デュエル マスターズ 最強 デッキ。 【ドラクエライバルズ】マスターズ最強デッキランキング

デュエルマスターズのデッキレシピや最強・優勝・スターターデッキ/リスト

デュエル マスターズ 最強 デッキ

で安いデッキと言えばも忘れてはいけません! 特にデュエマでは、最近速攻で動けるデッキも侵略によって増えたのでかなり分かりやすく強いと言うデッキが増えたのは事実でしょう。 そんな事いってても、赤単侵略もそこそこ強いんじゃないかなぁと思ってます! という訳で今回はデュエマの赤速攻のデッキを見ていこう! レッドゾーンもの影で安くなってるらしいけどそうなのかな? カスタム変形デッキでも類似カードが出て騒然としたね!今後は安く手に入りそうだ! 筆者はデュエマ初心者です。 かなり雑なところがあると思いますが、コメントで教えていただければ幸いです。 なので、特にデッキ全体でどれが高いのか一気に見れないのでものすごく迷うんですよー…という事でデッキを見つつ高いカードが強いのか、必須なのか見れたらいいなーって思って書いてます! といいつつも実は速攻デッキではブレイズクローなどの1マナアタッカーなど安いのが多そうなので、実は簡単に集められるのが特徴。 ただ侵略とかの場合はコマンド指定なのでその点は注意したいところだよね!案外ミスってやってしまいそうだから注意しないと・・・。 というのは、昔の事ですがの付録にて赤デッキが40枚入った時がありました。 そのときに私はこの赤侵略を知る事になります。 コロコロの限定商品らしく、ドギラゴン40枚デッキというものです。 月刊2015年7月号の付録として登場したで、実際に中に入っているのは結構充実した。 そして侵略のカードでした。 レッツ・ドギラゴンがエースなんでしょうけど、シールドが2枚以下じゃないと発動できないのは痛いかなぁ・・・。 で、このデッキの内容で見たら分かると思うんですがマナがあまりかからないものを 主軸として速攻でシールドを割るというのがコンセプト。 以前に書いていた黒緑速攻に近いものがあるんですがこちらはちょっとそれより重くパワーカードをぎっしり詰め込んだ印象があります。 調べてみると、にはガトリング等を始めパワーが高いのが多く、スクラッパーなどの対象外にもなるようでその点は黒緑速攻とは本当に違うと思います。 先ほどの500円デッキという部分である程度そろってしまうのもあって中々面白いデッキになっているそうです。 といつつも実際は2マナのコダマンマ等で手札にシールドを加えることで手札を切らさないようにするというコンボをするので実際は諸刃の剣なんじゃないだろうか?と思いつつ見てみると、その後にその手札に加えたのを利用して大型くりーちゃーを出すということらしいです! またシールドを減らして革命!!!ってのもアリだよね! 《・ドラゴン》 ・ドラゴン SR 火文明 6 クリーチャー:アーマード・ドラゴン 8000 S・バック-火 このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをひとつ選び、自分の墓地に置く。 W・ブレイカー という訳でこっちの高いカードはドラゴンのような大型などが高いということが判明しましたが、赤速攻では中々優秀なので揃えておきたいところですね! で、問題は 侵略 のほう。 侵略-火のコマンド T・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。 レッドゾーンに関しては周辺価格が1000円前後とちょい高めだが、効果が強いために主軸になってしまうのは仕方がないね! また、出したときに一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊するという効果もあるからその点も重要になってくる。 まぁ、相手が阻害するカードをそのまま倒せるのはうれしいからこの効果は重要です。 超音速 ターボ3は、手札を捨てて3枚引けるって言うドロータイプだけど意外と有用だと思うしなにより手札が増えてる!!っていうのはどうみても強いとは思う。 後続を呼べるのもいいし、なにより持久力がついたのは結構大きいんじゃないだろうか。 このカードのこと私は最初ターボさんだと勘違いしてました【笑】 後は、スピードアタッカーの進化元マッハ。 コイツも出せば進化先を手札に加えられてワンチャン!なんてこともあったりなかったり。 というように進化元と進化先に関して結構値段がするものが多かったのが個人的な印象。 その前に下準備になる為の。 コストを1下げるというものでこれで一気に3ターンでダイレクトアタック!という手法を取れるらしい。 昔は安かった記憶があるけどいまや速攻デッキでは非常に重宝しそうなカードでもありそうですね。 また、があれが1ターンで一気に展開できるようになるのでガンガン攻めていける!! 4コストという部分の重さを補えているのは大きいのかもしれない。 で、43ターン目で出れば相手もそこまで展開していないから何とかなりそうかも? 他にもレッドゾーンが高いよ・・・という人にもおすすめ出来るのがアイラ系のカードで3コストの中でも優秀な部類に入ったりもするらしいです。 特に4コストで動けるのは大きいし、軽量のも引っ張ってこれるのもGOOD。 そのままシールド割に貢献すれば多大な効果を引っ張ってくれそうだ。 そして殿堂入りという話も聞いたんだけど、こういった速攻で動けるカードもあるのでやっぱり速攻とかそういうのはチートっぽくなるとやっぱり殿堂入りとか食らっちゃうんだね・・・。 という意味では侵略デッキではかなり色を追加するという冒険に出てもいいし、安値で作れるというのも発覚しました。 レッドゾーンというところに目をつぶれば案外デッキとしての動きが出来るのがレッドゾーン系列のデッキかなぁと思いました。 ただ目をつぶれば・・・のほうが優秀だったりもしてよくよく考えてみればという点もあるのかもしれませんけどレッドゾーン自体も効果は優秀なので値段以上の見返りはあるのかなぁと思います。 幅を利かせるというのも大事ですが自分のプレイングにあった調整というのは結構考えていても実感する部分でしたね。 ぜひ自分だけのレッドゾーンという名の限界を超えていってください! デュエマの次回はこの幅を利かせる部分について備忘録ながら見てきます。 それではノシ hukusyunyu.

次の

【デュエマ 2020年3月 殿堂環境】最強デッキランキング!

デュエル マスターズ 最強 デッキ

毎週更新、 デュエマの環境がひと目でわかる! 1番入賞しているデッキはどれなのか、 環境上位はどういったデッキが占めているのか、等を確認したい場合などにお役立て下さい! さらに、 環境デッキの解説&デッキレシピへのリンク付き。 環境ランキングの目安 1位~3位 環境最上位 非常に高いデッキパワーが特徴で、入賞率、使用率共に高い傾向にある。 4位~6位 環境上位 環境最上位のデッキに匹敵する程のデッキパワーを誇るが、環境上位までのデッキとの相性差により相対的な入賞率はやや落ちる。 勢力拡大中のデッキがランクインする事もある。 7位~ 環境デッキ 環境上位までのデッキと比べて、相性差の問題やデッキパワーの問題をかかえるデッキが多いが、十分な実力を持つ。 勢力拡大中のデッキがランクインする事もある。 DMvault環境 入賞数ランキング で毎日開催されている大会の月間入賞数ランキング。 ベスト4以内に入賞した数によって順位が決定されています。 データをさんより頂きました。 ありがとうございます。 もし最新のリストをご提供頂ける方が居ましたら是非ご連絡下さい。 《GOOOSOKU・ザボンバ》のマジボンバーによってコスト3以下のメタクリーチャーを展開、侵略レッドゾーンによって早期にビートを仕掛ける戦法はGR中心の現環境に強く刺さっているようです。 2位 13 -2 無 一方、十王篇突入以降も未だに勢いが落ちない4cデイヤーループ。 パーツの殿堂入りは免れないだろうと予想されていますが、果たしてどこまで影響を受けるでしょうか? それではまた来週。 CS環境 入賞数ランキング がまとめて下さっているCSヒストリーを参考に作成した、開催されたCSのデッキタイプ別の入賞数ランキングです。

次の

デュエルマスターズの構築デッキで最強だと思うのはどれです...

デュエル マスターズ 最強 デッキ

ランキングの基準 Tier1 環境最上位デッキ 高いデッキパワーを誇り、現環境で最も注目されているデッキ。 そのため対策されやすく、デッキの中身や戦略もばれやすいが、それでもなお高い勝率を誇るデッキが多くランクインする。 Tier2 準最強クラスのデッキ Tier1のデッキに匹敵するデッキパワーを持つが、環境上位デッキとの相性差により、相対的な勝率はやや落ちる。 Tier3 中堅デッキ Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーで劣り、見かける機会はあまり多くないデッキ。 環境次第では上位に上がることもある。 Tier4 発展途上のデッキ 研究が進まず構築が固まっていないデッキや、そもそものデッキパワーが足りていないデッキ。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 Tier1デッキ デッキ名 評価 変動 9. 5 - 9. 5 - 9. 5 - 9. 0 - 9. 0 - Tier2デッキ デッキ名 評価 変動 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 5 - 8. 0 - Tier3デッキ デッキ名 評価 変動 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - 7. 5 - デッキの紹介 リースボルバル リースカラーのボルバルデッキ 赤白緑のリースカラーを採用した軸のデッキです。 、で盤面処理を行いながら10ターン目に繋ぎ、の追加ターンで勝利を目指します。 イニシエートにタッチ イニシエートにタッチすることでを採用し、序盤の攻防でも遅れを取らないような構築になっています。 デアリガズガルザーク ガルザークを軸とした赤黒緑のドラゴンデッキ 場に火のドラゴン・闇のドラゴンがいることで追加効果を得るを活かすドラゴンデッキです。 そのための赤・黒に加えてマナブースト兼の緑を採用しています。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 の闇ドラゴンが破壊された時の効果は自身が破壊された場合でも起動するので、相手のクリーチャーを道ずれにすることができます。 青緑リーフブリザード ブリザードにリーフを採用 を軸としたデッキにを採用したデッキです。 が成立すればにアクセスしやすくなり、が成立すれば浮いたマナでの進化速攻&ドローで追撃することができます。 速攻の意識 進化元になる軽量クリーチャーが多いので、序盤から攻める速攻を意識しておきましょう。 青緑速攻 2コストで3枚ドロー は2マナ3000、3枚ドローできる進化クリーチャーです。 でリソース補充をしながら速攻を狙っていくデッキです。 緑のパワーが高い 、はクリーチャーが場に出る度にそのターン中パワーが高くなるので、相手のターンでもパワーアップします。 相手のブロッカーを乗り越えながら、相手に処理されづらいパワーの高いクリーチャーです。 赤緑速攻 速攻に寄せきったデッキ 赤緑の速攻に寄せきったデッキです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 優秀な小型クリーチャーが追加 2マナでパワー4000のや1マナのが追加されました。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 青白イニシエート クラウゼ・バルキューラによる制圧 イニシエートの進化クリーチャーであるは場に出た時相手クリーチャーを2枚までタップできるので、一方的にクリーチャーを討ち取ることができます。 パワー7500のW・ブレイカーなので、クリーチャーの処理だけではなく攻める力も兼ね揃えています。 グライス・メジキューラの追加 強力な進化クリーチャーであるが追加されました。 2マナで序盤から繰り出し、攻撃を止めることができます。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 青黒バロム ドロー&ハンデスからのバロム 青のドロー、黒のハンデスでアドバンテージに差をつけ、終盤はで一掃していくデッキです。 ゲームをコントロールして明確なフィニッシャーに繋げます。 多色カードで安定した動きを 青黒の多色には優秀なカードが多く、の安定したプレイにも繋がります。 しかし多色カード特有のチャージしたターンはマナが使えない、というデメリットが気になる場面を訪れるので、気になる場合は多色カードの一部を単色カードに差し替えましょう。 除去ボルバル 除去でコントロールしてボルバルザークで勝つ 除去・ハンデス等でゲームをコントロールし、の追加ターンで勝利するデッキです。 10ターン目まで凌ぎ、追加ターンを得るまでロングゲームを狙いましょう。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 は除去コントロールと相性が良く、追加ターンによる攻めが決まった時点で場にいればS・トリガーをほぼ無視することが可能です。 デアリガズ連ドラ 強力なドラゴンが増えた連ドラ からドラゴンを連打していく通称「連ドラ」が、等優秀なドラゴンの追加によって強化されました。 環境的にが処理されづらいのも追い風です。 ドラゴンの配分を多めに からドラゴンが捲れやすく、で2マナブーストする確率を上げる為にドラゴンを多く採用しています。 安定性を求めて呪文やS・トリガーを採用するのもアリです。 青白ガーディアン ガーディアンを進化・強化させて戦う ガーディアンの進化クリーチャーであるは、5マナ8500W・ブレイカーの高いスペックに加えて相手がS・トリガーを使うたびにシールドを増やす効果を持ちます。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。 フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。 対面次第ではシールド攻めをに任せるよう立ち回りましょう。 デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事.

次の