十訓抄 和訳。 「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄 和訳

大江山 【注1】 いくの 【注2】の道 の 【注3】 遠けれ 【注4】ば まだ ふみ 【注5】も みず 【注6】 天の橋立 【注7】 と 詠みかけけり 【注8】。 思はず 【注9】に、 あさましく 【注10】て、「こはいかに、かかるやうやは ある 【注11】。 」とばかり言ひて、返歌にも 及ばず 【注12】、袖を引き放ちて、 逃げられけり 【注13】。 小式部、これより歌詠みの、世に 覚え 【注14】 出で来にけり 【注15】。 これは うちまかせて 【注16】の 理運 【注17】のこと なれ 【注18】ども、かの卿の心には、これほどの歌、 ただいま 【注19】 詠みいだすべし 【注20】とは、 知られざりけるにや 【注21】。 重要な品詞と語句の解説 語句【注】 品詞と意味 1 大江山 名詞。 山城国(京都府の南東部)にある丹波の国の生野に行くときに見える山。 2 いくの 地名。 現在の京都府福知山市生野(いくの)のこと。 掛詞になっており、「生野」と「行く野」が掛かっている。 3 の 格助詞の主格。 意味は「~が」。 「の」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 4 遠けれ ク活用の形容詞「遠し」の已然形。 5 ふみ 名詞。 手紙のこと。 掛詞になっており、「文(ふみ)」と「踏み」が掛かっている。 6 みず マ行上一段動詞「みる」の未然形+打消の助動詞「ず」の終止形。 意味は「見てない」。 7 天の橋立 名詞。 日本三景の一つで、丹後の国の名所で歌枕。 8 詠みかけけり カ行下二段動詞「詠みかく」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形。 意味は「詠んで返歌を求めた」。 9 思はずに ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形。 意味は「思いがけず」。 10 あさましく シク活用の形容詞「あさまし」の連用形。 意味は「驚く」。 11 ある ラ変動詞「あり」の連体形。 係助詞「やは」に呼応している。 係り結びの法則については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 12 及ばず バ行四段動詞「及ぶ」の未然形+打消の助動詞「ず」の連用形。 13 逃げられけり ガ行下二段動詞「逃ぐ」の未然形+尊敬の助動詞「らる」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形。 意味は「お逃げになった」。 「られ」は、定頼中納言に対する敬意。 14 覚え 名詞。 意味は「評判」。 15 出で来にけり カ変動詞「出で来」の連用形+完了の助動詞「ぬ」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形。 意味は「出てきてしまった」。 16 うちまかせて 副詞。 意味は「普通」。 17 理運 名詞。 意味は「道理にかなっていること」。 18 なれ 断定の助動詞「なり」の已然形。 19 ただいま 副詞。 意味は「今すぐ」。 20 詠みいだすべし サ行四段動詞「詠みいだす」の終止形+可能の助動詞「べし」の終止形。 意味は「詠み出すことができる」。 「べし」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 21 知られざりけるにや ラ行四段動詞「知る」の未然形+尊敬の助動詞「る」の未然形+打消の助動詞「ず」の連用形+過去の助動詞「けり」の連体形+断定の助動詞「なり」の連用形+係助詞「や」。 意味は「お分かりにならなかったのだろうか」。 「れ」は、定頼中納言に対する敬意。 「にや」の後に、「あらん」が省略されている。 「に」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 係り結びの省略については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。

次の

十訓抄の現代語訳を教えてください。

十訓抄 和訳

『十訓抄』第七の十五「雨夜の品定め」 鳥羽院の御代、雨がたいそう降っていた夜、若い殿上人が沢山集まって、 昔の話にある「雨夜の品定め」(源氏物語の帚木巻にある、 若い貴族たちが、雨夜に宮中であれこれと女性の噂をする場面。 ) でもあったのだろうか、 「誰か、優美な手紙を書く女を知っているか?」 と言い争い出して、 「今夜のうちに決着をつけよう!」 などと言っているうちに、子一つ(夜十一時頃)にもなった。 人々は宿直所に、硯や紙を取り寄せようと、おつきの者を走らせてやった。 その時、中院大臣(源雅定)は、まだ中将で、あれこれと (交際していた女性たちを)思いめぐらされた。 (結果、) 花園内大臣(源有仁)の家の(女房である)督殿がいた (彼女がいい、と思いついた)。 交際が途絶えてしばらくたっていた人 (督殿)を思い出されて(雅定は)「この数ヶ月、 ご無沙汰してしまいました……」と書いて、心が動くような優しい言葉を 尽くして書かれたのだった。 紫の薄い七枚重ねの紙に書いて、 同じ色の紙にお包みになった。 夜なのでよく見えなかったのだろうか。 雅兼朝臣(源雅兼)は大殿(右大臣源顕房、雅兼の父)の (ところの女房)「もたれは」という女性のところに(手紙を)やった。 (こちらは)白い薄紙だったとか。 このように沢山書いて届ける。 (従者たちが手紙を)そのまま持って出る。 それぞれ楽しい競争のうちにも(遊び半分ではあるが、競争心はあるので) 「(自分のところに来た返事が)よかったらなあ」などと気をもんでいる様子が、 おもしろかったが、しばらくあって返事が来た(多くの返事の)中に、 この「もたれは」の返事が特にすぐれていた。 花園大臣家の督殿は、「そうはいっても(いい返事をくれるだろう)」と (雅定は)期待しておられたが、ひどく劣った書きぶりで、 心がおだやかでなく思われた。 のちに人が言うには「花園大臣の北の方(正室)は優美な趣味の方で、 しかるべき場合、場合の歌の返歌、優しい手紙(恋文)の返事などを、 よく見てご指導になっておられたので、(女房の)督殿は、 恋人との仲が途絶えがちになると、この北の方に(代筆を) お願い申しあげていたのだが、その夜はたまたま北の方が いらっしゃらなかったのだ。 (仲が)途絶えてしばらくたった恋人から、 突然手紙が来たので、気もそぞろになってあわてて(拙い返事を) 書いて名折れになったのだ」と言ったのだった。 これも(日頃の)心がけのいたらないことから起きたのである。 (交際が途絶えて)しばらくたった人から突然何か言って来たら、 心を落ち着けて「どんなわけがあるのだろうか」とよく考えるべきだ。 そのうえ、いつもの(指導してくれる)人がいないのなら、 いっそのこと、その夜の返事はなかったほうがよかったであろう。 これは(彼女の失敗を予想して)あらかじめ計画したことではないが、 (日頃の)心構えがない(と、こういうことになる)ことの例として言うのである。 手紙というものは、いつも普段通りであってはならない。 (十分に注意して書かねばならない。 というのは、)変な見苦しいことなども 書いた手紙が、思いがけない反故(リサイクル用にとってある古紙)の 中から出てきた時にも、知らない人であってもその心根が見えるものである。 今、当面はたいした人ではないと思っても、(その人にいいかげんに 書いた手紙が)まぎれ散(って人の目に触れ)れば、 きっと不都合なことにもなるので、よく心得ておくべき事である。

次の

十訓抄『博雅の三位と鬼の笛』の現代語訳(口語訳)と解説 / 古文 by 走るメロス

十訓抄 和訳

邢昺 ( けいへい )「論語注疏」(阮元『十三經注疏(附校勘記)』中華書局、1991年)を底本とし、諸本を参照して一部字句を訂正した。 字句の異同については、その都度注記した。 原文は原則として正字体、書き下し文は新字体・現代仮名遣いとした。 各章の区分けは 朱 ( しゅ ) 熹 ( き )『論語 集 ( しっ ) 注 ( ちゅう )』に拠った。 各章には全章の通し番号と各編ごとの番号とを合わせ記し、利用者の便を図った。 各章には章名を記した。 章名は太宰春台『論語古訓外傳』(嵩山房、延享2年)に拠った。 引用した書名の略称については、 何 ( か ) 晏 ( あん )等『論語 集解 ( しっかい )』は『集解』、 皇侃 ( おうがん )『論語 義疏 ( ぎそ )』は『義疏』、 邢昺 ( けいへい )『論語注疏』は『注疏』、 朱 ( しゅ ) 熹 ( き )『論語 集 ( しっ ) 注 ( ちゅう )』は『集注』と表記した。 「曰」の送り仮名は「 曰 ( いわ )く」で統一した。 学校教育の場では「 曰 ( い )ハク」に統一されているが、本来は「 曰 ( いわ )く」「 曰 ( い )わく」のどちらでもよい。 なお、「のたまわく」は「いわく」の尊敬語であり、孔子に対してだけは「のたまわく」と読んだ方がよいと思われるが、煩雑になるのですべて「 曰 ( いわ )く」で統一した。 現代語訳は 下村 ( しもむら ) 湖 ( こ ) 人 ( じん )(1884~1955)の『現代訳論語』、 魚返 ( おがえり )善雄(1910~1966)の『論語新訳』を登録した。 下村湖人および魚返善雄は死後50年以上経過しており、著作権が消滅している著者であると判断した。 ウィキペディア【】【】参照。 なお、2016年5月1日、青空文庫に下村湖人の『現代訳論語』が登録されたが、当サイトが登録しているテキストデータは、その数年前に独自に作成したものである。 現在、現代語訳に穂積 重遠 ( しげとお )(1883~1951)『新訳論語』を追加登録中である。 Unicodeで表示できない漢字は今昔文字鏡24dot画像を使用した。 〔国内〕• 石本道明/青木洋司『論語 朱熹の本文訳と別解』明徳出版社、2017年• 井波律子『完訳 論語』岩波書店、2016年• 宇野哲人『論語 上・下』(中国古典新書)明徳出版社、1967年• 宇野哲人『論語新釈』(講談社学術文庫)講談社、1980年• 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年• 魚返善雄『論語新訳』學生社、1957年• 荻生徂徠/小川環樹訳注『論語徴 1・2』(ワイド版東洋文庫 575・576)平凡社、2009年• 貝塚茂樹『論語』(中公文庫)中央公論新社、1973年• 貝塚茂樹編「論語古義」『伊藤仁斎』(日本の名著 13)中央公論社、1972年• 加地伸行『論語』(講談社学術文庫)講談社、2004年• 金谷治『論語』(岩波文庫)岩波書店、1963年• 簡野道明『論語解義』明治書院、1931年• 簡野道明『補註 論語集註 新装版』明治書院、1972年• 木村英一『論語』(講談社文庫)講談社、1975年• 久米旺生『論語』(中国の思想 9)徳間書店、1996年• 桑原武夫『論語』(ちくま文庫)筑摩書房、1985年• 子安宣邦『仁斎論語 上・下』ぺりかん社、2017年• 渋沢栄一『論語講義 全七巻』(講談社学術文庫)講談社、1977年• 下村湖人『[現代訳]論語』PHP研究所、2008年• 朱熹/土田健次郎訳注『論語集註 1~4』(東洋文庫 841・850・854・858)平凡社、2013~15年• 『縮臨古本論語集解』(漢文講讀課本 6)朋友書店、1979年• 太宰春台『論語古訓外傳』嵩山房、1745年• 武内義雄『論語之研究』岩波書店、1939年• 田所義行『新評論語 上・下』東京堂出版、1971・72年• 藤堂明保『論語』(中国の古典 1)学習研究社、1981年• 野中根太郎『全文完全対照版 論語コンプリート』誠文堂新光社、2016年• 平岡武夫『論語』(全釈漢文大系 1)集英社、1980年• 吹野安/石本道明『孔子全書 1~10 論語 1~10』明徳出版社、1999~2006年• 藤塚鄰『論語總説』国書刊行会、1988年• 穂積重遠『新訳論語』(講談社学術文庫)講談社、1981年• 宮崎市定『論語の新研究』岩波書店、1974年• 諸橋轍次『論語の講義 新装版』大修館書店、1989年• 『漢文大系(一)大學説・中庸説・論語集説・孟子定本』冨山房、1972年• 山田勝美『論語』(角川文庫)角川書店、1985年• 『要説 論語・孟子』日栄社、1969年• 吉川幸次郎『論語 上・下』(朝日選書 中国古典選)朝日新聞社、1996年• 吉田賢抗『論語』(新釈漢文大系 1)明治書院、1960年• 「論語義疏(校本・校勘記)」『武内義雄全集 第一巻 論語篇』角川書店、1978年• 〔国外〕• 邢昺「論語注疏」『十三經注疏(附校勘記) 下册』中華書局、1991年• 『論語何氏等集解・孝經唐玄宗注』臺灣中華書局、1974年• 劉寳楠・皮錫瑞撰『論語正義・孝經鄭注疏』(十三經清人注疏)上海古籍出版社、1993年.

次の