キム へ ユン。 キム・ユンギョンのプロフィール

キム・ユンソク

キム へ ユン

来歴 [ ] 1988年、舞台『欲望という名の電車』でデビュー。 2008年、映画『』で主演を務める。 2019年、映画『未成年』で監督デビュー。 出演 [ ] 映画 [ ]• 幼い恋人(1994年) - カラオケ学生 役• ベサメムーチョ(2001年) - 執行官 役• ウララ・シスターズ(2002年)• ビッグ・スウィンドル! (2004年) - イ刑事 役• 時失里2km(2004年) - ハッギュ 役• 私の生涯一番美しい一週間(2005年) - ドンマン 役• (2005年) - 生物の先生 役• 美しき野獣(2006年) - チュ・ヒョンデ 役• (2006年) - オ・ドングの父親 役• (2006年) - アグィ 役• (2007年) - ソンウク 役• (2008年) - オム・ジュンホ 役• (2009年) - ファダム 役• 亀、走る(2009年) - チョ・ピルソン 役• (2010年) - ミョン・ジョンハク 役• (2011年) - イ・ドンジュ 役• (2012年) - マカオ・パク/パク・ドヒョン 役• (2013年) - ユン・ソクテ 役• (2014年) - カン・チョルジュ 役• (2014年) - アグィ 役• (2015年) - コン・ギルヨン 役• (2015年) - オ・グンテ(現在) 役• (2015年) - キム・ボムシン 役• (2016年) - ハン・スヒョン 役• (2017年) - キム・サンホン 役• (2017年12月27日 韓国公開/2018年9月8日 日本公開) - パク・チョウォン 役• (2018年) - キム・ヒョンミン 役• あなたはだれ? (2004年、2) - 刑事 役• 済州島の青い夜(2004年、KBS2)- ギョンス 役• 愛と魂(2005年、KBS2)• ラブホリック(2005年、KBS2) - 検察調査官 役• (2005年、KBS2) - チョン・ゴンミョン 役• 人生よ、ありがとう(2006年、KBS2) - カン・ユノ 役• 妻の復讐~騙されて捨てられて~(2006年 - 2007年、) - ハ・ドンギュ 役 受賞歴 [ ]• - 男性優秀賞(2006年、『妻の復習〜騙されて捨てられて〜』)• 第44回 - 助演男優賞(2007年、『』)• 第8回釜山映画評論家協会賞 - 助演男優賞(2007年、『タチャ イカサマ師』)• 第1回大韓民国映画演技大賞 - 助演男優賞(2007年、『タチャ イカサマ師』)• 第45回大鐘賞 - 主演男優賞(2008年、『』)• 第45回大鐘賞 - 人気男優賞(2008年、『チェイサー』)• 第29回 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)• 大韓民国映画大賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)• 第9回釜山映画評論家協会賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)• 第17回釜日映画賞 - 主演男優賞(2008年、『チェイサー』)• CINE21映画賞 - 今年の男優賞(2011年、『』『』)• 第3回今年の映画賞 - 男優主演賞(2012年、『ワンドゥギ』)• 第20回大韓民国文化芸能大賞 - 映画部門 大賞(2012年、『』)• 第12回大韓民国青少年映画祭 - 男優部門 人気映画人賞(2012年、『10人の泥棒たち』)• 第54回 - 映画部門 最優秀演技賞(2018年、『』)• 第17回ニューヨーク・アジア映画祭 - アジアスター賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)• 第39回青龍映画賞 - 主演男優賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)• 第38回黄金撮影賞 - 最優秀主演男優賞(2018年、『1987、ある闘いの真実』)• 第3回ロンドン東アジア映画祭 - 主演男優賞(2018年、『』)• 第7回大韓民国ベストスター賞 - ベスト主演賞(2018年、『暗数殺人』)• 第23回 - ベストデビュー賞(2019年、『未成年』) 脚注 [ ] []• 10人の泥棒たち. 2015年4月24日閲覧。 The New York Times 2009年12月29日. 2015年4月24日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月26日. 2019年3月26日閲覧。 ソウルナビ 2007年6月11日. 2015年4月24日閲覧。 コネスト 2008年6月30日. 2015年4月24日閲覧。 中央日報 2008年11月21日. 2015年4月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の

キムユンドン(HALO)彼女や元カノとトラブルがあったって本当?プデュJapanでの評判は?

キム へ ユン

その1キムヘユンの熱愛の噂について キムヘユンの熱愛や熱愛説についてです。 キムヘユンはインタビューを通じて、恋愛について話しました。 彼女は「恋愛したことがある」とし「ただ、いつ恋愛をしたか思い出せません(笑)」と伝えました。 また、他のインタビューで、キムヘユンは「ドラマ「SKYキャッスル」の中で、実際の理想のタイプに近い人は誰ですか」という質問に対して「イェソの立場なら当然、ファンウジュだ」とし「個人的には、キジュンのようにユーモラスで、ソジュンのように優しい、ウジュのように一途な男性が理想のタイプだ(笑)三人の長所を均等に混ぜると理想的な男になりそうだ」と伝えました。 そして、ドラマ「偶然発見した一日」を通じて、イェソからタンオにキャラ変更に成功したキムヘユン。 彼女は一緒に出演したSF9ロウンと実際に付き合ってないかという疑惑もネット上に囁かれました。 しかし、二人がお似合いのことから浮上した噂であり、結果的にはハプニングで終わりました。 instagram. キムヘユンは姉妹の中で末っ子で、笑いも多く明るい性格だそうです。 キムヘユンはインタビューで自分の性格について「イェソのように能動的だ。 イェソは勉強も自らする方だ。 私も似ている」とし「計画的という点も似ている。 イェソのように計画表作りが好きだ。 そんなことは似ているが、計画を守らないのはイェソではない」と伝えて、笑いました。 続いて「普段、隣の人にイェソのように自分が敏感だとすべて表現してない。 演技をする時、これを表現できたのが,一方、すっきりとしたのもあったが、そんな性格を演じるのは大変だった」とし「いつも大声で怒りすぎ、ここまで怒ることかと考えたシーンもあった」と伝えました。 関連記事はこちら.

次の

キム・ユンジン

キム へ ユン

概略 [ ]• 1973年に韓国のソウル特別市で生まれ、に家族と共にアメリカのに移住。 後にアメリカの永住権を取得。 日本では韓国映画『』のヒロイン役、米ドラマ『』のサン役として有名。 が企画兼主演した2001年の日本映画『』にヒロイン役で招かれ、哀川を相手に日韓ラブをコミカルに演じた。 不倫ゲームに興じる主婦役を演じた『密愛』のオーディションには全裸になって臨み、役を勝ち取った。 日韓ワールドカップ開催時、日韓国民交流年2002の韓国側親善大使を務める。 日本側は。 テスティモ2002年夏・秋のCMイメージキャラクターを藤原紀香と一緒に行った。 『LOST』のレギュラーに抜擢されるまでのハリウッド挑戦を綴った自叙伝『世の中があなたのドラマだ』を2007年6月28日韓国の出版社ヘネムから出版。 大ベストセラーとなる。 アメリカのエージェンシーと初めて契約した韓国人俳優である。 2010年、07年から交際を始めた映画制作者の男性 36 と結婚。 出演 [ ] ドラマ [ ]• 2004年~2005年 Lost シーズン1(米)• 2005年~2006年 LOST Lost シーズン2(米ABC)• 2006年~2007年 LOST Lost シーズン3(米ABC)• 2008年 LOST Lost シーズン4(米ABC)• 2009年 LOST Lost シーズン5(米ABC)• 2010年 LOST Lost シーズン6(米ABC)• 2013年 溺れる女たち~ミストレス~ シーズン1 (米ABC)• 2014年 溺れる女たち~ミストレス~ シーズン2 (米ABC) 映画 [ ]• 殺す話 (1997年)• (1999年)• (2000年)• (2001年)• (2001年日本映画)• アイアン・パーム(2002年)• (2002年)• 6月の日記(2005年)• (2007年)• (2010年)• 隣人~The Neighbors~(2012年)• (2014年)• 時間回廊の殺人 2017年 脚注 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• この項目は、に関連した です。

次の