会社休めない。 風邪で熱を出しても休めないような会社は絶対に転職すべき!

仕事の代わりがいない休めない職場は生き残れない!早く辞めるべき理由

会社休めない

インフルエンザや風邪で熱が高い• 体調が悪い• つわりや生理痛が酷い• 怪我をしてしまった• 子供や奥さん旦那さん、両親など家族の体調が悪い• 友人の結婚式がある• どうしてもその日じゃないとダメな用事がある• など 仕方ない事はいっぱいあります。 また仕事にストレスを抱えて精神的にキツくなった時は、旅行でリラックスして心を休めたり、ライブで発散したい時もあります。 無理をすると鬱になってしまうこともあるので、それも大切な休暇の理由です。 このような場合でも仕事を休めずに出勤しないといけない理由って何でしょうか? 転職を5回もしている私の経験から言うと以下のような事があると思います。 人手が足りず忙し過ぎる まず仕事量が多く、自分が欠けると仕事が回らないという事です。 夜遅くまで残業しても終わらないので休日出勤することだってありました。 残業も多く明らかに負担が大きすぎる仕事量をなんでこんな少人数でこなしてるの?って思う時ありますよね。 本来5人は必要な仕事量なのに3人しかいないみたいな。 自分が休んでしまうと 他の社員の負担が増えるし、お客様にも迷惑をかけてしまうので、結局無理して出勤するしかないということが多々ありました。 それを会社が分かってくれず、結局無理をしすぎて体調崩す事もありました。 仕事に対する責任感は大切ですが、ほんと無理は禁物です。 代わりがいないので自分がやるしかない この環境は辛いですね。 先ほどと同じように人手が足りないケースと、会社に人はいるけど自分がやっている仕事内容をできる人間がいない場合です。 例えば• 会社に営業マンはいるけど、トラブル対応できる技術職は1人しかいない• 事務は自分だけなので経理を頼める人がいない• 大事な商談があるけど代わりに話せる人間がいない• 業務を安心して任せられる部下がいないなど とにかく頼る人がおらず、結局自分がやらないといけないんです。 万が一その人がいなくなった場合に 業務を任せられる人材の育成や、他の人でもカバーできるように指導や連携を普段から会社としてやっておくべきだと思いませんか? あまりに私だけに頼りすぎで、ほんと自分が休んだり急に辞めるって言ったら絶対会社が困るよって思いながら仕事してました。 でもそんなこと何も考えてないんでしょうね。 休むと言い出しずらい職場の雰囲気 家庭やプライベートより仕事が一番みたいな昔ながらの考えが蔓延している職場があります。 残業や休日出勤も当たり前。 「はぁ?休む?最近の若いもんは!」みたいなとんでもない雰囲気の会社を私も経験しました。 そんなんだから若い人が入っても長く続かず自分がずっと一番下でした。 そして先輩たち誰もその事に対して何も言わない、上司も理解のある人じゃない場合最悪です。 家庭に理解のない、正当な理由があっても休めない仕事なんて辞めた方がマシです。 まぁ私はそれで転職しましたけどね。 仕事を休めないのはあなたのせいではなく会社が悪い 休めないので有給や代休も使うことがなく溜まっていく一方、それを会社が買い取ってくれるわけでもなくいつの間にか消滅していくだけ。 何のための有給なのかほんと名前ばかりで、「使えない有給なら最初からいらんわ!」 って言いたくなります。 私の経験上、 仕事を休みたくても休めない、休ませてくれない会社って従業員の事を大切にしてないんです。 人件費がかかるとか経営が厳しくて人を雇えない状況もあるでしょう。 でも長い目で考えて人を育てるとか、一人で仕事を担ってる人がいなくなった時のリスクとか考えてないんですよ。 そういったブラック企業って劣悪な労働環境が問題になってニュースにも出ていますよね。 私の経験から社員を大切にしてない会社は他の管理もずさんであり、成長はないと思っています。 厚生労働省は時間外労働の上限規制を決めました。 経営者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなけれならない。 これを破った場合は労働基準法第32条違反となり、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金になります。 これは大企業だと2019年4月から、中小企業は2020年4月から導入です。 詳細: 上記のような規約があるにも関わらず、仕事が休めない会社はブラックです。 こんな会社は 従業員が不満ばかりになり、仕事に対してもモチベーションが上がらず、なあなあの仕事しかしなくなる負のサイクルに陥るように感じます。 私がそうでしたからね。 なので仕事を休みたくても休めないのはあなたのせいではなくて会社や社長、上司のせいだと思います。 決して自分の仕事のやり方がマズイとか自分を責めないで下さいね。 仕事環境は自分で変えていくしかない 不満に思っている環境があるなら自分で変えていかないとそのままでは変わらないことがほとんどです。 自分に聞いてみて下さい。 一生この会社にいても良いですか? 私の答えはNOでした。 その会社では私だけでなく他の同僚も愚痴ばかり言ってました。 それでこの前、その同僚と久しぶりに会ったんですよ。 そしたらその人はまだその会社に勤めてて、当時と変わらず愚痴を言ってました。。。 私が辞めてから数年たちますが、会社の環境は変わってないんです。 同僚は自分で環境を変える行動を起こしてないので、そこで相変わらず消耗し続けてました。 やっぱり自分で腹をくくって行動を起こさないと生活に変化は起きないことがほとんどです。 会社に期待しても変わるのは稀ですよ。 そんな会社は少ない人件費で仕事を沢山してくれる人材の方がメリットあると思ってますからね。 会社にボロ雑巾のようにこき使われ続けない為に 私の転職経験から 社員を捨て駒のように扱っている会社は成長しないし、早めに辞めた方が良いです。 私の家族や生活のことなんてみじんも考えてくれてないと感じたので転職しましたが、恐らくその同僚は数年後に会ってもまだ愚痴を言ってるでしょうね。 今やらなきゃそのままズルズル行って、精神的にも体力的にも疲れるだけです。 一度きりの人生ですからね、ストレス抱えて毎日過ごすなんてもったいないですよ。 俳優の宇梶剛士さんが自身の著書で言われている言葉が身に沁みます。 仕事が本当に辛いなら仕事と命どちらが本当に大切か考えてみて• 楽しく希望をもって毎日過ごしたいなら現状を変える努力をすることだ 確かに毎日休みたくても休めない環境が辛いなら何が大切か考えてみて、自分で努力してアクションを起こしていくしかないんですよね。 もしあなたが仕事が楽しくない、会社にいいように使われていると感じるなら、こちらの「」もあわせて読んでみて下さい。 きっと抱えている悩みを一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。 社風や内部事情などの情報を収集するのにおすすめの転職サイト 環境を変えるために転職する場合は、 社風や環境もしっかり考慮しないと、また同じことを繰り返してしまうかもしれないので気をつけましょう。 また焦って転職して入社したは良いが思っていた職場とは違ったなんてことはよくあります。 そうならないために転職サイトの利用がおすすめです。 私も登録していますが、転職についての情報や転職者の声を聞ける、条件登録で自分にあった求人をおすすめしてくれます。 間違いないのは自分の市場価値や強みが分かるミイダスですね。 非公開の求人もあるのでここでしか出会えない企業が見つかるかもしれません。 週休2日や毎月の残業の少ない会社を探してみてください。 本気で転職したいなら転職エージェントを利用しよう ミイダスは様々な転職情報や求人情報を得ることができます。 ただ自分で転職活動準備をしないといけません。 今仕事が休めず忙しいあなたにはそんな時間すらないかもしれませんね。 しっかりと仕事とプライベートの時間を分けたい、 本気で今の会社を辞めて転職を考えているのなら転職エージェントの方を利用した方がいいです。 先ほどの転職サイトとの違いは、エージェントと言われる転職のプロが、 客観的にあなたの強みを診断して希望と現状のスキルや経験にあった求人を紹介してくれます。 実際に私も登録していますが、 やりとりや連絡は細かくやってくれるので安心です。 転職サイトとの違いを見ればサポートの手厚さが分かります。 サービス名 転職サイト 転職エージェント 求人 登録するとサイトで求人情報を見る事ができます。 サイトでは見れない「非公開求人」も見る事ができます。 活用方法 サイトに掲載されている求人情報を自分で選びます。 キャリアプランや適性、強みをもとにアドバイザーから求人情報を提案してもらえます。 登録メリット サイトに掲載されている転職ノウハウを知ることができます。 効果的な応募書類の書き方や、面接での受け答え、アポ取りから内定までの段取りを代行してもらえるので効率的です。 登録後の流れ 自分で情報収集して希望する企業へ応募したり、スカウトを待つ事ができるようになります。 アドバイザーと面談して自分の希望を伝え、企業との日程調整や条件交渉も代行してもらえます。 時間がなかなか取れない方、プロに転職をサポートしてもらいたい方は間違いなくエージェントの利用をおすすめします。 休みたくても休めないブラック企業に出会わないために相談してみて下さい。 特におすすめなのは業界大手の転職エージェントです。 転職エージェントサービスには様々ありますが、やはり大手の方が求人数が多くサポートもしっかりしているので安心です。 1の『リクルートエージェント』 あらゆる業種の求人を持っており、ハローワークなどでは公開されていない非公開の求人もかなりの数あります。 求人数が多いということは、それだけ選択肢が広がるということですから、利用しておくべきです。 \ 転職者満足度No. 1 / 10万件以上の豊富な求人数 doda限定求人も多数 もちろん無料ですし、大手で安心なのでまずはここを活用しておけば間違いありません。 また平日の夜間、土日、祝日も対応してくれるので仕事が忙しい人でも安心して利用できます。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人、疑問がある人はよくある質問も掲載しているので、こちらの記事も合わせて読んでみてください。 真っ当な理由なのに休みたくても休めない、自分の代わりがいない会社は社員を大切にしていない。 振り返ってみてそう思います。 何も行動を起こさなければ、明日も明後日も同じ悩みを抱えているでしょう。 最後にもう一度聞きます。 今の会社に一生いても良いですか? 答えがNoなら少しづつでも行動を起こしていきましょう。

次の

【どうしても休めない】仕事が忙しくて休暇が取れない場合にすべきこと

会社休めない

「仕事を休みたいけど休めない」 派遣、正社員、職種問わず色々な職場を経験してきた中で「休めない」会社の実態と、そこで私が休めない状況から抜け出すためにとった対策を紹介します。 仕事を休めない状況から抜け出すヒントとして参考にどうぞ。 こんにちは。 フリーライフクリエイターのRucaです。 仕事を休みたいけど休めないような状態がずっと続くと辛いですよね。 私も休みたいけど休めないという職場にいたことがありますが、精神的ストレスと肉体的疲労がたまり仕事の能率が落ちてしまい、良い事はありませんでした。 長引かせると「状況を変えよう」という気持ちすら起こらなくなってくるので、早めに休めない状況を抜け出すことが肝心です。 仕事を休めない会社にいる時、できる対処法・解決方法は、大きくこの2つ。 スポンサーリンク 仕事を休めないのは人出不足だったから 私が以前やっていた登録型派遣の派遣先会社では、パワハラ上司の日常的な暴言で人が定着せず、常に人出不足でみんな「休めない」状態でした。 上司はお客様の前でスタッフを罵倒、自分の思い通りの仕事ぶりじゃなければ自分でやろうとするので、抱える仕事量が多くなって自分は常に休めずイライラ・・。 新人が入っても誰かが辞める、の繰り返しで、上司は新人に仕事を教える為に常に自分の仕事時間が削られるという悪循環。 1年以上続くスタッフがいないということでしたが、この環境下でも割と長く続けてきた人の特徴は、こうしたパワハラ上司でも嫌われるのがイヤだったり、断って怒られるのが怖いという理由でした。 または、休まず働くことを美徳としているか。 頼まれると断れないタイプの人はどんどんシフトを入れられてしまい、次の人が入るまで・・と我慢して働いて精神的にどんどん追い詰められ病気を理由に辞めた人も1人や2人ではないそうです。 私は最初の契約期間分が短期間だったのでそこまでは働きましたが、更新はきっぱり断りました。 これから繁忙期に入るのにと嫌味を言われようが、当たりがきつくなろうが、貴重な自分の時間をイヤな人と我慢して過ごすなんてまっぴら。 嫌われたり怒られるよりも我慢して働き続けた方がマシ• 我慢してイヤな職場で働き続けるより嫌われたほうがマシ 天秤にかけた時、どちらを重視するかだと思います。 ただ、会社が求人募集をかけていても新しい人が入って来ないなら、新しい人が入ってくるのを待っているうちに、自分が体を壊してしまうかもしれません。 我慢し続けて体を壊すと余計に迷惑をかけることになってしまうので、まずは 今の自分を大事にすることを第一に考えましょう。 スポンサーリンク 仕事を休めないのは代わりがいない・自分しかできないから 私が店舗責任者として1つの店舗を運営していた時、体調不良になってしまい、代わりに仕事を任せられる人もおらず休めなかったことがあります。 他のスタッフも全国に散っていてそれぞれ持ち場にいるので応援を呼べず この時私は特別遠い辺鄙な所にいました・・ 、出勤前に点滴を打って無理矢理仕事をこなし、翌日はたまたま休みだったので集中して治した覚えがあります。 たまたま社員が不足していた時期だったこともありますが、 この一件を上司に報告して話し合いをし、店舗の休みの取り方とフォロー体制を見直すことになりました。 自分の代わりに仕事をやってくれる人がいないから休めない場合は、 他の人と助け合える仕組み作りを考えたり、休んだ時に助けてもらえるように普段から職場の人たちとコミュニケーションをとる努力をしておきましょう。 また、規模の小さい会社は代わりの人がいないことが多く、1人1人が担当している仕事が多くなりがちです。 もし、今の会社の規模が小さくて変わりがいないという場合は、代わりの人がいてフォローしやすい、比較的規模の大きい職場に変えてみることも検討してみましょう。 例えば営業職でも、小規模の会社では営業の仕事についてまわる資料作りや雑務などもすべて一人でやったりしますが、大企業など比較的人数の多い会社では、そうした事務作業を担当する「営業事務職」や「営業アシスタント」というポジションがあったりします。 営業は事務作業に追われず商談などに集中でき、自分一人ですべてやるよりは仕事の負担も軽くなるのです。 もちろん会社の内情はよく調べてからの方が良いですが、 人数の多い規模の大きめの会社に変えてみることも一つの手段だと覚えておきましょう。 スポンサーリンク 仕事を休めない雰囲気の会社だから 上司や先輩たちが仕事を休まないため、他の社員も遠慮して仕事を休めない、という会社もありますよね。 残業を美徳としていたり、休まず頑張る人は偉いという価値観を持つ人たちが会社の上役を占めていると厄介です。 休まず働くのは効率も悪くなるし、疲労がたまってくると心も荒みがちになるので、早めに対処するようにしましょう。 私が登録型の派遣社員だった時、派遣先の会社にいたパワハラ上司は残業を美徳としてはいませんでしたが、人の仕事内容に満足しなければ自分でやりたいタイプの為、「周りが無能で自分が休めない」、「それなのに他の人が休むのはずるい、許せない」という考え方の人でした。 そのため、体調を崩して休んだ社員に対しても「大丈夫だった?」というねぎらいや心配の言葉ではなく、「仕事を休む人がいると周りが迷惑」と責めるような物言い。 こんな空気の会社には、【休むこと=悪いこと】という考え方が漂ってしまいます。 自分の主張をすることが苦手だったり人に合わせてしまう人は、自分からこの環境を変えるよりは転職して休める会社へ行ってしまった方がストレスも少ないかもしれません。 無理に合わせて自分を壊すくらいなら、さっさと他の会社へ移ってしまいましょう。 逃げるのは恥ではありません。 自分から会社の体制を変えていく 今の会社に留まる• 自分が別の会社に変える 転職 大きな決断なのですぐに決められず悩む人もいるかと思いますが、辞めようかどうしようかなどと悩んでいる時が一番苦しい状態です。 私もそうでした。 けれど、 悩む期間を引き延ばすほど、自分が快適に仕事をする時間やチャンスをどんどん失ってしまいます。 「どうしたいか」自分の気持ちが固まるとそれだけでスッキリするので、わからないなら分かるまで自分に問いかけてみましょう。 具体的に仕事を休めない今の環境をどう変えていくか?考えられる対策や解決方法を以下にまとめています。 自分がどうしたいか考えながら出来そうなことをはじめてみましょう。 仕事を休めない状況を自分から変えてみる 1つ目の方法は、 自分から動いて仕事を休んでもいい・休める環境に変えていくことです。 まずは自分から動いてみましょう。 「誰かが変えてくれればいいな」なんて、たぶんみんなそう思っています。 だから誰も動かず会社も変わらなかったんじゃないでしょうか。 待っている間に定年を迎えるか、働き過ぎで体壊すことだってあるかもしれません。 何より、人生の大半を「休みたいのに休めない」なんて辛い思いして過ごすなんてもったいない! まずは今の環境で自分に何ができるか考えて、周りとコミュニケーションを取ったり、自分から有給取得したりと少しずつ実行してみましょう。 ただし、 自分から変えていくというのは、少しパワーが必要です。 あまりにも疲れて精神的にまいっている時は、頑張りすぎて自分を追い詰めてしまわないようにしましょう。 みんな休みたいと思っている 会社全体の雰囲気が「仕事を休めない」ものであっても、休みたいと思っている人は多いはずです。 仕事が楽しくて仕方ないから、休めと言われても休みたくない人は別ですが、本当にそんな人は、自分は休まなくて人が休んでいても気にしません。 休まないことを美徳としているのに休もうとする人に嫌味を言ったりする人は、本当は心の奥では休みたい人。 日本人は「周囲に合わせる」性格の人が多いため、みんなと一緒に「仕事を休まない」ようにしていても、誰かがそれを破ってくれると、少しずつ「仕事を休む」ことに合わせてくれる人が出てくるようになるはずです。 仕事を休めないなら転職も考えてみる もう一つの仕事を休めない環境を変える方法が、 転職です。 とは言え、収入が途絶えることが不安だったり、また次の会社も休めない状況だったらと不安もよぎりますよね。 そこで、 収入の心配と次も休めない会社に当たらないようにする転職活動のポイントを紹介したいと思います。 幸か不幸か休みたくても休めない状態の人はたくさんいるので、そんな人のために便利なサービスやサポートはたくさん出ているのです。 頼れるところは頼り、きちんと休める会社に転職して心身ともに快適な生活を手に入れましょう。 転職エージェントを積極的に利用しよう 仕事を休めない状況のときほど、自分の負担を減らすために転職サービスを活用するのがおすすめです。 転職エージェントは担当のキャリアコンサルタント・アドバイザーがつき、1人1人にあった会社の提案や応募書類の添削、面談の調整、年収の交渉など転職活動のサポートをしてくれます。 転職活動はやることが多く、自分一人ですべてやろうとすると、精神的にも肉体的にも負担が大きくなってしまいます。 特に仕事を休めないような状態にあるのならば、自分自身負担を少しでも減らすことを優先して頼れるエージェントを見つけてサポートを得るようにしましょう。 まずは求人登録数の多い大手転職エージェントに登録• 自分の希望する条件に特化した転職エージェントに登録 まずは万人向けの総合型転職エージェントに登録しておき、そこにプラスして自分が希望する条件に合った特化型のエージェントも登録しておきましょう。 パソナキャリア 女性ならば特におすすめなのが人材派遣業のパソナが運営する「パソナキャリア」 親身なサポート体制に定評があり、初めての転職で不安を抱えている人は頼りになるキャリアアドバイザーが見つかりやすいです。 範囲が首都圏・大阪・名古屋とある程度は限られてしまうのが難点ですが、この地域にいる人ならば登録しておいて損はないでしょう。 リクルートエージェント 私が以前転職 する時にまず登録していたのが、大手リクルート社の運営する「リクルートエージェント」 扱う 求人数が圧倒的に多いので、まずは幅広く候補となる企業を探すために、とりあえず押さえておくべき転職エージェントです。 転職サイトの「リクナビNEXT」とも連携して活用しやすく、応募から面接までのスケジューリングが分かりやすく操作しやすいサイト画面がとても便利。 転職サイトのも併せて登録し、連携を取ると使いやすいです。 リクルートエージェント公式サイト duda パーソナルキャリアが運営する大手転職サイト「doda」 大手転職サービスだけあり10万件の求人案件を扱っているので、自分の希望に合った条件の企業を見つける確率も上がりやすいです。 都市部に限らず地方求人も多く扱っているため、地方での転職者も利用しやすいのもポイント。 転職エージェントサービスで専門スタッフによる適正に合った求人の紹介から応募、面接日程の調整など転職活動をフルサポートしてくれるので活用すべき。

次の

【仕事の休みがない・休みが欲しい】休めないような会社は辞めてもいいという当然の話

会社休めない

Contents• 仕事の代わりがいない休めない職場を辞めるべき理由 仕事の代わりがいなくて休めないのがツラいなら、 そんな職場はすぐに辞めたほうがいいです。 というのも、「誰か代わりを見つけてほしい」「休ませてほしい」と訴えても状況はそう簡単に変わらないので。 自分の力だけでは変えられない状況に変わってほしいと願うよりも、自分自身が変わる方が早いです。 「会社を休めない」「会社のやり方に納得できない」など不満があるならさっさと辞めるのが賢い😌 会社に改善を求めても個人に組織を変えるほどの力はないので。 私は会社が嫌だったので転職活動したら2ヶ月で4社から内定GET。 第一希望の会社で在宅勤務OKで有休とりやすい環境で不満なく幸せです🌷 — Sara 脱OL目指す副業ブロガー SARA18olsb また、休めない会社に束縛されている間にも時間は過ぎていき、年をとっていきます。 人生には若いときしかできないこと、今しかできないことがたくさんあるのに、 休めない会社で働いているということはそれらを経験するチャンスを逃していることを意味します。 さらに 年齢を重ねるほど転職のチャンスは限定されていく事実も知っておいたほうがいいです。 たとえば未経験の仕事に挑戦したいなら年齢が若いほど有利ですが、30代からは新しい職種の仕事を手に入れることが難しくなってきます。 経験のある仕事だとしてもライバルが若ければそちらが必然的に有利になるのはわかりますよね。 我慢の限界を超えていざ転職しようと思ったときに「実はもう手遅れだった」なんてことは割けたいですよね。 賢い人ほど早く辞めてます。 彼らは「会社を変えるより自分を変える方が効率的」ということを知っているので。 」 今の会社を辞めるべきか悩んでいるという場合は以下の記事を参考にどうぞ。 休めない会社から転職してみた結果 実は私はこれまで2度の転職経験があるのですが、転職を重ねるごとに働く環境がどんどん改善されてきて、今はかなり恵まれた環境で働いていると思っています。 休めない会社から転職した結果、幸せになりました。 私が新卒で初めて入社した会社はまるで軍隊のような会社で、上司の言うことが絶対の環境。 なので生理痛がつらくても、熱があってダルくても会社に行っていました。 あまりにツラすぎて 「ここで働き続けていたら自分がダメになる」と恐怖を感じて転職した結果、比較的有休をとりやすい会社に転職成功。 5年以上勤めたあと、「もっと成長できる環境に身を置きたい」と考え、2度目の転職を決意。 2社目の会社も有休を取得しやすい観点からは働きやすい会社でしたが、転職した結果、 さらに働きやすい職場環境を手に入れました。 転職してもう一つよかったと思うことは、 会社を辞めるときに思いっきり休めたこと。 つまり、 残った有休をまとめて消化することができます。 の調査によると、転職するときに長期間の有休をとれた人の割合は意外にも多く、 1ヶ月以上の休暇をとれた人が3割という結果に。 それだけ仕事を休めず有休がたまっていた人も多いのでしょう。 ちなみに休暇をとった人たちの休暇の過ごし方はこんな感じ。 どうせ辞める会社なので、有休がとりづらくてもそこはしっかり有休の取得を主張しましょう。 応募する段階から応募企業の社員の働き方をリサーチする• 応募企業の状況を知っている人に聞いてみる• 過度に期待しすぎない 上記を実践するための具体的な方法を解説します。 転職も同じで、次の会社に入社したときのギャップを減らすために転職専用の口コミサイトを利用するのが賢い転職です。 おすすめの口コミサイトは以下の2つ。 300万件以上の情報が掲載されていて、 だいたいの企業の口コミは網羅されているので転職するなら登録マストです。 会社の「良い点」、「気になること・改善した方がいい点」、回答者の年収、有給取得率など生の口コミが読めます。 面接で聞かれたことなど転職活動に関する口コミもあるので私の転職でも役立ちました。 口コミサイトの閲覧はからどうぞ。 気になる企業の求人情報も見れますよ。 「入社理由と入社後のギャップ」や「ワークライフバランス」など分野別の口コミ情報が充実しているだけでなく、 「女性の働きやすさ」に限定した口コミがあるのもかなり参考になりました。 口コミ人気企業ランキングで応募したい企業を探すこともできるほか、掲載企業の最新の求人情報もチェックできて便利です。 転職活動全体をサポートしてくれるのがエージェントの仕事ですが、 取り扱う企業のことをよく知っているので実際の働きやすさや雰囲気などを直接教えてもらえます。 複数の転職エージェントを併用してどちらにも同じ企業の評判を聞いてみることで、より信憑性の高い情報を得られることもあるので、2つ以上の転職エージェントに登録しておくと安心です。 また、 面接では聞きづらい福利厚生面(たとえば有休の取得率や給与など)についてもヒアリングしてくれますし、内定をもらえた場合は 年収など条件面の交渉まで対応してくれるので、私の場合エージェントを利用していなかったら今の年収まで金額を上げれていなかったと思います。 さらに言うと、 転職エージェントを使ったら短期間で第一希望から内定をもらえましたよ。 まとめ 仕事の代わりがいないのはあなたの問題ではなく、会社や上司の問題。 あなたには会社を休む権利があります。 とは言え、一社員にはどうすることもできないので、その環境を甘んじている受け入れている間に3年、5年、10年と月日が過ぎてしまいます。 何年も経ってからその間にできたかもしれない経験を思って後悔しないためにも、「代わりがいなくて休めない」とあきらめたり状況が改善するのを待つのではなく、とりあえず転職活動してみるといいですよ。 転職活動では、再び「休めない会社(仕事)」を選んばないようにしっかり企業リサーチしましょう。 転職の口コミサイトや転職エージェントを上手に利用するのが後悔しない転職活動の第一歩です。 仕事が休めず忙しい人のための転職活動を始める方法を以下の記事にまとめました。

次の