マラケシュ ホテル。 ラ マムーニア(La Mamounia):モロッコ、マラケシュ :ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(The Leading Hotels of the World)

ホテル マラケシュ, モロッコ

マラケシュ ホテル

マラケシュ - ホテル [宿泊目安]54040円〜158167円 フォー シーズンズ リゾート マラケシュはマラケシュ・メナラ空港からは2. 2kmの場所に位置したホテルです。 メナラ庭園からは車で3分と近く、クトゥビーヤ・モスクやジャマ・エル・フナ広場は3km圏内です。 空港シャトルサービスや無料駐車場を利用できます。 客室にはテレビ、エアコン、専用バスルーム、無料バスアメニティが備わっており、バルコニーから景色を望むことができます。 フォー シーズンズ リゾート マラケシュは無料Wi-Fi、ウェルネスセンター、屋外スイミングプールが併設されています。 5つ星のレストランではモロッコ料理やアンダルシア料理など各国の料理を楽しむことができます。 マラケシュ - 格安ホテル モロッコの中心部付近に位置しているマラケシュは、11世紀中頃のムラービト朝時代からの歴史ある都市です。 「マラケシュ」とはベルベル語で「神の国」を意味しており、郊外にオアシスがあることから「南の真珠」とも言われています。 市内は1985年に世界遺産登録された「メディナ(旧市街)」と「新市街」の2つの地域に分かれています。 マラケシュ市内中心地には多くのホテルが建ち並んでおり、中でも人気なのは、「リヤド」と呼ばれる古い邸宅をリフォームして造られたホテルです。 時期や人数によって値段は変動しますが、モロッコ独特の雰囲気があり、格安で泊まることができます。 マラケシュの空港から中心地付近までは近く、空港から市内へ向かうタクシーやバスもありますが、不慣れな人には使いにく、メディナは迷路のような道になっているので、事前にホテルでの空港送迎を予約することをおすすめします。 今回は、マラケシュで格安に泊まれるホテルを紹介します。 マラケシュ - ホテル マラケシュはかつてモロッコの帝都があった場所で、現在は経済の中心地となっています。 モロッコ旅行でも人気の都市で、ローズピンクの街と呼ばれています。 街並みはモロッコらしい異国情緒が漂う情景が印象的で、可愛らしい雑貨を取り扱うスーク(市場)や連日パフォーマンスが開催されている広場などに足を運ぶことができます。 観光スポットは水と緑が織りなす情景が美しいメナラ庭園、エキゾチックな建築様式が魅力なバヒア宮殿、マジョレル庭園&イブ・サンローラン博物館などが人気となっています。 観光中には街中の屋台で販売されている生搾りオレンジジュースを飲んで喉を潤してみてくださいね。 この記事では、そんなマラケシュでおすすめのホテルをご紹介します。

次の

砂漠ツアーも人気!マラケシュのリアド「Riad house13」

マラケシュ ホテル

とにかくマラケシュらしい雰囲気を一番近くで味わいたい!そして安全が一番、という方向けのエリア。 フナ広場周辺エリアです。 フナ広場は大きな広場で、陽が暮れるとたくさんの種類の屋台が出現します。 おそらくマラケシュに観光に来た外国人でここに立ち寄らない人はまずいないでしょう。 観光客だけでなく、現地の人も屋台で食事をします。 その時々によっておすすめの屋台などはあるようですが、現地の人が多く座っている屋台は当たりが多いと聞きますね。 とにかく大勢の人が集まり、何か露店でパフォーマンスをしている人なんかもいて、とてもにぎやかです。 そのフナ広場の周辺にはいくつか宿泊先(ホテルや、古い豪邸を宿泊施設にしたリヤドなど)があります。 人も多く、にぎやかなので夜でもあまり危険はなく、 夜にフナ広場の楽しさを安全に、存分に楽しみたい人にはまずおすすめできるエリアです。 フナ広場のおすすめホテル「Riad Dar Najat」 フナ広場のおすすめホテルですが「 Riad Dar Najat」がおすすめです。 マラケシュ内おすすめの宿泊エリアその2。 フナ広場にも近いですが、何よりもリーズナブルな宿泊先が多い、いわば安宿エリア。 フナ広場北東側エリアです。 大きなフナ広場周辺はメディナ(旧市街)と言って迷路のような細い道にたくさんのお店が軒を連ねる街並みが広がっています。 フナ広場から北東にある道を進むとすぐに、周辺は安宿エリアとなります。 この周辺は宿泊先のチラシを持っていたり、道行く観光客に声をかけ、安宿を勧めるモロッコ人に多く出会います。 世界中を旅するバックパッカーの方など、多少清潔でなくてもそれに慣れていたり、自分で工夫出来る人にとっては、フナ広場は近く、とても安く泊まれるので長期滞在もでき、非常に魅力的なエリアと言えるでしょう。 しかし、どこでもそうですが、宿泊先に案内されたら、 まず部屋をしっかり確認し、自分の基準に合わない場合は部屋を変えてもらったり、宿泊そのものを断ることも大切なことです。 旅の醍醐味と思い、声をかけてくる人をしっかり見定めることもしてみてください。 マラケシュおすすめエリア3:メディナエリアのホテル マラケシュ内おすすめの宿泊エリアその3。 実は私はここが一番おすすめのエリアになります。 フナ広場周辺にあるメディナ(旧市街)エリア。 モロッコらしい古い町並みは、道が高い壁で覆われていて、その壁のところどころに窓や扉があり、人の家や学校、お店、宿泊先などがあります。 昔の地域情勢上、その道も入り組んで迷路のようになっていて、日本の街並みとはずいぶん違います。 そんな中に、 昔の豪邸を改装して宿泊先にしたリヤド、と呼ばれるものが点在していて、外観こそ壁と扉だけですが、ひとたび中に入ればイスラム様式のとても素敵な内装を見ることが出来ます。 豪華さは値段に比例しますが、結構幅があり、自分の予算にあったリヤドを見つけることも出来ると思います。 そしてこのエリアのおすすめのポイントのひとつとして言えるのが、 とても静かだということです。 フナ広場からは場所によりますが5~15分(入り組んでいたりするので)と比較的近く、でも喧騒からは離れているのでとても静かです。 その分あまり夜遅くまでうろうろは少し不安もありますが、民家もあり、街灯もきちんとあるところを選べばそんなに危険ではありません。 それでも心配な場合は、可能な限りフナ広場から近い場所を選ぶといいと思います。 メディナエリアのおすすめホテル「Le Riad Monceau 」 このエリアのおすすめは「Le Riad Monceau 」です。 5つ星ながら1万円代で泊まれるコスパ・立地ともに申し分ないホテルです! シャワーが多いマラケシュのホテルの中でバスタブ付きの部屋も。 riad-monceau. インテリアも素敵で、外の喧騒と離れた静かな時間を過ごすことができます。 テラスや中庭にいたるまでこだわりを感じ、日本とは離れた別世界を感じることができますよ。 暑い夏の昼は、中庭のプールやテラスでのんびり過ごすのももおすすめです。 イスラムの魅力がぎゅっと詰まったマラケシュ 日本の様式も素敵ですが、日本では見ることの出来ない素敵なイスラム様式の建築物、街並みを楽しむことが出来る街です。 にぎやかさも、おそらくモロッコでは一番でしょう。 そのぶん観光地化も進んでいて、物売りの人たちも巧みに声をかけてきます。 しかし、にこやかに、しっかり断ることで自分も相手もそんなに嫌な思いをせずにすむことも多いです。 私たち日本人の気質とは違う、人懐っこく声をかけてくるモロッコの人たちと、ぜひあまり構えすぎずに交流してみてください。 アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。 企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。 そのライフスタイルを「 パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。 このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。 WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。 現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。 *今月は6月20日-22日の3日間募集いたします。

次の

ラ マムーニア(La Mamounia):モロッコ、マラケシュ :ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(The Leading Hotels of the World)

マラケシュ ホテル

モロッコの中央部に位置し、「ローズピンクの街」と呼ばれるマラケシュ。 世界各国から旅行者が集まるマラケシュには、安宿から~高級ホテルまで様々なホテルが揃っています。 もくじ:タップで該当箇所にジャンプ• マラケシュのホテルはとにかく数が多すぎる! 私がマラケシュのホテルを探していてまず驚いたのが、その 数の多さです。 試しに、有名予約サイトのBooking. comでマラケシュのホテルを検索してみたところ、 1800軒超えという驚異的な数字が出てきました。 地図検索機能を使って、地図上から視覚的にホテルを検索してみると、その大半は 旧市街 メディナ 内にあることが分かります。 絞り込み検索で、場所を 旧市街内に限定しても 約900軒、さらに旧市街の リヤドに限定しても 約650軒・・・。 旧市街の広さとしては、歩いて周れる距離 東西 約 2km・南北 約 3km なので、その 狭い空間に、数多くの宿がひしめきあっているというわけです。 私の経験上、ここまでホテルが密集している都市は レアケースです。 選択肢が多いのは良いことなのですが、心理学的には、 人間は選択肢が多いほど むしろ選べなくなる =決断できなくなる ので、 「どれを選んだら良いのか分からない!迷う!」という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。 実際、私も始めのうちは予約サイトのホテル詳細ページを1つ1つ見てたのですが、キリが無さすぎて諦めました 笑 おすすめの検索方法は、• 旅行者の ブログや インスタ等でおすすめされているリヤドをチェック• ある程度 目星をつけた上で、ホテル予約サイトで 空室状況・ 価格等をチェック• いざ予約!!! ・・・という流れが一番効率的なのではと思います。 リアド ヤスミン() ネットの写真を見ていると、確かに めちゃくちゃおしゃれです。 プロトラベラーのの影響もあってか、人気に火がついているようで、 かつ、海外の超有名インスタグラマーたちがこぞってインスタに写真をUPしている為、旅行者の認知度も高く、故に 競争率が激高です。 半年以上先まで予約で埋まっているものもあります ちなみに、私も上記リヤドを予約しようと試みたのですが、3ヶ月前では遅すぎでした… 涙 ずっとキャンセル待ちしてましたが、最後まで空くことは無かったです。 元々は裕福な家庭の邸宅して建てられた家なので、多少の規模の差はあれど、大半のリヤドは 少人数の宿泊客に 数室の寝室が用意されているだけです。 個人経営&家族経営というケースも多く、 部屋の絶対数が少ないということも、人気リヤドが満室になりやすい原因の1つでしょう。 笑 です。 赤い絨毯と植木の緑が合わさり、モロッコらしい雰囲気を醸し出しています。 大半のリヤドには、中庭や噴水などの水場が設けられています。 そして、その中庭を取り囲むように部屋が配置されています。 この写真だと伝わりませんが、スーツケースが余裕で広げられるくらいスペースが広いです。 こちらも広々としています。 ホットシャワー&水圧も完璧! 唯一欠点を挙げるとしたら、暖房があるものの、効きが悪いということくらいでしょうか。 私がマラケシュを訪れたのは5月上旬で春の時期にあたりますが、それでも夜は寒さに震えました。 予約に関しては、以下のホテル予約サイトで受け付けています。 場所は旧市街 メディナ の中にあり、 フナ広場や、バヒア宮殿のある 史跡地区に近く、マラケシュを散策するのにとても便利な立地です。 私は、4:20発カサブランカ行きの列車を予約していたのですが、深夜にもかかわらず、スタッフさんがフナ広場までスーツケースを運び、タクシーをつかまえてくれました。 暗い夜道をひとりで歩くのが不安だったので、付き添ってくれて本当に助かりました。 このクォリティーでこの値段はコスパ良すぎる~!!! マラケシュでリヤドに泊まる際の注意点 リヤドに宿泊する上で私がいちばん困ったことは、 とにかく場所が分かりにくい!というもの。 リヤドは都市部で生まれた宿泊施設ですので、大半は 旧市街 メディナ の中にあります。 マラケシュだけに限らず、モロッコの旧市街は城壁に囲まれていて 車は内部に侵入できない為、タクシーでホテルの目の前まで行くことはできません。 また、タクシーの運転手にリヤド名だけ伝えても、「ああ、あそこね!」みたいな反応は99%くらいされないので 笑 、リヤドの 住所や、スマホ等で 地図を見せるのが手っ取り早いです。 たいていは フナ広場で降ろされた後、徒歩でリヤドまで向かうのですが、 迷宮都市のフェズほどではないものの、マラケシュのメディナも相当 道が入り組んでおり、旅行者にとっては難解です。 さらに、ホテルのように【〇〇 HOTEL】みたいな目立つ看板もなく、そこがリヤドだと気づかずに目の前を通りすぎてしまったこともしばしば。 いちおう、扉に「Riad Dar Yema」と小さくリヤド名が書かれていますが、 緑色の部分 心の中で「 いやいやいや、ぜったい分からんでしょ!」と叫びました 笑 普通の民家にしか見えん・・・ まあ、元々は民家だったんだけども 「 モロッコの家は外側には閉ざされ、内に開いている」と地球の歩き方にも書かれている通り、 リヤドは、外側から見ると何の変哲も無い土壁の建物なのですが、一歩中に入ると、多彩なイスラムの「美」を感じることができます。 海外ホテルの場合、とりわけ発展途上国の接客・サービスはずさんなことも多々あるのですが、 モロッコのリヤドは、オーナーだけでなく清掃スタッフまで愛想の良い方も多く、おもてなしの精神を感じました。 メールのレスポンスも、海外とは思えないほど早いです。 私の予想ですが、マラケシュはリヤドの数が多い =ライバルが多い ので、激戦区で生き残っていくにはサービスの質を上げることが必要不可欠なのかもしれません。 個人的には「モロッコ観光の大きな目玉」といっても過言ではないはず。

次の