飛行ロトム 育成論。 サイクル戦の要! ボルチェン水ロトム育成論【ひかえめ・オボンのみ】

リザードン育成論 : 「3タテの爽快感」誰が流行らせたかはわからない珠サンパワーキョダイリザードン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略モバイル

飛行ロトム 育成論

【知名度低めなのに鬼強いダイマックスエースが降臨!!】 ロトムは電気タイプでありながら特性:浮遊(じめんタイプの技を受けない)を持ち、耐性が優秀かつフォルムチェンジ技(オーバーヒート、ハイドロポンプ、リーフストーム)が強力なため常に環境にいる 厨ポケです。 そんなロトムですが 特性が腐っている上にフォルムチェンジ技も対して強くないとして登場から10年以上冷遇されてきたフォルムがあります、それが スピンロトムです。 そんな クソフォルムロトムに転機が訪れ、今作では余裕で3タテしてくれるほど強くなりました。 今回はそんなスピンロトムについての育成論を書いていきます。 今作からついに悪巧みを習得• ダイジェットが強すぎワロタ• 環境が追い風• サンダーもボルトロスもいない 1つずつ見ていきましょう。 1、悪巧みを習得 今までロトムは悪巧みを覚えなかったのですが、今作からは技レコードで悪巧みを覚えるようになりました。 イタズラ好きという公式設定まであってむしろ何故今まで覚えなかったんや… これにより ロトムの突破力が向上し、サイクル構築以外の有効な使い方ができるようになりました。 従来のロトムはせいぜい影分身()くらいしか積み技がなかったのでこれは大きな変化と言えるでしょう。 2、ダイジェットが強すぎワロタ こちらは説明するまでもないでしょう。 今作で追加されたダイマックス。 その飛行技のダイジェットが 自分の素早さを1段階上げるというとんでも技で 高火力で殴りながらSも上がるとかいうわけのわからん状態を引き起こせます。 トゲキッス君やギャラドス君を筆頭に Sを上げることで抜き性能を高めてぶん殴るポケモンが大流行しています。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 …. 飛行技が使えるロトムのフォルムがあるらしいですね? 3、環境が追い風 前作に比べ鋼タイプが激減したため、 電気も飛行もとても通りが良くなりました。 更に目覚めるパワーの廃止によりランドロスやガブリアスを狙うめざ氷に巻き込まれることも無くなり、環境的にも追い風と言えます。 また、スピンロトムを使うにあたって天敵となるスカーフヒヒダルマがギルガルドやカビゴンの増加の影響で頭数を減らしているのも追い風です。 以上4つによりスピンロトムが日の目を見るかつてない機会が訪れています。 そんなスピンロトムの育成論がこちらになります。 スポンサーリンク スピンロトムの育成論 今私が使っているスピンロトムがこちらです。 例に漏れずこの子もメチャ強い。 10万ボルト• シャドーボール• 悪巧み• エアスラッシュ スピンロトムの持ち物と特性 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 持ち物は オボンの実にしています。 イアの実といった混乱実の採用も考えましたが発動条件がやや厳しいのと、オボンの回復量で困ったことがなかったのでオボンにしています。 割と好みの問題かもしれませんがバンバン発動するオボン推奨ですね。 スピンロトムの性格と努力値振りの調整 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 少しでも火力を高めるため、性格は ひかえめです。 これにより 不一致抜群程度なら受けきりつつ全抜きを狙うことができるようになりました。 相手にしたいポケモンに応じてBを削りつつカスタムしてください。 スポンサーリンク スピンロトムの技構成 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9• 技構成はほぼこれで確定ですが、どうしても何か別の技を入れたいのであれば シャドーボールを切りましょう。 とは言っても候補になりうるのは 悪の波動くらいですかね。 ( 悪の波動だとミミッキュが落とせないのでかなり微妙) スピンロトムのダメージ計算 10万ボルト ・H4ギャラドス 156. 9~136. 5~73. 6%(ダイホロウで超高乱数1発) ・H252チョッキヒートロトム 51. 8~135. 基本的に 悪巧みしないと火力がやや厳しいので注意。 スピンロトムの運用方法 運用方法は抜きエースとして 相手のパーティがある程度疲弊したところで投げるのが基本ですが、 電磁波壁貼りオーロンゲのようなカモにできるポケモンが先発に出てきそうであれば 先発で荒らしにいくのもアリです。 ただし、先発で出してダイマックスしたら後に引くことができないのでロトムでの突破が厳しそうな バンギや カビゴンには気をつけましょう。 最後の1体となったところから3タテ、ということもザラに起こるポケモンです。 耐性が意外と優秀で弱点が岩氷、半減が鋼虫草飛闘、無効が地と受けられる範囲もそこそこあるので できるだけ 悪巧みを積みましょう。 相性の良いポケモン ・ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 ロトムが場を荒らしたあとの削りに使うと非常に優秀。 先発で出して蜻蛉で対面操作してもよし、終盤のお掃除に使ってもよしのポケモンです。 問題点としてはスピンロトムと組むと最近数が増えているカビゴンの突破が辛くなりがちなので、上手く馬鹿力を当てるかあと1体でカバーする必要があります。 あとも辛い。 — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 物理受け鉄壁ボディプレス型のと組み合わせるとタイプは一貫するものの、 受けと攻めのバランスがとても使いやすいです。 スピンロトムの育成論のまとめ — 画像つぶやきボット 1TniN0mrivZLFY9 今回の記事をまとめると• 今作のスピンロトムは強い• 耐久型抜きエースにすることで安定して 悪巧み ダイジェットできる• 火力やや不安なので積めるだけ 悪巧みを積もう• 悪巧み ダイジェットが 始まったら止まらない と、こんな感じです。 最後にスピンロトムの大きな強みをお伝えします。 それは マイナーなところです! 全然バレない、 悪巧みぽんぽん使えるし 挑発なんか一回も受けたことがない。 ワンパンできるやろとドヤ顔で不一致抜群を撃ってくるカモたちの目の前で余裕で 悪巧みからダイマックスするの楽しいですぅぅw 本気でポテンシャル高いポケモンなのでミトムやらヒトムの孵化余りでも使ってぜひ使ってみては? 今回はここまでです、ありがとうございました! Twitterの方でもポケモン剣盾に関する有益な情報を上げていますのでぜひフォローしてください。

次の

スピンロトム : 【物理受け&起点作り】スピンロトム

飛行ロトム 育成論

ロトムの特徴 森の洋館で、テレビの中から出てくるポケモン、ロトム。 そのステータスは、特攻と素早さが少し高いものの、全般的に能力は低めです。 ただし、弱点の割に抵抗が多かったり、無効化できるタイプが多いので、サポート型としてならば、十分な耐久が期待できます。 主な戦型は、サポート型で、「トリック」や、「でんじは」等、相手の行動を妨害するような技で、味方のサポートに徹します。 また、サポート型と読んできた相手に対して、攻撃する戦型もあり、意表さえつければ、かなりの突破力が期待できます。 候補技 技名 特徴 10まんボルト 特殊 タイプ一致で、威力95の技です。 安定していて、ある程度威力が期待できる技です。 かみなり 特殊 タイプ一致で、威力120の技です。 単純に威力の高さを期待するより、雨パーティーと、組み合わせて使った方が良いです。 シャドーボール 特殊 タイプ一致で、威力80の技です。 タイプ一致で、電気タイプ以外の技が使えるのは、大きな利点となります。 めざめるパワー 特殊 タイプは、氷・草辺りを選びます。 攻撃型の場合は入れますが、サポート型には、入れなくても良い技です。 じゅうでん 補助 自分の特防を、1段階上げます。 単純に特防を上げるだけでなく、電気タイプの技の威力を上げる事も出来ます。 でんじは 補助 相手を、マヒ状態にさせる技です。 自分が攻撃するために使うより、味方へのサポートとして使う技です。 おにび 補助 相手を、やけど状態にさせる技です。 自分も補助技を決めやすくなり、味方へのサポートも出来る、優秀な技です。 あやしいひかり 補助 相手を、こんらん状態にさせます。 「あやしいひかり」と組み合わせたり、意図的に相手を交代させるのに、使う技です。 味方へのサポート中心の戦型で使う技です。 数少ない、特殊技の威力を減少させる補助技です。 あまごい 補助 場の天候を、雨状態にさせます。 雨パーティーでのサポート型として使う場合には、確実に入れておく技です。 トリック 補助 自分と相手の持ち物を、入れ替えます。 「こだわりスカーフ」や、「かえんだま」を入れ替えるのが、オススメです。 補助技を決める時間稼ぎに、オススメの技です。 主な戦型 トリック型 努力値 特攻252 素早さ252 HP6 持ち物 こだわりスカーフ かえんだま 等 性格 おくびょう ひかえめ 確定技 トリック 候補技 10まんボルト シャドーボール めざめるパワー でんじは おにび 等 一般的なロトムの戦型です。 耐久型相手に、「こだわりスカーフ」、物理型相手に、「かえんだま」等、基本的には、その戦型において、不利になる持ち物を、相手に持たせます。 サポート型 努力値 HP252 素早さ調整 残り耐久 持ち物 こだわりスカーフ ひかりのねんど 等 性格 おくびょう ずぶとい おだやか 等 確定技 10まんボルト 候補技 シャドーボール でんじは おにび リフレクター ひかりのかべ トリック 等 味方へのサポートを中心とした戦型で、技構成は、味方のパーティー編成によって、変えていきますが、何らかの攻撃技を入れておいた方が良いです。 特攻型 努力値 特攻252 素早さ調整 残りHP 持ち物 いのちのたま ヤタピのみ こだわりメガネ 等 性格 おくびょう ひかえめ 確定技 10まんボルト シャドーボール 候補技 めざめるパワー でんじは おにび トリック みがわり 等 サポート型と読んできた相手に対して、攻撃を決める戦型で、単純に攻撃するだけでなく、自分の攻撃へ繋げる補助技を使う事も出来ます。 コラム 要注意ポケモン ゴウカザル ヘラクロス 特性こんじょう ラムパルド 挑発持ち全般 等 オススメの組み合わせ 雨パーティー全般 対策方法 相手は、基本的に補助技を使う割合が高いので、「ちょうはつ」で、止める事が出来ます。 ただ、攻撃技を持ってる確率も高く、予想以上にダメージを受ける事が多いので、特殊受けでサポートをさせるのが、一番簡単だといえます。 主な対策ポケモンは、ゴウカザルや、ヘラクロスで、「おにび」が効かず、こちらの攻撃でゴリ押しする事が出来ます。 特に、ゴウカザルは、「ちょうはつ」で、相手の補助技を封じる事も出来るので、意外と簡単に倒す事が出来ます。

次の

スピンロトム : 【物理受け&起点作り】スピンロトム

飛行ロトム 育成論

スピンロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 スピンロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 現環境ではサンダーなど他の電気・飛行が登場せず、唯一の複合タイプ。 弱点2つに対し、6タイプを半減以下にできる優秀な耐性を持つ。 だが、地面が元々無効であり、特性「ふゆう」が全く役に立っていないのが欠点。 能力値は防御・特攻・特防が高く、素早さもそこそこあるので比較的優秀。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではダイマックス追加が追い風。 素早さを上げつつ攻撃できる「ダイジェット」を唯一使えるロトムとなった。 素早さがそこそこ高いため、努力値振りをしておけば多くのポケモンを抜くことができる。 スポンサーリンク スピンロトムの特性 ふゆう (地面タイプの技を受けない。 ) 考察 「ふゆう」自体は無効タイプを一つ増やせる非常に優秀な特性だ。 だが、スピンロトムの場合、元々地面無効であり全く意味がない。 いくら何でもひどすぎる。 現環境では「かたやぶり」ドリュウズが多く、 特性「ふゆう」の価値自体が薄れているのは他のロトムと比べて利点と言えるかもしれない。 スポンサーリンク スピンロトムの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 エアスラッシュ 飛 75 95 怯み30% タイプ一致技。 威力は低いが怯み30%が強力。 「ダイジェット」用としても使える。 10まんボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技。 威力は高いが命中不安。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技。 威力は低いが命中が安定している。 耐久型で何度も撃って麻痺をまくといい。 ボルトチェンジ 電 70 100 自身が交代 タイプ一致技。 交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。 あくのはどう 悪 80 100 ひるみ20% 威力は低いが命中が安定している。 ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。 環境に多いゴーストに刺さる。 たたりめ 霊 65・130 100 状態異常の相手に威力倍増 「おにび」「でんじは」など相手を状態異常にする方法は豊富なので使える機会があるかもしれない。 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃の値でダメージ計算する。 自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。 環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 でんじは 電 90 相手を麻痺させる。 地面を呼びづらいので決まりやすい。 「ちくでん」「ひらいしん」には注意。 おにび 炎 85 相手を火傷させる。 命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 火力を倍増できる積み技。 半減相手でも押し切れる可能性が生まれる。 ねむる 超 - HP全回復・状態異常回復。 2ターンの間眠る。 カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。 素早さ188振りでダイジェット後に最速 ドラパルト抜きとなるのでおすすめ。 ドラパルト抜きを意識する場合はもう少し素早さに振ってもいい。 持ち物はダイマックスでの火力も上げられる「いのちのたま」をおすすめする。 技はダイジェット用の「エアスラッシュ」とタイプ一致となる電気技は確定。 電気技は性能が安定しているのは「10まんボルト」だが、ダイサンダーの威力が「10まんボルト」より10上がる「かみなり」も候補となる。 他の技は自由枠となる。 「わるだくみ」の優先度が高め。 耐性を活かして「わるだくみ」を積み、その後にダイジェットで素早さを上げてやると抜き性能が大きく高まる。 攻撃しつつ撤退できる「ボルトチェンジ」、 ドラパルトの弱点をつけるイカサマORあくのはどうORシャドーボールも選択肢。 いのちのたま「イカサマ」で攻撃252振り ドラパルトなら一撃で倒せる。 だが、ダイマックス時は使い物にならないのであくのはどうやシャドーボールを選んでもいい。 素早さに補正をかけ188振ることで最速 ドラパルトをぎりぎり抜くことができるのでおすすめ。 技はタイプ一致で怯み30%も活かしやすい「エアスラッシュ」と攻撃しつつ撤退できる「ボルトチェンジ」は確定。 ドラパルトに刺さるイカサマ・あくのはどう・シャドーボールのうちどれかは採用したい。 個人的には怯み効果があり、本来勝てない相手も勝てる可能性がある「あくのはどう」が一番おすすめ。 残りの技は自由枠となる。 交代せず攻撃でき、威力も安定している「10万ボルト」、 耐久型の相手を機能停止できる「トリック」、物理アタッカーを先制で機能停止できる「おにび」のいずれも候補。 スポンサーリンク スピンロトムのパーティメンバー考察 スピンロトムの弱点である氷と岩に強い鋼タイプのポケモンをパーティに入れておきたい。 特に物理耐久も特殊耐久も高い ギルガルドであれば、 スピンロトムが不利な場合の交代要員として最適。 スピンロトムの対策 注意点 ・火力・耐久・素早さがそこそこあり、カスタマイズ性が高い。 ・火力倍増の「わるだくみ」と素早さを上げるダイジェットで抜き性能を高めてくる。 ・弱点2に対し、半減以下は6と耐性が優秀。 対策方法 「わるだくみ」を積まれ、「ダイジェット」で抜き性能を高められる最悪の展開はできるだけ避けたい。 スピンロトムに有効打がないポケモンを選出しないようにして、起点にされないことがまず大切。 たとえ、「わるだくみ」を積まれたとしても、 バンギラス、 ギガイアスといった特殊耐久の高いポケモンなら受けられ、 岩技で仕留めることができる。 電気にも飛行にも強い パッチラゴンや カビゴン、 ヌメルゴンといった特殊耐久が高いポケモンでも受けることはできる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の