デミセクシャル。 新種セクシャリティ「デミセクシャル(半性愛)」が確認される! 性欲が“ないのにある”新しい愛の形とは? (2017年9月1日)

新種セクシャリティ「デミセクシャル(半性愛)」が確認される! 性欲が“ないのにある”新しい愛の形とは?

デミセクシャル

ジェンダーについて調べていたら、 最近のセクシュアリティはずいぶんと進んでいるなーと発見がありました。 私は以前LGBTフレンドリーなカナダ・トロントに住んでいたことがあるので、ジェンダーの多様性についてはある程度知っているつもりでした。 でもここ数年で新たな言葉や概念がどんどん出てきていますね。 人間には男と女の2種類がいて、男女が愛しあい結ばれる こんなシンプルな時代はどこへやらです。 「性的マイノリティ」ともいわれますが、 もはやどっちがマジョリティでマイノリティだかわからないぞ……?というくらい世界は多様な性にあふれていました。 日本語情報がまだ少ないようなので、今回の学びをシェアします。 性自認:自分の性別をどう認識しているか• 性的指向:恋愛・性愛がどの対象に向かうのか 「自分は女性で、恋愛対象が男性」という人は、 「性自認が女性で、性的指向は男性に向いている」と言いかえられます。 「性自認」については、日本でも理解度がだいぶ上がってきたと思います。 オネエタレントブームや「性同一性障害」の認知拡大があり、見た目と心の性別が一致しない人がいることは常識になりつつあります。 なんと、タイには18の性別があるといわれているんですよね……。 単純に男女の2種類では語りきれないこともわかってきました。 一方で「性的指向」は、LGBTといったワードとともに認知度が上がり、最近はカミングアウト(自身の性的指向を好評すること)をする有名人も出きています。 カミングアウトの良し悪しは置いといて、 「ゲイやレズビアンは左利きの人はAB型の人と同じくらいの割合で存在する」という認識が広がるなど、理解は進んできているのかなと思います。 でも、LGBTどころじゃなく、世界はもっと大変なことになっていました。 タイには18種類の性別があるといわれてて、「性自認」の多様性についてはある程度知っていたけど、「性的指向」の範囲までいくと知らないことたくさんあった。 デミセクシュアル、リスロマンティック、スコリオセクシュアルなどなど。 周りと話が合わないなって人は、世界のどこかに答えがあるのかも👫 — Ryoko Wani🍍 ryokown ツイートした単語以外にも、新たに定義されたセクシュアリティがいくつかあるみたいです。 これだけあると、「自分はストレートだ」と思っていても、どれかしらの概念に当てはまってもおかしくないなーと思いますよね。 もしかしたら、恋愛観が人と違って苦しんでいる……という人の仲間も見つかるのかな、という気がします。 LGBTはほんの入口。 最近明らかになった11の性的指向 ここ数年で新たに発見された11のセクシュアリティについて、HUFFPOSTに面白い記事がありました。 最近といっても2015年なのですが、こういった内容を伝えている日本語メディアの情報は今(2018年現在)でも数えるほどしかありません。 こちらを参考にしつつ、自分で調べた情報や解釈も交えながら、11のセクシュアリティをまとめてみます。 sexual=性的=肉体的• まだまだ新しい概念ということもあり、その境界はあいまいな部分も多いようですが、sexualとromanticの区別は大事かなと思いました。 それでは見ていきましょう。 Asexual(アセクシュアル) アセクシュアルは、日本語にすると「無性愛」と訳されます。 「誰に対しても性的に惹かれることがない人」のことを指しています。 「かわいいな、かっこいいな」といった美的魅力を感じることはあっても、それが「付き合いたい」「セックスしたい」という欲求には結びつきません。 「性的欲求も恋愛感情も抱かない」というと他人に興味がない人のようですが、 アセクシュアルの人でも友情や家族愛などの愛情は人並みにもっています。 手をつないだりハグをしたりというスキンシップを求めることもあるようですが、それ以上の関係は望みません。 アセクシュアルは個人の選択ではなく、先天的なものといわれています。 補足:近い概念で「ノンセクシュアル」というものもあり、これは「恋愛感情は抱くけれど、性的欲求は抱かない」タイプのことです。 Aromantic(アロマンティック) アロマンティックは、 「性欲はあるけれど恋愛感情をもたない人」です。 誰かと精神的につながりたい気持ちはあるし、セックスするのも好きだけれど、恋愛的な関係を築きたいと思うことはありません。 「恋をする」ということがないのです。 ごく普通に誰かとデートしたり付き合ったりしてみる人もいるようです。 しかし「恋愛」というもの自体が理解できないので、相手の気持ちに答えられなくて悩みます。 「ロマンティックな感情」もよくわからず、恋愛ドラマや恋愛小説にもあまり興味がもてません。 アセクシュアル同様、アロマンティックも先天的なもののようです。 Graysexual(グレーセクシュアル) アセクシュアルとセクシュアルの中間で揺れ動いている指向のことを、グレーセクシュアルといいます。 英語では「アセクシュアルとセクシュアルの間のマジカルプレイス」という表現がされていました。 通常はアセクシュアルで性的・恋愛的感情を抱かないけれど、ある特定の限られた条件下でのみ、性的・恋愛的欲求がうまれることもある、という非常のグレーであいまいな人たちです。 グレーセクシュアルの特徴のひとつは 「流動的(fluid)」であることです。 普段はまったく興味をもたないけれど、自分でも理由がわからずに突然性的な気持ちを抱き、それが数日間続いたりすることがあります。 ゆらゆらしていてはっきり自分のアイデンティティが定まらない、、という人もグレーセクシュアルに分類されます。 Demisexual(デミセクシュアル) デミセクシュアルは「半性愛」と訳され、 「強い感情的な絆がすでに築かれている関係」の人にのみ性的欲求を感じる人のことを指します。 その感情は恋愛感情だったり友情だったりするのですが、「強い結びつき」が性的欲求の条件になります。 そのため、かなり親密な関係にならないかぎり、セックスしたいと感じることがありません。 「付き合ったばかりの人やよく知らない人とはできない……」というのは、貞操観念が強い人ならありえなくもない感情です。 そのため、自分がデミセクシュアルであるという認識に時間がかかることも多いようです。 Demiromantic(デミロマンティック) デミロマンティックはデミセクシュアルに似ていますが、 性的欲求はあるものの、恋愛感情を抱きにくいタイプです。 恋愛感情をはほとんど抱かないのですが、「強い感情的な絆がすでに築かれている関係」の人を好きになることが稀にあります。 一目惚れや出会って間もない人に対して恋愛感情をもつことはなく、ロマンティックなシチュエーションも苦手です。 恋は盲目といいますが、自分がコントロールできなくなるほど恋に溺れることもありません。 幼馴染や長い付き合いの友人など、心を許した関係の相手への愛情が恋愛感情に発展するケースが多いようです。 Lithromantic(リスロマンティック) リスロマンティックは、 「恋愛感情はあるが、相手から恋愛感情を向けられることは望んでいない」という人です。 簡単にいうと 「両思いにはなりたくない」ということになります。 一方的に想うことが苦ではなく、関係の発展を望みません。 人によっては、好きな人が自分を好きになることに気持ち悪さを感じことすらあるようです。 複雑なセクシュアリティで、英語でもあまり情報がありません。 断定はできませんが、調べたところ後天的な要素が強いような気がします。 自尊心が低く、自分が好意をもたれることに嫌悪感を抱いてしまう、わざと嫌われるような態度を取ってしまう、などが特徴です。 (個人の見解です) 7. Pansexual(パンセクシュアル) パンセクシュアルとは「全性愛」と訳され、 「すべてのジェンダーの人に性的欲求や恋愛感情がもてる」人のこと。 男性でも女性でも、またそのどちらでもない性別の人に対しても、すべての性に恋することができます。 そもそも人を愛するにあたって、性別というものを意識しないことが特徴です。 バイセクシュアル(両性愛)との線引きが難しいのですが、 バイセクシュアルが「男性でも女性でも愛せる」と考えるのに対し、パンセクシュアルは「性別を意識せずに愛せる」ということになります。 この間は流動的で、「自分はバイセクシュアルだと思って生きていたけど、いろんな人を好きになるうちにパンセクシュアルじゃないかと思い始めた」みたいなことがあるようです。 Polysexual(ポリセクシュアル) 複数を意味するPolyが付いているとおり、 「複数のジェンダータイプの人に性的欲求や恋愛感情がもてる」人のこと。 「多性愛」といわれます。 パンセクシュアルの範囲が狭いバージョンで、 「複数の性別に惹かれるが、すべてのジェンダーと付き合えるわけではない。 一部のジェンダーとは付き合う能力や願望がない」という指向です。 たとえば、「自分は男性で、女性や、心が女性の男性、その他複雑なジェンダーを持つ人とも付き合えるけど、肉体・精神ともに完全に男性の人とは付き合えない」といった感じ。 「多性愛」という字面から恋多き人の印象を受けることもあるようですが、同時期に複数の人と付き合うというわけではありません。 Panromantic(パンロマンティック) 性的ではなくプラトニックな恋愛感情の面で、すべてのジェンダーの人に惹かれるタイプ。 「全恋愛」といわれます。 精神的には全ジェンダーと恋に落ちることができるのですが、そこに性的欲求は伴いません。 パンロマンティックの指向をもつ人のなかにはPanromantic Asexualという人もいて、「恋愛感情は性別問わずもつことがあるけれど、性的な関係はもちたくない」ということがありえます。 複雑ですね。 Skoliosexual(スコリオセクシュアル) スコリオセクシュアルは、 「男性・女性のどちらにも当てはまらない性別に惹かれる人」というタイプです。 つまり、生まれた性別と心の性が一致していない「トランスジェンダー」の人だけを好きになり、性的欲求を抱くというのが特徴です。 性自認にねじれのない「シスジェンダー」には、性的欲求も恋愛感情も抱きません。 Queerplatonic Relationships(クィアプラトニック関係) 「恋愛関係ではないが、親密で感情的な絆が存在する関係」のこと。 いわゆる 「友達以上、恋人未満」のことですが、ふつうの友情よりももっと深く情熱的な関係です。 親友だったり、恋愛感情のないライフパートナーだったり。 まとめ:この世界は多様性にあふれている まだまだたくさんあるのですが、一旦これで終わります。 自分に当てはまるものはありましたか? これだけセクシュアリティが多様だと、今まで「恋愛観が人と違うのかな」と悩んでいたことの答えが世界のどこかにあるような気がします。 そういうセクシュアリティの概念があることを知らなければ、自分を当てはめることも、他人を認めることもできないですよね。 広い世界を知って、みんなが多様性を受け入れられる日本になるといいなあと思って書きました。 私自身は、特にどれかに当てはまると思ったわけではありません。 ただ、デミロマンティックについて語る少年にはかなり共感してしまいました……。 英語ですが、興味があったら見てみてください!.

次の

デミセクシャル:感情が願望を生み出すとき

デミセクシャル

セクシャルマイノリティー(性的少数者)の認知が世界中に広まる中、いわゆるLGBTにおさまりきらないセクシャリティを持つ人々の存在も徐々に明らかになりつつある。 この度ご紹介するのも、性的欲求を持つとも持たないともいえない「デミセクシャル」と呼ばれる新たに発見されたセクシャリティだ。 2008年ごろ、アセクシャルコミュニティ「The Asexual Visibility and Education Network」がその存在を指摘して以来、欧米で徐々に認知されてきたそうだ。 html】 デミセクシャルの人は、しばしば、他者に対して性欲や恋愛感情を抱かない、いわゆる「Aセク」(無性愛者、asexual)と同一視されてきたが、半性愛と呼ばれるように、完全な無性愛というわけではなく、時には強い性的欲求を持つという。 ただ、男女関係なく他者との強い心理的繋がりを感じない限り、相手に対し性的欲求が生じないということだ。 つまり、基本的には性欲を持たないが、心理的繋がりを感じるトリガーが引かれることで、性的欲求が生じるという。 (8月28日付の英紙「Daily Mail」から引用) 「私が自分のセクシャリティがどのように記述されるか知ったのは、つい最近(先月ぐらい)です」 「ここ1年半~2年の間、私は自分がバイセクシャルかアセクシャルではないかと思っていましたが、どちらもしっくり来ませんでした。 それに、5年ほど異性との関係を続けており、性自認と実際のセクシャリティが噛み合っていなかったのです」 「最大の心配事は、親しい友人が私のセクシャリティを理解してくれていないのではないかという点です。 そして、この見かけ上の類似がデミセクシャルの人々を苦しめることにもなっている。 たとえば、「Urban Dictionary」に掲載されている2人の人物の会話は、この人物の恐れを的確に表現している。 A「私はデミセクシャルなんだ」 B「何それ?」 A「相手と強い繋がりを感じないと、性的欲求を感じることができない人のこと」 B「それはラベル付きの単なるヘテロだろ。 君は自分を特別に見せたいんだな。 それに、君が正しくて、そんなセクシャリティが本当にあるとして、君は全ての異性愛者がビッチだと言うわけ?」 A「性的欲求を感じることができないことと、誰とでも寝ようと思わないことは違うよ……。 少し考えてから喋って」 海外掲示板の「Reddit」でも、デミセクシャルだと自認する女性が苦しみを訴えている。 「他人との性的な関係に巻き込まれるという恐れから、人付き合いを避けていました。 だけど、家に帰るとすぐに、誰かと関係を持ちたいと思うのです。 そして、性的な感情を自分自身に向けていました。 LGBTが世界的に広く認知されてきたが、よくよく考えてみると、ここに含まれているのは性志向であるLGB(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル)と性自認であるT(トランスジェンダー)だけであり、甚だ不完全であることが分かる。 デミセクシャルは相手との関係性において生まれるセクシャリティなので、性自認(自分が男か女か)とも言えないし、性志向(男が好きか女が好きか、両方が好きか)とも言い難い。 この問題は、LGBTの設定があまりにも実体論的であり、関係性を考慮に入れていないことに起因するのだろう。 先述したAさんとBさんの会話からも分かるように、LGBTという概念を知っていたとしても、むしろそのことが足枷となってデミセクシャルの理解が難しくなる場合さえあるのだ。 あるいは、デミセクシャルはLGBT全てに重ねられるとも言えるだろう。 つまり、デミセクシャルの人はどんな性自認でも性志向でも取りうるということだ。 たとえば、性自認・男、性志向・男女のバイセクシャルの人物が同時にデミセクシャルであることは可能であるように、どんな組み合わせでも同時にデミセクシャルであることは可能だ。 それは、デミセクシャルの人が、相手との心の繋がりがどの程度深まれば性的欲求が生じるか分からないからだ。 潜在的にはデミセクシャルだったが、生涯にわたって、デミセクシャルになるまでの人との深い繋がりを構築できなかったアセクシャルの人もいると想像できる。 人の性愛とは、かくも複雑なのである。 とてもヘテロ+LGBTだけで説明のつく単純なものではない。 未だ認知されていないセクシャリティに悩む人々もまだまだいるはずだ。 今後、さらなる多様なセクシャリティを認めていくためには、セクシャリティの概念そのものの拡張が必至となってくるだろう。

次の

アセクシャルの診断!アセクシャルの特徴5選…有名人ではこの人

デミセクシャル

こんきちです。 今回はこんきちジェンダー日記だよ。 私は 26年生きて来て、まともにお付き合いした人がいなく、好きなった相手 1人だけ。 それが高校の頃に友人(同性)で、彼女を好きなって、3年間片思いで過ごすというちょっと周りとは違った感覚で生きていました。 でもこの度、初めて異性の男性を好きなって付き合う事になりました。 高校の頃ぶりなので、 11年ぶりの恋・・・。 それで、分かった事が1つあります。 それは、私って基本「他者への性的欲求」ないんだなぁという事です。 性的欲求とかエロじゃん!!エロの話なの?! ・・・と思われるかもしれませんが、私昔ガチで 「私って他者性的欲求無いのかな…そもそも他者への性的欲求って何…」と悩んだのでそんな人たちの為に今回は「私の気付き」を書き記しておくね。 Contents• 私はずっと人を好きになれなかった 高校の頃に同性の友人を好きになった事はありました。 でも、側にいれるだけで凄く幸せだったし、同性だったからというのもあって「諦めの気持ち」が当時は大きかったなと思います。 だから、あまり「触れたい」「抱きしめたい」という気持ちは無かったなぁと思います。 (それよりも一緒に話したい、側に居たいという気持ちでした) 普段も、異性の身体を見てムラムラする事は全然無いし、イケメン芸能人を見ても何も感じませんでした。 (顔が整っている事は分かるけど、だから何という感じ…ごめん!!) なので、正直異性を求めてもいなかったし、居ないからって困ってもいませんでした。 だから「男性と付き合おう」という強い欲求が湧く事もありませんでした。 ただ、世間的に 「そろそろ誰かと付き合ってみた方が良いのかな」「経験ないとまずいのかな」と思ったりはしました。 他者への性的欲求とは人肌の恋しさ 私が思うに、他者への性的欲求とは・・・• 抱き締めて欲しい• ずっとくっ付いていたい• 一緒の布団で寝たい• この人と性行為がしたい• 人肌が恋しい こういう感覚を他者に抱く事なのだと思います。 「この人に触れたい&触れて欲しい」という気持ちです。 (これを読んで「?」な人は多分まだ他者への性的欲求を感じていないのだと思います。 ) 他者への性的欲求は 「他者」がいない限り解消されません。 自分で自慰行為してスッキリ・・・という訳にもいかないのが他者への性的欲求なんだと思います。 この他者性的欲求が強過ぎて、色々な人と身体の関係を持ってしまったり、悩んだりしている人もいるんだって思います。 絆を感じる人に性的魅力を感じるデミセクシャル 私は今回26年生きてきて初めて異性を好きになって・・・初めて「他人へ性的欲求を感じれる様になった」と思います。 今まで、別に他者を求める事はなかったし・・・確かに「そういう事への興味」はあったけれど、別に無くても問題ありませんでした。 けれど、今回異性を好きになって、普通に身体を見てドキドキするし、抱き締めて欲しいって思います。 今まで、男の身体にときめいた事なんて1ミリも無かったのにね。 なにこの感覚・・・。 私の場合は、色々悩んみ探った結果 「デミセクシャル」というセクシャリティーが自分に当てはまる事が分かりました。 デミセクシャルは、 強い絆や精神的繋がりを感じた時に初めて相手を好きに思い、性的欲求を感じたりするセクシャリティーです。 私はきっと、そういう強い繋がりや共鳴が無いと相手に対しても性的欲求も感じないんだと思います。 だから見知らぬイケメンや芸能人を見ても「?」だったし、異性の体にも関心0でした。 今までそういう人との出会いが無かったので、「自分には他者への性的欲求が無いのかも」と私は思っていましたが セクシャリティーの問題でした。 性的欲求を余り感じない「ノンセクシャル、アセクシャル」もいるよ 私はデミセクシャルだったので、結果的に「他者への性的欲求」を感じる事が出来ました。 ですが、世の中には 「ノンセクシャル」「アセクシャル」といった 「性的欲求を基本持たないよ」「他者との性的な接触を必要としないよ」というセクシャリティーの人たちもいます。 これが無いからダメだとか、これがあるから良いってものはなくて、 セクシャリティーは人それぞれで個性の様なものだって私は思います。 だから、どうであってもそれは素敵な事だし否定すべき事じゃ無いって思います。 ただ自分のセクシャリティーが分からず悩んでいる人って沢山居ると思うので(私もそうだったので)、自分が落ち着く場所をなるべく早く見つけられたら良いなぁって思います。 という事で、今回は「他者への性的欲求」についてのこんきちジェンダー日記でした。 性格や個性は人それぞれ、セクシャリティーも人それぞれ・・・何事も自分らしくありたいですね。 ここまでお読み頂きまして有難うございました〜!!.

次の