モスバーガー バイト。 モスバーガーのバイト (受かるには・落ちた)

【モスバーガーのバイトはきつい!?】体験者が語る仕事内容やメリット・デメリット!|ニュースアルバイト/現場の真実

モスバーガー バイト

会社概要 モスバーガーは、株式会社モスフードサービスが展開する日本発祥のハンバーガーチェーン店です。 店舗数は日本国内で1、400店舗以上、国外で300店舗以上を展開しており、日本のハンバーガーチェーン店でのシェアはマクドナルドに次いで、2位となっています。 ファーストフード店に分類されていますが、注文を受けてから作る「アフターオーダー方式」を取り入れているのが大きな特徴となっています。 仕事内容 モスバーガーでのアルバイトは大きく分けて「カウンター」「キッチン」「フロアー」の3つがありますが、基本的には全てのポジションを覚える必要があります。 カウンターはレジでオーダーを取り、会計が主な業務となっています。 「キッチン」はオーダーが入ってから、その商品の調理、「フロアー」は商品お提供やテーブルの片付け、フロアーの清掃が主な業務内容となります。 女性のアルバイトスタッフはカウンターやフロアといった接客に、男性のアルバイトスタッフはキッチンに配置されるのが基本ですが、臨機応変に対応するようです。 たまに「カウンタースタッフ募集」や「キッチンスタッフ募集」といった、職種を限定した募集もありますが、この場合は、最初に覚えるのが、そのポジションという事で、必ずしも「専門」という事ではないようです。 この3つのポジションの内、最も重要なポジションが、ハンバーガーや、サイドメニューの調理、洗い物を行う「キッチン」になります。 このキッチンの中でも役割分担がされており、揚げ物担当は「フライヤー」、ハンバーガーを作る係の「セッター」、そして、バンズやパティを焼く「グリドル」といった役割があります。 この中でも特にハンバーガーを作る「セッター」は重要なポジションとなります。 個人差もありますが、アルバイトを始めて、半年ほどで教えられます。 セッターは各メニューの材料のグラム数を覚える必要があり、作業のスピード・正確さ・丁寧さが求められるので一番、難しいポジションですが、それだけにアルバイトの花型と言っても良いポジションが「セッター」です。 身だしなみ(服装) モスバーガーは接客業なので、当然、身だしなみ規定はあります。 基本的に、どのポジションの仕事もこなすので、アルバイトスタッフは全員、髪の毛は黒か、暗い茶色でなければいけません。 明るい色はNGとなっています。 当然、ネイルやピアス等のアクセサリーも禁止です。 採用が決まり、最初に受ける研修の時に、帽子と制服が支給されます。 ただし、靴だけは自分で購入しなければなりません。 価格は2、000〜3、000円程度です。 もし、買いたくないというのであれば、店舗においてあるアルバイト共用の靴を借りる事も可能ですが、やはり、購入する人が多いようです。 また、アルバイト終了後には靴磨きをするという習慣があります。 時給、待遇 モスバーガーの時給は、東京や大阪といった大都市部だと、900円以上という店舗もありますが、平均すると800円以上のようです。 早朝・深夜は25%アップするので1、000円は超えることになります。 特に昇給の規定は無いようですが、頑張り次第では時給は上がるようなので、そういう意味ではやりがいは有ると言えます。 研修期間は50円程度、低くなります。 また、モスバーガーは直営店とフランチャイズ店があり、直営店は概ね同じような規定となっていますが、フランチャイズ店に関しては、店舗ごとに変わってくるので、面接時に確認するようにしましょう。 交通費は全額支給される店舗がほとんどのようです。 これは嬉しい待遇です。 しかし、一部の店舗では支給されないという店舗も極少数ながら、あるようなので、これも要確認です。 飲食店のアルバイトでよくある待遇として「社割」がありますが、モスバーガーは店舗によって異なります。 これも、店舗によりますが、一定時間以上勤務すると、ハンバーガー1個、ドリンク1つがまかないとして支給される店舗もあるようです。 モスバーガーの給与形態・待遇は店舗によって違いがあるので、確認した方が良さそうです。 当然、給料の支払日も店舗によって異なります。 直営店の場合は、末締めの翌25日払いというパターンが多いようですが、フランチャイズは店舗によってバラバラです。 大変さ、デメリット モスバーガーのアルバイトは口コミ等でもあまり、ネガティブな意見は見られません。 強いてい言うならば、仕事内容が全てのポジションをこなさなければならない為に、覚える事が非常に多いという事でしょうか。 後は、クリスマス時期や、年末年始等の繁忙期には大変、忙しくなるという事ですが、これは飲食店ならば当たり前の事です。 モスバーガーでのアルバイトは非常にポジティブな意見を多く聞きます。 シフトが自己申告制なので、予定が組みやすかったり、社員教育がしっかりしている為に、社会人になった時にかなり強みになるといったメリットが多いアルバイトとして知られています。 逆に、その評判の良さからモスバーガーのアルバイトは非常に競争率が高くなってしまうというのが、一番のデメリットなのかもしれません。 それだけ、働きやすい職場という事でしょう。 モスバーガーのバイト体験談 男性 他のチェーン店に比べて時給が高いです。 大変だからかなと最初は不安でしたが、単純な野菜切りや掃除なので続けることが出来ました。 モタモタしているのは良くないので正確に早く綺麗に仕上げる努力はしました。 定年後の男性も働いていました。 初めての飲食店アルバイトだそうでしたが、すごくテキパキしてました。 他の先輩も穏やかな人ばかりでしたので働きやすかったです。 とにかくマニュアル第一に働きました。 店舗によって違うみたいですが、私のバイト先は通勤は車も自転車も可能でしたので、私は自転車で通勤しました。 食事補助が半額出るのでお得感がありました。 なるべく節約したかったので、良かったです。 この補助が目当てでバイト先をモスバーガーに決めた人もいました。 男性 モスバーガーでのアルバイトは、経験を積む事でバーガーを作る作業まで出来る様ですが、まずはドリンクを作ったりする所がスタートです。 出来上がった商品をお客さんの元に届ける事など、モスバーガーでのアルバイトもずっと立って商売を行うハードな仕事でもあります。 アルバイトとして色々と経験を積めば、ファーストフード店は何処も同じ様な対応を行う事となり、仕事も直ぐになれます。 モスバーガーで長い間アルバイトを行う事となれば、そこでバーガーを作る作業まで出来る事となり、ファーストフード店の醍醐味の仕事となります。 アルバイトEX-Press編集部 アルバイトEX-Press編集部です。 皆様のお役に立つアルバイト情報をお届けすることライフミッションにしております。

次の

モスバーガーバイトのおすすめ度は何%?楽?きつい?評判を徹底解説!

モスバーガー バイト

このページの目次• モスバーガーの口コミ・評判 実際にモスバーガーで働いた人の体験談を紹介します。 モスは清潔感やゆったり感も、断然マックより上で良いと思います。 そのためか客層も良かったです。 それにカウンターで急かされることも少ないので、大忙し!ってなるのはせいぜい土日くらいです。 ただ、その分 クオリティは求められます。 クオリティはお金をいただいている以上、やっぱり大事ですけどね。 背筋、おじぎの角度、商品のグラム数、少しでもズレがあると「違うんですけど」「そういうのやめてくれる?」とか言われます。 結構このあたりは厳しいですね。 というかちょっとめんどくさいと思うことが正直多かった…。 時給も800円だったし、割に合わないです。 アルバイトも若い人も多かったけど、結構主婦のおばちゃんとかもいて、たまに小言とか言ってくるのでそれはイヤでした。 でもそういうめんどくさいことがなければ、結構マイペースに働ける環境だと思う。 ほんと店舗によって働きやすさも変わると思う。 一緒に働く人も選べませんしね。 私のところは結構ゆるいですよ。 まあ、モスでよく言われている小言が多いのは確かですね(笑)。 他の店がどうなっているのかは知りませんが、モスは分担とかないのでみんなが全部の仕事をします。 ハンバーガー作りは他の仕事に慣れたあたり 半年後くらい? から教えてもらえるようになりました。 やりがいはありますよ。 時給もマックよりよかったし。 内容は飲食店なので衛生面やら挨拶やら何かと厳しいですが、慣れたら基本は流れ作業です。 レジをしながらドリンク入れたり、厨房でバーガー作ったり仕込みしたりと覚えることいっぱいだ~となりますが最初はそんなもんです。 朝から夕方まではパートの方や社員の方やら大人の人たちがたくさんいます。 学生さんは大人たちに囲まれて良い社会勉強ができるいい職場ではあります。 精神面、肉体面、かなり鍛えられると思いますよ! 自分はまだ高校1年生なんですが、もうバーガー類を含めすべての商品を作っています。 気がついたら流れで作り始めてて、高校生の自分が作ってほんとに大丈夫なんだろうか?って思ってます。 今でも。 まだまだ慣れずお客様を待たせてしまうこと多々です。 ちょっと学生アルバイトに求めすぎなのはあるかもしれないですが、やりがいがない訳ではないですし、期待されてるのかな?って思ってすこし嬉しい面もあります。 年上の人もみんな親切で、 いろいろ社会勉強になってます。 モスバーガーのアルバイトは、接客態度に力を入れているようですね。 笑顔で接客できるだけでなく、おじぎの仕方や姿勢までもしっかりチェックしているようです。 それからスタッフも高校生から主婦層の方まで色々なので、その点では とくに若いスタッフが「社会勉強になる」と言っている声がいくつか見られました。 色々な年代の人が働いているのは、いろいろな意味で勉強になりそうですね。 モスバーガーのバイト求人を探すなら モスバーガーのバイト求人を探すならバイトルがおすすめです。 自分が働きたい店舗の雰囲気が動画でみれます。 早速探してみてください。 店舗によってデータが異なることもありますのでご了承ください。 そのためキッチンはとくに責任あるポジションになりますが、その他のスタッフについても きちんとした接客力を求められます。 これはモスバーガーが接客に力を入れているという表われでしょう。 時給はおよそ900円位〜なので、良いほうであると言えます。 とくに高校生には割高なバイトに感じられるかも知れません。 面接では責任感があって、きちんとしている印象と明るさを伝えることが採用される秘訣となります。 モスバーガーの仕事内容 モスバーガーのアルバイトには大きく分けて 以下3つのしごとがあります。 カウンタースタッフ• キッチンスタッフ• ホールスタッフ 1. カウンタースタッフ モスバーガーのカウンタースタッフは、お客さまのオーダーを受けドリンクは自分で対応し、フードはキッチンスタッフに作ってもらえるよう伝えるおしごとです。 もちろんお会計も担当します。 おしごとの幅は多いように見えますが、 他のファーストフード店に比べてゆったりしているので、十分に対応できるでしょう。 慣れてしまえばとてもやりやすいポジションだと言えます。 キッチンスタッフ キッチンスタッフは、 モスバーガーではとくに重要なポジションとなります。 基本的にお客さまからオーダーを受けてから、一つずつ作っていくことになるので、全てのバーガーの作り方を覚える必要があります。 なので初めは大変かも知れません。 しかし慣れていくうちに、手早く美味しく作れるコツがわかってくるのでその分やりがいも感じられるようになります。 ホールスタッフ モスバーガーのホールスタッフは、お客さまからオーダーされたフードとドリンクが準備できたら席まで運ぶおしごとがメインとなります。 お会計の時にカウンタースタッフがお客さまに番号札を渡すため、ミスはほとんどありませんが、 時に番号札を見誤ってしまうことがあるので、似たオーダーの場合はとくに気をつけましょう。 その他席の汚れがないか、忘れ物などはないかチェックすることも大切なおしごととなります。 モスバーガーで働くメリット・デメリット それでは続いてモスバーガーでアルバイトをする上での、 メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 メリット• 丁寧な対応力が身につく• 基本的なマナーが身につく• 清潔感を心がけるようになる モスバーガーはスタッフのトレーニングシステムがしっかりしており、採用されたら きちんとした対応やマナーを身につけることができるよう、教育されます。 この点は他のファーストフード店と比べて厳しめではありますが、その分、丁寧な対応力や基本的なマナーを身につけられることがメリットと言えます。 これは社会に出てからも役に立つポイントなのではないでしょうか。 デメリット• 研修がやや厳しい• 社員に厳しい人が多い モスバーガーは良い接客を目指しているために、 スタッフのトレーニングも他のファーストフード店に比べて厳しいと言われています。 これは人によって受け止め方も変わるかと思いますが「キツい」と感じてしまう人は環境的に合わないかも知れません。 また 社員に厳しい(プロ意識が高い)人が多いため、慣れるまでは色々と指摘を受けることも多いようです。 これらの条件を前向きに捉えてステップアップできる人は良いのですが…。 まとめ 以上、今回はモスバーガーのアルバイトの評判についてご紹介いたしました。 トレーニングがしっかりしており、アルバイトスタッフにとってはやや厳しい環境にも見えますが、 接客のプロとして成長出来るという意味では良いアルバイトと言えるのではないでしょうか。 バイトを通して自分自身を成長させたいと思う人は、この機会にチャレンジしてみてください。

次の

モスバーガーのバイトはきつい?店員が語る真実

モスバーガー バイト

仕事の続かない引きこもりのくまゆるです。 これからモスバーガーの面接を控えているという方、モスバーガーのアルバイトを始めてみようかなと思っている方は「面接で聞かれる内容」ってすごく気になりませんか!? 私はとても気になります。 特に初めてだと服装やどんな事を聞かれるのか分からず不安でいっぱいですよね。 私は、モスバーガーのアルバイトをしていました。 そのときの面接の経験を元にご紹介します。 モスバーガーの面接で聞かれる内容 私が モスバーガーで働いていたのは高校生の頃。 モスバーガーで働こうと思っていたのではなく、最初は自宅近くにあったコンビニにアルバイトの申し込みをしていました。 でも、一度御断りの連絡を貰っていました。 面接しましょう。 私の中でモスバーガーは、高級店に位置していたので高校生なんかがアルバイトできるようなお店ではないと勝手に思い込んでいたんです。 早速、面接を受けに行くことに。 緊張していたのを今でも覚えています。 私の場合、モスバーガーの店内で面接がありました。 土日がメインになるから遊びに行けなくなるけど大丈夫?• 1日中アルバイトになることもあるけど時間は大丈夫? などでした。 基本、バイトで土日埋まるけど大丈夫?のような確認が多かったです。 そこまでガチガチに答えを用意していく必要はないかもしれません。 履歴書に志望動機をしっかりと書いていたお陰か志望動機は聞かれませんでした。 私が入るときに丁度、辞める先輩がいたのでタイミングが良かったのかなとも思います。 面接当日の流れ さて、 面接当日の流れはというと・・・ 指定された時間にモスバーガーの店舗へと行きます。 』と伝えました。 すると、店員さんが奥の方へと行かれ店長さんがやってきました。 店長さんに軽く挨拶をし、席へと案内されました。 そして履歴書を手渡しました。 履歴書を一通り見終わったら、先ほどご紹介した質問をいくつかされました。 押さえておきたいポイント3つ 私が面接を受ける上で押えておくといいなと思ったポイントを3つご紹介します。 他の店員さんにも愛想良く接しておく。 面接中は常に笑顔で野返答を心がける。 清潔感のある服装で面接を受ける。 1.他の店員さんにも愛想よく! まず、店長さんだけでなく他の従業員の方にも愛想よくしましょう。 もしかすると一緒に仕事をするかもしれない相手ですから印象を悪く持たれては入ってから苦労することになります。 そして、もしかすると店長さんがアルバイト人に印象を聞くかもしれません。 なので、店長さんにだけいい顔をするのでなく、従業員の方にも笑顔で挨拶をすることを心掛けましょう。 2.面接中は常に笑顔で受け答えをする。 接客業ですから笑顔は大事です。 面接って緊張しますよね。 その緊張する場面でも笑顔が出せるという事は、仕事に入って直接お客様と接することになった場合も「この子は笑顔をそのまま出せるではないか?」と思ってもらえます。 アルバイトの面接ですからわざわざスーツで行く必要はありません。 ですが最低限、 清潔感のある服装で面接を受けましょう。 女の子の場合、スカートやショーパンでなくジーパンで良いのでパンツで面接に臨みましょう。 当たり前だろ!と思う方もいる思いますが、当たり前が出来てこそ採用される確率が高まるのではと感じます。 まとめ 私の場合、たまたま運が良かったのかもしれませんが初めてのアルバイトをモスバーガーで始める事が出来ました。 初めての面接や初めて働く場所での面接は緊張しますよね。 私は、緊張しいなので未だに慣れません。 むしろ今の勤務先に向かうまで向かっている間まで緊張をしています。 面接のときは、できるだけリラックスして 自然な笑顔が出せるように心掛けましょう。 きっとうまくいきます^^ 最後まで読んでもらえて嬉しいです。 ありがとうございます。 kumayuru.

次の