オーマジオウ 能力。 オーマジオウって強さが誇張されてるような気がします。因果...

仮面ライダージオウ オーマフォーム

オーマジオウ 能力

[ ][ ]• この効果発揮後、このカードを破棄するか、カード名に「ジオウ」を含む自分のスピリットと回復状態で入れ替える。 バトル中ならバトルを続ける。 Lv2・Lv3 系統:「仮面」を持つコスト8以上の自分のスピリットすべてに赤のシンボル1つを追加する。 シンボル:赤 イラスト:リュダ フレーバーテキスト: 常磐ソウゴがジクウドライバーとオーマジオウライドウォッチを用いて変身した姿。 Image of カード番号:CB10-012 で登場したの。 【】によって大型のを踏み倒すことができ、召喚することの難しいも対象にできる。 素のコストでも充分厳しいので、基本的にこちらの使用コストで賄うことになる。 手札にあるを踏み倒して、そこから入れ替えて、さらに《》、という芸当も可能。 また、あちらの効果で召喚できるので基本的に相性はいい。 Lv2効果はコスト8以上とあるため、基本的にブレイヴでコストを上乗せした方がいいだろう。 同弾ではと相性がいいが、龍騎サバイブ自体はこのスピリットの効果対象外なのが一番辛い。 コアを乗せてLv3にするのは現実的でなく、単体ではBP15000のダブルシンボルスピリットとして見るのが基本。 自身の【】でも一応完結しているが、Lv2効果を生かせるよう小型にブレイヴでコストを底上げし打点を上げたり、早期に《》などで高コストを展開したりして生かしたい。 Lv3のBPと維持コアはと同じ。 よってバトスピ上の最大の維持コアはあちらに並び、最大BPはあちらと同じくに次ぐ。

次の

オーマジオウ(2019 常磐ソウゴ)のスペックと能力がチート過ぎ!これは平成最強ですわ

オーマジオウ 能力

オーマジオウって強さが誇張されてるような気がします。 因果律操作可能と言われてますが、調べたら因果律を操作して、物体を操ったり、移動したりできるってだけで、自在に 因果律を操れる訳では無いですし。 確かに特撮界では強いのは間違いないでしょうが、それ以外の作品だと普通なような気がします。 それに次元を移動出来る相手には意味が無い。 自分から見たら、強いけど最強ではないって感じです。 皆さんはどう思いますか? 2068年の世界がアレだから。 元に戻せてない時点で、それがオーマジオウの限界でしょう。 因果律を完全に掌握してるのなら、原因を取り除いて結果を最高の状態にできる筈。 ノベルゲーマーの力を持っているという人もいるけど、未来の惨状を見る限り、本当にノベルゲーマーの力を使えるのか疑問。 あるいは、ノベルゲーマーにそこまでの力が無いのかのどちらかでしょう。 また2068年までの仮面ライダーの力を全部扱えると言われてるけど、それはオーマジオウが君臨した歴史の話。 逢魔降臨歴には、ジオウ以降新たなライダーは誕生しなかったと記されている。 だからシノビやクイズの力は持ってないし、ゼロワンに分岐した時点で、これから先続く令和の力も持ってない。 あくまでジオウでライダーの歴史が終わった、2068年までの力しか持ってない。 それと白倉P曰く、ディケイドは横の時間軸でジオウは縦の時間軸を持つ事から、ディケイドとジオウは互いを完全には取り込めないんだとか。 これから先の未来は分からないが、現状はそうなってるらしい。 白倉Pの言う事は信用できない。 と捉える人もいるだろうけど、そこは知らない。 そう言われてるよってだけです。 オーマジオウというキャラはカッコいいし、好きになる人がいるのも納得できる。 けどライダーファンの中で、最強の存在に自分を投影してる痛い奴らが、能力や設定を盛りまくってる感じがします。

次の

オーマジオウの戦闘力はどれくらいですか?

オーマジオウ 能力

達に、私を倒すのはだ。 何故かわかるか? 私は生まれながらの… 王である…… オーマジオウとは、『』に登場する。 のの姿とされる存在である。 私こそ、最高最善の、 概要…… :200 体重:kg :. 3t :. 9t :ひと跳び. 6m 走:mを0. 1 やが暮らす8年のに君臨する「にして時の王者」。 ある時期にダイマジーンというがを焦土に変えての総人口を半減させた「オーマの日」を引き起こした本人と言われている。 とが体ので、を勢にしたような貌をしている。 額にはグラフのような3つの意「パラレテ」が備わっており、顔面の装甲「ィブ」にはびっしりと敷き詰められたい「王」の刻印が確認できる。 に装着しているのベルト「オーマジオウ」のルはジクウと似ているが、のは存在せず、は装填されていない。 ~0度の高熱を発する複眼「エクスプレッシム」はい「」のになっており、にべ禍々しくも荘厳さを感じさせる文体をしている。 出身の登場人物からはゴのの姿として認識されており、実際に8年の時代には「初の像」なるものが存在しているほか、の「」の項でもまるでの別形態であるかのようにその姿が表示されている。 また、のはオーマを、はゴの事を若いと呼んでおり、オーマ=ゴであったとしても歳になるので少なくとも年齢的な問題はない。 敵対する者への容赦のなさという共通点や本人がゴを「若き日の私」と呼んでいる事からたちが言う通りのゴである事はほぼ間違いないが、がの音と一致していることからジクウいはが者の意識を乗っ取っているという説、オーマジオウとのどちらかがもう一方のといった説もあった 少なくとも説という線はの登場によりほぼれている。 ちなみに名前の由来は「」のであることが補計画で明言されており、この他に「魔時 おうまがとき 」も含まれているものと思われる。 魔時とはの入れ替わる時をさす言葉であり、オーマジオウの配色がとなのもこれを意識したものと考えられる。 その人物像は達の評価によると、「 自分が王だと信じて疑わず 談 、 自分の覇を邪魔する物は許さない 談 テーの 談 」とされている。 しかし作中のにおいては自分から手を出すことはなく、自身に向かってくるものに対する自己防衛ともいえる受動的な攻撃しか行っておらず、人々を自発的に苦しめているような描写が存在しない。 詳しくは後述するがを救った最高最善の魔王と称していることを鑑みるに、彼がの様なの持ちでない限り本当に最悪のなのかは疑問が残る。 なお、作品外の商品展開での名称は「仮面ライダーオーマジオウ」と呼称されることもある。 何故お前が私に及ばないか? それは、お前が 私の能力を把握したわけではないからだ そのはまさに人知をえており、EP01で描かれたでは何処からともなく発生させる爆、自分の数倍の図体があるーンの大軍を軽くあしらう念動、近の物体に対する等様々なを使いこなしてを圧倒し、果ては周囲に波動を放ち彼らを一で消滅させている。 また、で述べた通りルにのは存在しないものの、胸部の「オーナ」に装填された「ネートプ」の効によりを持つだけでを発現させることができる。 E1では同様にを召喚したほか、彼が召喚したを操り使役している。 はが動揺していたとはいえ基本形態ので撃破しており、自体を増強されていた可性もある。 の氏は雑誌「 V. 」で、7年までに登場するたちのを行使できるという設定を明かしている。 実際にではの物を含むあらゆるがオーマジオウへと取り込まれるがあり、この設定には偽りも誇もない。 読んで字の如し正正銘イダーのである。 敵営にが存在するはずのルがいた気がするが見なかったことにしてう。 つまりム、ムテキ、ルムといった既知の性たちのをあらかた持っているということになり、まさに「さいきょうんらいだー」であるが、この設定は今後もをしていくという意味も込めて作ったものらしい。 魔降臨歴には以降新たなは誕生しなかったと記されている為、今後新作が作られる度にそのは増えていくことになる、というわけではないようだ。 での描写を見る限り、歴代のをただ単に行使するのではなくより強大になっている可性すらある。 終了後にでオーマジオウに関するがされたが、基礎て化け物じみており 特に 、以下に記した各種器官も機のパレード ここに記したものは一部を抜したに過ぎず、これ以外も強なものばかり。 あまりに隙がなさすぎてどうすればいいのかわからないような存在であるため、のを「ごとき」と一蹴してしまうのも仕方ない話である。 パラレテ:額のズト上部にあるグラフ状の器官。 や別の時間軸に存在する者=自身の同一存在の意識を並列化し、感覚共有する。 ゴの継承進展を知っていたり狙いすましたようなで8年に呼び寄せたりしたのは、このを通じてゴの動向を感知できていたためと思われる。 オーグナル:各種から収集したを統合・分析し いかなる敵に対しても者のが上回るように調整を行う集約。 アデム:全のを管理する統括。 オーグナルで解析したを随時記録する。 ンサッシュ:オーマジオウの子午線を現す権威ある色の勲章で、襷状にかけらている。 半径m以内の触れたものをへと送る効果を持つ。 EP01で放った波動はこの器官から放たれた可性があり、その場合たちは死んだかのように見せかけただけという事になる。 ミッド・:生体増強装置。 オーマが生成する尽蔵のを生体に変換し、全身へと供給する。 歳らしからぬ活のといったところか。 オーマコーザー:因果操作により周囲の物体を思うが儘に操れるーブ。 ブジャ:全身を覆う。 攻撃時の動作を先鋭化する為に部分的な形状変化が常時発生している。 最高の自己修復機によりがほぼ蓄積せず、者の身体のキャパをえた半的な行動が可。 劇中でまともなを受けた描写がほぼないのも頷けるというもの。 このやり過ぎな性もだからこそなしえる者なのかもしれない。 他にも観の根にを及ぼすとあるを持つが、それはの最終盤、オーマジオウ自身の口からられる事になる…。 懐かしい。 劇中の動向はそんなものだったか? EP01「キングダム2068」 の冒頭にて速登場し、たちを。 その時の記録やとの話を受け、ゴは最高最善の魔王になることを決意する。 EP15「バック・トゥ・2068」 「ではない。 私は王になりたいと願い、 を救った… の、だ」 によって8年に送り込まれたゴと対面。 勢などころか、ただ一人周りに荒野にぽつりと存在している玉座に前の姿で座していた。 仕えるが から自身の下に入った以外 もいない孤独な王という事を意味しているのであろうか? その顔付きから、ゴはオーマジオウが年後の自分自身であることを確信した。 からは「最悪の」と呼ばれていたが本人は自身をゴの標と同じ「最高最善の魔王」と称している。 の末自身に向かってきたアーマーとのではヘイのに対応したを巧みに駆使してにのめす。 そして、自らに繋がるを変えたいのであればジクウを棄てるように促した。 ちなみに前の顔が暈されていたのは顔を見せすぎると感が出すぎるからとの事らしい。 EP16「フォーエバー・キング2018」 「若き私よ。 が夢を捨てられは知っていた。 は、 私だからだ。 …」 配下のカッシーンがを追い詰めている事を知らせたうえで、時のを発生させてゴとをに帰還させた。 ゴは言われるがままににジクウを破壊させたことでオーマジオウは一旦消滅。 それと同時にカッシーンは機停止し、ダイマジーンは地中へと沈んだ。 しかし決意を新たに再起したゴが再びとして戦うを選んだことで復活し、地中深くでダイマジーンのが始まっていた。 として再起するをゴが選ぶことを確信していたが、果たしてオーマジオウはジクウを手にしている限り変えられないゴのなのだろうか? オーマジオウ消滅時にダイマジーンは連鎖的に消滅しておらず一時的に活動を停止しただけだった事から、ダイマジーンの破壊活動はオーマジオウの存在を前提とはしていない線も浮上した。 未曾有の大災厄を引き起こした本人との人々からされていながら「王になりたいと願いを救った」とE5で言い放っている事を照らし合わせるに、オーマジオウの存在すらに思えるようなに最悪のが回避されている可性も否定できない。 EP17「ハッピーニューウォズ2019」 オーマジオウ自身は登場しないが、この回で初登場したがいたでは「オーマの日」においてリとなったによって討伐されたと言われている。 EP30「2019:トリニティはじめました! 」 「が手に入れていない は、あと 6つ」 年が明けた、アナザーを撃破したゴ達の前に現れたが開いたテン越しに、8年から「祝電」を送るべくに姿を見せる。 その際ゴが手に入れていないとして、、、、、のを提示し、この6つを集める事が覇への標だとった。 ゴ達のいる時間軸はこの日を以て魔降臨歴の内容とは違う形で「オーマの日」を迎え、の誕生により要人物のもが知り得ぬ未知のを歩みだしている。 そのような状況でありながらジクウ破壊時の様に消滅してはおらず、この新たなるでも現時点にいてオーマジオウ降臨の可性は潰えていない事がわかる。 EP40「2017:グランド・クライマックス! 」 「若き日の私よ… イダーのを手に入れたか…? だが、まだ私には及ばない…」 となったゴを8年に召喚し、対峙する。 上記の発言はゴがを手に入れた時の状況と深く関係していた…。 EP41「2019:セカイ、リセット」 「愚かな…… は 私。 それがまだ解からぬとは……! 」 ットタンクムを召喚して数で推そうとしたに対してを召喚して応戦。 とビルドが相打ちになると、続けてが召喚してきたを操り、ロップによっては撃破されてしまう。 地に伏せるゴに対し、自分に敵わないのは全のを手に入れてはいないからだと警鐘を鳴らす。 オーマジオウは・敵方を含むイダーのを有するため役のしかないが並び立てる領域では到底ない。 また、が摘した通り、今ゴ営の元にあるはがオーマジオウの元から持ち出した盗品であり、それ故ゴが継承したことにはなっていない。 を操った際の「返してもらうぞ」という発言もそれを受けての事だったのだ。 自分からゴを呼び寄せた理由は恐らくが未継承である事を再認識させることで渇を入れるためだったと考えられる。 仮に継承してもがオーマに及ばないのもまただが…。 生身でなお立ち向かおうとするゴに追撃を加えるも、その身を案じたによってゴはに戻された。 直後に異変の発生を察知し、何者かによって時間の流れが変わったことを摘した。 その時間変は若き日の自分、つまりゴへの念を燻ぶらせていた=の仕業だった。 更にはゴに対し魔降臨に記されていたオーマジオウとの繋がりが失われたとして飛流の軍門に下ることを宣言した。 しかし実際はの動向を探る的で寝返ったふりをしたに過ぎないため、本当に内容が書き換えられていたのかは怪しい。 EP48「2019:オーマ・タイム」 「若き日の私よ! がこの時代に 再び来るなど、私の記憶にはない…! 」 に跳ぶ前の・を含むとの交戦中、からしてきたゴと遭遇し、上記の発言で戸惑いを見せながらもと3度のに突入した。 以前の戦いではをに圧倒していたが、へとェンジした相手には今までの様にはいかず、の直撃を受けて吹き飛ばされた。 孤独な戦いを続けたオーマジオウにはないの。 それこそがゴとオーマジオウの決定的な違いであり、その徴たる時をえたの・だからこそオーマジオウに一矢報いる事ができたのである。 初めてまともな一撃を食らわせたゴに対しオーマジオウは「のために自分を犠牲にしようというわけか」と摘。 オーマジオウが自分を倒すつもりはない以上戦いは意味だと悟ったゴからオーマジオウのが何なのかについて問われると「時を破壊する」であると答えるとともに、がゴにオーマジオウのをとして提示し、そこに導くことで時即ちしたを破壊させるつもりだと推察した。 かたくなにオーマジオウのを拒むゴを「どの時をどう破壊するか楽しみにしている」と元の時代に送り返すと、意味ときながらも手助けとして8年のに向けて自分のを分け与えた。 そのはゴが秘密裏ににばせていたに宿っており、誕生の布石となった…。 また、8年のとはオーマジオウとゴの一連のやり取りを見てに跳ぶことを決意しており、ここからEP01の彼等に繋がることが示唆されている。 LAST「2019:アポカリプス」 「それが、の 選択か」 E8でオーマジオウにはならないと宣言したゴ。 予告ではオーマを装着した姿、そしてオーマジオウそのものが登場している。 果たしての思惑に乗ってしまうのか、それとも…? 元・の。 彼にはにして時の王者・オーマジオウになるが待っていた。 これが、そのの最後の1です にした率いる大軍団を前に窮地に追いやられたゴ。 とどめを刺さんとが弾を放った間、身を挺してゴをい致命傷を負う。 「… オーマジオウになれ。 時の、王者に…」 「でも…! 」 「ならなれる。 最高最善の魔王に…」 「! 死ぬな……」 「だったぞ、この時代に来て。 ゴ…… の、に…… 友になれて……」 かけがえのない戦友をの前で失ったゴがに対して鋭い眼を向けると共に、のジクウはオーマジオウへと変化。 となるの最後のが埋まる日が訪れた…。 「うおお!!! 」 祝福の刻!!! 最高・最善・最大・王!!!! オーマジオウ……! 「が…」 「…… 祝え……」 「は…? 」 「 祝えと言っている……! 」 「 時をえ、とをしろしめす究極の時の王者。 その名もオーマジオウ。 の最終章へ辿り着いた間である!!! 」 覚悟を了させ、の時代に降臨を果たしたオーマジオウはに対しをきかせながら自ら祝辞を要した 一説にはパラレテによってがの一員という裏の顔に気づいてしまったからでは、とも言われている。 そのは王の器ではないに扱いきれる代物ではなく、吸収しようとしたに対して逆に負荷を与えるほど果てしなく強大なものだった。 並みいる強敵たちとの群れをにねじ伏せる規格外の強さを見せ、のに逃走しようとしたを魔時王必殺撃により撃破。 そのときに発生したと共に別からの来訪者は消し飛んでいった。 そしてオーマジオウとなったゴがとった次の筋。 それはが言うように永劫にわたり王として君臨する事ではなく、した時の破壊だった。 その間、8年のオーマジオウは精で若き日の自分とし、このを取った理由を聞き届ける。 この一年間戦い抜きを救ったゴはオーマジオウが言う通り王として君臨するに相応しいだけの格を身に着けていた。 しのは自分一人ではなくや達、そして達のがあっての事。 ゴが理想とする王のは覇ではなくであり、に貢献した彼らがいないで独り王として君臨する事の虚しさを悟っていた。 また、ゴは既にオーマジオウが持つのもう一つの面に感づいていた。 それは時の創造。 て=が立つ前の士にったように創造は破壊か生まれない。 ゴは選択した。 今ある時を破壊し、を創り直すことを。 「二度と、 王にはなれんぞ? 」 「なれるよ。 何か行ける気がする。 の針はさ…にしか進まない。 ぐるっと一周して、元に戻ったように見えても…に進んでるんだ」 「フフフフハハハ…… 面かったぞ。 に会えて。 若き日の…… 私よ…」 若き自分が最後の最後で見せた持ち前の。 確かにゴは自分とは違うを歩んでおり、それが良い方向に向かっているのであれば、にに進んでいるというのはあながち的外れではない。 そんな彼の姿勢に喜びを見せ、より良きが作られることに期待しながら姿を消すオーマジオウ。 そして若きオーマジオウ・によって時のは解かれ、新たな個のが創造された。 彼にはにして時の王者・オーマジオウになるが待っている。 …か、どうかは、まだわからない。 ここから先は、この本とは違うが、記される必要があるようです」 果たして創り直されたでゴが辿るのはか? それとも…? 全てはと共にを歩み直したゴ自身の手に委ねられた。 オーマジオウは若き日の自分がの終着点にして新たなるの始発点へと至るその時をより待ち続けている…。 劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』 以下OQ OQでゴがするオーマムにはオーマジオウのを宿した「オーマジオウ」が使われている。 この本によれば…ここから先には開中のに関する、そしてにして時の王者・オーマジオウにわる相・推察 未確定事項含む が記されている。 がの為にも閲覧はで行っていただきたい。 ご清聴。 私がご案内できるのはここです。 したか? 若き日の私よ。 は、生まれながらの 王ではない。 しかし、 王になろうと望んだのは、 自身だ。 は何のために 王になりたかったのだ? 他の者に認められる為か? それとも、自分が特別である為か? OQではオーマジオウに関していくつかのが判明した。 ゴはが本来として擁立する対である常磐GO=クスによって、を集め設定も観もばらばらでなのを一つに収束させるための存在として選ばれた替え玉だった。 ただしオーマジオウは明確にゴを若き私と呼んでいることからもわかるようにあくまでもGOではなくゴである。 ダイマジーンはカッシーン同様、オーマジオウではなくの所有物。 彼らのいう「で醜い」をして自分の理想通りに舗装すべく、を開いて生あらゆるものとのを排除するための装置だった。 荒を実行したのはダイマジーンであるため、必然的にオーマジオウがではない事が確定した。 オーマジオウはの自分たるに自らのを継承。 オーマムへとしたはの対となった生まれを救い、GOおよびジョウゲン=ザモを倒した。 生き延びたカゲン=ゾンジスだけは野望を諦めず再起を論んでいたが、からへと繋がるが守られた事によって登場を果たしたに討伐され、その計画は潰えた。 OQの出来事やの的等から逆算すると、オーマジオウに関する一つの仮説が見えてくる。 それは等の介入がない、とは異なる過程によって紡がれたにおいてゴが 彼なりの「最高最善の魔王」をした末の到達点ではないか、という事である。 オーマではの介入がない分よりもに継承が進むなので、必然的にOQよりもい段階での降臨・オーマジオウへのまりなる「オーマの日」が訪れる事になる。 オーマジオウ降臨がダイマジーンが引き起こしたの前か後かは不明だが、どちらにせよのオーマジオウの助けを得ることはできないためオーマムへの到達はわず、OQ同様にGOとジョウゲンを倒せたとしてもは免れなかったである。 つまりの荒と人口半減の原因はこのによる生消滅とその後のダイマジーンによる破壊活動という事になる。 がのによって消滅したことでも誕生せず、生き延びたカゲンをはじめとするの残存勢が人々に「こそがを崩壊させた最悪の」という偽りのを流布し、ーンなどの戦をしてを結成させたであろうことは想像に難くない。 GO達がジクウを所有していた事を考えると、このベルトも元々はの保有物でありも彼らから受領した考えるのが妥当であろう。 かくして、の扇動によって自分が王として守る民であるだった人々と独り戦い続けねばならなくなったオーマジオウ。 常人ならばいつ精がを迎えてもおかしくない状況だが、のを一手に引き受け、達が築いたを守るただ一人の生き人としての使命、および己の出発点たる王であろうとする信念が彼を支え続けたのであろう。 仮にこの半世紀がの栄を理想化することでを貶めを否定する事に繋がり、からも理解されずテーのと後ろをさされるものであったとしても、すでに自分の時間軸ではを次代に託すべき機会を奪われている。 ゆえに彼はどこかの時間軸で自分にその時が訪れるまで戦い続けながらその時を待ち続けていたのだろう。 そんな最悪の状況に抗い続けを勝ち取ろうとした彼の姿は、紛れもなくから脈々と受け継がれる のとのために戦うとしてのにして、ゴがした 「最高最善の魔王」と言っても過言ではない。 だからこそゴがオーマジオウへのを断とうとしてもその存在が消えることはなかったわけである 流石にジクウ破壊時はそかなかったが、E6の発言からもわかるようにその後の再起まで想定済みだった事は言うまでもない。 また、において「常盤ゴ初の像」はある種のであり、の記憶をの中心に据え続けるべくオーマジオウは「」として戦っているという旨の発言があった事を倉Pが明かしている。 恐らくこの像はが確かに存在していたというを形に遺すために作ったものなのだろう。 そしてにおいてゴがオーマジオウとの違いとして強調していたとの交流も、をの意味で守るより良き王になるための下準備として機したと考えられる。 ゴとの接触が彼を導くためのオーマジオウなりの励だったであろう事は言うに及ばず、年前の自分を討伐しようとに跳んだやおよびの一員である事からGOの計画を実現させるための的で臣下になった疑惑が濃厚なに関しても、ゴとは一時的な対立を挟みながらも最終的にはの野望に立ち向かうとしてしている。 終始孤独な戦いだったオーマにはない彼らという「」の存在がゴにとって良い方向に働いた事は言うまでもないだろう。 でが発言したように彼らがゴに惹かれることをオーマジオウも見越していたのかもしれない。 が・を盗み取った件も、すべてのを継承したと同時にいきなりと対峙する事となった己の経験から、あえて盗ませる事で「は自営の手元にあっても継承は未成立」という状況を発生させて余計な手間を作らせることによりゴの準備期間を少しでも長引かせようという意図ががあったのではないだろうか。 さて、OQは「の」と銘打たれているが、の展開はにOQと直接つながる内容ではない。 そのため、「OQは以降におけるどこかの周回で行きついた終着点」とする説が有視されている 単に1期で多用されていたパラレル設定とする説も。 生まれをのから守れず終始孤独な戦いだったであろうオーマと最終で・を失った。 ゴがオーマジオウのを辿った双方に共通するのは取り返しのつかない大きな「犠牲」である。 とすればでの死をにオーマジオウへとしたように、オーマにおいても生まれを葬ったの、つまり守るべき「民」を守れず失ってしまった事がオーマジオウ化の原因と考えることができる。 新たなるが向こう半世紀誕生しない停滞と退に包まれたとやり直しにより繰り返される。 あまりにも大きすぎる犠牲の末に到達した王のはへとのを前進させることはできずに囚われたある種のともいえる物。 その意味でオーマジオウは「犠牲」「」「」という躓きを経た末の産物といえるのかもしれない。 詰まる所の最終章たるOQへと繋げるにはゴがオーマジオウとの違いとして強調していたを得たうえで彼等を失うことなくにする必要があったのではないだろうか。 その場合ゴは『』ののように数え切れないほどのを行ったとしても不思議ではないが、果たしてオーマジオウは一体自身のを託す時が来るまでどれほど若き自分のの繰り返しを見続けてきたのだろうか? そして入念な準備の下、イドの継承を了した末に勃発したとの戦い。 に吸い込まれかけたゴに精で再会したオーマジオウは、王をした理由をめてゴに問いかけた。 それ即ち、 幼少時より自分自身で思い描き追いめ続けた 夢とそれを聞き届け喜んでくれた 両親への想い。 そのことを胸に抱き走り続けたのはオーマジオウもゴも全く同じであり、の自分に出発点をさせたオーマジオウのは年前から一貫していたといえる。 の末にオーマを託されたゴはオーマムの圧倒的なで生まれをから守り抜いた末ににし、奪還との破壊も果たされた。 残るのはこれからのを見守ることをし、カゲンもに討たれたことでオーマへと繋がる要素は全に断ち切られる。 オーマジオウのを以てのを本当の意味で救い、のを次なるへと推し進めた時の王者のの到達点・オーマム。 若き日の自分がその極致へと昇りつめ最高最善のをつかみ取った事で最高最善の魔王にして時の王者・オーマジオウはの役を終え、静かにから姿を消したのだった。 その 関連兵器を捨てろ! そうすれば、お前が、私になることはない… カッシーン :1. 2 体重:0. がの命により、を殺する」 オーマジオウの配下。 全自を搭載し命を忠実に実行する士で、オーマジオウの命によりとを排除すべくの時代に送り込まれた。 ゴの意思をんだによってジクウが破壊されたことで機停止したが、後にによりを書き換えられてし、の兵としてゴに襲いかかる。 最後は乱戦の末、再したによって破壊された。 名前の由来は「臣」からきており、名前だけ見ればの敵と言われてもがないである。 OQではの戦として複数機が登場する。 オーマジオウが一時消滅した際共に消滅せず機停止しただけだったことから、の個体は元々彼らの戦だったものをがそうした様にを書き換えられてオーマジオウに使役されていた可性が高い。 ダイマジーン :38. 7m 体重:. 5t オーマジオウが戦として使役したと言われている7体の巨大。 たちの出身時代である8年ではて各地を破壊し「オーマの日」と呼ばれる災厄を引き起こした存在として伝えられている。 E5ではゴたちの暮らすに襲来したが、く「本来のよりい」との事であり、オーマの日はもっと後の時代に起きるだったという。 E7にいて幼少期のゴが跳ばされたで本機が行っていた破壊活動がそれに該当するものと思われる。 オーマジオウの一時消滅の際、カッシーン同様機を停止しただけで消滅には至っておらず8年のは荒したままとなっていた。 その為本機の破壊活動はオーマジオウに起因するものではない可性が浮上しており、本当に彼の戦なのかは疑問視されていた。 その相はOQにて明かされる事になる。 全ての 関連商品を集めるのが王への道。 覇道へと繋がる、道標だ! 楽しみにしているぞ。 お前が、どの 関連項目をどう破壊するか…• - 若き日のオーマジオウとされている• - 敵対するに身を置きオーマジオウの元からとのを奪った。 が存在するではオーマジオウを討伐したらしいが…? 同様の一員。 ににする為のを託した。 - から自身に仕える従者へと転向した者。 ゴを自身に繋がるに導こうとしている。 しかしその実態は…? - 自身に代わる新たる補としてを生み出している集団• - 因縁の敵•

次の