ヤシオ ファクトリー。 ヤシオファクトリー

岡村和義

ヤシオ ファクトリー

社長である自らもハンドルを握り、やフェスタなどのイベントに参加し、、などのやに多く出演している。 ラジエターをはじめとした冷却系チューニングでは自社パーツを多数発売している。 イメージカラーはピンクであり、デモカーや自社商品に多用している。 エピソード [ ]• ショップデモカーのナンバープレートは840(ヤシオ)で統一。 車体色はピンクが多い。 以前は、老朽化した小さい店舗で細々と営業し、『6畳1間の趣味部屋』と揶揄されたが、に改装し、近代的な設備を揃え、チューニング雑誌などにも紹介された。 岡村社長の交友関係は広く、オープンの際にはレーサー・自動車マスコミ・同業者などが多く祝いに駆けつけた。 (この時送られたの祝花の殆どはD1ドライバーであるが営む山梨県の生花店のものが使われていた)。 脚注 [ ] 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

「ヤシオファクトリーに行ってきました!」きくりん♪のブログ | 地球を遊ぼう!いざ未知なる世界へ!

ヤシオ ファクトリー

略歴 [ ] 2001年にシリーズチャンピオンを獲得した選手が使用していたS15シルビアは、岡村が製作していた。 D1GP参戦以前からそのドリフトテクニックはあったが、D1SL(ストリートリーガル)に参戦すると、たちまちに上位選手に数えられるまでになった。 特に2006年度第4戦の戦では、決勝でとのサドンデスの末、ダブルクラッシュに見舞われたものの、同時優勝という形で自身初優勝を飾った。 その年はシリーズランキングでも3位に食い込み、最後までチャンピオン争いを沸かせた選手のひとりに数えられた。 2007年に入ると、より上位クラスであるD1GPにも()で参戦。 第3戦のではベスト8にてと激しく争い、惜しくも勝利こそならなかったものの、その敢闘ぶりは称えられた。 2007シーズン終了時での順位は18位、ポイントも13ptsを稼いだ。 一方、D1SLの方ではシーズン途中から()に乗り換えたが、マシントラブルが相次ぎ、不完全燃焼でシーズンを終えた。 2008年はD1GP第1戦エビスにS15シルビアで参戦した際、クラッシュに見舞われて全損。 第2戦富士スピードウェイにはPS13シルビアで参戦し自身初の単走100点を記録。 第6戦エビスにはタイムアタック用に製作されていたS15シルビアで参戦した。 2011年にはのGT300クラスでの360号車からの参戦が決定。 マシンは、パートナーはスーパー耐久などで活躍するという体制で挑む。 2011年からに参戦しており、2014年から選手会長を務めている。 2015年現在、シリーズで二度の優勝を獲得している。 エピソード [ ]• 生粋のシルビアマニアであり、用のオリジナルパーツを多く販売している。 レース戦績 [ ] SUPER GT [ ] 年 チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント GT300 18 17 DNQ NC 0 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• この項目は、関係者に関連した です。

次の

ヤシオファクトリー

ヤシオ ファクトリー

社長である自らもハンドルを握り、やフェスタなどのイベントに参加し、、などのやに多く出演している。 ラジエターをはじめとした冷却系チューニングでは自社パーツを多数発売している。 イメージカラーはピンクであり、デモカーや自社商品に多用している。 エピソード [ ]• ショップデモカーのナンバープレートは840(ヤシオ)で統一。 車体色はピンクが多い。 以前は、老朽化した小さい店舗で細々と営業し、『6畳1間の趣味部屋』と揶揄されたが、に改装し、近代的な設備を揃え、チューニング雑誌などにも紹介された。 岡村社長の交友関係は広く、オープンの際にはレーサー・自動車マスコミ・同業者などが多く祝いに駆けつけた。 (この時送られたの祝花の殆どはD1ドライバーであるが営む山梨県の生花店のものが使われていた)。 脚注 [ ] 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の