臭い玉 耳かき。 臭い玉を取り方をみて綿棒などで取るとさらに悪化!口臭もひどくなる

臭い玉を取り方をみて綿棒などで取るとさらに悪化!口臭もひどくなる

臭い玉 耳かき

臭い玉(膿栓)って何? 臭い玉は膿栓とも呼ばれ、 喉の両脇にある扁桃(良く扁桃腺が赤くなるとか言いますがそこです)に出来る白い粒のようなものです。 その サイズは米粒ほどのものが多く、 飛び出した臭い玉(膿栓)を潰してニオイをかぐと硫黄をさらに臭くしたような強烈な臭いがします。 実は扁桃にはもともと多くの穴があって、カラダの中に入ってくる異物を捕まえる役割を果たしています。 一種の防衛反応でもあるわけですが、そこに溜まったものは ウイルスや細菌の死骸で扁桃を持っている人なら誰でも出来る可能性があるのが臭い玉(膿栓)なんです。 通常であれば、臭い玉(膿栓)はそれほど大きくならないうちに、咳や痰と一緒に排出されます。 ところが、口呼吸などで唾液の分泌が減少すると、ウイルスや細菌の死骸が溜まりやすくなって、臭い玉(膿栓)も大きくなってしまいます。 口臭ケアしてもまだ臭い! 自分の口臭を自覚しており、 口腔内のケア(歯周病や虫歯)や 胃腸の不調を改善するなど、口臭の原因となるものを予防しているにもかかわらず、臭いがする場合には、臭い玉(膿栓)を疑ってみましょう。 口臭の原因としては、上記に挙げたように、口腔内、体の内側(胃腸)などが考えられますが、実は、この記事で挙げている 臭い玉(膿栓)も口臭の原因の一つになります。 口臭のほとんどの原因は80~90%口腔内にあると言われています。 歯周病や虫歯は歯医者で治療することで改善できますし、舌苔(ぜったい)も喉の奥の方でなければ、舌ブラシなどを使うとケアすることができます。 ところが、この 臭い玉(膿栓)は、かなり喉の奥にありますから、通常の方法では取り除くことができません。 臭い玉(膿栓)はもともと外部からの細菌などの浸入を防ぐために出来るわけですが、もし体の中に飲み込んでしまっても害はありません。 ただ、臭い玉(膿栓)が溜まり続けると 慢性扁桃腺炎 になることがあるので注意が必要ですよ。 臭い玉の出来やすい人と出来にくい人の特徴とは ところで、人によって臭い玉(膿栓)の出来やすい人と出来にくい人がいるのでしょうか? そこで、臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人に差があるのか、その特徴の差をまとめてみたいと思います。 そうなると排出するよりも溜まっていくことになり臭い玉(膿栓)が出来やすくなります。 画期的な新時代の電動歯ブラシ登場。 基本的なことですが、常に 口の中を清潔にしている人は、臭い玉(膿栓)が出来にくくなります。 もう一つは、 口腔内の乾燥を予防する習慣のある人は、臭い玉(膿栓)が出来にくいですね。 ただし、もともと 扁桃腺の陰窩(いんか)と呼ばれるくぼみが先天的に大きな人は、どうしても臭い玉(膿栓)が出来やすくなってしまいます。 臭い玉(膿栓)が出来ていたらどうする? 鏡などを見たときに臭い玉(膿栓)が出来ていた場合、どのようにするのが良いのでしょうか? そして、臭い玉(膿栓)が出来にくいように予防するにはどうしたら良いのか?を紹介します。 1.すでに臭い玉が出来ている場合 臭い玉(膿栓)は 耳鼻咽喉科や口腔外科のある病院で取り除いて洗浄してもらうのが一番確実で安全です。 治療方法は 洗浄と吸引で取り除くことが一般的です。 ただし、臭い玉は自然に出来るものなので、対応してくれない耳鼻咽喉科もありますから受診の際には、 事前に臭い玉の洗浄・吸引をしてくれるのか確認しておきましょう。 洗浄・吸引することで、一時的に臭い玉(膿栓)はなくなりますが、耳垢などと同じで時間が経つとまた出来ることが多いので、洗浄と吸引を繰り返すことになります。 扁桃腺を除去するという方法もありますが、もともと自然に出来るものなので、手術までする人は少数派です。 2.臭い玉(膿栓)が出来にくいように予防する方法 臭い玉(膿栓)は自然に出来るものなので、耳鼻咽喉科で洗浄・吸引しても、時間とともに新しいものができてしまいます。 そのため、 臭い玉(膿栓)が出来ないように予防することが大切になってきます。 そこで、いくつか臭い玉(膿栓)を予防する方法を紹介します。 イソジンなどの うがい薬や殺菌力の強い 緑茶などを使ってうがいをするのも効果的です。 さらに可能であれば、 鼻うがい をするのがいいです。 鼻うがいはホコリやウイルスを洗い流すことが出来るのでより有効です。 口呼吸をしていると口の中が乾燥し、細菌が活発に増える環境を作ってしまい扁桃炎などを引き起こす確率が高まります。 とくに 睡眠時の口呼吸は健康に大きなダメージを与えます。 鼻呼吸できるような 鼻呼吸用テープなど薬局などで手軽に手に入りますから、試してみる価値はあると思いますよ。 細菌の増殖を抑制するためには、丁寧な歯磨きは必須です。 食べかすなどが残っていると、 歯周病や虫歯のリスクだけでなく、臭い玉(膿栓)が出来やすくなります。 日頃から食生活にも注意し、適度な運動をする。 また、なるべく ストレスを抱え込まないようにすることで、免疫力が高まります。 ところで、この臭い玉(膿栓)が気になったあなたが、ネットで情報を探しているとかならずといって 自分で取り除く方法が出てくると思います。 例えば、 綿棒・耳かきを使うとか、シャワーを使う、注射器スポイドを使うなど、多くの方法が出てきます。 でも、それは止めて下さいね。 喉の粘膜は 非常にデリケートです。 場合によっては喉に傷が付いてしまうかもしれませんので、おススメできません。 物理的に臭い玉(膿栓)をケアする! いかがでしたか? 臭い玉(膿栓)は誰にでも起こる可能性のあるものです。 出来ているからといって、すぐに危険があるわけではありません。 しかし、放置して臭い玉(膿栓)が大きくなったり、数が増えると 硫黄よりも酷い口臭を発することにもなりかねません。 そんな時に物理的に予防するために開発された 喉口臭専用スプレー「 ルブレン」 を使って、物理的に改善する方法もあります。 臭い玉(膿栓)を抱えたまま、いつ口臭に変わるのかビクビクして過ごすようにならないための方法としておススメですね。 私には2つのコンプレックスがありました。 一つは、少し前に加齢とともに歯が黄色くなってきて、笑った時に黄ばんだ歯が見えてしまうことです。 そしてもう一つも、何が原因かわかりませんが口臭がきつくなってきていました。 普通はなかなか指摘できない悩みですが、家族(妻と娘)から、歯の黄ばみと口臭を指摘されて困っていました。 そんな時に歯のホワイトニングと口臭予防のアイテムを使って、2つのコンプレックスから開放することができたんです。 今では妻からも「歯が白くなったね。 」と言われるようになり、会社でも以前は気になっていた口臭もなくなったので、自信を持って人と話ができるようになりました。 そんなコンプレックスを持った人の少しでもお役に立てればと、歯のホワイトニングと口臭についてのブログを書くことにしました。 興味がある人に見ていただけると嬉しいです。 アーカイブ アーカイブ Twitterもどうぞ.

次の

臭い玉(膿腺)の場所が動画でよくわかる!膿栓動画がヤバ過ぎ…

臭い玉 耳かき

臭い玉の取り方、膿栓の取り方でお悩みの方へ。 綿棒・シャワー・耳かきで臭い玉を取る方法も危険です! 綿棒なら安全?シャワーなら臭い玉(膿栓)が取れる?そんな臭い玉・膿栓の取り方を探してインターネットを検索した方へ。 本当に、いろんな道具を口から突っ込んで、臭い玉・膿栓の取り方を工夫される方の多いこと!でも、 結論から言えば、扁桃が傷ついたり、腫れたりするので、絶対にやめて下さい。 それだけならまだしも、穴が広がってしまい、ますます臭い玉・膿栓が出来る頻度が増えたり、大きくなったりして悪化する可能性もあります。 では、今この瞬間も、喉にいろんなものをつっこんで、えづきながら、涙を流しながら臭い玉(膿栓)の取り方で、もがいている人たちがたくさんいることを想像しながら、読んでくださいね。 道具で取る7つの方法とは?(危険) 臭い玉(膿栓)を取るのに、どんな道具を皆さん使っているのでしょうか?完全にやってほしくないのですが、いろんな道具を扁桃に突っ込んで悪戦苦闘しています。 実際の声を集めた結果はこちらの通りです。 良い子は真似しないでくださいね。 まずは耳鼻咽喉科に行くのが正しいですから。 指で取る どうしても気になってしまうのでネットで調べたところ自分で取ったという人が多数いたので私もやってみようと思い、まず鏡を使って臭い玉(膿栓)の正確な位置を把握しました。 見てみると簡単にわかる場所にあったのでなおさらこれはとれると思い指を奥まで突っ込んで挑戦を何度もしました。 しかし触ることが出来てもあと少し届かずなんどもおえっとなり結局取ることが出来ませんでした。 結局取れずに病院に行くことを検討していたのですが 指でなんどもついたのがいけないのか新しい臭い玉が出来てしまいました。 さらに喉の調子がとても悪くなりイガイガする感じと、唾を飲み込む際の激痛に見舞われてしまいました。 ネットなどでは簡単に取れたという人がたくさんいたのですがやはり最初から病院に行けばよかったととても後悔しました。 [宮城県 男性 24歳 会社員] 指は、口蓋垂(のどちんこ)に当たってしまう事も多く、おえ~、っとなってしまいます。 また、指で届いたとしても、扁桃腺が傷ついてしまいます。 綿棒で取る 鏡で臭い玉(膿栓)の場所を確認しながら、周りを少し押してみたら、白い塊がむにゅっと少し出てきたので、調子に乗って強く押しすぎてしまいました。 押した場所が悪かったのか、咳と吐き気が出てしまいました。 しばらくむせて、すごく苦しかったのに、肝心の臭い玉(膿栓)はとれず、苦しい思いをしただけでした。 むしろ押し込んでしまったようで、穴の奥に白いものが見えるのに、全然頭が出てこず、 余計とりにくくなって、今でもまだ臭い玉があります。 [東京都 女性 30歳 会社員] 綿棒が刺激がなくてやさしい、と思って突っ込む方は非常に多いです。 しかし、取れないとなると強く押したり、こすったりすることになりますので、結局は扁桃腺にダメージを与えます。 耳かきで取る 耳かきは細いので慎重にやれば取れると思ったのに、喉の奥に突っ込んでしまって何度も吐きそうになったり咳が出て、とても辛かったです。 取れたと思ったら喉の奥に落ちてしまって飲み込んでしまったり、喉を傷つけてしまって数日呼吸をするとビリッとした痛みがあったり飲み物を飲む時も痛くて大変でした。 幸い血は出ませんでしたが、 何故か以前よりも臭い玉が出来やすくなってしまったようで、前は1週間に1個程度だったのが2日に2個といった感じで、これなら触らない方が良かったかと思いました。 [大阪府 女性 28歳 女性] 耳と同じように、ゴミやカスは耳かきで取れると思っている方がいらっしゃいます。 耳かきもやりすぎないように耳鼻科に指導されますが、扁桃腺は粘膜なのでさらにデリケートです。 そこに固い耳かきを突っ込むと痛めることになります。 さらに悪いことに、耳かきに限りませんが、この方のように自分で取る方には、臭い玉が出来やすくなるというアンケート結果も多く集まりました。 ピンセットで取る ピンセットを使って自分で臭い玉(膿栓)を取ろうと試みたところ、まず最初にのどの奥にたいへんな違和感を覚え気分が悪くなってしまいました。 なんとか無理をして臭い玉(膿栓)をピンセットで挟もうとしましたが、 手元がくるってのどを傷つけてしまい軽く出血までしてしまいました。 しばらく飲み物や食べ物がしみるようになり、ピンセットで臭い玉(膿栓)を取ることを断念しました。 [埼玉県 女性 43歳 主婦] 掴んで取りたい!と思う方はピンセットを使うようです。 ただし、この方のように、手元がくるってしまうと、あっという間に出血することになるのがピンセットです。 歯ブラシで取る ネットに書かれていた、臭い玉(膿栓)の取り方の1つである歯ブラシで取る方法を見て試す事にしました。 臭い玉(膿栓)のある場所は口を思いっきり大きく開けると埋もれている臭い玉が白く浮き出てきてすぐに分かりましたが、歯ブラシの毛先を利用して時間がかかり何とか1つ取り出せたくらいでした。 歯ブラシの毛先で取るには時間もかかるし、喉も傷つけてしまし暫くの間口の中が痛くて食事の時にも影響がありました。 その後、 臭い玉(膿栓)の出来る頻度も多くなり、以前は10日おきくらいだったのが歯ブラシ作戦の後は毎日、臭い玉が出没するようになり臭い玉(膿栓)の数も多くなりました。 ネットで歯ブラシ作戦を見た時も「お薦めはしません」とあったのに・・・今は後悔しています。 [埼玉県 女性 36歳 主婦] 歯を磨くついでに、扁桃腺に歯ブラシを突っ込む方も多くみられます。 この方も、扁桃腺を傷つけるだけでなく、臭い玉が逆に増えてしまったようです。 ウォーターピックで取る ウォーターピックで取ろうとして失敗してしまいました。 鏡ではその臭い玉(膿栓)のある場所が見えるのですが、いざ、このウォーターピックの先端を口の中に入れてしまうと、まったくその場所が見えません。 感覚で水を当ててはいますが、見えないだけに、どう当てればより玉が取れるかがよく分からないのです。 どうしてもよく分からないから水圧を強くしてずっと当てていたら、ヒリヒリと赤く腫れてしまい、食べ物を噛む度にジンジンしてしまいます。 臭い玉もますます大きくなり、臭いも強くなってしまいました。 そこに玉が挟まりやすくなり、困ってしまいました。 [神奈川県 女性 40歳 会社員] ウォーターピックでは水流をもっとも低くしても、傷が付くようです。 もともと歯の間のゴミを水流で吹き飛ばすものですので、粘膜には強すぎます。 シリンジで取る 鏡を見ながら慎重に行いました。 最初の頃は全然問題なく取れていましたが、ちょっと油断した時に喉をガリッとしてしまいました。 血は出なかったのですが、その後1週間程は唾をのみ込むだけでも凄く喉が痛くてしょうがなかったです。 何もしていなくても喉に違和感があって、睡眠不足になりました。 そして何度も取っていたせいか、 穴が大きくなったようで、臭い玉も以前より量が増えました。 以前は1週間に1度で良かったのが、3日に一度2~3個も出てくるようになってしまったのでした。 [大阪府 女性 28歳 会社員] 安全と思っていても、穴が広がってしまう方が多く、悪化してしまうようです。 失敗する4パターンとは? 自分で道具を突っ込むのは良くないのはご理解いただけたかと思います。 実際の失敗した声を集めましたので、ちゃんと読んでみてくださいね! 血が出る 押し出したり、ほじくり出そうとしましたが全く取れなかったので、もう少し強く穴の中に綿棒を入れてみましたが、 穴が深いものだったのかズボッと中に入ってしまい、取れなくなってしまいました。 慌てて強く引っ張って取ったんですが、皮膚が赤く腫れてしまった、そこから血がにじんでしまった。 [岩手県 女性 37歳 主婦] 多くの方が経験するのが扁桃腺から血がでることです。 血が出てからやめる方がほとんどですが、血が出る前にやめてほしいものです。 扁桃が腫れる なんとしてでも臭い玉(膿栓)を取りたかったので歯ブラシで口の中を 執拗にこすり粘膜を傷つけ炎症を起こしてしまいました。 うまく取れず何度もいじくり穴が広がったように感じます。 そのせいかいつも同じ箇所にできるようになりました。 [和歌山県 女性 26歳 会社員] 道具をのどに突っ込んでもなんともなくても、翌日の朝には扁桃腺が腫れていてびっくりという方も多いです。 粘膜はこすれば腫れます。 これ、単純な話なのですが、なぜか大丈夫だと思ってしまうんですね。 高熱が出る 何度も無理やり扁桃の臭い玉(膿栓)のあるあたりを押していたら、喉が赤くなってしまい、その日は諦めました。 しかし翌朝になってひどい喉の痛みで目が覚め、鏡で喉の奥を覗いてみたら前日に臭い玉(膿栓)を取ろうと無理をした場所が赤く腫れて、それがもとでその場所に ばい菌がはいってしまったらしく、そのまま扁桃炎になってその日の晩に高熱を出してしまいました。 耳鼻科に行ったら先生にこっぴどく叱られてしまいました。 [神奈川県 女性 41歳 主婦] 高熱が出る方も多いです。 つまり、細菌感染してしまって扁桃腺炎による高熱が出てしまったわけです。 こうなるともう病院直行です。 忙しいのにしばらく休まなくてはいけなくなります。 以前より臭い玉がひどくなる 何度かウォーターピックで取ろうと頑張ってみたのですが、逆に喉がヒリヒリしてきて赤くなってしまい、傷ができたのか口内炎ができてしまいショックでした。 臭いが少し消えたような気がしたのですが、すぐに臭いがしてきたので気のせいだと思います。 臭い玉(膿栓)は一つもとれませんでしたし、逆に臭い玉ができる回数が増えてしまい辛いです。 [北海道 女性 37歳 主婦] このような体験談は非常に多いです。 穴が広がった。 ますます穴にゴミが溜まりやすくなり、結果として臭い玉もどんどん出てくる体質になってしまった、という人ですね。 以前は1週間に1回の臭い玉が、2日に1回になった方もいます。 また、臭い玉ができる範囲が広がった方もいます。 これまでは小さな穴だったものが広がったので、臭い玉ができる穴になってしまったということでしょう。 失敗する7つの原因とは? そもそも、なぜ失敗するんですか?失敗の原因は何なのでしょうか。 では、失敗の原因を体験談から読み解いてみましょう!まとめると次のような種類に分かれます。 見えない 臭い玉(膿栓)は扁桃腺にありますが、必ず表に出ているものでもありません。 中からできてきますので、もちろん扁桃腺の内部にあるものは見えません。 見えない臭い玉(膿栓)をどうしても取りたい人が多いので、いろんな道具を無理に突っ込むことになります。 指からはじまり、綿棒、歯ブラシ、耳かき、ピンセット、ウォーターフロスなどですね。 本当にみなさんいろいろ喉に突っ込みます。 危ないです。 手元が狂う 喉にいろんな道具を突っ込むのですが、どうやるか?もちろん、鏡を使います。 しかし、それ、逆に映っていますので、どうしても手元が狂い、狙った場所に道具を突っ込めません。 そもそも突っ込んじゃいけませんが、さらに手元が狂って臭い玉と関係ない場所もどんどん痛めていきます。 耳かきやウォーターピックなど固いもので手元が狂った場合には激痛が走ります。 えづく 人間は喉に何かをいれると、吐き出す体になています。 道具を喉に突っ込んでも同じです、えづきます。 えづくともちろん、臭い玉(膿栓)をとるどころではありません。 これは、耳鼻咽喉科にいっても同じです。 えづきやすい人は処置がなかなか進まず、断念して帰って来る人もいます。 えづくと、手元も狂いやすく、扁桃腺を傷つけてしまいます。 また、えづきながら臭い玉(膿栓)を取っている様子はあまり見られたものではないので、気持ち的にも「私、何をやっているんだろう」とガッカリする方もいます。 涙がでる えづくと涙も同時に溢れる方も多いです。 涙がでるので、もちろん鏡もみづらくて、手元が狂いやすく扁桃腺を痛める原因になります。 涙にくれながら、えづきながら、喉にいろんな道具を突っ込んでいる人が、今日も日本中にいます。 泣きながら臭い玉(膿栓)を取っているのもあまり、人に見られたものではありませんね。 こすりすぎる 扁桃はデリケートです。 粘膜です。 それを手元が狂ったまま、いろんな道具でこすります。 しかも、見えにくいので、1回で済まずどんどんこすります。 粘膜を過剰にこすることが失敗する原因となります。 柔らかいと思っている綿棒でも指でも、何度もこすると必ず扁桃腺は傷ついて腫れます。 傷から細菌感染がおこり、本格的に病院に行くことになります。 また、穴をこすることになりますので、穴が広がりやすく、結果として臭い玉が出来やすくなる体質になってしまいます。 突っ込みすぎる 表に出ていない臭い玉(膿栓)を取ろうとして、奥へ奥で道具を突っ込んでいます。 扁桃腺は奥まで続いていますので、思わずズボッと入ってしまうこともあります。 道具が入ってしまうということは、粘膜も相当痛みます。 それとは別に、臭い玉も取れるどころか、奥に突っ込んでしまうのですが、それはやってしまった後の祭りで後悔する人が本当に多いです。 また、突っ込んでしまったら、どんどん穴が広がることになり、ますます臭い玉(膿栓)の発生頻度が高くなります。 押しすぎる 指でも綿棒でも、押しすぎると圧力がかかり、粘膜は傷つきます。 また、ピンセットで間違って扁桃腺を挟んでしまえば、押す以上の圧力がかかって激痛が走り、傷つきます。 出てこない、見えないから、どうしても押しすぎることになり、扁桃腺から血が出たり腫れたりします。 まとめ 臭い玉(膿栓)は、自分で取ればいいや、と思っていましたが、本当は危ないんですね。 まとめると次のことが言えます。 扁桃腺は粘膜なので、道具を突っ込んで自分でとってはいけません。 血が出る、腫れる、高熱がでる、などケガ・病気の元になります。 穴が広がって、臭い玉が以前よりも悪化します。 ネットの情報で「簡単に取れます!」という情報を見ると思いますが、取れなかった、失敗した、という人はあまり情報発信をしないため、偏った情報を信じてしまう人が多いかと思います。 今回の情報がお役に立てれば幸いです。 次のページでは、安全に取る方法と危険な方法をグラフで分類しています。 以上「臭い玉・膿栓の取り方に注意!匂い玉を綿棒・シャワー・耳かき・シリンジ・ピンセット・歯ブラシ・ウォーターピックで取る?(扁桃炎、高熱、出血、扁桃の穴が広がる、臭い玉が悪化する等)」でした。 膿栓が取れないので耳鼻咽喉科に行った方の体験談も参考にしてください。 物理的に口腔をキレイにし、保湿成分が配合されているルブレンのご紹介 唾液がいつもサラサラ出ているのでない場合には、ルブレンをご利用下さい。 保湿成分も複数配合されているので、汚れが取れた後にも保湿されます。 また、口臭サプリと違い、「お口を清浄にし、口臭を防ぐ」という効果効能を商品に書いてよいと認められている商品です。

次の

口からでてくる臭い玉(膿栓)の原因や改善法を紹介!口臭にも関係あるって本当?

臭い玉 耳かき

のどの奥にある膿栓(臭い玉)。 くしゃみや咳をしたときにときどき飛び出すことはありますが、一度見つけてしまうと気になってしまうもの。 綿棒や耳かきなどを使うと簡単に取れますが、 うっかり粘膜を傷つけてしまうと出血したり、細菌が入って炎症を起こしたりします。 そんなときは、舌をうまく動かせば、小さな臭い玉ならば取れる可能性があります。 実際に、 多くの人が舌とのどの筋肉を動かすだけで臭い玉を出すことに成功しています。 どれも、綿棒や耳かきなどを使うよりは刺激が少ない方法ですが、やりすぎるとたまにのどを傷つけてしまう場合もあるようです(特に、のどの筋肉を激しく動かす方法)。 小さな臭い玉であれば、食事のときや寝ているときに自然と取れて口から出たり、飲み込んだりするので、そこまで気にする必要はないかもしれません。 当サイトでは口臭対策グッズ36種類を比較してランキングにしています。 興味があれば購入の参考にどうぞ 溜まった臭い玉をすっきり取る方法はこちら 臭い玉を大量に取るための方法をまとめました。 臭い玉を除去してすっきりしたい方はこちらの記事もご覧ください。 こちらはネットの掲示板に投稿された体験談です。

次の