パール ホワイト ハムスター。 パールホワイトハムスターを「うちの子」に迎えた日

ジャンガリアンハムスターの種類パールホワイトとスノーホワイトは別で...

パール ホワイト ハムスター

パールとスノーはノーマルの白い毛色がパールホワイト、ブルーサファイアの白いのがスノーホワイトらしいです。 ノーマルは優性遺伝子、サファイアは劣性遺伝子です。 劣性遺伝子については自分も以前勘違いしていましたが、パールの毛色は優性遺伝です。 スノーはサファイアの白と書きましたが、プディングパールだけど背中の黄色の毛が見えなくなったハムスター、つまりプディング遺伝子・パール遺伝子・サファイア遺伝子のすべてが発現したハムの可能性があるということらしいです。 スノーの色が真っ白に近いのは、サファイアの持つ劣性遺伝の現れ(毛色を薄くする)が一番強いようですが・・・。 パールホワイトの繁殖の相手に同じパールホワイトを選んでしまうと、劣勢致死遺伝子というものができてしまうので、パール同士とプディング同士の繁殖は避けるべきといわれています。 でもパールとプディングは優性遺伝なので、この組み合わせの繁殖は可能です。 ただしこの毛色から生まれた子同士は上記と同じことが起こるので、繁殖しないほうがいいでしょう(少ない割合ですが劣勢致死遺伝子が結びつく)。 スノーホワイトがどの親(毛色)で生まれたのかわかるような店舗を選んだほうがいいと思いますね(繁殖の相手にパールやスノー、プディングを選ばないならわからなくてもいいと思います)。 スノーホワイトの購入は取り扱いがあるか(入荷があるか)確かめるか、里親募集で見つけるか(これだと親の毛色が必ずわかります)ですね。。。 劣性遺伝子だから弱い、という訳ではないのです。 人間のハーフの子が容姿がいいのは外国人の遺伝子のほうが強いので、日本人らしい顔・体つきが見た目に出ないのと同じと考えてもいいですよ。。。

次の

パールホワイトハムスターの寿命について解説

パール ホワイト ハムスター

コロッとしていて…美味しそうに見えてしまうかもしれません。 でも、雪見大福ではないのです。 今回注目するのは、雪見大福のように真っ白なその名も「パールホワイトハムスター」。 その特徴的なボディーカラーで大人気のパールホワイトハムスターの魅力を取り上げます。 スポンサーリンク パールホワイトハムスターについて 実は、パールホワイトハムスターは自然界に生息しているハムスターではありません。 ドワーフハムスターの代表ともいえるジャンガリアンハムスターを先祖に持つ改良品種のハムスターなのです。 たしかにあの真っ白な体で岩場に居たら、すぐに見つかってしまいそうです。 世界中で人気者のジャンガリアンハムスターは日々新たな品種が生み出されており、パールホワイトハムスターも以前は珍しいハムスターでしたが、今では専門店でなくてもペットショップやホームセンターなどでも見かける機会が多くなってきました。 それでもジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターなどに比べるとまだまだ珍しい種類ですので、パールホワイトハムスターを飼いたい場合には事前にペットショップに問い合わせておくのが良い方法です。 真っ白なその毛色のヒミツは? 他のハムスターと比べてもとりわけ目を引くパールホワイトハムスターの真っ白な体。 その特徴的な毛色はどのように生み出されたのでしょうか? 真っ白な体のパールホワイトハムスターが自然界で生き延びていくのは確かに難しそうですが、実はパールホワイトハムスターの先祖の野生のジャンガリアンハムスターも季節によって体の毛色を微妙に変化させて生きています。 春から夏にかけては背中のラインや体全体が黒っぽいのに対して、寒くなる冬の季節には体の毛色を全体的に白っぽくし、雪や枯草に紛れやすくするのです。 パールホワイトハムスターはそのようなジャンガリアンハムスターの中でも特に白い毛色が多い個体を集めて繁殖を繰り返し、その毛色の白さを高めていったという歴史をもつハムスターなのです。 そのため、先祖の野生のジャンガリアンハムスターと同じく、パールホワイトハムスターも季節によって微妙に毛色に変化が見られます。 夏から秋の暖かい季節には、背中のラインが濃く目立つようになったり、また冬にはラインが消えて全体的に真っ白になる子もいます。 毛色の変化については年齢による変化が生じる子もおり、個体による差が大きいのが特徴です。 ですから、ホームセンターなどでたくさんのパールホワイトハムスターが一緒のゲージに入って売られている時にはお気に入りの子を探すのがとても楽しい経験となるでしょう。 新しいハムスターをお家に迎えるだけでもワクワクしますが、同じパールホワイトハムスターでもさらに一匹ずつの個性があるなんて、さらにワクワクすること間違いなしです。 すでにお家でパールホワイトハムスターを飼っていても、きっとハムスター好きの方なら別のタイプの毛色の子がいないかとペットショップでもゲージをのぞき込んでしまうはず。 カラーバリエーションが豊富なパールホワイトハムスターの中からお気に入りの子を見つけて飼育を始めましょう。 気になるパールホワイトハムスターの値段 改良品種と聞くと少しお値段が高いのでは?と不安に感じる方もおられるかもしれません。 パールホワイトハムスターは、一般的なジャンガリアンハムスターよりは少し高めの1500円前後で販売されていることが多いですが、お店によっては1000円以下の値段で販売されていることもあります。 お値段はそのまま健康状態や管理の善し悪しに関係する場合もありますので、お値段だけでなくしっかりと毛並みや飼育状況などを観察し、健康なパールホワイトハムスターを選ぶようにしましょう。 パールホワイトハムスターの特徴 ハムスター界の雪見大福、パールホワイトハムスターの毛色のヒミツやお値段について考えましたが、実際に飼育する際にはどんな点に注意すれば良いのでしょうか? 実際の飼育に役立つパールホワイトハムスターの特徴について取り上げます。 パールホワイトハムスターの寿命 パールホワイトハムスターの寿命については基本的にはジャンガリアンハムスターと同じく、2年から2年半ほどが一般的ですが、個体差が大きい部分もあります。 というのも、パールホワイトハムスターは白い毛色を特徴とした遺伝的に近い個体を掛け合わせて生まれた品種のため、遺伝的に弱さを持った個体もいるためです。 また、逆に歴代飼育下で繁殖され、栄養状態や飼育環境の管理が良かったために長寿家系の個体だったりすると3年近く生きる長寿のパールホワイトハムスターもいます。 スポンサーリンク パールホワイトハムスターの体の大きさ 体の大きさも個体差はありますが、大抵は7~12cmほどで、体重は30~40g前後の子が多いです。 この体重だとちょうど卵の大きさと同じくらいとなり、色も真っ白な為、雪見大福意外にも卵と形容されることもあるハムスターです。 ジャンガリアンハムスターと同じく、太りやすい傾向があるため肥満には注意が必要です。 パールホワイトハムスターのエサについて 基本的には先祖のジャンガリアンハムスターと同じエサを与えれば問題ありません。 基本色はやはりバランスのとれたハムスター用ペレットが最適でしょう。 基本的には植物食寄りの雑食性ですが、乾燥地帯に住むジャンガリアンハムスターの例を考えると水分を多く含む生野菜などは主食というよりもおやつ感覚の方が良いでしょう。 その他にナッツなどの種子類や先祖のジャンガリアンハムスターも大好きなミルワームなどをバランスよく与えれば、健康を維持しやすく長生きに役立つはずです。 パールホワイトハムスターの性格 基本的にはあまり物怖じせず、エサなどもすぐに手から食べ始めてくれる積極的な性格の子が多いのが特徴です。 しかし、体の小さな動物であるため、周囲の音や激しい動きにはびっくりしてしまいます。 他のハムスターと同じく視力が弱い分、聴力と嗅覚で周囲の情報を得ているため、大きな音をたてたり、香りの強い香水などは控えるようにしましょう。 スキンシップの取りやすい明るい性格ですが、一度飼い主を危険な存在と認識してしまうとその後が大変なので、手乗せする時やゲージを掃除する時は驚かせないように注意が必要です。 決して真上から掴もうとはせず、下からすくうように手に乗せるようにしましょう。 おもしろ飼育法 体の真っ白なパールホワイトハムスター。 その体の白さを際立たせるためにゲージや回し車の色も白に統一して揃えてあげるとおしゃれ感がアップして可愛くすることができます。 ただ、床材などを白系のチップや砂などにしてしまうと、パールホワイトハムスターが全く見えなくなってしまうこともあるため、注意が必要です。 できれば床材は白以外のものにし、パールホワイトハムスターがよく観察できるようにするといつも居場所が分かって安心です。 その場合には砂場だけ白色にするなどして、かくれんぼさせてあげるのも楽しいかもしれません。 まとめ ジャンガリアンハムスターのカラーバリエーションであるパールホワイトハムスター。 真っ白でキレイな毛色は卵のような雪見大福のようなかわいらしさです。 ジャンガリアンハムスターと変わらない飼育方法で、よく目立つ毛色をしているため、すでにこれまで他のハムスターを飼育してきた方にもおススメできるハムスターです。 スポンサーリンク - , , , , , , , ,.

次の

ハムスターの種類!パールホワイトの性格や寿命、体重などの紹介です!

パール ホワイト ハムスター

その見た目と可愛らしい仕草で人気者のパールホワイトハムスター。 全身が真っ白でまるで大福のような愛らしさ! そのパールホワイトハムスターについて色々調べてまとめました! 繁殖について注意すること、お値段はいくらぐらいするのかについて紹介していきます。 パールホワイトハムスターとは? パールホワイトハムスターとは、ジャンガリアンハムスターの一種で全身が白いことから呼ばれています。 普通は黒みがかった毛も生えますが、 完全に真っ白なことから「スノーホワイト」と呼ばれることもあります。 性格は、普通のジャンガリアンハムスターと同じでわがままで噛みつくこともあり、非常に表情が豊かな子です。 大きさは約7~13cmで、オスが35~45g、メスが30~40g程度で、卵とほぼ同じ大きさということで人気です。 小さいことから別名で「ドワーフハムスター」とも呼ばれることもあります。 ハムスターは基本夜行性で、昼間は寝て過ごし夜になると活動します。 ハムスターが子どもの頃はそれほどの警戒心はないのですが、大人になると警戒心が強くなります。 少しでも怖い思いをすると、警戒心が強くなり自分の身を守るために気性が荒くなります。 ハムスターはストレスを抱えやすいので、あまりにも構われるのも嫌がります。 慣れるまではゆっくりと優しく見守ることが大事です。 繁殖させる上での注意点! ハムスターを共寝させるには注意が必要です。 知識を知っておかないと障害の子が生まれてきてしまったり、亡くなってしまうケースもあるので注意しましょう。 パールホワイト同士とプディング同士の共寝はNGです! どっちも優性遺伝子ですが、同じ遺伝子を両親から受け継いだ時にある固定の遺伝子ができてしまうことができるからです。 なので、 パールホワイト同士、プディング同士での共寝は避けるべき組み合わせなのです。 その他にも組み合わせてはいけないペアがいるので、興味本位でむやみに共寝させないようにしましょう。 スポンサードリンク 気になるお値段は? 一般的には1000円~3000円程度で販売されています。 あるところは何百円と安いところもあるようです。 店舗によって値段は変化しますが、基本的には犬や猫のように高いということはほぼありません。 まとめ パールホワイトハムスターは、ジャンガリアンハムスターの一種で、見た目によらずけっこう暴れん坊なんですね。 大きさは卵と同じくらいとまあ可愛らしいハムスターです。 ただし、パールホワイト同士を共寝をさせるのは危険なので、興味本位でするのはやめましょう。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の