水戸 黄門 第 25 部。 水戸黄門 (第29

あぁ水戸黄門 第26部

水戸 黄門 第 25 部

第6話(1997年1月27日放送) 黄門さま(佐野浅夫)一行は吉田の城下に近づいていた。 新田の開発が盛んに行われていることに感心する黄門さまだったが、そのために村人達が、苦しめられていることも知った。 伝いながら、様子を見ることになるのだが…。 吉田には、前の藩主が、人々の航海の安全を願い建てた灯台があり、村人達が一晩中、火を灯し続けて船を守ってきた。 そのためこの村では、新田開発はお役御免のはずなのだが、無理に働かせていたのだ。 伝いながら、様子を見ることになるのだが…。 開発を請け負った商人の辰巳屋(梅澤龍峰)が、開発奉行の吉沢(和崎俊哉)と手を組んで、私腹を肥やすために悪どい方法で人々を働かされていたのだ。 伝いながら、様子を見ることになるのだが…。 村の若者梅吉(山口粧太)とお光(上野めぐみ)、名主の留蔵(内田稔)たちは、人々の暮らしを楽にしようと手を尽くすが、ままならない。 伝いながら、様子を見ることになるのだが…。 ところで、寝たきりになっていた梅吉の祖母、とよ(川上夏代)は黄門さまの顔を見たとたんたちまち元気になった。 黄門さまを流行病で死んだ、連れ合いだと思い違いをしているようだ。 とよに調子を合わせ夫婦のようにふるまう黄門さま。 伝いながら、様子を見ることになるのだが…。 黄門さまと助さん(あおい輝彦)、格さん(伊吹吾朗)八兵衛(高橋元太郎)は、村人と共に新田開発を手伝いながら、様子を見ることになるのだが…。 第7話(1997年2月3日放送) 熱田から四日市廻船に乗った黄門さま(佐野浅夫)一行は四日市に着いた。 助さん(あおい輝彦)、格さん(伊吹吾朗)が船頭たちと喧嘩になりそうになったところ、廻船問屋「入船屋」の娘、お照(古柴香織)が仲裁に入った。 若い娘でありながら、しっかりとしたお照に、黄門さまは好感を持った。 お照の父親は船人たちのために働いた功労者で、人々から慕われていたのだが、二年前何者かに襲われ死んだ。 店は、お照の叔父吾兵衛(中村方隆)が取り仕切っていたが、代官の水野(中村孝雄)と手を組んで悪どい商売をしており、評判が悪い。 のみならず、吾兵衛は水野にお照を妾に差し出すと約束していた。 そんな折、お照が何者かに誘拐され、身代金として五百両も要求される。 吾兵衛と水野は必死で犯人を突き止めようとする。 しかし、黄門さまは手代の新吉(坂上忍)の態度からこの誘拐が、お照と新吉が船頭の定八(高井清史)たちに手伝わせて仕組んだ狂言だと見破った。 父親の死に不審感を募らせていたお照は、真犯人をあぶり出すために、危険な芝居を打ったのだ。 やはり、吾兵衛が店を乗っ取るために仕掛けた殺人だったことが分かった。 さらに伊賀忍者の抜け忍仙十郎(関根大学)が殺したことも判明する。 身代金の引き渡し場所に現れた、定八たちを仙十郎の必殺の三日月手裏剣が襲う。 お銀(由美かおる)、飛猿(野村将希)が駆けつけるが…。 第8話(1997年2月10日放送) 鳥羽に着いた黄門さま(佐野浅夫)一行は、元気の良い海士(あまど)、勝次(松田勝)と知り合った。 海士は男の海女のような仕事で、勝次は普段は女房のおせん(石倭裕子)と二人で仕事をしている。 今回は頼まれて、紀州で一人で半年間仕事をしての帰りだという。 ところが、勝次は幼馴染みの新八(冨家規政)から自分が網元殺しの下手人として、奉行所から手配されていることを知らされ、驚いた。 仕事に出る前に網元と口論はしたが、決して殺していないと勝次。 黄門さまは勝次が人殺しなどできる男ではないと見定めた。 網元殺しについては、奉行所が証拠の凶器を押さえているという。 しかし、その品はまだ勝次の手中にあった。 と、いうことは奉行所が勝次を犯人に仕立てようとしていることになる。 二人いた網元の一人が死んでから、残った一人、赤岩の留蔵(石橋雅史)が急に勢力を伸ばしたことが分かった。 その裏に奉行の棚橋(大林丈史)が控え、人々に重税を課し、苦しめていることも判明する。 一方、街では新八とおせん(石倭裕子)ができてしまったという噂が広まっていた。 留守中、親友に女房を取られたと聞き、勝次は嘆き悲しむ。 新八は勝次に恥じることはしていないと言うのだったが…。 第9話(1997年2月17日放送) 黄門さま(佐野浅夫)一行は杉の産地吉野に着いた。 一行は杉を加工して日用品を作る曲げもの師の和吉(中村繁之)と知り合う。 和吉はおじの嘉平(高津住男)と嘉平の娘おきみ(坂野友香)の三人で暮らしている。 和吉の母親おつぎは、灘の酒屋で奉公をしている時、主人、庄左衛門(勝部演之)の子供を身ごもった。 おつぎは故郷の吉野で和吉を産んだ後、すぐ死んでしまった。 和吉は庄左衛門とは会ったことがなかった。 ところが、店の跡取りが死んでしまったからと、庄左衛門は、突然和吉に店を継いで欲しいと迎えに来た。 寝耳に水で驚く和吉。 その上、庄左衛門は金の亡者ですべてのことを金で解決しようとする。 和吉は不愉快で仕方ない。 さて、その頃吉野では代官の大上(おおがみ・市川三貴)が材木問屋の門倉屋(出光元)と手を結び、私腹を肥やしていた。 さらに若い娘をだましては慰み者にしていた。 おきみは、華やかな暮らしができると思い込んで大上の手中に落ちた。 おきみを助けようとする和吉に、庄左衛門は自分が金を出して解決しようと申し出るのだったが…。 第10話(1997年2月24日放送) 黄門さま(佐野浅夫)一行は岸和田へ。 この地方で有名な櫛作りを見物したいと思った黄門さまは櫛問屋泉州屋(宗方勝巳)の息子清志郎(若菜孝史)の案内で名人東作(とうさく・織本順吉)の仕事場を訪ねた。 しかし、東作は気難しい職人で、娘のお久(小林綾子)が取りなすが、取りつく島もない。 実は、東作が頑固になったのには訳があった。 三年前、清志郎と東作の長女お節(宮崎彩子)に縁談が持ち上がった。 東作は喜んだが、お節は、一番弟子の竹市(赤川浩弥)と駆け落ちしてしまった。 以来、すっかり人が変わってしまったという。 一方、堺の大貫屋(三角八朗)は儲けの多い櫛の利権を横取りしようと、勘定奉行の味岡(廣田行生)に取り入っていた。 大貫屋はやくざの松五郎(田中弘史)を使い、清志郎をさらおうとするが、助さん(あおい輝彦)格さん(伊吹吾朗)の活躍で失敗に終わった。 味岡は、泉州屋がお城に納めた櫛の歯が折れていたように細工して、難癖をつける。 その頃、竹市が娘のお美代を連れて、岸和田に帰ってきた。 お節は病気で死んだという。 竹市はお節の遺言で、お美代をひと目東作に見せたいと願い、戻ったのだ。 竹市はお節から東作に宛てた詫び状も持っていた。 それには駆け落ちの理由と、父娘の意外な秘密が綴られていた…。

次の

TBS「水戸黄門 第25部/11〜15話」

水戸 黄門 第 25 部

そのお礼にと下総・銚子の濃口醤油を綱吉から頂いた。 何事にも好奇心旺盛な黄門さまは山之辺兵庫の反対を押し切り、格さん・弥七を伴って、醤油作りを見学するため銚子へ旅立つ。 諸国漫遊の虫が疼きだしていた黄門さまの心中を察し、兵庫が粋な配慮。 黄門さまの実子頼常が治める高松にて、世継ぎに頼常の甥・軽千代が推挙されたというめでたい大事があったという。 是非、軽千代を見定めてもらいたく高松入りしてほしいと、留守番の助さんを黄門さまの元へ送る。 黄門さまを追う助さん、八兵衛、お銀。 飛猿も駆けつけ、お馴染みのメンバーで銚子を目指すが…。 だがその銚子にて、関東郡代の役人らにより不正が行なわれていた。 まずは銚子湊の大掃除。 事件解決後は、高松を目指す。 全四十三回の道中記。 このシリーズ中で通算放送八百回を超える。 事情を知った黄門さまも、銚子の悪の大掃除に乗り出す。 弥七親分の酔っ払い演技が見物!! お銀との夫婦演技も息ピッタリです。 最後の殺陣で、親分が風車、お銀が銀針、飛猿が猿面を一斉に投げるシーンは、結構良かったです。 忍び軍団影で支えるって感じで…。 江戸の商人近江屋甚兵衛と協力して試行錯誤の末、遂に成功し、上総海苔と名づける。 だが、悪徳商人相模屋が利権を狙い、やくざの碇屋親分らを使っての嫌がらせ。 背後には藩の家老・相良玄蕃までついていた。 悪を一掃する黄門さま。 1話目もそうでしたが、今回も飛猿は船頭の役。 飛猿ファン必見!? 飛猿の船頭姿、決まってました。 今回も忍び軍団3人つるんでおりました。 弥七を中心によくまとまってます!! 縁切寺の縁結び・鎌倉(第三話:H9. 東慶寺、通称縁切寺の前で寺に駆け込んだ母を持つ少年・雄一郎と出会う。 気になった黄門さま。 気を利かして調査をしてくれていた弥七らの情報によると、雄一郎の父である寺役人の小寺雄之助の妻りくに、代官・加古川が横恋慕しているという。 事情を知った黄門さま、親子3人が幸せに暮らせるように、悪人退治。 忍び軍団、殺陣のシーンで闘わないですね。 1・2・3話と、助格に任せっぱなし。 ホント控えめです。 お銀、弥七にツッコミ!? 頭をポカッっとやってましたが…。 忍び軍団、仲いいです!! 漉いて好かれた三島暦・三島(第四話:H9. だが三島では、紙問屋美濃屋の蔵が火事で焼けてしまい、暦作りに欠かせない紙が燃えてしまっていた。 また暦師の長壁節道も命を狙われる。 三島暦を独占して儲けようとしている妹尾や松崎屋ら一味が図ったことだった。 三島明神になりかわり、黄門さまが悪を退治。 明石藩の命により暦作りの修行にきた若い侍と、美濃屋の跡取り娘の実らぬ恋も実らせる!! 私の大のお気に入りな刺客夜鴉の藤吉を演じた中野さんが、今回は暦師として登場。 イイ者の役だったのですが、さすがの迫力がありました!! 弥七との久々の共演か!? と思っておりましたが、弥七今回は登場せず…。 陰謀砕く葛の糸・掛川(第五話:H9. 掛川藩では、剣術指南役の後継者を巡って争いが起こっており、現指南役の弓岡が鉄砲で撃たれるという事件も。 自分の次男・甚之丞を剣術指南役に据えようと企む次席家老・滝沢。 弓岡は、自分が推挙する市之進と、滝沢が推す甚之丞を勝負させ、勝ったほうを後継者にすると決める。 だが同意しない市之進。 市之進の訳有りな様子に黄門さまのおせっかいの虫がうずく。 水戸黄門で悪役でお馴染みの亀石さん、川辺さん、高野さん。 始まる前はこんなに悪役が出てきて、今回の話はどうなるんだ!! とドキドキしてましたが、亀石さん、高野さんはイイ役でしたね。 高野さんはたまにあるけど、亀石さんは珍しいですね。 黄門様の仮女房・吉田(第六話:H9. だが、燈台守は免除されているはずの新田開墾のための賦役に無理やり駆り出され、苦しみ喘いでいた。 梅吉の祖母・とよは連れ合いをなくして以来寝たきりでぼけていたが、訪ねてきた黄門さまをみて夫と勘違い、急に元気になり歩き出した。 夫の代わりをする黄門さま。 私腹を肥やすために新田開墾を無理やりすすめる悪奉行と廻船問屋を懲らしめ、灯台の明かりを守る。 仮女房・とよの死を看取り、旅立つ。 嵐が来て、灯台の明かりを守るシーンが、なかなか迫力がありました!! 弥七、登場せず。 真実探す娘の狂言・四日市(第七話:H9. 今の入船屋の主人は先代の、血のつながらない弟・呉兵衛だが、奉行の水野と組み兄を殺害、入船屋を乗っ取ったのである。 父親殺しの真相は明らかになったが、狂言誘拐がばれ、お照らの身に危険が迫る。 今回は、お銀と飛猿の昔の仲間、黒谷の仙十郎が登場。 だが仲間といっても、忍びを技を悪用し金品を強奪、伊賀を抜け出した悪党。 三日月手裏剣を得意とする。 奪われた恋女房・鳥羽(第八話:H9. だが、帰ってみるとお手配者。 さらに、勝次の女房おせんが、親友の新八とできているという噂まで…。 事情を探る黄門さまらは、浜の入会権(いりあいけん)を独占するために、悪どい網元の留蔵と郡代官らが手を組んで、勝次に罪を着せたことを知る。 そして、おせんは勝次の無実を晴らそうとしており、新八は親友の女房を助けていただけのことだった。 鳥羽の悪を一掃し、風通しをよくする黄門さま。 今回の弥七親分、かなりイイです!! 怪我をした嘉平を家まで送り、出迎えたのが和吉という若い男。 そこへ訪ねてきたのは灘の商人、宮原屋庄左衛門。 昔、女中に産ませた子、和吉に店の跡取りになってほしいとやって来たのだった。 突然のことに驚く和吉だが、何でも金ずくで片付けようとする父に嫌悪感を抱く。 御用林の下げ渡しによる不正で私腹を肥やし、村の娘たちを慰み者にする代官と、門倉屋一味を退治。 金より心の大切さを教え、父子の中を取り持つ黄門さま。 感動する話でした。 次回作もタイトルからして、感動する話っぽいですね。 涙涙の父娘櫛・岸和田(第十話:H9. 途中、荒くれ者に襲われる泉州屋の若旦那・清志郎と知り合い、名人・東作の家を訪ねるが、追い返されてしまう。 3年前に、長女のお節が清志郎との祝言を嫌がり、一番弟子の竹市と駆け落ちして以来、東作は人が変わったようになってしまった。 弥七が賭場で助けた赤ん坊連れの男、実は竹市で、お節が病気で死に、東作に一目赤ん坊を見せようと岸和田にやってきたという。 竹市に託された父への詫状に書かれた真実……実は東作とは血のつながりのない自分を不憫だと、東作の実の娘お久以上に可愛がられたことへの感謝。 だが、お久が想いを寄せる清志郎との祝言は、お久の気持ちを考えるとできない…それ故の駆け落ちだったこと云々…。 父娘の絆が再び結ばれる。 黄門さまらは、櫛の利権を巡って暗躍する悪を一掃。 珍しく、お銀と飛猿登場せず。 25部は全体的に殺陣のシーンが短いのですが、今回は特に短かった。 その分内容重視で作っているんですね。 陰謀渦巻く淡路島・洲本(第十一話:H9. 世継ぎを巡る騒動があることを知る。 淡路島は蜂須賀家の領地であるが、豊臣の流れをくむ蜂須賀家が力を持たないように、公儀が後押しする稲田家が代々、城代家老として淡路島を治めていた。 それは小大名さながらであり、一つの島に殿様が二人と、庶民は噂していた。 そこへ出てきた世継ぎ争い。 城代家老・稲田九右衛門と正室の間に出来た吉王丸と、蜂須賀家次席家老・石黒の娘・波路との間に出来た植松。 正嫡である吉王丸を暗殺しようという次席家老らの企みを暴き、淡路島の悪を一掃。 弥七親分登場せず。 なかなかうまくまとまっていて、とても面白い話でした。 夢を咲かせた大谷焼・鳴門(第十二話:H9. 蜂須賀公が、藩の名産品になるような焼き物を…と大金を投じて、豊後から来た陶工・文右衛門に作らせた大谷焼を楽しみにしていた黄門さま。 だが、蜂須賀公の計画は失敗、文右衛門は殿様を騙したという罪で処罰され、大谷焼はどこにも売られていなかった。 荒れ果てた大谷焼の窯…だがそこで再び釜に火を入れる文右衛門の息子とその孫。 大谷焼の失敗を文右衛門一人になすりつけた悪家老らを一掃、文五郎親子が蜂須賀のために新しく考案した藍染めの大甕(おおがめ)を殿様に披露する。 若様の水門破り・高松(第十三話:H9. そうめん屋で、その軽千代を見かけた一行。 黄門さまは、なぜ軽千代がお忍びをしているか知るために、助さんを近づかせる。 「軽様」「助さん」と意気投合し、芸者遊びをしているうちに、高松藩の裏が見えてきた。 藩の重役である西尾速水が、水田に水を配分する役職を笠に数々の不正を行っていた。 軽様と助さんが、水門破りを決行。 高松の悪を一掃する。 テンポ良く、面白い話でした。 西尾速水は、印籠が出る前に黄門さまと知りつつも「毒食わば皿まで…」と、ブツブツ言ってるのが大悪党っぽかったです。 軽千代ごとき青二才には…という感じでしたが、百戦錬磨!? の黄門さまにかかっては、さすがの大悪党も「恐れ入りました」と言うしかないですね。 飛猿が恋をした・岡山(第十四話:H9. 千枝は幼い頃、目の前で両親を亡くし心に傷を負った。 それ以来、おとなしく無口であったが、危ないところをを助けてくれた飛猿を桃太郎と慕う。 黄門さまは飛猿を桃太郎に、自分は猿、助さんはキジ、格さんは犬に仕立て、造り酒屋を狙い米の流通を思いのままにする側用人ら悪党を退治。 飛猿の幼い頃の話をし、千枝の心の傷を癒す黄門さま。 少年時代の飛猿の役を、野村さんの息子が演じます。 これ以降、25部はレギュラー陣がそれぞれ主役になっている話が多いです。 でも助さんだけない…。 忘れられた格さん・尾道(第十五話:H9. だが、「知らぬ」と言われ門前払いをくらう。 尾道では、浜を埋め立てて遊郭を作ろうという、町奉行らの企みがあった。 そのために、漁師に嫌がらせをし、土地から追い出そうとしていたのだが、松原が先頭に立って漁師らの暮らしを守るべくたたかっていた。 格さんを巻き込みたくなくて、そ知らぬふりをした松原だが、格さんも友の危機を知り手伝うことに。 悪事の証拠である遊郭の絵図面を手に入れ、尾道の悪を退治する。 今回は八兵衛が登場せず。 きびだんごを食べ過ぎて岡山でダウン中とのこと…。 子供たちの恩返し・中津(第十六話:H9. 元は廻船問屋・大黒屋の娘であったが、船が火事で沈没。 そのため、藩御用だった大黒屋は取り潰しになったという。 だがその裏には、藩御用の看板を狙う今津屋らの企みがあったのだった。 中津の悪を一掃し、娘は自分の幸せを掴むため、奇跡的に生還した婚約者とともに中津を離れる。 お久美の幸せを祈り、婚約者について行けと、子供たちが恩返し。 幸せ運ぶ青い犬・久留米(第十七話:H9. 梅次は、藍染の瓶に落ち、青く染まってしまったシロを捨てるまで家に帰ってくるなと母親に言われ、途方に暮れていた。 梅次と母親・おたけの間を取り持とうとする一行だが、おたけは死んだ夫が残した藍を守るため必死だった。 そのおたけに、郡奉行・米川が言い寄る。 果ては「生類あわれみの令」を持ち出し、犬を青く染めたことが罪になるとおたけを脅す。 悪を懲らしめる黄門さま。 梅次も藍作りを手伝うことになり、シロもうれしそうにワンと吠える。 シロが瓶に落ちたために、息子とシロを追い出すおたけさんは、ホント必死に藍を育てていました。 その藍の瓶に、飛猿が郡奉行の頭をつっこむシーンにはびっくり!! おたけさんは慌て、黄門さまは飛猿を一喝!? なんだか今回は、コメディタッチな水戸黄門でした。 それにしても、青く染められてしまったあのワン公、ちょっと可愛そうでしたね…。 弥七親分は登場せず。 命を賭けた唐津焼・唐津(第十八話:H9. 名人・大島左衛門の息子・佐平は、他国のおまつと愛し合い、駆け落ちをする。 だがおまつの正体は福岡藩の隠密で、唐津焼の秘伝を盗む密命を帯びていた。 だが、おまつの愛は本物だった。 掟を破った二人に、黄門さまが協力する。 今回は、私腹を肥やすとか、そういう悪党はいませんでした。 この禁断の恋を結ぶのに、黄門さまも一苦労。 大島左衛門の娘・李。 「すもも」かと思いきや、「もも」という名前。 曰くありげな弥平の様子に興味を抱く黄門さま、しばらく弥平の家にやっかいになることに。 そこへ現れたのは、弥平の命を狙う浪人たち。 漆器の運上金を不当に値上げしようとする悪代官らが、浪人を使い、値上げに反対する弥平らを始末しようとしていた。 お銀たちのおかげで事なきを得たが、そのうち一人の浪人が、病気のため倒れてしまう。 看病する弥平親子。 だが、その浪人・神崎平馬は、十年にもわたり父親の仇を探して旅をしていた者であり、なんとその仇は弥平自身であった。 愛を探した忍びの女・大田 (第二十話:H9. 小間物行商に出かけ、六年もの間行方不明の亭主・峯吉と間違えたという。 亭主探しを手伝うことになった一行。 だが、おつねの正体は、石見銀山に絡む不正を探る公儀隠密だった。 同じく公儀隠密である峯吉の最期に胸を打たれた格さん、非情の世界に生きるおつねに、普通の女に戻って幸せを探せと諭す。 飛猿と助さんの黒装束姿が決まってますv 峯吉役の伊吹剛さん、公儀隠密役で絶命とかそういう役が多い気がします。 自分の最期をさとり、足を縛って自ら川の中へ飛び込むシーン。 格さんが峯吉を必死に助けようとしますが、お銀に、忍びは自分の屍を人に見せない、情けをかけるならそっとしてやってくれと止められます。 お銀の、「次に生まれてくるときは忍びになんか生まれてきちゃいけないよ」の台詞、21部でも同じく公儀隠密役で絶命した伊吹剛さんにかけた言葉ですが、今回もありました。 何度聞いてもジーンときますね…。 かげろうお銀の涙・鹿野 (第二十一話:H9. 父親の弥兵衛は、鉄山の利権を我が物にしようとする大山外記らの悪事を殿様に訴えに脱藩し江戸に赴くが、失敗し鹿野へ戻ってきた。 妻の香織と菊丸と共に隠れるようにして暮らすが、働き手になりすまして鉄山に潜入していた。 病床に伏していた香織が肺を患い死去、不憫に思ったお銀が菊丸親子を親身になって世話をする。 黄門さまは、鉄山に群がる悪を一掃。 オラの息子が御落胤・出石 (第二十二話:H9. 先代の御落胤である直太が二人の悪人に狙われる。 一人は家老の青山。 直太を傀儡とし、藩を牛耳ろうと企む。 もう一人は先代の従兄弟である小出。 御落胤がいなければ最も藩主の座に近く、幼い直太の命を狙う。 貧しくても親子三人幸せに暮らすことを望み、御落胤ではなく自分と直吉の子であると嘘を突き通すおゆりのために、黄門さまが一肌脱ぐ。 幼い殿様も危篤の危機を脱し、出石藩も取り潰しを逃れて一件落着。 帰らぬ兄は逃亡者・小松 (第二十三話:H9. 三太が頭に巻いていた小松絹があまりに見事で、それを作ったという母・お粂を訪ねるが、お粂は殺しの罪で逃亡している息子の又平のことで心を痛めていた。 お粂の紹介で、大前屋の世話になることになった一行。 だが大前屋の内儀に横恋慕する、味岡千之丞の横暴ぶりは目に余るものがあった。 更に、腹違いではあるが兄である小松城番役の毒殺をも企む。 又平の濡れ衣を晴らし、小松絹を守る黄門さま。 弥七親分、久々の登場です!! 一旦は飴屋になった飛猿だが、いつもの売り子姿に戻り、囮作戦。 なだれの岩造らが、富山に帰ってきた売り子達を博打場に連れ込み、借金のかたに顧客名簿を取り上げているらしい。 背後には、穀物問屋の山根屋と町奉行の大木田が絡んでいた。 富山の妙薬「反魂丹」がもたらす、莫大な利益を横取りしようと悪企み。 体を張って飛猿が仕入れてきた情報に、黄門さまが動き出す。 黄門さまが、越後で越後の縮緬問屋光右衛門と名乗れないのと同様、飛猿も富山ではいつもの売り子スタイルでは居られません。 弥七とお銀に指摘され、今回は派手な飴屋のスタイルで。 飛猿はいつもは富山一の薬種問屋松井屋の売り子に化けていたんですね。 弥七、夫婦喧嘩を止めるときに、ビンタを喰らってしまいます。 だが、街には活気がなく黄門さまは不審に思う。 御用木切り出しのために、街の男たちはきつい賦役に駆り出されていた。 だがその御用木を横流ししようとする代官手代や八幡屋、悪党一味。 折から訪れる巡見使に横流しの企み知られぬよう、釣り天井を造り暗殺を図る。 よくある釣り天井のお話ですが、今回の釣り天井には無数の刃がついてましたね。 恐ろしさも倍増。 瞼の父は風車・飯田 (第二十六話:H9. その時投げた風車から、父親ではないかと聞かれた。 その娘・おかよの家に大事飾られている赤い風車。 実の父親を探す唯一の手掛かりだと語る。 十年前、八兵衛と共に飯田へ来た弥七は、大怪我をした女を助けた。 博打打ちの男に手篭めにされそうになったのを必死に逃げる際に、刺されたという。 女の夫・仁兵衛が、博打打ちの男を殺し、自分も刺され死んでしまった。 その仁兵衛こそがおかよの父であり、弥七と八はおかよを連れて飯田まで逃げてきた。 文吉の両親におかよを頼み、人殺しの罪を被ったまま飯田を去る弥七…。 だがそんなことを、おかよには話せず、黙ったままの弥七だった。 私腹を肥やす代官や巴屋、蔦屋らに逆らう文吉とおかよを助ける弥七をなんとか捕まえようとする、悪党一味。 弥七を十年前の人殺しの罪で捕らえる。 今回は弥七親分が主役。 お銀と飛猿は出てこず。 父を殺した男の真実・高田 (第二十七話:H9. だがその高田で暗躍する悪に気付く。 秋月庄太郎は、新田開墾に命をかける普請奉行。 だがその秋月を父の仇と狙う園部姉弟。 お家騒動の時に、下戸大膳に騙され、園部姉弟の父を斬った秋月。 下戸こそが、藩御用金を着服し、自らの出世のために利用した本当の悪であることを知り、新田開墾の志半ばで姉弟に討たれようとする。 八が恋した美人妻・新潟 (第二十八話:H9. 互いにいがみ合う新発田藩と長岡藩。 お互いの港が共存し合う道はないものかと,鶴屋の若旦那・幸治郎は町奉行に訴え,公儀への仲裁を申し出る。 江戸へ旅立った幸治郎が共存反対派の町奉行らの企みにより撃たれた。 失意のお小夜は自殺を図るが,八が恋しい女の命を救う。 黄門さまも新潟の大掃除。 八の真剣な恋。 想い叶わず旅立ちますが,親分,「3歩歩けば,ニワトリみたいに忘れちまう」って,それはちょっとヒドイっす…でもホントにその通りになりましたね。 狙われた庄内小町・酒田 (第二十九話:H9. 五千両の支払いを告げられ苦悩する庄内屋の女将・お登勢。 裏にはお登勢を狙う奉行と,庄内屋の元締の看板を狙う羽黒屋の企みがあった。 哀しい疵を抱く女・本荘 (第三十話:H9. 江戸勤めの本庄藩士・塩村市太郎が遊女と遊ぶ金欲しさに公金横領し,無理心中をはかったという。 だが黄門さまらが探ると裏のありそうなことばかり。 死んだ塩村市太郎の父親・市兵衛が侍の身分を捨て、畑仕事をしてひっそり暮らしており,その身の回りを世話する謎の女・お菊。 藩米横流しにより私服を肥やす次席家老らの企みにより濡れ衣をきせられた息子の汚名を晴らすため,黄門さまらも一役買う。 今回はサスペンス仕立て。 モノクロ画面を使うなど,なかなか。 湖水に秘めた忍ぶ恋・十和田 (第三十一話:H9. 銀の横流しを調べるため密偵として入り込んだ清一郎。 頭に傷を負って記憶を失い、お妙ことは忘れ新たな家族と共に,蓑吉として暮らしていた。 銀山の不正を暴く黄門さま。 嫁と認めぬ頑固者・八戸 (第三十二話:H9. 一方,弥七が助けた頑固な老侍・岩倉は,盛岡から八戸に息子を探しにきた。 その息子が,実は栄二郎。 死んだ兄の代わりに家督を継がせたい岩倉だが,お紺との結婚を反対されて家を飛び出した栄二郎は,結婚を承知してくれないと盛岡へは戻れないという。 その栄二郎が舫(もやい)役人を殺した罪で捕らわれた。 藩が安い利息でお金を貸す制度を悪用し,返せないと借金のかたに家や土地などを差し押さえては商人に払い下げて私服を肥やす舫奉行。 悪事を暴いて栄二郎の濡れ衣を晴らし,頑固親父の心をほぐす黄門さま。 姑ふたりの嫁いびり・角館 (第三十三話:H9. 稲村家の姑は、樺細工が上達しないと八木原家からの嫁を追い返し、八木原家の姑は、武芸の腕があがらないと稲村家からの嫁をいびり出した。 両家の姑は、追い返された可愛い娘、孫娘のために二度と関わりをもたぬと大喧嘩。 一方、両家の夫は国家老毒殺の陰謀を暴こうとしたため、危機が迫る。 角館藩の内紛を収め、嫁と姑の縁を結ぶ黄門さま。 弥七親分登場せず。 黄門さまは嫁奉行・花巻 (第三十四話:H9. 娘たちは街の暮らしに憧れ、村を出ていった。 だが出ていった娘たちは、街での仕事を紹介すると騙され売り飛ばされていた。 悪を一掃し、若者たちの縁を結ぶ黄門さま。 弥七親分登場せず。 武士道を捨てた男・石巻 (第三十五話:H9. 窮地に立っていた若侍・片瀬を助けるが、実はその若侍が仇討ちの相手と聞き、一行は仇討ちの張本人・滝沢に平謝り。 一方、藩重役と御用商人とが手を組み、片瀬が越後の製塩技術を活かした新しい塩をそっくり横取り、藩に納めるはずの塩の横流しを企む。 酒の上での些細なそそう、しかも非が滝沢の兄という仇討ちの内容。 人が人を殺すために過ごした十年の重みを思い知らされ、侍の道を捨てた滝沢。 弥七親分久々登場。 狙われた放蕩息子・新庄 (第三十六話:H9. 一緒に羽目を外して,どんちゃん騒ぎ。 そんな放蕩息子をなんとか立ち直らせたいと願う藩御用の米問屋の女将・おりえに黄門さまは協力する。 清太郎の放蕩息子ぶりに目を付け,藩御用の看板を狙う新田屋と次席家老の企みを暴き,清太郎にお灸をすえる黄門さま。 助さんがヤキモチをやくシーン,珍しくてなかなか新鮮でした。 お銀もうれしそうでしたね~。 なんだが弥七親分の登場が少ないです…。 その旅篭には,行商人夫婦、渡世人、娼婦、山伏など,色んな人間がいた。 豪雨のため,橋は流れ,山は崩れ,皆足止めをくらう。 旅篭で繰り広げられる様々な人間模様。 その中で起こった娼婦殺人事件。 娼婦の手に握られた一枚の小判,姿を消した若い男…。 果たして殺したのは!? 駆け落ち者の若い男女の無理心中を止めた親分。 あの世で夫婦になろうと誓う二人に「この世で夫婦になれない者が,あの世で夫婦になれるもんか!! 」と喝。 親分名言集(あるのか!? )に加えたいです。 印籠登場のシーンで,7人全員がずらっと並んでいる様は圧巻。 いつもは後ろに控えている黄門さま忍び軍団や八まで並んで,かなり迫力のある印籠シーンでした。 藩の財政を立て直すために、新田開発の必要性を訴える郡奉行の富倉圭計だが、町奉行の横森らが横槍を入れて邪魔をする。 民を救おうとする男の信念にうたれた黄門さま、悪を一掃。 孫が救った献上酒・会津 (第三十九話:H9. 華岡屋の玄関先で、幼い男の子が追い返されるのを見る。 事情を聞くと、昔、若い杜氏と駆け落ちした華岡屋の娘お久の息子隆太郎だった。 だが、祖父である華岡屋真左衛門は、娘を許せず頑固になっていた。 華岡屋を陥れ献上酒の看板を狙う岩代屋一味らの悪企みを孫が知らせ、亡き父が残した酒が華岡屋を救う。 天から降って来た娘・白河 (第四十話:H9. 目の前に、山から娘が落ちてきた。 翌日娘は、今度は川へ身投げしようとする。 調べてみると、娘は白河随一の大店・卍屋の奉公人おきよ。 そこの若旦那・孝太郎と恋仲だったが、紅花の商いを一手に握ろうとする卍屋の主は、孝太郎と藩重役の娘との縁談を推し進めていた。 勘定奉行をも暗殺し、私服を肥やそうと企む次席家老らを懲らしめ、叶わぬ恋に力を貸す黄門さま。 親分出てこず。 白狐の舞いが悪を斬る・塩原 (第四十一話:H9. 狐面の下の正体は、小夜の幼馴染みの都築采女。 藩重役職の父を毒殺され、塩原を我が物にしようと企む勘定奉行一味らに仇討ちしようとしていた。 黄門さまらも狐面を被り、捕らわれてしまった小夜と采女の代わりに、塩原の悪退治。 親分登場せず。 お銀が結んだ父子紬・結城 (第四十二話:H9. 代官・久能木大学と荒川屋ら一味を退治する黄門さま。 お銀は、昔子どもを捨てたという初老の男・伊予平と知り合い、今は立派な下駄職人に育った息子・源太と娘・お絹の仲を取り持つ。 弥七親分登場せず。 世直し旅は日本晴れ (第四十三話:H9. そのことから、弘前藩に世継ぎ争いが起こっていることを知る。 いつものパターンとは一味違う、今回の世継ぎ争い。 次席家老と組んだはずのお稲の方の真意を知った黄門さま、母が子を想う気持ちに打たれ、弘前藩の内紛解決に乗り出す。 最終話にもかかわらず、弥七親分登場せず。 黄門さまの言いつけで日光東照宮に赴き、用を済ませて鬼怒川温泉で湯治、お新を待って夫婦水入らずで…という黄門さまの粋な計らいらしい。 お新さんと飛猿のツーショットはなかなか新鮮でした。 あんな長いこと会話してるのは始めて見たかも…。

次の

TBS「水戸黄門 第25部/16〜20話」

水戸 黄門 第 25 部

「」を参照 各部の概要 [ ] 放送日はおよび同時ネット局を基準とし、レギュラー・準レギュラーの経験があるゲストは 太字で表記する。 出演者の芸名は現在の芸名で記載しているため、出演時と異なる場合がある。 第31部 [ ] 水戸黄門 第31部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全22 特記事項: 最終話:18:55 - 20:54 119分 『 水戸黄門 第31部』(みとこうもん だい31ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全22話(通算982回)。 ストーリー [ ] 幕府の財政改革の手がかりを探すため、一行は天下の金が集まるを目指し旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 加賀屋八重:• 風の鬼若:• アキ: 準レギュラー [ ]• 山野辺兵庫:(第1話、第11話、第22話)• 山野辺多江:(第11話、第22話)• 鳴神の夜叉王丸:(第22話)• 荻原重秀:(第1話、第11話、第22話)• 徳川綱吉:(第1話、第22話)• 柳沢吉保:(第1話、第10話、第12話、第22話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第3話、第5話、第9話、第11話、第19話、第21話、第22話)、(第12話、第13話、第18話)、(第2話、第4話、第7話、第8話、第15話、第19話、第20話、第22話)、(第6話、第16話)、(第10話、第14話、第17話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 技術協力:• プロデューサー:、• 監督:(第5話、第6話、第11話、第13話、第17話、第18話、第22話)、(第1話、第2話、第8話、第9話、第19話、第20話)、(第15話、第16話)、(第3話、第4話、第7話、第10話、第12話、第14話、第21話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2002年 10月14日 水戸黄門 水戸・江戸 宮川一郎 矢田清巳 お初: 佐助: 桜甚十郎: 深沢庄右衛門: 第2話 10月21日 ご老公、最初の難所は箱根山 箱根 岡本さとる 今岡半四郎: 志乃: 中森権太夫: 柴田勘兵衛: 松: 六: 梶又蔵: 酒井孝太郎: 飯島貞二郎: 河合市五郎: 義兵衛: 第3話 10月28日 清水湊の大勝負! 江尻 宮川一郎 井上泰治 おせい: 佐藤市兵衛: 喜平次: 与三: 佐平: 寅: 親爺: 第4話 11月4日 お娟にぞっこん! 親父と息子 掛川 岡本さとる 権三: 松尾大膳: 作造: 三太: 中島半之丞: 真砂屋益蔵: 常: 哲: 宿の女将: 三木仁兵衛: 第5話 11月11日 やんちゃ姫の大冒険 浜松 宮川一郎 金鐘守 菊姫: 青山忠正(源太): 秋月典膳: 吉川仙之助: 桜: 浄心尼: 七兵衛: 山崎十四郎: 立花順之助: 第6話 11月18日 娘剣士の上意討ち 吉田 吉本昌弘 中村由衣: 山上伊十郎: 中村与左衛門: 飯田頼母: 野添勘太夫: 川村時右衛門: お勝: 弥市: 第7話 11月25日 格も迷惑 意地っ張り母娘 宮 岡本さとる 井上泰治 おしず: おきよ: 千種屋弥兵衛: 古田右京: 潮屋市蔵: 瑞穂屋六右衛門: おちよ: おとせ: 尾上: 第8話 12月2日 壊れた香炉は職人魂 桑名 矢田清巳 秀二郎: おしん: 宗介: 鈴鹿屋庄助: 円山幽山: 高橋紀三郎: 西海屋清兵衛: : 第9話 12月9日 忍びの決戦! 母娘の再会 伊賀上野 宮川一郎 およう: : 八剣の十兵衛: 茨木景渕: 大木頼母: 仙蔵: 大猿: 十貫: あかね: ほたる: 幻斉: 第10話 12月16日 ドカーンと一発悪退治 大和 藤井邦夫 井上泰治 風間平四郎: おきく: 善八: 吉村出雲守: 大野総十郎: 柴田平蔵: 役人頭: 第11話 2003年 1月6日 狙われた浪花の大商人 大坂 宮川一郎 金鐘守 柊又四郎: おつる: 柳田: 小笠原喜三郎: 茂蔵: 尾上: おばさん: 淀屋辰五郎: 第12話 1月13日 商売繁盛 笹もってこい 兵庫 大西信行 井上泰治 お糸: 芳次郎: 三木屋幸兵衛: 網島五郎三郎: 八百寅: おかつ: 魚熊: 侍従: ますやおせい: 第13話 1月20日 うまい鯛にゃ裏がある 明石 金鐘守 赤堀軍兵衛: 堺屋文蔵: 黒岩重助: おきみ: おたけ: : 大槻伝兵衛: 農夫: 服部源右衛門: 役人: 番頭: 網元: 牢番: 役人: 漁師: 漁師: 政五郎: 第14話 1月27日 白鷺城下の恩返し 姫路 藤井邦夫 井上泰治 望月安兵衛: 綾乃: 桑原外記: 菅谷半蔵: 榎本佐内: 榎本小太郎: 島田: 中間: 親父: 第15話 2月3日 俺たち日本一の用心棒 龍野 岡本さとる 髙倉祐二 花村半之丞: 竹川柳太郎: 松風吉弥: 水野六郎左衛門: 白塚屋三造: 善兵衛: 留吉: 第16話 2月10日 刀が教えた賢兄愚弟 岡山 吉本昌弘 美好時定: 正之助: 菊乃: お滝: 寅之助: 染香: 秋山主膳: 茂吉: : 赤座屋吉左衛門: 太助: 第17話 2月17日 民をあざむく仮面の怪人 備中松山 藤井邦夫 金鐘守 北村和馬: 香織: 相沢外記: 佐久間監物: 柴崎典膳: 茶店の婆さん: 庄左衛門: 木賃宿の主: 村人: 村人: 第18話 2月24日 消えた御老公 福山 大西信行 善太郎: お米: 中山主膳: 茂十: 坂田: 三次: 旅人: 太吉: 役人: 里見浩太朗、佐野圭亮 親子共演 第19話 3月3日 アキ、小さな恋の港町 三原 宮川一郎 岡本さとる 矢田清巳 杉江源二郎: 志津: 田原重三郎: 葉山喬四郎: 森川屋弥左衛門: 熊沢徹斎: 杉江新吾: 清水権太夫: 桑山: 門弟: 第20話 3月10日 仕組まれた雛まつり 三次 岡本さとる 徳次郎: 松之助: お美代: お吉: 高瀬式部: 中沢新左衛門: 源蔵: 第21話 3月17日 黄門様と七化けのお京 広島 宮川一郎 井上泰治 冬木順之助: 松野郡兵衛: 立花典膳: 西海屋与兵衛: : 定八: 冬木右京之助: 吉岡: 黒井静十郎: 山岸東馬: お春: 多市: 酒井主頭: 吾平: 八蔵: おすみ: 旅人: お京:() 第22話 3月24日 陰謀渦巻く福岡城 (2時間スペシャル) 下関・博多 宮川一郎 岡本さとる 金鐘守 音次郎: 小夜: 五兵衛: 米三: 朝倉弾正: 島田儀兵衛: : 松尾主膳: 中丸少祐: 奈美: 浪人: 解説 [ ]• 光圀役はになる。 風の鬼若()、アキ()、八重()がレギュラーに加わる。 また、鳴神の夜叉王丸()、山野辺兵庫()が準レギュラーになる。 助三郎役の、格之進役のの最終シリーズである。 第18話には里見の息子であるがゲスト出演している。 タイトルがそれまでの三葉葵のアップと縦書きのキャスト・スタッフに戻ったが、作成に変わった。 より、TBSチャンネル1にてCS初の再放送が開始される予定である。 第32部 [ ] 水戸黄門 第32部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全17 特記事項: 第8話:18:55 - 20:54 119分 『 水戸黄門 第32部』(みとこうもん だい32ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全17話(通算999回)。 ストーリー [ ] の世継ぎ問題を解決するため、一行はへ旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 加賀屋八重:(第1話 - 第8話、第17話)• 風の鬼若:• アキ: 準レギュラー [ ]• 山野辺兵庫:(第1話、第17話)• 鳴神の夜叉王丸:(第1話、第4話、第8話)• 徳川綱吉:(第1話、第17話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第8話、第11話)、(第2話、第4話、第8話、第9話、第12話、第15話、第16話)、(第3話、第6話、第13話)、(第14話、第17話)、(第5話、第7話、第10話)、(第15話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第4話、第6話、第8話、第14話、第15話)、(第4話、第9話、第12話、第13話、第16話、第17話)、第1話、第2話、第7話)、(第3話、第5話、第10話、第11話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2003年 7月28日 百万石への旅立ち 江戸 宮川一郎 矢田清巳 松姫: 酒井忠八郎: 奈津: 沢田清五郎: 大橋典膳: 高尾太夫: 加代: 源次: 第2話 8月4日 妹想いの風来坊 安中 岡本さとる 辰次郎: おちか: 上州屋平作: 平山九郎兵衛: 治兵衛: 源三: 三太郎: 奥田荘次郎: 第3話 8月11日 おらが蕎麦は日本一 小諸 大西信行 井上泰治 六助: おその: 柿田七兵衛: : 塚原軍太夫: 馬場一平: 満月楼万兵衛: 柿田七之助: おたつ: よし: 角倉五郎兵衛: 第4話 8月18日 響け! 汗と涙の御諏訪太鼓 諏訪 岡本さとる 金鐘守 前川伊織: 巳之吉: おみつ: : 甚兵衛: 望月作左衛門: 成瀬千右衛門: 平八: 望月武之助: 太助: 村人: 御諏訪太鼓手: 第5話 8月25日 記憶を消した若き妻 妻籠 藤井邦夫 井上泰治 山田新兵衛: 蛍: : 岩城左馬之助: 源内: 第6話 9月1日 肝っ玉女将と意地比べ 高山 大西信行 金鐘守 おこと: 彦太郎: おしの: 権藤瀬左衛門: 津上屋総兵衛: 八百辰: おかめ: 近江屋番頭: 手下: 第7話 9月8日 臆病風を吹っ飛ばせ! 高岡 藤井邦夫 矢田清巳 立花慎之介: 大森屋彦兵衛: 由里: 般若の弥平次: 山崎総十郎: 今田敬之進: 酒井主膳: 第8話 9月22日 決戦! 加賀百万石 (2時間スペシャル) 金沢 宮川一郎 岡本さとる 金鐘守 由紀: 林田弥左衛門: 酒井忠八郎: 加代: 芳次郎: 栗山膳太夫: : 源光: お美代の方: お藤の方: 久野逸平: 石田甚之助: 井坂源内: 土方勘兵衛: 寺田兵次郎: 一角坊: 雨月坊: 海王坊: 小浪: : 鶴千代: 山口華風: 明芳院: 第9話 10月13日 助さんの相棒は娘スリ 輪島 岡本さとる 矢田清巳 お里: おみね: 直太郎: 源蔵: 沢井林之介: 七五郎: 萩原軍兵衛: 六助: 九兵衛: 長兵衛: 第10話 10月20日 女黄門様は初恋の人 鶴岡 藤井邦夫 井上泰治 風斉: 河辺頼母: 西国屋彦兵衛: 乾半蔵: 小春: 千夏: 翠光院: 第11話 10月27日 紅花咲かせた豪傑女医 山形 宮川一郎 およう: 市之助: 井筒屋清兵衛: 甚六: 島野吉蔵: 唐木屋与兵衛: 留吉: 桜木仁兵衛: : お杏: 第12話 11月3日 奉公先は子だくさん 仙台 岡本さとる 矢田清巳 良江: 太田鉄之介: 万代右京亮: 原頼母: 田島久右衛門: 市: 主税: 律: 隼人: 花: 久保市兵衛: 嘉兵衛: 第13話 11月10日 赤ん坊背負った仇討ち 白石 大西信行 鏑木菊之進: 萩: 黒川主膳: 黒田五左衛門: 赤堀源兵衛: お紋: 川端: 山坂: : 第14話 11月17日 浪花娘の母恋一直線 二本松 櫻井康裕 金鐘守 おはな: おとせ: 榎本弥左衛門: 荒木田監物: 徳造: 金山藤兵衛: 大槻屋: お菊: 千次郎: 座頭: 第15話 11月24日 おいらの馬は日本一 三春 岡本さとる 鈴木則文 田代庄五郎: おはる: 太吉: 善七: 稲垣蔵人: 源兵衛: 甚五郎: 岡崎: 吉本: 盗人: 盗人: 第16話 12月1日 開かずの鍵が解いた謎 白河 岡本さとる 矢田清巳 早川染也: 由五郎: 早川染之丞: おちか: 三原主膳: 後藤希六: 吉村兵助: 石上勘五郎: 安藤: 喜助: 松助: 第17話 12月8日 老公を叱った娘漁師 磐城 櫻井康裕 お久美: 若月誠四郎: 村上和高: 瀬戸清左衛門: 大隅主膳: 野川幾造: 万田: 金井: 御用人: 解説 [ ]• 助三郎役は、格之進役はになる。 第3話に原田の弟であるがゲスト出演している。 また、モブシーンにがゲスト出演している。 第11話にレーシングドライバーのがゲスト出演している。 第32部のポスターから松下電器・松下電工の表示が廃止された。 2016年10月27日より、CS初として、TBSチャンネル1で放送開始。 1000回記念スペシャル [ ] 『 水戸黄門 1000回記念スペシャル』(みとこうもん 1000かいきねんすぺしゃる)はに放映された3時間スペシャル時代劇。 製作は(通算1000回)。 キャスト [ ]• 装置:野本志郎、安川博通• 装飾:西川由紀夫、佐伯賢治• 美粧:鳥居清一、櫨川芳昭• 結髪:福本るみ、松浦真里• 衣裳:植田光三、熊田美千代• 記録:内藤幸子• スチール:荒川大介• 編集助手:中林久子• VE:横山丈浩• ビデオ編集:鍛治川ー夫• 整音:神戸孝憲、田辺義教• 演技事務:山下義明• 文芸担当:皿田明• 制作進行:伊達知永、八木由泰• 番組宣伝:河野裕之• 小道具:• 美粧結髪制作:東和美粧• かつら:山崎かつら• 技術協力:• プロデューサー:、藤田知久、進藤盛延• 監修:• 監督: 解説 [ ]• 放送1000回を記念して、水戸黄門史上初となる3時間スペシャルで放送。 を初めとする歴代のレギュラーが総出演し、またかつて助役と格役を演じた俳優も別の重要な役でゲスト出演した。 また、当時の悪役ゲスト常連組の、、も登場した。 なお、川合はこの1000回スペシャルが最後の出演となった。 本作より、ビデオ撮影から撮影システムである「」に変更され、以後のシリーズはハイビジョン仕様で撮影される。 同日1時間前の放送の『』で5代目助三郎役の・5代目格之進役の・お娟役のが出場し(由美は1994年のスペシャル以来2度目の出場)、水戸黄門では2度目のグランドスラムを達成。 さらに「ビッグチャレンジ」ではを獲得するというW獲得を達成した。 2016年11月27日にCS初として、TBSチャンネル1で放送。 2019年3月9日、2020年3月15日にBS-TBSで再放送。 第33部 [ ] 水戸黄門 第33部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全22 特記事項: 最終話:18:55 - 20:54 119分 『 水戸黄門 第33部』(みとこうもん だい33ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全22話(通算1022回)。 ストーリー [ ] 幕府転覆を企む西海屋の野望を阻止するため、一行はへ旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 加賀屋八重:(第1話、第19話 - 第22話)• 風の鬼若:• アキ:• よろず屋の千太: 準レギュラー [ ]• 山野辺兵庫:(第1話、第22話)• 山野辺多江:(第1話)• 鳴神の夜叉王丸:(第1話、第6話、第22話)• 徳川綱吉:(第1話、第22話)• 柳沢吉保:(第22話)• 市兵衛:(第1話、第6話、第15話)• 西海屋甚左衛門:(第1話、第15話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第6話、第7話、第9話、第11話、第15話、第18話、第19話、第22話)、(第3話、第5話、第12話、第18話)、(第4話、第10話、第13話、第17話)、(第2話、第8話、第14話、第21話)、(第16話、第20話)• 題字:• ナレーター:• 音楽:• 編集:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第1話、第3話、第6話、第8話、第13話、第14話、第19話、第20話)、(第2話、第4話、第9話、第10話、第15話、第16話)、(第5話、第7話、第11話、第12話、第17話、第18話、第22話)、(第21話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2004年 4月12日 将軍を狙った男 駿府 岡本さとる 金鐘守 工藤祐馬: 森岡頼母: : 綾: 大木: 侍: 加藤欣之介: 中野新吾: 屋台の親父: やくざ: やくざ: 坊主: 第2話 4月19日 金貸し泣かせた黄門様 御油 藤井邦夫 矢田清巳 お糸: 河合伝八郎: 平助: 本多肥前守: 横田平之助: 梅宮作次郎: 大木頼母: 金五郎: 第3話 4月26日 亭主オロオロ 女の決闘 有松 宮川一郎 金鐘守 高野屋新兵衛: お政: お袖: 新三: 千代: 大文字屋仁兵衛: 島田甚之助: 権六: お滝: 第4話 5月10日 父のこころ 娘知らず 津 櫻井康裕 矢田清巳 窪田屋惣兵衛: 奈津: とめ: 奥野将監: 清造: 船戸屋: 香具師: 甲助: 乙次: 利助: 大崎源之丞: 大倉屋: 役人: 視聴率:17. チビッコの悪退治 高知 岡本さとる 矢田清巳 半田敬七郎: おはる: 留吉: 大森典膳: 浦谷茂臓: 猫七: 功二郎: 池田仙介: 黒潮の鉄五郎: 熊吉: 辰三: 室戸屋清兵衛: おみち: 吉五郎: 清太郎: 第10話 6月21日 やんちゃ姫の姉探し 宇和島 櫻井康裕 松姫: おゆき: 川辺甚左衛門: 岩島播磨: 杉本主膳: 多々良屋九兵衛: 定吉: 楓: かき崎: 権現の寅蔵: 網元: 第11話 6月28日 おっかさんは村の太陽 岩国 岡本さとる 井上泰治 おかつ: 卯之吉: おさと: 横道孫右衛門: 彦太郎: 中沢権六: 仁兵衛: 吾作: 長八: 木田弘次郎: 綿問屋の主: おしま: 第12話 7月5日 京娘が秘めた謎! 萩 宮川一郎 高野清兵衛: さよ: 古畑佐太郎: 古畑左衛門: 正木喜左衛門: 榊原治兵衛: 石山与兵衛: 北川: 山崎: 第13話 7月12日 甘ったれ若旦那に喝! 出雲 櫻井康裕 金鐘守 圭太郎: お園: 宇佐野勘解由: 鳴海屋: 羆の藤造: 寅次: 鮫五郎: 日下茲靖: 忠兵衛: 寺社町奉行: 屋台の親父: 雛奴: 豆太郎: 役人: お登世: 第14話 7月26日 命を賭けたお調子者 米子 藤井邦夫 綾乃: 捨松: 津島監物: 高岡平八郎: 大竹竜之進: 片桐権兵衛: 岩井半兵衛: 第15話 8月2日 暗雲晴らした鳥取城 鳥取 岡本さとる 矢田清巳 : 関田作左衛門: 池田鈴: 水川庄太夫: 森崎鹿之助: 松太郎: 藤野仙介: 第16話 8月9日 娘を守った幽霊騒動 出石 横山一真 沢禅和尚: 三崎屋清右衛門: 多賀銀三郎: お滝: お稲: 吾助: 塩谷時蔵: 捨吉: 三太: 第17話 8月16日 愛を救った職人魂 山中 櫻井康裕 井上泰治 庄五郎: 佐吉: 早苗: 榊勘左右衛門: 畔倉掃部: 鍛谷喜十郎: 河津屋五兵衛: 富三: 老婆: 第18話 8月23日 帰って来た風の盆 八尾 宮川一郎 岡本さとる お三津: 与七: おせい: 長吉: : 深田弥十郎: 山崎弥太夫: 野島屋八右衛門: 安太郎: 捨蔵: 文六: 吉田甚助: 六兵衛: 丑松: 第19話 8月30日 殿が見初めた物売り娘 長岡 岡本さとる 金鐘守 おちか: : 山本勘兵衛: 嘉助: 松代屋恒兵衛: 中畑啓之助: おしげ: おみね: 政吉: 淡路屋善兵衛: 第20話 9月6日 地獄酒場は金山の入口 佐渡 横山一真 お七: 種五郎: 大間垣甚右衛門: 蔵六: 荒磯の太郎: 沖の烏賊蔵: 玄庵: 浄念: 玉九郎: 時村時蔵: 半次郎: 第21話 9月13日 男意気地の恩返し 村上 藤井邦夫 清次: ゆり: 三枝嘉門: 桑島外記: 湊屋甚兵衛: 藤助: 和泉屋: 加賀屋: 重役: 第22話 9月20日 大対決! 八百八町は日本晴れ (2時間スペシャル) 江戸 岡本さとる 井上泰治 棗: 北条右京之介: 古藤拓馬: 横溝備後守: 馬淵監物: 脇坂大蔵: 氏木将監: 黒崎又兵衛: 久保新兵衛: とよ: 六兵衛: こみち: 折平: 三日月の半兵衛: 胴元: おけい: こずえ: 南野吉之助: 阿部六郎: 島木平太: 高原新吾: 水間屋平兵衛: 芳秋: 清水: 仁岡: : : 解説 [ ]• よろず屋の千太()がレギュラーに加わる。 うっかり八兵衛()以来の男性コメディーリリーフとなる。 第5話に斉藤の姉であるがゲスト出演している。 放送1000回を記念して、主題歌を原田と合田が歌った。 助三郎・格之進役の俳優が主題歌を担当するのは以来。 この収録のものは第33部のみに使用された。 2人とも第34部の収録時のものより、重々しく歌っている。 から編集・の後を継いだ夫人・の最終シリーズである(担当回数390回)。 第33部の放送直前の2004年4月1日、第1部から第27部まで30年間に渡って演じた初代風車の弥七役の中谷一郎が咽頭がんで逝去した。 第33部のポスターから「チャンネル・ロック、TBS」のキャッチフレーズが入るようになった。 2016年11月22日よりCS初として、TBSチャンネル1で放送開始予定。 ただし、最終話のみ、前後編に分けての放送となる。 BS-TBSにおいては、単発のスペシャル番組として、そのままでの再放送が不定期に行われている。 TBSチャンネル1における再放送では、この部より、次回予告が併せて放送されるようになった。 ただし、予告編内にTBSのホームページアドレス等があることから、番組終了後、番組内の情報は放送当時のものである旨が表示された。 以降の部においても、同様である。 第34部 [ ] 水戸黄門 第34部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全20 『 水戸黄門 第34部』(みとこうもん だい34ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全20話(通算1042回)。 ストーリー [ ] の世継ぎ騒動を解決するため、一行は旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 風の鬼若:• アキ:• よろず屋の千太: 準レギュラー [ ]• 山野辺兵庫:(第1話)• 鳴神の夜叉王丸:(第1話)• 加賀屋八重:(第1話、第20話)• 坂口美加:(第1話、第20話)• 佐々木静枝:(第1話、第20話)• 徳川綱吉:(第1話、第20話)• 柳沢吉保:(第1話、第12話、第20話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第2話、第9話、第15話、第17話〜第18話、第20話)、(第3話、第4話、第6話、第7話、第8話、第10話〜第12話、第14話、第16話、第18話〜第19話)、(第5話、第13話)、(第16話)、(第7話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第2話〜第3話、第12話〜第13話、第19話)、(第1話、第4話、第7話、第8話、第16話、第18話)、(第9話、第10話、第17話、第20話)、(第5話、第6話、第14話〜第15話)、(第11話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2005年 1月10日 旅のはじめのお見合い騒動 水戸・江戸 櫻井康裕 矢田清巳 大沼軍太夫: 坂口主水: 河辺和馬: 川本屋: 多江: 甚内: 第2話 1月17日 頑固な母がついた嘘 磐城 金鐘守 信太郎: 藤代清右衛門: お奈美: 大前左馬之助: 沼野屋: 代貸: とめ: お志麻: 第3話 1月24日 父子つないだ職人魂 相馬 岡本さとる 甚兵衛: 松之助: : 北沢屋平右衛門: 小川弥五郎: 平内: 半六: 市松: 多村内膳: 角木源十郎: 熊沢正吾: 第4話 1月31日 お世継ぎの陰謀を暴け 仙台 矢田清巳 おそめ: 川本屋: 笹本藤蔵: 雪路: 葛城市之進: お槙の方: お美代の方: 浪江: 福留鉄斉: 女中: 藤本新次郎: 伊藤孫兵衛: 大沼軍太夫: 第5話 2月7日 格さん不覚 消えた印籠 石巻 横山一真 上杉尚祺 卯之吉: 小曽根源左衛門: 蓬莱屋大五郎: 蔵田屋: お衣: 立岡左京之介: 井筒屋徳右衛門: 岩代屋: 皆川屋: 第6話 2月14日 忠義貫き北国に春 陸前高田 岡本さとる 小山義太郎: おきよ: 保坂半之丞: 海老原主膳: 近田牛之助: 長吉: 九兵衛: おさと: 六平: 為三: 奥田万二郎: 第7話 2月21日 愛馬が教えた親孝行 遠野 岡本さとる 吉本昌弘 矢田清巳 お栄: 太郎吉: お菊: 長部小十郎: 河津屋九左衛門: 新蔵: 銀次: 第8話 2月28日 荒くれ旅籠に咲いた花 花巻 岡本さとる 銀平(大沢銀平郎): おはな: 黒木大膳: 新垣加兵衛: 岩代の源七: 三海: 安次郎: 伝八: 直助: 長八: 丑松: 島村頼母: 老僕: 第9話 3月7日 お娟の身代り見合い 盛岡 櫻井康裕 井上泰治 田丸屋庄兵衛: お園: 勘助: 渋川儀右衛門: 大野監物: 三崎屋: 歳三: 横沢喜四郎: 女中: お咲: 第10話 3月14日 女占い師が悪を討つ! 花輪 岡本さとる 八雲: 六助: かよ: 彦兵衛: 大原嘉門: 真砂屋利兵衛: 新八: 北村弥一郎: 赤鬼の熊五郎: 伊助: 権蔵: 手代: 吾平: お種: 牛次: 第11話 3月21日 津軽馬鹿塗り 頑固比べ 弘前 おたえ: 徳次郎: 清太郎: 浅香織部: 保坂伊予: 岩田屋吉兵衛: 崎山平内: おしげ: 幼い清次郎: 幸助: 白神の直助: 主人: 第12話 4月11日 風の鬼若 怒りの秘剣 松前 金鐘守 日下千十郎: 日下重蔵: 奥野相模: 川浜屋忠兵衛: 関田六郎: 赤座左門: 梢: 市原新兵衛: : 大森鉄斉: 安永大三郎: 島村湧水: 第13話 4月18日 贋作描いた御老公!? 久保田 横山一真 鶴吉: 黒崎兵衛: 鳴戸屋作右衛門: お峯: 小村要蔵: 高木三郎: 喜助: 尾形清庵: 第14話 4月25日 百鬼夜行の鬼ヶ島 大曲 岡本さとる 上杉尚祺 武田龍之進: 桜田源左衛門: 一角屋仁兵衛: 倶利伽羅屋の権三: 百鬼のお辰: 久兵衛: 暗闇の子吉: 安蔵: おりん: 千々岩弥兵衛: 段平: 青島甚右衛門: 西条右近: 丑松: 太十: 音吉: 第15話 5月2日 姑から逃げた嫁の秘密 新庄 櫻井康裕 紀伊: 石戸藤馬: 石戸京之助: 相坂彦右衛門: 向井田掃部: 久保庄次郎: 山吹屋源兵衛: 金兵衛: 佐和: 婆や: 松代: 第16話 5月9日 お転婆ふたり 恋の港町 酒田 宮川一郎 岡本さとる 矢田清巳 美津: 清七: 小杉喜兵衛: 茜: 藤野軍左衛門: 水谷屋伊兵衛: 吉蔵: 松蔵: 権次: 作五郎: 由美と勝野が 入浴シーンで共演 第17話 5月16日 人間将棋に待ったなし 天童 櫻井康裕 井上泰治 松平宗弘: 秀作: 太吉: 坂部儀右衛門: 満田軍太夫: 荒熊の勘造: 藤次: 与平: おこう: 第18話 5月23日 剣友の濡れ衣を晴らせ 会津 櫻井康裕 岡本さとる 矢田清巳 飯田作之進: 巴: 垣内主膳: 大野伊十郎: 大野伊一郎: 室戸屋喜兵衛: 疋田: 源次: 藩士: 第19話 5月30日 浪花女は銭の神様 三春 岡本さとる 金鐘守 梅次郎: おしか: 堀内作左衛門: 石橋多聞: 北村屋甚六: お時の方: 藤兵衛: 銀次: おちよ: 和尚: 留吉: おひさ: 女中: 仲居: 里見が二役で出演 第20話 6月6日 恐怖の吊り天井! 宇都宮・江戸 櫻井康裕 井上泰治 嘉兵衛: 清三: おゆき: 関山茂左衛門: 梶川紋三郎: 解説 [ ]• 八重が水戸に残り、光圀、助三郎、格之進、お娟、千太、鬼若、アキの7人で旅をする。 このシリーズでは以来29年ぶりに北海道にも足を延ばしている。 このシリーズから、助三郎の母・静枝()と助三郎のお見合い相手で江戸屋敷組頭・坂口主水()の妹・美加()が準レギュラーになる。 瀬戸は出身である。 第1話では光圀自ら印籠を披露している。 第9話にTBSアナウンサーのが出演している。 第16話にが悪役でゲスト出演している。 主題歌を収録し直し、33部に比べると2人とも軽やかに歌っている。 以後、このものを使用している。 2017年1月9日より、TBSチャンネル1にて、CS初放送として放送開始。 第35部 [ ] 水戸黄門 第35部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全20 特記事項: 第1話:18:55 - 20:54 119分 『 水戸黄門 第35部』(みとこうもん だい35ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全20話(通算1062回)。 ストーリー [ ] 実子である・に掛けられた謀叛の嫌疑を晴らした光圀は、この騒動の原因となった闇の布袋一派の野望を粉砕するため、へと旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 風の鬼若:• アキ:• よろず屋の千太: 準レギュラー [ ]• 山野辺兵庫:(第1話)• 鳴神の夜叉王丸:(第1話)• 加賀屋八重:(第1話)• 佐々木静枝:(第1話)• 徳川綱吉:(第1話)• 柳沢吉保:(第1話)• 闇の布袋:(第1話 - 第9話)• 北斗の桔梗:(第1話 - 第9話)• 飛竜:(第5話 - 第9話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第4話〜第7話、第9話、第15話、第19話)、(第2話、第8話、第12話、第18話、第20話)、(第3話、第6話、第10話、第14話、第17話)、(第11話、第16話)、(第13話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第1話、第9話〜第10話、第17話〜第18話、第20話)、(第2話〜第3話、第11話〜第12話)、(第7話〜第8話、第13話〜第14話)、(第4話、第15話〜第16話)、(第5話〜第6話)、(第19話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2005年 10月10日 風雲急を告げる高松城 (2時間スペシャル) 高松 岡本さとる 金鐘守 松平頼常: 元木典膳: 小松吉兵衛: 古川織部: 雪乃: お京: 讃州屋長次郎: 松村七左衛門: 小松直弥: 榊雷光: 有馬新十郎: 三次: 仁吉: 第2話 10月17日 対決! 阿波踊り合戦 徳島 櫻井康裕 矢田清巳 猪尾屋惣兵衛: お信乃: おりん: 卯之吉: 川添庄左衛門: 大垣屋藤七: 沼口紋太夫: 庄屋: 赤熊の五郎蔵: 玄八: 丑松: 虎次: 第3話 10月24日 謎の美女の危険な賭け 高知 横山一真 お嶋: 佐内源十郎: お里: 喜助: 田野倉兵衛: 黒磯屋久右衛門: うつぼの岩蔵: 呑龍: 第4話 10月31日 湯の町守る孤独な正義 道後 岡本さとる 上杉尚祺 明神の六三: 田川平九郎: ふじ: 忠太郎: おちか: 吉田彦兵衛: 黒崎蔵人: 森脇半兵衛: 留吉: 孫兵衛: お吉: 堀江の安: 奴の常: 三好源之介: 半右衛門: 幸兵衛: 新吉: 第5話 11月7日 お転婆姫の大変身! 大分 松平対馬守: 松姫: 夏目左近: 福留鉄斉: 菊田文吾: 道俊: 川島玄蕃: 第6話 11月14日 罠にはまったお嬢さん 日田 岡本さとる 横山一真 お咲: 和泉屋清五郎: 多平: 富士川源左衛門: 真鍋甚八郎: 升屋徳兵衛: 太郎: 次郎: 三郎: 久助: 第7話 11月21日 悪代官と十人の盗賊 八女 岡本さとる 井上泰治 徳兵衛: おこう: おくみ: 森岡伊十郎: 我妻竹四郎: むささびの利兵衛: おかじ: 第8話 11月28日 仰天! 化け猫の仇討ち 佐賀 櫻井康裕 房吉: きよ: お民: 代田郡兵衛: 代田章太郎: 第9話 12月5日 老公狙った百年の恨み 長崎 岡本さとる 金鐘守 市川新兵衛: 須藤義之介: 繁造: セーム・ジャンセン: レミー・ホースト: 大蔵: 六郎: 臥竜: 第10話 12月12日 格さん切ない柳川慕情 柳川 横山一真 お染: 羽田時右衛門: 黒木屋久兵衛: 彦兵衛: 和尚: 正太: 額田兵衛: 寅蔵: 番頭: 第11話 12月19日 刀の鍔で結ばれた愛 熊本 吉本昌弘 矢田清巳 檜火宝: 尚之助: お咲: 千代: 飯田又兵衛: 山吹屋徳平: 孫一: 森泉水: : 弟子: 第12話 2006年 1月9日 初春! 意地の味比べ 八代 櫻井康裕 おさわ: 宗太郎: おもん: 武助: 堀平左衛門: 鬼頭茂矩: 野沢欣四郎: 松井直充: 第13話 1月16日 黄門様のお供は偽千太 人吉 井上泰治 千吉: お清: 佐吉: 渋田籐右衛門: 境屋徳兵衛: トメ: 谷口十蔵: 第14話 1月23日 仇が教えた命の重さ 鹿児島 横山一真 網野甚内: 橘喜世: 橘路之助: 島貫勘兵衛: 種蔵: 篠田屋六右衛門: 多助: 弥兵衛: 幸吉: 橘平一郎: 第15話 1月30日 波瀾万丈! お娟の休日 飫肥 岡本さとる 上杉尚祺 大木八郎: 林周庵: 田宮凌斎: 藤野監物: 藤野蔵人: 松村礼蔵: 高橋又五郎: 三木広太郎: 杉田屋: 道場主: 第16話 2月6日 鬼と呼ばれた母の涙 延岡 吉本昌弘 お重: お松: 太吉: 大江喜十郎: 湊屋弥一: 芳蔵: 寛次: 第17話 2月13日 その女に飲ませるな! 阿蘇 横山一真 金鐘守 お幸: 三崎屋重兵衛: 飯干玄左衛門: 富田屋銀蔵: 清助: 捨五郎: 丑松: お国: 第18話 2月20日 脱藩者は老公に瓜二つ 佐伯 櫻井康裕 相良喬之助: 由紀乃: 蕪木俊吾: 倉谷将監: 大道寺重蔵: 藤八: 宇津木与左衛門: 徳田屋吉兵衛: : 寅造: 熊五郎: 才造: 役人: 浪人: 里見が二役で出演 第19話 2月27日 箱入娘と最強の用心棒 中津 岡本さとる 苫米地祥宏 豊田屋徳二郎: 嘉兵衛: 根津兵衛: おみつ: 荒里四郎兵衛: 足立十三郎: おたね: 第20話 3月6日 男意気地の無法松 福岡 櫻井康裕 金鐘守 田鶴: 堤喜左衛門: 外崎掃部: 西海屋: 庄司勘蔵: 修太郎: 香椎の小鉄: 富五郎: 解説 [ ]• に100年の恨みを抱く謎の怪人・闇の布袋()と配下のくノ一・北斗の桔梗()が登場する。 桔梗は最終話の翌週に放送された『ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル』にも登場する。 なお、これまで悪代官や悪奉行などのゲスト悪役を演じていた遠藤はこのシリーズが最後の出演となった。 第7話に斉藤の姉であるがゲスト出演している。 第14話で印籠シーンが登場したのは午後8時56分で歴代最遅となった。 これは放送開始直前に社長(当時)が逮捕されたニュースを速報で伝えていたため放送開始が10分遅れたことによる。 第14話に3代目格之進役のがゲスト出演しているが、当初は初代格之進役のがゲスト出演する予定であった。 よろず屋の千太役のの最終シリーズである(『ナショナル劇場50周年記念スペシャル』が最後の出演)。 第31部から登場していた山野辺兵庫役のが第36部の放送中に亡くなったため、この初回スペシャルが事実上最後の出演となった。 2017年7月11日より、CS初放送としてTBSチャンネル1にて放送開始。 ただし、第一話は2時間スペシャルであったため、前編・後編に分割して放送。 ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル [ ] 『 水戸黄門 ナショナル劇場50周年記念特別企画スペシャル』(みとこうもん なしょなるげきじょう50しゅうねんきねんとくべつきかくすぺしゃる)はに放映された2時間スペシャル時代劇。 製作は(通算1063回)。 ストーリー [ ] 将軍綱吉の甥で次期将軍と目されている・の狙撃事件の真相を究明するため、一行は事件後江戸屋敷に籠もっていた綱豊とともにへと旅立つ。 キャスト [ ]• 整音:神戸孝憲• 整音助手:田代博司• 演技事務:山下義明• 文芸担当:皿田明• 制作進行:伊達知永• 番組宣伝:河野裕之• 小道具:• 美粧結髪制作:東和美粧• かつら:山崎かつら• 乗馬:• 協力:、、、、、• 技術協力:• プロデューサー:、、• 特技:• 監督: 解説 [ ]• 原田の弟であるがゲスト出演している。 ナショナル劇場50周年記念特別企画では里見とが2週連続で出演している。 里見と伊藤は『水戸黄門』では水戸光圀と村雨、『』では土屋山城守とである。 エンディングで「あゝ人生に涙あり」の1番 - 3番が放送された。 スペシャルのエンディングで主題歌が使用される流れは以降定番となる。 第36部 [ ] 水戸黄門 第36部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全20 『 水戸黄門 第36部』(みとこうもん だい36ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全20話(通算1083回)。 ストーリー [ ] に嫁いだ光圀の姉・明芳院より、孫のとの娘・菊姫の婚礼が行われることを報された光圀は、それに出席するためを目的地に諸国漫遊の旅に出る。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 風の鬼若:• アキ:• おけらの新助:(第10話 - 第20話) 準レギュラー [ ]• 鳴神の夜叉王丸:(第1話)• 加賀屋八重:(第1話、第7話)• 坂口美加:(第1話)• 佐々木静枝:(第1話)• 明芳院:(第1話、第7話、第20話(VTRのみ))• 前田利久:(第7話、第20話)• 菊姫:(第7話、第20話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第3話、第6話、第8話、第10話〜第11話、第13話、第15話、第19話)、(第2話、第4話、第7話、第14話、第18話、第20話)、(第5話、第9話、第16話)、(第11話、第17話)、(第12話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• 邦楽監修:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第1話〜第2話、第7話、第10話、第17話、第20話)、(第5話〜第6話、第18話〜第19話)、(第3話〜第4話、第11話〜第12話、第15話〜第16話)、(第8話〜第9話、第13話〜第14話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2006年 7月24日 加賀百万石への旅立ち 水戸・日光 岡本さとる 金鐘守 夏山彦兵衛: 深見十蔵: 田所大四郎: お光: 久米道軒斎: 盛岡庄太夫: 竹造: 第2話 7月31日 母子逢わせた達磨さま 高崎 櫻井康裕 おさき: 喜太郎: 疋田万之助: 唐木屋鹿兵衛: 加納竺斉: 卯之吉: 大原: おはる: お千代: 絹川屋太一郎: 旅籠の主人: 医者: 第3話 8月7日 手抜き普請の悪退治 善光寺 岡本さとる 井上泰治 松五郎: おつる: 千春: 五兵衛: 沢井内膳: 落合勘六: 百足の源三: 石動左近: 住職: 亀吉: 善兵衛: 三平: 茂三: 権六: 留: 寛太: 第4話 8月14日 塩の道は絶体絶命! 糸魚川 櫻井康裕 ともゑ: 久吉: 仁助: 伍平: 黒岩勘太夫: 不動岩の十郎太: 大塚: 窪川屋: 熊八: 捨三: 第5話 8月21日 美人女医は暴れん坊 富山 横山一真 矢田清巳 時村将監: 道斎: 石黒半太夫: 五郎蔵: 勝次: 薬種問屋: 人足の親分: 坂垣綾: 第6話 8月28日 印籠の故郷守る師弟愛 輪島 岡本さとる 伊之吉: 若月ゆり: 藤川主税: 塚本典膳: 小倉源十郎: 沖田亮三郎: 新川屋十兵衛: 鷲津弥五郎: 作蔵: 清七: 粂太郎: 若月泰山: 第7話 9月4日 狙われた百万石の婚礼 金沢 櫻井康裕 金鐘守 仙石主膳: さと: 大貫屋藤七: 蛯原: 梓: 蝉丸: 老婆: 第8話 9月11日 助っ人アキの越後獅子 福井 岡本さとる 上杉尚祺 直助: 庄楽座庄兵衛: 音二郎: 後藤助左衛門: 霞の源七(赤座屋源兵衛): 毘沙門の辰三: おちか: おつる: 三太: 藤吉: 留吉: おかね: 野々村: 勘七: 久六: 飴屋: 第9話 9月18日 御老公の悪党志願! 小浜 横山一真 春日屋お峯: お志野: 赤城屋寅蔵: 檜垣元左衛門: 黒潮屋伝兵衛: 佐伯倉之助: 赤城屋の子分: 第10話 10月9日 夫婦の絆は河内節 天橋立 岡本さとる 金鐘守 清水屋清七: おかね: おその: 磯貝監物: 大橋屋久兵衛: 常造: 半次: 市兵衛: おこん: 萩の局: おみつ: 第11話 10月16日 美人壺振り 恋の償い 鳥取 岡本さとる 吉本昌弘 井上泰治 汐見屋徳兵衛: 松浪忠三郎: 浜北屋宗兵衛: 鮫造: 直太郎: 勘次: 末松: 煙草屋の婆さん: お葉: 第12話 10月23日 母と呼ばせた大相撲 出雲 お時: 片山内膳: 大前屋彦六: 吉野山与兵衛: 二階堂主馬: 長尾勘助: 黒龍山吉右衛門: 高ヶ峰: 荒風: 飛騨錦: そば屋の親爺: 定吉: 第13話 10月30日 お江戸から来た凸凹家族 萩 岡本さとる 上杉尚祺 安五郎: 権太: おかつ: 春木屋儀兵衛: 保坂頼母: 久右衛門: 藤二郎: 忠兵衛: 揚屋の女将: 太兵衛: 第14話 11月6日 父子結んだ石州和紙 津和野 櫻井康裕 源造: 榊彦兵衛: 栗栖典膳: 雨宮甚三郎: 藤左衛門: 恭平: 大槻権蔵: お竹: 恭市: 樫山仙八郎: 春吉: 門番: お小夜: 第15話 11月13日 お娟が挑んだ女の決闘 徳山 岡本さとる 井上泰治 浪路: : 浅水真二郎: 中島図書: 及川九右衛門: 大河内半蔵: 蛍火: 音蔵: 雲鉄: 重役: 葉村甚八: 由美が二役で出演 第16話 11月20日 銘酒を守った頑固者 宮島 横山一真 : 鷲沼三太夫: お志津: 清吉: : 鳴門屋庄右衛門: 伍平: 留蔵: 光晟の側近: 鳴門屋の手下: 侍: 三崎屋六兵衛: 第17話 11月27日 男度胸の鬼退治 岡山 吉本昌弘 金鐘守 お光: 太吉: 勝造: 榊兵馬: 橘屋伝兵衛: お雅: 松之助: 漁師: 第18話 12月4日 若君救った女将の秘密 三木 櫻井康裕 矢田清巳 松平翔之介: 彩姫: 筒井帯刀: 間宮拓兵衛: 松平直利: 郡代: 胡蝶: 惣吉: : りく: 第19話 12月11日 浪花娘 情けの恩返し 高野山 岡本さとる お花: 勘助: 与作: 広沢屋甚右衛門: 中田監物: 黒鉄の紋蔵: 新田新兵衛: 治助: 不動坂の浪六: 新田の老僕: きよみず清三: 第20話 12月18日 祇園の夜の大騒動! 京都 櫻井康裕 金鐘守 牟婁勘太夫: 長作: 佐吉: : 有賀屋重兵衛: 鬼面の藤造: 宋助: お久美: 軍次: 紫乃: 解説 [ ]• おけらの新助()がレギュラーに加わる。 新助は第10話から登場する。 第1話では静枝()が旅のお供をしている。 第36部のポスターから「チャンネル・ロック、TBS」の表示が廃止され、TBSの表記のみとなった。 2017年8月11日より、CS初放送として、TBSチャンネル1にて再放送開始。 第37部 [ ] 水戸黄門 第37部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全23 特記事項: 最終話:18:55 - 20:54 119分 『 水戸黄門 第37部』(みとこうもん だい37ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全23話(通算1106回)。 ストーリー [ ] で起こった将軍綱吉の御落胤騒動を収めた一行は、騒動の原因となったへと向かう。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• 風の鬼若:(第1話 - 第10話、第23話)• アキ:• おけらの新助:• 風車の弥七:(第11話 - 第23話) 準レギュラー [ ]• 鳴神の夜叉王丸:(第10話)• 加賀屋八重:(第23話)• 坂口美加:(第1話)• 佐々木静枝:(第1話)• 徳川綱吉:(第1話、第23話)• 徳川綱條:(第23話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話、第3話〜第5話、第10話、第14話、第20話)、(第2話、第6話、第12話、第21話)、(第7話、第11話、第17話〜第18話)、(第8話、第16話、第22話)、(第9話、第13話、第15話)、(第23話)、(第19話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• チーフ助監督:(第15話、第23話)、(第1話、第5話、第7話〜第8話、第11話〜第13話、第16話〜第19話)、(第2話〜第4話、第6話)、(第9話〜第10話、第14話、第21話)、(第20話、第22話)• 進行主任:(第1話〜第3話、第5話、第7話〜第8話、第11話〜第13話、第16話〜第19話)、(第9話〜第10話、第14話〜第15話、第21話)、(第20話、第22話〜第23話)• 邦楽監修:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 協力:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第9話〜第10話、第19話)、(第1話、第5話、第7話〜第8話、第13話、第18話)、(第4話、第6話、第16話〜第17話、第23話)、(第2話〜第3話、第14話・第21話)、(第11話〜第12話)、(第15話)、(第20話、第22話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2007年 4月9日 将軍御落胤の野望 館林 岡本さとる 矢田清巳 浅井新兵衛: 浅井槙: 大浦弾正: 森野弥十郎: 香川平右衛門: 吉之助: 仁助: 岩瀬勘六: 源太: 河野十蔵: 井沢平内: 和尚: 医師: 商人: おたね: 浅井千加: 第2話 4月16日 赤城の山はカカア天下 前橋 横山一真 上杉尚祺 喜作: 白沼甚兵衛: 坂木平蔵: 大垣屋庄右衛門: 虎蔵: 酒井忠挙: [ ] お民: 役人: 庄吉: 侍: 村娘: 村娘: 村娘: 村娘: 村娘: お茂: 第3話 4月23日 亭主参った嫁姑対決 松井田 岡本さとる 田代うの: 田代由紀: 田代恭三郎: 国井掃部: 後藤屋宗兵衛: 久兵衛: 工藤帯刀: 老僕: 市蔵: 人足頭: 第4話 4月30日 頑固一徹職人魂 松本 井上泰治 おくに: 細田釆女正: 友造: 北村屋: 橋本彦兵衛: 金駒の伝八: 徳松: 友太郎: 芳五郎: 三次: 仙三: おかつ: 女将: 歩荷: 客: 第5話 5月7日 陰謀砕いた美人姫 越後高田 矢田清巳 和姫: 速水軍兵衛: 関本又七郎: 玉木大吾: 村本七左衛門: 根川大蔵: 三輪英二郎: 吉田平助: 川添助左衛門: 小夜: 川江波六: 松乃: 村娘: 萩山壱岐: 第6話 5月14日 家族涙の隠し金山 佐渡 横山一真 井上泰治 留吉: お幸: 熊五郎: 室戸清左衛門: 九兵衛: 沢田兵衛: お峯: 太吉: 弥平: 安次: 六蔵: 第7話 5月21日 家族を捨てた母の愛 鶴岡 櫻井康裕 矢田清巳 おきぬ: 和吉: おはな: 矢野庄太夫: 山室屋源兵衛: 安積屋: 久造: 金平: 重吉: 植松: 第8話 5月28日 嘘泣き父子の二人旅 久保田 岩田元喜 秀次: お豊: 大黒屋忠兵衛: お清: 真砂屋: 芹沢徳右衛門: 泰蔵: 正吉: 旅人: お美智: 女中: 役人: 飯屋の主人: 下役: 第9話 6月4日 異国の娘が抱いた謎 男鹿 山田孝行 金鐘守 峰吉: 小夜(明鈴〈メイリン〉): たえ: ワンリー: 服部新八: 橘倉之助: 北海屋唐蔵: 仙蔵: 熊: 番頭: アキが光圀を「じいじ」から「御隠居様」と呼ぶ様になる 第10話 6月11日 死ぬな! 風の鬼若!! 能代 岡本さとる 五郎太: 半右衛門: 笠原典膳: 潮北屋善兵衛: 沖山七左衛門: 甚内: 今野新兵衛: 平助: 十蔵: 八郎: 捨三: 雲哲: 鬼若がアキを守る為に行方不明となる 第11話 6月18日 母と娘つないだ風車 青森 櫻井康裕 苫米地祥宏 お鈴: お凉: 樽井: 大垣半兵衛: 赤泊の権八: 碇屋: お夏: 晃吉: 熊次: 藩士: 居酒屋の親父: 第12話 6月25日 剣では得られぬ宝物 十和田 横山一真 吾平: おのぶ: お滝: : 丹羽平左衛門: 嘉助: 大前屋清六: 丑松: 剣豪: 源蔵: おみち: 村娘: 村娘: 村娘: 第13話 7月2日 藩を守った女剣士 八戸 山田孝行 矢田清巳 紅緒: 藤の方: 稲葉帯刀: 村田屋嘉平: 本田九蔵: 山上宗八: 関紋十郎: 服部左内: 石立釆女: 立花市兵衛: 第14話 7月9日 大食い男の恩返し 盛岡 岡本さとる 上杉尚祺 幸助: おさき: 久米監物: 大蛇の繁三: 三島屋益蔵: 久右衛門: 大助: 仁助: 鮫七: 松: 由兵衛: およね: おしげ: 第15話 7月16日 三下り半は御免蒙る 宮古 山田孝行 森本浩史 志津: 陸奥屋利平: 大谷多門: 田島屋七兵衛: 楓: 芳次郎: さと: 小松源太: 伊助: 青山: 元木屋: 佐野屋: 松原屋: 山科屋: 吉蔵: たき: 第16話 7月23日 美人妻と武士の一分 遠野 岩田元喜 井上泰治 貫井平九郎: 貫井由紀: 宮前左近: 布袋屋市兵衛: 衣笠十兵衛: 川辺周蔵: 美濃屋惣兵衛: 南部利戡: 新六: 岩井: 倉田: 第17話 7月30日 育ての母、涙の決心 一関 櫻井康裕 お久: 廣助: 長篠の局: 葛木: 沢野四郎兵衛: 新吉: 和泉屋善兵衛: 北見屋万兵衛: 蘭: 豊姫: お信: 放送通算1100回を記録 第18話 8月6日 真夏の恋の物語 尾花沢 矢田清巳 真崎翔之介: 津久井忠三郎: 志津: 鵜飼藤造: 寺田: 役人: 第19話 8月13日 耐えて忍んだ嫁いじり 山形 金鐘守 おはな: お梶: 庄屋嘉兵衛: 平吉: 伝造: 塚田頼母: 代貸: 太一: 甚助: 第20話 8月20日 男意気地の悪退治 松島 岡本さとる 長兵衛: お兼: お久: 江川将監: 高村左内: 烏の権太: 嘉兵衛: 村川伝内: 丸林礼蔵: 速水兵助: 第21話 9月3日 おとぼけ主従の珍道中 白石 横山一真 上杉尚祺 峯蔵: 下河原与一郎: 佐久間鹿之介: 島貫宗兵衛: 河津屋平助: 片岡小十郎: 五郎蔵: おすみ: 親爺: 和尚: 世話人: 第22話 9月10日 嘘から出た真ごころ 二本松 岩田元喜 和田圭一 流れ星の捨吉: 稲村主膳: 権蔵: 宝来屋甚兵衛: 貫六: 役人: 子供: 子供: やくざ: つるやお松: 第23話 9月17日 次期将軍を狙った野望 (2時間スペシャル) 水戸・江戸 宮川一郎 井上泰治 向井早苗: 木下露庵: 大崎源蔵: 安藤登之助: 山崎甚五郎: 川田弥三郎: 染乃: 高尾太夫: 嘉兵衛: 権六: 徳川吉孚: 根来衆: 市: 江口屋庄兵衛: 吉本喜兵衛: 水夫: 紀伊国屋文左衛門: 貝原益軒: 徳川光貞: アキが一行と別れる 第10話で行方不明だった鬼若が生存 解説 [ ]• 以来8年ぶりに風車の弥七が復活する。 このシリーズからはが2代目風車の弥七役を演じる。 弥七は第11話から登場する。 サブタイトルは「母と娘つないだ風車」だが、本放送では朝日新聞のテレビ欄で「今夜!風車の弥七参上!!」、再放送の際も同新聞のテレビ欄では「風車の弥七参上!!」と表示されたことがある。 第5話ではをに見立ててロケーションが行われた。 第6話に斉藤の姉であるがゲスト出演している。 第13話にゲスト出演しているとは「」の主役コンビでもある。 なお、岩崎はこれまでのシリーズでゲスト出演していた。 風の鬼若役のとアキ役の、鳴神の夜叉王丸役の、八重役の、坂口美加役のの最終シリーズである。 なお、鬼若は第10話にて生死不明の形で一度本編から離れたものの、最終話のエンディングに再登場。 アキが光圀に見送られながらを旅立つところへ鬼若が迎えに来て、故郷・柘植の里へ帰るという顛末で締めくくられた。 最終話のエンディングでは「あゝ人生に涙あり」の1番・3番が使用された。 オープニングタイトルバックが三葉葵のアップからの映像(撮影)に変わった。 そのためオープニングにて、毎回「協力 財団法人 水府明徳会 西山荘」の表記がなされるようになった。 この表記は第40部まで続いた。 この部より、大岡越前などの、小話があってオープニングにはいる形式から、開始と同時にオープニングテーマが流れる方式に戻される。 2018年2月16日より、CS初放送として、TBSチャンネル1で放送開始。 第38部 [ ] 水戸黄門 第38部 ジャンル 企画 脚本 監督 出演者 製作 製作総指揮 プロデューサー 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 月曜日20:00 - 20:54 放送枠 ナショナル劇場 放送分 54分 回数 全24 『 水戸黄門 第38部』(みとこうもん だい38ぶ)はからまでで放送されたのドラマ。 製作は。 全24話(通算1130回)。 ストーリー [ ] に隣接する花崎藩と赤津藩の合併騒動を収めるため、一行は旅立つ。 キャスト [ ] メインレギュラー [ ]• 水戸光圀:• 佐々木助三郎:• 渥美格之進:• 疾風のお娟:• おけらの新助:• 山内志保:(第1話〜第5話、第7話〜第9話、第11話〜第24話)• 風車の弥七: 準レギュラー [ ]• 徳川綱吉:(第1話、第24話)• 柳沢吉保:(第1話、第24話)• 伊之助:(第2話、第3話、第5話、第8話、第9話、第17話)• 土屋道庵:(第1話、第2話、第9話、第24話) スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:、• 企画:• 脚本:(第1話〜第2話、第13話、第24話)、(第1話〜第2話、第6話、第8話、第20話)、(第5話、第10話、第18話〜第19話、第21話)、(第3話、第9話、第11話、第14話、第22話)、(第4話、第17話)、(第7話、第15話〜第16話、第23話)、(第12話)• 音楽:• 題字:• ナレーター:• 編集:• チーフ助監督:(第1話〜第2話、第4話〜第5話、第8話、第10話〜第11話、第13話〜第13話)、(第3話、第7話、第17話、第19話)、(第6話、第15話)、(第9話、第12話)、(第16話、第18話、第20話〜第21話、第24話)、(第22話〜第23話)• 進行主任:(第1話〜第5話、第7話〜第9話、第11話) 伊達知永(第9話、第12話〜第14話)• 邦楽監修:• 小道具:• 美粧結髪:• かつら:• 協力:• 技術協力:• プロデューサー:、、• 監督:(第22話〜第23話)、(第9話〜第12話、第20話〜第21話、第24話)、(第3話〜第5話、第7話)、(第13話〜第14話)、(第1話〜第2話)、(第6話、第15話、第17話、第19話)、(第8話、第16話、第18話) 行程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 地名 脚本 監督 主な出演者 備考 第1話 2008年 1月7日 小藩を救え! いざ西へ 水戸・江戸 宮川一郎 櫻井康裕 苫米地祥宏 榊清右衛門: 西国屋八右衛門: 久松玖太夫: 金五郎: 早野: 桂: 土井: 山内裕之進: 老看護師: 藤兵衛: 立花: 戸田: 水野: 吾平: 村野: 主婦: 主婦: 第2話 1月14日 嵐を呼ぶ瀬戸内の謎! 瀬戸内 大溝四郎兵衛: 曽根信兵衛: 早野: 桂: 岸川: 老看護師: 藤兵衛: 立花: 喜三: 成沢甚左衛門: 芸者: 曽根長左衛門: 第3話 1月21日 昼行灯とあっぱれ女房 石見 山田孝行 矢田清巳 青木かよ: 青木平四郎: 作蔵: 畠山兵部: 真田屋玄兵衛: 山崎喜平: 隠岐軍兵衛: 吉岡藤左衛門: 大林新右衛門: 中島吉十郎: 佐久半助: 仙吉: 行商男: 家来: 第4話 1月28日 人形一座に春が来た 淡路 おすず: 大谷主水: 三浦洞碩: 原田源之助: 富蔵: 岩戸屋茂左衛門: 鬼師: 勘太: 浪人: 浪人: 中村庄太夫: 第5話 2月4日 暴れ若様 まかり通る 和歌山 岡本さとる おとき: 林田頼母: 飯塚半五郎: 南斗屋久右衛門: 権蔵: 五郎八: 源六(): 甚兵衛: 市太郎: 清吉: 六造: おまき: 太市: 捨松: 熊吉: 旅籠の主人: おみね: 岡崎藤兵衛: 第6話 2月11日 険しい恋路の吉野山 吉野 櫻井康裕 上杉尚祺 おもん: 音次郎: 不知火屋多兵衛: 仙石麟十郎: 八十吉: 万吉: 家老: 女房: 太助: 鰍沢主膳: 第7話 2月18日 味が命の人情包丁! 伊勢 横山一真 矢田清巳 彦蔵: 亀膳早苗: 草兵衛: 稲尾玄右衛門: 海老屋正兵衛: 清次: 六太: 辰平: 富小路実秋: 第8話 2月25日 炭より黒い悪党ども 彦根 櫻井康裕 和田圭一 宇佐美啓四郎: 高槻寛蔵: 鏑木彪左衛門: 熊木屋九兵衛: 栗栖: 伝蔵: 窯元: 女中: 浪人: 宇佐美紀乃: 第9話 3月3日 世捨てお公家の悪退治 敦賀 山田孝行 金鐘守 お菊: 橘屋庄右衛門: 東北條基近: 西海屋伝兵衛: 片倉外記: 旗後の女中: 九條良房: 第10話 3月10日 人情長屋の心意気! 福井 岡本さとる 柏木源之丞: 松: 喜六: 笠原嘉門: 押方庄二郎: 汐北屋久蔵: 儀平次: おしげ: 小太郎: おかね: 吉兵衛: 留: 久栄: 押方庄太夫: 江藤弥太郎: 奥田彦兵衛: お葉: 第11話 3月17日 にわか侍一直線! 郡上八幡 山田孝行 原田吉之助: 原田武平: 萌: 西脇刑部: 小西六左衛門: 鳴海屋十兵衛: 山鬼の源蔵: 仁兵衛: 音松: 林哲三郎: 前田藤八: 工藤又四郎: 佐々木: 第12話 3月24日 縁は切られぬ偽親子 岐阜 岩田元喜 圭造: 亥之吉: 筒井平太夫: 益岡藤五郎: 親方: 金太: お加代: おさち: おみね: 平吉: 主人: 蔵役人: 第13話 4月14日 弥七に恋した影の女 尾張 宮川一郎 井上泰治 お春: 柳生兵庫: 井端治輔: 音羽孫右衛門: 馬渕甚左衛門: 津田清芳: 津田美沙: 新九郎: 与五郎: 清兵衛: 喰代の源: 名張の耳: 風魔三郎: 第14話 4月21日 盗っ人最後の恩返し 浜松 山田孝行 大杉喜内: 大杉綾: 細田又四郎: 吾妻佑京: 山猫の文治: 青山下野守: 春木屋庄兵衛: 楓: 粂二郎: 藤蔵: 辰: 鮫蔵: 源次: 儀十: 第15話 4月28日 気弱亭主と気丈女房 飯田 横山一真 上杉尚祺 お朝: 丸岡軍兵衛: 額田三左衛門: 恵寿: お藤: お駒: 扇屋千兵衛: 丑六: 額田勝乃: お鷹: 室町太夫: お鈴: 与市: 源吉: お時: お稲: 多平: 主婦: 庄太: 利助: 第16話 5月5日 太鼓叩きゃ出るホコリ 諏訪 和田圭一 高岡美津世: 若菜: 真鍋多聞: 井川宗蔵: 小杉半太夫: 民蔵: 片桐作之助: 高岡清四郎: 嘉助: 庄屋: 役人: 高岡左兵衛: 若菜付き女中: 坂田伝右衛門: 第17話 5月12日 娘の涙は金の粒 甲府 小木曽豊斗 上杉尚祺 お光: 清三郎: 友吉: 梅村久兵衛: 奥田内記: 伝蔵: 権六: 粂八: 金太: 居酒屋の親父: 第18話 5月19日 駆け落ち妻の目に涙 駿府 岡本さとる 和田圭一 おしの: 神田外記: 川口屋尽右衛門: 勘六: 与之助: 与之助(少年時代): 仁助: おこん: おかめ: 柿島屋儀兵衛: 第19話 5月26日 わははオヨヨの珍道中 三島 上杉尚祺 ふじ吉芳太郎: おふじ: 浪原吉左衛門: 昇屋昇五郎: 長吉: おまさ: 吹子の直助: 番頭: 侍: おかね: 第20話 6月2日 温泉芸者が結ぶ仲 修善寺 櫻井康裕 金鐘守 六兵衛: 照葉: 圭吉: 大室朔兵衛: 興水彪五郎: 戸狩: 居酒屋の親爺: 由美と小沢が 入浴シーンで共演 第21話 6月9日 父帰る! ここは下田の湊町 下田 岡本さとる 黒松屋忠兵衛: お君: 太吉: 村野伝四郎: 茂三: 駿河屋徳右衛門: 牢名主: 中条又蔵: 仁吉: 留吉: 第22話 6月16日 俺の姉に手を出すな 小田原 山田孝行 真砂屋さよ: 良太郎: 藤ノ木屋箕の吉: 春駒屋久兵衛: 粂蔵: 加平: 長次: お花: 勘助: 南田: 作次: 大原甚九郎: 第23話 6月23日 まぶたの母はおえん!? 鎌倉 横山一真 鷺沼甚左衛門: 黒谷屋太兵衛: : 茜: 三笠屋: 甚兵衛: 丑寅: 尼: お染: 役人: 手代: 伊原源三郎: 第24話 6月30日 禁断の園! 大奥の謎 江戸 宮川一郎 金鐘守 中村仙三郎: 三島屋清兵衛: 沢井兵吾: お京の方: お伝の方: 源造: 植木誠之助: 信子の方: 侍女: おきぬ: 沢井そで: おせん: 梅津与五郎: 滝川: 解説 [ ]• 助三郎の旧友で赤津藩士の山内裕之進()の妹・志保()が、騒動の収束後も旅のお供をする。 また、志保の医術の師・土屋道庵()と志保が追う山師・伊之助()も登場した。 第1話と第2話は以来20年ぶりに2話完結のストーリーとなった。 第7話に元のとのが出演している。 この回にゲスト出演していると親交があったためで、オープニングでは出演者として紹介されていない。 第20話で由美と小沢が入浴シーンでの共演を果たしている。 ちなみにこの回は通算1126回目の放送となり、偶然にも1126が「いいふろ=いい風呂」の語呂合わせとなった。 から登場していた将軍綱吉役のと柳沢吉保役のの最終シリーズである。 『ナショナル劇場』枠での水戸黄門の最終シリーズである。 放送枠がに改称されて以降の第39-43部についてはを参照。 2018年3月22日より、CS初放送として、TBSチャンネル1にて放送開始。 脚注 [ ].

次の