は続くのでしょう。 それに対してマイダスたちがどう関与しているのかも気になりますね。 ミッションが進展するなどして新情報がわかり次第追記していきます。

次の