ウーバー イーツ 出前 館。 【必見】Uber Eats(ウーバーイーツ)とマックデリバリー比較レポ!

【フードデリバリー対決】出前館 vs Uber Eats(ウーバーイーツ)サービスを徹底比較!

ウーバー イーツ 出前 館

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開! デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決 ウーバーイーツや出前館が注目されている コロナウィルスの影響で外出自粛が要請されるなか、消費者も外食を控える傾向にあります。 そのなかで家の外に出なくても、外食気分を味わえるデリバリーサービスへの需要が高まってきているのです。 様々な企業や飲食店がデリバリーサービスを展開していますが、そのなかでも特に注目されているのがウーバーイーツと出前館。 ウーバーイーツはデリバリーサービスの新しいかたちとして、出前館はデリバリーサービスの王道のサービスとしてそれぞれユーザーを集めています。 ウーバーイーツと出前館 ではウーバーイーツと出前館にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。 それぞれのサービスを理解するために、まずは以下で確認していきましょう。 ウーバーイーツの特徴 配達パートナーが近くの飲食店のデリバリー配達を行う仕組みという点。 固定の配達スタッフが行うわけではなく、そのときに近くにいる配達パートナーをマッチングさせるというシステムです。 そのため、飲食店側で配達スタッフを用意する必要がなく、コストや初期投資をしなくてもデリバリーサービスを行えるという点が最大の特徴ではないでしょうか。 これまでデリバリーサービスを行っていなかった飲食店も、ウーバーイーツの台頭によりデリバリーサービスを開始する店も多くあります。 出前館の特徴 出前館は夢の街創造委員会株式会社が運営。 今日インターネットでデリバリーサービスを利用する先駆けとなったサービスとも言えます。 出前館では飲食店のフードデリバリーだけでなく、スーパーの配達サービスなど日常生活で必要なサービスのデリバリーも行っているのも特徴の一つです。 最近では、デリバリーサービスを行っていない飲食店の代わりに、出前館側で配達機能を提供する「シェアリングデリバリー」に注力しています。 ウーバーイーツと出前館の比較 実際にウーバーイーツと出前館のサービス内容や規模について、比較をおこなってみましょう。 加盟店数 ウーバーイーツの加盟店数は14,000店 2019年9月末時点 、出前館の加盟店数は19,122店 2019年4月末時点。 画像引用:出前館HP 現時点での加盟店数としては出前館が多いです。 しかし、2016年9月に始まったサービスであるため、急拡大していることがわかります。 今後ウーバーイーツが出前館の加盟店数を抜くということも予想できるのではないでしょうか。 参考データ 配達手数料 ウーバーイーツの配達手数料は、地域やお届けまでの距離、混雑状況等によって異なります。 お届け先までの距離が短ければ短いほど、配達手数料も安くなるということです。 出前館の配達手数料は店舗毎によって異なりますが、相場としては200円以上、無料で行っている店舗も多くあります。 しかし配達手数料はどちらもアプリやサイト上で注文前にリアルタイムの料金を確認することができるようになっているため、安心です。 お届け先の柔軟度 ウーバーイーツに関しても、出前館に関しても自宅に限らず屋外への配達も可能となっています。 公園等に配達希望の際は公園の入り口などわかりやすい場所を指定するようにしましょう。 注文料金の最低金額 ウーバーイーツの場合、注文最低金額を設けていません。 なのでドリンク1杯の注文も可能となっています。 タピオカドリンクを扱うお店ではこうしたドリンクのみの注文も多くあったようです。 出前館の場合、最低注文金額は各店舗で設定されていますが、相場としては1500円前後でしょう。 最低注文金額の設定に関して、気軽に注文できるのはウーバーイーツかもしれません。 注文対応時間 こちらも店舗によって異なります。 遅い時間だと出前館では深夜2:00まで、ウーバーイーツでは深夜1:00までの店舗があります。 東京都心部では夜中まで注文を受け付ける店舗が多いなど、地域や繁華街、店舗によっても異なるでしょう。 料理の数や配達時間、価格は状況による ここまで様々な項目で比較をしてきましたが、基本的には掲載している店舗毎によって異なるというのが基本ということを踏まえておきましょう。 また、お届けまでの配達時間に関しても注文数や距離、配達パートナーの数、時間帯によっても異なります。 また、料理の価格に関しても店舗毎で設定できるようになっています。 店舗としては手数料込みの値段で提供することになるため、しっかり考えたうえで価格を決定することになるでしょう。 飲食店がウーバーイーツに支払う手数料 ウーバーイーツや出前館では、配達デリバリーのシェアサービスとして飲食店側が手数料を支払う仕組みになっています。 まずはウーバーイーツの手数料についてチェックしていきましょう。 注文金額から割合で決定 ウーバーイーツでは飲食店が支払う手数料を、注文総額の35%としています。 この手数料のなかに、システム手数料や配達手数料等が含まれているかたちになるでしょう。 ウーバーイーツでは手数料を引かれた金額が支払われる ウーバーイーツへの手数料支払いに関しては、売上金額から差し引かれるかたちになるようなので、振込の手間が省けるのがメリットでもありますね。 飲食店が出前館に支払う手数料 次に、飲食店が出前館に支払う手数料についてチェックしていきます! 出前館の手数料も注文金額に対する割合 出前館の手数料は、注文料金に対して割合で設定しているため、変動する仕組みになっています。 出前館サービス利用料は商品代金 税抜 の10%、配達代行手数料が30%、決済手数料が最大3%としています。 決済手数料はクレジットカード会社に支払うものなので、出前館に支払う手数料としては、注文代金の40%ということになりますね。 出前館が飲食店を支援!手数料割引を実施 注文代金の40%が手数料として引かれてしまう点が気になる方に朗報!出前館では、新型コロナウィルスによる飲食店への打撃を配慮して、手数料のなかで配達代行手数料の割引を実施しています。 通常30%の手数料を23%と、7%もの割引になります。 しかも期間は2020年5月1日~2020年10月31日までの長期間。 これからデリバリーサービスを検討している飲食店や、ウーバーイーツとともに出前館も活用することを検討している場合は是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか。 飲食店にとっては集客が難しくなっている今の時期、新たな集客手段としてフードデリバリーという選択肢が注目されています。 そこで飲食店にとってウーバーイーツの魅力を大きく3点に絞ってご紹介します。 配達スタッフを自店で用意しなくてよい ウーバーイーツでは、配達スタッフをウーバーイーツ上で集めた人材をシェアすることで賄っています。 そのため、デリバリーを行う上で前提となる配達スタッフの用意や配達に必要な手段の用意という点も不要なのです。 また、店舗の従業員をあらかじめ配達パートナーとして登録しておくことも可能であるため、万が一配達パートナーが見つからないときな度に備えることもでき、安心です。 コストをかけずにサービス導入できる 上記で触れたとおり、配達スタッフの用意が不要であるため、基本的には人件費や配達手段等のコストをかける必要がありません。 また、ウーバーイーツでは月額料金も無料となっているため、ランニングコストも発生しないでしょう。 このように、ウーバーイーツなら、コストをかけずにデリバリーサービスを行うことができるようになっていて、新たな売上を作る方法としてメリットがあるのです。 コロナの集客対策に 昨今のコロナウィルスの影響により、消費者は外食を控える傾向が強まってきています。 飲食店にとっても売上が激減し、店舗の経営が厳しくなってきているケースが多いはず。 そこで、人との関わりが少なく、外出する必要がないデリバリーサービスが注目されているのです。 集客が厳しい状態のなかで、デリバリーサービスをできる環境がない場合でもすぐに始められるというメリットがあるとして、ウーバーイーツへの加盟店登録への注目が高まっているのでしょう。 まとめ 今回はウーバーイーツと出前館について、デリバリーサービスの2大勢力としてそれぞれの特徴とともに比較を行いました。 出前館にはデリバリーサービスの安心感、ウーバーイーツには新たなデリバリーサービスとしての注目度が高まっています。 これからの動きにも注目していきましょう!.

次の

「ほっともっと」出前を拡大 ウーバーイーツや出前館で:朝日新聞デジタル

ウーバー イーツ 出前 館

1.ウーバーイーツの収入は運任せ!出前館は時給制。 私は、最初に始めやすいウーバーイーツからお仕事を開始しました。 ただし、ここで問題が起こります。 ウーバーイーツ、あまりにも売上の上がる日とそうでない日のばらつきが激しいのです。 例えば、月曜は2000円。 火曜日は5000円。 水曜日は2000円。 日曜日は10000円。 もちろん配達稼働時間は違いますが、仕事が取れる日と取れない日が本当に読めません。 ですので、2時間稼働して全然だめだから諦めて帰ったり、はたまためちゃくちゃ忙しくて10時間配達が止まらなかったりという稼げる日と稼げない日の差が激しいのです。 時給でいうと、1000円を超える日もありますが、時給500円になる日もあります。 一方、出前館の場合、福岡県では時給1000円です。 そうです。 つまり、出前館では時給が1000円未満になるという恐ろしい事態になることはありません。 また、ウーバーイーツと違って労災も降りますし、ガソリン代も払わなくていいというのは、収入の面からすると非常に魅力的ですね。 労働によって良い点悪い点は様々です。 ここで、ウーバーイーツと出前館のどこにストレスがかかるか?(悪い点)という違いについて説明します。 ストレスにも耐えれるストレス、耐えることができないストレスがありますので、ぜひご参考になれば幸いです。 ・ウーバーイーツの悪い点(ストレスポイント):お客さんの民度が低い ・出前館の悪い点(ストレスポイント):レストランの民度が低い どういうことかというと、ウーバーイーツではお客さんに指定された住所に向かって自転車をこぎます。 ですが、 恐ろしい事に5軒に1軒はその住所(ロケーション)がズレていたり、もしくは住所が記載されていなかったりするので、スムーズに食事を運ぶことができない点です。 また、お客さんの家が分からずに電話をしようにも、モラルがない、人格が著しく欠如しているため、パンツ一丁で出てきたり、無言だったり、キレていたりすることが多々あるので、それがストレスになります。 ただし、ウーバーイーツの場合、自分が嫌ならやらなきゃいい、という根本的な考えがある為、働かないとお金は稼げませんが、仕事中の気分は楽です。 ここで、出前館です。 出前館も、ウーバーイーツと同様にレストランに食事を取ってからお客様のもとへ配達します。 ですが、 この出前館、レストランの店員の態度が悪いこと、悪いこと。 ただの配達員バイトに向かって、やたらと文句を言います。 ウーバーイーツの場合、配達員の態度が悪いなどの問題があればサポートセンターが対応します。 ですが、出前館の場合は、苦情はバイト先の出前館に直接電話が掛けられるため、上司から直々に怒られるのです。 また、雇用条件がアルバイトなので、嫌ならやめるということのハードルがウーバーイーツの個人事業主より高いため、むかつくレストランの店員、お客さんにもヘコヘコしなければなりません。 つまり、 時給という安定を貰う代わりに、嫌なことがあっても辞められない、文句を言えないのです。 正直、やっていることは出前館もウーバーイーツも同じですが、私にとって出前館のストレスはかなり大きいものになっています。 ですが、家族もいるため、安定した時給を得ることの魅了を一瞬で捨て去ることはできないのは問題です。 これは驚くべきことであり、アメリカのテクノロジー企業の英知が詰まっていて、非常に感心させられます。 一方、出前館。 どの配達員が、どの配達をするのか? 恐るべきことに、人力で行っているです 笑 2019年、テクノロジーが世の中を支配している世の中で、出前館は「人の手」で、配車を決めているのです。 もちろん、出前館は日本国内のみを市場としてるため、人力で配車をするのは理解できますが、本当に世界とのテクノロジー技術の差を感じざる追えません。 ということで、 出前館ではただアプリをみて配達をすればいい、というだけではなく、LINEを使って、誰がどの配達を担当するのか?という連絡をいちいちしないといけないのです。 これは慣れれば問題ありませんが、日本企業のウンコさをヒシヒシと感じるのです。 人間が配車を決めているわけではないので、鬼のような無理ゲー配達がぽ~んと放り投げられてくるのです。 また、一つ目の配達が終わそうになれば容赦なく、次の配車を指示してきます。 実際に働いてみると分かりますが、本当に疲れますし、できるだけ多く稼ぐために、一分一秒が大事になってきます。 一方、出前館。 時給制です。 例えば、レストランに食事を取りにいった場合、店員が忙しかったり、まごまごして食事を準備するのが遅れようが早かろうが、関係ありません。 なぜならば、時給、だからです。 忙しくバタバタ食事を配達する必要性がないのです。 なので、店員が「すいませ~ん!すぐに作りますう!」 とドタバタしていても、 「どうぞ、ゆっくり作っていただいて結構ですよ!」 となるのです。 なので、 配達に関するストレスは出前館の方がウーバーイーツよりも軽くなります。 なので、 事務所に行って出勤退勤の手続きをしたり、バイクを取りにいったりしなければならないため、ざっくり1時間は無駄になると考えて頂いて結構です。 また、休憩も1時間、2時間と働く時間によって法律に決められているとおりに取らないといけません。 それにプラスして、1週間前、2週間前に自分の予定を調べて、シフトを提出しなければならないので、かなり面倒です。 一方、ウーバーイーツはいつ始めようがやめようが、それを運営にいちいち伝える必要はないので、本当に気楽にお仕事できるのが魅力的ですよね。 ですが、 出前館の場合、本当に感心させられるのですが、家のロケーションが正確に示されているため、家周辺でうろうろと迷ったりすることがないのです。 これは、出前館から注文する際のUIが良いからかもしれませんね。 出前館のテクノロジーを少々ディスってしまいましたが、正確にお客さんの家を示してくれるという点に関しては出前館は非常に優れています。 まとめ 正直、大学生にはウーバーイーツをオススメします。 なぜなら、ウーバーイーツは自由に働けますし、体力がある若者に分があるからです。 また、 私のように家庭持ちの方の場合は、出前館をオススメします。 なぜなら、出前館は安定しているから、です。 アルバイトという雇用契約上、出前館のストレスはウーバーイーツより高いですが、家族がいるから仕方がありませんよね。 丸一日ウーバーイーツをして3000円しか稼げなかった、というのはあってはならないのです。 以上、ウーバーイーツと出前館、どちらも一長一短ありますが、ご参考になれば幸いです。 では、また。

次の

UberEats(ウーバーイーツ)配達エリア一覧【2020年最新】

ウーバー イーツ 出前 館

出前ならウーバーイーツ【チェーン店一覧ピックアップしました】 ウーバーイーツの注文する方法はこちらの記事で解説しています。 クーポンの使い方はこちらの記事で解説しています。 ウーバーイーツに参加するレストランも増えてきて、有名どころはほとんど参入していると言ってもいいんじゃないでしょうか。 各リンクを押すとウーバーイーツのサイトの検索結果画面に飛びぶので、そこから注文可能です。 (アプリからキーワードで検索するのもおすすめです) マクドナルド マクドナルドは配送料がお得になるキャンペーンを頻繁にやっているので注目です。 マクドナルドについて詳細に解説する記事を書きました。 ケンタッキー ケンタッキーについてさらに詳しく解説する記事を書きました。 松屋 大戸屋 大戸屋についてさらに詳しく解説する記事を書きました。 ガスト フレッシュネスバーガー クリスピー・クリーム・ドーナツ クリスピー・クリーム・ドーナツは、パーティーや会議などにもおすすめです。 自分で運ぶと面倒ですが、ウーバーイーツなら配達員がお家・オフィスまでお届けします。 大阪王将 丸亀製麺 銀だこ ピザハット 松のや スターバックス スターバックスのデリバリーも2018年11月から開始しています。 執筆時点では、まだ対応店舗は少ないですがこれから広がりそうです。 ホットのラテなど、定番商品がデリバリーできます。 スターバックスの注文のコツやおすすめメニューについて記事を書きました。 出前できるウーバーイーツ対応のチェーン店まだあります【拡大中】 スシロー スシローについて詳しくこちらの記事に書きました。 バーガーキング かつや 上島珈琲店 デニーズ ターリー屋 ほっかほっか亭 ウェンディーズ ジョナサン リンガーハット というわけで今回は以上です。 どういうのがあるかなって、眺めているだけでも楽しいですよね。 定番チェーン店はだいたい頼める感じですね。 味もよく知っているし、気軽に頼めるのでオススメです。 関連記事 関連記事 -,.

次の