イカ 天ぷら 爆発。 イカの天ぷらを揚げる際の油はねの対処法とは?

イカの天ぷらで油がはねないコツ。ポイントはこの3つ!

イカ 天ぷら 爆発

ん~悲しいかな、以前調べたのにもうすっかり忘れてしまいました。 いかのてんぷらやから揚げで、特にゲソ揚げが大好きなのですが、やるといつも爆発して大変危険なめにあうので、メニューとしては年に2,3回しか登場しません。 気が短いのと、仕事のあと大急ぎで食事を作るためかんじんな、イカの 水分をキッチンペーパなどで切る、とるという作業がなかなかうまくできないのです。 粉を軽くはたいてみるときもありますが、やっぱり爆発します。 爆破のとき油がはねるため、ふたを楯にしたり、最近は網せいの取っ手つきのふたみたいのを楯にしていますが、今日も顔や手に油が飛び散りました。 なんか命がけです。 以前、水分をとるでなく、粉をふるでもなく、べつの方法で解決する方法を教えてもらったのですが...なんだったか、どうしても思い出せません。 宜しくお願いします。 イカをポリ袋に入れ、電子レンジでチンしてから揚げれば爆発しませんよ。 レンジの中で爆発しますが袋の中なので安心です。 この際、蒸気で袋がふくらむので輪ゴムなどで縛ったら、ポリ袋の上部に小さな穴を何個かあけておくといいです。 下味をつける場合は、下味の汁のままでチンします。 つまり、イカさんは爆発したい性格なので思いを果たしてから揚げることにします。 レンジの中で爆発しなくなったらレンジを止めてください。 それでも心配な方は、揚げる時に、ガラス窓のついたふたを盾代わりに持って揚げるといいです。 その際、ふたに付いた水滴が油面に落ちないようにしてくださいね。 小心者の私はそうしてます^^ 何度か油まみれの恐怖からいろいろ調べたのですが、この方法が一番簡単で安全かと思います。 いかげそをのせた、そばが食べたくてたどりつきました。 こんにちは。 No1、です。 たびたび、すみません。 正解は、「ゆでる」ということではないのでしょうか?。 吸盤は、取らなくても良いのですが、あらかじめ、 吸盤に付いている硬いカラみたいなものは、水道水を流しながら、 手で簡単にモミ洗いして落とします。 (カラの中にある水分は、キッチンペーパーでは取れないから。 ) そのあとに、塩水で、「さっと、ゆでます。 」 ここで、注意をしなければならないことは、ゆで過ぎると イカの味が、落ちてしまうということです。 このあと、やはり、「水分」は、 とっておいた方が良いみたいです。 『この方が、生のイカゲソを使うより、揚げるときに、 爆発しないし、カラットしたものが作ることができる。 』 過去に質問者様が教わったことは、 このことなのではないでしょうか?。

次の

【みんなが作ってる】 イカの天ぷらのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

イカ 天ぷら 爆発

イカの天ぷらが爆発する理由• ここを理解しておけば、タネがイカ以外に変わってもある程度油ハネを防ぐことができます。 そもそもなぜ油はねが起こるのかと言うと、 油の中で水が急激に沸騰し、気化することが原因です。 あのブクブクしている泡ですね。 それが弾ける時の勢いで油も一緒にはね飛ばしてしまうわけです。 ですので、天ぷらタネの水分がしっかり拭き取れていなければ、当然気化する水の量も多く油はねと原因となってしまいます。 ですが、これは天ぷらのタネ全般に言えること。 問題はイカ爆発です。 イカ爆破はあのブクブクとはあきらかにレベルが違います。 結論から言うと、あの大きな音と油はねは、 衣のまわりのブクブクとは別の場所で起きている水分の気化に原因があります。 その場所は、 身と薄皮の間。 「え!?ちゃんと皮むいてるわよっ!」との声が聞こえてきそうですが、実はイカの皮はなんと 「4層」になっているんですねぇ。 出典元:ニチレイフレッシュ えんぺらを取った後、手で簡単に剥けるのは2層目まで。 3、4層目はイカの身にしっかり張り付いているのでなかなか剥がすことができないのです。 この剥がれにくい皮が残った状態で油に入れると、身から出た水分は 、身と薄皮の間にたまることになります。 そして、それが気化して爆ぜるのがイカ爆発の正体なのです。 簡単に言えば、イカの表面にちっちゃい風船ができて、それに空気が入りすぎて弾けると、こういうわけなんです。 ここまでわかってしまえば、この イカ風船を作らないようにしてやれば良いのです。 3つのポイントを伝授! ここからは、イカの油はねを可能なかぎり少なくするためのコツをお伝えしていきます。 あと小技としては、 沸騰したお湯にさっとくぐらせて、冷水で冷やしてから皮を剥くという方法もあります。 どれが正しいというわけではありませんので、あなたが気に入った方法を試してくださいね。 これをすることによって、残ってしまった薄皮にも切れ目が入り、イカ風船状態になることを防ぐことができます。 切り込みの間隔を狭くするとより効果的です! また、イカはそのまま加熱すると筋肉の構造上くるっと丸まってしまいますが、こうして切れ目を入れることである程度は丸まりを軽減することができます。 小麦粉を全体にまぶすことにより、タネの余分な水分が吸収され、油はねを軽減することができます。 また、 衣が剥がれにくくなる効果もありますので、一石二鳥なんです。 以上の3つがイカの天ぷらを爆発させないためのコツとなります!この項の最初にも書きましたが、これらを 丁寧に処理することが大切です。 面倒くさいからと言って下ごしらえを適当にしてしまうと、イカ風船ができてしまいます。 ちょっと説明が長くなってしまいまいましたので、最後に全体をまとめておきます! イカが爆発するのは、 「身と薄皮の間の水分」 が原因。 原因と解決策を知ってしまえば、なんてことないですね。 油がはねるから天ぷらはしない!と決めてしまうのはあまりにもったいないです。 ご訪問ありがとうございました!.

次の

【イカの天ぷらやフライ作りに】プロが伝授!油ハネさせないコツ

イカ 天ぷら 爆発

【新鮮な 食材宅配サービス】 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために『不要不急の外出』を控えることが大切です。 もちろん買い物にでかけることが禁止されている訳ではありません。 ですが、できる限り安全に美味しいものを食べたいという欲求は消えません。 そこでお薦めなのが 『有機野菜や新鮮野菜の宅配サービス』 食材宅配サービスのメリットは、• スーパーや混雑したお店に行くのを避けられる• 買い物かごやカートなどを触らなくてもよい• 多数の人が触った商品を買わなくてもよい• レジや狭い店内で人との接触を避けられる• 有機野菜のため値段がスーパーより高い• セット売りで野菜を選べない•

次の