フライゴン 性格。 【ポケモン剣盾】フライゴンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン育成論 〜フライゴン〜

フライゴン 性格

【良いところ】• ドラゴン技のメインウェポンは高火力です。 物理では「げきりん」 威力120 、特殊では「りゅうせいぐん」 威力140 があります。 かげろうだけあって、虫タイプ技「とんぼがえり」を習得できます。 「りゅうせいぐん」を撃った後に「とんぼがえり」で逃げると、相手がポケモンを交換してきた場合、相手の交換先のポケモンを見てからこちらも交代できるので強いです。 タスキ潰しの先制技である「でんこうせっか」をタマゴ技で習得できます。 同タイプのガブリアスと何かと比べられがちですが、「でんこうせっか」「とんぼがえり」「じわれ」等、ガブリアスに使えない技を覚えます。 鋼タイプのポケモンとほぼ弱点を補い合っています。 フライゴンに効果抜群の氷技、ドラゴン技は鋼タイプに効果半減、鋼タイプに効果抜群の炎技はフライゴンに効果半減、地面技はフライゴンに無効です。 ジバコイルやドータクンと組んでみましょう。 【悪いところ】• 攻撃・特攻ともに、種族値がそれほど高くありません。 「りゅうせいぐん」等の技の威力の高さに頼っても、アタッカーとして火力不足に感じるときがあります。 とくに特攻種族値の低さは目立ちます。 特攻特化フライゴンの「だいちのちから」で耐久無振りサンダースが中乱数1 個体値はVを仮定。 確1にできません。 タイプ一致で弱点をついてもこんな感じです。。 フライゴン、ガブリアス、ボーマンダは互いにドラゴン技で相手の弱点を突くことができるので、タイマン戦では素早さが高い方が勝ちます。 3匹の素早さ種族値は、フライゴン100、ガブリアス102、ボーマンダ100なので、これらのドラゴンのタイマン戦ではガブリアスが有利となります。 フライゴンが「こだわりスカーフ」持ちなら、最速ガブリアスを抜くことができますが、ガブリアスの方も「こだわりスカーフ」持ちだとフライゴンで抜けるとは限りません。 強ポケモンとして対戦でもメジャーな600族ドラゴン ガブリアス、ボーマンダ、カイリュー たちが全員氷技に4倍弱点を持つので、ドラゴン対策として氷技を入れているポケモンが多いです。 フライゴンも氷に4倍弱点を持つので不利な状況となります。 フライゴンが悪いのではないのですが・・・ じしんorだいちのちから? 物理地面技メインウェポンである「じしん」と特殊地面技メインウェポンである「だいちのちから」、どちらがよいのでしょうか? 地面タイプで弱点を突ける中でもメジャータイプである炎、電気、鋼タイプのポケモンの種族値について、 炎、電気タイプは防御<特防 鋼タイプは防御>特防 であるポケモンが多いため、メインウェポンの地面技で倒すべき相手として、炎、電気タイプのポケモンを重視するなら「じしん」、鋼タイプのポケモンを重視するなら「だいちのちから」とすると良さそうです。 特攻特化フライゴンの「だいちのちから」で耐久無振りサンダース中乱数1。 攻撃無振りフライゴンの「じしん」で耐久無振りサンダース確1。 個体値はVを仮定 ただ、鋼タイプのポケモンは「だいもんじ」でも弱点をつくことができ、炎技の「だいもんじ」なら「ふゆう」ドータクンやエアームドにも当たるので、地面技は「じしん」にしてサブウェポンに「だいもんじ」を添えた方が使いやすい気がします。 フライゴンの型 性格 : むじゃきorうっかりや 努力値: 特攻252、素早さ252、HP6 持ち物: きあいのタスキorいのちのたま等火力UP系 メイン: りゅうせいぐん、じしん サブ技: だいもんじ、とんぼがえり、でんこうせっか 補助技: じわれ 「りゅうせいぐん」をメインに使って戦います。 基本的には、初ターンに「りゅうせいぐん」を撃ち、特攻が2段階下がったら「とんぼがえり」で逃げます。 不利な相手と対峙したときは、初ターンから「とんぼがえり」で逃げます。 後続に、フライゴンの苦手なタイプの技を受けられるポケモンを持っておきましょう。 性格・努力値などについて 素早さ重視でむじゃき最速とするか、特攻重視でうっかりやにします。 むじゃき最速にすると、素早さ100族未満のポケモン 「こだわりスカーフ」除く に確実に先手がとれるため、先手で高威力の「りゅうせいぐん」を相手に撃ったり、先手「とんぼがえり」で逃げたりしやすくなります。 うっかりや特攻特化にすると、「りゅうせいぐん」「だいもんじ」の火力は上がりますが、最速90族~に相当する素早さのポケモンたちに抜かれます。 さて、フライゴンは「きあいのタスキ」を持つことにより、相手のガブリアス、ボーマンダの「げきりん」「りゅうせいぐん」をタスキで受けつつこちらの「りゅうせいぐん」で反撃する役割を持つことができます。 性格がむじゃきのとき、耐久無振りガブリアス・HP振りボーマンダは「りゅうせいぐん」で確1にすることができますが、HP振りガブリアスは中乱数1であり、確1にすることができません 個体値はVを仮定。 せっかく「りゅうせいぐん」を撃っても、ガブリアスが倒せるとは限らず、次のターンにフライゴンが倒されてしまうかもしれません。 でも、うっかりや特攻特化なら、「りゅうせいぐん」でHP振りガブリアスを確1にすることができます。 対HP振りガブリアスを意識するなら、「きあいのタスキ」持ちでうっかりやがよいと思いますが、ガブリアスは素早さに振って耐久に振っていないことも多いので、むじゃきにしてHP振りガブリアスは諦めるのもアリだと思います。 この辺は好みでという感じです。 HP振りガブリアスにタイマンで勝ちたいけれど、むじゃき最速にしたいと欲張る場合は、「でんこうせっか」を持っておけばOKです。 ただ、「でんこうせっか」を入れるには技スペースがきついことも多いので、パーティと相談、という感じです。 パーティに他に「きあいのタスキ」持ちがいるなどの理由で、フライゴンが持てないときはガブリアス、ボーマンダを倒すのは難しくなります。 その時は、「りゅうせいぐん」などの火力を上げてくれる火力UP系アイテムがオススメです。 技について 「りゅうせいぐん」、「とんぼがえり」は必須です。 初ターンの「りゅうせいぐん」で相手に大ダメージを与え、相手のHPが残り少なくなったとします。 この時、フライゴンは特攻が2段階下がった状態なので、相手は火力の下がったフライゴンを別のポケモンで受けるために交換してくることが多いです。 交換先のポケモンに「りゅうせいぐん」をしても、特攻が下がっているのであまりダメージは見込めません。 そこで、初ターンには「りゅうせいぐん」、2ターン目に「とんぼがえり」をすることにより、相手の交換先のポケモンを見てから対処することが可能となります。 「じしん」と「だいもんじ」についてですが、 どちらも「りゅうせいぐん」に耐性のある鋼タイプに効果抜群の技です。 「じしん」は、攻撃無振りとはいえタイプ一致で弱点をつける技ですが、「ふゆう」ドータクンや飛行タイプのエアームドには当たりません。 「だいもんじ」なら、上記2匹にも当たります。 また、鋼タイプは防御>特防となるポケモンが多いので、「じしん」よりも「だいもんじ」のダメージの方が大きいこともあります 対HP振りメタグロスなど。 管理人は、「りゅうせいぐん」「とんぼがえり」「じしん」「だいもんじ」で使っていますが、使いやすいと思います。

次の

【ポケモン剣盾】フライゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

フライゴン 性格

基本データ No. 0m 重さ 82. 襷で1舞が確保できていることも考慮すると素早さに関しては心強い。 A252、これはの、1舞を考慮したうえでやはり火力が不足する可能性が高いため。 S252、これは主に最速を抜くための調整である。 1舞準速100族のS実数地が228に対し最速は223。 最速コケコや最速1舞メガギャラ等も抜くことも可能。 Dはのダウンロード対策。 立ち回り 組み合わせるよって変わるが、基本的には先発が倒れたら繰り出すか、読み、交代読みで繰り出すのが良い。 鈍足ポケの交代技で無償降臨という手もある。 やはり火力が心許ないので、先発に少し削ってもらったり、ステロがあると便利。 場に出たら 襷で1舞は保証されているので、。 その後は普通に殴って問題ない。 相手の隙を見て更に舞ったり、先制技持ちが出てきた場合は引いたり、状況を見て器用に使いこなせるといい。 技構成 確定技 この型には必須。 持ち物で1回は舞える。 じしん タイプ一致のメインウェポン。 外す理由がない。 H252を乱数一発 100. H252Rガラガラを確定一発 130. カプ・コケコを確定一発 186. 3 積まなくても確定一発 124. 9 積まなくても確定一発 120. H252B252きせきを乱数三発 31. しかし、命中率に不安が残る。 また、ギャラはメガ石orゴツメ持ちが多いため有効打とはならないこともある。 H4ベールRを乱数二発 44. H4を乱数二発 49. 4 ドラゴンクロー どうしても外せない飛行対面などで。 タイプ一致の技で、威力はあるが、命中率が75と不安。 とんぼがえり 苦手な相手がでてきたとき、相手に圧力を与えつつ、また襷や頑丈を潰しつつ有利なと交代できる。 龍舞との相性が悪く、この型でやる意味はない。 タスキによるプチストッパー 全抜き耐性に入ったバシャや、他にも削れたリザギャラあたりにはストッパーとして機能する。 が止めれるか怪しいは大体で見れる。 竜舞によるプチエース 相手の選出や戦況次第では竜舞を積んで全抜き体制を作ることができる。 具体的にはカプコケコやとの素早さ逆転が可能。 体力満タンの状態ならば襷があるため更に安定する。 ただし、ここでいう全抜きとは体力満タンの相手を3タテすることではなく終盤の疲弊したパーティを一掃するということである。 舞っても火力は控えめであるためプチエースくらいの認識でいて欲しい。 このにパーティのエースを一任するというのは推奨できない。 まとめ 蜻蛉返りで苦手な相手との対面を回避しつつ隙あらば舞って負担をかけていき、襷を温存すればストッパーにもなれるということである。 性格と 襷で耐久は確保できているため上を取れる相手、与ダメをできるだけ増やせるASぶっぱ。 性格は、、、、、 霊獣 、などを意識してようき。 もしくは、耐久を最小にして後述するじたばたを使いやすくするという調整も考えられる。 もちろん、この場合耐性を活かした受け出しはしづらくなる点には注意。 持ち物 行動保証がないと非常に動かしづらいため、気合いの襷で確定とする。 技構成 確定技 攻撃と素早さを上げられる積み技。 とんぼがえり 攻撃後に交換できる。 無振り 29. 6~35. 無振り 威嚇込み 8. 2~9. 無振り 109. 6~131. H振り 101. 7~122. 無振り 65. 8~78. HPが削れていないうちはワンウェポンになってしまう。 1舞で無振り 123. 3~145. 1舞で無振りカプテテフ 124. 8~146. 1舞でH振りカプレ 71. 7~84. ダメージ計算はエッジ。 無振り 154. 2~183. H振り 23. 0~27. H振り 34. 3~41. 1舞でB特化 72. 9~86. A252の 103. 特化の 110. 3 特殊方面• C252カプコケコの 86. 特化FCのめざ氷 100. 特化の 36. 特化の 64. 6 合わせて89. 7 相性の良い味方• いずれのも、か苦手とするフェアリータイプに対する対策となる。 サザンのサザンの代わりとして採用となる。 ・との違い 長所 電気無効 サザンにない強み。 例えばラス1にや等を選出した際に、ボルチェンによるサイクル負けを起こさなくなる。 炎半減 ランドにない強み。 リザやバシャへの最低限の後出しがきき、一任はできないまでも処理パターンを増やすことが可能。 汎用炎打点 ランドにない強み。 一撃で落とせることは少ないが、後出しからの受けは成立させない程度の火力はある。 そのためナットやカグヤで詰むことが少なくなります 流星群 ランドにない強み。 H252リザX程度なら確定で持っていく火力があるため、相手の龍ポケに悠長な行動をさせず、またフェアリーを誘ってくれる。 Sが100ある どちらにもない強み。 激戦区から2歩踏み出しているガブに比べて激戦区真っ只中なので多少の物足りなさはあるが、舞ったリザやガモス相手にワンチャンを残せる。 悪、霊を半減できない• 威嚇がない• 数値が低い まとめ 総合的に考えると、&電気弱点ポケと合わせてサイクルを回せ、補完が取れているが欲しい場合はサザンやランドではなくに軍配が上がるということになる。 組ませる 汎用性の高い受け性能、再生力によるサイクル性能、電気地面が弱点。 高速中火力で弱点が突けないAT全てへの回答になるのでパーティ内の役割もしっかり分担されている。 非常に相性がよいと言えるだろう。 電気をで流しつつ、を捨ててから太鼓を積む動きが優秀。 太鼓後暴れてでお掃除する流れがそこそこ決まりやすい。 ランドの代わりに威嚇を入れてくれる。 が岩を半減してくれるのが地味に嬉しい。 Z枠が余っているのでZでもよし、ゴツメでもよし。 ただパーティ内の役割的に受け主体にした方がよさそうではある。 調整 サイクル戦を想定していること、耐久が並のため被弾回数を抑え、行動回数を確保したかったこと、リザやガモス、バシャ等の炎の処理ルートを増やしたかったことから最速スカーフ。 メインウェポンが特殊技のためCに振り切り、残りをAとしたが、少しCからAに振る選択肢もある。 候補技 タイプ一致最高打点です打ち逃げはサイクル戦ともスカーフとも相性抜群。 H252リザXや無振りダを確定で飛ばせる程度の火力。 H252メザX:100. H4ダ:102. 慎重H244D228ダ:63. 無振りガブ:101. 終盤の抜きに使えなくもない。 ボルチェンを止めた後の電気を処理したりでき、また今の環境だとが苦手な霊に刺さりやすい。 無振りコケコ:99. H244ドラン:109. H252盾ガルド:47. H252剣ガルド:114. H252メガゲン:69. H244ドラン:109. H252盾ガルド:50. H252剣ガルド:116. H252メガゲン:80. H252メガを確定にできたりナットが確2から乱1にできたりするので文字推奨。 H244カグヤ:44. H252ナット:88. H252メガ:103. 慎重HDメガ:76. H244:71. エッジだとH252リザYまで確定にできるので推奨。 H4ガモス:134. H252メザY:101. 双方に一致弱点を突けるの襷を潰しつつに引いて氷を受けることができるので採用価値は十分。 被ダメ• C252リザYの文字:63. 控えめC252リザYのオバヒ:81. 臆病リザYのニトチャ:21. A252バシャのフレドラ:41. お読みいただきありがとうございました。 KOKUBANLEMON.

次の

フライゴンとは (フライゴンとは) [単語記事]

フライゴン 性格

フライゴンの特徴 タイプ的にも、役割的にも上位相互のガブリアスに奪われた、はずが、むしろガブリアスを返り討ちにしたポケモンです。 そのステータスは、攻撃と素早さが高く、後は平均並みです。 気になるところは、特性「ふゆう」で、地面タイプが無効化できる優秀な特性です。 主な役割は、なるべく相手の弱点をついていく戦型です。 純粋な攻撃型でも、特性「ふゆう」がありますが、ガブリアスの方が強いので、特別な事が無い限り、ガブリアスとの差別化を図っていきましょう。 候補技 技名 特徴 じしん 物理 タイプ一致で、安定している技です。 物理型の場合は、この技がメインウェポンになります。 でんこうせっか 物理 ドラゴンタイプでは、ほとんど覚えない先制技です。 役割遂行に使っていきます。 だいちのちから 特殊 タイプ一致で、威力90の、強力な技です。 50戦では、Lv. 65以上の、ナックラーによる技遺伝が必要です。 りゅうせいぐん 特殊 タイプ一致で、威力が140の大技です。 特攻が2段階下がるので、使うタイミングに注意してください。 ストーンエッジ 物理 相手の弱点を幅広くつける技です。 物理型のサブウェポンとして比較的優秀な技です。 ドラゴンクロー 物理 物理型の、タイプ一致技で、ドラゴン対策だけでなく、タイプ的に安定している、使いやすい技です。 とんぼがえり 物理 攻撃した後、控えのポケモンと交代します。 「りゅうせいぐん」との相性が、かなり良いです。 だいもんじ 特殊 需要のある炎技で、威力が高いので、晴れパーティーはもちろん、通常でも強力な技です。 かえんほうしゃ 特殊 「だいもんじ」の、威力を削って、命中率を上げた技です。 威力不足になりがちなので、注意が必要です。 ソーラービーム 特殊 晴れパーティーの、サブウェポンにオススメです。 水・地面タイプ辺りの弱点を突く事ができます。 りゅうのいぶき 特殊 タイプ一致の特殊技です。 技スペースに余りがあれば、この技を入れておくのが無難です。 にほんばれ 補助 天候を、晴れ状態にします。 フライゴンが、晴れパーティーと相性がいいので、補助技として使えます。 いやなおと 補助 相手の防御を2段階下げる技です。 フライゴンの決定力を上げますが、その前に攻撃した方が強いです。 いわなだれ 物理 タイプ一致の技で、怯み効果が狙えます。 「ストーンエッジ」の命中率が気になる場合は、この技をオススメします。 かみくだく 物理 対エスパー・ゴーストタイプに、ピンポイントで使います。 「じたばた」が、無効化されるゴーストに、効果が抜群な技です。 じたばた 物理 ガブリアスとの差別化を狙った技で、砂嵐のダメージが、無効化されるため、使い勝手がいいです。 じわれ 物理 対ドラゴン対策を含めた、一撃必殺技です。 フライゴンならば、普通に攻撃した方が強いと思います。 こらえる 補助 「じたばた」を、確実に決めていく技です。 先制技に弱くなるので、使ってきそうなポケモンを先に倒しておきましょう。 主な戦型 物理攻撃型 努力値 攻252 素早さ252 HP6 性格 ようき 持ち物 きあいのタスキ いのちのたま こだわりハチマキ 確定技 じしん 候補技 でんこうせっか こらえる じたばた かみくだく ドラゴンクロー いやなおと 等 フライゴンの物理型です。 ガブリアスとの差別化を狙っていくため、「でんこうせっか」か、「じたばた」を、入れた方が無難です。 特殊攻撃型 努力値 特攻252 素早さ252 持ち物 きあいのタスキ いのちのたま こだわりメガネ 性格 ひかえめ 確定技 だいちのちから りゅうのはどう だいもんじ 候補技 とんぼがえり でんこうせっか りゅうせいぐん じわれ みがわり 等 フライゴンの特殊型です。 比較的威力不足な面があるため、相手の弱点を確実についていく戦法が強いです。 りゅうせいぐん撃ち逃げ型 努力値 防御252 特攻252 素早さ6 持ち物 きあいのタスキ 性格 ひかえめ 確定技 りゅうせいぐん だいちのちから でんこうせっか 候補技 とんぼがえり だいもんじ かえんほうしゃ フライゴンが一番活躍する戦型です。 相手の主力を、フライゴンで倒す戦型ですが、「みがわり」に弱いのが、弱点です。 スカーフ型 努力値 攻撃252 特攻150 素早さ108 or 特攻252 攻撃150 素早さ108 Lv. 50仕様 持ち物 こだわりスカーフ 性格 さみしがり やんちゃ おっとり うっかりや 確定技 とんぼがえり 候補技 じしん or だいちのちから ストーンエッジ だいもんじ りゅうせいぐん 等 持ち物「こだわりスカーフ」を生かした、二刀流です。 候補技は、岩・炎・ドラゴン辺りで選びましょう。 攻撃重視か、特攻重視を選ぶ必要があります。 晴れパーティー型 努力値 特攻252 素早さ252 HP6 持ち物 きあいのタスキ 性格 ひかえめ おくびょう 確定技 ソーラービーム にほんばれ 候補技 りゅうのはどう or りゅうせいぐん だいもんじ or かえんほうしゃ 晴れパーティー用のフライゴンで、対ドラゴン対策を兼ねています。 「にほんばれ」は、状況に応じて、「だいちのちから」や、「とんぼがえり」に、変える場合もあります。 コラム 要注意ポケモン マニューラ ゲンガー ユキメノコ ミロカロス マンムー 等 オススメの組み合わせ 晴れパーティー全般 砂嵐パーティー全般 対策方法 基本的には、タイプ不一致の「れいとうビーム」で攻めていきます。 タイプ一致だと、「ストーンエッジ」等の、岩技に弱いので、あまりオススメできません。 相手が、晴れパーティーでなければ、水タイプで攻めればなんとかなるでしょう。 基本的に、電気・ドラゴン・鋼タイプが倒されやすいです。 反面、弱点を突かれないポケモンは、比較的有利です。 タイプ的には、ノーマル・水タイプ辺りのポケモンで、押し切っていけばいいです。 ただ、「りゅうせいぐん」で、押し切られることもあるので、注意が必要です。

次の