クレープ レシピ。 食事からデザートまで!クレープの人気レシピ20選

現役プロが教える!小麦粉から作るクレープ生地の簡単な作り方。

クレープ レシピ

薄力粉…100g グラニュー糖…大さじ1 卵…1個 牛乳…250ml バター…10g 油…適量 作り方 1. ボウルに薄力粉、グラニュー糖を入れ、混ぜ合わせる。 卵を入れて混ぜ、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。 バターを別の容器に入れてふんわりとラップをかけ、600Wのレンジで20秒ほど加熱して溶かす。 【2】に【3】を加えて混ぜ合わせたら、ラップをして冷蔵庫で30分以上寝かせる。 (生地を寝かせることで、粉が生地に馴染みますし、もっちりしすぎるグルテンの働きも抑えられます。 夜のうちに生地を作って朝焼くなど、できれば半日ぐらい寝かせるのが理想です。 ) 5. 弱火で熱したフライパンにキッチンペーパーで油をひき、生地をおたま1杯ほど入れ、薄く広げて焼く。 (弱火で熱した後、一度火から外して生地を流し込むと、焦らずに薄く伸ばせます。 なるべく素早くフライパンを回して伸ばすのがコツです。 ) 6. ひっくり返してさっと焼く。 薄く焼き色をつけたクレープは、赤ちゃんのほっぺのようにふんわりモチっと。 しっかり焼き色をつければパリッとしたクレープになるので、お好みの焼き加減を見つけてくださいね。 シュガーバタークレープ 材料(1人分) 基本のクレープ…2枚 いちご…中8個(100gくらい) グラニュー糖…大さじ2(甘さ控えめなら大さじ1) 白ワイン…80ml バター…10g バニラアイス…適量 作り方 1. いちごを4等分にし、グラニュー糖をまぶして30分ほどおく。 飾りのいちごは1つとっておく。 フライパンにバターを溶かし、【1】と白ワインを加えて、弱火で5分ほど煮る。 クレープを4つ折りにして入れ、1分ほど煮る。 皿に盛り、バニラアイスといちごを飾る。 旬のいちごを使った、ピンク色のかわいいクレープシュゼット。 フランベや難しい作業はなしで、簡単に作ってみました。 いちごソースで煮ると、クレープがもっちりして美味しいですよ。 溶けてきたアイスを絡めて、贅沢に食べていきます。 ストロベリーアイスでいちご満載にしても、クッキーアンドクリームやチョコのアイスでアポロ風にしても楽しめますね。 スタイリング 主役となるクレープは焼き色がかわいいので、シンプルに。 アンティークのような雰囲気のお皿との相性がいいですよ。 クレープシュゼットは、いちごの赤が映えるように白いお皿で。 合わせるクロスもピンクにすれば、春らしくかわいいテーブルになります。 手軽に作れるクレープ。 バナナとチョコソースでも、いちごと生クリームでも、もちろんツナマヨとレタスを巻いてもよし。 みんなで巻くのも楽しいですね。 お好みでカスタマイズして、美味しく食べましょう! 野心を叶えたら、ハッシュタグでシェア! NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。 読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…! それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。 ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「」で教えてくださいね。

次の

食事からデザートまで!クレープの人気レシピ20選

クレープ レシピ

クレープの発祥はフランスのブルターニュ地方と言われています。 ここは土地が痩せており小麦粉が栽培できなかったため、蕎麦が常食されていました。 そこで食べられていたそば粉で作ったガレットという料理がクレープの元です。 しかし私たちがクレープと言って思い浮かべる生クリームや果物をたっぷり巻いたものは、意外にも日本で生まれたものと言われています。 この記事では、クレープの基礎知識に加え、まずは基本のクレープレシピ・アレンジクレープレシピ・食事系クレープレシピ・HM(ホットケーキミックス)のクレープレシピ・市販品を使ってクレープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ料理のレパートリーに取り入れてみてくださいね。 クレープ生地の作り方について クレープの生地の作り方はさまざまですが、基本は薄力粉・卵・砂糖・牛乳・塩・無塩バターで作ります。 作り方は、まずボウルに卵を割り入れ静かに溶き、そこに砂糖、塩を入れて混ぜてから牛乳を半分だけ入れます。 少し混ぜたらそこに薄力粉を振るいながら入れて、ダマがない滑らかな状態になるまで泡だて器でよく混ぜます。 ここで少し固めの生地に仕上がるのが理想。 いきなりゆるく作るよりも失敗しません。 そこに溶かしバターを入れて、ザルなどで漉してから30分ほど寝かせます。 寝かせることで粉っぽさがなくなる上、グルテンが安定して伸びが良くなり破れにくい生地になります。 薄力粉は上質の粉が細かいものを選びましょう。 口当たりのよい柔らかな生地に仕上がります。 もちもちした食感が好みなら強力粉を使って作りましょう。 クレープの作り方について 生地ができて焼き始めても、破れてしまったりひっくり返せなかったりと、クレープを作る時の失敗はいろいろ。 専門店ならクレープ用の鉄板があり、生地を丸く均等に伸ばすための道具があったりするのですが、 家庭ではそうはいきません。 でもコツさえつかめば、家庭のフライパンでも十分おいしいクレープは作れます。 まずフライパンに油を引いたら強火で十分に熱し、少し冷ましてから生地を流し入れます。 この時フライパンが熱すぎると生地に気泡ができてしまうので注意。 生地を全体に伸ばしたら、表面が乾き裏面がキツネ色になるまで焼きます。 焼けて端が縮れてきたら、手や菜ばしなどを使って一気にひっくり返します。 ここでもたつくと破れたり折り重なってしまったりするので、思い切りよくやりましょう。 あとは裏側も焼いて完成です。 ポイントを押さえてお店のようなクレープを作りましょう。 フランスのレシピ本をアレンジしたというクレープのレシピです。 作り方は、強力粉と砂糖、卵を混ぜ合わせたら牛乳を少しずつ注いで生地を作ります。 混ぜながら溶かしバターを加えた後、最低30分は寝かせます。 その後、弱めの中火にかけたフライパンで焼いて完成です。 この作り方だと少し厚めのクレープに仕上がるので、薄くしたい時は強力粉を減らしましょう。 材料4つで簡単に作るクレープ生地のレシピです。 作り方は、薄力粉と砂糖を混ぜたら半量の牛乳を加えます。 卵を加えたら残りの牛乳を加えて混ぜ合わせたら生地の完成。 あとはフライパンで薄く伸ばして焼いていくだけです。 コツは材料を加える順番。 この順番さえ守って泡だて器で混ぜていけば、簡単に滑らかな生地ができあがります。 つくれぽ数3500越えの人気レシピ。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

現役プロが教える!小麦粉から作るクレープ生地の簡単な作り方。

クレープ レシピ

はじめまして。 2人の男の子と夫、猫と片田舎に暮らす、フルタイムワーキングママです。 Instagramでは、趣味で作ったお菓子やパンをメインに、テーブルフォトと、日々の些末な出来事を綴っています。 こちらでもコラムを書かせていただくことになり,おもしろいこと書けるかしら・・・とガクガクブルブルしています。 つたない文章ですが,よろしくお付き合いくださいね。 今回、簡単で見栄えのするお菓子…と、ウンウンうなって思いついたのが、『クレープ』。 Instagramに写真を載せると、決まって、「薄く焼けない」「うまくひっくり返せない」というようなコメントをいただくんですね。 というわけで、今回は、おもてなしにもぴったりなクレープのご紹介です。 文明の利器を使いますので、どなたでも簡単に作れると思います。 材料(8~9枚分).

次の