自民党参議院議員松川るい。 松川るい英語や韓国語がペラペラな理由!配偶者の新居(旦那)との別姓はなぜ?

松川るいの若い頃の顔画像が美人でかわいい?身長や学歴が気になる!

自民党参議院議員松川るい

名前:松川 るい(まつかわ るい) 戸籍上:新居(あらい) るい 生年月日:1971年2月26日 出身:奈良県・奈良市 語学が堪能だという松川るいさん。 大阪万博(おおさかばんぱく)を誘致する際には 調査団に対して、 英語や韓国語、 フランス語でのスピーチを披露し 二階氏をはじめ、周囲から おどろかれていたようです。 「大阪万博」誘致の立役者の一人と言えるかもしれません。 「大阪は国際性に富み、人情味あふれる人々がいます。 おいしい食べ物があります。 世界中の皆様にぜひ大阪を堪能してもらいたい」(安倍晋三首相) 「(英語で)私は参院議員の松川るいです。 (韓国語で)きょうはBIEの団長にお会いできて嬉しいです、ありがとうございます」(松川るい参院議員) — thouautumn thouautumn ソウルで行われた 国際的なフォーラムでも 韓国語を披露。 そんな松川さんには、 語学だけでなく仕事も出来るエリート、といった評判も。 この人は、中国語の長文での報告も 読みこなしていてスゴいな。 しかも、中国へ発信する時の態度が一方的でなく、 厳しさと優しさを 上手く使い分けている。 外務省の時代には アメリカ「ジョージタウン大学」で 修士号を取得され これまでに日中韓・協力事務局の 初代事務局長などのお仕事を 経験してこられた松川さん。 スイスにある軍縮会議機関 (旧ジュネーブ軍縮会議)では 日本政府代表部の職員として 国際情勢分析に 取り組まれていたようで 中韓フランス語(英語)のスキルは、 そういった仕事の中で 磨いたのでしょう。 (スイスの都市ジュネーブはフランス語圏) 偏差値が75もある 四天王寺高校を卒業され 東大法学部に入学、 当時、女性にとっての 狭き門であった 外務省に入省していたエリートな松川さん。 本当に頭が良い人は、 複数の国の言葉を 覚えてしまう、とも言いいますが 松川さんは、本当の意味で頭が良い方なのでしょう。 ネット上には、女性初の首相にと期待する声も? やはりこの人、憎めないキャラなのか天然なのかなんなのか。。。 英語堪能と言えば、河野太郎、松川るい氏、小泉進次郎あたりか。 まぁ順当かなぁ。 現在も美人な松川さんなので、 若い頃は、さぞモテモテだったのでしょう。 外務省(外交官)の時代には、 松川さんの奪い合いが 起きていたようで、 片山さつき(参議院議員)からは ライバル視されていたそうです。 閣僚の高市早苗(本名:山本早苗) 丸川珠代(本名:大塚珠代)など 自民党の議員が本名を名乗らないのは なぜなんだ?? 韓国や中国における 夫婦別姓とは、 儒教の思想にもとづくもので、 根っこには、男尊女卑の考えが 流れていますが、 日本的な夫婦別姓は、 女権思想(女性差別の撤廃を目指す思想)から きているそう。 外務省では「女性が輝く世界」を目指す 女性参画推進室の室長を 任されていた「松川るい」さんなので、 日本的な考え方に基づく 夫婦別姓をあえて 採用しているのかも。 今の日本は、結婚後に 女性が夫の名字を 名乗ることが多く 働く女性は名字が変わると いろいろ大変だとも 聞きますからね。 名目上(戸籍上の氏名)は「新居 るい」なので 実質な夫婦別性だとは 思いますが。 松川るいの名前が 広く浸透しているので 通称として使用しているのでしょう。

次の

自由民主党 役員

自民党参議院議員松川るい

また、若い頃が美人でかわいかったのは言うまでもないですが、もしかしたらむしろ今の方がもっと、魅力的でモテているのかもしれませんね! 松川るいってどんな人?プロフィールや身長をチェック! 松川るいさんがどのような人物なのか詳しく気になったので、プロフィールをチェックしてみましょう!• 名前:松川 るい(まつかわ るい)• 戸籍上氏名:新居 るい• 生年月日:1971年2月26日• 年齢:47歳• 出身地:奈良県奈良市• 血液型:O型• 好きな食べ物:ラーメン• 好きな男性タレント:羽生結弦• 好きな男性色:青• 職業:政治家、外交官• 所属:自由民主党・参議院議員 戸籍上の氏名が異なるというのは、少し気になりますが、もしかすると結婚をして名前が変わったものの、政治家の名前はずっと固定なのかもしれませんね~。 外務省での仕事内容は? 1993年の大学卒業後、その希望通り外務省に就職するのですが、 外務公務員の女性枠って数百人に1人とかの倍率なので、いかに松川るいさんが優秀であるのかが分かりますね。 1997年、アメリカ合衆国のジョージタウン大学国際菅家大学院を修了し、修士号を取得。 外務省では• 国際宇宙ステーション• みなみまぐろ国際裁判• ASEAN協力• 日中韓協力• 日タイ、日フィリピン他、タイ・フィリピン等対ASEAN諸国の外交交渉 に携わり、 ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部では核軍縮インテリジェンス部門で国際情勢分析に取り組みました。 2011年、日中韓の三国がソウルに設立した日中韓三国協力事務局の次長に就任し、2013年まで務めました。 2014年、安倍内閣が掲げる「女性が輝く世界」を推進するため、外務省に新設された女性参画推進室の初代室長に起用され、2016年、外務省を退官しました。 退官した年に、自由民主党大阪府連が実施した第24回参議院議員通常選挙の候補者公募に合格し、府連は大阪府選挙区(定数4)での公認を党本部に申請。 自民党公認で大阪府選挙区から出馬し、同区トップの得票数で初当選し、ここ数年で政治家になられたのですが、その能力や美貌からもう注目が集まっているのはホントすごいですよね~^^ やはり政治家になる人は、学生時代から優秀で能力が跳び抜けており、まるで別世界です・・・笑 松川るいについてのまとめ! 松川るいさんについて調べてみましたが、まとめは以下の通りになります。 元々官僚で裏方の一般人だったため、若い頃の顔画像など有力な情報はナシ。 官僚時代は、松川るいさんを取り合ってケンカするぐらいモテていた。 外務省では、国際宇宙ステーションやみなみまぐろ国際裁判に携わった。

次の

自由民主党 役員

自民党参議院議員松川るい

名前:松川 るい(まつかわ るい) 戸籍上:新居(あらい) るい 生年月日:1971年2月26日 出身:奈良県・奈良市 語学が堪能だという松川るいさん。 大阪万博(おおさかばんぱく)を誘致する際には 調査団に対して、 英語や韓国語、 フランス語でのスピーチを披露し 二階氏をはじめ、周囲から おどろかれていたようです。 「大阪万博」誘致の立役者の一人と言えるかもしれません。 「大阪は国際性に富み、人情味あふれる人々がいます。 おいしい食べ物があります。 世界中の皆様にぜひ大阪を堪能してもらいたい」(安倍晋三首相) 「(英語で)私は参院議員の松川るいです。 (韓国語で)きょうはBIEの団長にお会いできて嬉しいです、ありがとうございます」(松川るい参院議員) — thouautumn thouautumn ソウルで行われた 国際的なフォーラムでも 韓国語を披露。 そんな松川さんには、 語学だけでなく仕事も出来るエリート、といった評判も。 この人は、中国語の長文での報告も 読みこなしていてスゴいな。 しかも、中国へ発信する時の態度が一方的でなく、 厳しさと優しさを 上手く使い分けている。 外務省の時代には アメリカ「ジョージタウン大学」で 修士号を取得され これまでに日中韓・協力事務局の 初代事務局長などのお仕事を 経験してこられた松川さん。 スイスにある軍縮会議機関 (旧ジュネーブ軍縮会議)では 日本政府代表部の職員として 国際情勢分析に 取り組まれていたようで 中韓フランス語(英語)のスキルは、 そういった仕事の中で 磨いたのでしょう。 (スイスの都市ジュネーブはフランス語圏) 偏差値が75もある 四天王寺高校を卒業され 東大法学部に入学、 当時、女性にとっての 狭き門であった 外務省に入省していたエリートな松川さん。 本当に頭が良い人は、 複数の国の言葉を 覚えてしまう、とも言いいますが 松川さんは、本当の意味で頭が良い方なのでしょう。 ネット上には、女性初の首相にと期待する声も? やはりこの人、憎めないキャラなのか天然なのかなんなのか。。。 英語堪能と言えば、河野太郎、松川るい氏、小泉進次郎あたりか。 まぁ順当かなぁ。 現在も美人な松川さんなので、 若い頃は、さぞモテモテだったのでしょう。 外務省(外交官)の時代には、 松川さんの奪い合いが 起きていたようで、 片山さつき(参議院議員)からは ライバル視されていたそうです。 閣僚の高市早苗(本名:山本早苗) 丸川珠代(本名:大塚珠代)など 自民党の議員が本名を名乗らないのは なぜなんだ?? 韓国や中国における 夫婦別姓とは、 儒教の思想にもとづくもので、 根っこには、男尊女卑の考えが 流れていますが、 日本的な夫婦別姓は、 女権思想(女性差別の撤廃を目指す思想)から きているそう。 外務省では「女性が輝く世界」を目指す 女性参画推進室の室長を 任されていた「松川るい」さんなので、 日本的な考え方に基づく 夫婦別姓をあえて 採用しているのかも。 今の日本は、結婚後に 女性が夫の名字を 名乗ることが多く 働く女性は名字が変わると いろいろ大変だとも 聞きますからね。 名目上(戸籍上の氏名)は「新居 るい」なので 実質な夫婦別性だとは 思いますが。 松川るいの名前が 広く浸透しているので 通称として使用しているのでしょう。

次の