当たる 天気 予報。 よく当たる天気予報サイトはどれ!?天気予報に振り回されるのはもう嫌だ!

よく当たる天気予報アプリ最新ランキング!無料・有料別TOP3

当たる 天気 予報

この記事の目次• iPhone標準天気予報アプリがイマイチな理由 こちらがiPhone標準天気予報アプリの画面です。 シンプルでスタイリッシュで、普通に天気予報を見たい人ならこれでよさそうなのですが、 「天気予報が当たらない」 という声が多いのです。 その理由は、 アメリカのThe Weather Channelを 気象情報として使用しているためだと考えられます。 以前は、Yahoo! 天気がソースだったのですが、The Weather Channelに変わってから少なくとも、日本国内で使うには不便になったようです。 そこで、他の天気予報アプリをダウンロードして使っている人が多いと思うのですが、 いったいどのアプリの天気予報が当たるのか、使いやすいのか? 気になりますよね。 そこで、無料の天気予報アプリについてまとめてみました。 無料の天気予報アプリ ウェザーニュースタッチ 独自の情報を使用。 【特徴】 天気予報の精度が高い、とされている マイチャンネルに、市区町村・施設名を登録してスポット天気を見ることができる。 SNS志向になってから使わなくなった、という人も多い。 天気だけを知りたい、という人にとっては不要な情報や機能も多く、その分、起動が遅い。 Yahoo! 天気 気象情報ソースは 日本気象協会。 【特徴】 今日と明日の天気が大きく表示され、1画面で週間天気予報も見られる。 当日の気温も夜まで表示される 洗濯、UVなどの「指数」は画面をスクロールした先の ボタンをタップして別画面として表示される。 tenki. jp 気象情報ソースは日本気象協会。 【特徴】 一つの画面で今日明日の天気予報、 1時間ごとの天気、気温、降水確率、湿度、降水量、風力 など多くの情報が見られる 画面右下に現在の屋外の体感温度が表示される 情報が多いが、「読み物」など別に使わないかな、と思う情報も多いです。 そら案内 気象情報ソースは日本気象協会。 【特徴】 週間天気を縦方向の画面で確認できる。 日付の横の「1」などの数字をタップすると花粉予報を見ることができる。 地域設定は市区町村まで。 施設名などでの登録はできない。 夕方になると当日の気温が消えてしまう。 天気痛・気象病予防アプリなら精度が良いのでは? 最近、注目されている、天気痛、気象病。 主に、低気圧が近づくと起きる頭痛などの不調 (高気圧だと症状が悪化する病気もあるのですが、多くの人にとって体調が崩れやすいのは低気圧) を回避するためのアプリがあります。 そういうアプリであれば、天気(気圧)予報の精度もよいのでは? 天気痛・気象病対策アプリの定番、頭痛~るをダウンロードしてみました。 気象情報ソースがどこなのか、 明記した情報はありませんでしたが 気象予報士の岡田みはるさんが中心になって開発したアプリで、 低気圧に関係した体調不良に悩む多くの人にダウンロードされています。 【特徴】 登録した地点の気象情報(気圧、天気、気温、風向、湿度)をグラフ形式で1週間先まで見ることができる 全国マップでの気象情報(気圧、天気、気温、風向、湿度)は今日、あす、あさってのみ。 地点の登録は市区町村まで。 一箇所しか登録できない点が不便。 天気痛があって、国内出張などが多い人もいると思うのですが….

次の

天気予報が当たる確率はどれくらい?1週間後だと何パーセント?

当たる 天気 予報

AccuWeatherというカの企業は、 世界中の3ヶ月先までの詳細な天気予報を出しています。 ふと、こんな先までの予報、どこまで当てることができるんだろうか…と思い、検証してみました。 AccuWeatherとは AccuWeatherは 世界中の天気予報を提供するカの企業です。 立大学で気象学を専攻し卒業したJoel N. Myersという人が1962年に設立したとのこと。 世界270万か所の天気情報を提供しており、 27言語がサポートされているようです。 また、気温や湿度といった一般的な気象要素に留まらず、体感気温・視界・アレルギー情報など、多岐にわたる項目を予測しています。 これらは、複数の要因から算出されたAccuWeather独自の天気予報システムにより計算されているようです。 さらに、気象レーダーや衛星画像や注警報といった一般的なコンテンツだけでなく、アウトドアやスポーツ向けの予報や、風邪や頭痛リスク度合いなどの健康に関する予報まで展開しているのです。 3か月先までの日々の予報がある?! そんなAccuWeatherですが、ひときわ目を引くのは 3か月先までの天気予報です。 AccuWeatherでは、 3か月先までの気温や天気までを日ごとに予測しています。 日本では、そんな先までの日ごとの予報は見かけませんよね。 それもそのはず。 という法律があり、日本においては、日ごとの予報を出して良いと許可されているのが 10日先までだからです。 (ちなみに、2011年までは7日先まででした) なぜ、そんな規制があるのかというと、現在の予報技術ではそれ以上先の予測になると 予測の精度が担保できないからです。 適中率の低い予報を出してしまうことで、世の中に混乱を生じさせないためでしょう。 ちなみに、こちらが 2019年12月30日に発表された3か月先までの東京の天気予報です。 出典:AccuWeather 並べてみると圧巻ですね。 3か月先にも関わらず、天気マークの種類の多さにも驚かされます。 3か月先までの日々の予報はどこまで当たるのか そこで、ふとこんな疑問がわきます。 3か月先までの日ごとの天気予報なんて、どこまで信じていいのだろうか?もし、そこそこ当たるのであれば、種まきのタイミングを考えるときなどの検討材料にしたいところです。 そこで、実際に検証してみました。 先ほど紹介した2019年12月30日に発表された3か月先までの東京の天気予報について、実際にはどうなったかを比較してみます。 天気の予測精度比較 まずは天気に関してみてみます。 予測と観測に分けて、天気をプロットしてみました。 マークが重なっているところが適中した日になりますが、これはそもそも比較が難しいので、あくまで参考に。 「晴れ時々曇り後雨」 とか「晴れ一時雪」とかどのカテゴリーに入れるのか悩ましいので…。 今回は雨や雪が予測および観測されている場合は、それを優先して雨か雪のカテゴリーに入れました。 晴れか曇りの区分に関しては、予測の場合は曇りマークの方が大きい場合は曇りに、観測の場合は、日中夜間を通して曇りの観測の方が多い場合は曇りにしています。 このデータをみると、 期間を通した適中率は約3割。 なお、 最初の7日間に関しては適中率は7割あるので、やはりどんどん適中率が下がっていくことがわかりますね。 ただ、期間後半の初めごろに雪がありそうというのは概ね傾向は当たっていたので、そこはまずまず評価できるかと思います。 とはいえ、一番気になる雨の予測は、 12月こそ当たった日は4日あったものの、1月2月に関しては当たった日がありませんでした…。 さすがに予測の限界なのでしょう。 気温の予測精度比較 次に最高気温と最低気温についてみてみましょう。 赤線と青線は観測値(実際のデータ)、オレンジと水色はAccuWeatherによる予測値です。 期間を通しての変化傾向をみるために、5の近似曲線をそれぞれに入れています。 こうみるとどうでしょうか? 日々の変動まで概ね予測があっているのは、さすがに10日先までが限界ですね。 10日より先は日々の気温の変動を細かく予測できている日は少ないです。 しかし、5日間のでみるとどうでしょう。 しかも、今年度の冬は記録的な暖冬でした。 観測史上最高の高温傾向を、よく予測できていたと評価するべきではないでしょうか。 なお、 3ヶ月目である2月に関しては、さすがに大きく外す日が増えましたね。 このあたりが予測の限界と考えられます。 この先3か月の予測は? AccuWeatherの天気予報との付き合い方が分かってきましたね。 そうなると、最新の3ヶ月先の予測が気になってきますね。 見てみましょう。 出典:AccuWeather ぱっと見、4月の雨が平年よりも多そうかなぁという印象はあります。 これが当たるのかどうか、また3ヶ月後に検証してみるのも面白いかもしれません。 気温の傾向をグラフ化して見ておきましょう。 こう見てみると、 最低気温は平年よりも高めの推移をしそうですね。 最高気温は平年値を挟んでうろうろといったところでしょうか。 なお、発表の3ヶ月予報はこちらの記事にまとめていますので、ご興味のある方はどうぞ。 まとめ AccuWeatherによる3ヶ月先までの天気予報の精度は、 日々の予測に関してはやはり 1週間程度までが限界でその後はハズレが多くなるものの、 大まかな天気傾向という意味では捉えられていたともいえそうです。 今回はあくまで東京の1地点のみでこの1事例しか検証していないため、今回の検証だけをもって結論は出せませんが、参考になれば幸いです。 今後の3ヶ月の天気予報に関しては、 東京の最低気温は平年よりも高めで推移しそうな予測となっているようです。

次の

グアムの週間天気予報は当たるのか?検証してみました。【2015年版】

当たる 天気 予報

4 2 北北東 0. 5 0 03時 19. 3 1 北北東 1. 5 0 02時 19. 3 1 北東 0 0 01時 19. 3 3 北北東 0. 5 0 24時 19. 3 1 北北西 2 0 23時 19. 3 1 北西 4 0 22時 19. 4 1 北北西 4 0 21時 19. 4 1 北北西 2 0 20時 19. 4 3 北東 0. 5 0 19時 19. 6 3 北東 0 0 18時 19. 8 2 北北東 0 0 17時 19. 9 2 北東 0 0 16時 20. 4 2 北東 0. 5 0 15時 20. 4 2 北東 0. 5 0 14時 20 1 北北東 0 0 13時 19. 6 2 北北東 0 0 12時 19. 9 2 北 0 0 11時 19. 9 3 北東 1 0 10時 18. 7 2 北 2 0 09時 18. 5 2 北北東 1 0 08時 18. 5 3 北東 3 0 07時 18. 4 2 北北西 3 0 06時 18. 3 2 北 3. 5 0.

次の