源氏物語 須磨 現代語訳。 源氏物語「須磨には、いとど心づくしの秋風に~」解説・品詞分解

源氏物語「須磨には、いとど心づくしの秋風に~」現代語訳

源氏物語 須磨 現代語訳

本当に。 いかに=副詞、どんなに、どう。 らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「いかに」を受けて連体形となっている。 基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」 はらから(同胞)=名詞、兄弟姉妹。 同じ腹から生まれて来たということで兄弟姉妹 「本当に、(この人たちは)どう思っているのだろう、私一人のために、親兄弟、かた時も離れにくく、 ほどにつけつつ思ふ らむ家を別れて、 かく惑ひ合へ る。 」と 思すに、 らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 かく(斯く)=副詞、こう、このように る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 思す=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連体形。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。 それぞれに応じて大事に思っているだろう家を離れて、このように一緒にさまよっている。 」とお思いになると、 いみじく て、「いと かく思ひ沈むさまを、心細しと思ふ らむ。 」と 思せ ば、 いみじく=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても。 かく(斯く)=副詞、こう、このように らむ=現在推量の助動詞「らむ」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」 思せ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の已然形。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 ひどくかわいそうで、「たいそうこのように(自分が)思い沈んでいるさまを、(この人たちは)心細いと思っているだろう。 」とお思いになるので、 昼は何くれとたはぶれごと うちのたまひ紛らはし、 つれづれなる ままに、いろいろの紙を継ぎ つつ手習ひをし 給ひ、 うちのたまひ=ハ行四段動詞「うち宣ふ(うちのたまふ)」の連用形。 「言ふ」の尊敬語。 「うち」は接頭語で、「少し、ちょっと」などの意味がある。 おっしゃる。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意 つれづれなる=ナリ活用の形容動詞「徒然なり(つれづれなり)」の連体形、何もすることがなく手持ちぶさたなさま、退屈なさま ままに=~にまかせて、思うままに。 ~するとすぐに。 (原因・理由)…なので。 給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 昼はあれこれと冗談をおっしゃって気を紛らわし、退屈であるのにまかせて、さまざまな色の紙を継いでは歌をお書きになり、 めづらしきさま なる唐の綾などにさまざまの絵どもを書きすさび 給へ る、屏風のおもてどもなど、いと めでたく、見どころあり。 なる=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。 動作の主体である葵の上を敬っている。 作者からの敬意。 る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 めでたく=ク活用の形容詞「めでたし」の連用形、みごとだ、すばらしい。 魅力的だ、心惹かれる 珍しい唐の綾織物などにさまざまな絵などを興にまかせて描いていらっしゃる、屏風の表の絵などは、とてもすばらしく、見どころがある。 人々の語り 聞こえ し海山のありさまを、はるかにおぼしやり しを、御目に近くては、 げに及ば ぬ 磯 いそ のたたずまひ、二なく書き集め 給へ り。 聞こえ=補助動詞ヤ行下二「聞こゆ」の連用形、謙譲語。 動作の対象である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形。 もう一つの「し」も同じ。 げに(実に)=副詞、なるほど、実に、まことに。 本当に ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 人々がお話し申し上げた海山の様子を、はるかに遠いものと想像していらっしゃったが、間近にご覧になっては、実に想像の及ばない磯の風景を、この上なく上手に描き集めなさっている。 「このころの上手に す める 千 ち 枝 えだ 、 常 つね 則 のり などを 召して、作り絵 つかうまつら せ ばや。 」と、 心もとながり合へ り。 す=サ変動詞「す」の終止形、する。 める=婉曲の助動詞「めり」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。 婉曲とは遠回しな表現。 「~のような」と言った感じで訳す。 召し=サ行四段動詞「召す(めす)」の連用形。 尊敬語。 お呼びになる。 取り寄せなさる。 「飲む・食ふ・乗る・着る」などの尊敬語であったり、いろいろな意味がある。 つかうまつら=ラ行四段動詞「仕うまつる(つかうまつる)」の未然形、「仕ふ・す・行う・作る」などの謙譲語。 お仕えする、お仕え申し上げる。 して差し上げる、~し申し上げる。 動作の対象である光源氏を敬っている。 光源氏にお仕えしている人たちからの敬意。 せ=使役の助動詞「す」の未然形、接続は未然形。 「す・さす・しむ」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。 ばや=願望の終助詞、接続は未然形 心許ながり合へ=ハ行四段動詞「心もとながり合ふ」の已然形。 心許ながる(こころもとながる)=ラ行四段動詞。 じれったく思う、待ち遠しく思う り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 「このごろ世間で名人だとされている千枝・常則などをお呼びになって、(光源氏の描いた絵に)彩色を施させ申し上げたいものだ。 」と、じれったく思い合っている。 なつかしう めでたき御さまに、世のもの思ひ忘れて、近う慣れ つかうまつるをうれしきことにて、四、五人 ばかり ぞ つと 候ひ ける。 なつかしう=シク活用の形容詞「懐かし(なつかし)」の連用形が音便化したもの、親しみが感じられる、親しみやすい。 心惹かれる様子だ、慕わしい。 めでたき=ク活用の形容詞「めでたし」の連体形、みごとだ、すばらしい。 魅力的だ、心惹かれる つかうまつる=ラ行四段動詞「仕うまつる(つかうまつる)」の連体形、「仕ふ・す・行う・作る」などの謙譲語。 動作の対象である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 つと=副詞、じっと、ずっと、つくづく。 さっと、急に。 候ひ=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の連用形、謙譲語。 お仕えする、(貴人の)お側にお仕えする。 動作の対象である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。 係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。 係り結び。 (光源氏の)親しみやすく立派なご様子に、世の悩みも忘れて、おそば近くにお仕えするのをうれしいこととして、四、五人ほどがいつもお仕えしていた。 続きはこちら -.

次の

源氏物語『須磨』(げにいかに思ふらむ、~)解説・品詞分解

源氏物語 須磨 現代語訳

「源氏物語:須磨の秋・心づくしの秋風〜後編〜」の現代語訳(口語訳) 須磨にわび住まいする光源氏は、昼は書や画 えをかいたり、お供の者と雑談したりして過ごしていた。 前栽 せんざいの花いろいろ咲き乱れ、おもしろき夕暮れに、海見やらるる廊に出 いで給ひて、たたずみ給ふ御 おほんさまのゆゆしう清らなること、所がらはましてこの世のものと見え給はず。 庭先の花が色とりどりに咲き乱れて、趣のある夕暮れに、海が見渡される廊にお出ましになって、たたずんでいらっしゃる(光源氏の)お姿が不吉なまでにお美しいことは、(須磨という)場所柄いっそうこの世のものとはお見えにならない。 白き綾 あやのなよよかなる、紫苑 しをん色など奉りて、こまやかなる御直衣 なほし、帯しどけなくうち乱れ給へる御さまにて、 白い綾織物の単で柔らかなものに、紫苑色の指貫などをお召しになって、濃い縹色の御直衣に、帯を無造作にしてくつろぎなさっているお姿で、 「釈迦牟尼仏弟子 さかむにぶつのでし」と名のりてゆるるかに誦 よみ給へる、また世に知らず聞こゆ。 「釈迦牟尼仏弟子」と名のってゆっくりと(お経を)お読みになっているお声が、同様にこの世のものとも思われないほど(尊く)聞こえる。 沖より舟どものうたひののしりて漕 こぎ行くなども聞こゆ。 沖を通っていくつもの舟が(舟歌を)大声で歌って漕いでいく声なども聞こえる。 ほのかに、ただ小さき鳥の浮かべると見やらるるも心細げなるに、雁 かりの連ねて鳴く声楫 かぢの音 おとにまがへるを、 (舟の影が)かすかに、ただ小さい鳥が浮かんでいるかのように(遠く)見えるのも心細い感じであるうえに、雁が列をなして鳴く声が(舟を漕ぐ)楫の音によく似ているのを、 うちながめ給ひて、涙のこぼるるをかき払ひ給へる御手つき、黒き御数珠 ずずに映え給へるは、ふるさとの女恋しき人々の、心みな慰みにけり。 物思いにふけってぼんやりとご覧になって、涙がこぼれるのをお払いになっているお手つきが、黒い御数珠に(ひとしお)引き立っていらっしゃるそのご様子には、故郷(都)の女を恋しく思う供人たちは、心もすっかり慰められたのであった。 光源氏 初雁 はつかりは恋しき人の列 つらなれや旅の空飛ぶ声の悲しき 初雁は都にいる恋しい人の仲間なのだろうか、旅の空を飛ぶ声が悲しく聞こえてくるよ。 とのたまへば、良清 よしきよ、 と(光源氏が)おっしゃると、良清は、 かきつらね昔のことぞ思ほゆる雁はその世のともならねども (あの声を聞いていると、)次々と昔のことが思い出されます。 雁は都にいたその当事の友ではありませんが。 民部大輔 みんぶのたいふ、 民部大輔(惟光)は、 心から常世 とこよを捨ててなく雁を雲のよそにも思ひけるかな 自分の意思で(故郷の)常世の国を捨てて鳴いている雁を、(今までは)雲のかなたのよそごとと思っていたことでした。 前右近将監 さきのうこんのぞう、 前右近将監は、 「常世出でて旅の空なるかりがねも列におくれぬほどぞなぐさむ 「(故郷の)常世の国を出て旅の空にいる雁も、仲間に後れないで(いっしょに)いる間は心が慰みます。 友惑はしては、いかに侍 はべらまし。 」と言ふ。 友を見失っては、どんなでございましょうか。 (みんなといっしょにいられるから慰められるのです。 )」と言う。 親の常陸 ひたちになりて下りしにも誘はれで、参れるなりけり。 (この人は)父が常陸介になって(任国に)下っていったのにもついていかないで、(光源氏のお供をして須磨に)参っているのであった。 下には思ひくだくべかめれど、誇りかにもてなして、つれなきさまにし歩 ありく。 内心では思い悩んでいるようであるが、(表面では)得意げに振る舞って、平気な様子で日々を過ごしている。 月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵 こよひは十五夜なりけりと思 おぼし出でて、殿上 てんじやうの御遊び恋しく、ところどころながめ給ふらむかしと、思ひやり給ふにつけても、月の顔のみまもられ給ふ。 月がとても美しく輝いて出てきたので、(光源氏は)今宵は(八月)十五夜だったのだとお思い出しになって、殿上の管絃の御遊びが恋しくなり、都にいる、光源氏と交渉の深かった女性方も(今頃この月を)眺めて物思いにふけっていらっしゃることであろうよと、思いをはせなさるにつけても、月の面ばかりをお見つめになってしまう。 「二千里外故人心 じせんりぐわいこじんのこころ」と誦 ずじ給へる、例の涙もとどめられず。 「二千里外故人の心」と(白居易の詩の一節を)吟誦なさると、(それを聞く供人たちは)いつものように涙を抑えることもできない。 入道の宮の、「霧やへだつる」とのたまはせしほどいはむ方なく恋しく、折々のこと思ひ出で給ふに、よよと泣かれ給ふ。 藤壺の宮が、「霧やへだつる」とお詠みになった折のことが言いようもなく恋しく、その折あの折のことをお思い出しになると、思わず声をあげて泣いてしまわれる。 「夜更け侍りぬ。 」と聞こゆれど、なほ入り給はず。 「夜が更けてしまいました。 」と(供人が)申し上げるけれど、やはり奥にお入りにならない。 光源氏 見るほどぞしばしなぐさむめぐりあはむ月の都は遥 はるかなれども 月を見ている間だけは、しばらく心が慰められる。 月の都がはるかかなたにあるように、恋しい人々のいる京の都は遠く、再び巡り会える日は、はるかに先のことであるけれども。 その夜、上 うへのいとなつかしう昔物語などし給ひし御さまの、院に似奉り給へりしも、恋しく思ひ出で聞こえ給ひて、「恩賜の御衣 ぎよいは今此 ここに在り」と誦じつつ入り給ひぬ。 (藤壺の宮から「霧やへだつる」の歌を贈られた)その夜、帝(兄の朱雀帝)がとても親しみ深く昔の思い出話などをしなさったお姿が、院(故桐壺の院)に似申していらっしゃったことも、恋しく思い出し申し上げなさって、「恩賜の御衣は今ここに在り」と吟誦しながら奥にお入りになった。 御衣 おほんぞはまことに身はなたず、傍らに置き給へり。 (帝からいただいた)御衣は(道真の詩にあるとおり)本当に身辺から離さず、おそばにお置きになっていらっしゃる。 光源氏 憂しとのみひとへにものは思ほえでひだりみぎにもぬるる袖かな 帝をいちずに恨めしいとばかりも思うことができず、(帝の恩寵を懐かしくしのぶ気持ちもあって、)左でも右でもそれぞれの涙で濡れる袖であることよ。 【須磨】 光源氏は須磨から明石 あかしへと移り、そこで明石の君と契り、やがて明石の姫君と呼ばれる子をもうけることになる。 須磨への退居から二年半後、光源氏は都に呼び戻され、政界に復帰する。 白き綾 白い綾織物の単 ひとえ。 紫苑色 表は薄紫、裏は青の指貫 さしぬき(袴 はかまの一種)のことか。 こまやかなる御直衣 ここは濃い縹 はなだ色の御直衣。 「直衣」は、貴族の平常服。 釈迦牟尼仏弟子 経文 きょうもんを読み上げる時などに、最初に「釈迦牟尼仏弟子なにがし」と名のるのが習慣であった。 良清 播磨守 はりまのかみの子。 光源氏の腹心。 民部大輔 光源氏の乳母 めのと子、惟光 これみつのこと。 「民部大輔」は民部省の次官。 前右近将監 光源氏の従者。 「前右近将監」は右近衛府 うこんえふの第三等官を務めた者。 入道の宮 出家している藤壺の宮を指す。 上 帝(後の朱雀院)を指す。 光源氏の兄。 院 故桐壺の院。 御衣 帝から拝領した御衣。 恩賜の御衣。 出典 須磨 すまの秋 参考 「精選古典B(古文編)」東京書籍 「教科書ガイド精選古典B(古文編)東京書籍版 2部」あすとろ出版.

次の

源氏物語「須磨の秋」原文と現代語訳・解説・問題|世界最古の長編小説

源氏物語 須磨 現代語訳

源氏物語の定番の現代語訳には、谷崎訳・与謝野訳・円地訳・瀬戸内訳等 がある。 谷崎訳は源氏初心者向けでないものの、最も文学的に秀でた訳だ。 意訳も抑えられ原文に忠実で、解釈も正確といえる。 初心者向けでない理由は、わざと原文通り主語の省略を活かしたままなので、 誰の行為なのか読み取らねばならないこと(頭注や、敬語の程度、文脈、 ニュアンス等で分かる人には分かる)、意訳を抑制してあるので原文のあいまいさ ・ぼかし表現が残り、どんな内容なのかをも読み取らねばならない箇所があること、など。 これらは一見不親切に見えるが、源氏物語に充満している平安貴族社会独特の 雰囲気を失わず、文学性を実現しながら原文を忠実に守るという高い目的の為に 敢えてそうしてある。 源氏物語を溺愛し続けた川端康成も谷崎訳に「完璧だ」と 賛辞を送った。 谷崎源氏にはいかにも古典を訳しましたという機械的で不自然な無機質さがなく、 普通に文学を読んでる思いだ。 訳に主語をいちいち補うと解説調になってしまい、 臨場感・リズムが失われて詩的感覚の無い単調な脚本になってしまう。 「源氏物語を勉強したい」ならともかく、「源氏物語を味わいたい」人には谷崎がいい。 凄く情感的だ。 ぐいぐい引き込まれて読んでしまい、疲れない。 どこから読み始めても、たとえ人物関係が分からなくなっても味わえ、慣れれば 不思議とスラスラ分かるようになってくる。 登場人物に対する冷ややかな批判的視線も無さそうで、訳者が男であるためか 姫君達それぞれの魅力的な様子や仕草の描写に実感がこもっていて、共感する。 初めて源氏物語を読破したのはこの作品でした。 この本を読む以前に子ども用のマンガで入門のようなものを読んで 興味をもっていたのですが 念願の源氏物語を読破できたことでとても幸せだったのを覚えています。 それからほとんどの有名な源氏物語の訳を読んできましたが やはり最後に一番お話として面白く書かれているのはこの本だと 気づきました。 ほかの方もレビューで書かれていましたが 読みやすく独特のテンポで、まるでやさしいメロディーのような、 訳者の源氏物語への愛情までもが伝わってくるような文体です。 内容もとてもわかりやすく面白く作ってあり、原典では分かりにくい 登場人物の感情の流れも書かれていて学問ではなく小説として しっかりとした読み応えがあります。 これがきっかけで私は古典に興味をもち、原典を読みたくなりました。 そのときから古典は勉強でははくなり、楽しみや趣味になってしまいました。 この本にはそれだけの力があると思います。 とてもオススメです。 色々な源氏物語を読みましたが、田辺氏のが一番柔らかくてすきですね。 下巻では源氏の君ももういい中年ですが、藤壺を追う気持ちはまだまだ深く、とうとう最愛の紫の君を悲しませる結果に。 女三宮と結婚したことで、紫の君は愛に疑問を感じ、「もう死んでしまいたい」とまで思うようになってしまいます。 逆に、明石の君は自分が娘をもっていることで、変わらず安らかな日々をおくります。 雲居の雁一筋だった夕霧もまた、女二宮に強い思いを寄せるようになります。 雲居の雁は、離婚すると言い残して実家に帰ってしまいます。 裏切られた時の、女性の違った行動が、興味深いですね。 藤壺で迷う、三宮に裏切られて苦悩する、紫の君を失って悲しむ、そして立ち直っていく源氏の君の、その心の変化が見所だと思います。 宇治十帖で主役となる、匂宮、薫も子供として登場します。 まず最初に、他のレビューに「まんがで読破」「マンガ本」といった記述がありましたが、それはイーストプレス社の「まんがで読破」シリーズなどのことではないでしょうか。 そちらのシリーズにも源氏物語があります。 本書ですが、講談社の出版でマンガ本ではありません。 れっきとした文庫本ですので念のために申し添えておきます。 青い鳥文庫、ということで他の出版社にも同様な文庫はあるようなので同等かも知れませんが、わかりやすい本文、関心をひく装丁や挿絵、文庫のシリーズ構成、求めやすい価格であり子供向けに良心的に用意された商品だと思います。 源氏物語を私は完全に読んだことはありませんが、よく理解していない私に向かって娘がこまかく物語を説明してくれたのは嬉しくもあり少し閉口しましたが、次は枕草子・竹取物語・平家物語・・・と希望されて買い与える端からどんどん読んでくれたのが良かったです。 本書に限らず、原作と比べると簡素化している部分はあるのかも知れませんが、本文庫の狙いは子供達により多くの知識や物語に幅広く接する機会を与えて読書意欲を拡げることにあると思うので問題とは思いません。 私にしても一度読んだ本(たとえば平家物語や三国志)についてはその一度きりではなく、著者・訳者・出版社などが違うものを選んで何度も読んでいます。 そういったところから違いを体験していくのも勉強であり楽しみでもあるでしょう。 入門的なところから原書に近いものへ長い時間をかけて難易度をあげていけばいいわけです。 良いシリーズです。 どんどん読ませたいと思います。 以上 女三宮、「おんなさんのみや」と現代では呼んでいますが、「にょさんのみや」が正しいようで。 物語後半の山場を迎えます。 光源氏と明石の上の娘明石の女御は、なんと十三歳で皇子を出産。 入内自体が十一、二歳だから不思議はないが、恐ろしきは平安時代、と感じた。 はあ、すごい。 漫画「あさきゆめみし」ではそんな若いように見えなかったが、これは女性読者を配慮したのか、十三歳の妊婦を大和和紀が描きたくなかったのか、絵画的には美しくなかったからか。 三宮の降嫁にあたり、嫉妬ではなく、光源氏の非情な仕打ちに失望しながら、人に嫉妬していると思われなくて平静を装う紫の上が痛い。 この人って、なんで「ひどい、ひどい」などと言って自分の気持ちを光源氏にぶつけないんだろう。 だから短命だったのか。

次の