60 代 ブログ ショコラ。 『58歳から日々を大切に暮らす』ショコラさんってどんな人?ブログは?

『58歳から日々を大切に暮らす』ショコラさんってどんな人?ブログは?

60 代 ブログ ショコラ

世相の変化によって働き方が予期しない方向にいくこともある今、分かりやすいロールモデルがなくなり、キャリアプランはもちろん老後の生き方もイメージしづらくなりつつあります。 「」というブログを書くショコラさんは、42歳で一人暮らしを始め、現在はパート勤務。 別居、離婚を経てパート勤務から契約社員、正社員、そして再度パート勤務という働き方をしたショコラさんは、女性が結婚して会社を辞める「寿退社」が当たり前だった時代から、その時々に応じて「仕事」を選んできています。 著書『58歳から日々を大切に小さく暮らす』 (すばる舎)では、「起こるかどうかわからない将来のことを考えて心配するより、今ある毎日を積み重ねていくことが老後につながると思っています」と語るショコラさん。 漠然と「将来のことが不安」だと感じる方々に向け、これまでの働き方の変化、そして将来をどう考えるかについて書いていただきました。 こんにちは。 ショコラと申します。 42歳の時に生まれて初めての一人暮らしを始めたことをきっかけに、パート、契約社員、正社員……とさまざまな働き方を体験。 57歳の時に会社を辞め、現在はパート勤めをしながら、老後を見据えて家にあるものを整理したり、住みやすい部屋にするための工夫をしたり、楽しい時間の過ごし方を考えたりしています。 今回、りっすんさんから「これまでの働き方について振り返っていただけないか」とのご依頼をいただきました。 あらためて、社会人になってから現在のパート勤めになるまでのあれこれを考えてみました。 私の体験が皆さまの参考になれば幸いです。 高卒で就職し、寿退社……それでも「外で働きたい」と思った 私は高校を卒業してから就職しました。 女性がキャリアを積んでいくことは少なく、結婚して会社を辞める、いわゆる「寿退社」が当たり前だった時代のことです。 実家暮らしで、自分の稼ぎだけで生計を立てるなんて、全く考えたことがありませんでした。 当時は一人暮らしをする女性自体が少なく、結婚するまで働いて、寿退社して、老後は年金暮らしで……と考える人が一般的。 20年~30年後のことを視野に入れる人や「手に職を付ける」という人は、そこまで多くありませんでした。 6年間OLとして働き、結婚して会社を辞めました。 その後すぐに男の子を2人産み、子育てをしながら、専業主婦として暮らす日々。 外に出るのは子供2人を連れて実家に行く程度で、あとは自宅と近所の公園、スーパーをぐるぐる回る毎日でした。 そういう状況で「外で働きたい」という気持ちが芽生えました。 これも時代背景かと思いますが、当時は「フルタイムで働くお母さん」はもちろんのこと、「パートで働くお母さん」も少なかったのです。 それでも外に出たい、働きたい、と思ったのは、家計を支えるためという理由ももちろんありますが、自分のために使えるお金も欲しいと考えていました。 子供が小学校に上がったのを機に、子供が学校から帰ってくる頃には家にいられるようなパート勤務から始め、成長に合わせながらフルタイムに近い形で働きました。 42歳で生まれて初めての一人暮らし。 目の前のことに向き合って不安が薄らいだ 42歳の時に、別居での一人暮らしをスタートさせました。 夫婦が離婚や別居をする場合、子供は母親と一緒に暮らすことが多いように思います。 ただ、私の場合、住んでいた家が義家族の家だったので、私が家を出る形になり、子供たちが成人するまでは離婚しないでおくことにしました。 その影響で子供たちの生活が変わることだけは避けたく、近所にアパートを借りました。 元の家に通って、夕飯を作って一緒に食べたり、お弁当を作っておいたり……。 その一方で、別居したことにより、「妻」「主婦」という役割から解放され自分らしさを取り戻した! という気持ちが強くありました。 そして、誰にも頼らず、自分だけの力で生きていかなくちゃならないと覚悟をしていました。 引っ越しでお金も使ったし、パートで生活していくのは身体的にも金銭的にも厳しく、たまたま新聞広告で見かけた化粧品メーカーの営業職の求人に応募し、契約社員として採用されました。 ぎりぎりのお給料で暮らしながら忙しく働く中で、それまであまり考えてこなかった 「人生のこの先のこと」を考えるようになりました。 普段は毎日の生活のことでせいいっぱい。 貯蓄に関する知識にも疎く、お金の大切さを知っておくのは大事だと痛感しました。 ふとアパートにいる時、「貯金もほんの少ししかない。 この会社にいつまでいられるだろうか。 そもそも契約社員で何の保証もない」といっぺんに不安が押し寄せてきました。 その時に、こう思ったんです。 「何十年後に自分がどうしているか?と考えるから不安になる。 どうしようもなくなったら、死んじゃえばいいんだ」 不思議なことに、そう思ったら 不安な気持ちが薄らいでいきました。 それまでの40年間、後悔することもあったけれど、自分の考えで行動して、やりたいこともやってきた。 子供も育てて、友人にも恵まれて、いい思い出もいっぱいある。 そんな人生を過ごしてこられたから、お金も住むところもなくなったら消えてしまえばいいって思ったんですね。 起こるかどうかわからない未来に対してくよくよ思い悩んだり心配したりするより、「いま目の前にあることをこつこつ頑張っていこう」と前向きになれたことを、よく覚えています。 ハードな営業職に飛び込んで それまで経験のなかった営業職に就いたのは、とにかく自分で稼いで生活をしていくためでした。 目標の数字がしっかりありますし、売上の数字が上がればお給料も上がり、働くのは楽しかったです。 年齢を考えるとこの先違う仕事が見つかるかどうかわかりません。 どんなに無理難題なことを言われても引き受けよう、辞めるわけにはいかない、これしかないんだ、と考えていました。 飛び込み営業や肌診断、サンプルの配布、商品の配列まで何でもやりました。 パソコンは全然使えなかったのですが、PowerPointでの資料作成も勉強してこなしました。 正社員への登用後、より忙しくなって、やらなければならないことが増えました。 とにかく働いてお金を貯めようという気持ちが先に立っていました。 というのも、その頃にマンションを購入していたからです。 貯金もなく日々の暮らしでせいいっぱいだった私は「家を買う」ということは考えてもみませんでした。 最初に住んだ1Kのアパートからもう少し広い部屋に移りたくて、賃貸の物件を探していた頃に、「将来のことを考えた方がいい」と親身になってくれた友人がマンションのちらしを持ってきてくれたのです。 マンションの価格が底値の時期だったこともあり、一番安いシングル向けの部屋なら買えるかもしれないと考えて、無理のないようにローンを組みました。 もしローンを払えなくなったら、人に貸すか、売却しようと考えていました。 給料で返せるめどがついたタイミングでとにかく返済しまくって、返済が完了したのは56歳の時。 おそらく終の棲家になるはずです。 営業職の仕事のことを振り返ると、なぜかやりがいがあったことばかり思い出します。 大変なこともつらいことも多かったはずですし、営業に行ってもけんもほろろな対応の店だってありました。 それでも、売上が上がること、リピートで注文してもらえること、お店の売上に貢献できて喜ばれること、すべてが自分に自信が持てる要素になります。 営業という仕事だったからこそのやりがいだったかもしれません。 自分で「これまでの働き方に納得」してからパート勤めへシフト やりがいを感じながら働いていた仕事を辞めたのは、57歳の頃です。 「あと3年続ければ」と言ってくれた人もいたのですが、体調不良やストレスなどさまざまなことが積み重なり、思い切って働き方を変えようと決意しました。 53歳のある日、朝目覚めた時に突然めまいがして、起き上がれなくなりました。 それが1週間続いてやっと近所の病院へ行ったら、結果は更年期障害の症状。 さらに子宮がんになりかけていたということも判明。 当時は上司と部下との間に立つ役職、かつ自分自身の仕事も忙しい状況だったのに、さらに「営業所長」に任命され、断り切れず……。 当然ですが、営業所長という立場では営業所全体としての目標を持つことになります。 ずっと現場仕事だった私にとっては、自分の力量以上のものを求められているような気がして、とてもつらかった。 情けないことですが、会社に申し出て営業所長からは下ろしてもらい、ヒラの営業に戻りました。 その後は仕事をしながら新人教育などをしていたのですが、会社の方針が変わったことなども併せてストレスが続いたせいか、56歳の時に帯状発疹にかかってしまいました。 このまま仕事を続けていたら、もっと大きな病気になるかもしれない。 そして、働けなくなってしまったらどうなるんだろう……。 自分の働き方を不安に思い始めてから、気持ちがついていかなくなってしまいました。 思い切ってセミリタイアしてパートで働けば、働く時間が決まっていて大きなプレッシャーはないだろうと、自分で納得した上で化粧品メーカーを退職しました。 それから、ハローワークで探したパートの仕事に就きました。 覚悟はしていたつもりだったのですが、ボーナスはもちろんなく、年収が3分の1くらいになってしまって、半年ほどの間は率直に言って、「辞めなければよかった」なんて考えていました。 「辞めよう」と考えて納得して決めたことなのに、忘れてしまうんですよね。 後悔の気持ちを抱える中で、たまたま新聞に載っていた書籍の広告から、禅の言葉(禅語)の一つである「大地黄金」というフレーズを知りました。 「大地黄金」は「自分が置かれている場所で、せいいっぱい尽くしなさい」という意味の言葉だそうです。 これがとても励みになり、私の気持ちを変えてくれました。 会社の中で私が担うのはほんの一部分ですが、それを一生懸命やろうと捉えられるようになりました。 いまでは、 納得するプロセスを経たからこそ、自分で働き方を決められるようになったのだと思っています。 高校時代のアルバイトを含め、仕事運には恵まれていました。 それぞれの仕事でその都度、 自分自身が「働くこと」を通じて成長してきたように感じます。 どの仕事も良いことばかりではなかったはずなのに、いま思い返して浮かんでくるのは、楽しかったことが多いのです。 特に、化粧品メーカーの営業職というハードな仕事が、いまの「なんでも前向きに考える」私を作り上げてくれたのだなと感じます。 将来のことを考えるよりも、いまのことを積み重ねよう 60代のいまはパート勤めをしながら節約したり、住まいを整える工夫をしたりして、楽しく暮らすことができています。 しかし、70代、80代をどうしたいかについては、特に考えていません。 体力は落ちるし、そもそも生きているかどうかもわかりませんね。 現実的な課題としては、どのように歳を取るとしても、金銭面のやりくりは大事。 もし一人で暮らすのが困難になったら、住んでいる部屋を売り、老後のための貯蓄を使うことも考えています。 いまの30代~40代の方は今後のことについて、「もう年金などはもらえないかも」など考えがちなのではないかと思います。 そういう時は、 「将来のことを考え過ぎてもしょうがないから、いまできることを一生懸命考える」と捉えてみるのはいかがでしょうか。 起こるかどうかわからないことばかり考えると、とてもつらくなります。 将来のことは想像することしかできません。 自分自身のこれまでを振り返ってみると、私は、生きていく上で、経済的にも精神的にも「自立すること」がとても大事だと感じました。 経済的にいきなりすぐ自立といわれても、難しい環境にいる方もいらっしゃるかもしれません。 そして、人間は一人で生きてはいけないのももちろんわかっています。 その上で、自分は一人でも生きていけるという 自立した気持ちを持ちながら生きていくことが、自分の存在を自分で認めることにつながると考えています。 自分が安心できる環境ができれば、周りの人のことも認めることができる。 そうして、平凡ではあっても「存在する価値」を認められるようになると、「今日の暮らし」を積み重ねていく気持ちになれるのではないか、と思います。

次の

50代から小さく暮らす。「広い家にこだわるのはぜいたく」と気づいて

60 代 ブログ ショコラ

ショコラさんの『58歳から日々を大切に小さく暮らす』を読みました。 自分が60歳なのに、60代以上の方のブログってほとんど読んだことがありませんでした。 現在63歳のショコラさんは、57歳で早期退職後、パート勤務に切り替え、たくさんあったものを捨てて、60歳の時にブログ「」を始めました。 月間10万PVということですから、まさに私の目指す姿です。 素敵だなと思ったこと、見習いたいと思ったことを紹介します。 素敵だなと思うこと(1)小さな暮らしにキッパリ切り替え 幸い、今の私には、仕事で疲れても、家に帰れば自由な時間と空間があります。 贅沢な暮らしや遊びはできなくても、お金をかけない楽しみ方も知っているし、生活の基盤になる仕事と、元気な母やきょうだい、息子たちがいて、心を許せる友人たちもいます。 当たり前のことのようだけど、こんな幸せはありません。 60歳過ぎて一人暮らしと聞くと、老後の心配をする人が多いと思います。 でも、私が言うのもなんですが、今の60歳って若いんです。 全然、自分が高齢者だと思えません。 ただ、家で転んで骨折などしてしまうと、「あー、高齢者だって思われるなぁ」と自覚します。 それだけ体はそれなりに衰えてきているのに、気持ちは若いというアンバランスな状態です。 そこをショコラさんは、これからの暮らしを見据えて、小さなものに変えました。 住まいも小さなマンションを購入して、終の住処にする覚悟ができています。 バリバリに働いていた時のことをキッパリ捨てて、これからの人生に合った生き方を確立されたのです。 もう迷いはなく、パートの収入12万円でやりくりしていくと決めて実践しているところが素晴らしいです。 素敵だなと思うこと(2)息子さんたちとの良い距離感 2人おられる息子さん、それぞれと休日に食事に出かけたりという楽しみがあるのもいいなと思います。 いずれ助けてもらうことになるだろうけど、できるだけ負担にならないようにしたいと思うのは同じ気持ちです。 良い距離感があるからこそ、長く良い関係が続くのではないかと思われます。 息子さんたちとの信頼関係が素敵です。 見習いたいこと(1)自己理解 ショコラさんは、生活の基盤となるお仕事を週4日されています。 自分が健康で働き続けられるためには、どれくらいのペースで働けばいいか、自分のキャパシティをよく把握されていると思います。 営業で成績がよく、所長さんにまでなった方なので、パートとしての働き方に物足りなさを感じてしまう部分もあると思います。 でも、ちゃんと気持ちを切り替えての働き方は、賢い選択だと感心します。 まだ働けると思い、ついお金のことを考えて働き過ぎて体を大事にできないものです。 先々までちゃんと考えておられるなぁと尊敬します。 私なんて、ケガして初めて自分がそういう年なんだと意識しましたから。 見習いたいこと(2)無駄がないけどオシャレな暮らし ショコラさんのお部屋には無駄なものはないけど、全然殺風景などではなく、モデルルームのような素敵なインテリアです。 観葉植物やお花、壁に飾られているものも全て空間にとって必要なものに見えます。 部屋に何にもないのがミニマリストなんじゃなくて、持ち物選びに徹底的にこだわりを持つのがミニマリストなんだと思います。 私も食器一つ、タオル1枚にもこだわってお気に入りのものだけに囲まれて暮らしていくのが理想です。 さいごに ブログの世界では、自分より年下の人がほとんどなので、年上の人の文章を読むと嬉しくなりました。 60歳ブロガー、先を歩いている人の作ってくれる道を頼りに進んでいきたいです。 50代後半で、退職後はどうやって生きていけばいいのかと迷っている方、参考になりますよ。 カテゴリー• 457• 157• 175• 117• 202• 262• 1,335• 106• 437• 227• 163• 404• 251• 130•

次の

「老後のこと」よりも「いまできること」を考え積み重ねていく。60代ブロガー・ショコラさんの仕事と生活

60 代 ブログ ショコラ

不要なものを手放したり、小さな家に住み替えたり…。 ライフステージの変化に合わせた「暮らしのダウンサイジング」に注目が集まっています。 1LDKのマンションで一人暮らしをしているブロガーのショコラさんは、60歳を迎えた頃、「自分になにかあったとき、子どもたちに迷惑はかけたくない」と、身の回りのものを減らす「生前整理」ならぬ、「老前整理」を始めました。 発売されるやいなや、大きな反響を呼び、10万部のベストセラーになっています。 マンションの値段も底値と言われていましたし、友人のすすめもあって、思いきって新築を購入しました。 「もちろんありました。 50歳を過ぎた頃にここを売って、同じマンション内の2LDKを購入しようかと考えたこともありました。 ものはどのように手放してきましたか? 「会社をやめてから、徐々に減らしてきました。 なぜなら、歳をとったら掃除機をかけるのが面倒になって(笑)。 体力も落ちてきたし、ものがあるとどかさないといけない。 洋服も、もっているものを把握できていると、同じものを買ってしまうこともないので、減らしていきました。 そもそも離婚するときも、嫁入り道具や洋服をほとんど置いて行ったんです。 10年近くたって、その家を取り壊すことになったので、息子に『必要なものを取りに来たら』と言われて。 でも行ってみたら、流行遅れの服ばかりだし、今の生活に合わないし、案外もっていきたいものはなかった。 「元々働くことは好きだったんです。 けれど、私が結婚した頃は寿退社が当たり前の時代でした。 仕事を続けるなんて考えたこともありませんでした。 子どもが小さい頃は、ママ友と内職をやったり、多少手がかからなくなったらパートに出たりして。 「まさにそうです。 まったくの素人から必死で化粧品のことを勉強して、当時は夢にまで仕事のことが出てきました(笑)。 でも、実績で評価されるのでモチベーションも上がるし、契約社員から正社員になれましたし、今の私があるのはあの時期があったからこそ。 それが52歳くらいかな? ちょうどその頃、めまいで立てなくなって病院に行ったんです。 最終的に婦人科にたどり着いたら、子宮がんの手前だった。 病院の先生にも『自分の体をいちばんに考えた方がいいですよ』と言われたこともあって、平社員におろしてもらったんです。 「できれば、年金を貰う60歳までは勤めあげたかったんですけど、大切なのは自分の体。 それにまだ50代だったから、60代よりは再就職の可能性もあると考えたんです。 とはいえ退職後の最初の職場は時給950円のパートタイムで、手取りが急激に減ったことに、最初は後悔もありました。 会社員時代もずっと節約して暮らしていたけれど、収入に余裕があるのとないのでは、節約に対する心持ちがまったく違う。 60歳になって正社員で働いてた頃の年金基金がもらえるようになり、ようやく気持ちもラクになりました」 60歳から始めたブログ。 「あの頃は日々のことに精一杯でしたね。 先のことなんて考えられなかった。 本当に死にたいわけではなく、そう思うことで、開き直れたのでしょうね」 40代から人生の転機を迎え、苦労もあったからこそ現在があるというショコラさん。 そのポジティブさに勇気づけられます。 そんな彼女の、自分の手で生活をダウンサイジングさせ、人生をクロージングしていく、「前向きな生前整理」というべき生き方は、私たちにとってもヒントがいっぱいです。 <撮影/ESSEonline編集部 取材・文/藤谷千明> 【ショコラさん】 60歳だった2016年にブログ「」をスタート。 小さい暮らしを大切にする姿勢が共感を呼び、月間60万PVの人気ブログに。 2019年、著書『』(すばる舎刊)を出版.

次の