新型 コロナ ウイルス 愛知 県 最新。 新型コロナ/愛知県、休業要請を解除 運動施設・遊技施設など

愛知県で銀行員が新型コロナに感染…紙幣からウイルス感染の恐れはあるのか?

新型 コロナ ウイルス 愛知 県 最新

名古屋市で新たに男女5人、愛知県内で4人のあわせて9人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。 市は「どこで感染してもおかしくないレベルに上がった」と警戒を強めています。 新たに感染が確認されたのは、市内に住む男女5人です。 名古屋市によりますと、このうち、いずれも80代の女性3人については、1日に感染が確認された女性と接触があったということですが、60代の男女2人については、市内で感染が確認された人との接触はなく、いまのところ感染経路はわかっていないということです。 名古屋市では、感染ルートがわからない人が相次いでいて、市は「どこで感染してもおかしくないレベルに上がった」と警戒を強めており、不要不急の外出は控えてほしいとしています。 また、愛知県によりますと、三河地方と尾張地方に住む男女4人からも新型コロナウイルスの感染が確認されました。 4人のうち70代の女性は先月、感染が確認された女性と同じ施設を利用しており、3日に感染が確認された女性の夫も同じく感染が確認されています。 そのほか、20代の女性と70代の男性については、これまでに感染が確認された人との接触は分かっていません。 これで、愛知県内で感染が確認されたのは41人となります。 この記事をシェアする.

次の

新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省

新型 コロナ ウイルス 愛知 県 最新

コロナ社会における観光の再生に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同宣言 5月31日、愛知・岐阜・三重の3県知事は、観光地の早期再生を目指し、コロナ社会における新たな観光産業の構築に向けて、東海3県が連携して取組を進めるとする共同宣言を発出しました。 愛知県緊急事態宣言の解除に際して 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月25日、政府において、緊急事態解除宣言が発出され、全ての都道府県が緊急事態措置を実施すべき区域に該当しないこととなりました。 これを受け、愛知県では、県独自の緊急事態宣言の解除と、県民・事業者の皆様に対し感染防止対策の徹底をお願いするメッセージを発出しました。 営業を継続・再開する事業者の皆様へ 「徹底した感染防止対策」のお願い 愛知県は、県独自の緊急事態宣言に基づき、5月31日まで緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくため、事業者の皆様への休業要請についても順次、緩和することといたしました。 5月18日、大村知事から営業を継続・再開する事業者の皆様へ、徹底した感染防止対策の実施をお願いするメッセージを発出しました。 国の「緊急事態宣言」解除を受けての愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ 5月16日、愛知・岐阜・三重の3県知事は、3県の県民・事業者の皆様に向けて、3県はすべて国の「緊急事態宣言」が解除されたものの、他の都道府県に宣言が発令されている間は、3県の県境をまたぐ不要不急の移動を控えることなどを呼び掛ける共同メッセージを発出しました。 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月14日、愛知県は、国における法に基づく緊急事態宣言の対象地域から解除されました。 しかしながら、本県では、引き続き県独自の「愛知県緊急事態宣言」の期間とした5月31日まで、緊急事態措置を継続しつつ、段階的に社会経済活動のレベルを上げていくこととし、県民・事業者の皆様へ引き続きご理解、ご協力をお願いするメッセージを発出しました。 緊急事態宣言の期間延長について 県民・事業者の皆様へのメッセージ 5月4日、政府において、緊急事態宣言の枠組みを5月31日まで延長することが決定されました。 これを受け、愛知県では、第8回愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、県の緊急事態宣言及び緊急事態措置の期間も5月31日まで延長することとし、県民・事業者の皆様へ引き続き感染症対策へのご理解、ご協力をお願いするメッセージを発出しました。 愛知県における新型コロナウイルス感染症対策 愛知県が取り組んでいる新型コロナウイルス感染症対策の概要です。 新型コロナウイルス感染症 愛知県緊急事態宣言 4月10日、新型コロナウイルス感染症に関する全国及び愛知県の感染状況等にかんがみ、その拡大を防止するため、を発出しました。 () 5月31日(日曜日)までの間、「」を実施します。 また、愛知県として当面、取り組む施策を「」として取りまとめました。 【愛知県の感染症発生状況】• 新型コロナウイルス感染症が心配なとき 県内・国内外の情報 愛知県内の情報について• 国内外の発生状況等の情報• その他 外務省から中国、韓国、イタリア、イランの感染症危険情報(一部地域の感染症危険レベルの引き上げ)が発出されています。 感染がさらに拡大する可能性があるので、最新情報を入手し、感染予防に努めてください。 愛知県のLINE公式アカウントと友だちになり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた、新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。 登録方法は、ページをご覧ください。

次の

新型コロナ/愛知県、休業要請を解除 運動施設・遊技施設など

新型 コロナ ウイルス 愛知 県 最新

中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いています。 世界保健機関(WHO)の緊急委員会は、令和2年1月31日未明(日本時間)、中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC: Public Health Emergency of International Concern)」に該当すると発表しました。 このような状況を踏まえ、令和2年2月1日から新型コロナウイルス感染症は、感染症法に基づく「指定感染症」に指定されました。 本市では新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため、「新型コロナウイルス感染症の拡大を全市一丸となって防止するための条例」が令和2年3月10日に制定されました。 令和2年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づき、緊急事態宣言が発出されました。 緊急事態措置を実施すべき期間は、令和2年4月7日から5月6日までで、実施すべき区域は、埼玉県、千葉県、東京都、大阪府、兵庫県及び福岡県の7都府県とされました。 令和2年4月10日、新型コロナウイルス感染症に関する全国及び愛知県の感染状況等にかんがみ、その拡大を防止するため、愛知県緊急事態宣言が発出されました。 令和2年4月7日に出された緊急事態宣言について、4月16日、緊急事態措置を実施すべき区域が7都府県から全都道府県に拡大され、実施期間は5月6日までとされました。 また、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針(令和2年4月16日変更)では、東京都及び大阪府、北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、兵庫県、福岡県については、特に重点的に感染拡大の防止に向けた取組を進めていく必要がある「特定警戒都道府県」とされました。 令和2年5月4日、緊急事態措置を実施すべき期間が5月31日まで延長されるとともに、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針が変更されました。 令和2年5月14日、緊急事態措置を実施すべき区域が北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府及び兵庫県に変更され、これら以外の県に対する緊急事態宣言は解除されました。 また、愛知県内で継続実施されている愛知県緊急事態措置の改訂が行われ、施設への休業要請等が一部解除されました。 令和2年5月21日、緊急事態措置を実施すべき区域が、北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県に変更され、これら以外の府県に対する緊急事態宣言は解除されました。 令和2年4月7日に出された新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言について、5月25日、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められたため、緊急事態が終了した旨が宣言されました。 詳細については、をご覧ください。 また、も変更されました。 本県においても愛知県緊急事態宣言及び愛知県緊急事態措置が解除され、が策定されました。 新型コロナウイルスについて.

次の