リアルタイム内閣支持率 れいわ。 ☪️追加⬇︎創価学会がれいわを応援。☪️スピーチ聞いた私の愚痴。藤井聡氏の開いた口が塞がらない。安倍政権支持率アンケート。厚労省の家賃支援+金刷れは間違い?ノート紹介✳️甲子園開催求むキャンペーン賛同締|宮咲アンナ|note

リアルタイム内閣支持率まとめ

リアルタイム内閣支持率 れいわ

Youtube番組「選挙ドットコムちゃんねる」にて解説もしています。 ネット調査ではN国党が自民党に次ぐ支持率を獲得! 調査の回答者の年代別の割合は上記のグラフの通りです。 ネット調査では、40代までの回答者で7割を超す結果となっており、比較的若い年代層の意識を抽出しています。 また、電話調査では50代以上の回答者で7割を超す結果となっており、比較的高い年齢層の意識を抽出しています。 参考として図の右端に、今年の7月に行われた第25回参議院議員通常選挙の投票者に占める年代別の割合も掲載しました。 50代以上の投票者が7割近くを占めており、現段階では電話調査の方がネット調査よりも選挙結果に近いサンプリングとなっています。 普段支持している政党について調査をしたところ、上記の表の通りの結果となりました。 電話調査・ネット調査ともに「支持政党がない」という回答の次に「自民党」支持層が多いという結果となりました。 電話調査・ネット調査の比較で最も特徴的なことは、ほとんどの政党がネット調査では支持率を下げる傾向にある中で、日本維新の会はほぼ横ばい、れいわ新選組とNHKから国民を守る党は電話調査よりもネット調査の方が高いという点です。 特に、N国の支持率はネット調査では3. 1%を超えています。 もう一つの特徴は、ネット調査では「支持政党がない」の回答者が電話調査の約2倍近く存在するということです。 後にも記載しますが、普段の投票参加についての問で「必ず投票に行く」の回答者割合が、ネット調査は電話調査の半分程度でした。 よって、ネット調査の回答者にはそもそも必ず投票に参加する方が少ないため、支持政党がある回答者も少ないという結果になったと考えられます。 その他にも、立憲民主党や日本共産党は、電話調査と比べるとネット調査での支持率は大きくポイントが下がっています。 これはでも同じ傾向が見られました。 この背景には、党の支持層に占める高齢者の割合が他党と比べて高いことが理由の1つだと推測されます。 内閣支持率については上記のグラフの通りです。 電話調査とネット調査を比べたときに「強く支持する」と「どちらとも言えない」に大きな差が出ています。 電話調査で「強く支持する」の割合がネット調査よりも強く出ているのは、電話調査の方が60代・70代の内閣支持率が高いことが理由と考えられます。 また、ネット調査で「どちらとも言えない」の割合が電話調査よりも強く出ているのは、ネット調査の回答者に占める割合が最も大きい無党派層が内閣に対して「どちらとも言えない」という評価をしていることが理由と考えられます。 投票参加に関してはダブルスコアの差が 今回の意識調査では、「普段の投票参加」についても調査を行いました。 結果は上記のグラフの通りです。 「必ず行く」の回答者は電話調査の方がネット調査の2倍近い結果となりました。 しかし、年代が上がるにつれて「必ず行く」の回答者が増加する傾向にあるということは、電話調査とネット調査の両方で確認できましたので、回答者の年代による差が影響していると考えられます。 電話調査だけでは見えてこないネット上の声が明らかに 選挙ドットコムでは、ハイブリッド調査(電話調査とインターネット調査を同じ設問で同時に行う方式)による全国意識調査を今月から毎月行っていきます。 大手報道各社では電話調査のみ行われており、比較的高い年代層の回答サンプルが多くなる傾向があります。 しかし、選挙ドットコムが行うハイブリッド調査では、幅広い年代層から回答を獲得することができ、電話調査だけでは明らかにできない比較的若い年代層の潜在的意識も明らかにすることができます。 この夏に行われた参議院議員選挙では、れいわ新選組やN国党がネット上で大きなうねりを起こすことによって議席獲得につなげたことが話題になりました。 インターネット上の声は、もはや無視できない存在となりつつあります。 選挙ドットコムのハイブリッド意識調査では、これまでではわからなかった全世代の声を集めることができます。 ご興味がある方はぜひください。 調査概要:調査は11月9日 土 と10日 日 に実施。 日本国内の18歳以上の方を調査対象とし、有効回答数は電話調査(JX通信社との共同実施)で1,031件、インターネット調査(Gunosyリサーチを使用)で1,000件を取得。 電話調査は無作為に電話番号を発生させるRDD方式をオートコールで実施。 ネット調査ではスマートフォンアプリのダウンロードユーザーを対象にしたアンケートツールにより実施。 各党の支持率は小数第2位以下を四捨五入。 回答者年代別割合、内閣支持率、投票参加の数字は小数第3位以下を四捨五入。

次の

今日の内閣支持率

リアルタイム内閣支持率 れいわ

話ちっちゃ。 それ自分だけの愚痴やん。 そもそも元々問題だらけの軽減税率反対の私。 それをゴリ押しして通した公明党には超不満。 でも、彼女の不満は逆。 オムツも軽減税率にしてと議員に頼んだのにダメだった事に不満。 小さな声聞いてくれるんじゃなかったの?っておいおい。 そうやって増やしたらキリないわ。 そこ?もっと国全体を見て欲しいわ。 トップ固定でもサムネになっている、今イチ押しのマスクを販売できる代理店もできる紹介パートナーに、このリンクからなら無料で登録できます。 全て自己アフィリ不可です ーーーーー👇ーーーーー H、過去のchangeの新着ご報告 キャンペーンのノート今日の1つ目です.

次の

リアルタイム内閣支持率まとめ

リアルタイム内閣支持率 れいわ

・高知新聞:26%(正確、ただし2018年末のもの) 2018年11月28日〜12月7日に同社が実施した県政世論調査で、安倍内閣の支持率は26. 8%だった。 高知県内有権者から無作為抽出した3000人が対象で、郵送方式で実施。 有効回収率は46. 2019年1月16日に詳報された。 ・十勝新聞 24%(ほぼ正確、ただし2013年のもの) そもそも十勝新聞は存在しない。 ただし、名前の似ている十勝毎日新聞が2013年4月20〜23日に十勝管内で実施したでは、安倍内閣の支持率は24. 十勝は酪農が盛んで、直前のTPP参加表明が影響したと分析されている。 調査は個人宅に無作為に電話をかけ、男女合計500人に実施したという。 ・MXTV 22% (不正確) もともとのブログで根拠とされているのは、当時生放送されていた番組「週刊リテラシー」のリアルタイムのアンケート調査で、世論調査ではない。 2015年12月19日の番組では「2015年 安倍首相に成績をつけるなら?」という設問が示され、以下のような結果が出ていた。 ・埼玉新聞 16%(不正確) もともとのブログで根拠とされている埼玉新聞(2015年8月29日)のデータは、世論調査ではない。 「越谷シール投票の会」が実施した街頭調査の結果を、同紙が報じたものだ。 によると、南越谷駅で2回、越谷駅、せんげん台駅で1回の計4回実施し、投票数は計420票。 支持率は約16. 2%、不支持率は約83. 8%だった。 ・Yahoo! 世論調査 9%(不正確) もともとのブログで根拠とされているのは、2014年12月26日から実施されていた「Yahoo! 意識調査」の結果だ。 そもそも「Yahoo! 」は世論調査を実施していない。 いわゆるネットアンケートで、「統計に基づく世論調査ではありません」とも明示されている。 は、「支持する」が34. 同様の設問で実施されたも確認したが、「支持する」が9%というデータは見つからなかった。 ・日本農業新聞 7%(不正確) もともとのブログで根拠とされているのは、同紙がJA組合長に向けて「安倍内閣の農業政策に対する評価」を聞いたアンケート結果で、世論調査ではない。 当時の報道(2016年1月4日)によると、523組合長が回答し、「どちらかといえば評価する」は7%、「高く評価する」は1%だったという。 支持率ではなく、あくまで農業政策に関する回答だ。 なお、同紙は定期的に、農業者ら1000人近くの「農政モニター」を対象にした意識調査(世論調査とは異なる)を実施している。 2015年10月にモニターを対象にした「TPP大筋合意に関する意識調査」では、支持率が18%と「かつてない低水準」(同紙、同月28日付)を記録したことがある。 ・神奈川新聞 5% (不正確) もともとのブログでは、このデータは「安保法案への賛否」として紹介されているものだ。 安倍政権の支持率ではない。 また、安保法案の賛否だとしても、神奈川新聞が実施した世論調査ではない。 市民団体が安全保障関連法案に関して実施した「全国一斉市民投票」の結果を、が報じたものだ。 ・岩手民報 3% (不正確) そもそも岩手民報という新聞社は、かつて岩手県花巻市に存在したが、1978年(岩手県立図書館による)に廃刊している。 名前の似ている岩手日報の実施している県政世論調査でも、2018年末の内閣支持率が31. 5%)だった。 それ以前も40%台で推移している。 もともとのブログでは、「安保法案への賛否」について「岩手日報 賛成1%」というデータを紹介している。 政権支持率ではない。 これは同紙が2015年8月31日に報じた、同法案の賛否を問う盛岡市内でのシール投票の結果(賛成8、反対646)を引用したものとみられる。 世論調査の信頼性は 街頭調査や限られた集団のモニター調査、インターネット上のアンケートなどの調査結果は、偏りが発生しやすい。 一方、世論調査のデータは質問内容の違いからの差や統計的な誤差などが生まれることはあるものの、信頼性が高い数値のひとつだと言える。 大手の新聞社などが実施している世論調査は、電話や郵送、対面で実施される。 統計的に無作為に選んだ有権者を、調査の対象としていることが大きなポイントだ。 大手メディアで主流となっている「RDD方式」という方式では、コンピューターが無作為に作り出した番号を対象に調査をする。 かつては固定電話だけだったが、いまでは携帯電話も対象となる(地域を限定した調査などを除く)。 すべてを「支持率」として一括りにする今回のようなケースでは、過去の数値から「世論調査」ではない数値など、様々なデータを一緒くたにしていた。 そうした情報には注意が必要だ。 BuzzFeed JapanはNPO法人「」(FIJ)のメディアパートナーとして、2019年7月からそのガイドラインに基づき、対象言説のレーティング(以下の通り)を実施しています。 ファクトチェック記事には、以下のレーティングを必ず記載します。 ガイドラインはからご覧ください。 なお、今回の対象言説は、FIJの共有システム「Claim Monitor」で覚知しました。 また、これまでBuzzFeed Japanが実施したファクトチェックや、関連記事はからご覧ください。 正確 事実の誤りはなく、重要な要素が欠けていない。 ほぼ正確 一部は不正確だが、主要な部分・根幹に誤りはない。 不正確 正確な部分と不正確な部分が混じっていて、全体として正確性が欠如している。 ミスリード 一見事実と異なることは言っていないが、釣り見出しや重要な事実の欠落などにより、誤解の余地が大きい。 根拠不明 誤りと証明できないが、証拠・根拠がないか非常に乏しい。 誤り 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがある。 虚偽 全て、もしくは根幹部分に事実の誤りがあり、事実でないと知りながら伝えた疑いが濃厚である。 判定留保 真偽を証明することが困難。 誤りの可能性が強くはないが、否定もできない。 検証対象外 意見や主観的な認識・評価に関することであり、真偽を証明・解明できる事柄ではない。

次の