開園時間 国営ひたち海浜公園。 国営ひたち海浜公園の開園再開について

国営ひたち海浜公園の開園再開について

開園時間 国営ひたち海浜公園

東京からも日帰り可能、茨城県の国営ひたち海浜公園。 ここは青い花、ネモフィラが一面に咲く絶景ポイントとして全国的に有名になりました。 美しい花の様子、一度はこの目で見たい景色を写真とともにご紹介します。 ここはどこ?美しすぎる光景に息をのむ どこまでも広がる青のじゅうたん。 花自体がどこか光っているようにも見えます。 茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園。 ゴールデンウィークの時期に合わせるように、ネモフィラの花が見頃を迎えます。 一つひとつは小さい花ですが、花が集まってつくりだす光景は、圧巻の一言! 今しか見られない、一度見たら忘れられない絶景を、この連休に見に行きませんか。 東京ドーム13個分、広大な敷地に広がる花畑 国営ひたち海浜公園の広さは、なんと東京ドーム13個分。 途方もない広さです。 公園のいたる所には、美しい花畑が広がっています。 今の時期は、ネモフィラのほか、チューリップが見頃。 赤、黄色、ピンク…色とりどりの花の競演をじっくりとご覧ください。 Photo by Nemoto-K5 渋滞するゴールデンウィークは電車が便利! ゴールデンウィークの国営ひたち海浜公園は、激しい渋滞が予想されます。 朝7時30分の開園からたくさんの人が訪れ、駐車場待ちでずっと公園内に入れない…なんてことも。 電車を利用すれば、上野駅から勝田駅まで特急で約70分。 勝田駅からはバスで約20分ほどです。 東京圏から行く人は、断然電車がおすすめ。 日帰りでもしっかり楽しめますよ。 スポット情報• 名称:国営ひたち海浜公園• 住所:茨城県ひたちなか市 大字馬渡大沼605-4• 車でのアクセス:常陸那珂有料道路 ひたち海浜公園ICより約1km、常磐自動車道 日立南太田ICより約15km、東海スマートICより約13km• 電車でのアクセス:JR常磐線 上野駅より勝田駅まで特急で約70分、勝田駅東口 茨城交通バス2番のりばから海浜公園西口、または南口下車.

次の

国営ひたち海浜公園ネモフィラの開花状況と混雑状況、駐車場情報は?

開園時間 国営ひたち海浜公園

ネモフィラの名所「国営ひたち海浜公園」 国営ひたち海浜公園はネモフィラの名所として知られ、 春は広大な丘一面にネモフィラが咲き誇ります。 都内近郊からのアクセスもよく、 日帰りで観光を楽しめます。 ネモフィラの見頃 によると、 ネモフィラの見頃は4月中旬〜5月上旬。 特にGWはたくさんの人で賑わっています。 国営ひたち海浜公園の開園時間 国営ひたち海浜公園の開園時間は以下となっています。 3月1日〜7月20日 9:30〜17:00 7月21日〜8月31日 9:30〜18:00 9月1日〜10月31日 9:30〜17:00 11月1日〜2月末日 9:30〜16:30 東京から国営ひたち海浜公園までのアクセス 東京から国営ひたち海浜公園に行く場合、 品川駅・上野駅から 勝田駅まで JR常磐線に乗る:特急約85分 勝田駅東口2番乗り場から 海浜公園西口までのバスに乗る:約15分 【期間限定】勝田駅東口から海浜公園西口までの直行バスあり(2019. 近くまで行けば駐車場の案内が出ています。 園内入り口(西口) ひたち海浜公園は、入り口ゲートがいくつかあります。 この写真は 西口・翼のゲートの様子。 ネモフィラが見られる 「みはらしの丘」への最短ルートはこの西口・翼のゲートです。 園内に一歩踏み込むと、その広大なパノラマに息を飲むと思います。 正直、ゲートから見たこの風景だけで、 「あ、今日はここに来て良かったな」って思える。 ネモフィラの名所「みはらしの丘」までの道中 園内が広すぎて迷子になったらどうしようって感じますが、ネモフィラの名所「みはらしの丘」までは 大きな大きな看板が案内してくれるので迷う心配はありません。 しかしデカすぎちゃう・・・?(笑) 道中も、ところどころにネモフィラが植えられていて、つい足が止まってしまう。 青い空とネモフィラのブルーがとても気持ちいい。 菜の花畑もある 「みはらしの丘」周囲には 菜の花畑もあります。 ちょうど、「みはらしの丘」の手前に差し掛かったところから写真を撮ると、菜の花のイエロー、ネモフィラのブルーが映える写真が撮れます。 お花を撮るとき、チョット変わった写真が撮れるアイテムも紹介。 こちらはレンズボールといって、景色をガラス玉に閉じ込めたような幻想的な写真が撮れる撮影アイテムです。 1000円〜3000円で購入できるので、 お出かけの際に一つ持っておいて損はないです。 「みはらしの丘」で広がる一面ネモフィラの世界! ついにたどり着いた一面ネモフィラの世界!! 空とネモフィラを半々にして撮ってみました。 気持ちいい!! 手前から奥まで全てピントを合わせたかったので、F値を22まで絞り込んで撮影。 もしデジカメをお持ちでしたら、絞りを絞って撮ってみてください。 気持ちいいですよ。 足元一面にネモフィラのお花が広がっています。 この日は雨が降ったり止んだりしていたのでお花がしっとりしていました。 ネモフィラのブルーの中に、ところどころポピーが生えていて可愛い。 ポピーは5月中旬〜5月下旬が見頃です。 足元すぐ近くにネモフィラが生えているので、スマホでも大きく写真が撮れる ネモフィラは、遊歩道のすぐ足元に生えているので、 しゃがみこめばスマホでも大きくネモフィラを撮ることができる。 遊歩道の端に寄って、できるだけ人が写り込まないようにフレームアウトさせれば 綺麗な記念写真や自撮りなんかも可能。 丘の上から海も見えます みはらしの丘はその名の通り結構高い丘になっているので、 上の方まで行くと隣接する海が見えます。 この景色は一見の価値がある。 ネモフィラを見に行くのは何時がベストなのか? ネモフィラはGWともなるととても人で混み合いこんな感じになります。 遊歩道は長蛇の列。 遠くの丘の上まで人の数がすごいです。 お昼の12時頃に到着したときはこんな感じでした。 写真の撮り方を工夫して人垣をフレームアウトさせればネモフィラを綺麗に撮れなくもないですが、 広角でバーンと全体を撮りたいときにこの混雑はチョットきつい。 国営ひたち海浜公園の 開園時間は9:30から、 直行バスも9:00から運行しています。 もし、 人が少ない時間帯に「みはらしの丘」に行きたい場合は できるだけ早く行った方が良いです。 この混雑は閉園時間付近まで続くからです。 国営ひたち海浜公園のその他の見どころ 国営ひたち海浜公園は、「みはらしの丘」でネモフィラを堪能した後もたくさんの楽しげなフォトスポットがあります。 記念の森 西口・翼のゲートから入場し、「みはらしの丘」へ向かう途中の左手にあります。 ダンジョンぽさでロマン溢れる森、マイナスイオンみがすごいです。 可愛い橋、写真撮っている人がたくさんいました。 ぼく達も例外ではなく。 古代遺跡を思わせるようなロケーションもあります。 ここ楽しいです。 入場口すぐの水のステージ 入場口から見えた湖と、その前面にあるステージ。 ここら辺一帯が窪みになっていて、さながら古代ギリシャのコロッセオを彷彿とさせます。 どこかにカメラを置いていい感じの角度にすれば、こんな感じでドーンとした記念写真が撮れると思います。 ちょうどネモフィラを一周見て回って小腹が空いてきた頃、この近辺には飲食の出店がたくさんあるので、食事休憩を取りつつここでまったりするのもいい。 アトラクション脇のフラワーキッズガーデン 国営ひたち海浜公園は、中央ゲート付近が遊園地になっていて、アトラクションが多数設置されています。 そのすぐ脇の通りにフラワーキッズガーデンが存在します。 フラワーキッズガーデンでは、一面の整理された花壇、噴水、緑のアーチがあって癒されます。 見てくださいよコレ。 六芒星とかロマンと厨二心をくすぐってくる。 GWの大混雑期間にも関わらず、この区画は人もまばらだったので、喧騒に疲れたら一息つくのに最適なスポットです。 ただし入り口にガーディアンラビットLv99が配置されているので注意されたし。

次の

2019年ひたち海浜公園のネモフィラGW必勝法

開園時間 国営ひたち海浜公園

ネモフィラの名所「国営ひたち海浜公園」 国営ひたち海浜公園はネモフィラの名所として知られ、 春は広大な丘一面にネモフィラが咲き誇ります。 都内近郊からのアクセスもよく、 日帰りで観光を楽しめます。 ネモフィラの見頃 によると、 ネモフィラの見頃は4月中旬〜5月上旬。 特にGWはたくさんの人で賑わっています。 国営ひたち海浜公園の開園時間 国営ひたち海浜公園の開園時間は以下となっています。 3月1日〜7月20日 9:30〜17:00 7月21日〜8月31日 9:30〜18:00 9月1日〜10月31日 9:30〜17:00 11月1日〜2月末日 9:30〜16:30 東京から国営ひたち海浜公園までのアクセス 東京から国営ひたち海浜公園に行く場合、 品川駅・上野駅から 勝田駅まで JR常磐線に乗る:特急約85分 勝田駅東口2番乗り場から 海浜公園西口までのバスに乗る:約15分 【期間限定】勝田駅東口から海浜公園西口までの直行バスあり(2019. 近くまで行けば駐車場の案内が出ています。 園内入り口(西口) ひたち海浜公園は、入り口ゲートがいくつかあります。 この写真は 西口・翼のゲートの様子。 ネモフィラが見られる 「みはらしの丘」への最短ルートはこの西口・翼のゲートです。 園内に一歩踏み込むと、その広大なパノラマに息を飲むと思います。 正直、ゲートから見たこの風景だけで、 「あ、今日はここに来て良かったな」って思える。 ネモフィラの名所「みはらしの丘」までの道中 園内が広すぎて迷子になったらどうしようって感じますが、ネモフィラの名所「みはらしの丘」までは 大きな大きな看板が案内してくれるので迷う心配はありません。 しかしデカすぎちゃう・・・?(笑) 道中も、ところどころにネモフィラが植えられていて、つい足が止まってしまう。 青い空とネモフィラのブルーがとても気持ちいい。 菜の花畑もある 「みはらしの丘」周囲には 菜の花畑もあります。 ちょうど、「みはらしの丘」の手前に差し掛かったところから写真を撮ると、菜の花のイエロー、ネモフィラのブルーが映える写真が撮れます。 お花を撮るとき、チョット変わった写真が撮れるアイテムも紹介。 こちらはレンズボールといって、景色をガラス玉に閉じ込めたような幻想的な写真が撮れる撮影アイテムです。 1000円〜3000円で購入できるので、 お出かけの際に一つ持っておいて損はないです。 「みはらしの丘」で広がる一面ネモフィラの世界! ついにたどり着いた一面ネモフィラの世界!! 空とネモフィラを半々にして撮ってみました。 気持ちいい!! 手前から奥まで全てピントを合わせたかったので、F値を22まで絞り込んで撮影。 もしデジカメをお持ちでしたら、絞りを絞って撮ってみてください。 気持ちいいですよ。 足元一面にネモフィラのお花が広がっています。 この日は雨が降ったり止んだりしていたのでお花がしっとりしていました。 ネモフィラのブルーの中に、ところどころポピーが生えていて可愛い。 ポピーは5月中旬〜5月下旬が見頃です。 足元すぐ近くにネモフィラが生えているので、スマホでも大きく写真が撮れる ネモフィラは、遊歩道のすぐ足元に生えているので、 しゃがみこめばスマホでも大きくネモフィラを撮ることができる。 遊歩道の端に寄って、できるだけ人が写り込まないようにフレームアウトさせれば 綺麗な記念写真や自撮りなんかも可能。 丘の上から海も見えます みはらしの丘はその名の通り結構高い丘になっているので、 上の方まで行くと隣接する海が見えます。 この景色は一見の価値がある。 ネモフィラを見に行くのは何時がベストなのか? ネモフィラはGWともなるととても人で混み合いこんな感じになります。 遊歩道は長蛇の列。 遠くの丘の上まで人の数がすごいです。 お昼の12時頃に到着したときはこんな感じでした。 写真の撮り方を工夫して人垣をフレームアウトさせればネモフィラを綺麗に撮れなくもないですが、 広角でバーンと全体を撮りたいときにこの混雑はチョットきつい。 国営ひたち海浜公園の 開園時間は9:30から、 直行バスも9:00から運行しています。 もし、 人が少ない時間帯に「みはらしの丘」に行きたい場合は できるだけ早く行った方が良いです。 この混雑は閉園時間付近まで続くからです。 国営ひたち海浜公園のその他の見どころ 国営ひたち海浜公園は、「みはらしの丘」でネモフィラを堪能した後もたくさんの楽しげなフォトスポットがあります。 記念の森 西口・翼のゲートから入場し、「みはらしの丘」へ向かう途中の左手にあります。 ダンジョンぽさでロマン溢れる森、マイナスイオンみがすごいです。 可愛い橋、写真撮っている人がたくさんいました。 ぼく達も例外ではなく。 古代遺跡を思わせるようなロケーションもあります。 ここ楽しいです。 入場口すぐの水のステージ 入場口から見えた湖と、その前面にあるステージ。 ここら辺一帯が窪みになっていて、さながら古代ギリシャのコロッセオを彷彿とさせます。 どこかにカメラを置いていい感じの角度にすれば、こんな感じでドーンとした記念写真が撮れると思います。 ちょうどネモフィラを一周見て回って小腹が空いてきた頃、この近辺には飲食の出店がたくさんあるので、食事休憩を取りつつここでまったりするのもいい。 アトラクション脇のフラワーキッズガーデン 国営ひたち海浜公園は、中央ゲート付近が遊園地になっていて、アトラクションが多数設置されています。 そのすぐ脇の通りにフラワーキッズガーデンが存在します。 フラワーキッズガーデンでは、一面の整理された花壇、噴水、緑のアーチがあって癒されます。 見てくださいよコレ。 六芒星とかロマンと厨二心をくすぐってくる。 GWの大混雑期間にも関わらず、この区画は人もまばらだったので、喧騒に疲れたら一息つくのに最適なスポットです。 ただし入り口にガーディアンラビットLv99が配置されているので注意されたし。

次の