ロシアン ブルー ブリーダー。 癒しのロシアンブルーブリーダー・キャッテリー|かわいい子猫に出会えるブリーダー直販サイト

ロシアンブルー

ロシアン ブルー ブリーダー

ロシアンブルーをブリーダーから購入する 人気の猫種であるロシアンブルーはペットショップで購入できます。 ショッピングセンターに入居するペットショップでも、街中の比較的小さなペットショップでも容易に見つけられます。 しかし、ペットショップで売られているロシアンブルーは高額です。 また、多くのお店ではガラス越しでの対面となり、じっくり触れ合ってから選ぶことができません。 そこで、おすすめしたいのが、ロシアンブルーをブリーダーから直接購入する方法です。 ペットショップで売られているロシアンブルーのほとんどはブリーダーが供給しています。 であれば、ブリーダーから直接買ったほうがメリットがあるというわけです。 ロシアンブルーは人気の猫種であり、全国にブリーダーがいます。 最近では、ホームページで情報発信を行っているブリーダーが増えています。 また、ブリーダー情報を提供する専門サイトもありますから、参考にしてみてください。 ロシアンブルーをブリーダーから購入するメリット 血統が確かである ブリーダーからロシアンブルーを購入するメリットのひとつは「血統の確かさ」です。 個人や団体の里親募集から直接譲り受ける場合、ロシアンブルーと称していても外見が似ているだけの別の猫種や雑種だったなんてことが起こりえます。 特に、ロシアンブルーは、シャルトリューやコラットという猫種に外見が似ているため、ロシアンブルーを入手したつもりが、シャルトリューやコラットだったということもありえます。 血統が確かなロシアンブルーを購入したい方はブリーダーから購入しましょう。 血統書が付くため価格は高くなりますが、遺伝性疾患のリスクが低く、安心して飼うことができます。 ペットショップよりも安く購入できる ペットショップで売られているロシアンブルーはショップの利益を上乗せしているため、どうしても価格が高くなりがちです。 ブリーダーから購入するのであれば、ペットショップに支払われるマージンがかからないため、比較的安く購入できます。 ロシアンブルーのブリーダーの選び方 ロシアンブルーは人気の猫種であり、企業から個人までさまざまなブリーダーが育てています。 猫を愛している優良なブリーダーが多数ですが、中には儲かればいいという悪質なブリーダーも存在します。 そこで、信頼できるブリーダーを選ぶポイントをご紹介します。 自宅に近いブリーダーを優先して探す ロシアンブルーのブリーダーは全国各地にいますが、自宅に近いブリーダーを優先して探しましょう。 いまはインターネットを介すれば、ブリーダーと直接会わなくてもやりとりできます。 ですが、信頼できるブリーダーかどうかを判断するには、直接会って確認したいものです。 そこで、日帰りで行けないような遠い地域のブリーダーでは、なかなか会いに行けませんし、購入したロシアンブルーを連れて帰るのも大変です。 猫は環境の変化に弱い生き物ですから、長時間の移動はストレスになります。 特に飛行機移動では貨物室での預かりとなりますので、室温などの変化で体調を崩す恐れがあります。 同じ理由で宅配業者による輸送もおすすめできません。 見学可能かどうか 一言でブリーダーと言っても飼育環境はさまざまです。 ホームページを開設して飼育の様子を公開しているブリーダーもいますが、なかなか表に出ない情報であり、購入したい人に伝わらないのが実情です。 そこで、欲しいと思ったロシアンブルーを見つけたら、そのブリーダーに飼育環境を見学できるか確認してみましょう。 見学が可能であれば、清潔でストレスの少ない、猫にやさしい飼育環境であるかどうかを知ることができます。 もし見学を渋るようなら、病気やストレスに配慮しない劣悪な環境でロシアンブルーを育てている可能性も否定できません。 ロシアンブルーと直接触れ合えるか ロシアンブルーをブリーダーから購入するなら、猫と直接触れ合ってから購入しましょう。 ロシアンブルーといっても1匹1匹に個性があります。 猫との出会いは一期一会、いろんな猫と触れ合って相性を確かめましょう。 また、ロシアンブルーには内向的で警戒心の強い一面がありますから、触れ合いの時間を十分に確保してから家に迎えたほうが、早く飼い主さんに懐きます。 また、一回の対面だけで購入を決めるのではなく、何度か訪れてロシアンブルーと触れ合いましょう。 そして、あなたのお気に入りの猫を見つけてください。 ワクチン接種の有無 ロシアンブルーの子猫は、母猫から受け継いだ免疫が薄まる生後2か月になったらワクチン接種が必要になります。 優良なブリーダーであれば、育てているすべての猫にワクチン接種を行っています。 動物病院が発行しているワクチンを接種したことを示す証明書の有無を確認しましょう。 ロシアンブルー専門のブリーダーか 問い合わせしようとしているブリーダーが、ロシアンブルー専門であるかもブリーダー選びの重要なポイントです。 ブリーダーは、それぞれ得意とする猫種が異なります。 中には儲けを優先するあまり、多くの猫種を育てているブリーダーも存在します。 ブリーダーにロシアンブルーの知識やノウハウが不足していると、質の高い猫を育てることができません。 限られた猫種のみを育てているブリーダーであれば、質の向上に力を入れている可能性が高く、安心して購入できます。 事前にホームページなどで、ブリーダーが飼育している猫種を確認しておきましょう。 ロシアンブルーを専門にしているブリーダーであれば、病気やストレスのない飼育環境が整っていると判断できます。 アフターフォローをしてくれるかどうか アフターフォローもブリーダー選びの大切なポイントです。 アフターフォローをしないブリーダーからロシアンブルーを購入すると、後々にトラブルが起こる可能性があります。 ロシアンブルーを家に迎えた後に病気が見つかった場合、ブリーダーから情報提供がないと困ってしまうからです。 また、飼い主さんがロシアンブルーについて詳しくない場合は、ブリーダーのアフターフォローが助けになります。 儲けしか考えていない悪質のブリーダーは、「猫を引き渡したら終わり」と考えています。 まず、信頼できるブリーダーを探し、購入前から電話やメールでアフターフォローについて確認し、わからないことがあれば質問しましょう。 アフターフォローをしっかり行うブリーダーであれば、購入後も信頼関係が続き安心です。 もし問題が生じてもすぐに連絡がとれて、迅速に対応してくれます。

次の

【ロシアの貴公子】奥ゆかしさのかたまり! ロシアンブルーの魅力に迫る|みんなのペットライフ

ロシアン ブルー ブリーダー

この記事でまとめたこと• ロシアンブルー、ペットショップで探す ロシアンブルーを探すうえで、一番簡単にアクセスできるのはペットショップです。 街中にあり気軽に立ち寄れて、様子をみることができますね。 お近くのペットショップにロシアンブルーがいなかったとしても、問い合わせれば取り寄せてもらえることもできますよ。 飼育に必要なグッズを、店員さんにアドバイスをうけながら一緒に購入できるのも大きなメリットです。 ただし、ペットショップから購入する場合は、血統がはっきりしないケースが多いです。 遺伝病を持っているかどうかなど詳細を確認することは難しいです。 加えて、展示されているため毎日多くの人に接したり触られることからストレスを抱えてしまい、健康状態に影響が及んでいることもあります。 気に入った猫に出会えたら、購入する前に抱っこをして、ボディチェックをしてから決めてみてください。 ロシアンブルー特有のじゅうたんのような被毛の肌触りを直接確認することも大切ですよ。 ロシアンブルー、ブリーダーから譲り受ける ロシアンブルーは人気の猫種なので、ロシアンブルー専門のブリーダーも全国に多数存在しています。 ネットで検索してみて、まずは自宅の近くから調べてみてください。 「東京猫ハウス」や「みんなのロシアンブルー子猫ブリーダー」などのWebサイトは情報が充実していておすすめです。 ホームページに書いてある事はしっかり読んで、勉強することが大切ですよ。 ブリーダーから購入するメリットは、「血統がはっきりしているため遺伝病のリスクが低い」「直接やりとりをするためペットショップを通すマージンがかからない」です。 ただし、血統書が付いている分、高めの価格設定であることも少なくありません。 ブリーダーを選ぶときは、ブリーダーとの相性が大切ですよ。 電話やメールでコミュニケーションを重ね、まずは信頼できるブリーダーか、相性が合うかを確認するところからはじめるのをおすすめします。 購入する前にかならず直接会い、猫にも会わせてもらいます。 育てているロシアンブルーに愛情を持って接しているかもチェックしてくださいね。 信頼関係の築けるブリーダーに出会うことができれば、購入した後も関係を続けることができます。 譲り受けた猫の成長をともに喜び、困ったときにも相談できる心強いパートナーになってくれますよ。 一部には「パピーミル」と呼ばれる悪徳ブリーダーもいるので注意が必要です。 パピーミルはペットのことを商品としか見ておらず、 劣悪な飼育環境で子猫を育て、体調不良になったら殺処分したり、捨てたりするという、動物に対して大変可哀想な扱いをします。 パピーミルは子猫を繁殖させることを目的しているため、ペットに対しての深い知識を持ち合わせていなかったり、飼育環境を見せたがらないという傾向があります。 パピーミルを避けるためにも、ブリーダーとのコミュニケーション量を増やしてから迎え入れるかを決めてくださいね。 ロシアンブルー、里親になる 里親制度を利用して、里親になるのも一つの方法です。 里親になる場合、条件は譲り受ける相手や猫それぞれで異なりますが、基本的にはワクチン接種の代金などの最低限の費用のみ、新しい飼い主が負担する場合が多いようです。 しかし純血種であるロシアンブルーは、あまり里子に出ていません。 里親制度で出会うのは難しいかもしれませんね。 インターネット上の里親募集の掲示板やサイト、動物保護の団体などの情報をマメにチェックと出会えるかもしれません。 タウン誌、地域で配られる情報誌などアナログな情報も継続して確認してみてくださいね。 多くのロシアンブルーと出会ってから決めるのがポイント ロシアンブルーの迎え入れ先にはそれぞれに良いところがあります。 自分にぴったりのロシアンブルーを迎え入れるためには、たくさんのロシアンブルーに直接会って、抱っこしてみることが一番です。 素敵な出会いがありますように。 ロシアンブルー関連の記事も併せて参考にしてみてくださいね。

次の

ロシアンブルー

ロシアン ブルー ブリーダー

一般的に猫は気まぐれなイメージがありますが、ロシアンブルーはその逆。 性格は思慮深く、飼い主に対して深い忠誠心を示します。 飼い主に寄り添うその献身的な姿は、犬のようだと言われることも。 飼い主さんを独占したい! とってもヤキモチ焼き 飼い主がほかの猫をかわいがっているのを見ると激しく嫉妬するなど、ヤキモチ焼きの一面もあります。 愛情深さの裏返しかもしれませんね。 また、人見知りが激しく、飼い主さんなど自分が認めた相手以外には強い警戒心を示し、心を開こうとしません。 人に慣れるまでに時間がかかるようです。 なかなか懐いてくれないロシアンブルーをいつか振り向かせたいと、猫カフェに足しげく通う人もいるんだとか。 まるで高嶺の花のようですね。 飼い主さんはちょっとした優越感に浸れるかもしれません。

次の