バンギラス パーティ。 【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

組み合わせ考察

バンギラス パーティ

そこで「じゃくてんほけん」を持たせ、バンギラスの攻撃力上昇を狙うのがこの型のコンセプトです。 また、攻撃は性格補正を受けやすい数値 11n調整 、素早さは60族の素早さ無振りのポケモンを余裕持って抜ける調整です。 今回は「ミミッキュ」を意識し、「ばけのかわ」を剥がすことができる「ロックブラスト」を採用しました。 ・バンギラスやナットレイを意識した技選択。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しよう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択。 威力はそこまで高くないので気をつけよう。 技の構成や選択は「じゃくてんほけん型」と変わりませんが、攻撃に特化しており倒せる範囲が広がっています。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しましょう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択です。 威力はそこまで高くないので気をつけましょう。 耐久力を活かしたアタッカーの面を持ちつつ、「ちょうはつ」「ステルスロック」の組み合わせによる起点づくりが強力です。 積みポケモンなどに対して有効。 「ひかりのかべ」「リフレクター」などを壊せる、格闘タイプの技。 バンギラスの役割と立ち回り 耐久もある物理アタッカー 「バンギラス」は攻撃のみならず、HPや防御、特防の種族値も高い、高耐久物理アタッカーです。 その高耐久を生かして、後出ししたり、「じゃくてんほけん」を使って火力を上げる戦略が強力です。 砂パーティの中心ポケモン 「バンギラス」は特性の「すなあらし」で天候をすなあらしにできるので、特性「」を持つ「ドリュウズ」と組ませることでいわゆる「砂パ」を組むことができます。 天候がすなあらし状態では、岩タイプのポケモンの特防が1. 5倍になるほか、岩、地面、鋼タイプ以外のポケモンは微量ですが固定ダメージを受けるので、岩タイプは非常に有利な状況にすることができます。 バンギラスと相性の良いポケモン 格闘タイプに強いポケモン バンギラスは、格闘タイプの攻撃で弱点を狙われやすいので、格闘タイプに強いポケモンがおすすめです。 格闘タイプの攻撃を無効にするゴーストタイプや、格闘タイプに弱点をついて起点にしやすい、飛行タイプのポケモンなどがおすすめです。 そのため、バンギラスの「すなおこし」を活かせるポケモンとして、非常に相性が良いです。 相性補完の面では、ドリュウズの苦手な飛行や炎タイプに対して、バンギラスが対処しやすいです。 ただし、格闘技を持っているポケモンに注意して戦いましょう。 いかにバンギラスの防御種族値が高いといえど、4倍弱点のタイプ一致技は耐えるのが難しいので、格闘タイプの技で一撃ひんしを狙いましょう。 バンギラスがダイマックス化した場合は、攻撃全振りギルガルドのインファイトでも一撃で倒すことはできないので、ダイマックスでの受けは必ず警戒しましょう。 「」や「」などを使い、積極的にやけど状態を狙いましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【INC April 最終レート1835】トリックルームバンギラス │ リバティノート

バンギラス パーティ

バンギラス育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 バンギラスは第2世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 種族値は素早さ以外が全て高いという優秀なステータスであり、特に攻撃が高い。 加えて、タイプ一致の岩・悪に加え、地、鋼、闘、炎、電、氷とサブウェポンも豊富であり優秀な攻撃性能を持っている。 特性「すなおこし」ですなあらしを起こせ、自身は岩タイプなので特防を1. 5倍にできる。 弱点は7つと多いのだが、弱点を突かれても特殊技であれば、格闘以外は耐えきれるほどの特殊耐久を持つ。 多弱点だが多耐久であることから「じゃくてんほけん」との相性がいい。 「りゅうのまい」という優秀な積み技も持ち、「ステルスロック」、「ちょうはつ」といった便利な補助技を持つ。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではメガ進化を失ったが、ダイマックスするという有力な選択肢が生まれた。 耐久が上がるため、弱点攻撃をうけても耐えて「じゃくてんほけん」で逆襲する立ち回りが大幅に成功しやすくなった。 弱点を突かれなかった場合は余裕で耐えて、高い攻撃性能で何度も攻撃すればよく、スキがないと言える。 加えて、ゴースト・フェアリータイプが環境に多いため格闘タイプが少なくなっている。 4倍弱点を突かれることが少なくなっているので、バンギラスにとってプラスと言える。 マイナス点もあり、「ロックカット」と「ほえる」が過去作限定となり、「おいうち」は覚えられなくなってしまった。 抜き性能、流し性能、相手を逃がさず狩る性能が低下してしまったと言える。 しかし、「ロックブラスト」、「ヘビーボンバー」、「ボディプレス」を覚えられるようになった。 特に「みがわり」や「「ばけのかわ」対策になる「ロックブラスト」を使えるようになったのは利点。 第7世代からスペックが高く強力なポケモンだったが、第8世代では総合的には更に強くなったと言え、活躍が期待できる。 スポンサーリンク バンギラスの特性 すなおこし (天候がすなあらしになる。 ) きんちょうかん(隠れ特性) (相手は木の実を食べられなくなる。 ) 考察 「すなおこし」の優先度が極めて高い。 自身が岩タイプであるために特防が1. 5倍になり、「すなおこし」始動役としての役割も持てる。 相手が地面・岩・鋼タイプでなければ毎ターンダメージを与えることができる。 「きんちょうかん」は相手が木の実を持っていなければ何の意味もない。 ラムのみを無視して麻痺を入れられる程度の利点はあるが、 「すなおこし」を捨ててこちらを採用する意義はないと言わざるを得ない。 威力はあるが命中不安。 地面無効の飛行や半減の虫へ刺さる。 ロックブラスト 岩 25 90 2~5回連続攻撃。 タイプ一致技。 威力期待値は低いが、「きあいのタスキ」、「みがわり」、「ばけのかわ」に強い。 いわなだれ 岩 75 90 怯み30% タイプ一致技。 威力が低めで命中率も少し不安。 「りゅうのまい」などで先手をとれるようにすれば怯みを活かすことができる。 威力が低いがサポートとして使うことができる。 威力低めだが命中安定。 しっぺがえし 悪 50・100 100 自身が後攻の時威力倍増。 タイプ一致技。 後攻時であればかみくだくより高威力で命中安定。 ただバンギラスの素早さは少し遅い程度なので後攻が安定しない。 じしん 地 100 100 なし。 威力と命中が安定しているサブウェポン。 鋼に刺さる。 10まんばりき 地 95 95 なし。 「じしん」よりも基本性能が劣るが、グラスフィールドでも威力が下がらない。 じだんだ 地 75・150 95 前のターン技を外したり失敗していると威力倍増。 「ストーンエッジ」など命中率が低い技を外した後に使える。 アイアンヘッド 鋼 80 100 怯み30%。 威力は低めだが命中安定。 フェアリーに刺さる。 素早さを上げていれば怯みも狙いやすい。 ボディプレス 闘 80 100 攻撃の代わりに防御でダメージ計算を行う。 元々防御が高めなので使いやすい格闘技。 鋼に刺さる。 だが、連発しづらく物理耐久が下がるのが痛い。 かみなりパンチ 電 75 100 麻痺10% 威力は低いが命中安定。 ギャラドスに刺さる。 ほのおのパンチ 炎 75 100 炎10% 威力は低いが命中安定。 ナットレイなどに刺さる。 れいとうパンチ 氷 75 100 氷10% 威力は低いが命中安定。 フライゴン・アップリューなどに刺さる。 ゆきなだれ 氷 60・120 100 優先度-4 被弾すると威力2倍 素早さが遅めなので相性は悪くない。 ヘビーボンバー 鋼 40~120 100 相手より重いほど威力が上がる。 苦手なフェアリーには軽い相手も多いので刺さる時もある。 ただ202kgととても重いわけではないのでやや不安定。 スポンサーリンク 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 あくのはどう 悪 80 100 怯み20% タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 素早さを上げれば怯みも活かせるようになる。 威力は低めだが命中安定。 追加効果出れば強いが確率が低い。 れいとうビーム 氷 90 100 氷10% 威力と命中が安定。 氷4倍の相手に。 10まんボルト 電 90 100 麻痺10% 威力と命中が安定。 ギャラドスやペリッパーなどに。 だいもんじ 炎 110 85 火傷10% 威力はあるが命中が不安。 ナットレイに刺さる。 かえんほうしゃ 炎 90 100 火傷10% 威力と命中が安定。 ナットレイに刺さる。 セキタンザンなどの地面4倍に。 鋼や悪に刺さる。 なみのり 水 90 100 なし 威力と命中が安定。 岩を半減する地面に有効。 優秀な積み技。 抜き性能が大きく上がる。 でんじは 電 90 相手を麻痺させる。 素早さh逆転を狙ったり味方のサポートをしよう。 どくどく 毒 90 相手を猛毒にする。 耐久型に刺さる。 過去作限定。 まもる 無 - そのターンに相手の技を受けない。 相手ダイマックス時のターン稼ぎや様子見に使っていく。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みなどで使っていこう。 サポート技。 タスキつぶしになるが、すなあらしを起こせばそれで十分かもしれない。 ほえる 無 - 相手ポケモンをランダムに交代させる。 強制流し手段。 みがわりやまもるを貫通し、積み技対策にもなる。 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに刺さる。 持ち物は「じゃくてんほけん」が一番おすすめ。 弱点は7つもあり、半減以下にできるタイプも7つある。 相手が弱点を突けば「じゃくてんほけん」で火力を上げて攻撃でき、弱点をつかれない攻撃の多くを軽減することができる。 こちらがダイマックスすれば弱点攻撃であっても耐えることができるので非常に相性がいい。 「とつげきチョッキ」もおすすめ。 すなあらしでの特防1. 5倍とあわせて凄まじい特殊耐久を発揮でき、特殊受け兼物理アタッカーとして活躍できる。 技はタイプ一致である岩技と「かみくだく」は確定。 そのうち岩技は個人的には「ロックブラスト」がおすすめ。 こちらのダイマックスを読んで「みがわり」での時間稼ぎを狙ってきた相手や「ばけのかわ」持ちのミミッキュに刺さる。 また、ダイロックを撃つ場合も「ストーンエッジ」と威力は変わらない。 ただ、ストーンエッジのほうが与えるダメージは安定しているので2つとも採用するのもアリ。 残りの技は自由枠となる。 苦手な上に環境に多いフェアリーに刺さる「アイアンヘッド」は優先度が高い。 ダイスチルで撃てば防御を上げることができるのも優秀。 素早さは252振り補正なしで、 リザードンなど100族抜きに調整しているポケモンまで抜くことができる。 最速にしても ドラパルトや インテレオンは抜けないのでこのラインに調整した。 耐久無振りだが、それでも耐久力は高めであり、相手を選べば積む余裕は十分ある。 持ち物は全ての技の火力を上げられる「いのちのたま」か、積んでいる間に火傷させられることを防ぐための「ラムのみ」がおすすめ。 「りゅうのまい」、岩技、悪技は確定で残りの枠は自由となる。 苦手な上に環境に多いフェアリーに刺さる「アイアンヘッド」は優先度が高い。 ダイスチルで撃てば防御を上げることができるのも優秀。 それを逆手にとり、バンギラスを特殊アタッカーにして奇襲する。 攻撃より低いとはいえ、特攻種族値は95あり、そこそこの火力は出る。 また、ダイマックスすればダイアークの特防低下を活かせるため、第7世代より強くなった型と言える。 タイプ一致である「あくのはどう」と草・鋼を処理するための炎技は確定。 残りの技は自由。 パーティとも相談してバンギラスで倒すべき相手を考えて決めるといい。 優先度高めなのは呼ぶ地面タイプに刺さる「なみのり」、呼ぶ水タイプに刺さる「10万ボルト」だ。 スポンサーリンク バンギラスのパーティメンバー考察 バンギラスは弱点技を受けて「じゃくてんほけん」で火力を上げて反撃するのが主流。 だが4倍の格闘は特に物理の場合は一撃耐えられないことも多くある。 よって格闘タイプに強いポケモンをパーティメンバーに入れておきたい。 格闘無効の ドラパルトや ミミッキュ、 プルンゲルなどがおすすめだ。 バンギラスの「すなおこし」を活かせる「すなかき」 ドリュウズを入れておくのもいい。 バンギラスの対策 注意点 ・物理火力、物理耐久が高く、「すなおこし」により特殊耐久は異常レベル。 ・優秀な耐久とダイマックス、多弱点を活かし、こちらの弱点をついた攻撃を耐え、「じゃくてんほけん」で火力をあげて逆襲してくる。 ・まれに特殊型もおり、型を読み間違えると致命的な損害を被る。 対策方法 バンギラスは物理耐久も高いが特殊耐久よりは脆い。 ルカリオの「インファイト」や ウオノラゴンの「えらがみ」で先制すれば一撃で倒せる。 アーマーガアであればバンギラスがダイマックスしても「はねやすめ」連打で受けきれる。 火傷させればバンギラスの物理アタッカーとしての性能を削ぐことができる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

バンギラス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バンギラス パーティ

そこで「じゃくてんほけん」を持たせ、バンギラスの攻撃力上昇を狙うのがこの型のコンセプトです。 また、攻撃は性格補正を受けやすい数値 11n調整 、素早さは60族の素早さ無振りのポケモンを余裕持って抜ける調整です。 今回は「ミミッキュ」を意識し、「ばけのかわ」を剥がすことができる「ロックブラスト」を採用しました。 ・バンギラスやナットレイを意識した技選択。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しよう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択。 威力はそこまで高くないので気をつけよう。 技の構成や選択は「じゃくてんほけん型」と変わりませんが、攻撃に特化しており倒せる範囲が広がっています。 使ったあとは攻撃が下がるので注意しましょう。 ・ナットレイやドリュウズを意識した技選択です。 威力はそこまで高くないので気をつけましょう。 耐久力を活かしたアタッカーの面を持ちつつ、「ちょうはつ」「ステルスロック」の組み合わせによる起点づくりが強力です。 積みポケモンなどに対して有効。 「ひかりのかべ」「リフレクター」などを壊せる、格闘タイプの技。 バンギラスの役割と立ち回り 耐久もある物理アタッカー 「バンギラス」は攻撃のみならず、HPや防御、特防の種族値も高い、高耐久物理アタッカーです。 その高耐久を生かして、後出ししたり、「じゃくてんほけん」を使って火力を上げる戦略が強力です。 砂パーティの中心ポケモン 「バンギラス」は特性の「すなあらし」で天候をすなあらしにできるので、特性「」を持つ「ドリュウズ」と組ませることでいわゆる「砂パ」を組むことができます。 天候がすなあらし状態では、岩タイプのポケモンの特防が1. 5倍になるほか、岩、地面、鋼タイプ以外のポケモンは微量ですが固定ダメージを受けるので、岩タイプは非常に有利な状況にすることができます。 バンギラスと相性の良いポケモン 格闘タイプに強いポケモン バンギラスは、格闘タイプの攻撃で弱点を狙われやすいので、格闘タイプに強いポケモンがおすすめです。 格闘タイプの攻撃を無効にするゴーストタイプや、格闘タイプに弱点をついて起点にしやすい、飛行タイプのポケモンなどがおすすめです。 そのため、バンギラスの「すなおこし」を活かせるポケモンとして、非常に相性が良いです。 相性補完の面では、ドリュウズの苦手な飛行や炎タイプに対して、バンギラスが対処しやすいです。 ただし、格闘技を持っているポケモンに注意して戦いましょう。 いかにバンギラスの防御種族値が高いといえど、4倍弱点のタイプ一致技は耐えるのが難しいので、格闘タイプの技で一撃ひんしを狙いましょう。 バンギラスがダイマックス化した場合は、攻撃全振りギルガルドのインファイトでも一撃で倒すことはできないので、ダイマックスでの受けは必ず警戒しましょう。 「」や「」などを使い、積極的にやけど状態を狙いましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の