シーサイド モーテル 映画。 シーサイドモーテルの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

映画 シーサイドモーテル フル動画の無料視聴を確認!生田斗真を人気の動画配信サービスでみる!

シーサイド モーテル 映画

「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【ノーカットフルver】映画「シーサイドモーテル」を完全無料動画視聴する方法

シーサイド モーテル 映画

モーテルの各部屋での群像劇が、意外なところでつながって・・・ という感じの話でしたが、最後につながった先でのオチが、オチじゃないと思うのです。 つながりもあるようでないようでって感じの中途半端が多かったし。 何か驚かせてくれる最後を期待したんですが、あ、そう、って感じで普通に流されて終わってしまった感じ。 テンポものろくてじらされる割には期待外れのオチてないオチ。 唯一面白かったのが借金男とその男を拷問する拷問屋の男二人の顛末。 ネタバレ失礼します。 でもあのくらいの事故で二人とも死ぬかなぁ? 重傷で病院に入院、やくざに殺されるとか半身不随にさせられる、 のような展開のほうが面白かったと思います。 もうひとひねり欲しかった作品でした。 "なにか有りそうでなにも無い。 なにか起こりそうで起きたり起こらなかったり" それ以上でもそれ以下でもない、そんな映画でした。 とはいえ、これだけでは寂しいのでもうちょっとだけ書かせてもらいますね。 簡単に話を紹介しますと、山奥の寂れたモーテルにある4つ部屋にはそれぞれ関連性の無い別の宿泊客が泊まってます。 時系列は基本揃ってますが、多少前後したりしながらも、ある晩それぞれの部屋ごとに事件が起こるのですが… と言ったところでしょうか。 見せ方も意味深で、いかにもこれから"すっごいなにか"が起こりそうな感じで進行していきます。 が、初めにも言ったとおり基本的には部屋それぞれなんの関わりもなく時間が過ぎていきます。 たまーに"偶然"絡んだりもしますが、それぞれそのまま終わります。 終わっちゃいます… とまあこれだけだと糞つまらない駄作なのですが、はっきりいってこの映画はコメディでした。 練られた脚本も無ければ、世界をまたにかけるようなスケール感もありません。 「見ればわかる低予算や」です。 ですが、たまーに絡んだりすると思いがけない展開になり"クスッ"ときます。 そしてその"クスッ"とがこの映画の全てであり、楽しめるかどうかの分かれ目だと思います。 そんな映画でした。 ここまで読んでもし興味がお有りでしたらぜひ肩の力を抜いて御覧ください。 なんなら他事のついででもいいんじゃないでしょうか。 間違ってもガッツリ「よーし映画見るぞ!」で見ていい映画じゃありませんからね。 あ、シモネタもあるから家族での視聴は計画的に!).

次の

映画『シーサイドモーテル』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

シーサイド モーテル 映画

シーサイドモーテルのネタバレあらすじ:起 海の全く見えない山奥にある薄汚い小さなモーテル「シーサイドモーテル」。 このモーテルの103号室にはインチキ美容クリームのセールスマン・亀田雅之(生田斗真)が宿泊していました。 社長から厳しいノルマを課せられ途方に暮れる亀田の部屋に、頼んでもいないコールガールのキャンディ(麻生久美子)が部屋を間違えてやってきました。 キャンディは仕方なく亀田相手に商売しようとし、亀田もまたキャンディの脚にお試しとしてインチキクリームを塗りました。 キャンディは亀田に「このまま私と海の見える場所へ逃げない?」と誘いかけました。 202号室では、ギャンブラーの朝倉陽介(山田孝之)が愛人の二宮留衣(成海璃子)と共にピザの配達を待っていました。 やがてピザ配達が部屋に到着したその時、背後からやくざの相田敏夫(玉山鉄二)と弟分のチー坊(柄本時生)が現れ、朝倉を二宮共々縛り付けました。 203号室には、スーパー店長の太田勝俊(古田新太)とその妻・美咲(小島聖)が泊まっていました。 男性機能低下に悩む太田は、美咲にパチスロへ行くよう勧め、その隙に部屋にコールガールを呼んで刺激を得ようと考えましたが、美咲は自分が留守の間に夫が変なことをしないようにと太田の顔にドぎつい女装メイクを施し、自分が帰って来るまでに化粧を落としていたら即離婚すると告げて外出していきました。 その直後、国道で自動車事故が起きたという通報を受けた警官2名(赤堀雅秋、ノゾエ征爾)は現場に急行しました。 キャバクラの常連客・石塚達也(池田鉄洋)は高級温泉旅館という名目で、お気に入りのキャバ嬢・マリン(山崎真実)を半年がかりでようやく連れ出すことに成功しましたが、途中で乗っていた高級外車が故障してしまい、ちょうど近くにあったシーサイドモーテルの102号室に泊まることにしました。 シーサイドモーテルのネタバレあらすじ:承 203号室。 呼んだコールガールが中々来ないことに苛立っていた太田の前に警官2名が現れ、美咲が事故死したことを告げました。 実は美咲はパチスロに行くと見せかけて不倫関係にあるスーパー従業員と共に出かけようとしたところ事故に遭ったということです。 太田はメイクを落とさぬまま遺体の確認へと向かいました。 202号室。 朝倉はやくざから3千万円もの借金をしており、相田らは取り立てに来ていたのです。 もうすぐ組が伝説の拷問士・ペペ(温水洋一)を送り込んでくると聞きた朝倉は相田に「最後の勝負をしよう」と持ち掛け、部屋の外を男が連続で5人通ったら朝倉の勝ち、1人でも女が通ったら相田の勝ちという賭けをすることになりました。 太田を迎えに来た警官2名が外を往復したので連続で4回男が通過したことになり、朝倉は最後の1人に掛けましたが、現れたのは女装した太田でした。 102号室。 シーサイドモーテルのネタバレあらすじ:転 103号室。 亀田はどうしてもキャンディのことが気になり、ちょうど床にキャンディのネックレスが落ちていたことから電話をかけてキャンディを指名しました。 クリームを売ろうとする亀田は一緒に逃げるつもりだったと嘘をつき、キャンディもまたもう一度亀田に会いたかったと互いに嘘をつきました。 102号室。 ようやくマリンを抱けると喜び勇んだ石塚は無理な体勢がたたってギックリ腰を発症してしまい、救急車を呼んだマリンは石塚の金を持ち逃げして去ってしまいました。 202号室、組から朝倉を殺すよう依頼されていたというペペは朝倉に毒薬を注射しようとしました。 朝倉は相田に頼んでトイレへ行かせてもらい、その直後に相田はトイレから携帯電話を発見しました。 朝倉が警察へ通報したのではと思ったその時、近づいてきたサイレンの音にビビった相田は注射を朝倉に打ち込みました。 ペペは倒れた朝倉を車へ運び入れると走り去っていきました。 サイレンの音は実はマリンが通報した救急車のものでした。 シーサイドモーテルの結末 103号室。 本気でキャンディに惚れ始めていた亀田は遂に彼女を抱きました。 情事が終わると亀田とキャンディは壁にかかった写真を見つめました。 それは、夕陽に染まるどこかの南の島の海岸でカップルが肩を寄せ合っている写真でした。 キャンディはこの島にモーテルを立てたいという夢を語り、手伝わせてほしいという亀田に「水着と日焼け止めを持って、朝日が昇る頃に戻って来る」と言い残して部屋を出ました。 時計は午前4時ちょうどでした。 202号室から朝倉を運び出したペペは、車の中で目を覚ました朝倉と話をしていました。 実は朝倉はペペと最初からグルであり、注射器の中身は毒薬ではなく麻酔薬だったのです。 朝倉は組から2億円を横領しており、相田の目を欺くためわざと拷問をしたのです。 まんまと2億円を手にした朝倉とペペでしたが、金を山分けする気などさらさらない朝倉はペペを殺そうとし、二人の車はモーテルに戻ろうとしていたキャンディの車と衝突、朝倉とペペは死亡、キャンディは重傷を負いました。 その頃、組から朝倉の横領の事実を知った相田は、朝倉にまんまと逃げられたことからこのままでは済まないだろうと恐れおののき、チー坊だけでも破門という形で逃がすことにしました。 二宮を連れてモーテルを出た相田は、組からの連絡で朝倉の死を知りました。 203号室には太田が美咲の遺体確認から戻ってきました。 太田はメイクを落とそうとしましたが部屋は節水で水道が止まっており、太田は美咲のことを「死んでも嫉妬深い女」と評し、喪が明けるまでメイクを落とさないことにしました。 103号室。 いつまで経ってもキャンディが来ないことに待ちくたびれた亀田は、キャンディに騙されたのだと思い込み、ちょうどその場にいたチー坊と知り合うと二人でモーテルを出ました。 4週間後。 未だにキャンディを忘れられない亀田は、チー坊と共に103号室で見た写真の南の島を探し歩いていました。 一方、傷の癒えたキャンディは、大きなスーツケースを持っていずこかへと旅立っていきました。

次の