ペルソナ ソフィア。 ソフィア(ソフィー):ペルソナ5スクランブル攻略【P5S】

【ネタバレ】ペルソナ5スクランブル ストーリーまとめ1 あらすじ 考察 ラヴェンツァ

ペルソナ ソフィア

補足 の記載に準拠し、深淵のジェイル攻略後以降の感想は書かないことにする。 ストーリー ストーリーで印象に残った場面について語る。 渋谷 ソフィアとの出会い 「人の良き友人になる」とプログラムされたAI『ソフィア』。 人の心について学習し始めたばかりなので、怪盗団が『柊アリス』の改心方法の話し合いで 「アリスを倒すのが最善の手段なのに何故そうしない?」旨の発言をするが、 怪盗団メンバーが原点に立ち返り、優しくソフィアに説明する様子は「怪盗団、頼もしくなったな……」とほっこりする場面。 高巻杏と柊アリス 渋谷ジェイルの見所は、杏ちゃんの活躍。 主人公たちが『ジェイル』に迷い込んだことを他の怪盗団メンバーに報告したとき、 杏は柊アリスが王であることを一番信じられてなさそうだった。 主人公とアリスが出る生放送のテレビ観覧に行き、 アリスの「誰かの光になりたい」の言葉に強く共感する杏。 しかし、MC告白騒ぎのあった生放送後に アリスのマネージャーいじめの現場を目の当たりにしたことをきっかけに、自分と同じ志を持っていたはずのアリスを改心させることを決意。 そこからの杏は「アリスを助けたい」一心で一本気がある言動が増える。 予告状の文言も担当。 最後の柊アリスを諭す場面は、前作の鴨志田のオマージュに近い。 しかし今回は完全な悪党ではないので、 厳しいことを言いつつも最後は「だって私…同じ夢を持っている柊アリスが大好きなんだから!」と優しく寄り添う杏ちゃんに前作からの成長を感じつつ感動した…… アン殿…… 仙台 一ノ瀬久音との出会い 牛タン屋で出会ったテンション高めの女性『一ノ瀬久音』。 近衛明の講演で怪盗団だとバレてしまったときに、特になにも考えずにストーリーを進めていたけど、 『EMMA』の生みの親という時点で怪しかったね…… 怪盗団にイジられる善吉 「オジさん」呼ばわりされ続けたり、予告状を 夏芽安吾のイベント会場に貼る役割をさせられたりと、怪盗団との取引とは言え、散々な扱いをされているのに笑ってしまった。 でも、若者の中にいるオジさんの扱いがあんな感じになるのはしょうがない 笑 夏芽安吾と喜多川祐介 仙台では祐介の見せ場が多い。 小説家と画家、ジャンルこそ違うものの創作の道を生きる者として祐介は夏芽に思うところがあるのだろう。 トラウマルームで夏芽のトラウマを知り、創作にかける思い、孤独との戦いに共感する祐介。 仙台ジェイルを攻略する限りでは、夏芽の作品は稚拙だし、トラウマルームの編集者の言う通り小説家の才能はないから、救いようがないと思ったプレイヤーも多いだろう。 だから、 シャドウアンゴの「俺の努力を認めてくれ」に対しても共感はしづらいと思う。 しかし、祐介の 「俺が認めてやる。 」 「お前が必死に小説を書いてきたことを、俺が認めてやる。 」 という言葉は、 稚拙な作品だったかもしれない、でも孤独に創作に打ち込んだ者の再起の支えになっていくであろう言葉であった。 札幌 氷堂鞠子と奥村春 「杏ちゃんと祐介が王を諭していたから、次は真かな?」と思っていたら、まさかの春。 札幌市長でジェイルの王『氷堂鞠子』と前作で登場した春の父親『奥村邦和』のゆかりのある人物で、幼少期の春とも会っており交流もあった。 氷堂鞠子本人と会うまで、幼少期に大好きだった氷堂のことを思い出せなかった春は、自分が思うよりもずっと父のことを引きずっていたと自覚し、思い悩み続ける。 予告状を出す前日の深夜も主人公を夜に呼び出して複雑な胸中を語る場面も。 しかし、 昔の氷堂の教え 「これから辛いこともたくさんあるかもしれない。 」 「だけど立ち上がれば何度だってやり直せる。 それを忘れないでね。 」 を思い出し言葉の意味を理解した春は、その教えを氷堂に伝えることを決意。 そんな春が「 政治家を続けることは 無理よ…」と弱気になるシャドウ氷堂に言った 「…立ちなさい、 氷堂鞠子!」 は、いかにも 春らしくかつ彼女の成長を感じるセリフ でカッコいい。 普通の人が言ったらイタい感じになるけど、春が言うからこそ名言になる。 現実世界に戻ってきた後、双葉にその発言をイジられて恥じらうところがかわいいのも含めていい!! オタク特有の早口 杏が「あはは、フツーにカッコよかったよ?私、感動したもん。 」って言ってたけど、マジでそれ。 プレイヤーの思いを代弁している。 前作では登場が遅かったので、今作はちゃんと春の見せ場が多くて良かった。 それだけでなく、春の成長にはスポットが当たっていたのもファンにとっては嬉しい。 真の意味で父『奥村邦和』の死を乗り越えた春の姿はより一層、頼もしくなった。 沖縄 謎の研究所と島民 リア充感たっぷりで沖縄を満喫したのに、 夜に島民が怪盗団を消そうとしてるのホラーすぎる 笑 異変にいち早く気づき、さらに研究所で島民を気絶させた善吉、有能。 沖縄の現実世界での立ち回り、善吉にだいぶ助けられている。 砂浜に埋められるイタズラをされてたけど 笑 謎の声とソフィア ネガイの塊が隠されたジェイル最深部では、ソフィアの存在を否定する謎の声に竜司が噛みつく。 噛みつきまくる竜司に「おいおいスカル」とモルガナがなだめようと見せかけて「だが今は許すっ!!」と言い、一緒に「バーカバーカ」と言う場面は、普段から売り言葉に買い言葉という2人だけど、なんやかんやでこの2人は仲間想いの似た者同士。 この2人に他のメンバーは呆れていたけど、『ロックキーパー』を倒したあと、 ソフィアが自分のことで怒ってくれたことを嬉しがっているのは、怪盗団の絆を感じる良いシーン。 京都 長谷川善吉ペルソナ覚醒 まず善吉が旅館にハメられた怪盗団を庇って逮捕されたものの、 『新島冴』弁護士の活躍で釈放された展開がアツい。 前作のコープキャラがほとんど出演しなかったが、 前作を経て正義を実行する『新島冴』を見れたのが最高。 冴が取調室に来たときの善吉の顔、ポカンとしてておもしろかった 笑 その後善吉の娘『茜』のシャドウに捕まってしまった怪盗団を救うべく、双葉とジェイルに潜入。 スニークミッションはそんなに難しくはないけど、ちょっとドキドキする。 善吉のペルソナ覚醒は、僕が『P5S』で一番アツいと感じたシーン。 『P5S』を始める前までは「新キャラも出てくるのかー」くらいにしか思ってなかったけど、今では『ペルソナ5』で一番好きな男性キャラかもしれない。 『心の怪盗団』と『長谷川善吉』の違いは「世間や権力の怖さと現実を知っているか」に尽きる。 『心の怪盗団』は全員ある意味世間知らずの学生で、かつ良い仲間に恵まれているから、まっすぐな思いを持っていられる。 しかし、 善吉は組織人で世の中にはどうしようもないことがあることを知っている。 実際に善吉は妻の『葵』を殺した衆議院議員の『大和田純』逮捕の証拠を揉み消される。 「捜査をやめろ、さもなくば…」「茜を殺す」と脅され、なすすべもなく『茜』だけは守ることにした善吉は警官として腐ってしまう。 鏑木管理官に拾われ、鏑木を出世させることで自分の正義を通すしか無念を晴らすことを信じるしかなかった。 茜に「その為に警察官としての誇りを捨てたんだね」と言われ、自分も大和田と同じだとハッとさせられるが、どうしようもなかった善吉は狼狽える。 娘には説教され、怪盗団に諭され、自分の情けなさを自覚しながらも、 真の悪党を倒すため再び立ち上がる。 そんな善吉にペルソナが覚醒。 ペルソナ覚醒で苦しむ善吉の動きに反して、善吉の影が鋭い眼光が善吉を睨む演出は、今まで権力や組織にがんじがらめになり捨ててしまった自分の誇り、すなわち『反逆の意志』であろう。 「バルジャン!」 の叫び声と共に溢れるペルソナのエネルギー。 現れる善吉のペルソナ『バルジャン』。 「…俺はもう見逃さねえ。 」 「本当の悪党を…一匹残らず!」 善吉のペルソナ覚醒は何度観ても、鳥肌が立つくらいエモーショナル。 「俺のことは『ウルフ』と呼んでくれ。 」 「俺はもう犬じゃねえ。 1匹でも悪に食らいつく狼になってやる。 」 も善吉の決意が現れていて良いセリフ。 善吉の境遇ほど極端でないにしろ、 社会人のプレイヤーは善吉に共感できるところが多いのではないだろうか。 巨大な権力になすすべもなく、組織人として過ごすだけだった善吉が、心の怪盗団との交流を通じて、再び娘と向き合い、真の悪党を逮捕しようと奔走する姿は、スカッとする。 大阪 怪盗団VSヒーロー・アキラ 『近衛明』が『EMMA』を使った改心を始めたきっかけは『P5R』の『丸喜拓人』で、どんな手段を使ってでも世界を牛耳ろうとしている野心は『獅童正義』といった印象を受けた。 自分の理想を声高に主張し、世界進出を狙う様は、昨今のインフルエンサーをモデルにしてそう。 大阪ジェイルの探索中、 人情味溢れる新世界が無機質で整理されている街並みとなっていることに対し、怪盗団メンバーが「つまらなくなっている」旨を話す。 ビジネス系インフルエンサーって合理的な主張が多いけど、それに対する皮肉だろうか。 シャドウ近衛の「私とお前たちでは何が違う!」という主張に、 「怪盗団は、みんなを牢獄の外に連れ出してくれる。 」 と反論するソフィアはこの旅での成長が感じられて良い。 アーマー・ゼフィロス戦のBGMに『Rivers in the Desert Remix 』が流れ、前作の『シャドウ獅童』戦を思い出させるアツい展開に。 ヒーロー・アキラ戦の『Counter Strike』も良曲でテンションが上がる。 深淵のジェイル ソフィアペルソナ覚醒 『聖櫃』となった『EMMA』が消えたあと、一ノ瀬久音が登場。 「自分には心がない」と思い込み、「心を理解するため」に『ソフィア』を生み出したが「心とは何だ?」と聞かれ狼狽える一ノ瀬は、『ソフィア』を廃棄してしまう。 そして「心は必要なものなのか?」と『ソフィア』のプログラムと相反する『EMMA』を開発。 この『P5S』のストーリーを振り返り思えば、 『ソフィア』は『一ノ瀬久音』だった。 怪盗団との旅を通じて『心』について学び続けたソフィアに『心』の力が宿り、ペルソナを覚醒させる。 終盤でかつAIにもペルソナが覚醒する展開もかなりアツいものがある。 もしかしたら、 ソフィアは一ノ瀬に残された良心だったのかもしれない。 最後は一ノ瀬を止めて、ソフィアが一ノ瀬を説得で改心する。 善吉が「まあ、娘の言葉ってのは刺さるもんだ。 」と共感しているのも良いね。 キャラクター 主に『心の怪盗団』メンバーについて感想を書く。 主人公 ジョーカー 前作はいかにも『運命の囚われ』だったが、今作はベルベットルームの檻に囚われている演出がよくわからないくらい 『P5S』の 最初から最後まで『反逆の意志』を持つ『ジョーカー』。 バッドエンド分岐の会話選択肢が出ないし、前作の『ヤルダバオト』戦に向かう前くらい、本当にブレない。 まさに「 心は 強くてニューゲーム」。 アクションは『スマブラSP』と同じくらい強くてスタイリッシュでカッコいい。 相変わらず口数は少ないが、要所で仲間想いの一面を見せる彼は紛れもなく『心の怪盗団』のリーダー。 モルガナ モナ 主人公の相棒的存在『猫ガナ』。 ソフィアの『猫ガナ』呼び、結構好き。 今作も推理・ナビ・にぎやかし担当。 「自分が何者かわからない」ソフィアの気持ちを理解するところは、前作で同じことに悩んだモルガナの優しさを感じる。 また 「仲間をよく見ているんだな」と感じ取れるセリフが要所にあって、仲間想いな一面が垣間見れる。 坂本竜司 スカル 『心の怪盗団』の特攻隊長兼にぎやかし担当。 竜司はあまりジェイルの王に深く関わろうとすることはないが、 仲間のことになるとすぐに体が動くところは前作と同様。 『夏芽安吾』にナンパされる春を助けたり、沖縄ジェイルの最深部でソフィアの存在を否定する何者かに噛み付いたりする。 ジェイルの鳥かごの結界に手を触れ続けたり、他のメンバーによくいじられたりと本人からすると「扱い雑か!?」思うが、 前作のようにうるさすぎず、要所で言うところは言うといった感じでメリハリのあるキャラになった。 『ペルソナ5』の製作陣は『P5』の反省から、竜司を繊細に作っているのかもしれない。 前作は脚本の犠牲になったと言われている。 高巻杏 パンサー ジョーカーと同様に彼女の心も強くなっていた。 前作は後半であまり目立たなくなってしまっていたけど、 渋谷ジェイルで大活躍。 柊アリスを改心させると決めてからのアン殿は、ストレートでカッコかわいい。 現実でのファッションは、お腹も脚も出ていていかにもモデルしか着こなせない感じが良い。 浴衣も水着も女性キャラで一番絵になる。 「心の怪盗団のファッションリーダー」。 僕は終始モルガナみたいな顔で、アン殿を観てた。 1回もパーティから外さなかった。 喜多川祐介 フォックス 『P5S』も 祐介が変人すぎておもしろい。 むしろ 前作からパワーアップしているような気がする 笑 仙台に向かう道中でカレーのおかわりがなくなって落ち込んだり、牛タンを食べて泣き、一ノ瀬久音が怪盗団と話している最中も黙々と食べ続けたりと、真のように「普段の食生活、大丈夫なのか……」と心配になる場面は笑ってしまう。 気に入られているであろう双葉との絡みはもちろん、高級旅館でも涙を流すところも笑いどころ。 普段は変なキャラだが、仙台での活躍とのギャップは、中の人が他にそんな感じのキャラを演じていたこともあり、祐介のカッコよさが見事に表現されている。 新島真 クイーン 真は良い意味で、怪盗団から一歩引いた目で見ている感じの印象を受けた。 リーダーは会話分岐でボケられるし。 基本的にツッコミ役で真面目な印象を受けるが、 沖縄ジェイルでの怖がりかたは、前作の佐倉家と同様におもしろい 笑 確かに沖縄ジェイルは暗くて怖いけども。 少し見せ場が少ないかなと思ったが、 自分と同じ境遇の茜とのやり取りが良い。 佐倉双葉 ナビ 戦闘の後方支援担当。 惣次郎と主人公はもちろん、祐介にも結構なついている。 「おイナリ」呼びは前作からだが、仙台を出発する前に主人公と祐介に顔出しパネルをやらせて撮影したり、祐介とカレーをおかわりしたりするところは微笑ましい光景。 さらに 善吉にも、なつきはじめた感ある。 双葉に関しては女性キャラよりも、 年上のお兄さんやおじさんキャラとの絡みがおもしろい。 奥村春 ノワール 『P5S』で一番好感度が上がったかも。 真とは対照的に結構かわいさが前面に出ている。 前作は登場が遅く出番が少なかった分、 札幌での活躍を通しての成長も印象的だった。 アクションでは、春でペルソナを使うときの 「ペールーソーナー!」 のボイス、めっちゃ良くない!? かわいい 福岡から京都に向かうときの春は、某警察漫画の白バイ警官を思い出した 笑 朝に福岡を出発したのに、昼に京都に着いてるのヤバすぎる。 長谷川善吉 ウルフ 始める前や序盤は怪盗団と同じように冷徹さと胡散臭さから「なんだ?このおっさんは?」と思ってしまうが、 仙台で迷子の子どもを保護しようとしたり、怪盗団の片棒を担いだりしたあたりから、怪盗団のメンバーと同じように善吉の印象が良く見えてくる。 容赦ない「おっさん」呼び、沖縄で砂浜に埋められるなど、学生の中におじさんが1人ということもあり、怪盗団にめっちゃイジられてるの、めっちゃ笑う。 仕事はできるが隙のあるイジられキャラでプレイヤーの腹筋を攻撃しつつも、ペルソナ覚醒までの過程は大人のプレイヤーなら共感できる場面で、それ以降の活躍もカッコいい。 また 善吉の敵に対するセリフは、怪盗団のセリフを引き立てている。 修羅場をくぐり抜けてきた怪盗団のキャラに負けていない存在だし、怪盗団の存在をより一層引き立てる役割も担っていて最高の おじさんキャラ。 本人に直接は言いたくない気がするが「イケオジ」だ。 ソフィア ソフィー 「私には心がない」と言い張る『一ノ瀬久音』が作ったとは思えないAI。 繰り返しになるが 『一ノ瀬久音』の残された良心が生んだ存在と言っても過言ではないだろう。 キャラデザインは杏が言うように「モフモフしたくなる」し、ソフィアがジェイルで話すとき腕をパタパタする仕草がめっちゃかわいい。 「人の良き友人になる」命令と怪盗団に拾ってもらった幸運が重なり、「心」を学び続けた旅の集大成でペルソナ覚醒は最高の展開。 まとめ 前作『ペルソナ5』とストーリーの流れは似ているが、 『ジェイル』と『王』の仕組みを『パレス』から変えているところは、ひと工夫あった。 『P5S』の怪盗団が『強く明るい存在』であるのに対して、根っからの悪人揃いのパレスの主とは違い、自分や世の中を変えるために頑張っていたのに、途中で道を踏み外してしまった 『王』のキャラクターは『弱く暗い存在』として対比になっている。 王や一ノ瀬は怪盗団を 『心の強い存在』として見ているが、 前作の怪盗団はそうではなかった。 モルガナの一ノ瀬に対するセリフ、 「ワガハイは見てきたぜ。 コイツらはミンナ、絶望から這い上がった。 」 「もがき苦しみ乗り越えてきた。 強いんじゃない、強くなったんだ。 」 「そうやって変われるのが、ニンゲンだろ。 」 が、 かつて 王や一ノ瀬と似た境遇にあった怪盗団を示す象徴となっている。 だから 『P5S』の『心の怪盗団』が『王』を諭す姿には、成長した頼もしさがありつつ、王に寄り添う優しさを感じるシーンになっていて、ゲームの進め方は前作とあまり変わらないはずなのに、感動せずにはいられなかったのだと思う。 前作の終盤で出番が少なく感じた杏と祐介、そして怪盗団への加入が遅かった春については、 王に肩入れさせることによって、ジェイル攻略で目立つことができていた。 それでいて、 他の既存のキャラが全く目立たないということはないし、新キャラ2人が個性的で背景も含めておもしろい。 ペルソナ覚醒はどちらもアツいし、自身がフィーチャーされることもあれば、既存のキャラも良い感じに引き立てていることもある。 キャラが多いのに、散らからずに、誰かが目立ちすぎることもない。 「成長した既存のキャラを使って、続編をここまで面白くできるか!?」と感動すら覚えた。 大抵の続編は面白くなくなる傾向があるのに、『P5S』は前作に匹敵…… ……いや、前作よりも良い気がする。 もちろん、前作があっての今作。 前作『ペルソナ5』と同様に王道で、昨今よくある『AI』を絡めた『P5S』は、 既視感があるかもしれないが、 それがわかっていたとしても、よくまとまっていて、アツい気持ちになる最高のストーリー。 『ペルソナ5』『P5S』最高!!!!!.

次の

【ペルソナ5スクランブル】ソフィアのコンボ・使い方【P5S】

ペルソナ ソフィア

ジェイルに侵入するが、すぐに脱出する。 現実世界でアリスや被害者を調べる事が決定。 杏殿がアリスに会うタイミングで、アリスの調査をする事になる。 杏殿はアリスを調べる事に賛成ではないらしい。 渋谷での調査の結果、アリスに「ねがい」を奪われた人たちは、熱狂的なアリスファンになってお金を貢いだり、アンチを襲うなどの行動をしていた。 杏殿は、アリスの大ファンだと判明。 アリスは陰キャだった事が判明。 番組収録中、急にアリスに土下座して告白する番組司会者。 アリスに「ねがい」を奪われると、アリスに操られる事が分かる。 杏殿は、アリスと同じ夢を持っており、アリスに共感(同情)していた。 控室前の廊下で、アリスとマネージャーがSMプレイを楽しんでいる。 KYのジョーカーたちが止めに入る。 怪盗団の作戦会議で、アリスを改心させる事が決定。 ジェイルに「オタカラ」があるか議論になる。 ソフィアは、アリスを殺せばいいと提案する。 「皆がアリスのせいで苦しんでいるのに、なぜ悪党をたおさない?」 モルガナは「心の怪盗団は人を殺さない。 改心させるのが信条だ。 」と話す。 ソフィアのコードネームは、「ゾフィー」に決定。 ベルベットルーム 渋谷センター街から、ベルベットルームに行けるようになる。 ペルソナ合体・強化ができるようになる。 渋谷ジェイル ソフィアショップが利用できるようになる。 アリスに「ねがい」を奪われた人たちは、渋谷マルクシティにある牢獄に閉じ込められていた。 シャドウアリスの本拠地に向かうために、サーチライトを解除すると、警戒が強くなり「隔壁」が現れ、いったん退却する事に。 長谷川善吉 登場 怪盗団を追っていた警視庁・公安部の長谷川善吉 警部補が登場。 怪盗団と接触し、「怪盗団の知るアリスの事件の情報と、長谷川の知る警察内部の情報」を取引しようと持ちかける。 ジョーカーは警察・公安部に常に監視されており、長谷川の取引に応じず追い返す。 長谷川はまた来ると言って去る。 長谷川からの情報によると、アリスの事件でジョーカーに疑いがかかっており、このままだと逮捕されると分かる。 警察への対応の前に、先にアリスを改心させる事が決定。 渋谷ジェイルに出現した「隔壁」を消す方法を考えることに。 ジョーカーとアリスがオトリになって敵をひきつける。 その間に、双葉が「隔壁」を解除する作戦になる。 双葉が隔壁の解除に成功する。 渋谷705に着くが、アリスはおらず、アリスのオタカラを奪うには、アリスの隠された記憶(心の障壁)を解除する必要があると分かる。 渋谷駅・連絡橋 アリスの隠された記憶を知るために、アリスの通っていた学校を調べる。 しかし双葉やソフィアを持ってしても、アリスの学校が分からない。 そこに長谷川善吉が登場し、アリスが通っていた学校は、杏殿や竜司たちが通っている「秀尽学園」だと分かる。 秀尽学園 秀尽学園から渋谷ジェイルに侵入する。 教室では、アリスをいじめていた女子生徒が「ロックキーパー」になり襲ってくる。 ロックキーパーをたおすと、渋谷705にかかっていたカギが開く。 渋谷ジェイル 渋谷ジェイルに侵入。 ボス「マッドラビット・アリス」と戦闘になる。 たおすと、アリスが改心する。 アリスが集めた人々の「ねがい」が砕け散り、牢獄に囚われていた人たちが目を覚ます。 しかしジェイルは崩壊しなかった(パレスとの違い)。 その原因を探るために、杏殿がアリスに話を聞きに行く事になる。 善吉と協力する事に ルブランで怪盗団が、アリスに会う方法を考えていると、タイミングよく、長谷川善吉が現れる。 アリスと会わせてやるから取引に応じろと迫る善吉。 「アリス以外にも全国で改心事件が発生している。 警察は怪盗団を疑っている。 」と語る善吉。 善吉は、怪盗団は犯人ではないと考えており、真実を知るために、怪盗団と情報交換(取引)したいと話す。 ジョーカーたちは話し合って、善吉と取引する事に。 善吉に本当の事を話すと「頭がおかしい。 薬物検査を受けろ」と話にならないので、異世界の事を信用させるために、ジェイルにつれて行くことになる。 渋谷ジェイルに善吉を連れて行ったところ、「昨日飲みすぎたかな?…ネコがしゃべった!」などと混乱する。 飛行機や電車は危ないので、車で北海道の札幌中央市まで行けと言われる。 アジトに戻った怪盗団は、夏休みを活かして、全国各地で発生している改心事件の解決を、善吉と協力して解決していく事に決定した。 EMMAについて EMMAには、人のシャドウをジェイルに入れる機能がある。 EMMAを開発したのは、マディスという日本の会社。 ジェイルについて パレスは、主の「認知」が具現化した世界だった。 ジェイルは、人間から「ねがい」を奪う世界だった。 ジェイルがある場所は、ソフィアが"におい"で分かる。

次の

【ネタバレ】ペルソナ5スクランブル ストーリーまとめ2 P5S あらすじ 考察 渋谷ジェイル

ペルソナ ソフィア

「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ」 前半からとにかく面白い「ペルソナ5S」 難易度は若干高めな感じではありますが、「ペルソナ5」や「ペルソナ5R」もしくはペルソナ5のアニメを見た方には 絶対オススメ出来そうな感じの序盤となっています。 5時間ちょっとで最初のダンジョンまでクリアしたので、感想を書いていきます。 という事でみんなで夏休みの学校へと向かう事に。 とはいえ入るのはあくまでもジェイルの中のこの場所。 そしてそこで待っていたのは幽霊?? 相変わらず心霊現象が嫌いな真が可愛いですね。 あ、これPVで見た所だ! めちゃめちゃ不気味だなぁと思ってましたが、言ってる事はそれ以上に怖かったり。 まあ彼女は学生時代の柊アリスをいじめていた少女という事のようです。 そして少女が変身した姿がこちら。 これまでの中ボスとは違って、ペルソナの形ではない独特なビジュアルとなっています。 最初はあんまり強そうでもないと思ってましたが、まあ 当然のように手強いです。 っていうか、めちゃめちゃHPが高いんですよね。 アクションではありますが、 普通のRPGのように回復アイテムを出来るだけ持ち込んでもほとんど使い切る・・みたいな展開でした。 それでもこの時点ではちょっと強めのペルソナを作れたので(耐の能力が高めのスライム)割と持久戦に耐えれたかなぁという印象です。 まあスライムは弱点も多いので、本当にこれが良かったのかもわかりませんけどね。 とりあえずプレイしている間はとにかく必死でした(笑) そしてSHOW TIMEなんかを利用しながらもなんとか撃破。 このSHOW TIMEの演出は「P5」の総攻撃フィニッシュの演出とはちょっと違う感じですが、これはこれで格好良いです。 柊アリスのの一番重要な部分を知った事で準備万端。 しかし全てを終わらせた後の事を心配していたのが杏。 やっぱり杏はアリスの気持ちが分かっているだけに、彼女の事も救いたいと考えていました。 こういう部分を見ると 杏が大きく人間として成長しているのだと感じますよね。 今作は既に仲間達の人間関係が出来上がっている分、こういう形で仲間の成長を感じさせるのは凄く素敵な演出です。 という事で予告状は杏が考えることに。 最高の笑顔を見せる杏殿素敵だわ。 そして怪盗団の復活はド派手なものに。 「P5」のクライマックス並みの事をいきなりやってくれてます。 とはいえ警察に睨まれているだけあってちょっと心配ですけどね。 そして予告状ですが、やっぱり杏の気持ちがこもってますね。 「アンタ」って所に杏らしさを感じます。 そして現実世界の本人とシャドウの本人が重なる描写もお馴染みのものですね。 帰ってきたフタバ砲。 双葉が楽しそうで何より(笑) そしてネガイを取り戻すために突入。 アリスはやっぱり過去を消し去りたいと思っているんですよね。 そしてアリスは戦闘モードに。 急激に人形っぽさが漂ってきましたね。 まあ名前通りに「不思議の国のアリス」をイメージしたウサギさんという事ですね。 あんまりボスキャラっぽくは見えませんが、実際には結構デカイのであんまり可愛くはなかったり。 杏も気合いが入ってます! が、戦闘中は忙しすぎてスクショを全く撮れなかったのだった・・・。 どうにかこうにか撃破した所だけはスクショ撮れた! まあ動画を撮っておけばよかったと後から後悔したけどね。 まあ最初の大ボスという事で、中々歯ごたえのある敵でした。 秀尽でのボスキャラも相当HPが高かったですが、それ以上の持久戦になりました。 攻撃手段も色々とありますし、攻撃力も高いので回避重視での立ち回りが求められる気がします。 大事なのはやっぱり弱点を突く事でしょうか。 ダメージも大きいですし、追撃のチャンスが生まれていくので、 かなり「P5」のボス戦と感覚が近いんじゃないでしょうか。 まあここでもずっと使っていたペルソナは「スライム」 耐のステータスが高いせいか割とダメージを抑えられていた気がします。 そして敗れたアリス。 元々いじめられていたアリスからすれば、杏は完全に陽の存在。 それだけにやっぱりこういう存在に負けるのは辛いと感じちゃうんでしょう。 過去を完全に隠して生きてきてもやっぱり過去が迫ってくる。 こういうのって現実でも苦しむ人は多いでしょうね。 彼女はそんな状況で手にした力によって暴走してしまった訳ですが。 杏殿、ド正論ですね。 負の螺旋みたいなもんですし、こういう流れは断ち切らないといけないんでしょうけれど、そう簡単じゃないんですよねぇ・・。 これは「P5」で色々と苦しんで成長したからこそ言える台詞でしょう。 めちゃめちゃ力強い言葉だわ、これ。 そんな杏の言葉が届いたアリス。 元々は 「P5」の鴨志田や斑目みたいな根っからの悪党ではありませんしね。 そもそも力を手にしてしまった事で歪んだ訳で、本来は必死に頑張る良い子だったはずですし。 まあ散々やらかしまくっていたので当然許されない部分も大きいですが。 そんなアリスに真正面から語りかける杏。 これは救われますよね。 自分が助けられたように、今度は自分が誰かを助ける。 そういう信念みたいなものを感じます。 その上でこれだけの事を言える杏がマジで素敵です。 まあ実際に彼女は努力して地位を獲得した存在ですし、杏にとっては憧れもあったんですよね。 そしてどうにか無事に解決。 喜ぶソフィアの姿が可愛いです。 しかしアリスが消えてもジェイルは消えず。 オタカラを奪えば崩壊していたパレスとはまた違うものみたいです。 渋谷にジェイルが残っているというのは何かしら意味がありそうにも思えますね。 そして翌日、早速同じ番組で自らの罪を告白するアリス。 しかしこの公開生自供って結構凄いな。 しかも言ってる事が過激だし。 泣いて謝るまで暴行を繰り返すって、この見た目からのインパクトが凄すぎる・・! とはいえ、これで全部解決!! という訳にはいきません。 これで終わったらあとは只の楽しい夏休みになっちゃいますからね。 ・・・・・ それはそれで楽しそうではありますが。 という事でどうやら今回のアリスの事件と似たような事件は、全国で起きているのだとか。 まあこれが全国に行く理由なんですね。 結局アリスの事件を解決しても、それはむしろ余計に疑わしくなっただけでもありました。 以前の敵は現実で大暴れしていただけ(一部例外がいますが)でしたが、 今回の敵は思い切りイセカイを使って怪盗団とはまるで違う形の改心をしてくる存在。 それだけに怪盗団は長谷川善吉と協力するかどうかを迫られる事に。 色々と難しい所ですが、結局は善吉の言葉を受け入れる事に。 大学生になった事で余計に真の頼りがいが増してきている気がする・・・・。 という事でイセカイの事を話すも信じてくれない善吉を、有無も言わせず無理矢理連れて行く一行。 まあ体験してもらうのが一番早いですからね。 怪盗服姿に驚く善吉ですが、やっぱり一番驚いたのはモルガナだったり。 このネタは新しいキャラが関わる度に出てくる鉄板ネタみたいなものですよね。 現実に戻ってからもう一度驚けるのがモルガナの凄い所(笑) いきなり猫の声が聞こえてきたらまあ驚くよね。 一応信じて貰った事で、善吉とは協力関係に。 そして早速次の事件の為に動き出す事になります。 次の舞台はどうやら札幌のようですね。 とはいえ、その道中で色々ありそうな気もしますが。 今回の 敵は人を操る事も出来るため、公共交通機関は使いづらいという事で、車での移動を推奨されます。 しかしこの人数で車って相当大変な気がするぞ・・・。 去り際の善吉(笑) やっぱり割と普通の人間というか、若者達に比べると現実を受け入れられないでいますね。 とりあえず車を調達する事になりますが、やっぱりこういう所で頼りになるのが惣治郎。 何気に色々と繋がりがありそうな気がしますね。 そして用意してくれたのが大型のキャンピングカー。 むしろよくこの細い路地にこの車を持ってこれたな(笑) という事で この車で全国への世直しの旅が始まっていくようです。 ここからが本当のスタートって感じですね!! とりあえず今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の