東京 03 怒 られる。 棚橋選手なら歴史を変えられる! 東京03豊本のプロレスあれこれ(41)

河川の氾濫とは?|東京都防災ホームページ

東京 03 怒 られる

「G1クライマックス2018」。 新日本プロレスにおいてこの夏1番強い選手を決める大会です。 近年のG1は優勝の予想がつかない! 出場メンバーも多いし誰が優勝してもおかしくない。 そんな中で優勝者決定戦に残った2人。 棚橋弘至vs. 飯伏幸太。 昨年のG1でも戦っているのですが、そこで生まれた神を超えるための技、『カミゴェ』。 そのカミゴェで神を超えてみせた飯伏選手。 果たして今年は? 一方、棚橋選手に焦点を当てるなら、最近はケガに悩まされ思うように試合ができていないのではないか? ロスインゴ、バレットクラブなどのユニット抗争の流れに乗れていない、このまま一線から遠ざかってしまうのか? そんな心配をどこか感じさせる中での決勝進出。 強い棚橋が帰ってくる予感をさせてくれました。 飯伏選手だとDDTからの盟友ケニー・オメガ選手がIWGPヘビーのベルトを持っている今こそ、G1を優勝して挑戦する。 そこに意味とドラマがあります。 その新日本に現れた突然変異のプロレスラー、その身体能力の高さと予測不能な閃き、そしてプロレスをさらに危険な領域にまで広げた男・飯伏幸太。 プロレスをプロレスで守った男と、プロレスを破壊しかねない男との一騎打ち。 構図としてはベビー対ヒール。 若干偏った見方ではありますが、そういうテーマを持って見させてもらいました。 あ、もちろん、飯伏選手が嫌いでもないですし、なんなら好きな選手ですけど、今の新日本においては、影響力もあり、とんでもなく危険分子。 このリーグ戦でも行われたケニーvs. 飯伏(8.11日本武道館大会)を見た方なら分かると思いますが、「この2人、どちらかが死んじゃうんじゃないか?」という激しい試合でした。 僕の考えはあくまで、プロレスは相手選手の肩を3秒間マットにつけるぐらいのダメージを与えれば充分と思ってます。 でも飯伏選手は、その範囲内でもきちんと魅せられる選手であるにもかかわらず、ストッパーがない。 まぁそれが魅力の1つなんですけどね。 一方、棚橋選手の試合にはすべて救いがあります。 相手を倒すのはもちろんの事、相手を活かすというプロレスの醍醐味(だいごみ)も含めてきます。 飯伏選手は相手を壊しかねない、なんなら自身が壊れてしまう可能性もあるプロレス。 「活かす」か「壊す」かです。 そして、肝心の試合は……。 棚橋選手が勝ちました。 しかもハイフライフローで勝利! 新技で勝つとかではなく、今まで通りのフィニッシュで勝ってくれたというのもすごく意味があると思います。 ここでも棚橋選手はプロレスを守ってくれている気がしました。

次の

キングちゃん連載その4【東京03】ファンタジーな東京03が見られるのは「キングちゃん」だけ?(ザテレビジョン)

東京 03 怒 られる

司会者の島田紳助さんが生放送の番組で、お笑いトリオ「東京03」に激怒する映像が流れ、大騒動に発展した件で、「東京03」が初めてテレビで真相を明かした。 番組放送前に島田さんに対し「あいさつしなかった」ことが発端なのだという。 問題となった番組は2009年10月3日放送のTBS系特別番組「オールスター感謝祭」。 芸能人や有名人200人がクイズの回答者として集合。 サーカス団・シルクドソレイユが舞台でパフォーマンスを披露していた時、島田さんが尋常ではない様子で「東京03」に詰め寄るシーンが一瞬映された。 当日挨拶していなかったのがきっかけ 「東京03」はその後、うなだれたたままで番組に参加しなかった。 ネットでは何が起こったのか、いぶかる声が盛り上がり、「東京03がクイズで不正を働いたのではないか」「思い上がった態度を取ったのではないか」などといった憶測も交え、大騒動に発展した。 「東京03」がこの騒動の真相を語ったのは、09年11月17日放送の日本テレビ系トークバラエティ「踊る!さんま御殿!! 司会の明石家さんまさんが番組が始まると突然、 「東京03、何でこんな時期に さんま御殿に 出てきたんや、お前らは」 と話題を振った。 「こんな時期」というのは、島田さんとの騒動がまだ収まっていない、ということ。 「東京03」は、 「いいんですか? 騒動について こんなにざっくり話してもらっても」 と応じた。 さんまさんは、あの件は両者とも悪くないことだからざっくり話しても大丈夫だとし、 「お前らは 島田さんに 挨拶したつもりやったんやろ?」 と聞くと、 「人数が多かったんで」 と答えた。 つまり、当日は挨拶していなかった、ということだそうだ。 「皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありません」 さんまさんは、 「 出演した人数が多かったから 挨拶に行っても失礼かな、と。 紳助は『挨拶に来ていない』ともめて、シルクドソレイユが珍しくミスしたというね」 と説明した。 「東京03」は、 「本当に皆さんにご迷惑をおかけして申し訳ありません」 と平謝り。 ただ、さんまさんは、紳助さんとの件はお互いの誤解だからしょうがないが、「さんま御殿」の収録前にいきなり自分の元に「東京03」が挨拶に来たのはよろしくないとし、 「じゃまくさいから来ないでほしいくらいなのに、来やがってアホンダラ!」 と「叱責」。 収録しているスタジオは大きな笑いに包まれていた。

次の

怒羅権の馬場義明(大東義明)とは?木村兄弟の弟とタイマンの経験も?

東京 03 怒 られる

島田紳助の東京03事件が起こったのは2009年の『オールスター感謝祭』の生放送中だ。 生放送中でシルク・ド・ソレイユのショーが行われている時に事件は起こった。 紳助は東京03に対して殴ったのか? 紳助は東京03が座っている上段まで駆け寄り、胸ぐらを掴んだ。 「お前らなめてんのか。 潰してやる!」 と。 紳助が殴ったという情報もあるが、殴ったかどうかの真相は定かではない。 というのも近くにいたスタッフは「殴った」というような証言をしている人もいるし、 「殴ってはいない」と発言するスタッフもいるようだ。 これは紳助が芸能界で大きな権力を持っているために、 紳助に気をつかって自分の保身のために真相を公言することができないからだろう。 なぜ、紳助は東京03にキレたのか? では、どうして紳助は本番中であるのにもかかわらず東京03にキレたのか。 新聞なんかでは• 東京03が本番前に挨拶をしなかった• 東京03は遅れてきたのにカメラの前を素通りした• 東京03はやる気の無い態度が気に入らなかった というような内容が理由だとされている。 なので紳助は「なめてんのか」という気持ちになったと。 あの『オールスター感謝祭』は相当な数の芸能人が出演する。 しかも生放送だ。 あれを時間通りに進行しつつ、 出演者にトークをふっていくのはそう簡単ではない。 そのためには司会者の島田紳助と出演者の関係が非常に重要になってくると紳助は考えている。 つまり、「出演者やスタッフ全員の協力があってこそあの番組が成功する」というようなスタンスで仕事をしているのだ。 にもかかわらず、やる気がなく挨拶もしないような芸人がいたので紳助はそれが気に入らなかったのだろう。 紳助の司会のスタンスが自分中心でなく、出演者を活かしながら番組を面白くしていくというタイプだからこそ出演者に「番組に対してもっと真剣にやれ!」という怒りだと考えられる。 ビートたけしは呆れていた ビートたけしはこの事件について呆れていたようだ。 この現場には紳助の同期のオール巨人はじめ、 先輩芸人や俳優さんなども近くにいたわけだ。 なぜ本番中に怒っている紳助を周りが止めなかったのかとたけしは呆れている。 たけしが「裸の王様」だと表現しているようだが、 実際に紳助を止めることができる人間はなかなかいないかもしれない。 浮き沈みの激しい芸能界でやっていくには長いものには巻かれることも大事なことではある。 だから正義だけではやっていけないという理由で、 紳助に対して反抗したり止めに入ることができるタレントやスタッフはいなかったのかもしれない。 紳助が事件を起こしたのは仕事に対しての真剣さからきているのでは 今の時代はこんな暴力まがいの事件を起こすと「何事だ」というような批判が多いのかもしれない。 しかし、芸能界に限らず一般の社会でも挨拶もせずにやる気の無さそうにして何の協力もしようとしないような人は上から怒鳴られたりしても当たり前だとも思う。 それは仕事に対してそれだけ真剣に取り組んでいる人がいるからだ。 一般社会でもプロジェクトのリーダーは一番仕事に対して真剣に取り組んでいることが多い。 そのリーダーがやる気のない下手に対して喝を入れる行為は不思議なことではない。

次の