膝 の 黒ずみ を とる 方法。 膝の黒ずみを消す方法(軽度の黒ずみから重度の黒ずみまで)

膝の黒ずみを簡単に取る方法はありませんか?私は今はだいぶなおった...

膝 の 黒ずみ を とる 方法

タイプ別!膝の黒ずみの原因 膝の黒ずみの原因は主に3つあります。 それは色素の沈着によるものと、古くなった角質がつまることによるもの、衣服などの締めつけが考えられるでしょう。 それぞれ詳しく解説します。 これは、体の中にある「セラミド」という物質が不足することで起こると言われています。 セラミドが不足すると、外的因子に犯されやすくなるとともに、角質層の水分を保持出来なくなり、乾燥肌になりやすくなるわけです。 特に 冬は空気が乾燥しやすいので、暖房などで温まったときに、痒くなるので注意が必要です。 掻くことで皮膚が厚くなり悪化しやすいので、なるべく爪などで引っ掻かないようにしましょう。 これは古い角質が層のように固まって皮膚に溜まってしまうために起こります。 したがって、いつもきつめのパンツを穿いたり、衣類などで圧迫することが多い人は注意して下さい。 また、普段の生活の中で何気なく膝を床につけるような体勢をする人、茶道や華道などで、正座をする場面が多い人も膝の黒ずみのリスクが高くなります。 色素沈着の原因は紫外線や、年齢によるものなどさまざまな理由が考えられます。 「色素沈着」とは、メラニン色素の生成と排泄がアンバランスになり、メラニン代謝のサイクルがくずれた結果、メラニン色素が過剰に皮膚内に蓄積されてできるものです。 寒い冬はもちろん、夏はクーラーによる冷えにも十分注意して下さい。 あなたは大丈夫?膝の黒ずみ度診断 肌を出すことが多い季節には、膝の黒ずみは気になりますね。 ここからは、 あなたの日頃の行動から膝の黒ずみの原因となる悪い習慣があるかどうか診断していきます。 これは圧迫することで、メラニン色素を作りすぎてしまうことが原因です。 膝は皮脂の分泌が少ないために、毛穴に古い角質が層のようになり残ります。 そのようなことにならないように、正座するときには座布団などを敷いて、圧迫を軽減しましょう。 特に古い剃刀などを使用すると、剃りにくく何度も摩擦を加えることになるので炎症を起こす原因にもなります。 剃刀は常に清潔に保ち、できるだけ早く取り替えましょう。 これは、膝に摩擦を加えるのが原因です。 余談ですが、脚を組むと姿勢も悪くなり、骨盤も歪み腰痛など悪影響を与えることもあります。 なるべく脚を組まないように工夫してみましょう。 膝の黒ずみは、外部からの圧迫によるものが多いのです。 マットなどを敷いて、膝への負担を軽くするように気をつけて下さい。 特に肌より硬い素材のナイロンは、肌を傷つけてしまうため注意しましょう。 強くこすりよりも、石鹸などを手のひらで泡立てて優しく洗った方が効果的です。 私たちの皮膚は、圧迫を受けることでメラニン色素を作り出してしまうからです。 それが積み重なると皮膚が厚くなり、黒ずんでしまいます。 極端にタイトなジーンズやパンツを愛用している方は、長時間穿かないように気をつけて下さい。 お出かけの際には、膝にも紫外線ケアのために日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。 以上、7つの項目に当てはまった数が多い人ほど膝の黒ずみには対策が必要です。 以下に改善する方法や、ケアの仕方を解説するので参考にして下さい。 膝の黒ずみを改善する方法 膝は自分ではなかなか見えにくいので、ついお手入れを忘れてしまうことも多いものです。 でも、周囲の人には意外とチェックされているので、いつもきれいでいられるようにしましょう。 ここからは、膝の黒ずみを改善する方法を解説していきます。 お風呂のあとの保湿• 角質をケアする• 冷えを防止しよう• ストレスを溜めないようにしよう• バランスよい食事を摂ろう• 紫外線対策をしよう• ひどい場合は皮膚科に相談 続いて 膝の黒ずみを改善する方法をチェックしてみましょう。 顔や手のお手入れのあと、残った保湿液を膝に当てるのも効果的です。 また保湿をするときには、持続性にも気をつけましょう。 一般的にサラッとしたテクスチャーのものよりも、馬油のようなベタベタしたタイプの方が保湿力は高くなります。 サラッとしたつけ心地が好きな方は、塗る頻度を増やすようにしましょう。 ケアをする時には保湿とセットで、定期的に行いましょう。 今溜まっている角質を取り除くことができたら、新しい細胞に生まれ変わることができます。 冷え防止には、軽いストレッチが効果的です。 また、体を温めるツボを刺激する方法もあります。 中でもふくらはぎにある「築賓(ちくひん)」というツボは、足の血流を改善させるので、覚えておきましょう。 このツボは腰から来る神経の緊張をほぐすため、下半身全体の血流が改善すると考えられているツボ。 でも極端に ストレスを感じた場合、このターンオーバーが正常に機能しなくなる危険があるのです。 ストレスは溜めないように、適度に発散させるようにしましょう。 食生活を整えて、体の内側からきれいになることが目的です。 体内の細胞を作っているのは、たんぱく質です。 毎日の食事の中に玉子や、豆腐など、たんぱく質を多く含む食材を積極的に摂りいれていきましょう。 特に車に乗っているとき、ガラスから日が入るので、膝が紫外線を浴びてしまいます。 応急処置としては、膝にストールやカーディガンを置くなど工夫してみましょう。 ドクターに頼めば、効果的な内服薬や塗り薬を出していただける可能性があります。 お家にあるアイテムで簡単に膝の黒ずみを消す方法 ここからは、自宅にあるものを使って簡単に膝の黒ずみを消す方法をご紹介します。 はちみつパック はちみつには、殺菌作用のほかにも保湿効果があります。 ここでは、効果的なハチミツパックのノウハウを解説していきましょう。 用意するもの ・ヨーグルト(プレーン)(できれば無糖タイプ) ・小麦粉 ・はちみつ やり方 ヨーグルト・小麦粉・はちみつは「大さじ1」ずつ、よく混ぜてパックを作りましょう。 膝に均等に伸ばしながら塗ったら、約10分間放置します。 その後、ぬるま湯でよくすすぎます。 ニベアスクラブ ニベアは、「ワセリン」や「グリセリン」などを配合した全身に使用できるスキンケアクリームです。 また、保湿効果がある「スクワラン」「ホホバオイル」も配合しているので、プチプラなのにすばらしい効果が期待できます。 「スクラブ」の特徴は、研磨剤を入れることで古くなった角質を除去することです。 用意するもの ・ニベア(青缶) ・砂糖(粒子が粗いものの方が効果的) ・オリーブオイル(ココナッツオイルで代用も可) やり方 ニベア「小さじ4」砂糖「小さじ2」オリーブオイル「小さじ1」を清潔な容器に入れてよくかき混ぜましょう。 最初に膝の黒ずみの気になる部分を濡らしてから、適量を手に取り円を描くようにやさしくマッサージします。 あまり強くこすると逆効果なので気をつけて下さい。 2分ほど放置したら、ぬるま湯で洗い流します。 濡れた状態で使用するため、お風呂に入った時に実践してみましょう。 また、敏感肌の人は肌の柔らかい場所で試してから使用してください。 膝の黒ずみケアをするときの注意点 肌見せする季節は膝の黒ずみのケアも念入りにしましょう。 ここからは膝の黒ずみケアをするときの注意点をチェックしていきます。 角質ケアをするとき 角質は放っておくと、どんどん硬くなっていくので早めにケアすることが大切です。 手入れの方法によっても違いますが、削る場合は肌を傷つけないように注意しましょう。 剃刀や刃がついているものを使用することは、あまりおすすめできません。 なぜかというと、肌にダメージを与えるとさらに角質が硬くなってしまう危険があるからです。 角質ケアをするなら、皮膚が柔らかくなっている状態で、角質ケア専用の「やすり」などを使いましょう。 乾燥していると肌を傷つけるので、気をつけて下さい。 その後お風呂に入り、保湿することを忘れずに。 スクラブを使用するとき スクラブは研磨剤を使って、肌をきれいにする方法なので使用頻度に気をつけましょう。 いくら黒ずみが気になるからと言っても、毎日スクラブするのは逆効果です。 目安として週に1回くらいが良いでしょう。 また、手順としてはきれいに洗顔した状態で行うのがポイントです。 また、強くこするのはNGです。 すすぎをする時は、いつもより念入りにしないと粒子が残ってしまうので気をつけましょう。 肌に炎症があるときには、スクラブは控えてください。 膝の黒ずみが気になるシーン 膝の黒ずみが気になるのはどんな場面でしょうか。 夏は特に肌を露出することが多いので、気になりますね。 普段は気にしていなくても、ふと全身を鏡で映したときに黒ずみが気になる人も多いでしょう。 夏場など素足でいることが多い時には、特に心配ですね。 普段からお手入れしていないことが、ばれてしまうので注意してください。 さらに、膝が黒ずんで乾燥しているとストッキングを穿くときにも引っかかり破れやすくなるという悪循環にもなります。

次の

膝の黒ずみのお手入れ方法|膝に生活感なんていらない!

膝 の 黒ずみ を とる 方法

太ももやふくらはぎは人から見られやすい部分なので、気になる人も多いはず。 ところでそのとき、膝の上のお肉を気にされたことはありますか?意外とお肉がついて、ぶよぶよしていることもあるんですが・・・じっくり見てみると、太ももやふくらはぎが太って見えるその原因は、膝の上にぼてっとついた脂肪なのかもしれません! 膝の上にぽっこりお肉 原因は? 膝の上に脂肪がつく原因として、具体的には次のような理由が考えられます。 さまざまな理由が関係しているので、肉がついているからといって一概に肥満と考え、ダイエットできないところが膝上の肉の難しいところです。 運動不足や筋肉不足によるもの 元々日本人の体質は筋肉がつきにくく、 年齢を重ねるにつれて筋肉が落ちやすい傾向にあります。 同時に 運動不足になる人も多く、それが原因で太ももの筋肉が脂肪を支えられなくなり、膝の上に乗ってしまうケースが考えられます。 膝周りは脂肪がたまりやすい 膝の裏にはリンパが通っています。 リンパの流れが悪くなると余分な水分や老廃物を排出できなくなり、脂肪がたまりやすくなります。 そのため、膝の上にも脂肪がついてしまうことがあります。 むくみやセルライトによるもの リンパの流れが悪くなるとむくみを引き起こすこともあります。 通常はふくらはぎの筋肉が押し流してくれるのですが、 足の筋肉が弱ったり運動量がすくないとリンパの流れや血行が悪くなり、膝がむくみやすくなります。 デスクワークなど長時間同じ姿勢でいる人にも多い傾向があります。 また、 むくみを放っておくと、老廃物と脂肪とが複雑に混ざり合って固くなる、 セルライトが起こりやすくなります。 セルライトへと変化すると、少々運動した程度では落ちなくなってしまうため、注意が必要です。 歩き方や姿勢によるもの 猫背や反り腰など、骨盤と背骨が正しい位置にある状態で歩行できていないと、ゆがみが起こり関節が圧迫された状態になります。 また、本来筋肉が受け止めるべき衝撃を関節が受け止めることになり、負担がかかりやすくなります。 特に ひざを曲げた状態で歩く癖がついていると、太ももの筋肉は怠けた状態となり、関節への負担が大きくなります。 ヒールをよく履く人も、膝が曲がりやすいので注意しましょう。 特に、 膝関節を圧迫するとつまりが生じ、太ももの筋肉が緊張状態となって 膝との間に隙間が生まれます。 そのすき間が さらにむくむことで、膝に贅肉が付きやすくなります。 姿勢や歩き方は知らず知らずのうちに悪くなることが多いので、気づいたらお肉がたっぷり、なんてことにもなりやすいです。 皮膚のたるみによるもの 脂肪がついていなくても膝の上に肉が乗っているように見える場合は、たるみのせいかもしれません。 人間は加齢とともに、どうしても皮膚の弾力やハリが失われることが多いです。 皮膚がたるむと脂肪が支えられなくなり、お肉が乗っているように見えるのです。 あるいは、筋肉の衰えによって脂肪がついてしまい、たるんで見えることもあります。 食事制限ダイエットによるもの ダイエットをする人の中には食事制限でやせようとする人も多いのではないでしょうか。 実はこれだと、筋肉にとって必要な栄養が十分に行きわたらなくなり、筋肉を弱めてしまう原因になります。 筋肉が衰えると、むくみやたるみが起こりやすくなり、結果的に脂肪がつきやすい体になってしまいます。 また、ダイエットの場合リバウンドによってそれまで以上に食べてしまうこともありますよね。 その状態で食べ過ぎると筋肉は少なくなっているので食べた分を燃焼できず、どんどん太りやすい体へと変わってしまいます。 だからダイエットをする際は、食事だけではなく運動も適度に取り入れて行うことが大切です。 そうすれば健康的に痩せられて、リバウンドもしにくい体へと変えることが可能です。 正座で仰向け寝 このストレッチは膝のむくみを解消するのに効果的です。 朝起きたときや眠る前に行ってみましょう。 STEP1 正座をし、その状態からゆっくりと上半身を後ろに倒し、背中を床につけるように仰向けになります。 STEP2 その状態をキープし、深く呼吸しながら1分間に3回程度繰り返します。 仰向け片脚上げ こちらもむくみの解消に効果的なストレッチ方法です。 前ももの筋肉が伸びるのでリラックス効果が生まれ、 眠る前に行うのもおすすめです。 「正座で仰向け寝」ストレッチと組み合わせて行ってみてください。 STEP1 足を真っ直ぐに伸ばした状態で仰向けになります。 STEP2 片足ずつ、15秒ほどかけながらゆっくりと上げていきます。 ただしあまり高く上げすぎないようにしてください。 STEP3 左右それぞれ5セットずつ行います。 うつ伏せ脚曲げ 先にご紹介した二つと組み合わせて行いたいストレッチ方法です。 ベッドやソファーの上で、ちょっとした空き時間に行うのもおすすめです。 STEP1 うつ伏せになります。 STEP2 片足ずつお尻につけるようにバタバタ足を動かします。 Zキープ ストレッチのあとは、少し筋肉をつけられるような動きを加えてみましょう。 STEP1 膝立ちになり、膝と膝の間をこぶし一つ分ほど開けます。 STEP2 背骨を真っ直ぐに正し、上半身の姿勢を整えます。 STEP3 両腕を肩の高さまで上げ、体と直角になるように真っ直ぐに伸ばします。 STEP4 ゆっくりと上半身を下腹部から後ろへ倒します。 このとき、背筋は真っ直ぐのままを意識しましょう。 目線はやや上に向け、下腹部と前腿部分には力を入れたままにします。 イメージとしては、「Z」を作るよう、意識してください。 STEP5 そのまま10秒キープし、ゆっくり元に戻り、これを3セット行います。 つま先立ちスクワット その名の通りつま先立ちでスクワットする方法ですが、膝上の筋肉を効率的に鍛えることが可能です。 ただし、つま先立ちになることで 体は不安定になるので、片手はイスやバーなどにつかまりながら行いましょう。 STEP1 片手をバーや壁、イスなどに置き、もう片方の手を腰に当てて立ちます。 STEP2 そのまま真っ直ぐつま先立ちになります。 STEP3 その状態で膝を曲げていきます。 膝が開かないよう注意してください。 STEP4 ある程度曲げたところで、つま先立ちのまま元の姿勢に戻ります。 このスクワットを15回程度繰り返します。 曲げるときは膝が開かない程度、できるところまで軽くで構いません。 また、重心を膝において負担をかけるのではなく、 筋肉を使うよう意識しましょう。 ひざ上のポッコリ解消マッサージ ストレッチとトレーニングのあとは、しっかりマッサージも行いましょう。 むくみ解消にも効果的です。 STEP1 膝のお皿に沿って外側からゆっくりと内側に向かって親指で指圧していきます。 親指を重ねると、よりしっかり押すことができます。 力を込めて行ってください。 STEP2 少しずつ場所をずらして、各箇所3回ずつくらいのリズムで指圧します。 STEP3 膝の上についたお肉をつまんで、ねじってほぐしていきます。 お肉をつまんだととき、右手と左手とで違う方向にねじるようにしてください。 STEP4 少しずつ場所をずらしていき、各箇所5回ずつくらいのリズムでほぐします。 STEP5 両手をグーの形にして、こぶしの第一関節を使って膝上から太ももの方に向かって押しなぞります。 STEP6 膝の横や裏などリンパの通り道をなぞり、老廃物を太ももの付け根まで流すようなイメージで行います。 STEP7 少しずつ場所をずらして、各箇所3回ずつくらいのリズムで行います。 しっかりともみほぐしたあと、膝から太ももの付け根までマッサージをするのもおすすめです。 まとめ 膝上のお肉は普段の姿勢や歩き方はもちろん、筋肉をつけることで解消することができます。 ストレッチやトレーニング方法はどれも手軽に行えるものばかりなので、時間が空いたときに取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

手ごわい膝の黒ずみに最後の手段!皮膚科での施術法を全解説

膝 の 黒ずみ を とる 方法

スポンサードリンク 膝の黒ずみの原因とは? 黒ずみには2つの原因があります。 1つ目は、紫外線によって発生する 2つ目は、皮膚に刺激が与えられることで発生する 詳しく説明すると、 刺激や紫外線を受けることによって メラニン色素が作り出され、 そのまま放置していると、どんどんメラニン色素が作り出されて 角質に色が染み込んで黒ずみとなってしまうんです。 膝に刺激が与えられると角質が厚くなり肌を 守ろうとしてメラニン色素が作り出されてしまいます。 例えば、 膝をついたりピッタリとしたデニムを履くことでも 刺激になってしまうんです。 擦るっていうだけでも膝の皮膚には かなりの刺激になるので要注意ですよ。 お風呂場でボディーソープか石鹸をよく泡立てます 2. 泡に塩をかける 3. しかし、脚を見せるために黒ずみを取っているんだから しょうがないですよね(笑) なので、出来るだけ紫外線をカットする必要があります。 スカートや膝が見えるズボンを履いている際には しっかりと日焼け止めクリームを塗って日焼けには気を付けましょう。 乾燥に気を付ける 膝は皮脂が少ないので、とても乾燥しやすい部分です。 例えば、 ・正座をしない ・膝立ちをしない ・スキニージーンズなど、 膝がピッタリ付くようなボトムには気を付ける などなど…. とにかく膝を何にも付けない事が一番良い対処方法です。 ですが、 そんなこと言っても、毎日スカートやショーパン履く なんて無理ですよね。 その着圧ソックスはこちらです。

次の