ほんの 気持ち 意味。 「心ばかり」はどんな意味?使うのに適した状況を例文付きで説明!

「心ばかり」の意味と使い方、例文、類語

ほんの 気持ち 意味

「心ばかりですが」という言葉は漢字で書くと「心許りですが」と書きます。 心は自分の気持ちのことを表し、許りは「~だけ」「~のみ」など範囲を限定することを表します。 このことから直訳すると「気持ちだけですが」となりますが「心ばかりですが」となると少し解釈が変わります。 「心ばかりですが」という言葉の意味は、「自分の心の一部分を表しただけですが」「ほんの少しの気持ちですが」「ささやかではありますが」というように、直訳した「気持ちだけですが」のようにすべての気持ちを表した言い方ではなく、自分のすべての気持ちではないという意味で使われます。 「心ばかりですが」とは自分のことをへりくだらせる言い回しであり謙譲語となります。 「心ばかりですが」の類語・言い換え表現 お礼の贈り物をする時は、なにに対してのお礼なのかをきちんとお伝えして渡すことをおすすめします。 場合によってはお相手の方が「お礼をされるほどのことではない」と感じている方もいらっしゃいますし、あまり親交がない方の場合も受け取りづらくなってしまうケースがあるからです。 折角のお礼の品物ですから気持ちよく受け取っていただくためにもストレートに感謝の気持ちを添えてお渡ししましょう。 お菓子はなるべく日持ちする品物を差し上げましょう。 どうしても日持ちしないお菓子であった場合は事前にお知らせしておくお気遣いを忘れないようにしましょう。 また近所で購入したお菓子もなるべく避けましょう。 近所で済ませてしまった印象を持たせてしまうと折角の感謝の気持ちを半減させてしまうことになりかねません。 「お召し上がりください」を使った例文 ・「先日は大変お世話になりました。 心ばかりですがお召し上がり下さい」 ・「この度はありがとうございました。 心ばかりですがどうぞお召し上がりください」 ・「ありがとうございました。 心ばかりですがお気に召していただければ幸いです」 ・「ありがとうございました。 心ばかりですがご賞味いただければとおもいます」 ・「ありがとうございました。 心ばかりですがご笑納くださいませ」 ・「ありがとうございました。 ほんのお口汚しですがお召し上がりください」 ・「お口汚しにいかがとおもいました心ばかりですがお持ちしました」 ・「心ばかりの品物ですがお口に合うとよろしいのですが」 ・「〇〇で評判のお菓子ですが〇〇様のお口に合うとよろしいのですが心ばかりではありますがどうぞお納めください」 「心ばかりですが」の謝罪での使い方 謝罪の時に「心ばかりですが」と使う時に、まず必要なことはお詫びを先に伝えて誠意をみせることです。 そして贈り物をする時はひとこと「心ばかりですが」とお伝えすると良いでしょう。 あくまでも謝罪が1番大切になりますので贈り物だけで謝罪が成立すると思わせる素振りや言い回しをしないように心がけましょう。 謝罪の場合の品物の相場は5000円から10000円程度にしましょう。 安すぎても高すぎても失礼になりますので気をつけましょう。 熨斗紙の表書きは「お詫び」や「陳謝」「深謝」にします。 派手なものやお祝い事で使われる熨斗紙の場合には失くしてしまった方が失礼にあたりません。 謝罪の品物が食べ物だった場合には日持ちするものを用意しましょう。 謝罪をする時に贈り物をする場合、謝罪してから品物を渡すまでは袋に入れておいて、渡すタイミングになったときに袋から取り出して渡すようにしましょう。 「心ばかりですが」を使った謝罪での例文 ・「お詫びの気持ちとして心ばかりですがお納めください」 ・「失礼かとは存じますがお詫びの印に心ばかりですがお納めください」 ・「お詫びの気持ちを込めて心ばかりですがお受け取りください」 ・「この度はご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。 心ばかりではございますがどうぞお納めください」 「心ばかりですが」の香典での使い方 香典の渡す時に使う「心ばかりですが」という言葉の使い方をご紹介します。 一般的には受付で香典を渡すことになりますが、その際一礼をしたあとで「この度はご愁傷さまです」とひとこと添えたあとにふくさから香典を取り出したあと、ふくさを畳み一度香典をふくさの上で相手側に向きを変えてから、あるいはふくさを畳んでテーブルに置いてから両手で香典を渡します。 その際に「心ばかりですがご霊前にお供えください」と続けるように使いましょう。 「心ばかりですが」を使った香典の渡し方での例文 ・「この度は突然のことでお悔やみ申し上げます。 心ばかりですがお受け取り下さい」 ・「心よりお悔やみ申し上げます。 心ばかりですがお納めください」 ・「この度はご愁傷さまです。 心ばかりですがどうぞご霊前にお供えください」 「心ばかりですが」の手紙での使い方 手紙で「心ばかりですが」という言葉を使うシチュエーションとして贈り物と一緒に手紙を同封する形が一般的ではありますが、中にはセールスレターのように来店していただいたことに対してのお礼状として品物はつけずに送る場合もあります。 手紙と一緒に贈り物をした時は、相手が不在で受け取ることができずに再配達の手間をとらせないようにするためにも、時間指定をすることをおすすめします。 また、届いたことをお知らせする通知を承っている配送業者では届け出通知依頼をすることもおすすめします。 手紙を書く際にはパソコンなどを使って印刷した手紙でもマナー違反にはなりませんが心を込めた気持ちを形として伝えたいので、できるだけ手書きにこだわると良いでしょう。 手書きの良さは手間をとっていることがわかりやすくお相手に伝わるので字が苦手な人でも丁寧に書くことで気持ちがより伝わることでしょう。 「心ばかりですが」を使った手紙での例文 ・「先日は大変お世話になりましてありがとうございます。 つきましては心ばかりですが感謝のしるしとして季節限定のお菓子をお送り致しましたのでどうぞご賞味くださいませ」 ・「心ばかりの品物でございますがお気に召していただけたら幸いです。 どうぞお納めください」 ・「先日はご来店いただきましてありがとうございました。 心ばかりのおもてなしでしたがご満足いただけたでしょうか」 ・「心ばかりですがどうぞご遠慮なくお受け取りください」 ・「つきましては日頃の感謝の気持ちとして、心ばかりですが季節のお菓子をお送り致しますので皆様でお召し上がりください」 ・「先日わが家で育てた無農薬のお野菜の収穫時期が参りました。 つきましては〇〇様にも是非召し上がっていただきたく、ほんの心ばかりですがお送りいたしましたのでご家族皆様でお召し上がりください」 「心ばかりですが」のお祝いでの使い方 出産祝いや入学祝に結婚式や就職祝いなど特に春はお祝い事が多いことでしょう。 そんな時にも使われる「心ばかりですが」という言葉ですがどんなタイミングで使うことが良いのでしょうか。 お祝いで使う「心ばかりですが」という言葉の例文をご紹介します。 「心ばかりですが」を使ったお祝いでの例文 ・「この度はご出産おめでとうございます。 心ばかりですがお祝いする気持ちを込めてお送り致します。 」 ・「ご入学おめでとうございます。 これからの学業を応援するしるしに心ばかりですが品物をお送り致しました」 ・「ご結婚おめでとうございます。 新しいご家族の健康を祈って心ばかりですがお祝いの品を送らさせていただきますのでお納めください」 ・「ご就職おめでとうございます。 これからの活躍を期待しております。 つきましてはお祝いのしるしに心ばかりですが品物をお送り致しましたのでお気に召していただけたら幸栄です」 ・「この度は退院おめでとうございます。 無事に退院されたとお聞きし安心しました。 心ばかりですが快気祝いとしてお菓子を送り致しましたのでご賞味ください。 」 心ばかりと似ている「心付け」とは?.

次の

「ほんの気持ち」とは?意味や使い方!例文や解釈

ほんの 気持ち 意味

大切な人に気持ちを伝えるための贈り物。 せっかくなら心を込めた言葉を添えて贈りませんか?色んな場面で贈り物を渡す際に適したひとことを集めました。 【贈り物を手渡しするときの定番のひとこと】 「心ばかりの品ですが、どうぞお受け取り下さい」 「ささやかな品ですが、どうぞお納めください」 相手の方に遠慮せず受け取っていただけるよう、品物に対して謙虚な表現を添えてお渡しします。 「つまらないものですが…」という表現が有名ですが、「つまらないものを渡す」と解釈されてしまい、謙遜したつもりが失礼になってしまうこともあります。 また、渡す立場としても、心を込めて選んだ品物を「つまらないもの」と表現するのは悲しいものです。 そのような事情から、ネガティブな意味合いを持つ直接的な言葉は避けられています。 感謝を込めた贈り物をするときには 「ありがとうございました。 感謝の気持ちです」 「ほんのお礼の気持ちですので、お受け取り下さい」 お礼の贈り物をするときは、ストレートに気持ちを表現します。 「いつも良くしていただいているので」「先日は大変お世話になりましたので」など、贈り物に込めた気持ちをしっかりと伝えると、相手の方も受け取りやすいでしょう。 これから交流していく相手に贈り物をするときには 「ごあいさつのしるしとして」 「お近づきのしるしです」 これからお世話になる相手や、親交を深めたい相手に贈り物をする際のひとことです。 出会って間もなかったり、交流の少ない相手への贈り物は、遠慮されがちです。 そんなときにはこのひとことを添えて、気持ち良く受け取っていただける雰囲気を作ります。 お祝いの贈り物をするときには 「おめでとうございます。 お祝いの気持ちです」 「お祝いのしるしですので」 ご結婚やご出産などのお祝いで贈り物をするときのひとことです。 まずは「おめでとうございます」と気持ちを伝えます。 贈り物を差し出して、相手が遠慮して断る素振りを見せたら「お祝いのしるしですので」とお祝いの気持ちを笑顔で伝えましょう。 「せっかくのお気持ちなら」と相手の心も和み、スマートにお渡しできるでしょう。 食べ物を贈るときには 「お口に合いますかどうか」 「お口に合えばいいのですが」 菓子折りなど食べ物を持参したときのひとことです。 食の好みは人それぞれですので、相手の好みを尊重する気持ちを伝えます。 品物をお渡しする際に、「お口に合えばいいのですが」と添えて差し出します。 相手の好物を贈るときには 「お好きだと伺ったもので」 相手の好みを調べたうえで、贈り物をするときのひとことです。 相手に喜んでもらいたいという気遣いを伝えます。 相手の方も、自分のために選んでくれた物だと感じることで、より嬉しく、受け取りやすくなるでしょう お菓子や果物など、量のあるものを贈るときには 「珍しくもありませんが、どうぞお子様(ご家族)へ」 「どうぞみなさまで」 たくさんあるものを贈る場合や、子供に好まれるものを贈る場合のひとことです。 お裾分けをするときなどにも使えます。 相手に遠慮させない気遣いのために 「たくさんいただいたので、お裾分けです」 「実家から送ってきたものですが」 特別に用意して贈るものではない場合、素直にそう伝えれば相手の方は過度に遠慮せず受け取れます。 また、こちらの謙虚な気持ちを伝えられます。 贈り物には相手を想う気持ちが込められているものです。 その気持ちを、お渡しする場面で言葉でも伝えること。 なにより笑顔でお渡しすることで、お互いにとってより気持ちの良い贈り物となるでしょう。

次の

「ほんの気持ち」とは?意味や使い方!例文や解釈

ほんの 気持ち 意味

「お納めください」の読み方・意味・敬語 「お納めください」の読み方 「お納めください」は おおさめくださいと読みます。 「納」は音読みだと「ノウ」、訓読みだと「おさめる」と読みます。 「納」は「しまい込む」「受け入れる」を意味しています。 「お納めください」の意味は「どうぞ受け取ってください」 「納める」は、「然るべきところにしまう」「受け取り側に渡す」「一定の枠に入れること」を意味します。 「お納めください」の意味は、 「どうぞ受け取ってください」となります。 「お納めください」は、差し出したものを相手がしっかり受け取ってくれるように伝える表現です。 「お納めください」は尊敬語 「お納めください」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「納める」 ・「ください」=丁寧語 で成り立っています。 「お納めください」は尊敬語となりますので、目上の相手にも使うことができます。 「お納めください」の使い方と例文 「お納めください」が正しく、「お納め下さい」は誤用 「下さい」と漢字表記にするときは、「飲み物をください」といったように「ください」を実質動詞として使う場合です。 「ください」とひらがな表記にするときは、「お越しください」といったように「ください」を補助動詞として使う場合です。 動詞は「下さい」、補助動詞は「ください」と覚えておきましょう。 「お納めください」は贈り物をするときに使う 「お納めください」は、主にお土産・お中元・お歳暮・手土産・記念品など、何かものを渡すときに使います。 「お納めください」には「中にちゃんとしまっておく」というニュアンスがあるため、正式な場面で登場する価値のあるものを贈呈するときに使います。 例えば、結婚式の前に両家で取り行う結納の際に「幾久しくお納めください」と言うことができます。 また「お納めください」は、お通夜やお葬儀などで香典を渡す際に「御霊前へお納めください」などと用いることもできます。 「お納めください」の例文 ・本日、宅配便にてお見舞いの品をお送りいたしましたので、どうぞお納めください。 ・記念の品をご用意しましたので、何卒お納めください。 ・お礼としてギフト券を同封いたしましたので、よろしければお納めください。 ・本日お約束の品をお持ちしました。 どうぞ先方様へお納めくださいますようお願いいたします。 ・日頃の感謝の気持ちを込めてお贈りします。 どうぞお納めください。 ・心ばかりの品ですがどうかお納めくださいますよう、お願いいたします。 ・日頃のお礼として、お中元の品を送らせていただきました。 よろしければお納めくださいませ。 「お納めください」はプレゼントや写真にも使う 「お納めください」はお中元やお香典以外にもプレゼントや写真を相手に渡す場合も使います。 ビジネスシーンでプレゼントを渡すときや、イベントでの写真を渡すときに使うと丁寧な印象を与えます。 ・ささやかではありますが、プレゼントを用意させていただきました。 どうぞお納めください。 ・先日ご参加いただいた懇親会の写真を皆様にご送付いたしました。 ぜひお納めください。 「お納めください」への返事・返答は「頂戴します」「ありがとうございます」など 「お納めください」と贈り物を受け取った場合は、 ・頂戴します ・いただきます ・美味しくいただきます ・ありがとうございます ・お心遣い、ありがとうございます と返事をします。 「お納めください」と言われた場合は、基本的に「頂戴いたします」と返答します。 高価なものを受け取った場合は、より丁寧に「ありがたく頂戴いたします」と返答するのが良いでしょう。 いただきものについてのお礼メールは、感謝の意を伝えるのと同時に贈り物が届いたことについての報告も兼ねています。 ですのでお礼のメールについてはなるべく早く伝えることが基本になります。 「お納めください」と言われた場合の返答の例文 ・この度はは素敵なお品をいただきありがとうございました。 ・頂戴いたします。 お送りいただき感謝申し上げます。 ・本日お品物が無事に到着いたしました。 ありがたく頂戴いたします。 Twitter上で流行ったハッシュタグ「 お納めください」の元ネタ 実は「お納めください」という言葉が、Twitter内で少しだけ流行していることをご存知でしょうか。 何やら「よろしかったらどうぞ」という意味で、可愛い・面白い画像とともに「 お納めください」とツイートするのが流行っていたようです。 他にも「よかったら確認してください」という意味で「#ご査収ください」がツイートされています。 一般的には聞き馴染みのない言葉でもTwitter上で使われていることがあるのですね。 親しい相手にお中元やお土産などを渡す時は「ご笑納ください」 「ご笑納」は ごしょうのうと読みます。 「笑納」は贈り物をする際、「つまらない物ですが笑って納めてください」という気持ちを込め用いる語です。 「ご笑納ください」と言った場合は、 「差し上げる品は大したものではないですが、笑って受け取ってください」といったニュアンスになります。 よく相手に贈り物をする際に「つまらないものですが、受け取ってください」なんて言いますよね。 「ご笑納ください」も「つまらないものですが、受け取ってください」と同じ意味合いになります。 「ご笑納ください」は、比較的冗談を言い合える相手に対してではないと、軽々しい印象を与えてしまいます。 したがって、 目上の人に対しては、よほど親しい間柄ではない限り、使用しないのが無難です。 また「ご笑納」は ビジネスメールやビジネスレターなど、かしこまった場面では使わないので気をつけましょう。 例文 ・実家で採れた桃をお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・先日著書が完成いたしました。 お送りするので、ご笑納いただけると幸いに存じます。 ・日頃のお礼のおしるしまでに、お中元の品を送らせていただきました。 どうぞご笑納ください。 「お納めください」の類語・言い換え お受け取りください 「受け取る」は、「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 「お受け取りください」は、「自分が送ったものをもらってください」という意味で、品物を送る際に使用します。 「お受け取りください」はビジネスシーンでも日常会話でも一般的に使われることが多い言い回しです。 ただ「〜ください」は命令形になりますので、目上の相手には「くださいますようお願い申し上げます」などと言い換えると良いでしょう。 ・後日、当店にてお受け取りください。 ・御礼の品です。 どうぞお受け取りくださいますようお願い申し上げます。 ・ほんの気持ち程度の品ですが、お受け取りいただけると幸いです。 ご受納ください 「ご受納」は ごじゅのうと読みます。 「受納」は 受け収めることを意味しています。 「ご受納ください」は「お納めください」と同じ意味合いになります。 ただ「ご受納ください」はかしこまった表現であるため、日常的な会話や同等や目下の相手に使うと不自然になります。 ・本日、宅配便にてお見舞いの品をお送りいたしましたので、どうぞご受納ください。 ・別便にてお礼の品をお送りいたしました、ご受納いただければ幸いです。 ・心ばかりの品ではありますが、ご受納ください。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の