ボーイング株価見通し。 【米国株式】ボーイング4月受注ゼロの衝撃

新型コロナ:トランプ氏「ボーイング支援」 資金繰り懸念で株急落 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ボーイング株価見通し

ボーイングだけでダウ平均を74ドル押し上げ。 アナリストが投資判断を新規に「買い」でカバレッジを開始したことが材料視されている模様。 目標株価は164ドルとしている。 このところの大幅な株価下落でリスク・リワードの妙味が増していると指摘。 737Maxと航空業界の健全性に関する不透明感は認識しているものの、この先、複数年に渡って2桁台の需要の伸びが期待でき、株価も上昇が期待されると説明している。 今回の予測は、7-9月期での737Maxの再運航の許可と、年末までに月間最大9機までの段階的な生産回復の見通しに基づいているとも述べた。 (NY時間10:27) ボーイング 143. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ボーイングが上昇 アナリストが投資判断を新規に「買い」でカバレッジ開始=ダウ採用銘柄

ボーイング株価見通し

・2月11日:30. 01ドル ・3月12日:20. 06ドル(🔻 33. 2%) となり、30%近いの急落となりました。 この期間におけるダウ平均株価の下落幅は35%程度なので、他の多くの銘柄と同様にコロナショックによる下落幅が大きかったといえます。 ただ株価は3月12日の安値をつけてから反発していて、6月の段階で30ドル超えと暴落前の水準に戻しています。 新型コロナが拡大したとしても、食料品の需要は底堅いということなんだと思います。 新型コロナ拡大によって、ボーイングやデルタ航空などセクターによっては経営危機に陥る企業も出ている中、インテルの業績や株価は堅調といえます。 クラフトハインツ(KHC)ってどんな会社? クラフトハインツ(The Kraft Heinz Company、KHC )といえば、食料品を製造・販売する大手加工食品メーカーで、生活必需品セクターに属する企業です。 2015年にチーズなどの乳製品に強みを持つクラフト社とケチャップなどの調味料に強みを持つハインツ社が合併して誕生しました。 それぞれが100年以上の歴史を持った大きな食品会社でしたが、合併により世界第5位の食品メーカーとなりました。 主にケチャップ、チーズ、調味料、缶詰、コーヒーや加工食品などを取り扱っています。 この投資会社2社が主導して、2015年にクラフト・フーズとの合併が実現しました。 いまだにバークシャー ・ハサウェーが大株主になっていることもあり、市場ではクラフトハインツはバフェット銘柄として見られています。 次に株価や最近の動向について見ていきます。 クラフトハインツ(KHC)の株価の状況は? では早速ですが、クラフトハインツの株価の状況をみていきましょう。 ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。 クラフトハインツの株価データ(2020年6月15日現在)を簡単にまとめました。 クラフトハインツの株価• 株価: 32. 12ドル• PER: 13. 64倍• 配当金: 1. 60ドル• 配当利回り:5. ただ配当利回りもほぼ5%台と生活必需品セクターの中では高い水準といえるでしょう。 もっとも、あとで解説しますが2018年の業績悪化や減配により株価が大幅に下落した影響もあり配当利回りが高くなっている面もあります。 クラフトハインツ(KHC)の株価推移とは? 次にクラフトハインツの長期チャート(10年)を見ていきます。 外出制限があったとしても、食料品の需要は底堅いということなのでしょう。 このように銘柄の特徴には違いがありますから、その違いを踏まえ投資先を検討することで投資の勝率を高めることにつながります。 投資理論を知るための、おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。 クラフトハインツの配当実績は? 次にクラフトハインツの配当実績をみていきましょう。 以下が合併後の5年間の実績となっていますが、配当金がほとんど伸びていないですね。 配当利回りは5%超えと高配当銘柄であることは間違いないのですが、業績が低迷していて2019年は大きく減配。 食料品銘柄は業績鉄板のはずなんですけどね。 やはり米国株の魅力は、連続増配銘柄が多いことですね。 KHCも高配当銘柄ですが、他にも素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。 以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。 クラフトハインツの売上高や利益は? 次にクラフトハインツの業績をみていきます。 以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。 クラフト・ハインツは、2015年7月に統合しているので合併後の業績は2016年以降となりますが、売上高や営業利益は減少傾向であることがわかります。 ここ最近、消費者の食習慣がオーガニックブランドや生鮮食品を好む傾向があり、加工食品を敬遠する動きが加速しています。 加工食品を中心としたクラフトハインツのブランドも苦戦が強いられていて、2018年には159億ドルもの減損処理を迫られるなど業績が悪化。 純利益が赤字になっているのは、この減損の影響を受けたものですね。 ちなみにこの減損の発表と同時に、36%の大幅減配も発表。 46%の大暴落となりました。 クラフトハインツは、バフェット銘柄で高配当ということもあり、個人投資家に人気が高い銘柄。 影響を受けた個人投資家も多かったと思います。 クラフトハインツの株価の予想は? 新型コロナ拡大の経済影響の全貌が見通せない状況ではありますが、クラフトハインツ の業績は感染症による外出制限などの影響を受けないものの、低調な 株価は今後も続くと予想します。 理由をたんてきにいうと、 ・生活必需品銘柄のわりに業績が不安定 ・消費者の加工食品離れ ・ブランド価値低下 ということ。 食品株は、不況時にも売り上げが落ちないため、減配リスクが低く、株価も比較的安定していると言われていました。 生活必需品株でかつバフェット銘柄、配当も高いということで人気の銘柄ですが、2019年にあっけなく減配。 ハインツのケチャップは有名で全米で知らない者はいないほど。 しかし、最近の軟調な株価推移や業績の悪化による配当の減配を見ると、どんな有名企業でもその価値を保ち続けることは難しいということです。 クラフトハインツだけじゃなく食品メーカーは、消費者の嗜好変化やアマゾンなどのe-コマースの進展により、業績の悪化が続いています。 最近では、インターネット広告を活用した地元企業やプライベートブランドの売れ行きが良く、大手有名ブランドの業績を悪化させています。 以前の様に有名メーカーがテレビなどで大量の広告を流し、圧倒的な地位を築けたという状況は大きく変わっているのです。 バフェット銘柄のクラフトハインツも長期的な業績低迷は続くものと予想します。 米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0. 45%(最大20ドル)。 日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。 その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。 詳しくは以下の記事にまとめています。 「クラフトハインツの株価」まとめ 今回は、クラフトハインツの決算・株価下落について取り上げるとともに、今後の株価の見通しについて述べてきました。 食料品銘柄は、生活必需品ということもあり不況時にも業績の落ちないディフェンシブ銘柄と見られてきました。 しかし消費者の嗜好変化やインターネットなどのデジタル化の進展で、産業構造が大きく変化し、食品や小売りなどの一部大手企業の業績が低迷しています。 この傾向は当面は続くと考えられることから、加工食品大手のクラフトハインツの業績低迷はしばらく続くものと考えます。 最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。 米国株に関する情報を効率よく収集するには? 日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信する モトリーフール。 メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が 無料で送られてきます。 自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。 モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。 米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。 登録は無料です。 >> なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。 米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは? 株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。 やはり資産運用の基本は 、 米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。 自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、 ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。 自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。 忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。 詳しくは以下の記事にまとめています。 関連記事・おすすめ記事 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。 皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。 ぜひご覧ください。 カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。 営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。 強さの秘密に迫ります。 マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。 今後の株価の見通しは? グーグルの親会社アルファベットの銘柄分析です。 新型コロナ拡大で企業からの広告収入が減少することが見込まれますが、今後の株価について分析です。 圧倒的なブランド力を持つアップルの銘柄分析です。 新型コロナ拡大で1〜3月期の売り上げ未達となるなど業績への影響が懸念されるところ。 今後の株価の見通しについて分析です。 63年連続増配など業績鉄板。 今後の株価の見込みについて分析です。 ヘルスケア最大手のJNJの銘柄分析です。 コロナ拡大でも医薬品や日用品の売り上げ好調で、58年連続の増配を発表。 今後の株価の見込みについて分析です。 高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。 業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。 その理由について分析です。 しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。 今後の見通しについてまとめました。 米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。 主要ネット証券会社の手数料を比較。 オススメの証券会社はどこか?.

次の

ボーイング株、今こそ定額購入を始める時か?

ボーイング株価見通し

海外報道を翻訳しながら、問題点を解説します。 海外報道まとめ(翻訳) ボーイング社の外注下請けSpirit AeroSystems社のカンサス州ウイチタ工場で、2,800人を解雇すると発表。 Spirit AeroSystems社は737MAX型機の全体の7割を製造しており、同型機の生産停止が影響した。 この解雇は、2019年1月22日から開始。 同社で受け持っているのは、胴体全般、逆推進装置、エンジンパイロン(エンジン取り付け部)、主翼構成部品等であり、全体の7割になる。 同社の737MAX型機部品の売上比率は、全体の5割以上になっている。 同社は、得意先であるボーイング社から、生産停止期間に関する情報や、今後の月間生産台数等の生産計画をまったく受け取っていない状況。 同社は、生産再開が決まっても、同社在庫の胴体100機分以上の出荷が終わってからのことになるので、同社としての生産再開はかなり先になると見ている。 また、ボーイング社の737MAX型機の完成機在庫も数百機有るので、それも考慮しなければならない。 ウイチタ工場とは別に、オクラホマ州のTulsa工場、McAlester工場でも、1月中に人員解雇をする計画がある。 ここでも737MAX型機用部品の製造をしており、ボーイング社と協議をした後に解雇人数を今後 決める予定である。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の