第 五 人格 血 の 女王。 第五人格 IdentityV 血祭り 血の女王 マリー コスプレ衣装 コスチューム衣装 通販

第五人格 血の女王?赤の女王?最新情報

第 五 人格 血 の 女王

第五人格 血の女王をディスっている訳では無いことを先に言っておきます、マリー推しの方は不快な思いをするかもしれません...。 第五人格って初期はサバイバーが悪いことしてて、実はハンターが悲劇的な過去を持 つ... みたいな感じでしたよね?? 心眼等のように無害?な鯖が増えてきたので微妙ですが イドーラやハスターのような神枠は置いておいて、マリーって悪いことしてないのに酷いことされた、みたいな過去ありますかね... ?私がいまいちマリーに燃えないのはそこなんですよね... 、こう、ハンターだけど実は悲しい過去がっていうゴリゴリの王道設定に燃えるタイプで... !! 血の女王=マリーアントワネット、の解釈で良いんですよね... ?マリーアントワネットの悪女説に関してはに関しては諸説ありますが、公式のPV見る限りだとよくあるマリーアントワネットのイメージ通りで良さそうな感じしますよね。 ということは、首を切られたのも自業自得で、ハンターになったのもその事を逆恨みしてサバイバーを狩るため... みたいな感じなんですかね... ??よく第五人格の二次創作の漫画に、マリーは悪くないのに首を切られた という描写があるんですよね。 背景推理かなにかなのか、作者の方に聞いてみたりしたのですが返信は頂けず... 私はハンター専で、リッパー・バルク・夢の魔女を使うのですが段々立ち回り等がほぼ固定で決まってしまい、少し飽きてきたので新しいハンターを購入しようと思っています。 そこで他の方におすすめを聞くと真っ先にマリー!と言われるのですが、どうしても設定とか過去とかそういう所に謎?というか違和感を感じてしまって購入を迷っています...。 あくまで歴史に翻弄された一人の女性であって、マリー・アントワネットに関する悪評の多くはデマや尾びれ背びれのついたものであったと言われています。 マリー・アントワネットとしての話の多くはフランス王室に入ってからのものですが、マリー・アントワネットはフランスと長年敵対してきたオーストリア王室の出自です。 オーストリアの婚姻政策の一貫として、フランスとの外交革命の一端として嫁いだマリーにとって周囲は敵だらけでした。 もちろんそのマリーに対する評価は芳しいものではなく、噂だけが一人歩きをすることも間々あったようです。 歴史はその国の目線から様々な脚色が加えられ描かれるものであって、歴史が真実とは限りません。 歴史学が多角的に解明されるごとにその歴史が『間違いであった』とされることは西洋東洋限らずよくあることで、マリー・アントワネットの『歴史』もそれであったと言われています。 もちろん『歴史』は絶えず変わりますので、事実マリーが悪女であった可能性もあります。 戦争史を見ると顕著ですが、どの立場から語られた歴史かによって歴史は大きく変わります。 なお、第五人格のキャラストーリー動画でもその解釈が採用されていることが読み取れます。 冒頭に『富と権力による妬みが、かの逸話を生み出した』とあります。 『生み出した』=『捏造されたシナリオ』『真実ではなかった』と捉えることが出来ます。 (公式で明確にお菓子のエピソードは妬みによる作り話だったと設定されています。 また、史実のこのエピソードは作り話であったと解明されています。 ) 少くとも【第五人格のマリー】は謂れのない疑惑によって処刑されており、動画の最後や『うわさ』にもある通り「駒」として翻弄された人生だったようです。 彼女の処刑は自業自得では無く、ハンターとしての振る舞いも逆恨みではないです。 確かに王族特有の気まぐれさ・無邪気や華美さ・豪快さがあったことは否定できないかと思いますが、時代に翻弄され時代によって処刑されたチェスの駒としてしか生きることを許されなかったマリーは他のハンター同様悲劇の人物であったことには違いないかと思います。 もっとも、レオや白黒無常のような共感できる悲劇性では無いので人によっては悲劇性を感じ辛いかもしれません。 女性(特に何かしらに抑圧された経験がある人)だと、マリーも共感できる部分は多いですよ。 余談ですが、実際のマリーは宮廷費を割いて寄付をしたり貴族たちから寄付金を募ったりと国民思いの優しい人物だったそうです。 また、個性が強く当時の王族女性として珍しい活動的な女性だったようです。 普通の女の子として生きたいという願望が強くそう振る舞おうとしたことが摩擦を起こしていた部分もあるようです。 第五人格のマリーもただ普通の女性として自分の人生を生き抜きたかったのかもしれません。 その自分と駒としてしか生きられない自分とのギャップに絶望していたのかもしれません。 なお、第五人格のマリーはほぼマリー・アントワネットがモデルです。 血の女王は『ブラッディー・マリー』からきていると思われますが、メアリー1世の異名としての『ブラッディー・メアリ』よりはアメリカの伝承の『ブラッディー・マリー』(幽霊)の要素の方が強いかと思います。 (『鏡』と『血まみれ』から。

次の

【第五人格】現最強の「血の女王」にバーメイドが超有効!!通電後のあの技を使えば…!【IdentityⅤ】

第 五 人格 血 の 女王

調整内容 さんのツイートより抜粋いたします。 女王はもともと本体でのチェイスが強くありませんが、その点をさらに弱体化した感じですね。 また、鏡像の持続時間も短くなりました。 これによって、通電後に弱くなるということが出てきそうです。 中治りの後、もう一発すぐに入れるのが難しくなるとか。 確実な弱体化といった印象です。 現環境最強の魔女の調整。 これはかなり痛いと思います。 魔女は現環境最強と言われていますですが、サバ同士の連携をしっかりとれば全然太刀打ちできます。 そこに、連携しなくても個人で魔女に対抗する術が増えることで、魔女使いの方も寄生解除を妨害するのが難しくなると思います。 前まではサバ同士を合流させなければよかったのが、各サバイバーを常に見張る必要が出てきますからね。 今までBAN対象ではなかったキャラクターですね。 ハスター使いの しぶり さんは、この説が濃厚であるといっています。 以前の弱体化調整に スライド凝視の削除など によってもう環境入りすることは無いともいわれていましたが、どうやら現在は普通に強いみたいです。 ボンボンは、言わずともの強さです。 運営は弱体化のつもりでちょうせいしたようでしたが、どうやら捉え方によっては逆効果だったようです。 まとめ 環境キャラ弱体後のBAN対象についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。 もちろん、これが確実であるとは言えませんが、現在の内容のまま弱体化が来れば、全くあり得ない話というわけではありません。 弱体化が来るとしても、早くて1か月後とかだと思うので、女王・魔女使いの方は、それまでに出来るだけ勝ち星を重ねておきましょう! 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

【第五人格】血の女王の性能紹介!衣装やおすすめ内在人格【IdentityV】

第 五 人格 血 の 女王

スポンサーリンク 外在特質・形態変化(スキル) スキル名 効果 水鏡 血の女王は設置した水鏡から鏡像を作れる。 鏡像はぶつかることはなく、本体の実際の位置、状態及び行動を反映し、サバイバーにダメージを与えることができるが、同じ時刻では最大1回分のダメージしか受けない。 鏡影 水鏡を召喚と同時に、水鏡を軸として本体と対象の水鏡が生成される。 鏡像存在時は、、再度スキルボタンをタップして場所を交換できる。 鏡傾 水鏡を回転させると、鏡像は血の女王から一番近いサバイバーの方向を向く。 入鏡 水鏡を召喚するとき、5メートル以内にサバイバーがいた場合、最短距離の1名の鏡像を選び自動的に生成する。 血の女王から1回のダメージを受けると鏡像が消失する。 衣装 衣装名 説明 頰紅 この優し気なピンク色は虫と鉛の粉からできている。 暗い緑 緑色といえば、草花を思い浮かべるだろう。 しかし私にとって、緑はカビなのだ。 血祭り 白の石柱に飽き飽きしていた彼女は、明夜の宴会ホールを赤色で染め上げることに決めた。 ボロい服 服がボロボロだ。 本当にただゲームをしただけ? 初期衣装 初期衣装。 すべてが自然に見える。

次の