次亜塩素酸水。 次亜塩素酸水は新型コロナに有効だと確認したが... 政府「吸入しないように注意を」

次亜塩素酸水の効果・使い方・適切な濃度 | 有限会社クリンシア

次亜塩素酸水

ウイルス対策として除菌に役立ったり、様々な消臭に役立つと言われている「次亜塩素酸水」。 しかし、次亜塩素酸水の効果や使い方、適切な濃度にする希釈の仕方がいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。 次亜塩素酸水には、強酸性次亜塩素酸水・弱酸性次亜塩素酸水・微酸性次亜塩素酸水の3種類があります。 その中でも、安全性と除菌力が高いと検証されている微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)を例に、次亜塩素酸水の効果、使い方、濃度について今回はまとめてみました。 はじめて次亜塩素酸水を使う方でも、希釈の仕方を間違わないように希釈の仕方も紹介します。 ぜひ、あなたの暮らしに次亜塩素酸水を取り入れて、大切な家族の健康と命を守れるように参考にしてみてください。 ウイルスがたくさんの場所は人が集まりやすい場所 人が集まるところにはウイルスがいっぱいです。 あなたのお子さんが幼稚園で病気をもらってきてしまったってことありませんか? お年寄りが集まる介護施設で集団感染といったニュースを聞いたことありませんか? 特に免疫力が低い子供やお年寄りはウイルスに感染してしまいやすいです。 でも、人が触れる場所やものをしっかりと除菌することで、菌やウイルスからあなたやあなたの大切な人の健康を守ることができます。 菌やウイルスから健康な体を守るために、次亜塩素酸水が役立ちます。 自社で製造している微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)「除菌ジアカインド」の効果や使い方を例に、微酸性次亜塩素酸水について解説していきます。 微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)「除菌ジアカインド」の効果 臭いに対するストレスって結構ありますよね。 臭いのストレスから解放させてくれる次亜塩素酸水はかなりオススメです。 微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)「除菌ジアカインド」の使い方 微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)「除菌ジアカインド」は除菌・消臭に効果的です。 電気分解による生成方法で、有効塩素濃度は40〜50ppm、pH5. 0〜6. 5と微酸性に調整しているので人にも環境にも影響を与えず安心して使用できます。 次亜塩素酸水は有機物に触れると分解されやすいので、清潔な状態にした後にたっぷりと使用することをオススメします。 【調理器具の除菌】 中性洗剤で洗浄し汚れを落とした後、まな板や包丁などにまんべんなくスプレーし、5分程度そのままにして除菌します。 そのあと、水ですすぎ洗いします。 食中毒が発生しやすい時期こそ、微酸性次亜塩素酸水を使った除菌がオススメです。 【洗いにくい布製品の除菌】 直接スプレーし、よく乾かします。 ソファーやカーテン、カーペットなど臭いが気になるけど洗いにくい布製品に「除菌ジアカインド」をスプレーすると臭いの原因である雑菌の繁殖を抑え、清潔を保てます。 【トイレの除菌】 「除菌ジアカインド」ですすいだタオルで拭くか、直接スプレーした後清潔なタオルで拭き取ります。 トイレは雑菌が繁殖しやすい場所です。 「除菌ジアカインド」で掃除すれば除菌も完璧、清潔です。 【トイレの消臭】 スプレーした後、乾かします。 「除菌ジアカインド」はアンモニアを無臭物質に変える効果があります。 目立った汚れがないのに尿のニオイが気になる時は、ぜひ使用してみてください。 【住宅、施設の除菌】 床、壁、手すり、ドアノブ、スイッチ、テーブルなどに直接スプレーし、清潔なタオルで拭き取ります。 「除菌ジアカインド」を含ませたタオルやモップで拭き取るのも可能です。 拭き取りに使用したタオルやモップも除菌できているので、独特な生乾きの臭いもありません。 【浴室・浴槽・足拭きマットの除菌】 浴室や浴槽を中性洗剤で洗い、流水で洗い流したら「除菌ジアカインド」をスプレーします。 浴室が広い場合は「蓄圧式スプレー」や「ジョウロ」などを用いると効率が良くなります。 足拭きマットは雑菌の温床です。 使用後などにこまめにスプレーするのも効果的です。 【ベビー用品の衛生管理】 「除菌ジアカインド」ですすいだタオルで拭くか、スプレーした後、清潔なタオルで拭き取ります。 「除菌ジアカインド」は有機物に触れると分解されやすい性質を持っているので、安全無害です。 【ペットのニオイ、衛生管理】 散歩後の足や体の汚れを落とし、体の除菌・消臭としてスプレーしてください。 ペットが粗相した際も、汚れを拭き取ったあとスプレー噴霧することで消臭に効果的です。 【衣類や靴の除菌・消臭】 直接スプレーし、よく乾かします。 一日使用した服や靴、持ち物に「除菌ジアカインド」をスプレーすると、除菌・消臭され翌朝スッキリと使用できます。 【生ゴミのニオイ対策】 直接スプレーします。 生ゴミのニオイは食品そのもののニオイの他、雑菌が大繁殖しているので強烈なニオイを発しています。 「除菌ジアカインド」をスプレーするとすばやく除菌され、結果的に消臭される仕組みです。 ニオイがひどい場合やゴミの量が多い時にはたっぷりスプレーしてください。 【タバコのニオイの消臭】 喫煙後のエチケットとして「除菌ジアカインド」を衣服にシュッと吹きかければ、速攻でタバコのニオイを消してくれます。 使用後の灰皿の除菌消臭にもお使い頂けます。 【拭き掃除】 拭き掃除の仕上げに「除菌ジアカインド」をスプレーし、乾いた清潔なタオルで拭き取れば除菌消臭ができて衛生的です。 拭き掃除で使い終わった雑巾やタオルは、汚れを洗い落とし、「除菌ジアカインド」にしばらくつけ置きすることで除菌消臭が可能です。 つけ置き後は、すすぎ洗いをし、十分に乾燥させてください。 一般的な次亜塩素酸水の希釈の仕方 次亜塩素酸水の希釈の仕方はかんたんです。 例えば、 濃度200ppmの次亜塩素酸水を濃度50ppmにする場合は、 次亜塩素酸水25mlに対して水75mlの割合で100ml分作ることができます。 その他には、 濃度200ppmの次亜塩素酸水を濃度100ppmにする場合は、 次亜塩素酸水と同量の水を混ぜ合わせれば濃度100ppmになります。 といっても、実際は思うように濃度を下げるのは難しいです。 なぜなら、生成したばかりの次亜塩素酸水が濃度200ppmあったとしても、生成して1ヶ月経った次亜塩素酸水が200ppmのままということはないからです。 次亜塩素酸水の濃度は生成された時点から徐々に下がりはじめ、さらに開封した次亜塩素酸水の濃度はより下がりやすくなっています。 なので、その時点の濃度を測れて、その濃度に合わせた希釈ができればほんとに効果的な除菌に役立つと思います。 しかし、わざわざ専用の 高濃度有効塩素濃度測定キットで使用可能な濃度かどうか計測している方って少ないですよね。 希釈タイプの次亜塩素酸水の濃度が気になるときの対処法 次亜塩素酸水の希釈の仕方は計算上はかんたんですが、実際のところ一般家庭で除菌に効果的な濃度に希釈するのは難しい部分もあります。 わたしもいくつかのメーカーから次亜塩素酸水を購入したことがありますが、製造年月日を見ると注文した日より1〜2ヶ月も前のものが届いたり使用期限が曖昧なものが多いでした。 あくまでも濃度は製造時の数値を言っているので、手元に届いた次亜塩素酸水の濃度が表記されている通りとは限らず、希釈の仕方も単純にはいかなくなってしまいます。 なので、 次亜塩素酸水を選ぶときは、濃度や製造年月日の明記がしっかりした作りおきしていないものを選び必要があります。 自社で製造している微酸性次亜塩素酸水(微酸性電解水)「除菌ジアカインド」は、注文を受けてから生成し、安全に使用でき除菌力も高い状態になるように 有効塩素濃度を40〜50ppmになるように調整しています。 生成するたびに、 高濃度有効塩素濃度測定キットで 有効塩素濃度が約40〜50ppm であることを確認し、またpH値は 5. 0〜6. 5 であることが確認されたもののみをお届けしています。 それに、生成して1〜2ヶ月も経ったものを届けるなんてことゼッタイにしません。

次の

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いは? | ハウスクリーニングなら東京品川のおそうじ革命品川旗の台店

次亜塩素酸水

ノロックスはあんしん・安全なのに優れた除菌・消臭力のある弱酸性除菌消臭水です。 ノロックスは普段このような自己紹介しています。 しかし、多くの方がそもそも「次亜塩素酸水」ってどんな水なの?普通の水とどう違うの?!と思われているのではないでしょうか? 今回はそもそも 「次亜塩素酸水」ってどんなヤツ?!なのか。 を簡単に紹介したいと思います。 次亜塩素酸水とは 次亜塩素酸水とは厚生労働省の定義によると、 「除菌科の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することに得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液(薬機法により一部文字変更)」である。 わが国では平成14年6月に、食品添加物として指定されており、使用基準及び成分規格が定められている。 とのこと。 ここからさらに噛み砕いて説明していきましょう。 次亜塩素酸水の種類 一言次亜塩素酸水といっても実は色々な種類があります。 ここでは2つの違いについてご紹介いたします。 1)生成方法による違い ・ 電解水…塩酸または塩化ナトリウム水溶液を電気分解して生成する。 ・ 混合水…次亜塩素酸ナトリウム(=水道水の高度処理技術にも使用されています)と希塩酸を水で希釈混合し、中和されることで生成する。 電解水、混合水は共に効果・安全性に変わりはないとされています。 ちなみに厚生労働省の定義に上がっているのは電解水で生成した次亜塩素酸水です。 電解水と混合水の違いは、電解水は手軽に大量に生成する事ができる反面、成分の安定性が不安定なため分離が早く、劣化が早いとされています。 そして、希釈混合して生成される 混合水の方が劣化の速度が遅いともされています。 2)pH値による効果の安定性の違い インターネット上で次亜塩素酸水を検索すると濃度の違う様々な商品がヒットします。 (おおよそ200ppm〜500ppm) 濃度が高いほど希釈して使えるのでお得ではないのか?!と思ってしまいがちですが、ちょっと待って下さい! 実は高濃度の方が成分が安定せず分離する確率が高く、輸送時などの衝撃による分裂が起こります。 このため 濃度の高い次亜塩素酸水は成分の安定性が低く、劣化が早いとされています。 次亜塩素酸ナトリウムとの違い 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム名前が似ているので間違えそうになってしまいそうですが、実は別の成分です。 次亜塩素酸ナトリウムは一般的には漂白剤などに利用されています。 簡単に性能を比較して見ましょう。 有り(タンパク質を腐食する作用があります。 ) 安全性の面では、次亜塩素酸水は万が一口内に入ったり皮膚に触れてしまっても影響はありません。 一方で、次亜塩素酸ナトリウムは塩素系漂白剤に使われており、皮膚に対して刺激が強いので、必ずビニール手袋などをして直接皮膚に触れないようにする必要があります。 また、次亜塩素酸ナトリウムは臭いも強烈な刺激臭があり、その点においても、ほぼ無臭の次亜塩素酸水とは違います。 ノロックスはどこに当てはまるのか ノロックスは長期保存に適した生成方法 ノロックスは次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を水で希釈混合している混合水です。 ですので、成分が安定しており、利用期限が1年間という長期間のため次亜塩素酸水の中では 長期保存に適しています。 ノロックスは安定した効果を持続します ノロックスの濃度は200ppmでお届けいたします。 それを利用用途によって2倍〜4倍に希釈して使っていただきます。 成分が安定している状態でお届けできるので、輸送時などの衝撃によって効果が変わってしまうということもありません。 次亜塩素酸水について簡単に説明させていただきました。 少しでも次亜塩素酸水ってそんな仕組みだったのか!こんな違いがあったんだ!っと思っていただけると幸いです。 さて、本当に次亜塩素酸水は安心で安全なのかをご紹介させていただきます! 次回の更新もよろしくお願いいたします。 ノロックスの.

次の

亜塩素酸水ってなに?

次亜塩素酸水

次亜塩素酸ナトリウムを含む花王の塩素系漂白剤は、衣料用の「ハイター」と台所用の「キッチンハイター」です。 「ハイター」と「キッチンハイター」は、次亜塩素酸ナトリウム濃度が6%になるように生産されています。 通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管されていてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。 特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが、一般的に知られています。 したがって、お手元の「ハイター」「キッチンハイター」に含まれている次亜塩素酸ナトリウムも、様々な条件で分解している可能性があり、濃度を特定することができません。 必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度の希釈液を作るためには、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。 塩素系漂白剤の使用には注意が必要ですので、ご使用前には必ず、各製品に表示している内容をご確認ください。 下の製品画像をクリックするとごらんいただけます。 「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安 (直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合) 0. 4杯 10ml 水1リットルに キャップ約0. 8杯 20ml 購入から1年以内 水3リットルに キャップ約0. 7杯 18ml 水1リットルに キャップ約0. 6杯 15ml 水1リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 購入から3年以内 水3リットルに キャップ約1. 2杯 30ml 水1リットルに キャップ約1杯 25ml 水1リットルに キャップ約2杯 50ml (キャップ1杯は約25ml) *次亜塩素酸ナトリウム濃度 購入時期が不明な場合や、直射日光にあたる場所や高温で保管して濃度の低下が不安な場合は、購入から3年以内の濃度で調整してください。 なお、ご購入から3年以上経過した古い製品では、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が著しく低下している場合がありますので、ご使用はおすすめできません。 十分な注意が必要な製品ですので、必ず使用方法や使用上の注意をよくお読みください。 手指などへのご使用はおやめください。 皮膚についた時はすぐに水で十分洗い流してください。 スプレーした時に霧状の液を吸い込むことがあり、せき込んだり、呼吸器に異常をきたしたりするおそれがあります。 薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。 使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。 更新日:2020年05月01日.

次の