英 検 準 2 級 二 次 試験 過去 問。 【CD+DVD付】10日でできる! 英検準2級二次試験・面接完全予想問題 (旺文社英検書)

【英検準2級まとめ】学習方法から出題内容まで徹底紹介!過去問のやり方や単語の覚え方も

英 検 準 2 級 二 次 試験 過去 問

Contents• 英検2級の二次試験の概要 英検2級は、高校生卒業程度と公式サイトで紹介されており、大学受験対策にも利用されることが多いレベルになります。 とはいえ、英語の学習を効果的に進めることができれば、高校2年生で合格を勝ち取ることは、それほど難しいことではありません。 ただ、英検2級は、3級にくらべると、ぐっと文法のレベルが上がるなと、問題をみていて感じます。 とくに、関係代名詞が、バンバン出てくるので、とにかく、 文法構造をしっかりと把握できるようになるというのが、まず最優先になります。 英検2級の2次試験になると、Yes,Noでは答えられないような、ある事象に対して、 自分の意見を言える能力が試されます。 出題形式は・・・• 制限時間内にパッセージの音読• パッセージの内容についての質問に答える• 3コマのイラストからストーリーを考えて発表する• ある事象に関して、自分の意見を答える 一番難しいのは、ある事象に関して、自分の意見を答えるものでしょうね。 英検2級の対策は過去問の分析をして!! 最近、私は英検2級を受けようとしている人から、かなりの数のLINEを頂きます。 ええ、最近、LINE を始めたからです。 笑 それで、対策方法を聞くんですけど、とにかく、過去問が後回しになっているケースが多いんですよね。 過去問は、以前に、英検で出た問題なんですよ。 言い換えれば、それを完璧にしたら、ほぼ受かるってことなんです。 なので、 まずは、過去問で問題の分析をしてください。 問題を見ていて、文章の構造がわからなかったら、英文法を勉強し、単語がほとんどわからないなら、英単語帳をやるべきなのは、明白です。 さて、では、過去問から私なりに分析をしていきましょう。 パッセージの音読やパセージの内容についての質問は、練習したらできるはずなので、ここでは割愛。 そして、3コマのイラストからストーリーを発表するものは、「始まり」「話の展開」「結果」を意識してストーリーを組み立てる必要があります。 状況を把握して、それを伝えられる能力が試されていますね。 過去問の回答は、やたらと完璧な文章が載っていますが、あんなに完璧でなくても、合格はできます。 一番、難関ではないか?と思うのが、最後の自分の意見を答えるクエスチョンです。 こんにち、古本や古着のような中古品を購入する人がたくさんいます。 あなたは、今後、より多くの人が中古品を買うべきだと思いますか? のような出題がありました。 2級になると、yes, noで答えられる内容も、ちゃんと理由をつけて答える必要があります。 そして、自分立場をしっかりと明らかにして、答えることが大切です。 英検2級の面接対策と練習方法 英検2級の面接対策は、英語を話すのに、あまりなれていなければ、文章をつくるのに、最初はとまどうかもしれません。 なので、いきなり英語にするのが難しいのであれば、 まずは、日本語で回答を考えてみましょう。 英語にできない理由に、実は、自分の意見が思い浮かばなくて、英語にできないという場合もあります。 なので、まずは、自分の意見を日本語で作る。 それから英語にするというのを、最初はやったらよいです。 そして、あくまで、英語で論理的に答えられるかというのが見られているので、ぶっちゃけ、自分が思っていないことでも、答えやすいのであれば、その意見をのべたらいいんです。 たとえば、「こんにち、古本や古着のような中古品を購入する人がたくさんいます。 あなたは、今後、より多くの人が中古品を買うべきだと思いますか?」に対して、本当は、「いいえ、思いません。 中古品ばかり買っていたら、経済が回らないし、新しい技術も生まれないと思うからです。 」 そんな風に答えたかったとしても、うまく英語にできなかったら、「はい、思います。 リサイクルをすることは良いことです。 古いものを大切に使えば、お金もかかりません。 」と、シレッと答えたらいいんです。 もちろん、本当のコミュニケーションは、これではいけませんが、 あくまで試験に受かるというのでは、こういう戦略もありですよね。 その後、そのまま英語で答えられるように練習したらよいですね。 2次試験対策に英会話学校に行く必要はあるか 私は、英検2級の2次試験の面接対策には、 会話の練習をするために、先生をつけることをお勧めします。 やはり、2級になると、文法の構造も難しくなるので、ちゃんと合っているかどうかを見てもらう必要があると思います。 家族で、英語が得意という人がいれば、協力してもらったらよいですが、そうでない場合は、会話のレッスンを何度か受けるほうが確実です。 英会話教室は、予算の関係で通うのが難しいという場合は、スカイプでの英会話がおすすめです。 月5000円以下 2017年時点 で、毎日受けることができますから、かなりリーズナブルです。 英検を2回受けると思ったら、スカイプ英会話で対策しておくほうが、お金も時間も節約になるのは明確です。 もしよかったら、使ってみてください。 それに加えて、英単語ですね。 この文法と英単語がとにかくベースになりますので、過去問をみて、ちんぷんかんぷんという場合は、 文法と英単語を先にクリアしてください。 対策のポイント• 英単語• 過去問 この3つは最低でもやる必要があります。 過去問は、旺文社から6回分がまとめられた過去問集が販売されているので、それを購入すると良いです。 たくさんの問題集をこなすよりも、どちらかというと、決めた量を、徹底的に行う方が良いので、新しい問題ばかり、手に取るのはやめましょう。 過去問の文章が頭に刷り込まれるぐらいになるまで、過去問は読み込む必要があります。 たくさんの問題をこなしても、結局、身につけられないのであれば、試験の点数を、ザルですくうようなことになりかねませんよね。 私も英語が伸び悩んだ時、不安になって、いろんな問題集に手を出しましたが、途中で効率が悪いって気がついて、軌道修正しました。 不安になった時は、なおさら、 量より質を重視した方がうまくいきます。 まとめ 英検2級の二次試験対策の方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 色々お話したので、まとめると、2級の面接の練習は、いきなり英語で答える訓練が難しければ、まずは日本語で答えてから、それを英語にする練習をしてみましょうということでした。 ぜひ、参考にしてみてくださいね。

次の

【英検3級】2次試験・過去問から検証した合格するコツ[実践するだけで満点とれます]|英会話と英検とTOEICと

英 検 準 2 級 二 次 試験 過去 問

英検二次面接のアティチュードで面接官が評価するのは、「 積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢」や 「自然な会話のやりとり」です。 英検2級 二次試験(スピーキング) 配点表 形式 得点 パッセージを読む 5 パッセージについての質問 5 パッセージについての質問 10 パッセージに関連しない質問 5 パッセージに関連しない質問 5 アティチュード(態度) 3 合計点 33 上記の英検2級二次試験の配点表を見てみると、アティチュードの配点は3点です。 合計点における割合が少ないので軽視しがちですが、貴重な得点源となるので、しっかり対策をしておきましょう! アティチュードで減点対象となる行動・発言 アティチュードで失点をしないためには、まず減点対象となる行動や発言を把握しておきましょう。 しかし、不自然なほど長い間が空いたり、繰り返し何度も聞いたりしてしまうと減点の対象になります。 減点されないために留意しておきたい4つのこと 積極的になる 英語が苦手で上手く受け答えできない人でも、自分から積極的に話そうとする姿勢が見える場合は評価されます。 英語での面接に不安を感じている人も、やる気と勇気を持って積極的に話すようにしましょう。 聞き取りやすい声で話す 自分の英語に自信がないからと、小さな声や不明瞭な喋り方をしてしまうと、アティチュードだけでなく設問 パッセージの音読問題など 自体の失点にも繋がります。 面接中は相手にしっかりと伝わるボリュームやトーンに気をつけながら話すことを心がけましょう。 たとえば、パッセージ音読の問題で文章に発音が分からない単語があった時、誤魔化すのではなく、間違ってもいいので読み方を予想してはっきりとした声で読み上げましょう。 間違って発音してしまっても多少のことであれば問題はありません。 大切なのは面接官に聞こえやすい声で、リズム良く、はっきりと読み上げることです。 アイコンタクトを意識する 言葉に詰まって気まずい間ができたりすると、会話が不自然になり減点の可能性があります。 質問3や4で自分の意見を問われる場面でも、自分の意見を英語で伝えることは簡単なことではありません。 うまく言葉にできない時も黙り込んでしまうのではなく、落ち着いて言い方を少し変えるなど、自分の英語力の範囲内で伝えようとする姿勢を見せましょう! 最後に アティチュードは「積極的にコミュニケーションをとる意思を表す」ことと「自分でできる範囲で自然なやりとりを意識する」ことで減点を避けられるようにります。 面接は誰でも緊張するもので、上手く話せなくなるかもしれません。 そんな時は一度深呼吸して、落ち着いて面接に挑んでみてください。

次の

英検1級二次試験に出題されたトピック(2012~2014)

英 検 準 2 級 二 次 試験 過去 問

だいたい60%とれれば合格かー それぞれの内容を、簡単にみていきますよ。 まずは、それぞれの問題で 「英会話能力は求められていない」ことを理解してください。 カードの音読 20秒の黙読の時間を与えられたあと、60語程度の英文を音読する試験です。 A New Service for Parents It can be troublesome for parents with young children to go shopping in crowded places. For this reason, more shopping centers have started offering their customers children services. Some customers with children choose shopping centers that provide these services. In this way, they do their shopping more easily. Such services are becoming available even in places such as theaters and hospitals. 日本英語検定協会: 音読するだけですから、もちろん英会話(会話のキャッチボール)は求められていませんね。 音読した英文についての質問に答える さきほど音読しだ英文に関する質問がされますので、 答えが書かれている部分を探し出し、質問の形に合わせて答えます。 カードに答えが書かれているんですから、これも「英会話」ではありませんね。 イラストを見て、その状況をナレーションする 3コママンガのようなイラストを見て、流れに沿って、英語で状況を説明します。 日本英語検定協会: 面接官との意見のやり取りなどはなく、ただ状況を英語で説明するだけです。 (だから簡単だ、ということではなく、英検2級の面接では会話能力は求められていない、ということの説明です。 ) 自分の意見を英語で述べる 面接官から、2つ質問されます。 音読したカードの内容に関連した質問• 受験者自身の意見などを問う質問 ただし、ここでも、自分が述べた意見について、 さらに面接官が質問を重ねてくる、ということはありません。 箇条書きにすると、頭がスッキリ整理できますね では、 これら求められていることに対して、どうやって対策をすればいいのか。 それをこれから順番に説明していきますね。 音読のポイント 音読では以下の3点を意識してください。 ゆっくりと読む• 単語ははっきりと発音する• 意味の区切りでポーズ(一拍)をいれる ネイティブが話すような感じでペラペラと早く話す必要は、まったくありません。 逆に、緊張のあまり、焦って早く話してしまうという方は、 「ゆっくり」を意識してください。 要は「自分はこの英文をしっかり理解できていますよ」ということを面接官に伝わるように、 「単語の発音」や「意味の区切りでのポーズ」を行うのです。 参考に英文サンプルとその音声データをあげておきますね。 (わたし自身は、この程度の英語で英検準一級も合格しています。 ) イラストのナレーションをするポイント 3コマ漫画のようなイラストを見て、状況を英語で説明する問題です。 日本英語検定協会: この問題を攻略する ポイントは• イラスト中に書かれている英文はすべて使う• 時制は「過去形」もしくは「過去進行形」を使う• 登場人物の行動、感情にフォーカスする の3つです。 この3つを意識して練習すれば、かならず合格レベルに達することができます。 はい、具体的にお願いします! イラスト中に書かれている英文はすべて使う ナレーションの 準備のために与えられる時間は、たった20秒しかありません。 なので、準備の時間でナレーションする英文をすべて考えることは現実的ではありません。 準備の20秒では、イラストに描かれている英文をザッと読んで、 なんとなくの流れをつかみます。 たとえば、こんな感じです。 夫婦は、自分たちが買い物をしている間、子どもを見てくれているサービスがあることを知って• 10分後、二人は子どもをあずけることに決めて• 2時間後、父親は子供のおもちゃを選ぶのに夢中になっていたけど• 母親は子供のことが気になっていた 準備の20秒間でこれぐらいの流れをつかみ、「Please begin」と言われたらナレーションを始めます。 ナレーションのポイントは、 イラストにすでに書かれている英文をすべて使うということです。 さきほどのイラストを例にすると• Ten minutes later• Two hours later at the gift shop これらは、 どんどん使わせてもらいましょう。 どのように使うのかは、このあと参考に紹介しますね。 時制は「過去形」もしくは「過去進行形」を使う ナレーションでは、すべて 過去時制を使うようにしましょう。 さらに、イラストの内容に合わせて 「過去形」「過去進行形」を使い分けることで、より的確なナレーションをすることができます。 先ほどのイラストで言うと、 1枚目は、男性が女性に、買い物中に子どもを見てくれているサービスがあるよと「 言った」と過去形を使い 3枚目では、女性が「 心配していた」と過去進行形を使う、といった感じです。 登場人物の行動、感情にフォーカスする ナレーションを行う際は、「 漠然と目に付いたものを英語にしていく」というやり方では、 「うまくできる時」と「できない時」にバラつきが生まれてしまい、ただでさえ緊張する本番でのパフォーマンスが、 不安定になってしまいます。 じっさい、先ほどの例ではどうなるか、以下に参考に載せておきますね。 」と女性に言った。 「 Ten minutes later」、彼らは子どもをあずけることに決め、荷物をロッカーに入れた。 彼女は絵画を見るのを楽しみにしていた。 「 Two hours later at the gift shop」、男性は子供のおもちゃを選ぶのに夢中になっていた。 一方、彼女は子供のことが気になっていた といった感じです。 もちろん、決まった正解などはありませんが、 多少たどたどしかろうが、このように 「行動」+「感情」を拾っていけば、じゅうぶん合格レベルのスピーキングができます。 できそうな気がしてきた! 唯一、 英作文と違う点は、ある程度の 瞬発力が求められるということです。 この瞬発力については、二次試験対策として、しっかり練習しておきましょう。 英検2級二次試験対策は過去問で 二次試験対策用の参考書なども多く出ていますが、 今回お話したセオリーを理解しておけば、あとは 過去問を使って練習するだけで基本的には合格ラインまでいけるはずです。 過去問以外の書籍としては、 定番である「 旺文社の英検二次試験対策本」がやはり丁寧にまとまっています。 ただし、 回答例である英文の内容のレベルがやや高い印象を受けるので、「こんなに話せない…」と不安になってしまう可能性もあるのかなと思います。 回答例のハードルの高さに惑わされない自信がある方は、付属のDVDなどで当日の試験までの流れなども細かく載っていますので、買ってみてもいいと思います。 それでは、英検2級の合格まであと少し。

次の