韓国 2ch 勢い。 ボロロン速報 : W杯 「フェアプレーじゃない国」ランキング・・・1位パナマ、2位韓国 2ch「韓国が一位w」「韓国準優勝やん」「韓国恥ずかしい」

【2ch】韓国の反日動画にネット民激しい怒り 安倍首相と産経支局長のお面をつけた人物に土下座させ足蹴にする

韓国 2ch 勢い

首の皮一枚で決勝トーナメント進出を決めた日本。 H組3位で敗退が決まったセネガルと明暗を分けたのは、「フェアプレーポイント」の差だった。 グループリーグの上位2チームが決勝トーナメントにコマを進めるが、同組内で勝ち点、得失点、総得点、直接対決の成績が並んだ場合 グループリーグを通して受けたイエローカードとレッドカードの数によって計算される「フェアプレーポイント」が大きい方が上の順位になる決まりとなっている (2018年ワールドカップ規則・第32条第5項による)。 フェアプレーポイントの計算方法は ・イエローカード:-1 ・間接レッドカード(2枚目のイエローカードを受けた結果としてのレッドカード):-3 ・一発レッドカード:-4 ・イエローカードを既に1枚受けている選手による一発レッドカード:-5 となっている。 このルールが適用された結果、日本のフェアプレーポイントは-4、セネガルは-6となり、日本が2位通過を決めた。 今大会注目を集める結果となった「フェアプレーポイント」という指標だが、 出場32チームはどのようなグループリーグを終えどのような結果となったのか。 東洋経済では、グループリーグ全48試合のイエローカード、間接/一発レッドカード、ファウル数の数を集計。 フェアプレーポイントを計算し、出場32カ国のフェアプレー度ランキングを作成した。 フェアプレーポイントが同じ値になった場合、ファウル数が少ない国をより「フェアプレーである国」として順位を付けた。 なお、ワールドカップのグループリーグの順位決定においては、フェアプレーポイントも並んだ場合、 FIFAによる抽選で決勝トーナメント進出国が決まる点を留意されたい。 不名誉なフェアプレーじゃない国1位となったのはパナマ。 1試合あたり3. 6枚イエローカードを受け、ファウル数の多さでは5位となった。 パナマがいたG組はイングランドやベルギーもいた。 こうした強豪国に少しでも食らいつこうと、ラフプレーに走ってしまった結果とみられる。 2位は韓国。 1試合あたりのイエローカード数は3. 3枚で、ファウル数の多さでは1位となった。 韓国は「死の組」と言われたF組となり、パナマ同様、スウェーデンやメキシコ、ドイツといった競合相手にがむしゃらに戦った結果とみられる。 グループリーグ48試合で一発レッドカードを唯一受けたのがコロンビア。 日本戦の開始3分で受けたあの1枚だ。 一発レッドはイエローカード4枚分に相当するため、フェアプレーポイントは低いが、1試合当たりのイエローカード数は1枚、 ファウル数の多さでは16位とあのプレー以外では悪質なファウルは少なかったものとみられる。 日本はというと24位となり、出場国の中では「紳士的な国」といえるだろう。

次の

韓国経済、坂を転がり落ちるような勢いで減速中のワケ(真壁 昭夫)

韓国 2ch 勢い

首の皮一枚で決勝トーナメント進出を決めた日本。 H組3位で敗退が決まったセネガルと明暗を分けたのは、「フェアプレーポイント」の差だった。 グループリーグの上位2チームが決勝トーナメントにコマを進めるが、同組内で勝ち点、得失点、総得点、直接対決の成績が並んだ場合 グループリーグを通して受けたイエローカードとレッドカードの数によって計算される「フェアプレーポイント」が大きい方が上の順位になる決まりとなっている (2018年ワールドカップ規則・第32条第5項による)。 フェアプレーポイントの計算方法は ・イエローカード:-1 ・間接レッドカード(2枚目のイエローカードを受けた結果としてのレッドカード):-3 ・一発レッドカード:-4 ・イエローカードを既に1枚受けている選手による一発レッドカード:-5 となっている。 このルールが適用された結果、日本のフェアプレーポイントは-4、セネガルは-6となり、日本が2位通過を決めた。 今大会注目を集める結果となった「フェアプレーポイント」という指標だが、 出場32チームはどのようなグループリーグを終えどのような結果となったのか。 東洋経済では、グループリーグ全48試合のイエローカード、間接/一発レッドカード、ファウル数の数を集計。 フェアプレーポイントを計算し、出場32カ国のフェアプレー度ランキングを作成した。 フェアプレーポイントが同じ値になった場合、ファウル数が少ない国をより「フェアプレーである国」として順位を付けた。 なお、ワールドカップのグループリーグの順位決定においては、フェアプレーポイントも並んだ場合、 FIFAによる抽選で決勝トーナメント進出国が決まる点を留意されたい。 不名誉なフェアプレーじゃない国1位となったのはパナマ。 1試合あたり3. 6枚イエローカードを受け、ファウル数の多さでは5位となった。 パナマがいたG組はイングランドやベルギーもいた。 こうした強豪国に少しでも食らいつこうと、ラフプレーに走ってしまった結果とみられる。 2位は韓国。 1試合あたりのイエローカード数は3. 3枚で、ファウル数の多さでは1位となった。 韓国は「死の組」と言われたF組となり、パナマ同様、スウェーデンやメキシコ、ドイツといった競合相手にがむしゃらに戦った結果とみられる。 グループリーグ48試合で一発レッドカードを唯一受けたのがコロンビア。 日本戦の開始3分で受けたあの1枚だ。 一発レッドはイエローカード4枚分に相当するため、フェアプレーポイントは低いが、1試合当たりのイエローカード数は1枚、 ファウル数の多さでは16位とあのプレー以外では悪質なファウルは少なかったものとみられる。 日本はというと24位となり、出場国の中では「紳士的な国」といえるだろう。

次の

韓国経済、坂を転がり落ちるような勢いで減速中のワケ(真壁 昭夫)

韓国 2ch 勢い

「VIP」「なんJ」「嫌儲」を混ぜたような... 韓国紙・朝鮮日報(日本語ウェブ版)によれば、件の発言が出たのは大統領府の公式フェイスブックで配信された生放送動画だ。 韓国政府ではネット上に「国民請願掲示板」を設置しており、署名数が一定に達した請願については、大統領府が回答を行う決まりだ。 そこに、イルベの閉鎖を求める請願が投稿され、約23万人の同意が集まった。 これを受けて大統領府の法務秘書官は上記の動画で、違法な書き込みの割合によってはサイトを閉鎖できるとし、イルベがそれに当たるかを調査する、と述べたのである。 イルベは2010年に他の大手掲示板の「隔離サイト」として誕生、間もなく国内有数の有名掲示板に成長した。 その特徴は、 ・政治的には保守で、リベラル派は叩かれがち ・一方、極端な愛国主義者(クッポン)も嘲笑の的 ・自国の「後進性」を自虐する ・女性蔑視や地域対立煽りなども定番ネタ ・住民によるハッキングや脅迫書き込みなどがたびたび事件化 などなど、日本の2ちゃんねるに似た部分も少なくない。 一昔前の「VIP」や、最近の「なんJ」、「嫌儲」を混ぜたようなイメージだろうか。 「盟友」ネタにされ文大統領お怒り? 特に故・盧武鉉元大統領はさんざん「オモチャ」にされており、18年1月にはイルベ住民の悪ふざけにより、米ニューヨークのタイムズスクエアに盧氏とコアラをコラージュした画像などが放映され、韓国内で大問題となった。 これも、日本のネットで鳩山由紀夫元首相がいまだにネタにされることを思わせる。 しかし、今の文在寅大統領といえば、盧氏と長年の盟友だったことで知られる。 当然、快く思うわけがない。 逆にイルベでも、文大統領はもっぱら嘲弄の的だ。 大統領府が強硬姿勢で臨むのも、こうした「因縁」が背景にある。 だがいくら自らに批判的なサイトとはいえ、一掲示板の閉鎖に政府が言及するのは異例だ。 まして、文政権は表現の自由などを重んじるリベラル派である。 上述の朝鮮日報もネットユーザーや識者の声を引き、政権の姿勢を批判する。 「国内外が『言論弾圧だ』と騒ぎ立てるべき内容」 日本では、イルベは「韓国の2ちゃんねる」などとたびたび紹介され、その書き込みを翻訳して紹介しているブログもある。 イルベの側もいわゆる「親日派」とは言い難いが、極端な「反日」には冷ややかであり、アニメ好きの住民も多く、日本についてのスレッドは日々立てられている。 こうした事情から、日本のネットユーザーにはイルベへの親近感を持つ人も少なくない。 今回の「閉鎖」問題についても、掲示板・ツイッターでは「ムン化大革命の始まりである」などと揶揄する声だけでなく、 「国内外のメディアが足並み揃えて『言論弾圧だ』と騒ぎ立てるべき内容なんだが」 「イルベは現政権に文句言ってるだけで、別に違法情報じゃないだろ」 「イルベー 韓国のおまいら頑張れよ」 「韓国のなんJ民を眺めるのは面白れーから潰すなや」 「敗北を認めず、頑張って欲しい」 といったエールが出ている。

次の