ラビスタ函館ベイ 喫煙所 何階。 センチュリーマリーナ(函館ホテルおすすめ)はペットOK!泊まってみて分かった魅力や注意点を徹底解説

【新青森駅】おすすめ穴場の観光スポット!青森グルメを楽しめる「旬味館」 | [ハワイ系ブログ]旅と英会話のブログ

ラビスタ函館ベイ 喫煙所 何階

Q&A回答 0件• 6,431,063アクセス• 横浜・みなとみらい『YOKOHAMA HAMMERHEAD』 2019年10月31日に「客船ターミナル」を中核に「ホテル」及び「商業施設」 を備えた複合施設『横浜ハンマーヘッド』がオープンしました! 『横浜ハンマーヘッド』は地上5階建てで、施設のコンセプトは街と陸・ 海・空をつなぐ海の駅を意味する「ヨコハマ ウミエキ」であり、また、 横浜で2つ目となるインターコンチネンタルブランドの5つ星ホテル 「インターコンチネンタル横浜Pier 8(InterContinental Yokohama Pier 8)」が入るなど、以下の4つで施設・公園で構成されています。 ジュリア・ロバーツが出演した 映画「食べて、祈って、恋をして」にもナポリ本店が登場ました。 行列に並びます。 神奈川県が初導入した燃料電池バス(FUEL CELL BUS)も新路線を 走行しています。 こちらはブルーのドットではありませんよ! 2018年3月7日よりトヨタ自動車が販売を開始した燃料電池バス 「SORA」で、ルーフ上に水素タンク(前方)と燃料電池スタック (後方)を積んでいます。 そう言えば、水素社会の実現に向けて、水素ステーションの 整備拡大や燃料電池自動車・バスなどの普及に取り組んでいる 東京都でも既に燃料電池バスが導入されています。 横浜・みなとみらい21新港地区『YOKOHAMA HAMMERHEAD』 『横浜ハンマーヘッド』は地上5階建てで、施設のコンセプトは 街と陸・海・空をつなぐ海の駅を意味する「ヨコハマ ウミエキ」であり、 また、横浜で2つ目となるインターコンチネンタルブランドの 5つ星ホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8」が入るなど、 以下の4つで施設・公園で構成されています。 <横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)> 1)客船ターミナル「新港ふ頭客船ターミナル(SHINKO PIER CRUISE TERMINAL)」(1階) 2)ホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8(InterContinental Yokohama Pier 8)」(1~5階&RF/客室は3~5階に計173室) 3)商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT(HAMMERHEAD SHOP&RESTAURANT)」(1~2階/新業態や全国初出店など 計25店舗) 4)公園「ハンマーヘッドパーク(HAMMERHEAD PARK)」 (2020年3月オープン予定)• 横浜・みなとみらい21新港地区『YOKOHAMA HAMMERHEAD』 大型クレーン「ハンマーヘッドクレーン」の写真。 このクレーンは最大50トンまでの鋼材や重量物を運ぶことができ、 金づちに似た形状から「ハンマーヘッドクレーン」と呼ばれ、 親しまれました。 軟弱地盤や地下水位が高い地盤に適した工法で堅固な基礎構造を 造ったため、1923年の関東大震災により約80%の岸壁が被害を 受けた中で、ハンマーヘッドクレーンは被害を免れたそうです。 このクレーンの導入で、重量物の積載が直接可能になり、 作業効率は格段に向上したものの、1970年代に入ると海上貨物は コンテナ化が進み、新港ふ頭のハンマーヘッドクレーンは2001年に 約88年間の貨物の積み降ろしの役割を終えることになりました。 クレーンの建設から100年以上経った今でも、新港ふ頭のシンボル として横浜の海を見守っています。 2018年には貴重な歴史的遺構として土木遺産に登録されました。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』1F, 2F ニューアメリカン ブリュワリー ディスティラリー ロースタリー 【QUAYS pacific grill】の写真。 アウトサイドシートもあり、わんちゃん連れのお客様などで 混んでいます。 夜も雰囲気が良かったです。 また、併設される施設でつくる オリジナルのクラフトビール・クラフトジン、同じく焙煎所でつくる 自家焙煎のコーヒー。 これらを店内でも、テイクアウトでも お楽しみいただけます。 これまで「スパニッシュイタリアン」、 「モダンメキシカン」などの多様なコンセプトで、ブランド展開してきた HUGEが手掛けるお店です。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』1F ラーメンコンプレックス【JAPAN RAMEN FOOD HALL】の写真。 横浜初出店・全国初の新業態店を含む【初代】、【麺厨房あじさい】、 【札幌麺処 白樺山荘】、【K's collection 辛味噌サンマー麺】、 【博多 一星】の計5つのラーメン店が集結しています。 え?北海道・函館でいただいた【麺厨房あじさい】もある・・・。 今日は【札幌麺処 白樺山荘】の味噌ラーメンの気分です。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F クラフトチョコレートショップ【VANILLABEANS THE ROASTERY】の テラス席でいただいたものの写真。 珈琲か紅茶つきで800円。 チョコレートドーナツは粉感が少なく、 ふつうのドーナツではありません。 おいしかったです。 (みなとみらい本店編でも載せました。 ハワイの『ザ・カハラ・ホテル&リゾート』からは想像できない外観で びっくりしました。 その名を冠した新たなラグジュアリーホテルが 横浜のウォーターフロントに2020年6月17日、開業します。 半世紀を超えて、各国のリーダーや著名人をはじめとする 多くのセレブリティに愛され続けている「ザ・カハラ」。 世界の名門として揺るがない地位を確立している その上質なホスピタリティが、 現代の美意識と融合して、新たなおもてなしのときが始まります。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F 【Bayside Motion】の写真。 「SELECTED ENTERTAINMENT LAB. 」という新業態を掲げ、 クリエイターが厳選したアーティストやDJのステージパフォーマンスを 存分にお楽しみ頂けます。 エントランスゲートのその先に待っている 魅惑的な世界。 視覚に訴えかける最先端のLEDシステムを壁一面に 張り巡らし、お客様の高揚感を高めます。 日替わりで楽しめるLIVEやDJで 大人の遊び場を堪能。 光と音と映像が織り成す空間をスタンディングで 楽しむも良し、テーブルで楽しむも良し。 お1人様でも、仲間達と ご一緒でも様々なシーンでご利用頂けます。 Bayside Motionが、港町ならではのエキゾチックな夜を演出致します。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F スイーツファクトリー、ショップ&カフェ 【鎌倉紅谷 Kurumicco Factory】の写真。 次々とお客さんが入っていきます。 手前がショップ、奥がカフェになっています。 ガラス張りのスイーツファクトリーでは名物「クルミッ子」を作っている ところが眺められます。 クルミッ子ができ上がっていく様子に感じるドキドキとワクワク、 クルミッ子を使用したスイーツに感じるときめきや幸せ、 クラフトマンとのワークショップで感じる楽しさや喜び・・・ 見る。 味わう。 体験する。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F スイーツショップ&カフェ【ありあけハーバースタジオ】の写真。 業界初「myハーバー」は、お好きなハーバーを選び、「撮影ブース」で 写真を撮って頂き、日付・メッセージを入力すれば、ハーバースタジオ 限定の船型(豪華客船クイーンメリー2)のパッケージが出来上がり。 さらに専用ポーチも付いて、世界でたったひとつの新しいお土産が 出来上がります。 さらに、船のパッケージをスマホで取り込むと、 ハーバーができるまでのFactory Tour(製造工程)映像が楽しめる 商品となっております。 発売して60年、3種類の「焼きたてハーバー」や、ありあけハーバーが 丸ごと入った、ソフトクリームがテイクアウト、店内カフェにて お召し上がりいただけます。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F スイーツショップ【YOKOHAMA CARAMELLABO】の写真。 実際はこちらの「テイスティングルーム」前に行列ができていました。 横浜発のキャラメル専門店。 銅鍋で炊き上げる自慢の 「横濱生キャラメル」をはじめ、常温でお持ち帰り頂ける10種類の キャラメルやその場でお召し上がり頂けるプリン・シュークリームを 職人が工房でお作り致します。 「手作りのキャラメルは本当に美味しい」ことを知って頂くために、 職人が素材・製法・火加減にこだわり銅鍋につきっきりで時間を 調整しながらじっくりと心をこめて炊き上げています。 こだわりのキャラメルスイーツをお召し上がりください。 横浜・みなとみらい『InterContinental Yokohama Pier 8』1F 2019年10月31日に開業した『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の エントランスの写真。 一番最初に来た際は、こちらのエントランス前に常駐している ホテルスタッフに予約名を告げて扉を開けてもらいました。 一般の方が入れないようにセキュリティ面でもしっかりしています。 『インターコンチネンタル横浜Pier 8』は世界でも数少ない埠頭 という立地にあり、3方向を海で囲まれているのが特徴です。 このため埠頭の低層施設ならではの眺望は、オーシャンビューで 開放感にあふれ、まるで優雅な船出のひとときのような特別な滞在を 楽しむことができます。 なお、『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の運営は、 『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』を運営する 株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテルです。 <チェックイン> 15:00 <チェックアウト> 12:00• 横浜・みなとみらい『InterContinental Yokohama Pier 8』1F 『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の1階のエレベーターホール にあるらせん階段の写真。 エントランスを入ると上層階へ移動するエレベーターホールがあり、 エレベーターホールの中央には2階へと続くらせん階段が 設置されています。 ホール壁面は波のような模様が施され、階段に取り付けられた照明で 浮かび上がるらせん階段が、ゴージャスな雰囲気を醸し出しています。 実際はホテルスタッフの方とエレベーターで5階のクラブラウンジ 【クラブインターコンチネンタル】に行きましたが、 分かりやすいように2階から見ていきます。 こちらのらせん階段(エレベーターでも行けます)を上がると・・・。 横浜・みなとみらい『インターコンチネンタル横浜Pier 8』2F 2階にあるレストラン&バー【Larboard(ラーボード)】の写真。 【Larboard(ラーボード)】では、朝食はブッフェスタイルで、 温かい料理はテーブル席に届けていただけます。 横浜港を眺めながらブランチも楽しむことができます。 ランチはアラカルト、ディナーはコース料理で、横浜独自に進化した 洋食なども取り入れながら、旬の食材を活かした多彩なメニューが 提供されています。 旅の寛ぎを感じる店内、みなとみらいの街並みや海の景色を楽しめる テラス席の他、バーカウンターも設けられています。 <営業時間> 〇 朝食(宿泊者のみ) 6:30~12:00(ブッフェは10:30まで) 〇 ランチ 12:00~17:00 L. 〇 ディナー 17:30~21:30 L. 〇 バー 17:30~22:30 L. <座席数> 106席(店内:70席、テラス席:32席、バースペース:14席)、 個室:1室(6席) 朝食なしの宿泊プランで宿泊した場合は、【Larboard(ラーボード)】 で朝食をいただけますが、この日は平日だったので朝の時間帯は クローズでした。 <料金> 〇 朝食(ブッフェ) 6:30~10:30 3,800円(税込み)、5~12歳 1,900円(税込み) ホテルのスタッフ曰く、『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の お部屋の予約の稼働状況に応じて、朝食の時間帯にオープンするか 否かを決めているそうです。 現時点では朝食の時間帯は、ホテルの稼働率が高い週末に限り オープンし、比較的にホテルの稼働率が低い平日はクローズのようです。 私は今日はお酒を一滴も飲む気になれませんでした(苦笑) 『インターコンチネンタル横浜Pier 8』は5階建てで低いので 宿泊されるときは「新港ふ頭客船ターミナル」に 大型客船が入港していない日を選んでくださいね。 下の階にある『横浜ハンマーヘッド』にも たらよろさまが以前行かれた恵比寿のピザやさんが 入っています。 リンリンベルベル.

次の

ホテル 函館市, 日本

ラビスタ函館ベイ 喫煙所 何階

青森の食を楽しめる、おすすめ観光スポット!新青森駅「旬味館」 青森のおすすめ観光スポット「新青森駅 旬味館」の案内図がこちら! 青森の味覚を堪能できる「食事コーナー」、青森のお菓子などお土産を買える「特産品コーナー」があります。 食事のコーナーで味わえるのは、 青森のホタテなどが入った海鮮丼や、青森のしじみ入りご当地ラーメン、青森サンドなど。 特産品のコーナーで買えるのは、 青森のお菓子やジュース、日本酒、ご当地ドーナツなど。 お土産にもおすすめの商品が並びます。 観光スポット「新青森駅 旬味館」、食のコーナーはまさに、青森の屋台! 青森といえばの「ねぶた」の面も。 青森の食の観光ではずせない!絶品海鮮丼が安い! 青森の食のコーナー「魚喰いの田(でん)」。 入口で食券を買ってから中に入ります。 新青森駅 旬味館「魚喰いの田(さかなっくいのでん)」の壁面には、ねぶたの凧絵も。 青森のおいしい味覚を堪能しながら、青森の観光に欠かせないねぶたを見られる! まわりには、 昼から青森の地酒で1杯やる地元のおじさんも。 耳をすませると、津軽弁が聞こえてきます。 新青森駅 旬味館は、青森の地元民にも愛される観光スポット! まさに、青森の屋台! ランチタイムを過ぎていても、ほぼ満席です。 新青森駅 旬味館「魚喰いの田」のメニューがこちら! 青森で絶対に食べたい海鮮丼がずらり。 青森名産のホタテも味わえますよ! サーモンホタテ丼、マグロイカホタテ丼、ホタテとイカとウニの三色丼、ウニイクラ丼、ホタテイクラ丼など。 まさに、青森の食の観光スポット! お寿司のメニュー。 特上寿司3000円など。 お好みで単品で握ってもらうこともできます。 青森で人気の地酒も堪能できる! 青森市の田酒や、弘前市の龍飛、じょっぱりなど。 南部八戸の日本酒も揃います。 青森の日本酒はおいしい! 飲み比べをしてみるのもおすすめです。 新青森駅観光でぜひ、青森の地酒を楽しんでみてください。 新青森駅にある観光スポット、 旬味館「魚喰いの田」のカウンター席真上には、ねぶたの顔がある! 魚が焼けるいい香りがしてきます。 出てきました! ホタテとイクラの丼セット1,600円! お茶とお吸い物がつきます。 ホタテイクラ丼、拡大! ぶりっとした大ぶりのホタテに、大きな粒のイクラ。 ホタテイクラ丼を超拡大! ツヤツヤのホタテとイクラ! 青森の食の観光スポット「新青森駅 旬味館」で絶対に食べてみたい、おすすめの海鮮丼! 青森で食べる、青森ホタテは大きくて新鮮。 実家が青森の私もびっくり! 青森のごはんがおいしすぎる! つやつやに光って、粘りがあります。 「夢シャリ」という青森のブレンド米なのだそうです。 青森りんごソフトに、馬刺しずし!太宰治の昼飯も こちらは、 津軽の定食などを味わえる「津軽のめしや めぇ」。 ここで目に入ったのがこちら! 青森りんごのソフトクリーム! 「青森りんごの果汁がたっぷり入った、贅沢なおいしさ」とあるではないですか。 実家が青森の私も気になる! 新青森駅 旬味館「めぇ」の、青森りんごソフトクリームです! PRのポスターと少しちがった見た目です。 まさに、りんご色のソフトクリーム! すりおろしたてのりんごを、そのままギュッとシャーベットにしたような濃厚りんご味。 子供連れのかたにもおすすめしたい、青森の新鮮なりんごを食べているようなソフトクリーム! 新青森駅 旬味館 「めぇ」の店内には、太宰治に関する情報ポスターなどがずらり。 新青森駅 旬味館「めぇ」は、津軽のおいしい食事ができるだけではなく、太宰治について知ることができる、青森の観光スポット! メニューには太宰治の大好物、タケノコとワカメが入る「太宰ラーメン」も。 青森の津軽弁でおいしいという意味の「めぇ」。 食の観光スポット「めぇ」で、青森・津軽のおいしいグルメ巡り! 太宰治が大好きだったものをセットにした「太宰の昼めし」1690円もおすすめです。 納豆ごはん、汁物、タケノコ、貝焼き味噌に、カレーつき。 青森の食の観光に「太宰の昼めし」はいかがですか? これは何? 妙に気になる「金木名物 霜降り馬刺し寿司」。 青森の郷土料理「けの汁」つきで2,360円。 お店のかたに聞いてみると、 2貫460円でも食べられるそう。 「金木名物 霜降り馬刺し寿司」がこちら! 醤油をつけて、いただきます! 透明な味。 くせがなくて柔らかです。 生肉という感じがしなくて、すっきりとおいしいです。 青森のユニークなグルメも楽しめる「新青森駅 旬味館」は、青森の食を楽しめる観光スポット! 新青森駅 旬味館「めぇ」のメニューです。 霜降り馬刺のにぎり寿司、霜降り馬刺、青森の郷土料理「ほたての貝焼きみそ定食」など。 まさに、青森がわかる食の観光スポット! 新青森駅 旬味館「めぇ」のおすすめメニュー、 太宰治の定食メニューです。 「太宰の昼めし」は1,690円。 太宰が好きだったおにぎり、太宰がよく食べていた筋子納豆のごはん、青森の郷土料理「貝焼き味噌」、 太宰の故郷 金木名物の馬肉が入るみそ煮、青森の郷土料理 山菜がたっぷり入る「けの汁」に、青森の絶品梅巻き。 「太宰の晩酌の肴」はお酒が好きなかたにもおすすめです。 太宰治が日常食べていたという、すじこ納豆も味わえます。 麺類メニューです。 太宰治が大好きだったという、根曲り竹とワカメの若竹汁をアレンジした「太宰らうめん」はお店のおすすめメニュー。 青森のホタテラーメン、青森の十三湖で採れたしじみがたっぷり入る「十三湖のしじみラーメン」、青森の豚肉チャーシュー入りラーメンなど。 青森の地酒「田酒」の酒粕が入った「酒粕ラーメン」もおすすめです。 青森の食を、コンパクトに新青森駅で楽しみましょう。 新青森駅「旬味館」でご当地グルメを食べてみる? 新青森駅 旬味館には、青森の津軽エリア・ 黒石の食を楽しめるお店「黒石や」も。 黒石やのメニュー。 青森の黒石のご当地グルメ、汁に浸ったやきそば「つゆやきそば」も味わえます。 青森観光のお土産にもおすすめ!嶽きみドーナツがおいしい つづいて 「新青森駅 旬味館」の「物産コーナー」を見ていきましょう。 こちらが、青森のおいしいお菓子を買えて味わえる「物産コーナー」の入口。 青森観光のお土産を探すのにもおすすめのコーナーです。 おすすめしたい、青森のご当地グルメ「嶽きみドーナツ」。 嶽きみは、青森の岩木山エリアで収穫される、甘みが強い絶品トウモロコシ。 ゆでたての「嶽きみ」もおいしいですが、ドーナツにしてもおいしい! 嶽きみは食べられる時期が限定されますが、ドーナツなら春夏秋冬、いつでも味わえる! 揚げたての嶽きみドーナツです。 表面がさくっと軽い、ふわふわドーナツは何個でも食べられる! 青森の食の観光で味わいたい、嶽きみドーナツを拡大! トウモロコシの甘みが口に広がります。 青森の観光スポット「旬味館」詳細情報 アクセス:新青森駅内 1階 > 新青森駅「旬味館」は地元民にも愛される、食の観光スポット 春夏秋冬・大人も子供も楽しめる 青森の味の観光スポット、新青森駅1階の「旬味館」をご紹介しました。 新青森駅は新幹線の停車駅。 電車の乗り換え時に立ちよることができて便利ですね。 新幹線の改札を出ると、1階の旬味館へのエスカレーターがあります。 少しわかりにくい場所にありますが、見つけてみてください。 実家が青森の私がおすすめする、青森のおいしい観光スポット!.

次の

2019年JGC修行第8弾 21

ラビスタ函館ベイ 喫煙所 何階

Q&A回答 0件• 6,431,063アクセス• 横浜・みなとみらい『YOKOHAMA HAMMERHEAD』 2019年10月31日に「客船ターミナル」を中核に「ホテル」及び「商業施設」 を備えた複合施設『横浜ハンマーヘッド』がオープンしました! 『横浜ハンマーヘッド』は地上5階建てで、施設のコンセプトは街と陸・ 海・空をつなぐ海の駅を意味する「ヨコハマ ウミエキ」であり、また、 横浜で2つ目となるインターコンチネンタルブランドの5つ星ホテル 「インターコンチネンタル横浜Pier 8(InterContinental Yokohama Pier 8)」が入るなど、以下の4つで施設・公園で構成されています。 ジュリア・ロバーツが出演した 映画「食べて、祈って、恋をして」にもナポリ本店が登場ました。 行列に並びます。 神奈川県が初導入した燃料電池バス(FUEL CELL BUS)も新路線を 走行しています。 こちらはブルーのドットではありませんよ! 2018年3月7日よりトヨタ自動車が販売を開始した燃料電池バス 「SORA」で、ルーフ上に水素タンク(前方)と燃料電池スタック (後方)を積んでいます。 そう言えば、水素社会の実現に向けて、水素ステーションの 整備拡大や燃料電池自動車・バスなどの普及に取り組んでいる 東京都でも既に燃料電池バスが導入されています。 横浜・みなとみらい21新港地区『YOKOHAMA HAMMERHEAD』 『横浜ハンマーヘッド』は地上5階建てで、施設のコンセプトは 街と陸・海・空をつなぐ海の駅を意味する「ヨコハマ ウミエキ」であり、 また、横浜で2つ目となるインターコンチネンタルブランドの 5つ星ホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8」が入るなど、 以下の4つで施設・公園で構成されています。 <横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)> 1)客船ターミナル「新港ふ頭客船ターミナル(SHINKO PIER CRUISE TERMINAL)」(1階) 2)ホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8(InterContinental Yokohama Pier 8)」(1~5階&RF/客室は3~5階に計173室) 3)商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT(HAMMERHEAD SHOP&RESTAURANT)」(1~2階/新業態や全国初出店など 計25店舗) 4)公園「ハンマーヘッドパーク(HAMMERHEAD PARK)」 (2020年3月オープン予定)• 横浜・みなとみらい21新港地区『YOKOHAMA HAMMERHEAD』 大型クレーン「ハンマーヘッドクレーン」の写真。 このクレーンは最大50トンまでの鋼材や重量物を運ぶことができ、 金づちに似た形状から「ハンマーヘッドクレーン」と呼ばれ、 親しまれました。 軟弱地盤や地下水位が高い地盤に適した工法で堅固な基礎構造を 造ったため、1923年の関東大震災により約80%の岸壁が被害を 受けた中で、ハンマーヘッドクレーンは被害を免れたそうです。 このクレーンの導入で、重量物の積載が直接可能になり、 作業効率は格段に向上したものの、1970年代に入ると海上貨物は コンテナ化が進み、新港ふ頭のハンマーヘッドクレーンは2001年に 約88年間の貨物の積み降ろしの役割を終えることになりました。 クレーンの建設から100年以上経った今でも、新港ふ頭のシンボル として横浜の海を見守っています。 2018年には貴重な歴史的遺構として土木遺産に登録されました。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』1F, 2F ニューアメリカン ブリュワリー ディスティラリー ロースタリー 【QUAYS pacific grill】の写真。 アウトサイドシートもあり、わんちゃん連れのお客様などで 混んでいます。 夜も雰囲気が良かったです。 また、併設される施設でつくる オリジナルのクラフトビール・クラフトジン、同じく焙煎所でつくる 自家焙煎のコーヒー。 これらを店内でも、テイクアウトでも お楽しみいただけます。 これまで「スパニッシュイタリアン」、 「モダンメキシカン」などの多様なコンセプトで、ブランド展開してきた HUGEが手掛けるお店です。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』1F ラーメンコンプレックス【JAPAN RAMEN FOOD HALL】の写真。 横浜初出店・全国初の新業態店を含む【初代】、【麺厨房あじさい】、 【札幌麺処 白樺山荘】、【K's collection 辛味噌サンマー麺】、 【博多 一星】の計5つのラーメン店が集結しています。 え?北海道・函館でいただいた【麺厨房あじさい】もある・・・。 今日は【札幌麺処 白樺山荘】の味噌ラーメンの気分です。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F クラフトチョコレートショップ【VANILLABEANS THE ROASTERY】の テラス席でいただいたものの写真。 珈琲か紅茶つきで800円。 チョコレートドーナツは粉感が少なく、 ふつうのドーナツではありません。 おいしかったです。 (みなとみらい本店編でも載せました。 ハワイの『ザ・カハラ・ホテル&リゾート』からは想像できない外観で びっくりしました。 その名を冠した新たなラグジュアリーホテルが 横浜のウォーターフロントに2020年6月17日、開業します。 半世紀を超えて、各国のリーダーや著名人をはじめとする 多くのセレブリティに愛され続けている「ザ・カハラ」。 世界の名門として揺るがない地位を確立している その上質なホスピタリティが、 現代の美意識と融合して、新たなおもてなしのときが始まります。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F 【Bayside Motion】の写真。 「SELECTED ENTERTAINMENT LAB. 」という新業態を掲げ、 クリエイターが厳選したアーティストやDJのステージパフォーマンスを 存分にお楽しみ頂けます。 エントランスゲートのその先に待っている 魅惑的な世界。 視覚に訴えかける最先端のLEDシステムを壁一面に 張り巡らし、お客様の高揚感を高めます。 日替わりで楽しめるLIVEやDJで 大人の遊び場を堪能。 光と音と映像が織り成す空間をスタンディングで 楽しむも良し、テーブルで楽しむも良し。 お1人様でも、仲間達と ご一緒でも様々なシーンでご利用頂けます。 Bayside Motionが、港町ならではのエキゾチックな夜を演出致します。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F スイーツファクトリー、ショップ&カフェ 【鎌倉紅谷 Kurumicco Factory】の写真。 次々とお客さんが入っていきます。 手前がショップ、奥がカフェになっています。 ガラス張りのスイーツファクトリーでは名物「クルミッ子」を作っている ところが眺められます。 クルミッ子ができ上がっていく様子に感じるドキドキとワクワク、 クルミッ子を使用したスイーツに感じるときめきや幸せ、 クラフトマンとのワークショップで感じる楽しさや喜び・・・ 見る。 味わう。 体験する。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F スイーツショップ&カフェ【ありあけハーバースタジオ】の写真。 業界初「myハーバー」は、お好きなハーバーを選び、「撮影ブース」で 写真を撮って頂き、日付・メッセージを入力すれば、ハーバースタジオ 限定の船型(豪華客船クイーンメリー2)のパッケージが出来上がり。 さらに専用ポーチも付いて、世界でたったひとつの新しいお土産が 出来上がります。 さらに、船のパッケージをスマホで取り込むと、 ハーバーができるまでのFactory Tour(製造工程)映像が楽しめる 商品となっております。 発売して60年、3種類の「焼きたてハーバー」や、ありあけハーバーが 丸ごと入った、ソフトクリームがテイクアウト、店内カフェにて お召し上がりいただけます。 横浜・みなとみらい21新港地区『横浜ハンマーヘッド』2F スイーツショップ【YOKOHAMA CARAMELLABO】の写真。 実際はこちらの「テイスティングルーム」前に行列ができていました。 横浜発のキャラメル専門店。 銅鍋で炊き上げる自慢の 「横濱生キャラメル」をはじめ、常温でお持ち帰り頂ける10種類の キャラメルやその場でお召し上がり頂けるプリン・シュークリームを 職人が工房でお作り致します。 「手作りのキャラメルは本当に美味しい」ことを知って頂くために、 職人が素材・製法・火加減にこだわり銅鍋につきっきりで時間を 調整しながらじっくりと心をこめて炊き上げています。 こだわりのキャラメルスイーツをお召し上がりください。 横浜・みなとみらい『InterContinental Yokohama Pier 8』1F 2019年10月31日に開業した『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の エントランスの写真。 一番最初に来た際は、こちらのエントランス前に常駐している ホテルスタッフに予約名を告げて扉を開けてもらいました。 一般の方が入れないようにセキュリティ面でもしっかりしています。 『インターコンチネンタル横浜Pier 8』は世界でも数少ない埠頭 という立地にあり、3方向を海で囲まれているのが特徴です。 このため埠頭の低層施設ならではの眺望は、オーシャンビューで 開放感にあふれ、まるで優雅な船出のひとときのような特別な滞在を 楽しむことができます。 なお、『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の運営は、 『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル』を運営する 株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテルです。 <チェックイン> 15:00 <チェックアウト> 12:00• 横浜・みなとみらい『InterContinental Yokohama Pier 8』1F 『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の1階のエレベーターホール にあるらせん階段の写真。 エントランスを入ると上層階へ移動するエレベーターホールがあり、 エレベーターホールの中央には2階へと続くらせん階段が 設置されています。 ホール壁面は波のような模様が施され、階段に取り付けられた照明で 浮かび上がるらせん階段が、ゴージャスな雰囲気を醸し出しています。 実際はホテルスタッフの方とエレベーターで5階のクラブラウンジ 【クラブインターコンチネンタル】に行きましたが、 分かりやすいように2階から見ていきます。 こちらのらせん階段(エレベーターでも行けます)を上がると・・・。 横浜・みなとみらい『インターコンチネンタル横浜Pier 8』2F 2階にあるレストラン&バー【Larboard(ラーボード)】の写真。 【Larboard(ラーボード)】では、朝食はブッフェスタイルで、 温かい料理はテーブル席に届けていただけます。 横浜港を眺めながらブランチも楽しむことができます。 ランチはアラカルト、ディナーはコース料理で、横浜独自に進化した 洋食なども取り入れながら、旬の食材を活かした多彩なメニューが 提供されています。 旅の寛ぎを感じる店内、みなとみらいの街並みや海の景色を楽しめる テラス席の他、バーカウンターも設けられています。 <営業時間> 〇 朝食(宿泊者のみ) 6:30~12:00(ブッフェは10:30まで) 〇 ランチ 12:00~17:00 L. 〇 ディナー 17:30~21:30 L. 〇 バー 17:30~22:30 L. <座席数> 106席(店内:70席、テラス席:32席、バースペース:14席)、 個室:1室(6席) 朝食なしの宿泊プランで宿泊した場合は、【Larboard(ラーボード)】 で朝食をいただけますが、この日は平日だったので朝の時間帯は クローズでした。 <料金> 〇 朝食(ブッフェ) 6:30~10:30 3,800円(税込み)、5~12歳 1,900円(税込み) ホテルのスタッフ曰く、『インターコンチネンタル横浜Pier 8』の お部屋の予約の稼働状況に応じて、朝食の時間帯にオープンするか 否かを決めているそうです。 現時点では朝食の時間帯は、ホテルの稼働率が高い週末に限り オープンし、比較的にホテルの稼働率が低い平日はクローズのようです。 私は今日はお酒を一滴も飲む気になれませんでした(苦笑) 『インターコンチネンタル横浜Pier 8』は5階建てで低いので 宿泊されるときは「新港ふ頭客船ターミナル」に 大型客船が入港していない日を選んでくださいね。 下の階にある『横浜ハンマーヘッド』にも たらよろさまが以前行かれた恵比寿のピザやさんが 入っています。 リンリンベルベル.

次の