ベイビー ドライバー。 ベイビードライバーのドクはなぜラストであの結末に?ドクの過去は?

「軽く見れる」ベイビー・ドライバー ゆいさんの映画レビュー(感想・評価)

ベイビー ドライバー

解説 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」などで知られるエドガー・ライト監督が、音楽にのりながら驚異の運転テクニックを発揮する若きドライバーの活躍を描いたオリジナル作品。 天才的なドラインビングテクニックで犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」をしているベイビーは、子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽によって外界から遮断さえることで耳鳴りが消え、驚くべき運転能力を発揮することができる。 そのため、こだわりのプレイリストが揃ったiPodが仕事の必需品だった。 ある日、運命の女性デボラと出会ったベイビーは、逃がし屋から足を洗うことを決めるが、ベイビーの才能を惜しむ犯罪組織のボスに脅され、無謀な強盗に手を貸すことになる。 ベイビー役は、「きっと、星のせいじゃない。 」で注目された若手俳優のアンセル・エルゴート。 ヒロインとなるデボラを「シンデレラ」のリリー・ジェームズが演じるほか、ケビン・スペイシー、ジェイミー・フォックスといった実力派ベテラン俳優も共演。 2017年製作/113分/G/アメリカ 原題:Baby Driver 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント スタッフ・キャスト 通称:ベイビー。 幼いころに遭った事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、ひとたび音楽を聴けば華麗なハンドルさばきで追っ手を撒く。 ウエイトレスのデボラと出会い、借金も完済し、新しい日々が始まろうとした矢先、再び仕事の依頼が舞い込む。 「アントマン」の監督を降板したエドガー・ライトが、製作会社MRCのアプローチを受けて実現させた完全オリジナル作。 サントラのイントロダクションで「Baby drives cars, but music drives Baby」とライト監督が説明するように、ベイビーは音楽に突き動かされ、車を走らせる。 ジョン・スペンサー・エクスプロージョンの「ベルボトム」で真っ赤なスバルがアトランタの街を疾走するオープニングは、本作のコンセプトを象徴するシークエンスだ。 ストーリー・ドリブンでもなく、キャラクター・ドリブンでもない。 ミュージック・ドリブンという新境地が開拓された。 ネタバレ! クリックして本文を読む 観た人に感想を聞いて回ったが、スタイルだけで中身がない、という批判を聞く。 実際「そうじゃありません!」と断言できる反論を思いつかないが、自分は確実にグッときたし、ただカッコいいだけの映画とは思わない。 自分が一番グッとくるのは「橋の向こう側がパトカーで封鎖されている」場面。 いかにもアメリカンニューシネマ的なベタな展開なのは承知している。 だがエドガー・ライトは敢えてアメリカンニューシネマを照れることなくやってみたかったのだと思う。 音楽と映像とのシンクロは大きな魅力だが、あのシーンはそのコンセプトよりもニューシネマ的な逃避行を優先させているし、その上で安易なニューシネマ的バッドエンドに落とさなかったことにも嬉しくなってしまった。 作り手が絵空事を本気で信じているからこそ実現した、とても美しくてハッピーな映画だと思うし、それぞれにグッとくるところが見つかるかが評価の分かれ目になるのだろう。 音と映像がシンクロする!? 確かにそうだ。 一秒の狂いもなく音楽のフレーズと場面の編集が連動していく、特にオープニングシーンがもたらす高揚感は半端ない。 それは同時に、主人公と観客が同じBGMを共有する時間でもある。 そこが実は画期的なのだ。 場面に作曲家が作ったメロディが流れるのではない。 それだと、音を聴いているのは観客だけだからだ。 音楽の共有なら、それに合わせて役者が歌い踊るミュージカルがある。 本作が「ラ・ラ・ランド」と比較される理由もそこにある。 誰もが初めてiPhoneに取り込んだ好みの音楽を聴きながら出勤した時の楽しさを思い出すに違いない、至福の映像とサウンドの同時体験。 それが「ベイビー・ドライバー」なのだ!! 主人公ベイビーに持病の耳鳴りがあり、これを打ち消して運転に集中するために音楽を聴く。 音楽のグルーヴに乗って車が躍動する。 観客もその映像と音楽に同期することで一層の没入感を得られるのだ。 クライムサスペンス的な面白さに加え、音楽家でない主人公の青春音楽映画、具体例を挙げると「あの頃ペニー・レインと」「エンパイア・レコード」「キミに逢えたら!」などに通じるポップで切ない感覚も大きな魅力。 アンセル・エルゴートとリリー・ジェームズの組み合わせも、そこそこキャリアのある2人なのにフレッシュさがあって好感を持った。

次の

「軽く見れる」ベイビー・ドライバー ゆいさんの映画レビュー(感想・評価)

ベイビー ドライバー

緊張感と爽快感にあふれたカーチェイスと抜群の選曲、映像と音楽の融合で人気を博した、エドガー・ライト監督の傑作カーアクション映画 『 』(2017)の続編は、すでに脚本が完成しているようだ。 前作で主演を務めた が、すでにエドガー監督による脚本を読んだことを認めた。 エドガー監督が、続編の脚本初稿を書き終えたことをのが2019年1月のこと。 それから6ヶ月が経過した今、主演俳優にも脚本が渡っているということは、脚本は完成済み、もしくは完成にほぼ近づいている状態だとみられる。 今回のインタビューで、アンセルは 「(続編は)やりますよ。 『ベイビー・ドライバー2』は作られると思います」とコメント。 「実際は別のタイトルになるので、エドガーに聞いてください」と笑った。 Will the sequel ever see the light of day? 監督は自身初の本格ホラー映画の撮影に入っているほか、アンセルもスティーブン・スピルバーグ監督による名作ミュージカルの再映画化の撮影中。 日本の裏社会を舞台とするドラマへの主演も控えている。 ちなみに、アンセルは撮影時期についての質問には 「……わかりません」と回答。 インタビュアーが「友だちだと思ってたんですけど…」とこぼすと、アンセルは「友だちですよ、だけど 知らないんです…たぶん」と微妙な答えを重ねた。 本当に知らないのか、はたまた何らかの計画は聞かされているのか、真相は本人のみぞ知る。 映画『ベイビー・ドライバー』ブルーレイ&DVDは発売中。

次の

『ベイビー・ドライバー』続編にアンセル・エルゴートが言及

ベイビー ドライバー

ベビーフェイスのアンセル・エルゴートが純粋なベイビー役にとても似合っていた。 里親のジョー、仲間グループのドク、バディ、ダーリン、バッツも良いキャラ。 ケヴィンスペイシー良い人だなと思ったらやっぱりかって感じ。 バディとダーリンの仲も良かった。 ダーリン綺麗でかっこいい!バディもダーリンも良き理解者だったんだけどなぁ。 バッツはジャンゴ役だったジェイミーフォックス! ラストは1番良い終わり方だと思う。 流れる音楽を知ってたらもっと楽しめただろう。 監督した映画がほぼヒットしてるエドガーライト天才。 ベイビーは音楽の歌詞やテレビのセリフを引用して会話する事が多い。 途中家でジョーとテレビを見ている時にモンスターズインクやファイトクラブが写った。 ドラマ?の中の男の子が言った「You are beautiful」はベイビーがデボラに初めて会った時に引用した。 モンスターズインクの「Never, you and me are team」は最後ドクに助けを求めた際に引用した。 ドクは甥が見てるからそのセリフに気付いた。

次の