し じん そう の 殺人 映画 怖い。 映画「屍人荘(しじんそう)の殺人」フル動画を見れる動画配信は

屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)ネタバレありで映画と原作の違いを考察。明智ロスが最後まで残る|永遠の未完成これ完成である4

し じん そう の 殺人 映画 怖い

凄まじい衝撃と共に読み終えた 今村昌弘『 屍人荘の殺人』。 第二十七回鮎川哲也賞受賞作でもあるこの作品は、ミステリーファンの話題を独占するとともに賞賛と批判の声を浴びた。 話題になるということは、良くも悪くも世間の評価にさらされるということだ。 しかし、僕はこの作品が王道だの邪道だのウダウダ語りたいわけではなくて、ただ面白かったからその感想を書きたいと思った。 という訳で、今村昌弘『屍人荘の殺人』のネタバレ感想と、この作品が気に入った人へ類似作品をおすすめしてみたいと思う。 ガッチリとネタバレをするので、何も知らない状態で楽しみたい人は、このページを閉じてさっさと本を購入して 『屍人荘の殺人』を100%の状態で楽しむべきだと思う。 本屋でも買ってもいいし、ネットで買ってもいいから。 屍人荘の殺人 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。 合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。 部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。 しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!! 究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?! 奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作! (引用|amazon) ———-以下、ネタバレ———- 初めは普通の推理小説 読み始めはよくある普通の推理小説ものとして始まる。 大学のサークルの一つである映画研究部の夏合宿に主人公たちが参加するベタな展開。 去年はその夏合宿で何か事件があり、自殺者も出ており、どことなく不穏な空気のするOB達も登場することで生まれるこれまたベタな事件の香り。 なんと、肝試しの最中に大量の 『ゾンビ』 が登場するのである。 まさかのゾンビの大群が登場 いきなり大量のゾンビが襲ってきて、主人公たちを含む登場人物たちは別荘に立てこもることになる。 雪で閉ざされた山荘やら、海に囲まれた館などの作品は当然読んだことがあるが、ゾンビに閉じ込められたクローズドサークル作品は流石に始めて読んだ。 普通の推理小説として読み始めたにもかかわらず、急にゾンビが現れて襲いかかってこられるという衝撃の大きさは計り知れない。 だがこの作品、実はタイトルですでにネタバレしているのだ。 『屍人荘の殺人』 屍人 = ゾンビ ほら、もう完全にネタバレ。 普通にネタバレ。 当然と言えば当然だ。 思いっきり書いてある。 でも、そのままダイレクトにゾンビが登場するとは誰も思わない。 それは意外と大きな盲点なのかもしれない。 なんにせよ、 ゾンビが現れることで見事な条件付きのクローズドサークルが生み出されているのはお見事といった印象。 さらにそのゾンビはクローズドサークル内で起こる連続殺人のトリックや、殺害方法に直接的にかかわってくるものだ。 それでいて本格推理 この作品が評価されているのは大量のゾンビに囲まれるという異常な展開をみせているわりに色物な小説にならないで、殺人事件に対して推理の論理性がぶれないからだ。 あくまでもフェアに情報が開示されており、論理性が欠如することがないのだ。 殺害方法に対しても散りばめられた小さな情報、伏線とも呼んでいいかもしれないが、それらを丁寧に拾い集めて紡いでいけば、しっかり真実にたどり着ける内容となっている。 また、サスペンス要素としてゾンビたちに追い詰められていくスリルも味わえるので、一つの作品で二度三度おいしい?小説でもあるのだ。 密室トリックの組み合わせ 作中では密室トリックについて語られている場面がある。 その内容は、密室トリックの手段については出尽くしており、その出尽くした密室トリックの手段を組み合わせることで、新しい密室トリックを生み出してきたというものだ。 これらの表現は、実はこの作品自体にも当てはまるのではないかと思う。 というのも、 今の時代「本格ミステリー」も「ゾンビ」も、それ単体はありふれたエッセンスでしかないが、この作品では それらを合わせることで、全く新しい作品として生まれ変わることに成功しているからだ。 作中では密室トリックの手段として話していたが、もしかするとこの作品自体もそういった着想から生まれているのかもしれない。 限定条件でのミステリー 『屍人荘の殺人』に限らず、限定条件において生まれるミステリー作品は楽しめるものが多い。 どの作品も『屍人荘の殺人』を気に入った人は是非とも手に取ってほしい作品たちだ。 おそらく続編も!? あくまでも予想ではあるが、この作品には続編がでるに違いないと期待している。 多くの謎がまだ未解決のまま残っているからだ。 例えばゾンビのウィルスがどういった経緯でばらまかれたのか?一度ゾンビになってしまった人間はもう戻らないのか?などのシンプルな疑問はなにも解決していない。 他にも班目(マダラメ)機関についてはどのような組織で、冒頭の報告書から広がる展開なども何も触れられていないので、今後見られるとしたら嬉しい要素だ。 そういった明かされていない謎が多く存在しているこの作品は、きっと近いうちに続編の噂が聞こえてくるに違いない。 最後に ゾンビが出てくるというはなれ技を使っているにもかかわらず、作品の読み口が安っぽくないのは作者である今村氏の技量によるところが大きい。 この文体や表現ならば、ゾンビといった飛び道具に頼らずとも素晴らしい作品を生み出してくれるに違いないので、是非とも続編に期待したいと思う。 楽しみだ。

次の

屍人荘の殺人

し じん そう の 殺人 映画 怖い

『屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)』は作者・ 今村昌弘のデビュー作。 東京創元社が開催している公募のミステリ新人賞、鮎川哲也賞を受賞しました。 ミステリではあまり見られない舞台設定や驚きのトリックが話題となり、そのほかにもさまざまなミステリ賞で1位を獲得。 注目のミステリ作品となりました。 主な登場人物は、大学生たち。 夏の合宿が惨劇の舞台となります。 物語の語り手で主人公でもあり、探偵の助手たるワトソン役を務めるのが、 葉村譲。 神紅大学ミステリ愛好会に所属しています。 「神紅大学のホームズ」と呼ばれる会長・ 明智恭介や、警察の捜査にも協力する探偵少女・ 剣崎比留子とともに、映画研究会の夏合宿に同行することになるのでした。 ミステリ愛好会は、明智の 「事件の匂いがする」という直感で同行することになりますが、比留子には映画研究会の合宿に同行しなければならない明確な理由がありました。 部員のもとに、一通の脅迫状が届いていたのです。 「今年の生贄は誰だ?」という、意味深な脅迫状。 昨年の合宿で何が起こったのか。 そして、この脅迫状を送った人物は誰なのか。 さまざまな謎を抱えながら、合宿がスタートします。 季節は夏。 ペンション紫湛荘(しじんそう)での合宿は和やかに進んでいました。 しかし、誰も想像できなかった出来事が、1日目から発生してしまうのです。 肝試しをしていた映画研究会のメンバーと葉村たちは、なんと ゾンビの群れと遭遇(!)。 世間では バイオテロが発生。 ペンションにほど近い自然公園で開催されていたロックフェスの観客の多くが感染し、 ゾンビ化してしまっていたのでした。 事態収拾のために現場は隔離。 電話も通じないなか大量発生したゾンビにペンションを包囲され、籠城を余儀なくされてしまいます。 ペンションの1階もゾンビに占拠され、外には一切出られず、また外からの協力者を得られない 完全密室の状況。 そんな緊迫した状況のなかで、 凄惨な殺人事件の幕も上がるのでした。 作品の見所を考察!パニックホラーならではの怖さ 本作を手に取った読者の多くは、いわくつきの洋館が登場する、いわゆる「館もの」を想像したのではないでしょうか。 しかし本作は、 ゾンビが登場するホラーミステリ作品でもあるのです! かつて本格ミステリに、ゾンビが登場したことがあったでしょうか。 タイトルの「屍人」とは、まさしくゾンビを指しているのです。 ミステリ作品には探偵の助手であり、時に語り手も務めるワトソン役と、事件を解決するための探偵役となる人物が登場します。 まれに事件捜査を手助けする役割を持った人物も登場しますが、多くの作品の場合、探偵とワトソンの他は事件に関わる人物で占められるでしょう。 危険な目に遭うことはあるものの、この役の人物たちは死にません。 読者を導き、事件を解決するという役目があるからです。 しかし、本作で探偵役を務める1人になるかと思われた 明智恭介は、なんとゾンビに襲われてあっさりと退場。 まさかの展開です。 通常は死ぬことはない探偵ですが、本作の場合、敵は犯人だけではありません。 外にはゾンビ。 ペンションの中でもゾンビの襲撃から身を守る必要があります。 いつ自分が死んでしまうかわからない。 まさしく生と死が隣りあわせという、 極限の状況が描かれているのです。 作品の見所を考察!「クローズドサークル」ならではの閉塞感ある怖さ 嵐のなかの孤島や、猛吹雪のなかの山荘など、自然現象など何らかの事情により外界から隔絶されてしまった状況下で起こる殺人事件。 ミステリ作品で人気のシチュエーションは 「クローズドサークル」ものと称されています。 本作もゾンビが大量発生してしまったことにより、ペンションに籠城。 電話も通じず助けも来ない、まさしく外界から隔絶された状況です。 過去さまざまな状況のクローズドサークルものが描かれてきましたが、ゾンビが大量発生したという状況は、おそらく他に無いでしょう。 クローズドサークルものは、外からの協力者の可能性を完全に除外することができます。 まさしく、犯人はこのなかにいる、という空間なのです。 本作の場合、外に出れば死。 そして、仲間内では殺人事件が発生。 外はもちろんのこと、仲間も心から信用できないという状況は、もはや恐怖以外の何者でもないでしょう。 この閉塞感のある空間で起こるやりとりから、目が離せません。 作品の見所を考察!第1の殺人 ゾンビが大量発生したことにより、紫湛荘に立てこもりを余儀なくされた葉村や映画研究会のメンバーたち。 パニックホラーならばゾンビとの格闘が描かれるところですが、本作はあくまでも本格ミステリ。 緊迫した状況下で、 第1の殺人が起こってしまいます。 被害者となったのは、映画研究会部長・ 進藤歩。 自室で無くなっているところを発見されました。 遺体は噛み千切られてボロボロで、一見ゾンビに襲われたように見えます。 しかし、部屋はオートロックなうえに、ゾンビの侵入を防ぐためにバリケードが築かれていました。 ゾンビがたまたま彼の部屋にだけ侵入したとは考えにくい状況です。 そして、誰かが殺したともいえるようなメッセージも残されていました。 部屋の扉の内外にあった、 「いただきます」と 「ごちそうさま」と書かれた紙。 ゾンビにそこまでの行動能力はなく、やはり人間の手が加えられたと考えられるでしょう。 しかし、人間の手による犯行だとすると、遺体の損傷具合の説明ができず……。 本作はいわゆる 「読者への挑戦」を含む作りとなっており、謎を解き明かすためのヒントは、作中に明確に提示されています。 第1の殺人の謎を解くカギは、ゾンビが大量発生してから殺人が起きるまでに提示されていました。 周囲の状況や生存者など、小さな情報も精査していけば、正解にたどり着くことができるでしょう。 作品の見所を考察!第2の殺人 第1の殺人は密室状況下での殺人でしたが、 第2の殺人は方法もさることながら、犯人の意図が不可解であると言わざるを得ません。 殺害されたのは大学OB・ 立浪波流也。 サーファー風の伊達男です。 彼はエレベーターを利用して殺害されました。 睡眠薬で眠らされた状態でエレベーターに乗せられて、1階へ。 到着すれば自動的に扉が開きます。 その1階はゾンビに埋め尽くされている状態。 襲われてしまうことは、想像するに易いでしょう。 しかし、そのままエレベーターが停止したわけではありません。 ゾンビに噛まれた彼を乗せたエレベーターは再び動き出し、2階に到着しました。 犯人はあらためて彼を鈍器で殴り、頭部を破壊したのです。 ちなみにゾンビに噛まれた人間は時間が経過するとともにゾンビ化しますが、頭部を完全破壊することで、活動を停止させることができます。 第2の殺人の不可解な点は、なぜゾンビに殺させた立浪を、再び2階に戻す必要があったのか。 そして、彼の他にゾンビがエレベーターに乗っていなかったのはなぜなのか、という点です。 なぜそこまで手間をかける必要があったのか。 トリックを解き明かすことで、犯人の被害者に対する深い恨みを知ることができるでしょう。 作品の見所を考察!第3の殺人 進藤、立浪が殺害され、ついに 第3の殺人も起こってしまいました。 殺害されたのは、 七宮兼光。 紫湛荘のオーナーの息子であり、大学のOBで立浪とも友人です。 彼は自室にずっとこもっていたのですが、発見された時にはすでに亡くなっていました。 部屋にこもっていたということは、完全なる密室ということ。 紫湛荘はカードキーを差し込んで扉を開けるシステムになっているため、彼が生存中に外から無理やり開けることはできず、彼が誰かを招き入れなければ侵入することはできません。 七宮殺害の機会は、2階の南エリアがゾンビに奪われた際、取り残された比留子を助けるために、3階の七宮の部屋からはしごを下した時だけでした。 しかし、怪しい行動をしていた人間の目撃情報がありません。 そのうえ七宮は潔癖症で、自分が摂取する食料や飲料は厳重に管理していたため、毒物などの混入も難しいでしょう。 遺体には目立った外傷がない以上、何らかの毒物が使用されたと考えられますが、混入する手段や機会もかなり少なく難しい状況です。 彼はコンタクトが合わないため頭痛を訴えていたらしく、目薬を常用していたという情報があり、これが謎を解くカギになってきそうです。 作品の見所を考察!真犯人が分かる結末は、あの伏線にあり……!【ネタバレ注意】 殺人事件の犯人も気になりますが、犯人が見つかっても全員が死んでしまっては意味がありません。 ゾンビだらけの紫湛荘から無事に脱出できるのでしょうか。 そう、 犯人がわかっても死の恐怖からは逃げられないという状況が、本作最大の見所なのです。 最後まで緊迫した展開で、ページを捲る手が止まりません。 読者としては、バイオテロはなぜ起こったのか、誰が起こしたのか。 そんな謎も気になるのではないでしょうか。 果たして彼らは無事に生き延び、すべての謎を解き明かすことができるのでしょうか。 ぜひご自身の手で、彼らの結末を見届けてください。 ミステリは人気のあるジャンルで、数多くの作品が刊行されています。 すでにトリックは出尽くされた……と思いきや、ミステリではあまり見られない斬新な存在が投入されたことにより、作品に今までにない魅力が生まれました。 パニックホラーでありながら、本格ミステリ。 『屍人荘の殺人』で、極上のエンタメを味わってください。

次の

屍人荘の殺人の犯人ネタバレ!ラストの結末は中村倫也がスゴイ!

し じん そう の 殺人 映画 怖い

あらすじ ミステリー小説を読むことが大好きな小説オタクの大学生「葉村譲」は、先輩でありミステリー愛好会会長の明智恭介に振り回され、ホームズとワトソン気取りで学内の事件に首を突っ込んでいた。 そんな二人のもとに、同じ大学に通いながら私立探偵の顔を持つ剣崎比留子が訪れ、2人は音楽フェス研究会の夏合宿への参加を持ちかけられた。 比留子のもとには前もって「今年の夏合宿で何かが起こる」という犯行予告が届いていたためだった。 3人は山奥のペンション紫湛荘へ向かい、メンバーと合流するも、その夜、密室状態となった紫湛荘で惨殺死体が発見される__。 『屍人荘の殺人』中村倫也演じるホームズは序盤で早々に死ぬって本当? 『スポンサーリンク』 『屍人荘の殺人』では、中村倫也演じるホームズこと「明智」と、ワトソンこと神木隆之介演じる「葉村」、もう一人のホームズこと「比留子(浜辺美波)」によって起こった殺人事件が解決へと導かれていくというような主旨で宣伝されています。 しかし、 中村倫也さんが演じる明智は、なんと映画の序盤で早々に死んでしまいます。 それというのも、今回事件が起こる屍人荘(紫湛荘)に集まった大学のサークルメンバーが参加したロックフェスティバルで、なぜか大量のゾンビが突如出現。 このゾンビの襲撃によって主要な登場人物たちはペンションへと逃げ込むことになりますが、 明智(中村倫也)は会場にスマホを落とした女性「静原美冬」を助けるためにペンション入り口で彼女を先に行かせ、自分はゾンビの波へと飲まれてしまいます。 ワトソンである葉村は彼が生きていることを信じていましたが、 劇ラストで再度登場した明智は葉村の願いもむなしくゾンビ化しており、葉村に襲いかかったところをもう一人のホームズ=比留子によって殺されて映画は幕を下ろします。 主要キャストのはずなのにクレジットが一番下にきていたのはこういうことだったのかと納得させられましたが、あまりにも早い死に、ファンの方は肩透かしを食らったという方もいらっしゃるかもしれませんね。 出番が全くなかったというわけではないですが、葉村や比留子と比べるとかなりセリフは少なかったように思います。 実際管理人も予想していたものと180度違ったのでかなり驚きました。 本作は前述した通り、 普通のミステリー映画ではなく、通常のミステリーに登場することがない「ゾンビ」が劇早々に出てきます。 ロックフェスの会場で何者かによって人間がゾンビ化するウィルスがばらまかれ、この混乱に乗じてペンション内で殺人事件が起こるというのが映画のキモ。 ペンション内で起こった殺人は人によるものなのか、それともゾンビによるものなのか、通常のミステリーではない新しい要素が盛り込まれていたため、「予想と違った」、「思ったものと違った」と言っている方が多いのだと思います。 いや、まさかゾンビが出てくるなんて思ってもいませんでした…… しかも最後まで誰が何の目的でゾンビウィルスをばらまいたのか種明かしされなかったので、消化不良を感じる方も多そうです。 キャストは誰? 配役についてまとめ 『スポンサーリンク』 以下、キャスト一覧になります。 ・葉村譲:神木隆之介 ・剣崎比留子:浜辺美波 ・進藤歩:葉山奨之 ・重元充:矢本悠馬 ・名張純江:佐久間由衣 ・静原美冬:山田杏奈 ・下松孝子:大関れいか ・星川麗花:福本莉子 ・出目飛雄:塚地武雅 ・高木凛:ふせえり ・菅野唯人:池田鉄洋 ・立浪波流也:古川雄輝 ・七宮兼光:柄本時生 ・明智恭介:中村倫也 豪華キャストが勢ぞろいしているので要チェック作品ですね! 原作について 本作『屍人荘の殺人』はこのミス大賞や本格ミステリー大賞など3つのミステリー大賞1位をとったヒット小説がもとになって実写映画化された作品です。 原作は今村昌弘による同名小説で、デビュー作にして大ヒットをかました作品。 実写映画をみる前に、原作を読んでみるのもいかがでしょう? 原作小説『屍人荘の殺人』 まとめ 以上が『屍人荘の殺人』についてまとめでした。 いかがだったでしょうか。 神木隆之介をはじめ豪華キャストが結集し映画化された今月おすすめのミステリー映画『屍人荘の殺人』。 小説もさることながら実写版映画もかなりよかったので、ぜひ気になっているという方は映画もみてみてくださいませ。 ではでは、映画をみるよー!という方も、そうではない方も、良い映画ライフをお過ごしください。 『スポンサーリンク』.

次の