横浜 ベイスターズ de。 横浜DeNAベイスターズ : De速

新主将はドラフト最下位だった 横浜DeNA・佐野の信念

横浜 ベイスターズ de

プロ野球で4年目を迎えた今シーズン、25歳の若さで22年ぶりのリーグ制覇、そして日本一を目指すチームのキャプテンに抜擢された選手がいる。 横浜DeNAベイスターズの佐野恵太だ。 2016年のドラフト会議で「セ・リーグ最下位指名」という滑り込む形でプロの舞台にたどりついた。 いかに低評価を覆し、若くして球団の顔にまで上り詰めたのか。 立ちはだかる壁は乗り越えられるものと信じて、バットを振り続けてきた野球人生があった。 」をラミレス監督と一緒に掲げる 2019年12月、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズの最上階で、佐野は監督のアレックス・ラミレスから、こう告げられた。 「次のキャプテンをやってもらおうと思っている」 何を伝えられるか、予期していたところもあった。 その1週間前、ラミレス監督の通訳、丸山剛史から着信があった。 「監督が食事をしようと言っています。 予定は大丈夫ですか」 2015年から5シーズンにわたって主将を務めてきた筒香嘉智(現レイズ)が、米大リーグに挑戦することも決まっていた。 必勝祈願を終えてポーズを取るラミレス監督と新主将の佐野=2020年3月 誰が次のキャプテンに指名されるのか。 そんなタイミングだった。 「もしかしたら(キャプテン就任は)あるかもしれないという予感はしていたけど、あの電話で確信した。 ドキドキしながら(食事に)行きました」 ラミレス監督との初めてのランチは和やかに過ぎていった。 輝かしいシーズンの始まりを祝すような、横浜の美しい街並みが眼下に広がっていた。 運命の日 吉報はまだか 異例の抜てきを受けた佐野だが、入団時に寄せられた期待は決して大きくはなかった。 2016年10月20日、第52回ドラフト会議。 佐野は同じ明治大学野球部の仲間とともに食堂で指名を待っていた。 まずはキャプテンを務めていたエース柳裕也が中日から1位で指名を受けた。 続いて、星知弥もヤクルトの2位に決まった。 佐野の名前はなかなかアナウンスされなかった。 柳や星の指名からすでに2時間近くが過ぎた。 同じモニターで見守っていた仲間たちがそわそわしはじめる。 指名はすでに8巡目にも入り、選択終了をする球団も出てきていた。 あきらめの空気が、食堂に漂い始めていた。 「残りもの」についに指名が そのころ、ドラフト会議の会場では、ベイスターズの高田繁ゼネラルマネージャーが、三原一晃球団代表にこう切り出していた。 「もう一人だけ、いいかな」 ラミレス監督を中心にガッツポーズする新入団選手。 後列右端が佐野=2016年11月 打力の評価はすこぶる高い。 だが主に外国人が務める一塁が守備位置ということで、ここまで指名は避けられていた。 そんな佐野の名前が、ベイスターズの卓上でついに挙がった。 「DH制度があるパ・リーグの球団が指名するのではないか」。 スカウト陣にはそんな読みもあったが、この段階まで残っていた。 やがて、ベイスターズ9位での指名を知らせるアナウンスがドラフト会場に響いた。 佐野にも吉報が届く。 「もう頭が真っ白で覚えていない」。 支配下登録選手87人中、84番目。 セ・リーグの中では最後の指名選手だった。 野球一家 まるで「巨人の星」 佐野は岡山県で生まれた。 豪快なフルスイングが持ち味である左の強打者は、物心つく前からすでにバットを握っていたという。

次の

新主将はドラフト最下位だった 横浜DeNA・佐野の信念

横浜 ベイスターズ de

野球 広島堂林4号2ラン、打率&得点圏打率でリーグ1位 []• プロ野球 [7月17日 1:02]• プロ野球 [7月17日 0:15]• プロ野球 [7月16日 23:45]• プロ野球 [7月16日 23:38]• プロ野球 [7月16日 23:34]• プロ野球 [7月16日 23:34]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:33]• プロ野球 [7月16日 23:31]• プロ野球 [7月16日 23:24]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• プロ野球 広島堂林4号2ラン、打率&得点圏打率でリーグ1位 []• プロ野球 [7月17日 1:02]• プロ野球 [7月17日 0:15]• プロ野球 [7月16日 23:45]• プロ野球 [7月16日 23:38]• プロ野球 [7月16日 23:34]• プロ野球 [7月16日 23:34]• プロ野球 [7月16日 23:31]• プロ野球 [7月16日 23:24]• プロ野球 [7月16日 23:05]• プロ野球 [7月16日 23:05]• 高校野球 昨秋15打点の新潟産大付・遠藤、数字より「勝利を」 []• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:33]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 23:15]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 20:25]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:39]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:16]• 高校野球夏の地方大会 [7月16日 19:11]• 高校野球 [7月16日 19:11]• 大学・社会人 大商大・吉川を9球団が視察「短いイニングなら」 []• アマ野球 [7月16日 19:55]• アマ野球 [7月15日 21:38]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 19:55]• アマ野球 [7月13日 17:51]• アマ野球 [7月13日 13:43]• アマ野球 [7月10日 17:48]• アマ野球 [7月10日 17:16]• アマ野球 [7月5日 18:29]• アマ野球 [7月2日 17:12]•

次の

株式会社横浜DeNAベイスターズ

横浜 ベイスターズ de

横浜DeNAベイスターズの近年の人気は凄まじい。 それ以降、観客動員数は伸び続け、2011年の約110万人から、2018年には球団創設以来初の200万人を突破。 ファンクラブ会員数は、7年間で14倍にまで成長した。 その驚異的な成長を支えたのは、コアである30代~40代の男性ファンだけでなく、「女子ファン」も挙げられるだろう。 DeNAによる買収後すぐに横浜DeNAベイスターズのファンになったというAさん(20代後半・女性)は、「最初のころは、休日のデイゲームでも球場はガラガラだったんです。 今では、チケット争奪戦ですよ」と話す。 その変化のワケは。 ここまで横浜DeNAベイスターズのファンが増えた要因として、「中畑監督の功績は本当に大きかった」とAさんは語る。 「チームがどれだけぼろ負けしても、中畑監督は絶対にインタビューに答えて、面白い話をしてくれた。 それを、テレビのスポーツ番組でも取り上げてもらえた。 酷い負け方をしたらインタビューに応じない監督もいるのに、中畑監督はいつでも明るくて面白かった」 そういった中畑前監督の精神は、選手にまで徹底されていたという。 「試合前、エキサイティングシート(横浜スタジアムで最も高額の席。 段差になっていて、前方に行けば行くほどグラウンドに近い高さで試合を観戦することができる)には必ず人気選手が来てくれて、サインを書いてくれるとか、ファンサービスをしてくれた。 キャンプ地にまで追いかけて行っても、いつでも対応してくれて。 二軍もそう。 選手がみんな、ファンを大切にしてくれてとにかく嬉しかった。 ラミちゃん(ラミレス現監督)になっても、それは変わらない」 たとえチームの戦績が悪いときでも変わらない監督・選手陣の態度に、ファンは喜びを感じる。 「どんなに弱くても負けても、いつも明るく元気に頑張っている姿を見ると、もっと応援したくなるんです」。

次の