5 時に 夢中。 マツコ・デラックスが語る 5時に夢中!が奇跡的番組である理由

5時に夢中の歴代アシスタントを努めた女子アナ【初代から現在】

5 時に 夢中

本要請に応え、当社として策定した再発防止策を含む所見をここにご報告いたします。 SmartNewsの「TOKYO MX」チャンネル、Gunosyなど各ニュースメディアでも最新の記事が読めます。 ぜひご覧ください。 でも同時配信。 ぜひご覧ください。 EC販売を開始するための方法や必要な準備などをお伝えします。 このような悪質な行為はTOKYO MXとは、一切関係ございませんので、十分ご注意くださるようお願いいたします。 邦楽洋楽・年代問わず、『良い』と思えるステキな音楽に出会える番組です。 TOKYO MXで放送した東京都内の最新ニュースなどをお届けします。 リニア、27年開業延期を表明へ。 JR東海、来週にも。 静岡知事が同意せず、トップ初会談物別れ。 国連事務総長、8月の広島式典欠席へ。 渡航制限理由と報道官。 軍縮担当中満次長がメッセージ代読。 NY株、1カ月ぶり安値。 730ドル安の2万5015ドル。 米でコロナ感染増加、経済停滞を懸念。 フェイスブック、政治家らの違反投稿に注記。 不適切内容に対応遅れと批判。 広告停止の動き広がる。 国内で新たに105人コロナ感染。 累計1万8262人。 感染確認100人超の規模は1カ月半ぶり。 東京で新たに54人感染。 3日続けて50人前後。 累計は5997人。 小池知事、第2波の見方否定。 体操の内村航平、東京五輪で団体と個人総合を断念。 故障が影響。 種目別鉄棒に絞り、出場を目指す。 新型コロナ死者、世界で49万人超える。 米ジョンズ・ホプキンズ大集計。 被害拡大歯止めかからず。 厚労省、唾液による抗原検査を25日付で保険適用。 コロナ感染を短時間確認。 医師リスクも軽減。 将棋、豊島将之名人が挑戦者の渡辺明三冠を破り、2勝1敗に。 第78期名人戦7番勝負の第3局。

次の

5時に夢中!

5 時に 夢中

5時に夢中! 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 『 5時に夢中! 』(ごじにむちゅう! )は、(TOKYO MX)でされているである。 当項では、本編(月から金曜)のほか、週末に放送されていたの番組2編についても詳述する。 概要 [ ] 番組の大テーマは「」。 基本的にはスタイルであり、前半は当日発行のからの注目記事を紹介、後半は日替わりの各種コーナーで構成。 前番組『』の後を受け、に『 追っかけTV! 5時に夢中! 』としてスタート。 番組開始当初は前番組同様、(読売会館・有楽町店)にあった「ゼベックスタジオ」からのだったが、千代田区に完成した「メディアセンター」ビル(東條會館との共同ビル)にMXの新スタジオ(稼動当時は「サテライトスタジオ」の扱い。 後に本社がこの地に移転し「第1スタジオ」となる)が完成、現在はこのスタジオから生放送。 年末年始、春と秋の番組改編期間はそれぞれ1週間放送休止となる他、中継などで番組を休止することもある。 また、メインMCのスケジュールの関係上の放送がなかったが、現役の教員で祝祭日の出演に比較的余裕のあるが担当していた4月から1年間(この間にに交代している)は祝祭日も放送を行った。 4月からは番組予算の都合上再び祝祭日の放送がなくなったが、の以降、再び祝祭日も放送を行っている。 また、2010年までは東西東京予選期間中も放送を休止していたが、2011年は放送を行った。 このことについて、のレギュラー陣のとはが他の曜日レギュラー陣と異なったため「祝日やらない帯番組なんてあるか」と文句を言った。 2006年のデジタル開局特番(後述)で初めてで制作され、レギュラー放送も(月)放送分からハイビジョン化された。 マルチ放送編成時、では『』を優先して放送するため、その時にはワンセグ放送のみ放送されなかったが、MXが2008年(月)からワンセグのマルチ編成を開始したため、ワンセグ放送での休止は解消され、現在では通常通り放送されている(その際、MXのでは画角16:9のSD画質放送となるが、2014年4月1日からのHDとSDによる常時マルチ編成化に伴い常時HD画質による放送を行う)。 ハイビジョン化以来アナログ放送では4:3サイドカット放送を行ってきたが、2010年7月5日(月)の放送から16:9レターボックス放送を行っている。 タイトルは、前番組の『ゼベック・オンライン』の打ち切りをもって同時間帯の生番組の廃枠が一度は決まり、各方面へのお詫び行脚も済んだ番組終了2週間前、当時より同枠番組のプロデューサーであった大川貴史(現・TOKYO MX制作局長)へ上司が「やっぱり4月からもやってくれ」と指令を受け、急遽の新番組立ち上げとなるも、企画会議で方針も見込みも立たないという状況下にとあるスタッフがため息のようにつぶやいた「 …まさに、五里霧中だな」という一言をきっかけに決まったものである。 番組の沿革 [ ]• :番組スタート。 :でネット開始。 コメンテーターを女性といわゆる「」の男性で統一し、「 もっと剥き出しガールズトーク」をテーマに据えた (ただしゲストでは男性も登場する)。 :MXでを開始。 同じくMXの生番組である『』、『』同様、データ放送のオーバーレイ表示を実施• :連動データ放送を一時休止。 :番組のオープニングアニメーションや「夕刊ベスト8」のBGM等がリニューアル。 :姉妹番組で土曜日版の『』スタート。 :放送1500回目。 :連動データ放送を再開(都議会中継日及びネット局では未実施)。 生投票の携帯用サイト向けQRコードの表記開始。 :姉妹番組でショッピング番組の『夢中にサンデー! 』スタート(日曜日に月2回放送、)。 :を実施。 放送時間を5分繰り上げて、16:55からの放送(群馬テレビは17:00より飛び乗り、また都議会中継日は17:00からの放送)• :放送時間を17:00からに戻す(これにより、群馬テレビの飛び乗りは解消)。 関西地区の、へのネット開始(この2局は17:43:30で飛び降り)。 :放送2000回記念として、当日ので、当番組の冠レース「TOKYO TWINKLE もうすぐ2000回 5時に夢中! 賞」を最終レースとして開催。 月曜コメンテーターの若林史江が競馬場内イベントおよび『東京シティ競馬中継』に出演。 :放送2000回記念特番として、のサイエンスホールより「夏休み感謝祭〜狂喜爛漫の公開生放送スペシャル〜」を16:30 - 18:00の30分拡大版で放送。 (サンテレビ・KBS京都は通常どおり17:43:30で飛び降り)。 詳細は。 :『夢中にサンデー! 』放送終了(2014年より『目からウロコ』のタイトルで 、同内容のショッピング番組を放送)• :中継のため番組が休止。 :『5時に夢中! サタデー』放送終了(4月以降、出演者は『』の水曜および『』に移行)。 :TOKYO MX史上初となる、ので公開生放送を実施(『バラいろダンディ』も同日に実施)。 タイトルは、「出張! 5時に夢中! 公開生放送SP in スタジオアルタ」。 なお、群馬テレビ・サンテレビでは当日に元々地元のスポーツ中継が入っていたため 、KBS京都のみのネットに留まった。 :当番組としては2回目となる、スタジオアルタでの公開生放送を実施。 今回はの開催であるため、小学生の親子限定の観覧とし、通常コーナーも子供向けに『』や『』 を題材としたコーナーとなる。 夕刊ベスト8のコーナーは子供向け新聞も取り上げ、番組で表示されるテロップの漢字にはが振られた。 :放送10周年記念として、ネット局の1つであるのの本社スタジオから生放送する「出張! 5時に夢中 in サンテレビSP」を放送。 東京都以外からの生放送は初のことであり、ふかわ・ミッツ・堀江・ジャンのほかに、TOKYO MX2でも放送されていた サンテレビの番組『』のと、サンテレビジョンアナウンサーのが出演(中尾は、2015年8月中は舞台『』出演のためお休み)。 当日はサンテレビもフルネットで放送。 :TOKYO MX開局20周年記念として、当番組としては3回目となる、スタジオアルタでの公開生放送を実施(2014年9月23日の1回目同様、『バラいろダンディ』も同日に実施)。 :ののスタジオから生放送する「出張! 5時に夢中 in 群馬テレビSP」を放送。 :一夜限りで『夢中にサンデー! 』が2年ぶりに復活。 1時間のスペシャル版として放送。 :ののKBSホールから生放送する「出張! 5時に夢中in KBS京都SP」を放送。 当日はKBS京都でもフルネットで放送。 :スタジオアルタ最後の公開生放送番組「出張! 5時に夢中! in新宿スタジオアルタFinal〜内藤聡子卒業SP〜」を放送。 :「出張! 5時に夢中! 灼熱の熱海芸妓見番SP」として、にある熱海芸妓見番から公開生放送。 :京都放送のKBSホールから生放送する「出張! 5時に夢中in KBS京都SP」を放送。 当日はKBS京都でもフルネットで放送。 :東京都にある、から生放送する「出張! 5時に夢中! in品川 2016クリスマス&年納めSP」を放送。 :でネット開始。 - :『3000回カウントダウンウィーク』と称し、レジェンドゲストとして月曜に内藤聡子(歴代最長アシスタント)、火曜に徳光正行(初代MC)、水曜にとアレクサンダー(歴代最多クレーム黒船特派員)、木曜に西尾祐里(初代アシスタント)をゲストに迎え、黒船特派員は各ネット局からの中継で出演し、歴代のMCや黒船特派員(それ以前の夢中ボーイズも含む)の現在をVTR放送するコーナーも設けられた。 :放送3000回。 品川ミラスタジオから公開生放送する「5時に夢中! 笑顔が止まらない! フルスイングで3000回SP」を放送。 原田・ミッツ・中尾・堀江・ジャンに加え、ふかわが3ヶ月ぶりに金曜日に登場し、スペシャルゲストとして「日本一コンサート回数の多いミュージシャン」が出演。 - :例年この時期恒例の、MC(ふかわ)とアシスタント(上田)の夏休みに伴う代役を、この年はMXの他番組で活躍するタレント等が担当する「MXのみんな集まれウィーク」として開催。 :前年に解散したアイドルグループ・のメンバーだったが急遽ゲストコメンテーターとして出演した。 稲垣はにを退所してから初の生放送番組出演ということもあり、始まると同時に公式サイトがダウンするなど大きな反響を呼んだ。 さらに生投票では最終結果発表で「はい」が62,612pt、「いいえ」が3,084ptと通常を大幅に上回る数字を叩き出した。 2018年• :サンテレビでの放送が、サブチャンネルに移行したため、フルネットになった。 ふかわの夏休みとなる9月10日週は「サマーウーマンMCフェスタ2018」と題し、女性フリーアナウンサーが日替わり登場。 月曜・ 、火曜・、水曜・ 、木曜・が担当 し、高橋を除いてMX初登場。 有働はフリー転向後初の生放送番組となった。 12月14日、スペシャルゲストとして俳優のが出演。 役作り伝説などを紹介した。 2019年• 4月1日:動画配信サービス「」で配信開始。 これにより、全国で視聴可能となる。 2020年• 4月8日 - 4月24日:感染拡大防止のため、番組を休止。 当初は17日までの予定であったが、その後も延長。 4月27日 - 5月6日:番組としては再開するが、生放送は引き続き見送り。 TOKYO MXのみ『 5時に夢中! プレイバック』として過去の生放送分を再編集したダイジェスト版を放送。 ネット局では放送しない。 5月7日:生放送が再開。 群馬テレビ、KBS京都での放送も再開された。 5月11日:とちぎテレビでの放送が再開された。 5月25日:サンテレビでの放送が再開された。 放送時間の推移 [ ] 本放送• 毎週月曜日 - 金曜日 17:00 - 18:00(2005年4月4日 - 、生放送)• 毎週月曜日 - 金曜日 17:00 - 17:55(2008年 - 、生放送) 祝日も放送。 毎週月曜日 - 金曜日 17:00 - 18:00(2009年 - 、生放送) 2010年のゴールデンウィーク以降は、祝日も放送。 毎週月曜日 - 金曜日 16:55 - 18:00(2012年 - 、生放送) 制作局のTOKYO MXのみ時間を繰り上げ、ネット局の群馬テレビは従来通り17:00より飛び乗り放送。 都議会中継などの特別番組がある場合は、TOKYO MXでも17:00からの放送になり、2012年9月までの同形態になる場合あり。 毎週月曜日 - 金曜日 17:00 - 18:00(2013年 - 、生放送) 2013年4月1日よりネット開始したサンテレビ・KBS京都は17:43:30で飛び降り、飛び降りする2局は独自で、「制作著作 TOKYO MX」のテロップとエンドカードが挿入される。 2014年12月3日 - 2015年6月3日は、水曜のみアニメ『』を放送のため、17:57までの放送となっていた。 毎週月曜日 - 金曜日 17:00 - 17:59(2017年 - 、生放送) 制作局のTOKYO MXのみ時間を1分短縮。 よりとちぎテレビも時間を1分短縮。 また、サンテレビではサブチャンネルの放送に移行し、フルネット(18:00まで)となる。 サンテレビのフルネットにより、KBS京都が唯一の飛び降り局となった。 再放送• 毎週月曜日 - 金曜日 20:00 - 20:30(2006年10月10日 - 2007年3月30日) 「チラッと見出しだけ」「夕刊ベスト8」のコーナーのみ放送。 競馬中継がある場合は放送休止。 ネット局 [ ] 5時に夢中! ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送開始日 備考 月曜 - 金曜 17:00 - 17:59 2005年4月4日 製作局 2009年4月6日• MXが放送時間を拡大していた2012年10月1日から2013年3月29日は、最初の5分を放送せず、17:00から飛び乗っていた。 2010年12月24日まで金曜日はローカル編成(『』など)のため放送されていなかったが、2011年1月7日から金曜日も放送。 中継時は休止となる場合がある。 月曜 - 金曜 17:00 - 17:45 2013年4月1日• や(後者は原則として祝日になる水曜日)の時は休止になる場合がある。 17:45から自社制作番組『』放送のため、飛び降り放送となっている。 2020年5月18日から5月25日(予定)は、特別番組『がんばれ! 京都の子どもたち』を放送のため休止となる。 2020年5月26日放送再開(予定)。 (032chのみ) 月曜 - 金曜 17:00 - 17:59• や特別番組が放送される時は休止になる場合がある。 2018年3月まで17:45以降はをはじめとした『別番組』。 2018年4月より月 - 金曜日8:30 - 10:00・17:00 - 18:00に通常時からマルチ編成を実施することとなったため、サブチャンネル(032ch・SD画質)に移行することとなるも、フルネットに変更。 サンテレビでの編成上はサブチャンネル(032ch・SD画質)で18:00まで放送とはなってはいるが、TOKYO MXからの裏送り部分はない(ステブレで穴埋め)。 2020年5月7日以降放送休止。 2020年5月25日放送再開。 2017年4月3日• や特別番組が放送される時は休止になる場合がある。 毎年3月の県立高校入試当日は『県立高校入試解答速報』を放送のため休止となる。 2020年5月7日、8日は、テレビドラマ『』再放送を放送のため休止となる。 2020年5月11日放送再開。 2020年5月20日から5月27日(予定)は、特別番組『テレビスクールとちぎ』を放送のため休止となる。 2020年5月28日放送再開(予定)。 MC [ ] 番組では、メインMC()とアシスタントの総称を「 MC」としている。 現在のMC [ ] メインMC• ( - :6代目月曜 - 木曜メインMC)• 2011年12月9日にゲストコメンテーターとして出演。 2012年4月-2014年3月は月曜 - 木曜を担当。 2014年4月からは金曜日も担当し、全曜日を担当していた。 2017年4月よりまた月曜 - 木曜を担当。 2014年5月19日-23日はのため欠席。 ふかわの所属事務所であるから代打MCが日替わりで出演。 ( - :8代目金曜メインMC)• 2017年1月20日にゲストコメンテーターとして出演。 アシスタント• ( - :月曜日 - 木曜日)• 毎月最終火曜日はアシスタント就任前に決まっていた別番組の収録がある為休演し、が代打アシスタントを務めている。 ( - :金曜日 )• 番組のナレーション(メッセージ受付案内、現在も担当)や後述する『とっておきやに夢中! 』担当を経て、2010年10月より金曜アシスタントとなる。 2009年9月18日にゲストコメンテーターとして、2010年3月29日と4月12日は病欠のマツコ・デラックスの代理として出演。 2014年10月7日と2016年9月27日に、ふかわりょうの夏休みの際の代理MCとして出演。 右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。 メインMC• (2005年4月4日 - 2006年9月22日:初代メインMC)• の次男。 『』の司会に起用され降板し、後に『』の司会を担当。 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月27日にゲスト出演。 (2006年10月2日 - 同年12月22日:2代目メインMC)• 3か月で降板(2007年放送の『大晦日も夢中』で萩原の降板を要望するクレームが読み上げられた)。 2006年9月1日にゲストコメンテーターで出演。 2015年4月22日に死去した際、翌日4月23日の放送でふかわと内藤による追悼コメントが読み上げられた。 (2007年1月8日 - 同年12月28日:3代目メインMC)• の次男。 から は舞台出演のためまでは木曜・金曜日のみ、以降は木曜日のみ出演。 舞台出演に集中させるため降板。 2006年10月13日にゲストコメンテーターとして出演しており、2008年には降板後初めてゲストとして出演。 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月27日にVTR出演。 (1月7日 - 同年12月31日:4代目メインMC)• の長男。 前任者・伊東孝明の代理MCとして出演していたことがあった。 2006年11月14日(火)にゲストコメンテーターとして出演(富田たかしの代理)。 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月27日にVTR出演。 ( - :5代目メインMC)• の長男。 『5時に夢中! サタデー』のメインMCも務めた。 なお2011年5月〜11月の半年間、当番組とサタデーに加え『』(日曜放送)のMCをしており、3番組全てが生放送番組であったため、夏休み期間中を除き逸見は毎日MXに来局している状態だった。 MC就任前の2008年9月12日にゲストコメンテーターとして出演。 MC降板後も、2013年12月25日(水)にもゲストコメンテーターとして出演(の代理)。 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月26日にVTR出演。 ( - :金曜日:6代目メインMC)• 番組初の女性メインMC。 金曜日と『5時に夢中! サタデー』のメインMCを務める。 2011年8月27日に夏休みのため欠席した逸見太郎の代理で「5時に夢中! サタデー」の代理MCを務めた。 アシスタント• (2005年4月4日 - 2006年3月24日:月曜 - 金曜日:初代アシスタント)• 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月29日にゲスト出演。 (2006年 - 2008年:金曜日) - 当時TOKYO MXアナウンサー• 担当番組である『』の担当日変更に伴い降板(後に同局を退社)。 コーナー等のタイトルコールを担当。 降板に伴い2008年3月31日からが担当。 2008年大晦日スペシャルに「名誉解説委員」として出演。 (2006年4月3日 - 2009年:月曜 - 木曜日) - 当時TOKYO MX・アナウンサー• 坂本知子の降板に伴い、2008年から2008年まで金曜日も担当。 (2009年 - :月曜 - 木曜日) - 当時TOKYO MXアナウンサー• 上田万由子の産休降板に伴い就任。 2006年11月に上田アナ欠席の際の代理アシスタントを務めた。 担当番組異動に伴い8か月で降板。 (2008年 - 、2008年10月3日 -2010年9月24日:金曜日)地元群馬県伊勢崎市出身。 上田万由子の新婚旅行等による欠席の際のアシスタントを務め、その後 2008年10月から金曜アシスタント。 2009年10月から「とっておきやに夢中! 」コーナーの進行役も担当。 ( - :月曜日 - 木曜日)• 所属のフリーアナウンサー。 2015年8月21日にミッツ・マングローブの夏休みの際の代理アシスタント。 2016年3月31日新宿スタジオアルタでの生放送「出張5時に夢中! in新宿スタジオアルタ Final ~内藤聡子卒業SP~」をもって降板。 「3000回カウントダウンウィーク」の2017年6月26日にゲスト出演。 ( - 2月14日:月曜日 - 木曜日)• 19年3月末で降板だったが、体調不良のため2月18日から病欠になり復帰なく降板。 3月28日VTRで降板挨拶。 所属のマルチタレント。 元女性。 2016年3月31日の放送にて出演 代理MC• (2006年:木曜日)• 萩原流行のロケによる欠席の際の代理MC。 2015年3月25日にゲストコメンテータとして登場。 (2006年:金曜日)• 萩原流行のロケによる欠席の際の代理MC。 後述のとおり、現在ゲストコメンテーターとして最多出演(7回)している。 柴田光太郎(2007年6月11日からまでの月曜・火曜日)• 伊東孝明の舞台出演による欠席の際の代理MC。 (2007年からまでの水曜日とから7月20日の金曜日)• 伊東孝明の舞台出演による欠席の際の代理MC。 2006年にゲストコメンテーターとして出演。 (:月曜日)• 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。 2010年7月9日にゲストコメンテーターとして出演。 (2011年:火曜日)• 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。 2010年6月18日(金)・9月3日(金)・2011年7月28日(中瀬ゆかりの代理)にゲストコメンテーターとして出演。 (2011年・2012年:水曜日)• 2011年8月24日は逸見太郎、2012年9月12日はふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2013年8月21日(中村うさぎの代理)にゲストコメンテーターとして出演。 (2011年:木曜日)• 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。 2010年11月19日(金)と2011年9月22日(中瀬ゆかりの代理)と2012年5月22日(北斗晶の代理)にゲストコメンテーターとして出演。 (2011年:金曜日)• 逸見太郎の夏休みの際の代理MC。 当時、金曜日の黒船特派員を務めていた。 (2012年:月曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2012年7月20日(金)にゲストコメンテーターとして出演。 (2012年:火曜日、:木曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 当時、火曜日のレギュラーコメンテーターを務めていた。 2012年については、当初(2012年8月10日のプレスリリース時点 )はが代理MCを務める予定と発表されていたが、実際には岡本が代理MCとなり、黒田は岡本の代理ゲストコメンテーターとして出演した。 (2012年:木曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2012年4月6日・5月11日・6月15日(いずれも金)にゲストコメンテーターとして出演。 2013年12月4日(水)には中村うさぎの代理ゲストコメンテーターとして出演。 (2013年:金曜日、2013年:火曜日)• 8月30日は町亞聖、9月17日はふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 代理ではあるが、逸見以来久々の2世タレントMCである(、の間に生まれた)。 2013年3月1日(金)に、と共にゲストコメンテーターとして出演。 (2013年:月曜日、2016年:金曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 元アナウンサー。 2013年の出演後、後に『』の水曜MCとなる。 2016年出演当時は、『』のMCを務めていた。 (2013年:水曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2013年9月まで水曜コーナー「女ゴコロを知ってるつもり?! 」のゲスト講師として度々出演。 10月以降は『ニッポン・ダンディ』のレギュラーとなったため出演していない。 (:月曜日)• ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。 ()(2014年:火曜日)• ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。 土屋礼央()(2014年:水曜日)• ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。 当時、『』のMCを務めていた。 ()(2014年:木曜日)• ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。 2013年5月16日(木)に中瀬ゆかりの代理ゲストコメンテーターとして出演。 当時、『』の火曜ダンディを務めていた。 ()(2014年:金曜日)• ふかわりょうの急病(急性声帯炎)の際の代理MC。 (2014年:月曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2013年11月13日・2014年1月29日(いずれも水)に中村うさぎの代理ゲストコメンテーターとして出演。 ミッツ・マングローブ(2014年・2016年:火曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 当時、金曜日のアシスタントを務めていた。 (2014年:水曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2014年1月8日(水)に中村うさぎの代理ゲストコメンテーターとして出演。 (2014年・2016年:木曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2014年9月23日(火・祝)に「ゴジムコミュニケーション道場」の講師として出演。 当時、『バラいろダンディ』のMCを務めていた(2014年当時は月 - 水曜、2016年当時はこれに加え木曜も担当)。 (2014年:金曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2014年4月25日(金)にゲストコメンテーターとして出演。 (:月曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 当時、月曜日の黒船特派員を務めていた。 ()(2015年:火曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 (2015年:水曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2014年9月24日・2015年1月7日(いずれも水)にゲストコメンテーターとして出演。 (2015年:木曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2013年以降度々ゲスト出演しており、前週9月3日の「追跡! ベスト8」で、おかざきのMC練習風景が紹介された。 ()(2015年:金曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 大川プロデューサーと、大川が担当する『淳と隆の週刊リテラシー』(後の『』)に出演の田村(後述)と3人で親交があるとのことで出演。 ただし過去に当番組のゲスト出演経験が全くなく、ふかわの急病時を除けば異例のケース。 (2016年・2018年:金曜日、2017年:水曜日)• ふかわりょう、原田龍二の夏休みの際の代理MC。 2011年9月16日・2015年6月19日・2017年3月24日・2018年1月5日・5月4日・18日(いずれも金)、にゲストコメンテーターとして出演。 (2016年:月曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 の長男であり、篠山輝信以来3年ぶりとなる2世タレントMCである。 2016年7月8日(金)にゲストコメンテーターとして出演。 ()(2016年:水曜日、2017年:木曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 2016年出演当時、直前のに『週刊リテラシー』が終了していた。 後にその後継番組(同年放送開始)である『』MCを務めていた。 (2017年:月曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 当時、『』のMCを務めていた。 (2017年:火曜日)• ふかわりょうの夏休みの際の代理MC。 『』のMCを務めている。 代理アシスタント 内藤の年1回の夏休み時の代理アシスタントは、2014年までは内藤が所属する三桂所属のフリーアナウンサーが担当していたが、2015年は三桂以外のアナウンサーも担当する。 (2006年11月頃)• 上田万由子欠席の際の代理アシスタント。 (2010年4月12日:月曜日)• 内藤聡子欠席の際の代理アシスタント。 元アナウンサー、三桂所属。 (2011年8月29日 - 9月1日:月曜 - 木曜日)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 三桂所属。 (2012年7月2日・7月5日:月曜・木曜)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元アナウンサー、三桂所属。 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元アナウンサー、三桂所属。 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元アナウンサー、三桂所属。 (2014年7月14日・7月16日:月曜・水曜)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元アナウンサー、三桂所属。 (2014年7月15日・7月17日:火曜・木曜)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元アナウンサー、三桂所属。 (2015年6月8日:月曜)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元キャスター、旧MCの町と同じ所属。 (2015年6月9日:火曜、2016年9月23日:金曜)• 2015年は内藤聡子の、2016年はミッツの夏休みの際の代理アシスタント。 元アナウンサー、父であるの個人事務所であるアイウエオ企画所属。 (2015年6月10日:水曜)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 元NHK気象キャスター、ビーチウォーカーズ・マネージメント(業務委託:)所属。 (2015年6月11日:木曜)• 内藤聡子の夏休みの際の代理アシスタント。 NHK元アナウンサー、所属。 内藤聡子(2015年8月21日:金曜)• ミッツマングローブの夏休みの際の代理アシスタント。 当時月曜 - 木曜のアシスタントを務めていた。 (2017年9月18日:月曜)• 上田まりえの夏休みの際の代理アシスタント。 日本テレビ元アナウンサー。 当時、『バラいろダンディ』の金曜アシスタントを務めていた。 (2017年9月19日:火曜)• 上田まりえの夏休みの際の代理アシスタント。 フジテレビ元アナウンサー、所属。 当時、『モーニングCROSS』のアシスタントを務めていた。 (2017年9月20日:水曜)• 上田まりえの夏休みの際の代理アシスタント。 フジテレビ元アナウンサー、所属。 当時、『』のMCを務めていた。 (2017年9月21日:木曜)• 上田まりえの夏休みの際の代理アシスタント。 タレント。 『』のMCを務めている。 歴代MC [ ] 期間 司会 アシスタント 月 - 木曜日 金曜日 月 - 木曜日 金曜日 2005. 04 2006. 24 2006. 03 2006. 22 2006. 02 2006. 22 2007. 08 2007. 28 2008. 07 2008. 07 2008. 10 2008. 26 上田万由子 2008. 29 2008. 31 上田万由子 2009. 05 2009. 24 2009. 27 2010. 31 2010. 01 2010. 24 2010. 27 2012. 30 2012. 02 2014. 28 2014. 31 2016. 01 ふかわりょう 2016. 04 2017. 31 2017. 03 2019. 29 ふかわりょう 2019. 01 - コメンテーター [ ] 開始当初は1人が基本であったが、2005年10月から(金曜日は2007年4月から)は2人が基本となっている。 現在のコメンテーター [ ] 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 曜日レギュラーコメンテーター• (株式トレーダー。 2005年10月5日 - )• 歴代最年少のレギュラーコメンテーター。 当初は水曜レギュラー。 記事の不祥事により、2008年6月18日を最後に出演を休止していたが、2009年3月30日より月曜レギュラーとして復帰。 2017年2月27日の出演を最後に産休に入り、同年5月29日放送で産休明け復帰した。 2005年6月17日にゲストコメンテーターとして出演。 (コラムニスト。 2005年7月7日 - )• 肩書は「コラムニスト・エッセイスト」とあったが、2010年6月から「コラムニスト」だけとなった。 2005年9月まで木曜レギュラー、2005年10月から2009年3月まで水曜レギュラー。 2009年3月30日からは、謹慎明けの若林と共に月曜レギュラー。 2005年4月29日にゲストコメンテーターとして出演している。 プロデューサーの大川貴史が徳光正行にマツコを紹介してもらったことによる。 主に、月曜当日に『バラいろダンディ』に出演するダンディ(など)がゲスト出演していた。 また同じく『バラいろダンディ』絡みで、マツコと同じ「女装家、かつ巨体のタレント」である(当時木曜隔週ダンディ)、(当時金曜バーディ)が3回(3月20日・5月1日・5月15日)にわたりゲスト出演していた。 (作家。 2016年4月5日 - )• レギュラー出演以前もゲストコメンテーターとして月曜水曜以外の曜日に高頻度で出演。 (鬼嫁。 「鬼嫁」(だいたがレギュラーだった時期は「の鬼嫁」)と番組冒頭で紹介。 永らく「タレント・元女子プロレスラー」と肩書きが表記されていたが、2012年9月25日放送の視聴者からのメッセージで、の北斗晶のプロフィールに「大」と記されていたことが判明したため、2012年10月から2013年2月までは「女優」という肩書きがつけられていた。 2013年5月21日に復帰した際、肩書きも「鬼嫁」になる。 2013年2月12日の放送で、右膝損傷、右膝損傷の治療のため、休業することを明かした。 2013年2月19日 - 5月14日は北斗の代理として週替わりのゲストコメンテーターが出演していた。 2015年9月22日の放送終了後に、番組関係者にであることを公表し、当面治療に専念するため、休業することを明かした。 治療のため長期休養になる見込みであるが、2015年9月29日以降当面は代役を立てず、前述の靭帯損傷時同様に当面は週替わりのゲストコメンテーターが出演する。 また、2015年9月29日以降のゲストは、たびたび北斗の旦那であるが出演している。 2016年11月29日に復帰し、以後も不定期に出演しているものの、レギュラーとしての復帰はしておらず、ゲストコメンテーター扱いとなっている。 2006年3月24日にゲストコメンテーターとして初出演。 2015年7月以降は、美保が毎週出演、江原とおおたわのいずれかが出演で固定されるようになった。 経緯としては、2015年1月28日以降中村うさぎが出演しなくなった(後に2月11日放送で降板を発表した)ためである。 2015年3月25日までは美保とゲストコメンテーター1名の体制をとっていた。 2015年4月からは美保が引き続きレギュラー出演するほか、隔週レギュラーとして江原が加入し、江原出演日以外は「5時夢のこれからの10年を担う次世代コメンテーター育成枠」として、レギュラー候補となりうるゲストが出演していた。 (女優。 2009年10月7日 - )• 2009年7月10日にゲストコメンテーターとして出演。 2013年9月-2014年1月は、後述する中村の病気療養により、美保と週替わりのゲスト1名の体制であった。 2017年4月よりで平日午後に生放送される『』の司会を担当するが、本番組への出演は継続。 美保本人は同年2月1日放送分で「本番組は降板しない」「水曜日に限り『ごごナマ』を途中退場する」との旨の発言を行っていた。 (スピリチュアル・カウンセラー・隔週レギュラー。 2015年4月1日 - )• 2014年10月24日、2015年1月9日にゲストコメンテーターとして出演。 (医師・作家。 隔週レギュラー。 2015年7月8日 - )• 2015年4月8日、4月23日にゲストコメンテーターとして出演。 それ以前にも出演したことがある。 (作家。 2005年4月6日 - )• 現在のコメンテーターで唯一、番組放送開始時から出演している。 2005年9月までは水曜レギュラー。 (『』出版部部長。 2005年10月6日 - )• 『』などの番組でコメンテーターを務めてきた。 2008年9月までは「編集長」の肩書きで出演。 2011年3月まで「部長職編集委員」の肩書で出演したが、2011年4月に新潮社出版部へ異動。 2005年9月16日にゲストコメンテーターとして出演。 通常は中尾と、毎週異なるゲストコメンテーター1名の構成。 2011年1月より、月1レギュラーを設けている。 番組ではビートルズと同期とテロップで紹介されているが、ビートルズのメジャーデビュー前年である1961年に中尾はテレビや舞台デビューを果たしており、実際は先輩にあたる。 (歌手・女優。 2009年4月3日 - )• 後述するがレギュラーになるまでは、歴代最年長のレギュラーコメンテーターであった。 2009年3月6日にゲストコメンテーターとして出演。 (元代表取締役・月1回レギュラー。 2014年4月 - )• 収監前の2010年3月26日・9月9日にゲストコメンテーターとして出演。 でを終え、から後の2013年5月31日・11月8日にもゲストコメンテーターとして出演。 翌年より月1回レギュラー。 右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。 (プロレスラー。 2005年4月7日 - 同年6月30日:3か月間出演:木曜日)• その後、2006年4月4日、2013年12月18日(中村うさぎの代役)にゲストコメンテーターとして出演。 (俳優。 2005年4月11日 - 2006年3月27日:1年間出演:月曜日)• 当初は前田と隔週で出演。 女探偵ナオミが月曜日に異動してから、前田と隔月交代で出演。 (探偵。 2005年4月から2005年9月まで火曜日レギュラー、2005年10月から月曜日レギュラー。 (俳優。 2005年4月4日 - 2007年3月26日:2年間出演:月曜日)• 当初は布川と隔週で出演。 女探偵ナオミが月曜日に異動後、布川と隔月交代で出演。 布川と女探偵ナオミが降板してからは毎週出演。 (心理学者。 2005年10月4日 - 2007年3月27日:1年6か月間出演:火曜日)• 2005年4月22日にゲストコメンテーターとして出演。 (漫画家・作家。 2005年4月8日にゲストコメンテーター(番組初)として出演。 2006年3月まで火曜日に出演。 2006年4月から月曜日に出演。 (元『』副編集長。 元秘書。 2008年2月29日に、ゲストコメンテーターとしてと共に出演。 2008年4月から7月まで金曜レギュラー、7月28日から月曜レギュラー。 (芸人。 2007年4月2日 -2009年3月23日:2年間出演:月曜日)• 2005年10月7日にゲストコメンテーターとして出演。 (スタイリスト。 2007年4月6日 - 2009年3月27日:2年間出演:金曜日)• 2007年3月30日にゲストコメンテーターとして出演し、翌週からレギュラー。 (漫画家。 2009年4月1日 - 同年9月30日:6か月間出演:水曜日)• 出産間近となったため番組を卒業。 2008年5月13日(北斗晶の代理)と6月25日(若林史江の代理)、2017年3月6日(若林史江の代理として、当時の『バラいろダンディ』月曜ダンディ代表として)にゲストコメンテーターとして出演。 (芸人。 2007年4月3日 - 2011年3月29日:4年間出演:火曜日)• 「埼玉の元嫁」と番組冒頭で紹介。 元々は番組のファン。 2006年12月22日にゲストコメンテーターとして出演。 番組出演最後となった2011年3月29日には、自身がリクエストした岡本夏生が出演。 (タレント・カフェオーナー。 2011年4月5日 - 同年9月27日:6か月間出演:火曜日)• 「元嫁」と番組冒頭で紹介。 2009年6月5日(金)と8月18日(北斗晶の代理)にゲストコメンテーターとして出演。 (女優。 2012年8月24日にゲストコメンテーターとして出演、11月より月1レギュラー。 ただし2012年12月は上記の上杉の都合により 出演なし。 結果的に、2013年5月10日が最後の出演となった。 なお、2013年6月・7月も出演予定だったが、当日の体調不良により急遽代役を立てていた。 その後入院したため、2013年8月以降は休演が続き、復帰叶わず2014年1月11日に80歳で死去した。 番組史上歴代最年長(出演当時79歳)のレギュラーコメンテーターであり、現在も破られていない。 (NO BORDER代表・月1回レギュラー。 2011年1月28日 - 2014年3月28日)• 2010年12月3日にゲストコメンテーターとして出演、翌年より月1回レギュラー。 2011年いっぱいでジャーナリスト無期限休養宣言したため、2012年から肩書きが「フリー」から「代表」となる。 2012年10月からは自由報道協会がになることに伴い、肩書きが「自由報道協会理事長」となる。 2013年5月に自身が代表を務めるNO BORDERに専念するため、自由報道協会理事長を辞任して理事となり 、肩書きが現在の「NO BORDER代表」となる。 自由報道協会時代、上杉が出演できない場合には同じく自由報道協会の理事である やが出演することがあった。 ただし、2012年1月・11月 ・2013年3月 は上杉をはじめ自由報道協会からのゲスト出演はなかった。 2014年1月に、当時もう1人の月1回レギュラーであった淡路が死去。 これにあわせ、オープニングおよび生投票の投票方法画面から淡路と共に上杉の顔写真も一時的に表示されなくなった。 オープニング画面は上杉・淡路に代わって、サタデーのレギュラーである()・()が代わって中尾と共に表示されることになったが、2月中旬になり上杉の顔写真も中尾・玉袋・宇多丸と共に再び表示されるようになった。 (エッセイスト。 当初は月曜レギュラーだったが、前述の若林の穴埋めとして2008年7月30日から水曜レギュラー。 2008年1月30日(水)にゲストコメンテーターとして出演。 2013年8月21日の放送分から病気療養のため、休演(8月28日はを打って強行出演)。 2014年2月5日放送分から復帰。 2015年1月21日の出演を最後に、以降は代理ゲストが出演。 2月11日放送でVTR出演し、2014年4月に番組内で暴言を吐いたとされたことから、その責任をとる形で降板を発表した。 (タレント。 2011年10月4日 - 2016年3月29日:4年5ヶ月間出演)• 「最年長グラドル」や「ゾンビグラドル」などと番組冒頭で紹介。 現在は「永遠のグラドル」と紹介されている。 番組登板直前にで入院 していた。 2011年3月29日(北斗晶の代理)・4月21日(中瀬ゆかりの代理)・7月15日(金曜)にゲストコメンテーターとして出演。 2016年3月29日、番組のエンディングで岡本本人の口から、同日付けをもって番組を降板する旨が発表された。 木曜の特別ゲストとして岩井・中瀬と親交が深いとが呼ばれることが多く、2010年7月 - 2011年8月までコーナーレギュラーとしてVTR出演。 コーナー終了後もたびたびゲストとして呼ばれていたが、2012年3月15日に西原がを言ってしまい、それが原因で番組を降板させられた。 高須が経営する「高須クリニック」が長きに渡り木曜日の筆頭スポンサーであったが、西原の降板に腹を立て、自身のブログ・ツイッターで番組スポンサーを降板することを発表した。 歴代のコメンテーター [ ] 期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 2005. 4-2005. 6 前田耕陽 布川敏和 (隔週交代) 女探偵ナオミ 岩井志麻子 高山善廣 ゲスト 2005. 7-2005. 9 マツコ・デラックス 2005. 10-2006. 3 女探偵ナオミ 前田耕陽 布川敏和 (隔月交代) 富田たかし さかもと未明 マツコ・ デラックス 若林史江 岩井志麻子 中瀬ゆかり 2006. 4-2007. 3 さかもと未明 前田耕陽 北斗晶 2007. 4-2008. 3 ダンカン だいたひかる トニー・ クロスビー 2008. 4-2008. 6 中村うさぎ 神林広恵 2008. 6-2008. 7 ゲスト 2008. 7-2009. 3 神林広恵 中村うさぎ 2009. 3-2009. 9 若林史江 マツコ・ デラックス 倉田真由美 中尾ミエ 2009. 10-2010. 12 美保純 2011. 1-2011. 3 ゲスト (月1・上杉隆) 2011. 4-2011. 9 ちはる 2011. 10-2012. 10 岡本夏生 2012. 11-2013. 2 ゲスト (月1・上杉隆 淡路恵子) 2013. 2-2013. 5 ゲスト 2013. 5-2013. 8 北斗晶 ゲスト (月1・上杉隆) 2013. 9-2014. 1 ゲスト 2014. 2-2014. 3 中村うさぎ 2014. 4-2015. 2 ゲスト (月1・堀江貴文) 2015. 2-2015. 3 ゲスト 2015. 4-2015. 6 ゲスト (隔週・江原啓之) 2015. 7-2015. 9 江原啓之 おおたわ史絵 (隔週交代) 2015. 9-2016. 3 ゲスト 2016. 4-2017. 2 岩下尚史 2017. 3-2017. 5 ゲスト 2017. 5-現在 若林史江 黒船特派員 [ ] 情報の開国を迫る目的で採用された外国人。 2013年4月以降は、ハーフの日本人も含まれている。 2006年4月3日から登場。 2007年3月30日までは「黒船ボーイズ」という名称であった。 2007年4月2日に「黒船特派員」に改称し、各リポーターの担当曜日がシャッフルされた。 2017年5月1日より「イメージカラー」が各曜日に与えられることとなった。 現在の出演者 [ ]• (Maria Theresa Gow 2014年 - :月曜日) イメージカラーは 出身。 平日では初となる女性の黒船特派員。 の他、・も話せる。 2013年4月 - 2014年3月は『5時に夢中! サタデー』の黒船特派員を務めていた。 2014年3月21日・28日(金曜)は、早期降板したデイビットのピンチヒッターとして出演。 なお、21日はサタデー終了前日でもあった。 2015年9月7日(月曜)は、夏休み中のふかわに変わり、史上初の外国人女性がMCを務めた。 なお、当日の黒船特派員は、宮河マヤが務める。 2019年2月、上田まりえの代打でアシスタントをつとめる。 イスラエルと日本のハーフ。 元イスラエル軍・元バスケットボールU-16イスラエル代表で、現生のモデル。 2018年9月19日・2019年4月3日 - :水曜日 イメージカラーは ロシア生まれ関西育ち。 アイクが休みの為ピンチヒッターとして出演。 2019年度よりレギュラー出演 、が夏休みの為ゲストコメンテーターとして出演。 (Jonathan Sieger 2006年 - ・ - 同年:月曜日、2007年 - :木曜日) イメージカラーは アメリカ国籍だが、生まれ育ち。 黒船特派員が創設された2006年4月から出演し続け、就任期間は全黒船特派員の中で最も長い。 2019年4月5日 - :金曜日 イメージカラーは 東京都出身。 日本とアメリカのハーフ。 こども黒船特派員。 右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。 (Daniel Zoehrer 2006年4月4日 - 同年9月19日:火曜日)• ジェイソン・シガー (Jason Sieger 2006年4月3日:月曜日、2006年4月7日 - 同年9月22日:金曜日、2007年・2008年3月6日・3月13日・7月10日:木曜日)• 国籍だが、生まれ群馬育ち。 ジョナサンは実弟。 2006年4月3日にジョナサンが食中毒の際と2007年にジョナサンが里帰りした時とモデル業で海外出張した2008年3月6日と3月13日と7月10日に、ピンチヒッターとして出演。 アンジェロ (2006年:金曜日)• 里帰り中のジェフリーのピンチヒッター。 ケイン (2006年:水曜日)• 里帰り中のエリックのピンチヒッター。 (Jeffrey Rowe 2006年10月6日 - 2007年3月23日:金曜日)• カナダ・出身。 ジェイソンの後任。 (Eric Glover 2006年4月5日 - 2007年3月28日:水曜日、2007年・:月曜日)• アメリカ出身。 2007年以降の放送には出演せず、公式ページの写真なども消去。 (Hugo zilli 2006年 - 同年、2007年 - 同年:月曜日)• 一時休業中のジョナサンに代わって1か月間出演後、エリックの後任としても短期間出演。 エヴァン・ガードナー (Evan Gardner 2007年 - :水曜日)• アメリカ出身。 ステファン (Stephan 2008年・:月曜日)• アメリカ・出身。 里帰り中のガブリエルのピンチヒッター。 (Gabriel Iliesiu 2007年 - 2008年:月曜日、2008年8月6日 - 同年9月24日:水曜日)• モデル。 ヒューゴの後任。 2008年8月からはポールと担当曜日が入れ替わる。 (Yu Meguro 2007年4月6日 - 2008年9月26日:金曜日[攘夷特派員])• 東京都出身の日本人であったため「攘夷特派員」と呼ばれた。 ジェフリーの後任。 (Charles Ayres 2006年4月6日 - 2007年3月30日:木曜日、2007年4月4日 - 2008年12月2日:火曜日)• アメリカ・出身。 挨拶では「ごめん遊ばせ、チャールズです」を決め台詞として使っていた。 2008年以降の放送には出演せず、公式ページの写真等も消去された(によると放送直前まではテレビ局にいた)。 (Sean Gregory Peron 2008年5月7日:水曜日、2008年10月20日・2009年3月16日:月曜日)• アメリカ・出身。 2008年5月7日にポールのピンチヒッター、2008年10月20日と2009年3月16日はリチャードのピンチヒッターとして出演。 「代打特派員」と書かれたをしていた。 (Richard Gazzo 2008年 - ・2008年10月6日 - 2009年:月曜日)• フランス・出身。 2008年8月4日・・8月18日は里帰り中のポールのピンチヒッター、10月からは水曜日に復帰となったポールに代わって月曜日担当となる。 2009年4月いっぱいで唐突に番組を去った。 (Colin Asanuma 2009年 - :月曜日)• アメリカ出身。 リチャードの後任。 (Michael Rivas 2008年 - :火曜日)• 日本出身・育ち。 チャールズの後任。 (Sebastian Plata 2008年・・:水曜日、2008年10月3日 - 2009年:金曜日)• 生まれ、アメリカ・育ち。 2008年7月30日は担当曜日移動になったポールのピンチヒッター、8月27日・9月3日に里帰り中のガブリエルのピンチヒッター、10月からは目黒邑の後任としてレギュラー出演。 アメリカに帰国するため降板。 (Nelson Babin-Coy 2010年3月24日:水曜日)• アメリカ出身の。 ポールのピンチヒッターとして出演。 (Giry Vincent 2008年:火曜日、6月1日 - 3月29日:月曜日)• フランス出身。 2008年12月16日はチャールズ不在のためのピンチヒッター、2009年6月からはコリンの後任としてレギュラー出演。 (Matteo Inzeo 2009年 - 3月30日:火曜日)• ・出身。 マイケルの後任。 国際交流員として群馬県の勤務を経て、NHK教育『』で講師を務めた。 ラーズィ (2010年:火曜日)• 里帰りした兄・シブリのピンチヒッターとして出演。 MaXwell Powers 2009年 - 2010年9月24日:金曜日)• 番組内では、自身の愛称である「マックス」と呼ばれていた。 番組卒業後の2011年1月1日に、「輝け! おママ対抗歌合戦 第2回グランドチャンピオン大会」のナレーションを務めた。 (Dmitry Demchenko 2010年4月5日 - 2011年3月7日:月曜日)• ・出身。 ヴァンソンの後任。 2011年3月末までで番組卒業予定だったが、21日と28日に仕事で沖縄に行っており出演できず(ポールがピンチヒッターを務めた)、その前週の14日は出演しなかったため、実質3月7日をもって番組を去った(4月4日にはスタジオで待機していたが、時間の関係で卒業挨拶は行われなかった)。 フランス出身で育ち。 ダニエルの後任。 黒船特派員の在任期間は4年6か月で、ジョナサンに次いで2番目に長い。 2008年7月に、諸事情で短期間月曜日に移動。 (Sean Ireland 2011年4月6日 - 2012年:水曜日)• ・出身。 ポールの後任。 であることを公言している特派員。 「オーストラリア出身なのに、名前は」が。 (Harry Sugiyama 2009年・:月曜日、2009年11月18日:水曜日、2010年2月16日・2月23日:火曜日、2010年10月1日 - 2012年:金曜日)• 出身、学生時代はで過ごす。 父はイギリス人ジャーナリスト、母は日本人。 2009年7月13日と7月27日は撮影で欠席したヴァンソンの代理、2009年11月18日は大学の奈良での校外授業で欠席したポールの代理、2010年2月16日と2月23日はイタリアへの里帰りで欠席したマッテオの代理として出演し、2010年10月よりマックスの後任としてレギュラー。 2012年4月4日から、・『』で水曜日~金曜日にキャスターとしてレギュラー出演するため、1年半で番組を降板した。 2017年3月10日、コメンテーターとして出演。 (Kyle Card 2011年4月4日 - 2013年3月25日:月曜日)• ・出身。 ドミトリーの後任。 (Shibli Ahmad 2010年 - 2013年3月26日:火曜日)• パキスタン出身。 マッテオの後任。 で挨拶が決まり文句。 (Chris McCombs 2012年4月4日 - 2013年3月27日:水曜日)• アメリカ・出身。 ショーンの後任。 番組内ではを公言。 (Yuto Nakamura 2011年8月26日・10月21日・12月2日・2012年1月6日・2012年4月6日 - 2013年3月29日:金曜日)• 出身で日本国籍、幼少時はで過ごす。 父は日本人、母はフランス人とのハーフのモロッコ人。 そのため、日本語・・が話せる。 4度のハリーのピンチヒッター後、2012年4月よりレギュラー。 6月からは、姉妹番組『夢中にサンデー! 』にも出演。 (Hayato Chaudhry 2013年:金曜日)• パキスタン出身。 パキスタン人の父と日本人の母を持つハーフ。 デイビットのピンチヒッター。 日本語、英語など5ヶ国語を話せる。 ジャスティン(Justin 2013年:金曜日)• アメリカ・出身。 日本人とアメリカ人とのハーフ。 デイビットのピンチヒッター。 ダニラ(Danila 2013年:金曜日)• ロシア出身。 12歳から日本在住。 デイビットのピンチヒッター。 出演時、高校3年生。 マックス(MaX 2013年・:月曜日)• アメリカ出身。 副島のピンチヒッター。 出演時、23歳。 (Sentaro 2013年:金曜日)• 千葉県出身。 日本人と系アメリカ人とのハーフ。 デイビットのピンチヒッター。 漫才師、「西麻布ヒルズ」のツッコミ。 日本語しか話せないことをネタにしている。 カウアン(Kauan Andriatti 2013年:月曜日)• イタリア出身。 とイタリア人とのハーフ。 副島のピンチヒッター。 『』の準レギュラー(G20イタリア代表)。 (David Yano 2013年 - 2014年:金曜日) 出身。 日本人の父とガーナ人の母を持つハーフ。 兄はモデル・ミュージシャンの。 2013年9月の1ヵ月間、ガーナでの学校建設プロジェクトに参加していたため休み(番組内では出張扱い)。 また、そのプロジェクト参加のために、本来の終了時期より2週早い3月14日で番組卒業した。 (Jun Soejima 2013年 - 2014年:月曜日) 生まれ育ち。 人の父と日本人の母を持つハーフ。 は話せない。 身長は195cmでアフロを入れると215cm。 (Alexander Kawamoto 2013年 - 2014年:水曜日) 出身。 アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ。 英語は話せない。 本番組では「アレックス」と名乗っている。 (Marvin Jr. 2014年・:水曜日) 出身。 アレクサンダーのピンチヒッター。 元力士のハーフ芸人。 日替わり天気予報は『マービンJr. (2014年6月25日:水曜日) 出身。 アレクサンダーのピンチヒッター。 (Ken Hiraindo 2014年12月1日 月曜日) に酷似した人(自称)。 ゲスト黒船として登場(放送当日は黒船特派員が二人登場)。 日本文化が非常に好きで、母国で学んだ流暢な日本語を話す。 (Maya Miyakgawa 2015年:月曜日・:水曜日・:月曜日) 出身。 ガウのピンチヒッター。 オランダ人の父親と日本人の母親のハーフ。 日替わり天気予報は『の天気予報』• (2014年 - 2015年:金曜日) 生まれの人。 ガウと同様に平日では初となる女性の黒船特派員。 (ALEXANDER 2014年 - 2016年:水曜日) 出身。 番組初のゲストコメンテーター出身の黒船特派員。 2013年11月1日にゲストコメンテーターとして出演。 2014年3月まで担当したアレックス(川本アレクサンダー)とは別人。 2017年3月28日放送の「追跡! ベスト8」にて、街頭インタビュー中に偶然居合わせたと言う形で出演。 (2016年9月15日) ジョナサンのピンチヒッター。 日替わり天気予報は『素敵なカラダ天気予報』• (Youki Endo 2013年 - 2017年3月28日:火曜日) 生まれ育ち。 アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフ。 英語は話せない。 本番組では「えんどぅ」と名乗っている。 2017年3月28日の放送分をもって黒船特派員を卒業した。 ヒロ 2017年8月11日:金曜日 イメージカラーは 日本とアメリカのハーフでニューヨーク在住。 特技は野球、バスケットボール、ミュージカル 2017年8月11日にこども黒船特派員で出演。 2017年8月31日:木曜日 ジョナサンがロケの為スタジオの黒船特派員のピンチヒッター。 (Jean 2015年 - :金曜日) イメージカラーは 生まれ。 父が日本とアメリカのハーフで母がスペイン系フィリピン人のクォーター。 本番組では「ジャン」の名前で活動中。 2015年2月20日(金曜)に、レアンナのピンチヒッターとして出演。 2017年9月29日の放送分をもって黒船特派員を卒業した。 サアラ マクレーン 沙羅2018年1月26日:金曜日・9月28日:金曜日 ライアンの姉。 ライアンが風邪で欠席の為ピンチヒッターとして出演。 サブリナ サブリナ・サイン 2018年2月13日:火曜日 トルコ出身。 コーヘンがロケの為ピンチヒッターとして出演。 日替わり天気予報は『トルコ伝統!コーヒー占い天気予報』 2018年4月10日にワイワイにぎわいお天気中継でレポーターとして出演• 2018年2月14日:水曜日 スウェーデン生まれ。 アイクがロケの為ピンチヒッターとして出演。 日替わり天気予報は『村雨の天気予報』• 六人組のお笑いグループのメンバーの一人で、ふかわが在籍するの後輩。 ライアン Ryan McLean 2017年、:金曜日・:月曜日・:火曜日・2017年 - 2019年:金曜日 イメージカラーは 出身。 とのハーフ。 こども黒船特派員。 特技はマジック。 りかりこ 2019年7月26日:金曜日 フォロワー120万人を誇る人気双子。 セスが夏休みの為ピンチヒッターとして出演。 2019年8月7日:水曜日9月18日:水曜日 出身の育ち。 がが夏休みの為ゲストコメンテーターの為、ピンチヒッターとして出演。 ロイ 2019年9月16日:月曜日 出身。 とのハーフ。 フォロワー40万人を誇る人気 が夏休みの為、ピンチヒッターとしてフレッシュ黒船特派員として出演。 オパリ千寛 2019年9月17日:火曜日 とのハーフ。 5時に夢中視聴者。 コーヘンには勝てそうメールを送りコーヘン会が夏休みの為、ピンチヒッターとしてフレッシュ黒船特派員として出演。 エムレ・エネス兄弟 2019年9月18日:火曜日 トルコ出身。 兄弟仲が良すぎてお風呂とトイレも一緒。 が夏休みの為、ピンチヒッターとしてフレッシュ黒船特派員として出演。 変遷 [ ] 期間 名称 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 2006. 04 2006. 09 黒船ボーイズ ジョナサン・シガー ダニエル・ツェーラー エリック・グローバー チャールズ・エイヤーズ ジェイソン・シガー 2006. 10 2006. 11 ポール・マレ ジェフリー・ロウ 2006. 11 2006. 12 ヒューゴ・ジリー 2006. 12 2007. 03 ジョナサン・シガー 2007. 04 黒船特派員 エリック・グローバー チャールズ・エイヤーズ ポール・マレ ジョナサン・シガー 目黒邑 2007. 04 2007. 06 ヒューゴ・ジリー 2007. 06 2007. 08 ガブリエル・イリーシュ 2007. 08 エヴァン・ガードナー 2007. 08 2008. 07 ポール・マレ 2008. 08 2008. 09 ポール・マレ ガブリエル・イリーシュ 2008. 10 2008. 12 リチャード・ガッソ ポール・マレ セバスチャン・プラタ 2008. 12 2009. 04 マイケル・リーバス 2009. 05 浅沼コリン 2009. 06 2009. 07 ジリ・ヴァンソン 2009. 07 2010. 03 マッテオ・インゼオ マックスウェル・パワーズ 2010. 04 2010. 09 ドミトリー・デムチェンコ シブリ・エフマッド 2010. 10 2011. 03 杉山ハリー 2011. 04 2012. 03 カイル・カード ショーン愛蘭 2012. 04 2013. 03 クリス・マッコームス 中村悠斗 2013. 04 2014. 03 副島淳 遠藤勇樹 川本アレクサンダー デイビット矢野 2014. 04 2015. 03 マリア・テレサ・ガウ アレクサンダー レアンナ 2015. 04 2016. 03 山ノ内ジャン 2016. 04 2017. 03 アイクぬわら コーヘン会 (隔週交代) 2017. 04 2017. 10 コーヘン会 アイクぬわら 2017. 10 2019. 03 ライアン 2019. 04 現在 小原ブラス セス 夢中ボーイズ( - 2006年3月) [ ] 番組初年度、日本人モデルらで編成された日替わりレポーター。 番号が跳んでいるのは番組開始当初、曜日の担当ボーイズが2名だった事の名残り(下記の担当曜日は1人制になって以降のもの)。 前田晶之(NO. 5 月曜日担当)• Shin-ichi(NO. 7 火曜日担当)• (NO. 2 水曜日担当)• (NO. 6 木曜日担当) 2006年12月31日の「大晦日に夢中」の再現VTRに出演。 TAKUTO(NO. 8 金曜日担当)• 池上智治(NO. 11 金曜日担当)• (NO. 18 金曜日担当) 2015年4月1日の「追跡! ベスト8」にVTR出演。 前田司(初期夢中ボーイズ、番号不明) VIPゲスト [ ]• (2016年6月2日、監督作である映画『』告知のため )• (2017年4月4日)• (2018年3月14日)• 44分以降の曜日毎コーナー、生投票の最終結果、黒船天気予報は放送されない。 右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。 オープニングトーク MCとコメンテーターの紹介後、MCとコメンテーターとでトークを繰り広げる。 その後、黒船特派員が当日のコーナーを紹介。 金曜はここでゲストの紹介とプロフィールの読み上げを行う。 2012年9月までは、オープニングタイトル・提供クレジットを経てMCとコメンテーターとでトークを繰り広げる。 その後、黒船特派員が当日のコーナーを紹介する形式だった。 2012年10月 - 2013年3月までは群馬テレビが飛び乗りだったため、群馬テレビでは見ることができなかった。 2011年9月までは、MC2人での1分前後の立ちトーク(後ろでコメンテーターが茶々いれてトークを邪魔をするのが定番)をした後タイトルコールだった。 夕刊ベスト8の間にあるコーナー終了直後(17:29頃)に生投票の中間発表がされ、番組のエンディングで結果発表。 結果発表はKBS京都では放送されないため、17:42頃に表示されるテロップで、「結果は番組ホームページをご覧下さい」とフォローされる。 冒頭の記事紹介と質問内容は、2012年9月までは17:02頃に紹介していた。 2012年10月 - 2013年3月までは群馬テレビが飛び乗りだったため、2012年10月以降は16:57頃に紹介され、この部分は群馬テレビでは放送されない(ただし金曜日はゲスト紹介の後17:01頃に紹介を行うので、金曜日のみ群馬テレビでも見ることができる)。 そこで、2012年10月以降は17:00にオープニングタイトルが出た後に、提供クレジットの中で生投票の質問を改めて掲載し 、群馬テレビ視聴者に配慮している。 また、10月8日以降は後述の「夕刊ベスト8」内でも随時テロップで「群馬テレビをご覧の皆様へ」として生投票の質問を掲載している。 このテロップは、群馬テレビの飛び乗りが解消した2013年4月以降も続けられている。 番組ホームページの投稿フォーム、番組公式アカウントへの( gojimu で投稿した内容)に寄せられたメッセージの一部は中間発表時(夕刊ベスト8終了直後)とエンディングで紹介。 生投票では選択の項目が数項目設定される。 2012年10月から2013年3月までは、での募集が取り止められていた。 2013年4月よりFAXでの受付が復活した。 夕刊ベスト8(祝日で「全国横断! 地方紙ベスト8」を放送する場合は休止) 「夕刊の5時に夢中! 」が夕刊紙(全国紙の夕刊、、、)の注目記事を紹介する「建前無し、しがらみ無しのニュースショー」。 前コーナー「記事に夢中! 」をリニューアルした物で。 MXテレビには反転ボードが4つ分しかないため、「ベスト8」となった。 2012年10月-2013年3月は金曜を除き、17:00のオープニングタイトル・提供クレジット後すぐに「夕刊ベスト8」が始まるようになった。 当初は群馬テレビ視聴者にとっては番組開始してから誰も挨拶がなく、すぐに「夕刊ベスト8」が始まる形になっていた。 同年10月9日からは提供クレジット後に、MCが群馬テレビ向けの挨拶をしてからコーナー開始するように改められた。 ベスト3発表の前に芸能ニュースを挿入することもあった。 徳光正行担当時は、コーナーのオープニングに「の徳光正行が夕刊記事を勝手にランキング」というフレーズが入っていた。 最初の8位に世間一般で大きく取り上げられているニュースや真面目な事件・事故の記事を取り上げ、1位の記事には下ネタ要素の高い記事(または、直接下ネタではなくとも、タイトルが下ネタを連想させるもの)や至極どうでもいい記事が取り上げられる。 また、祝日は夕刊が発行されないため代替として朝刊記事を紹介する。 当初はタイトルを『朝刊ベスト8』として、朝刊一般紙から紹介していた。 現在は下記の「全国横断! 地方紙ベスト8」となっている。 2013年10月からは、金曜日のみコーナーの時間が拡大し、KBS京都とサンテレビでは17時43分までの全てが「夕刊ベスト8」となった。 2014年1月からは月曜・木曜も同じ構成になり、2014年4月からは全ての曜日がこの構成になった。 地方紙ベスト8(殆どの祝日で放送) 2011年7月18日から開始された、夕刊ベスト8の版。 当初は「全国横断! 地方紙ベスト8」のタイトルで放送。 各地ローカルの話題をとりあげている。 中は、全国紙および夕刊フジ・日刊ゲンダイが発行されず、東京スポーツのみ発売される。 2013年のゴールデンウィークからは、東京スポーツ・当日発行の一般紙・スポーツ誌と地方紙の朝刊を組み合わせて『夕刊ベスト8』のタイトルで行われている。 2014年以降はゴールデンウィーク以外であっても、地方紙以外に朝刊スポーツ誌(など)を含めてベスト8を構成しており、タイトルから「全国横断! 」の文字が消え、現在のタイトルになっている。 取り上げる地方紙は限られていて、MXの主要株主であるグループ各紙(中日新聞・)、関東地方の(群馬テレビの地元紙)・(とちぎテレビの地元紙)・・のいずれか(現段階で・は一度も登場していない。 も2013年8月の一時廃刊前には登場していたが、復活した2014年2月以降は登場していない。 そのため、およびの記事は登場しなくなっている。 )、他地域では東北地区の・内藤の出身地であるの・サンテレビジョンの地元である兵庫県の・九州地区のなどを使っている(KBS京都の地元紙であるは一度も登場していない)。 ただし、地方紙の場合はなどから配信される全国向けニュースを掲載することがあり、必ずしもベスト8全てが地方独特のニュースになるとは限らない。 本社屋上のの映像と共に黒船特派員が東京都の今夜の天気と明日の天気を伝える。

次の

TOKYO MX「5時に夢中!」など放送休止延長

5 時に 夢中

元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえが、『5時に夢中!』(TOKYO MX)のアシスタントを一時休養すると、所属事務所が発表した。 上田は2月18日から21日まで番組を欠席。 その理由が、疲労の蓄積からくる発熱やふらつきなどの体調不良だったと説明されている。 「確かに、上田はテレビ出演のほか、昨年から早稲田大学の大学院でスポーツマネジメントを学んだり、スポーツ関連事業の会社設立し代表取締役に就任、そして主婦と何足ものわらじをはいて多忙を極めていました。 しかし一方で、当初はインフルエンザという説明だったが、その後、体調不良と変更になったことや、休養する前日まで元気な様子だったことが報告され、ほかの番組には出演しています。 「女子アナに厳しいことで知られるマツコですが、上田については日テレ時代から『女子アナらしからぬ女子アナ』と絶賛し、番組ではことあるごとに『この女子アナはすごい』『上田まりえはまだまだ伸びる』と高評価を与えていた。 しかし、残念ながらブレイクには至っていません。 また、同じ事務所に所属した有働由美子のフリー転身を後押ししたのもマツコ。 しかし、『news zero』(日本テレビ系)の視聴率は大惨敗…。 逆に、マツコが『勘違いしている』と嫌うテレビ朝日の弘中綾香アナは沸騰中ですから、ネット上で『節穴』と揶揄されてしまうのも仕方ないかもしれません」(週刊誌記者) ほかにもマツコは、ある月刊誌で「モーニング娘。 は人材の宝庫」と現役・OGメンバー全員のキャラの濃さを熱弁。 「特に、現メンバーの生田衣梨奈・鈴木香音・佐藤優樹の3人は『5年後に化ける』と太鼓判を押していますが、今のところまだ予兆はありません」(前出・週刊誌記者) マツコに褒められたタレントは要注意?.

次の