阿部 バルサ。 安部裕葵 ディバラ似のイケメン!! A代表デビュー、そしてバルサへ!!|SPOBLO ~players file~

安部、バルサBで初ゴール

阿部 バルサ

7月7日、スペインのスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』は、バルセロナが鹿島アントラーズの攻撃的MF、(20歳)と契約を結んだことを伝えている。 年俸は110万ユーロ(約1億4000万円)で、3年契約プラス2年延長のオプション付き。 7月6日に行なわれたジュビロ磐田戦が、日本での最後の試合だと報じている。 「ホセ・マリア・バケーロ(バルサ強化部長)は個人的に、久保建英より先に安部を追っていた。 今年の1月からだ」 同紙は、安部こそがターゲットだったと強調している。 安部以外に、セレッソ大阪の攻撃的MF西川潤(17歳)にも触手を伸ばしている状況を記事にしている。 こちらは国際的な移籍が解禁になる18歳になった時点で獲得する目論見か。 安部は近日中にバルサに合流。 当面は、セカンドチームであるバルサBが主戦場になる。 ただし、トップチームが7月下旬に予定しているアジアツアーへの参加予定もあるという。 はたして、バルサは安部のどこに惚れたのか? コパ・アメリカに日本代表として参加した安部裕葵 まずバルサには、EU外の有力外国人選手をバルサBで獲得するという背景があった。 2014年4月、バルサはFIFAから「18歳未満の外国人選手獲得及び登録に違反がある」とされて、補強禁止の制裁を受けている。 これにより当時14歳だった久保建英も、帰国せざるを得なかった。 それ以来、バルサBは18~20歳の有力な若手に絞って、世界中から積極的に補強するようになった。 18歳未満の選手は獲得できず、じっくり育成できない。 そんな状況下での苦肉の策だった。 ただし今のところ、このやり方は成功を収めているとは言い難い。 2部残留を目指していた2017-18シーズンは、あえなく2部B(実質3部)に降格。 主力だったブラジル人のビッチーニョ、ホンジュラス人のアンソニー・ロサーノ、アルゼンチン人のマティアス・ナウエルは、いずれもすでに退団している。 2部Bで昇格を目標に据えた2018-19シーズンも8位にとどまり、プレーオフにも届かなかった。 コートジボアール系のカナダ代表FWやウルグアイ人の有力センターバックなど、各国から人材を集めたものの、結果は出せていない。

次の

安部裕葵バルサ移籍に海外の反応や評価は?スペインや中国からは賞賛の声

阿部 バルサ

安部裕葵がバルサ移籍で海外の反応はどう? 安部裕葵選手は鹿嶋で相当活躍されていましたよね!そんな安部選手が、バルサへ移籍が決定しました!! 凄いですよね!!本当にびっくりです!! この間レアルマドリードへ電撃移籍を発表した久保建英選手は、幼少時代から海外で暮らしていましたし、色々な実績もありました、ただ安部裕葵選手は瀬戸内高校出身で、その後も国内での経験こみですが、まさかのまさかの衝撃!! 超有名なビッグクラブへの移籍で、世間を驚かせてくれました。 久保とは契約しようとせずに代わりに誰も知らない選手を獲得しようとしていて嬉しい!! ・新たな久保ともいわれている。。 ・ぶっちゃけずっとベンチでは? ・監督によっては、ベンチだとしても、言葉の壁のせいにする傾向がある。 海外の方達も驚いているんでしょうね!!たしかにずっと、久保が帰ってくると思っていたところに、まさかの安部!! ビックリしました。 安部裕葵のバルセロナ移籍にネットの声は?久保建英とのクラシコが楽しみすぎる! 安部裕葵の「成功や失敗の数じゃなくて挑戦する回数が人生において大事」って言葉かっこよすぎない?ほんとに20歳? — しろあん whiteankoFC 鹿島でのプレーを初めて見た時から必ず海外に出る選手だと思ってました。 挑戦的なドリブルをワクワクしながら見てました。 彼なら大丈夫だと思わせる何かを持っている選手だと感じます。 Bとかじゃないんだよね?凄いなー。 まーパッと見で分かりやすくキレてたもんな。 でもバルサ移籍どころかサクッと海外移籍が決まったのすら予想外だったよ。 関係者によると、移籍金は設定の満額を上回る約200万ユーロ(約2億5000万円)だそうです! すごいー!! トップチームに昇格までの間は年俸25万ユーロ(約3125万円)になりそうとの事です! 2年間は2部B(3部相当)のチームでプレーすることも決まっているそうです。

次の

久保建英が18歳でバルサに復帰?バルセロナ入団・退団理由と成績

阿部 バルサ

安部裕葵は、控え組の6人と輪になって、リフティングに興じていた。 同年代同士だけにリラックスした表情だ。 他の選手の失敗に、一同に誘われるように笑みを洩らした。 今夏、安部はバルサBに入団後、ほぼすぐにスタメンの座を勝ち取っている。 U-22日本代表招集を挟み、4試合連続で先発出場。 ゴールはなかったものの、そのセンスで見る者を唸らせていた。 しかし第7節を前に筋肉系の故障で外れると、すぐに復帰したものの、先発の座を取り戻せていない。 最近2試合は出場時間がむしろ少なくなり、この日も控えだった。 リフティングのボールのコントロールを珍しくミスした安部は、キックがあてずっぽうになった。 少し冷やかすような仕草をチームメイトがした。 安部は苦笑いだった。 サバデル戦の後半30分から出場した安部裕葵(バルサB) 10月27日。 ヨハン・クライフスタジアムは、バルセロナの郊外にあるバルサの総合練習施設の一角に建てられている。 バルセロナのセカンドチームであるバルサBのホームスタジアム。 下部組織である「ラ・マシア」の少年たちにとっては、憧れのトップチームに昇格するための最後の登竜門だ。 この日、リーガ・エスパニョーラ2部B(実質3部)のバルサBは、サバデルと対戦している。 最近まで2部にいた相手で、昇格を争う直接的一戦ということもあって、今シーズン最高の4092人の観客を集めた。 いわゆるダービーだけに、サバデルのファンも数多く駆けつけ、試合前からスタンドは盛り上がっていた。 試合はバルサBがやや優勢に試合を進めている。 ボールを持ち運ぶ技術で分があった。 左サイドバック、セルヒオ・アキエメの攻め上がりが目立つ。 左サイドを崩しつつ、中央の守備を撹乱。 そして23分、左から中央へダイアゴナルに入ったパスをモンチュが持ち込み、1-0とした。 リードしたこともあって、後半も安部にはなかなか出場機会が訪れない。 チームのペースが落ち始めた後半30分だった。 安部はキケ・サベイロと交代で、同じポジションの左サイドアタッカーに入っている。 「イロキ・アベだ。 こいつはゴールを決めるぞ!」.

次の